「遣る」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 遣る[動詞]
案内して遣る  家で可愛がって遣る  頭を撫でて遣る  ポチに遣る  お里に成って遣る  板橋まで送らせて遣る  金を遣る  衣類を買って遣る  ヴィーンへ遣る  韓國へ遣る  思を遣る  バアナアド・シヨオをも見せて遣る  敬つて置いて、出して遣る  虫干にして遣る  水を遣る  チップを遣る  展覧会を遣る  下手を遣る  いなかでは遣る  片っ端から引つ掻かして遣る  與助は遣る  介抱をして遣る  息子を返して遣る  言葉にも増して、遣る  賃銭は遣る  製本屋に遣る  大騒ぎを遣る  手を遣る  眼を遣る  ただ一人で遣る  吹込んで、びくびくと遣る  瞳をぎょろりと遣る  ような遣る  竜太郎は、遣る  お婆さんに分けて遣る  どこまでも上げて遣る  意志で遣る  奸物の遣る  暇を遣る  とき握手して遣る  惜んで遣る  皆銀行員に遣る  使いに遣る  味気なく、遣る  それを遣る  夢中で遣る  褒美を遣る  者を取りに遣る  かくやと思ひ遣る  王様に遣る  ここで遣る  明日になるとやっぱり勧められて遣る  町使いに遣る  水も遣る  下女とが汲み替えて遣る  ほんと遣る  炭焼きに遣る  畳屋へ遣る  女心には遣る  命をも遣る  嘴から含めて遣る  喧嘩さえ遣る  せきを出して遣る  せきを送らせて遣る  さま踏ませて遣る  嘆きと、遣る  湯治へ遣る  二枚出して投げ遣る  名人だけに、余程手早く遣る  手順に遣る  女中を迎えに遣る  否でも連れて行って遣る  一両日中に遣る  小鳥なんぞを遣る  龍馬に遣る  時ああ遣る  用事をのみいひ遣る  ゆき独り子を出し遣る  子を出し遣る  他家へ遣る  俳句を遣る  思いを遣る  妹へ遣る  副へ遣る  情夫に会わして遣る  宛小遣を持たして遣る  お金を遣れば遣る  間夫が有るなら添わして遣る  覗込んで、ニヤリと遣る  補助して遣る  事を遣る  ベースボールばかり遣る  今チョコレートを飲まして遣る  何か遣る  株でも遣る  中で遣る  僕もこれから遣る  から、何でも遣る  今に遣る  新聞で遣る  何処までも遣る  君に遣る  東西南北で書いて遣る  お前に遇っても何一つ遣る  話をして遣る  ものは買って遣る  妹御を遣る  同意で、遣る  自分で遣る  島村に持たせて返しに遣る  のを一々返しに遣る  母に遣る  米を遣る  お前に遣る  皆お前に遣る  今金を遣る  酒醤油を買いに遣る  静かに遣る  ア、思い立ったら遣る  一生懸命に遣る  宿屋へ泊って可愛がって遣る  から力になって遣る  奉公に遣る  助太刀をして討たして遣る  から取っといて遣る  手当を遣る  のだと思うから、笑い出すか、噴き出すか、くすくす遣る  お金はイクラでも遣る  始末をして遣る  肩へ、づかと遣る  文学を遣る  膝でくるりと遣る  床の間をがたりと遣る  もんだらはあ遣る  さの遣る  ダンスを遣る  明日も遣る  妥協して遣る  のだろう、と思うと堪らない遣る  事例を開いて遣る  人を嘲つたり、憎んだり、怒つたりして遣る  非でも遣る  仰向けに打見遣る  御馳走をして出して遣る  羽衣を出して遣る  親切にして遣る  のに比べれば、遣る  稽古に遣る  先へ遣る  畑へ遣る  秋もまた遣る  旅費まで持たして、発たして遣る  憂愁を遣る  心配して遣る  繁ちゃんを遣る  貴方は遣る  あなたが泊めて遣る  中には泊めて遣る  補助をして遣る  煙草を遣る  幇助して遣る  一しよに働いて遣る  今に外して遣る  上着を脱いで遣る  晩に持ち出して遣る  所へ入れて遣る  何うぞやを遣る  事ゆえ助けて遣る  小遣いに遣る  次の間へ遣る  噛えて遣る  一緒に遣る  そんなら置いて遣る  稼ぎをせっせと遣る  様にもして遣る  上下も入るなら遣る  薬を遣る  此薬を遣る  出し、撒けて遣る  手拭を遣る  エミ子は、何とも云えない遣る  物を食べたいと思って買わせに遣る  学校生活を遣る  発火演習を遣る  耳を遣る  雑誌を遣る  里子に遣る  任ず、と遣る  旨を云い遣る  あんたも遣る  狗鼠、遣る  誰が買って遣る  事を云って聞して遣る  誰に買って遣る  梅に持たせて遣る  のは新らしく買って遣る  手紙を遣る  使を遣る  力になって遣る  僕が逃がして遣る  五時限りにして遣る  男なら、随分好いて遣る  願を聴き入れて遣る  貧乏人に遣る  顔ならすぐに見せて遣る  お前今に好くして遣る  世話をして遣る  鹿踊を遣る  財産を分けて遣る  茶を取って、がぶりと遣る  君がこうして遣る  裏にやっと遣る  矢張り、遣る  祕傳を遣る  秘伝を遣る  上手を遣る  修繕工を遣る  方で遣る  近くで遣る  添削して遣る  ように遣る  一反ずつ遣る  主とせずして遣る  学校に遣る  お金を遣る  金はいくらでも遣る  慈悲に拝ませて遣る  から其処へ暫く休ませて遣る  酒を注いで遣る  掌に投げ遣る  学校を建てて遣る  ものを遣る  子供を煽いで遣る  爲めに働いて遣る  添寢をさせて遣る  モスコーへ着いたら遣る  始末して遣る  全部お前に遣る  紀久子とに対する遣る  紀久子は遣る  物を遣る  役者が遣る  大臣に言って遣る  往来へ撮み出して遣る  ようにして遣る  悶を遣る  一時間だって待って遣る  長熨斗を付けて呉れて遣る  汝に呉れて遣る  松五郎を呼びに遣る  バタァリと遣る  方へ遣る  からお前に遣る  ようにと申して遣る  女房にして遣る  女中に持たして遣る  砂金を遣る  頭山が遣る  余り物ば遣る  胆の要るなら遣る  肩をふるわせて、遣る  ほかは概して、その遣る  祝儀を遣る  料理人に遣る  衣服一枚買って遣る  餌に遣る  賄征伐を遣る  半襟を買って遣る  サア代を遣る  嫁に遣る  から彼を遣る  何処へでも遣る  大原家へ持たせ遣る  借金を返して遣る  観世物だって、遣る  面白い、遣る  はじめから彼家へ行くと聞いたら遣る  男が立って遣る  車夫に持たせて遣る  孫に持って行って遣る  大将になって遣る  タタキ付けて遣る  源次が遣る  人達を想い遣る  松代は、遣る  美津子はそう遣る  武具を取りに遣る  げな、遣る  迎えを遣る  そりと遣る  目を遣る  何、構わず遣る  爪弾を遣る  乳を含めて遣る  騒ぎを遣る  劇場で遣る  ズドンと遣る  これを遣る  マヤに遣る  目をほじくり出して遣る  哀がって遣る  娘を呉れて遣る  復へして遣る  娘を遣る  邪路から救ひ出して遣る  俺の遣る  返事を遣る  立派に遣る  これで買って遣る  心を遣る  滑稽を遣る  耳についていて、遣る  夜であろうなどと考えると苦しくなって、こんな遣る  今日中に遣る  譬へ遣る  から察して遣る  拔いて遣る  人を、死なせて遣る  充分に遣る  間を遣る  人に遣る  製図を遣る  三井の遣る  穀物を蒔いて遣る  此処置で見せ附けて遣る  心根と遣る  画も少しは遣る  瓦廻しを遣る  鞦韆飛を遣る  競争は遣る  器械躰操は遣る  水練は遣る  馬も遣る  學校に遣る  食事を運んで遣る  贔屓にして遣る  改年後始めて遣る  書を思い遣る  展覧会を見て遣る  げに遣る  投りつけて遣る  睾丸を治して遣る  一つ喰はせて遣る  葬礼を出して遣る  嫁を探して遣る  為て遣る  やうにして遣る  溶し遣る  支那に遣る  舟を遣る  一切汝らに遣る  貴様に遣る  玉藻は遣る  顔をすり付けて、遣る  枯草を掻きむしって遣る  汝に遣る  誰に遣る  紹介して遣る  西へ遣る  涙の遣る  財産を遣る  マユミに遣る  芳子の遣る  鬱を遣る  夜ひとり若い女を出して遣る  ひそひそ話を遣る  毒を含ませて遣る  のを渡して遣る  専門学校に遣る  退院させて遣る  嫁付けて遣る  内心の遣る  一つ買って遣る  いつまでも可愛がって置いて遣る  滅多に慰めて遣る  点数を良くして遣る  キット添わせて遣る  手入をして遣る  海水浴を遣る  二三日うちに磨ぎに遣る  帽子を遣る  通りズバズバ遣る  外國に遣る  留學生などを遣る  ツル子が遣る  ところへ出して置いて遣る  相撲を取って負かして置いて罵って遣る  疑いを掃い退て遣る  さんもうまく遣る  んで思い出したらまた遣る  苦痛を甘んじても遣る  犬塚が教えて遣る  長生をさせて遣る  鉄瓶をがたりと遣る  お前を遣る  猫へ遣る  断髪令嬢を遣る  失敗に終っても、その遣る  ことを遣る  餌さを遣る  モルに遣る  方から問うて遣る  麦酒位は遣る  一遍遣らして遣る  どこにも遣る  面をあらためて遣る  余計に遣る  格別を以てゆるして遣る  死ぬに決まっているが、それでも構わずに遣る  者を遣る  火事見舞に遣る  照之助に遣る  師匠に遣る  所へ聞きあわせに遣る  手伝ひに遣る  学校へ遣る  机に並べて遣る  同士に行って遣る  吸殻をころころ遣る  贅を遣る  文を遣る  おまえを遣る  編笠でしよなりと遣る  烏に遣る  焼芋を遣る  姉に遣る  味噌汁をよそって遣る  毎月送って遣る  父はどうして遣る  女の遣る  死水を取って遣る  上へ載せて遣る  試しに遣って見たらどうだろうって勧められて、とうとう遣る  私に遣る  小遣を遣る  三度目に遣る  誰が遣る  面倒を見て遣る  仕方がないから食わして遣る  彼に遣る  三百円位にして遣る  己は遣る  島田に遣る  金貸を遣る  健三に遣る  見舞に行って遣る  鬼の子だが殺さぬなら出て遣る  通りに量って遣る  それに入れて遣る  日の遣る  娘に持たせて遣る  応援して遣る  詩でも書いて遣る  いつでも見せて遣る  お菓子を遣る  藩に追い遣る  ことを思い遣る  孤寂の遣る  生命を遣る  間に遣る  ッて視遣る  こだわりを附けて遣る  私が飲めないと云うとネ、助けて遣る  敵だとて防いで遣る、遣るは遣る  余も其の防いで遣る  所へ遣る  事でもして遣る  粉にしても助けて遣る  細語いて遣る  安心さして遣る  脱け得させて遣る  身代を遣る  今こそは使って遣る  顔を作り直して遣る  様にして遣る  賦して遣る  罪を妨げて遣る  道を開いて遣る  時介は決して救うて遣る  妻に成らねば救うて遣る  彼奴め復讐をさせて遣る  滅して遣る  晴させて遣る  目にでも逢わせて遣る  鶯に遣る  滝を思ひ遣る  目でじろりと遣る  乳を遣る  咳が出てぜいぜい遣る  代りに遣る  出世させて遣る  唾液をつけて遣る  耐らなく遣る  二人でよく遣る  齒の埋まりますまで、遣る  サアサアもつと遣るべし遣る  機密を分けて遣る  七八も遣る  折て出れば未だ聞せて遣る  為に教えて遣る  ッて遣る  姉さんなんぞも遣る  構はずに遣る  送りて遣る  蓮台野へ追い遣る  一升壜を持たせて買いに遣る  目を遣れば遣る  頸に掛けて遣る  枝から実を取って遣る  故国を思い遣る  自宅へ来て読むというならば読ませて遣る  むゝ逢はして遣る  家へ買いに遣る  トンと遣る  派出所へ遣る  歌と訴えられて遣る  慰みに遣る  通りに遣る  者に遣る  番頭に遣る  三杯も汲んで遣る  京見物をさして遣る  やうに甘く遣る  散歩をして遣る  処に置いて遣る  ようにと云って遣る  何を遣る  皆それを遣る  松原に遣る  若い心の遣る  バッタリ機巧を遣る  モウ松原に遣る  仇討で遣る  通り二三日がかりで遣る  船を遣る  様子を見に遣る  給料を出して遣る  用を命ぜられるそのいとまに遣る  交際はつとめて遣る  盛に遣る  興味主義で遣る  ようとして遣る  郵便配達手君に遣る  アンタ等に遣る  ステッキ騒ぎまで遣る  何だらうが着かぶつて遣る  用事に遣る  自分の遣る  利益を与へて遣る  アア富井女史だにあらばなどと、またしても遣る  何でも買って遣る  岡に申し遣る  誰もが少しずつ遣る  餌が入れてありますが、遣る  サアこれを遣る  盜みに遣る  つたなら、遣る  代りに聞いて来て遣る  未来に推し遣る  偵察に遣る  許に遣る  破落戸仲間に遣る  樣に遣る  医師を呼びに遣る  場へ呼んで遣る  暇を願って遣る  一国一城を取るか遣る  妙さんだけを送って遣る  賭博なども遣る  男子一名を遣る  錢を持ちながら遣る  酌をして遣る  工場なんぞへ遣る  跡を弔って遣る  ような果敢ない、遣る  犬にでも遣る  処へ遣る  わたしは遣る  様子を見せに遣る  シグサを遣る  介抱して遣る  みんな嫁さんに遣る  鮒を遣る  皆おぬしに遣る  うして遣る  ツ面へたたきつけて遣る  ためて遣る  



前後の言葉をピックアップ
やり過ごせ  やり過ごそ  やり過さ  やり過し  やり過す  殺る  やる  ヤルカンド  やるせな  やるせない


動詞をランダムでピックアップ
きりひらかこうむるひたれあたため創る啓すかきつける組敷き光りゃあおむい掻き乱さ損ない漬け込ん汚す見舞わまきおこし映ずる歩き疲れなげろ往けよ
形容詞をランダムでピックアップ
毒々し心無く甚だしきいろっぽい恐きうらやましゅうひとしいのろい見よう生暖かき白っぽく誇らしい深く四角疳高き著しき惜しくっ長たらしいうらめしかっ