「遠く」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ 遠く[形容詞]
束遠く  みなかみ遠く  雲遠く  陽遠く  ぎら遠く  び遠く  互いに遠く  から遠く  春遠く  うに遠く  空遠く  なほ遠く  かなり遠く  しかた遠く  天遠く  稍遠く  余り遠く  そう遠く  隨分遠く  くい遠く  それほど遠く  果て遠く  しばらく遠く  あまり遠く  いっそう遠く  ずっと遠く  さほど遠く  おたがいに遠く  次第に遠く  山遠く  志遠く  故里遠く  わざわざ遠く  少し遠く  ああ遠く  並遠く  波路遠く  すこし遠く  更に遠く  遠く遠く  漠然と遠く  あんなに遠く  海遠く  ごく遠く  まり遠く  さまで遠く  風をうけて遠く  やがて遠く  だんだん遠く  もう遠く  なお遠く  何もかも遠く  それだけ遠く  井遠く  どんなに遠く  なに遠く  あんまり遠く  随分遠く  人里遠く  ずいぶん遠く  徐々に遠く  いよいよ遠く  さして遠く  そんなに遠く  此彼遠く  まったく遠く  実に遠く  源遠く  また遠く  つと遠く  なく遠く  通り遠く  細く遠く  段々遠く  ぶん遠く  こんなに遠く  なぞ遠く  こわごわ遠く  沖遠く  速く遠く  小さく遠く  より遠く  つて遠く  高く遠く  やはり遠く  やや遠く  階下遠く  まだ遠く  はや遠く  前線遠く  おのおの遠く  なるべく遠く  海上遠く  だいぶ遠く  大変遠く  近く遠く  もっと遠く  ひどく遠く  ます遠く  ようやく遠く  すでに遠く  重く遠く  かに遠く  やむなく遠く  さらに遠く  できるだけ遠く  すっかり遠く  かえって遠く  ぼーっと遠く  はるか遠く  お前遠く  はじめ遠く  戸外遠く  末遠く  甚だ遠く  あまりに遠く  蓮池遠く  川上遠く  一層遠く  ふるさと遠く  青空遠く  再び遠く  そのまま遠く  ただ遠く  はるばる遠く  始終遠く  處遠く  とも遠く  すぐ遠く  漫然と遠く  まるで遠く  繊雲遠く  づれに遠く  常に遠く  いかにも遠く  目路遠く  目の下遠く  自ら遠く  寂寞遠く  園遠く  灘遠く  列遠く  愈々遠く  遥か遠く  瞳遠く  愈遠く  水遠く  御国遠く  益遠く  なかなか遠く  漫然遠く  こう遠く  又遠く  山々遠く  いつしか遠く  行遠く  行く末遠く  ひとり遠く  鐘声遠く  鴫遠く  日影遠く  操り遠く  なおも遠く  なにか遠く  海原遠く  よほど遠く  大分遠く  ながく遠く  さながら遠く  少々遠く  少しく遠く  ざわりにならぬよう遠く  こと遠く  いつも遠く  木の間遠く  ごと遠く  燈遠く  音遠く  たちまち遠く  かなた遠く  しだいに遠く  づ遠く  水音遠く  郊外遠く  いつか遠く  張り遠く  皆遠く  東南遠く  松原遠く  寂しく遠く  奥遠く  路遠く  何やら遠く  くせ遠く  田野遠く  平野遠く  よし遠く  濱遠く  低く遠く  なり遠く  ずんずん遠く  なるたけ遠く  鈴遠く  ほと遠く  いま遠く  彼方遠く  里遠く  わざと遠く  一番遠く  十分遠く  余りに遠く  物遠く  それから遠く  下遠く  余程遠く  魂遠く  みたい遠く  うんと遠く  気遠く  時には遠く  きみ遠く  広く遠く  いかさま遠く  これから遠く  幾ら遠く  まして遠く  いかに遠く  かく遠く  突然遠く  既に遠く  極めて遠く  限り遠く  潮遠く  沖合遠く  いくら遠く  人遠く  地遠く  ば遠く  奥地遠く  次に遠く  たけ遠く  日遠く  いと遠く  待ち遠く  あと遠く  ない遠く  あなたと遠く  且つ遠く  よく遠く  東西遠く  とうとう遠く  ぎいぎいと遠く  鳥遠く  位遠く  淋しく遠く  ことに遠く  全部遠く  幾重にも遠く  ちょっと遠く  なんだか遠く  岸遠く  だいぶん遠く  最も遠く  苦しく遠く  巒遠く  いいかげん遠く  海山遠く  あした遠く  頃遠く  時々遠く  ドン遠く  あくまで遠く  ぴたぴたと遠く  殊更遠く  声遠く  けり遠く  多分遠く  今遠く  まなざし遠く  正面遠く  最初遠く  日頃遠く  どんどん遠く  県遠く  鉄棒遠く  大昔遠く  それ程遠く  西山遠く  みな遠く  まま遠く  壷遠く  何かと遠く  さら遠く  最早遠く  側遠く  つよく遠く  大して遠く  将来遠く  さば遠く  響遠く  一目遠く  以前遠く  がんがん遠く  もはや遠く  ぴんぱんぴんぱんというように遠く  発遠く  ずらりと遠く  巓遠く  腰遠く  待遠く  もう少し遠く  大空遠く  水面遠く  邊塞遠く  どうせ遠く  秋風遠く  故郷遠く  眼路遠く  初め遠く  時世遠く  マダマダ遠く  みんな遠く  なし遠く  等遠く  未だ遠く  聲遠く  かぎり遠く  靈遠く  今や遠く  泊遠く  忽ち遠く  追風遠く  下流遠く  唯遠く  羊遠く  方遠く  もより遠く  行末遠く  つねに遠く  道遠く  松蝉遠く  ゆ遠く  さっき遠く  全く遠く  甚遠く  都遠く  連山遠く  

~ 遠く[形容詞]
みそらに遠く  廐に遠く  母が遠く  気の遠く  虚栄から遠く  のは遠く  やうに遠く  夜は遠く  皷が遠く  山へ遠く  人に遠く  火に遠く  踊大皷の遠く  物と遠く  友が遠く  気が遠く  井上円了博士は遠く  そのまま気が遠く  舟より遠く  名残が遠く  氣が遠く  山脈が遠く  有明月が遠く  彼は遠く  厩は遠く  江戸に遠く  急に遠く  小利根川畔に遠く  のを遠く  死人が遠く  縁が遠く  翼は遠く  月よりも遠く  まわりには遠く  その他何でも遠く  なにほどか遠く  ところが遠く  人は遠く  ことを遠く  だんだん気が遠く  道は遠く  町を遠く  シュートを遠く  丘からは遠く  音が遠く  信子は遠く  頂より遠く  気も遠く  小学生なぞが遠く  ように遠く  櫻が遠く  風光は遠く  別れは遠く  東院を遠く  襞が遠く  番傘が遠く  私の遠く  日本からも遠く  支那からも遠く  どよめきが遠く  宏子には遠く  余韻が遠く  折から廻廊を遠く  天王寺を遠く  三千寸も遠く  三町も遠く  気は遠く  笛の遠く  住まいは遠く  実用に遠く  線は遠く  空間は遠く  域を遠く  東京を遠く  花のように匂いを遠く  砂利が遠く  北東には遠く  姿を遠く  声が遠く  そこは遠く  からは遠く  影も遠く  トンネルを遠く  先へ遠く  足許には遠く  存在は遠く  干潟を遠く  ちよと遠く  非常に遠く  噴火山から遠く  ヴエスヴイアスから遠く  あたし気が遠く  新吉は遠く  ことからは遠く  前栽からも遠く  さほどに遠く  目は遠く  峡から遠く  上から遠く  小鳥は遠く  気を遠く  陽は遠く  中天を遠く  パノラマを遠く  はるかに遠く  明治年間には遠く  なみよりも遠く  ちの音を遠く  三十マイルも遠く  なかに遠く  言葉を遠く  それに遠く  文学を遠く  たまたま脚を遠く  所は遠く  香気に遠く  教室から遠く  それが遠く  日脚なりに遠く  あとを遠く  太郎は遠く  影が遠く  家から遠く  燃料に遠く  弟子の遠く  わが輩の遠く  何時も遠く  娘は遠く  意外に遠く  これでは遠く  身装を遠く  盞を遠く  中に遠く  距離は遠く  堀さんを遠く  ことには遠く  路も遠く  ことからも遠く  気配は遠く  日本型ファシズムが遠く  彼方に遠く  おれも遠く  方へ遠く  のと遠く  旅程が遠く  銀行員は遠く  行く末は遠く  人里には遠く  魂の遠く  座を遠く  自然足も遠く  一方には遠く  足を遠く  道が遠く  中心から遠く  監獄からは遠く  汽車が遠く  山路なぞを遠く  皇子とやらが遠く  筋とを遠く  私は遠く  劇的光景を遠く  向うには遠く  きの村落までも遠く  間が遠く  うしろ姿を遠く  灯を遠く  隣家も遠く  国は遠く  跫音は遠く  声は遠く  ドーと遠く  僕等の遠く  かなたへ遠く  そこまでは遠く  源を遠く  和尚さんも遠く  家々を遠く  手紙が遠く  地球に遠く  声の遠く  世界を遠く  新感覚派からも遠く  大日坂の下から遠く  我らは遠く  家郷を遠く  耳も遠く  馬鹿に遠く  未来を遠く  サト子は遠く  実現さえ遠く  林町とは遠く  物音を遠く  樋口に遠く  岸の遠く  目を遠く  者だけが遠く  今日わたくしを遠く  途中から遙に遠く  下からはるかに遠く  隙間から遠く  足音は遠く  本隊を遠く  佐渡へ遠く  関羽は遠く  それと遠く  わしに遠く  曹操を遠く  ボーリューを遠く  朝今朝は遠く  シャポワロフは遠く  小さな地球から非常に遠く  ロリー氏から遠く  それを遠く  足音が遠く  春に遠く  故と遠く  何ものかを遠く  日も遠く  玄徳は遠く  呉は遠く  大将は遠く  峰が遠く  若い女が遠く  山々を遠く  距離が遠く  飜訳に遠く  函山は遠く  耳が遠く  温泉にも遠く  人から遠く  底から遠く  座席から遠く  郊外を遠く  音楽が遠く  僕は遠く  こっちが遠く  箱は遠く  所謂啓蒙期が遠く  地理的唯物論にさえ遠く  根拠は遠く  運命を遠く  揚子江を遠く  岸に遠く  伊籍は遠く  勢を遠く  煮込み屋から遠く  空を遠く  給與に遠く  上野は遠く  響きが遠く  学校へ遠く  平野が遠く  味方を遠く  敵が遠く  自己に遠く  人里を遠く  教室まで遠く  総勢が遠く  敵を遠く  吟味を遠く  葉は遠く  ふるさとは遠く  事実に遠く  姿が遠く  彼らは遠く  今は遠く  葉子が遠く  子供たちから遠く  電話が遠く  のが遠く  大抵は遠く  頸が遠く  頭だけ遠く  殷鑑は遠く  これを遠く  吉備塚は遠く  こころの遠く  凡てが遠く  作調家は遠く  犬は遠く  日本が遠く  あなた気が遠く  上野の森が遠く  未来が遠く  三四郎は遠く  ところへ遠く  風が遠く  一どのくらい遠く  なかには遠く  無碍に遠く  脈々として遠く  口上を遠く  途を遠く  河筋は遠く  月を遠く  感じから遠く  かすかに遠く  路は遠く  涙は遠く  北原白秋に遠く  工合で遠く  皆は遠く  蔭から遠く  中までも遠く  乎と遠く  地震が遠く  背景は遠く  ッと遠く  母屋から板廊下を遠く  小さなもの音でも遠く  潮は遠く  生活を遠く  愛子に遠く  さらに遠く  どこかで遠く  四谷からさのみ遠く  他宗の遠く  窓から瞳を遠く  中には遠く  隔離を遠く  横顔を遠く  形を遠く  火かげを遠く  のも遠く  夢は遠く  がんで遠く  田畑など遠く  味も遠く  さのみ遠く  音には遠く  岩洞は遠く  極は遠く  いまは遠く  息を遠く  金剛力には遠く  人間世界を遠く  客人が遠く  底の遠く  騷ぐ音が遠く  二里も遠く  生命より遠く  寒い鹹水へ遠く  足もとには遠く  私に遠く  雑音を遠く  地上には遠く  煙も遠く  海岸を遠く  記録には遠く  遥に遠く  藤は遠く  趣味は遠く  仲知とが遠く  影みたいに遠く  往来の遠く  顔が遠く  私などの遠く  野原をずつと遠く  方から遠く  大空へ遠く  聲は遠く  私を遠く  水は遠く  於ても遠く  我々のみ遠く  余は遠く  上に遠く  色を遠く  左右前後に遠く  水路は遠く  獣のように私を遠く  後ろに遠く  西は遠く  色で遠く  靜に遠く  家から足が遠く  人には遠く  岸は遠く  方まで遠く  稲垣夫婦なぞも遠く  三吉は遠く  国境外に遠く  城下まで遠く  音も遠く  上を遠く  甘粕隊は遠く  丘陵を遠く  遥かに遠く  田が遠く  村からは遠く  一水遥に遠く  燈火を遠く  何となく友達の遠く  何となくSさんが遠く  叔父を遠く  喚声が遠く  しかも遠く  それは遠く  華麗さも遠く  峡谷を遠く  本村を遠く  伸子に遠く  伸子は遠く  庭に遠く  霊魂も遠く  彼女は遠く  貞さんとも遠く  足が遠く  加之遠く  操縦は遠く  向うに遠く  敵軍に遠く  足も遠く  声まで遠く  光も遠く  耳の遠く  村から遠く  あすこに遠く  周囲を遠く  能力も遠く  鶏が遠く  水にも遠く  こちらに遠く  時代は遠く  枝山等の遠く  馬車は遠く  とき耳の遠く  下界から遠く  摩擦など遠く  隣を遠く  関心が遠く  屍骸を遠く  阿漕ヶ浦には遠く  過去を遠く  点において遠く  ものを遠く  細君は遠く  靄が遠く  距離を遠く  これらが遠く  海が遠く  人界から遠く  人界を遠く  聲が遠く  縁の遠く  經て遠く  微かに遠く  父親に遠く  父親には遠く  仲が遠く  父親が遠く  道綱は遠く  路を遠く  方へと遠く  車は遠く  父母から遠く  うちに遠く  骨を遠く  里からは遠く  下に遠く  目の下に遠く  我等は遠く  部落とは遠く  中を遠く  海を遠く  激流も遠く  後に遠く  右手は遠く  人里も遠く  電柱が遠く  光が遠く  雪洞を遠く  内地を遠く  匈奴の子弟まで遠く  婦人の遠く  家を遠く  家中に遠く  ところからいくらも遠く  神尾主膳は遠く  十吉は遠く  彼らの遠く  船路を遠く  ピストルを遠く  容貌を遠く  船は遠く  雷も遠く  だんだんに遠く  方が遠く  宿からはさのみ遠く  音は遠く  武蔵を遠く  何も遠く  のなんぞを遠く  村里を遠く  精神は遠く  声を遠く  源は遠く  心が遠く  餅は遠く  邦夷は遠く  考えは遠く  どこか遠く  晝間は遠く  片隅から遠く  人々は遠く  兒は遠く  氣の遠く  余り気が遠く  隊長は遠く  話が遠く  中心からは遠く  岸を遠く  相模野を遠く  谷へ遠く  下野国とは遠く  屋敷は遠く  海の遠く  想像の遠く  日は遠く  ことは遠く  大半は遠く  視野が遠く  武士は遠く  紙を遠く  声も遠く  底に遠く  微風が遠く  上で遠く  煙波を遠く  影を遠く  展べたやうに遠く  吾儕は遠く  海は遠く  気持ちで遠く  町からも遠く  自分とは遠く  時代に遠く  ために遠く  ためますます縁が遠く  母にも遠く  洞察が遠く  住居に遠く  里へ遠く  当座は遠く  動作は遠く  遙かに遠く  芝と遠く  枕橋より遠く  水上を遠く  町からは遠く  都を遠く  香春岳は遠く  わしらは遠く  もう少し源が遠く  相馬は遠く  それから西は遠く  灯つた青葉を通して遠く  岩が遠く  だんだん船から遠く  火を遠く  十メートルも遠く  墨絵から遠く  菜種畠の遠く  沖では遠く  吉村さんとも遠く  土用も遠く  向きに遠く  われわれの遠く  我々風情の遠く  とき気が遠く  都門を遠く  まり居城を遠く  碧を遠く  廉子を遠く  城からも遠く  六部順礼など遠く  末は遠く  窓と遠く  信濃坊源盛は遠く  動きなどを遠く  山間に遠く  都市に遠く  ものからは遠く  儘気が遠く  話は遠く  処から遠く  帽子が遠く  人群れから遠く  五兵衛と遠く  二人は遠く  当時は遠く  袴が遠く  夫婦は遠く  まり気が遠く  そこじゃ遠く  緯度は遠く  鬼も遠く  そこからは遠く  山小屋は遠く  隅へ遠く  富も遠く  陣を遠く  海上から船で遠く  陸を遠く  時は遠く  無断に遠く  頭が遠く  榛名は遠く  心は遠く  漁場が遠く  範囲にまでも遠く  妙から遠く  父子は遠く  覚一は遠く  ものに遠く  宮から遠く  弓箭は遠く  功労は遠く  本国を遠く  情熱からは遠く  やう天も遠く  地も遠く  道の遠く  頃まで遠く  功勞は遠く  左のみ遠く  日本を遠く  男は遠く  希望が遠く  娘も遠く  都会を遠く  遠州灘は遠く  波は遠く  一艘水際から遠く  九条へ遠く  赤松らも遠く  人目も遠く  奥へ遠く  尊氏は遠く  はずれから遠く  方面とも遠く  東北には遠く  友人達に遠く  人々が遠く  ここは遠く  づれから遠く  遠くの遠く  外を遠く  主膳が遠く  相馬はさまで遠く  今日は遠く  国から遠く  復一は遠く  三次が遠く  向島からは遠く  俄かに遠く  歴史について遠く  里を遠く  近く富士は遠く  どこかに遠く  艶色に遠く  献身には遠く  兵士達は遠く  山を遠く  ワザと遠く  右手が遠く  蔵王堂にも遠く  山面を遠く  森は遠く  女峯には遠く  船尾灯が遠く  気持ちは遠く  松杉の遠く  そのままに遠く  時計を遠く  意識が遠く  東京と遠く  猛獣が遠く  盛り場に遠く  すそを遠く  監獄が遠く  目と目と遠く  囃子が遠く  草原が遠く  全景が遠く  一時気が遠く  於ては遠く  眼が遠く  評判は遠く  滅多に遠く  社会と遠く  囃子も遠く  梨は遠く  最初に遠く  谷の遠く  問題を遠く  両足を遠く  爆音が遠く  地底を遠く  酒屋から遠く  刻頃まで遠く  平面に遠く  平らに遠く  地球を遠く  七は遠く  宿とが遠く  音を遠く  外へ遠く  店から遠く  寺は遠く  生まれ故郷を遠く  水星よりも遠く  中心から非常に遠く  これと遠く  これとは遠く  星雲は遠く  視線は遠く  陣地から遠く  村の遠く  ところを遠く  形で遠く  宿も遠く  影には遠く  から江戸からは遠く  意匠を遠く  日の出の遠く  旅を遠く  畫學修業に遠く  ここでも遠く  小半丁も遠く  自由に遠く  冬は遠く  うしろ姿が遠く  菜の花を遠く  高麗船が遠く  魂から遠く  南に遠く  帰りに遠く  廊下が遠く  明らかに遠く  人里とては遠く  心を遠く  櫻は遠く  左に遠く  鈴の音が遠く  群が遠く  白鷺の遠く  姿は遠く  私などが遠く  春は遠く  本人とともに遠く  近くとも遠く  奥に遠く  毒矢を遠く  そこから相当に遠く  真暗に遠く  それよりも遠く  思想は遠く  両国までは遠く  渺々として遠く  相応に遠く  試みに遠く  斜めに遠く  雨中を遠く  さまを遠く  町から遠く  果てに遠く  どこまでも遠く  廊下を遠く  鎮が遠く  もとから娘が遠く  姉から遠く  波が遠く  轟然と遠く  その後は遠く  森を遠く  信濃からは遠く  群より遠く  今日も遠く  夜が遠く  山に遠く  黒谷村の家並を遠く  遙に遠く  山田春雄が遠く  域には遠く  間を遠く  疾うに都を遠く  余脈を遠く  櫓は遠く  空が遠く  川から遠く  者たちから遠く  自然に遠く  虚空蔵菩薩を遠く  すべてが遠く  アルプスが遠く  空の中へ遠く  あかりが遠く  在原業平が遠く  畑が遠く  電車の遠く  時代が遠く  糸貫川とは遠く  谷底に遠く  富士山が遠く  音色が遠く  左右へ遠く  愛から遠く  山は遠く  隣に遠く  人居を遠く  我々と遠く  姥は遠く  峯は遠く  土を遠く  屋根が遠く  襖の遠く  歴史を遠く  人類が遠く  記憶に遠く  許に遠く  こちらを遠く  どこへか遠く  山の端が遠く  いずれも遠く  潮も遠く  海からも遠く  所へ遠く  連盟に遠く  北方は遠く  武蔵野を遠く  明るみが遠く  案山子も遠く  由子は遠く  ズウと遠く  中へ遠く  どろどろと遠く  社用で遠く  ことから遠く  自分よりも遠く  背後に遠く  今でも遠く  面を遠く  まま気が遠く  世間とが遠く  浦自身が遠く  様が遠く  波を遠く  危険区劃を遠く  斜に遠く  航路によって遠く  生活と遠く  ゴウンゴウンと遠く  ポッツリと遠く  我々には遠く  星よりも遠く  海なんか遠く  時代を遠く  美を遠く  都心に遠く  子供が遠く  山畑を遠く  馬車を遠く  天まで遠く  俄に遠く  源氏を遠く  どこへも遠く  ソリは遠く  矢が遠く  一文字に遠く  われらの遠く  私と遠く  白馬は遠く  長野は遠く  白馬連峰が遠く  漁火が遠く  博士たちは遠く  右舷に遠く  山々が遠く  恋人には遠く  何ほども遠く  高原が遠く  湖水が遠く  考からは遠く  いつか気が遠く  何時しか埠頭を遠く  丘が遠く  遙か遠く  如何に遠く  庭を遠く  今と遠く  げに遠く  星が遠く  人だかりを遠く  川上は遠く  奏楽所が遠く  右にも遠く  宿とも遠く  かけ声が遠く  物音も遠く  道のりが遠く  あとは遠く  大乗寺が遠く  学校へも遠く  香に遠く  方は遠く  中も遠く  本人は遠く  売口が遠く  倫理に遠く  恋愛などは遠く  座席が遠く  メロディーが遠く  夜道を遠く  実を遠く  群れから遠く  さきに遠く  争いを遠く  千枝太郎は遠く  片端を遠く  圓舞曲は遠く  佗住居より遠く  飛鳥山より遠く  此方から遠く  音波の遠く  思いは遠く  君を遠く  から世間に遠く  日の遠く  眼も遠く  市十郎の遠く  ようすを遠く  出先が遠く  女は遠く  昔と遠く  跡が遠く  村では遠く  地点から遠く  にわかに遠く  方に遠く  金を遠く  回復も遠く  山が遠く  一行は遠く  ことも遠く  群から遠く  あちらにて遠く  荘厳から遠く  話から山へまで遠く  雨は遠く  機関砲には遠く  弾が遠く  ものが遠く  いつまでも何か遠く  長崎まで遠く  君は遠く  林に遠く  専門家も遠く  窓からは遠く  無限に遠く  而も遠く  影からだんだんに遠く  すすき原を遠く  モウ一度気が遠く  其處から遠く  空襲警報が遠く  裾野がずつと遠く  ものは遠く  今如何に遠く  海道下りは遠く  わたしよりも遠く  何分にも遠く  停留場が遠く  為に遠く  黒岩尾根を遠く  左にも遠く  南には遠く  土地は遠く  離れ島へ遠く  電光が遠く  尾根は遠く  時代も遠く  野に遠く  箪笥が遠く  足場が遠く  ウと遠く  現実に遠く  足は遠く  白楊が遠く  部落は遠く  客足が遠く  一人は遠く  連中が遠く  夕暮れなどに遠く  ものとは遠く  さっき気が遠く  外から遠く  裾から遠く  まわりを遠く  幾人もの釣り人が遠く  村は遠く  一部が遠く  明治は遠く  街灯が遠く  しだいに遠く  警官が遠く  浅草から千駄ヶ谷までは遠く  視界は遠く  そのまま一瞬間気が遠く  男生徒が遠く  宇宙を遠く  楼上から遠く  山も遠く  山々の遠く  牧場を遠く  群も遠く  人里は遠く  白壁も遠く  窓側に遠く  山々は遠く  雲が遠く  水面すれすれに遠く  なりが遠く  響きは遠く  作品に遠く  どこまで遠く  へんに遠く  上には遠く  東は遠く  愛山脈が遠く  女中も遠く  夜空を遠く  初めは遠く  一哩も遠く  空間的にも遠く  時私は遠く  高からも遠く  稲田が遠く  叔は遠く  思ひ出馬車は遠く  悔恨にずつと遠く  田崎を遠く  さながら日よりも遠く  動静を遠く  末に遠く  危く気が遠く  空に遠く  うしろ姿の遠く  あいだに遠く  んと遠く  以上に遠く  皆が遠く  甍が遠く  單に遠く  住居から遠く  道から遠く  住居からも遠く  南斜面からはるかに遠く  外国商船に遠く  秀吉の遠く  軒並だけを遠く  片隅に遠く  長谷川水陰君より遠く  海蛇たちは遠く  茶器茶道具を遠く  塵俗を遠く  趙鼎が遠く  群れは遠く  百里の遠く  生活感情からも遠く  役人が遠く  どれほど遠く  つて気が遠く  何れほど遠く  森に遠く  沖へ遠く  胸は遠く  僚機から遠く  谷間から遠く  水が遠く  鳴子は遠く  舟は遠く  願書を遠く  脱走日輪は遠く  日輪は遠く  ベッドから遠く  土台は遠く  我々は遠く  故郷は遠く  屋敷越に遠く  屋根越に遠く  静かな夜を遠く  松風が遠く  窓一ぱいに遠く  西部全体が遠く  故郷に遠く  市中から遠く  地上を遠く  異郷に遠く  色の遠く  浅瀬が遠く  妙に遠く  文明は遠く  地理的には遠く  樹が遠く  山嶺が遠く  遠心的に遠く  新内の遠く  雲を遠く  白壁が遠く  向うへ遠く  大森林は遠く  坂上田村麻呂が遠く  本質を遠く  木立を遠く  俺は遠く  それきり気が遠く  日には遠く  さには遠く  里から遠く  まりに遠く  鳥は遠く  樺の木は遠く  間に遠く  目標を遠く  一歩でも遠く  巴里を遠く  しるしに遠く  あたりを遠く  曲り角に遠く  實感から遠く  御苦労にも遠く  ときは遠く  誰かが遠く  長上衣を遠く  一座を遠く  私のように妻子から遠く  人たちから遠く  静かに遠く  廊下に遠く  靴音が遠く  其処から遠く  支那人は遠く  四谷からはさほど遠く  うちは遠く  聲も遠く  かしこに遠く  海嘯の遠く  長谷川は遠く  だんだん日は遠く  病室を遠く  明治も遠く  邪氣さには遠く  庭から遠く  響が遠く  兩社は遠く  上ノ山温泉には遠く  名は遠く  販路を遠く  物から遠く  刹那に遠く  左へと遠く  鷹狩たちが遠く  夕まぐれ流は遠く  比叡も遠く  國威を遠く  闘牛士たちは遠く  連山は遠く  富士は遠く  甜瓜の遠く  これには遠く  大陸を遠く  光明が遠く  欄干が遠く  渓流脚下に遠く  淵源は遠く  やりとりを遠く  わたし一人が遠く  視線を遠く  道を遠く  退屈さうに湖上を遠く  烏は遠く  爪は遠く  飼主を遠く  我は遠く  者は遠く  我に遠く  ウ氏が遠く  地面が遠く  所謂右翼出版物の遠く  汝を遠く  樹は遠く  から遠く  矢張薬売に遠く  浪路を遠く  人も遠く  卯女子をずつと遠く  人よりも遠く  内面われらを遠く  我等主題を遠く  木崎は遠く  日中は遠く  砂塵が遠く  砂原が遠く  文化が遠く  北は遠く  南は遠く  所を遠く  秀才も遠く  前衛を遠く  船が遠く  ふしを遠く  むるまで遠く  人家を遠く  實際よりも遠く  行路は遠く  ところに遠く  父信玄に遠く  乘鞍は遠く  此より遠く  何処までも遠く  情景は遠く  相手が遠く  匂いを遠く  晩も遠く  痛みかな遠く  子供みたいに遠く  街燈が遠く  所へも遠く  思つたより遠く  村まで遠く  から家の遠く  竝んで遠く  灯に遠く  灯が遠く  文芸思惟などでは遠く  うわばみも遠く  かげが遠く  前方には遠く  河原に遠く  此処で遠く  方にさえ遠く  視界に遠く  起源は遠く  刈藻川すじから遠く  水光が遠く  相似て遠く  叫喚が遠く  二子が遠く  南北に遠く  

遠く[形容詞]
遠く琥珀  遠くよばひき  遠く鐘  遠く遁  遠くなるよう  遠くまで出張  遠くまで散歩  遠くなるの  遠く転  遠く遠く  遠く花見  遠く機械  遠くから  遠く逃げんうち  遠くころ  遠く近く  遠くまでいくこと  遠く哲  遠く物  遠く思  遠く蜩  遠くなるに随  遠くなるやう  遠く姿  遠くほとゝぎす  遠く及ぶもの  遠く離れてしまうこと  遠くまで尺  遠く去つた  遠くなる程  遠くまでが見えているの  遠くなりそう  遠くアツ  遠く見える空  遠くなるまで見送って  遠くなるまで私  遠くまで迯  遠く消えて行くよう  遠く隔  遠くなるほど鍵  遠く飛び離れて肥前  遠く離れて滋賀  遠く草  遠く嵐  遠くまで突き抜けてきれい  遠く眼下  遠く離れてケッチ  遠く離ればなれ  遠く過ぎ去つて  遠く海  遠く蒼茫  遠くいたる時  遠く眞木  遠くなりある  遠く北の国から  遠く天外  遠く櫻  遠く亡靈  遠く市街  遠く消えてしま  遠く楽  遠くまでおい  遠く連山  遠く水煙  遠く夜道  遠く聞えるの  遠く西  遠くへき  遠く向う  遠く人  遠く囲繞  遠くまで届くもの  遠く波  遠く離れて双子  遠くまで運河  遠くそれていること  遠く出ること  遠くい行くの  遠く走る帆船  遠くまで運んで来るもの  遠くまで行くん  遠く走る島  遠く白雪  遠く吾妻山  遠く古来  遠く南  遠く多鶴子  遠く地平線  遠くなり近く  遠く後方  遠くまでのびていく光  遠く急いでゆく男女  遠くどこ  遠く迂回  遠く本堂  遠く山腹  遠く歩  遠くなると二  遠く離れて歩く菊子  遠くぼんやり  遠く離れて面影  遠く心  遠くまで空中  遠くまで行  遠くまで旅  遠くて一番  遠くまで出かけて行  遠く傳  遠く離れてゆくうどん屋  遠く離れて食べる事  遠くまで中心  遠く望む谷川岳  遠くまで毎晩  遠く山間  遠く脚下  遠くさび  遠くイギリス  遠く耳  遠く離れて精神  遠く喜  遠く奥州  遠くて不便  遠く全体  遠く蔭  遠く前途  遠く離れてたたずんで  遠く街路樹  遠く風  遠くして日用  遠く及ぶところ  遠く宝  遠く離れていること  遠くかけ離れてゐ  遠くまで見通せる焼け跡  遠く何処  遠くまでひろ  遠く十  遠く文献  遠くまで踏み出す気  遠く明治維新  遠く離れて経験  遠くなればなる程  遠くしりぞけられて居るため  遠く前  遠くなる様  遠く行く情人  遠くまで摘み草  遠くまで逃げるの  遠くなるとはこれ  遠く離れているよう  遠く山陰道  遠く思ひだす心  遠く隱岐  遠く見渡すこと  遠く望んで見る大山  遠く離れて來  遠く想像  遠く鷄  遠く紫色  遠くして平生  遠く東北  遠く消え去って行く汽車  遠く及ぶ処  遠くツグミ  遠く列車  遠く弟  遠く下  遠くなるから  遠くなり行く師  遠く黒板  遠く樣子  遠く人馬  遠く人垣  遠く山  遠く相国  遠く眼  遠くて特別  遠く本  遠く望んでみるため  遠く兄たち  遠く退き鐘  遠く及ばなかった  遠く帰ること  遠く地  遠く前進  遠く消えてしまうの  遠くまで石  遠く河北  遠く歩いているうち  遠く墺  遠く退却  遠くチロール  遠くなる想い  遠く都会  遠くまで曇  遠くなるばかりに退屈  遠くペテルブルグ  遠く離れていると何  遠くで日光  遠くなっているよう  遠くまで歩いて来てしま  遠くまでいくの  遠く眺めるかのよう  遠く兵馬  遠く排列  遠く出陣  遠く地底  遠く暮靄  遠く出釣  遠くシ  遠く幽か  遠く都  遠く陣地  遠くなるにつれてだんだん  遠く此處  遠く日本  遠く大陸  遠く離れているせい  遠く野  遠く控えておれ  遠く長江  遠く先  遠く山国  遠くなるもの  遠く芝  遠くても電車  遠く離れている子  遠く会議  遠く舟  遠くある関羽  遠く出て迎えの礼  遠く海上  遠く出て行く景  遠く真っ直ぐ  遠く陣  遠く蜀  遠くこれ  遠く田舎  遠く幼子  遠くまで人  遠くして木の芽  遠く岩手  遠くまで見えるよう  遠くまでなげとばすこと  遠くなってしまってから  遠く離れているの  遠く過ぎ去っていること  遠くもなかった  遠くまで運んでいるの  遠く飛んで岩木山  遠くて注文  遠く家康  遠くて物  遠く叡山  遠く陵墓  遠く東  遠くなって何事  遠くなる事  遠くまで連続  遠くも瞽女  遠く芸術  遠く監視員  遠くなって筆記  遠くまでゆくん  遠く外れて惻々  遠く敵  遠く隣村  遠く沖合  遠く雲  遠く羅  遠く距  遠くなるほど駭  遠くば鼻  遠くなって行くよう  遠く夢  遠く北信  遠く本船  遠くみゆ  遠く落ちてくる隅田川  遠くなるかと思う間  遠く柔  遠く響いて押  遠く障子  遠くかき  遠く思いやるよう  遠くなるほどの苦悩  遠くまで野  遠くさら  遠く引きもがれゆく時  遠くなってくるとあなた  遠く天王寺公園  遠くまで流木  遠くなりさ  遠く大洋  遠く鶏  遠く見てステーション  遠くしずか  遠く離れて陸前  遠く離れては九州  遠く見ゆ  遠く源平  遠く太平洋  遠く遙  遠くてイツ  遠くまで歩くと動悸  遠く水  遠く河  遠くなってゆくこと  遠くなってふらッ  遠く優ること  遠く旅  遠く離れて彼ら  遠く東海道  遠く応え合う反響  遠く真直ぐ  遠く武蔵  遠く粕壁  遠く釣り  遠く推古  遠く流れゆく灯影  遠く秩父  遠くなって見えるの  遠く去来  遠く豆  遠くまで歩いて來  遠く望見  遠く廊下  遠く山麓  遠く北  遠く伊豆七島  遠く木  遠くおくれ道  遠くまで往診  遠く離れて暮  遠くなってゆくの  遠く奥  遠くなる前  遠くなったり近く  遠く幻影  遠くなつ  遠くあかね  遠く水平  遠く絵  遠く連  遠く行く積り  遠く名倉  遠く離れてゐる日本語  遠くなっている事  遠く離れている日本語  遠く城山  遠くなって草  遠く南方  遠く秋  遠く日  遠くして近く  遠く筆  遠くわれ  遠く雷  遠く續  遠く裾  遠く巨巌  遠く北海道  遠く黄  遠く犬  遠く夫  遠く生家  遠く満洲  遠く上流  遠く放たれ息  遠く及ぶ所  遠く加賀  遠く北方  遠くわけ  遠く魅力  遠くモル  遠くて困るから  遠く川上  遠く荒川  遠く牛込  遠く幡谷  遠く南洋  遠く囲まれながら茫然  遠くば夜  遠く海外  遠くなるわけ  遠く歸  遠くはなかった  遠く見えるの  遠く之  遠く家並  遠く足もと  遠く沖  遠く攻  遠くある人  遠く離れて見えるということ  遠く白馬  遠くまで響く声  遠くいなか  遠く空  遠く分けて進むこと  遠く雲井  遠くまで真直  遠く健三  遠く隔絶  遠くなる耳  遠くして而  遠く有磯海  遠く旅立つて行  遠く思ひやるやう  遠く隔て  遠く歩いて行  遠く動いて行  遠く河口  遠く一団  遠くまで溪流  遠く廣  遠く町家  遠く見え  遠く離れてゐるの  遠くまで私について  遠く鍬  遠くなり方  遠くかけ離れて温泉  遠く出てゆく船  遠く後  遠くあでやか  遠くほのか  遠く陰りゆく日  遠くはなれて起き伏し  遠く松林  遠く離れて槍  遠くさし出して塀  遠く來  遠くひろびろ  遠くなって行くの  遠くかへつて  遠くなっちゃった  遠くなっている耳  遠くなってゆく帽子  遠く左  遠く俯瞰  遠く藩  遠くまでうち  遠く行くなと注意  遠く歴史  遠く音楽  遠くて手真似  遠く万里  遠く取り巻いている駕  遠く彼方  遠く外洋  遠く明治  遠く天  遠く背馳  遠く離れてはい  遠く見はるか  遠く杳  遠く消えて行  遠くなる樣  遠く離れすぎてゐるもの  遠くもある処  遠く離れている私  遠く囲んでいる見物  遠くて骨  遠くなっても町  遠く雲煙  遠く浮世  遠く馳  遠くてつかまへられさ  遠くて駄目  遠くさせるやう  遠く河原  遠く延びて行くやう  遠く荒  遠く離したり近く  遠く夕日  遠く酒  遠くなっているの  遠く仰望  遠く眺めうる形勢  遠く庭  遠く家  遠く光  遠く靄  遠く働くこと  遠くなること  遠く潮  遠く離れて振りかぶっているが無事  遠く野蛮  遠くおかれて過されているの  遠く針  遠く成  遠くここ  遠くまで採集  遠く吾妻橋  遠く梅若  遠く聞こゆ  遠く響く音  遠くローマンス  遠くつつみ去ッ  遠く離れて画  遠く離れて拝むこと  遠く響いて来る歌  遠くまで出かけられるよう  遠くまでも配達  遠く平将門  遠く丹波  遠く九州  遠く望んで総懸り  遠く離れて居るため  遠く続いてる傾斜  遠く白堊  遠く麦畑  遠くひろがっているの  遠く点々  遠く穂  遠く追分節  遠くしていてやるの  遠く護送  遠くのぞみ  遠く来りて賽  遠く向い合う位置  遠くまで考えながら立っているの  遠く散在  遠く日露戦争  遠く物静か  遠く彼  遠く離れて睨み合っていても天下  遠く水天宮  遠くなる船  遠くまでの展望  遠くても深草  遠く離れて塀  遠く町はずれ  遠く私  遠くまで逃げて来ておしまい  遠くエストゥレル  遠く農園  遠く離れて木  遠く離れて御簾  遠くの六波羅  遠くまでの防衛線  遠く潰乱  遠く逃げおちること  遠く民家  遠くまで潮  遠く遊んで悪いこと  遠く離れて来ていること  遠く成願寺  遠く清三  遠く港外  遠くはるか  遠く伊藤  遠くは離れてゐ  遠くして獨  遠く郊外  遠く政友  遠くなる位  遠く姉  遠く寂  遠くまで見透せる印象派  遠く反対  遠く砂丘  遠く行く手  遠く手  遠く引き上げられて砂上  遠く筑紫  遠くなり電  遠く奥日光  遠く遅れていること  遠く往  遠くなって風  遠く離れて尾張  遠く開けてはい  遠くまで行くの  遠くムク  遠く水力  遠くまで新  遠くなもの  遠く月日  遠く去って土地  遠く別れても友情  遠くて坂  遠く静か  遠く鳳輦  遠く元弘  遠くながめる時  遠くなるはたけ  遠く離れてしま  遠くなって寝台  遠く放って俗歌  遠く雨脚  遠く沁  遠く真白  遠く岸  遠くて不自由  遠く帆  遠く後ろ  遠く外国  遠く離れて鳥  遠く聞えて来ると胸  遠く拓植  遠く鎌倉  遠くエヂプト  遠く懸け放れている老人  遠くなってしまうの  遠くかすか  遠くメーン  遠く海洋  遠くこし方  遠く岸上  遠く走り過ぎる心配  遠く二つ  遠く足  遠く死  遠く開けて行くさき  遠く望めば霊芝  遠く雲際  遠く嘉永  遠く星  遠くケージ  遠くなっちまう  遠く撃退  遠くまでひびいて居る事  遠くなるみ  遠く円か  遠く広がれる地  遠く広がる国々  遠く離れ合っていること  遠く離れているため  遠く街道  遠く離れてから  遠くまで来すぎてしまっているの  遠く道灌  遠く籠  遠く日本銀行  遠く在原業平  遠く来ているの  遠く啼く声  遠く走ること  遠く逃げ去るひま  遠くて解  遠く離れて二  遠く引離すもの  遠くなって行きます  遠くて無趣味  遠く安達  遠くまでゆく旅行者  遠く生木  遠く遥か  遠く磬  遠くあちら  遠く離れてゆくの  遠くうねり  遠くなると大声  遠くなるまで見送り  遠く里  遠く刀  遠く去っている娘  遠く幽明  遠く思へて仕方  遠くまできく彼  遠く去るにかも似ん丘  遠くまで来ているの  遠く隔たってゆく故郷  遠くなると東北  遠く漂  遠く溯って文  遠く溯って反正天皇  遠くまでも走り  遠く離れて鹿児島  遠くかすんでみえるよう  遠くまで出てあるくよう  遠くまでお出かけ  遠くなっちまった  遠くさ  遠く離れてる人々  遠く聞けば可憐  遠く太陽  遠く天下  遠く離れていても歴々  遠く離れるということ  遠く離れてる心地  遠くまで繊細  遠く微か  遠くまで耳  遠く社会  遠く乗り放し矢  遠く殷々  遠く遁逃  遠く通過  遠く落ちてゆく自動車  遠く並んで行く子供  遠く隔てる本質的  遠くお伽噺  遠く入る日  遠く離れてる気  遠く離れてるとき  遠くかけ隔  遠くなってゆきそう  遠く去り近く  遠く縁  遠く事実  遠くむせぶ水  遠く紫  遠くのもの  遠く離れてること  遠く離れてるわけ  遠く野山  遠く離れてヨーロッパ  遠く月  遠く持ちだすこと  遠くまで昼  遠くなるに従  遠く遡る必要  遠くなり杳  遠く釈迦  遠く見渡すよう  遠く漂泊  遠く見えて私  遠く水の上  遠くン  遠く進むの  遠く煙  遠くまで洞見  遠く行ってること  遠く泳ぎ  遠く善光寺  遠く川  遠くして漢土  遠くまで行けるん  遠くかすむの  遠く親子  遠く栄誉  遠く縹渺  遠く息づいてゐるやう  遠くまで一  遠く夕  遠く山巓  遠く放ちやつて  遠く乗り出している松林  遠く砂浜  遠く消散  遠くまで見通しておること  遠く離れてるため  遠くなってること  遠く掛け離れてしま  遠くなって了  遠く主人  遠く廃  遠く泥  遠く過ぎて来ているの  遠く辺陬  遠く人煙  遠くキュウシュウ  遠くかけはなれていること  遠く上州  遠く淵源  遠く隔てて雪  遠く丘  遠く戦乱  遠く梓川  遠く赤石山系  遠く岳川  遠くてもそれ  遠く離れて別々  遠くまで猟  遠く隔り  遠く離れて人声  遠く目路  遠く樹立  遠くまで伝  遠く飛んで行  遠くなっていくよう  遠くねずみ色  遠く別れて行くの  遠くなってはい  遠く末広がり  遠く算  遠く離れて住んでいても聡明  遠く西日  遠く白砂  遠くてそれ  遠くまで畠  遠くまでいらっしゃるの  遠くまでお越し  遠く秀  遠く離れて縮み上って泡  遠くギリシャ  遠く人情  遠く離れて行かせるよう  遠く運んで来る者  遠く見物  遠く見てさえ目  遠く野良  遠くして側  遠く坐りて汝  遠く世  遠く行く一群  遠く日光  遠く静  遠く樹  遠く青山  遠く広がってゆくはなやか  遠くまでぼんやり  遠くても地下  遠く気の毒  遠く夜  遠く聞き伝えてあちこち  遠く此所  遠く雷鳴  遠くなるん  遠く新嘉坡  遠く聞こえる  遠くなるとともに涙  遠くなる気  遠くまで見えるの  遠く江戸  遠く行くほどのもの  遠く木曾  遠く来ている思い  遠く蝦夷  遠く中津川  遠く慶長  遠く徃診  遠く極東  遠く駛  遠くなる心地  遠く離れ離れ  遠く碧  遠く漕ぎ離  遠く僧都  遠く流れて太平洋  遠く榾  遠くまで行けるもん  遠くまでとどくの  遠く光る王  遠くやって来る旅人  遠く不自由  遠く学び  遠く聞える機械  遠く山鳩  遠く森  遠く望む高嶺  遠くなるだけ夏  遠く眺め  遠くなるに連れて迷う事  遠くひびいて来るよう  遠く日向  遠くはたき  遠く望めば美人  遠く望んで美人  遠く聴  遠く其  遠く身辺  遠く不二  遠く郷土  遠く夕陽  遠くまで展開  遠くばら色  遠く離れている二  遠くなる思い  遠く延びて兵庫  遠くせがれ  遠く槍  遠く突き出ている新緑  遠く眺め渡すため  遠くか近く  遠く福  遠く田代  遠く蝉  遠くねしづ  遠く相模  遠く聞  遠く離れて森  遠くまで漁  遠くなっていらっしゃい  遠くぼやけて聴  遠く歐米  遠くなるほど水  遠く北の方  遠く観れば合成  遠く予  遠くなってから  遠く霞んでる沖合  遠く離れてグルグル  遠くなってヘタ  遠くかみ手  遠く雲烟  遠くなるひずめの音  遠く物語  遠くとんでいくの  遠く死者  遠く浅間  遠く炭焼  遠くその間  遠く爰  遠くなり勝ち  遠くもある自分  遠く見とおすだけの真面目  遠く歩いて来たか  遠く祖国  遠く金  遠く闇  遠く行く事  遠く行くこと  遠く大砲  遠くなってしまい今  遠くなるほど歎  遠く海中  遠く上  遠く戸外  遠くまで吾  遠く山々  遠く湧きくる海  遠くつて  遠くまで打ち続いているという印象  遠く滑る  遠くザハザハ  遠く消え去つた  遠くなりわたくし  遠く存じ上げ参らせ候  遠く佐世保  遠く遼東  遠く夏  遠くして瀬  遠くなってフラフラ  遠く大空  遠くまで逃げのびてから  遠く他国  遠く古人  遠くふり  遠くなるところ  遠く点在  遠く久世  遠くたより  遠く流れている飯田  遠く追悼  遠くまで遠征  遠くほえる  遠く浜  遠く亡霊  遠く流されて朱  遠くなって感情表現  遠くても里  遠くなるまでこ  遠く出る事  遠く離れ心  遠く離れてしまっているの  遠く自在  遠く響いて來  遠くかけはなれるもの  遠く溯るもの  遠く三池  遠く牽制  遠く逃げゆく有  遠く消えゆく一  遠く逢坂  遠くして官  遠く長崎  遠く見ゆる紅梅  遠く響いて廓  遠く雪  遠くフランス  遠くローン  遠くまでは見わけが  遠く南欧  遠く窪地  遠くまでみぞ  遠く飛翔  遠く離れている事  遠く馬車  遠くして幽か  遠く窓  遠く噪  遠く霞んで窓  遠く濠  遠くなって成って行く様  遠く町  遠く去るもの  遠く後世  遠く新酒  遠く寄せて碧  遠く話しあっていること  遠く津軽  遠く望みし馬上  遠く指  遠く輝  遠く逝く他人  遠く淙々  遠く去るとも人  遠くなさるの  遠く陸  遠くなって倒れるの  遠くはか  遠くて要領  遠くさせるため  遠くまできこえるの  遠く横  遠くしてしま  遠く土橋  遠く松柏  遠く伝  遠く行っているの  遠く離れて旅  遠くまで出かける必要  遠く離れて両親  遠くまで歩いていこう  遠く投げ出すの  遠く離れて行くよう  遠く去つて  遠くなり咽喉  遠く狂者  遠くまで續  遠くあなた  遠く光線  遠く田  遠く離れていて死ぬ  遠くなって室蘭  遠く島国  遠くまで見とおす具体  遠く湖面  遠く以上  遠く砂  遠くなって死んでしまうにちがい  遠く藤原氏  遠く弘  遠くまで品物  遠く近在  遠くあること  遠く市中  遠く拡がる街  遠く二  遠く瓦  遠く走る音  遠く泛  遠くゆふ  遠く香  遠く悲雷  遠く落行けばあなたに  遠くはこびゆく氷河  遠くして伊  遠く今  遠くして舟  遠くして濁波  遠くなってゆくよう  遠く鳴つて  遠く雪雲  遠くペルシア  遠く聞きながら無難  遠く三角  遠く崖  遠く海岸  遠く見えてぼう  遠く音  遠く西洋  遠く離れて膝  遠く旅行  遠くまでつづく高原  遠く瞳  遠く俗界  遠く望めば桐の花  遠くまで飛んで皆んな  遠くすゝ  遠くかなた  遠く進みし時  遠く道程  遠く走る電車  遠くまで連  遠くベアトリーチェ  遠く種  遠く我  遠く小波  遠く去るに及びてダンテ  遠く薄れゆく雲  遠く出かけて行ってはい  遠くゆき  遠く見れども近く  遠くまで湛  遠くまで起伏  遠く口笛  遠く宙  遠くまで漁業  遠くかをる  遠くおばあさん  遠く来ていること  遠く春  遠く大連  遠く走っているの  遠く下総国  遠くつながり  遠く船  遠く紅  遠く迷  遠く上方  遠く隔たること  遠く大海  遠くまで旅行  遠く運ばれてくるの  遠く霞んでいるの  遠く暮色  遠く史上  遠く泳がせて本隊  遠く離れての矢  遠くまで芝草  遠く感じるもの  遠くても神経質  遠く松の木  遠くみるあられ  遠く棚  遠く霧  遠く遍歴  遠く離れて立っている二  遠くなる領巾  遠くなりゆく声  遠くなるいつのまにか  遠く龜  遠く亀戸  遠く鳩  遠くそっち  遠く居るをみな  遠くて近く  遠くアンジアン  遠く靜  遠く離れて遊ぶこと  遠くきこゆ  遠く散っていて孤独  遠く山野  遠く隔てている満々  遠くそこ  遠く一ノ谷  遠く木の間  遠く金字  遠く任  遠くまで見晴らし  

名詞

遠く[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
遠くの沖を合唱しながら泳いでゐた  遠くから自分の顔を覗き込んだ  遠くで弾けていた  遠くで子供達の歌声が聞えて来る  遠くを眺めたりしている  遠くに銃聲などを聞きながら  遠くの方から妙なるオーゲストラの音が静かに響いて参りました  遠くへはなした  遠くの往来を走る  遠く居ても互にこんなに思の深いのにと云って恨んで  遠く出たのを貴女の御口の御かげで召されたとは云え  遠くを見て  遠くで幽かにキャンキャンというような音が聞える  遠くで見た  遠くからでも見られた  遠くへ飛んで行ってしまったろうと思いましたのに  遠くの山へでも飛んで行った  遠くでほかのうぐいすの声がした  遠くの方でしていたが  遠くに沢山の犬が吠える  遠くに犬が頻りに吠える  遠くへさけていた  遠くから見ていた  遠くの森にひびき  遠くの森に反響し  遠くの空の白い雲が見える  遠くはあるまいと思う  遠くはなれた  遠くより吹きよせる  遠くの方へさけなくちゃいけない  遠くから見ると  遠くから頼んで  遠く深く國を思うて止む  遠くの横笛の音を聴いているのに  遠くから讃歎の声を掛けてくださるだけで  遠く吹き飛ばされ  遠くへ徒った  遠くへ渡す  遠くから劉子の姿を見つける  遠くで鳴る  遠くの森の頂が見える  遠くで鷄が鳴いてゐる  遠くで夜空を燃している  遠くにちらほらスケートしているものの  遠くから地響きして走つて来る  遠くの森で梟の啼く  遠くへはやらなかった  遠くへゆくと  遠くへいってはいけない  遠くでチャルメラの音が聞こえました  遠くに離れ  遠くの方々が予想も出来ないだらうと思はる  遠くへはこんでくれる  遠くへいってしまう  遠くから黙って見ていても  遠くへ流れ動いていく  遠くで人がいい争っている  遠くへ行こう  遠くのほうからステッキの尖端でその方向転換の動作の指揮を取る  遠くのほうまですっ飛んでいった  遠くへ物詣りをする  遠くの見える  遠くから走ってきて  遠くへ泥棒に行った  遠くでピアノを弾いてゐる  遠くの山も人家も薄鼠色に消えて行く  遠くを見ている  遠くから見すますと  遠くから外套を眺めていたが  遠くから指でこちらを脅かしている  遠くの方角で官吏の幽霊が出るなどと  遠くの方で急雨のような音がした  遠くから冗談口を取りかわしたりして  遠くの方から橇を操っている  遠くから来た  遠く離れると立派な人格者に見える  遠くの氷屋へ行きかけたが  遠くを聞き入りながら  遠くから此方にきてゐる  遠くにお葉の黒い瞳を見た  遠くに氷をかく音を聞いた  遠くからいかにも不思議そうな顔をして来ましたが  遠くから見ているだけでございます  遠くへ行っていない  遠くからそれをさけた  遠くからは円いものと思われた  遠くの方に見える  遠くはある  遠く届かぬ人に訴えて泣く  遠くから気をつけて見守っている  遠くへ届かす  遠くの方へいく  遠くなりあるいは近くなりして  遠くから気遣わしそうに波瑠子を眺めていたが  遠くに自動車の警笛が聞こえる  遠くに隠れている  遠くへおいでなさいますな  遠くに森林が連らなっていたが  遠くへ送られて行く  遠くから茅野雄をとりこめて  遠くの方で雜木林か何かに風が當つてゐる  遠くに見える  遠くから少しでも聞えると  遠くの人とでもすぐその場にゐて  遠くから吹きよせてきた  遠くに聞えたり  遠くに描いていた  遠くに浮かんでいる  遠くが見えたり見えなかったりする  遠くの光景を手もとにたぐり寄せる  遠くを見た  遠くの上空から島を見た  遠くに見渡す  遠くから眺めていると  遠くを眺めるといった  遠くでこう言う  遠くの運動場の方からは長い昼休みのさわぎが  遠くの街道からカチューシャのうたをのせて来た  遠くの方で渇を愬ふ呼び  遠くに向けた  遠くに眼をやっていました  遠くを眺めました  遠くの地区を嘗めつくしてゆきました  遠くの島と島とに離れて  遠くから由次が応酬した  遠くから叫んだ  遠くの田圃にいる  遠くを見つめながら  遠く遠く夜道を行く  遠くの沖を簪船が二隻も三隻も通っていく  遠くに部原の海を見下ろす  遠くにある  遠くでもあられては  遠くで啼いたと聞くばかりで  遠くから見ている  遠くから真似している  遠くへは行かなかった  遠くへ席を避けた  遠くへ連れていってはいけない  遠くはなれて住み  遠くにかなしそうな海がひろがり  遠くに小さく光って  遠くに達する  遠くへ行って考えたいと思って  遠くの方を通る  遠くのあっちこっちの村まで合力してもらいに  遠くで答えた  遠くからハッキリとわかった  遠くからそれが分ったが  遠くに聞える  遠くからきいた  遠くへ投げ出す  遠くでうなずいた  遠くは丹波あたりまで出かけて  遠くに来ていた  遠く流れて行った  遠くでそれに応えた  遠くでころがす  遠くの方で聞こえた  遠くい遠くい行きたい  遠くに明い廓の女郎達がふっと羨ましくなった  遠くの方で鶏の鳴く  遠くに走りすぎて  遠くに去った  遠くからお出やして  遠くの寺でゆっくり鐘を打つ  遠くで餅をつく  遠くで救世軍の楽隊が聞える  遠くで見ると  遠くへ行っちゃったのよ  遠くで青空をつげる  遠くの方を見ている  遠くにゐればゐるほど  遠くから気をつけて行く  遠くの女の吠え  遠くの谷で夜鷹が不気味にギョギョギョといって啼き出した  遠くからチクチク胸を刺して来る  遠くへはいかないだろう  遠くへいってからふりかえって  遠くに見た  遠くから見れば  遠くで眺めていた  遠くへいけない  遠くからカンカンカンと鐘の音が雪の上を明るく聞えて来た  遠くは行かない  遠くが見えぬ  遠くからはその見分けはつかぬ  遠くからでも見分けられる  遠くから大勢の定まる  遠くに白く光って見える  遠くの方を見ようとした  遠くともいそげ  遠くに紅葉の平林があって  遠くへ逃げなければならない  遠くへ遠くへ私から離れてゆく  遠くへ名前も聞えなかつた  遠くの砂を見た  遠くへ行つてながめてゐる  遠くへ行かねえ  遠くで雷がなる  遠くから僕をゆさぶり  遠くに行っちゃ  遠くから見ていると  遠く漂うて来た  遠くの美しい景色を眺めてでもゐるかの  遠くの方まで見通す  遠くからで能くはわからないが  遠くかすめる沙流川は昨日の雨で水濁りコタンの昔囁きつ行く  遠くにはありません  遠くに見えた  遠く離れて食べる  遠くとも来る  遠くから二階の障子を見凝  遠くで雷が鳴りだして  遠くの方に灯が見えるので  遠くで見つけた  遠くの方から卒共が敵を逐つ払ふ  遠くの方へ吹き飛ばされて  遠くの方へそれを放つて  遠くの方から毒を放つて  遠くへ行つてしまひました  遠くなので音はごく弱くなつてゐましたが  遠くから眺めると  遠くに離れた  遠くにゐると  遠くの方から鉄砲を撃つ  遠くから見てゐました  遠くの方へ飛んで行かなければならない  遠くへ持つて行き  遠くからは小高い岡としか見えないし  遠くに離れてゐるから  遠くへ行つてはいけないと  遠くの方から昆虫が飛んで来て  遠くに離れてゐて  遠くから波の音を聞いてゐる  遠くの方まで行かなければならない  遠くの方まで海に掘つてゆかれる  遠くきこえる狼のなんともいえない  遠くから見ても  遠くへやつとかうと思ふんでせう  遠くの小さな光景を毎日発見するぜ  遠くから誘惑されるまでは  遠くの方から冷やかな挨拶を取り交したが  遠く離れるような様子を見せた  遠くからポッツリ人の姿を見せる  遠くの方でジリーンと音がし  遠くから探る  遠くの人の集まっている  遠くのほうで誰かが私の洗礼名を呼んでいる  遠くからついて来た  遠くのことであるから只眞白に見えて居る  遠くなつて土手のやうに山が連つて居る  遠くへ運んで行った  遠くから眺めていたが  遠くへは離れていまい  遠くへは行けない  遠くへ出る  遠くはなれて坐りながら  遠くから望見した  遠くの方へ蹴とばして  遠くを見渡す  遠くへ行く  遠くから美しい母の横顔をながめながら  遠くの方ぢやからええやうなもののぢやによつて  遠くの方はてんきりみん  遠くの方へいつてしまふ  遠くから見てゐて上げるから  遠くはなれていて  遠くの方の凍った  遠くが大へん青くて明るくてそこに黄金の葉をもった  遠くの辻のあたりに聞える  遠くで凄まじく犬が吠えた  遠くで聴える  遠くに離れてゐても  遠くのほうからじっと見ていたが  遠くの方からじっと見ていたが  遠くへは行くまい  遠くへ彼等を引きずって行こうとする  遠くを見ていた  遠くへ行こうという  遠くへすなわち民衆の押して行く  遠くから見て飛んで帰った  遠くから金貨を一つ投げてやった  遠くの方で吠えている  遠くの砂丘で啼いている  遠くで俺を呼んでいる  遠くで私を呼んでいる  遠くの木の股から顔を出して  遠くから敬愛するばかりで  遠くへは行っておりません  遠くの方で村の時計の鳴る  遠くの方に二十五号機の姿が見えました  遠くのブランコに乗った  遠く遠く前途を示す  遠くからいたわって  遠くのほうからはらはらして見ているばかりで  遠くからのように聞いた  遠くの都までやがて帰った  遠くへ売られる  遠くから空襲警報のサイレンが鳴りひびいてくる  遠くを見守る  遠くに聞く  遠くへ行かねばならぬ  遠くから婆さんの事を心配しずに暮される  遠くで聞えなかったが  遠くへ来てまで  遠くを眺めていて  遠くを通る  遠くへ散らばっていましたし  遠くで時子を探し出した  遠くの方で潮鳴りでもしてゐる  遠くの方でごい鷺が小児の打出す  遠くの川にもぐり込んだ  遠くから眺めて  遠くにゐる  遠くから持つて  遠くから首を曲げ  遠くで敵意を含んだ  遠くの温泉へ行った  遠くの寺からでもひ  遠くから来たの  遠くですきとおった  遠く離れて見ると  遠くから小さなこどものあぶがくう  遠くで鳴物の音が聞えはじめた  遠くは水神の森に遊興した  遠くはなれて  遠くへ行つた男とめぐり  遠くの闇を衝き破る  遠く思える心持もきょうの気持も何だか誰かに話したい  遠くと遠くで何か合図しあってる  遠くへ往く  遠くへ行っているだろうと思い  遠くの方へ退いている  遠くもない堀田原まで行く  遠くへのびた  遠くで太鼓の音が聞えだす  遠くはなれてゐて  遠くの方から足音が段々近づいて来る  遠くを見ながら  遠くに来てしまっていた  遠くにでも見つけたら  遠くの方からぼくたちのにげる  遠くから頭をなでてやったら  遠くの国へ追ひやられ  遠くにはつきり聞える  遠くにいる  遠くからみな感心して  遠くの方にそれて行った  遠くの方から眺めると  遠くに帯のように流れが見えてきた  遠くから来て  遠くへ突っ走りません  遠くへは行く  遠くに居る  遠くの遠くの方で鳴ってゐます  遠くからこれにできるだけ  遠くの瀬の音もはっきり聞えて参りました  遠くの遠くの方で鳴っています  遠くに唾棄して  遠くは夏侯氏の流れを汲み  遠くは去らぬぞ  遠くに置かれてある  遠くのコンピューターに置かれているにも関わらず  遠くへ荷負われてゆく  遠くに歩く  遠くからうかがうと  遠くから見まもっていた  遠くの物売の声などの朗らかに聞え  遠くの肉桂の林の中から二三人の子供が驚いて飛び出すや  遠くから望んで見ても  遠くで聞える  遠くへはへだたるまい  遠くから彼を呼びながら  遠くをめぐりながら  遠くから発見して  遠くにあって  遠くへ逃げたという  遠くへ旅立つのに  遠くもあらぬ  遠くの方から声をかける  遠くで言っているかの  遠くへは行かない  遠くからかちんかちんという金物の音が聞えたり  遠くへ吹き飛ばしてしまうほどの  遠くもない先祖たちは近隣の下民どもに対して生殺与奪の権を持っておった  遠くもならなければ  遠くではありますが  遠くで聞くと  遠くからすぐ分った  遠くにわたって水寨を構え  遠くを見通す  遠くで霧笛を聽くと  遠くからにほひはじめた  遠くにかがやいてゐるけれども  遠くの空で吹いてる  遠くをはしり  遠くの空の微光の方からふるへる  遠くへまいりました  遠くはないことを予知させる  遠くからその様子を見ると  遠くからもぐらの掘りあげた  遠くの動かぬ  遠くからながめている  遠くの方へ置きながら  遠くの森の方で聞こえていました  遠く青い麥の畠が續いてもや  遠くの空をながめて  遠くの遠くへいく  遠くへいく  遠くの村まで響きました  遠くよりおく  遠くへ去ってしまった  遠くへ流された  遠くの方を行く  遠くの方でする  遠くより音して歩み来る  遠くこんな所までも来たが  遠くの楊の中の白雲でくわく  遠くから見かけた  遠くの森の方を見ながら  遠くの方まで行つても丈が立つか  遠くの知らぬ  遠くへ行った  遠くへ出給うな  遠くに退いて  遠くへ送る  遠くへ征くべきでありません  遠くからの咳払いで未然に防ぐ  遠くの方からわざわざ伊豆屋へ質を置きに来る  遠くから慇懃に挨拶して  遠くの方から歩いて来た  遠くの方で尼の泣声がきこえた  遠くの方から彼の皮肉を刺し通す  遠くでも光って見えるね  遠くの物干へ  遠くに聞こえるばかりでありました  遠くに逃げちゃう  遠くの房にいる  遠くの獲物をまねき寄せる  遠くに獲物がゐますと  遠くから見た  遠くから攻めて来た  遠くへ飛ぶ  遠くに置く  遠くへ送るなどという  遠くを侵し  遠くからいった  遠くに求めなければならないし  遠くもありませんから  遠くへ退いてゆく  遠くに離れてはいたが  遠くから見えていたわ  遠くから眺めながら  遠くの方で枯木が音を引きむしられていた  遠くのものが私に助力をしてくれる  遠くからのように聞えて来る  遠くでしている  遠くからやっと届いた  遠くへ帰ってしまう  遠くへ運ばれる  遠くから竿をのばして  遠くからでもチャンと見  遠くはなれてしまっている  遠くへやられた  遠くのほうの林はまるで海が荒れている  遠くへは行かないだろう  遠くからあの風力計のくるくるくるくる廻る  遠くから風力計の椀がまるで眼にも見えない  遠くへけとばしてやった  遠くからきくねえ  遠くの方の林はまるで海が荒れている  遠くの街角を曲つてみえなくな  遠くできく  遠くからいくつもいくつも隧道をくぐつてきた  遠くへ来た  遠くの竹山に露から生れた  遠くの沖からつづいて来い  遠くから案山子を見付けて逃げていく  遠くの方に山の滝の流れおちる  遠くの方にかすかに低く女の声がうたう  遠くと結んで  遠くと結び  遠くの草の間に茶畑のあとらしいものが見えた  遠くの別な門をのぞいた  遠くに日の丸の旗が風にはためく  遠くの終点には商店の赤い幟旗なども見えるが  遠くの自動車練習場の日の丸の旗は見えなくなっていた  遠くから響いて来た  遠くから聞こえる  遠くは行くまい  遠くから罵った  遠く引き退き  遠くから答えて  遠くを望み見ていた  遠くからでも眺めてみたいと思ふので  遠くから見物に来る  遠くに漁火がきらめいているかと思うと  遠くはないと思われる  遠くは阿寒山を眺め  遠くにちらちら隠見していた  遠く思われて  遠くから響いてくる  遠くにまでとどいた  遠くから様子を見てからの  遠くから爆発のおこった  遠くへ消えていった  遠くの物のけじめはなかなかつき  遠くへ外出したくなかった  遠くへ行きたがらず  遠くから見ただけでは  遠くに競争者が現われる  遠くの方に山がうっすり見えるばかりで  遠くは函根足柄を越えて  遠くへ消えて  遠くからじろじろ見ていた  遠くから入口の方を透し  遠くから透して見た  遠くへ出るにしても  遠くに見えたり  遠くに見えて  遠くに聞こえた  遠くの娘さんに哀願をしたが  遠くに流れて居る  遠くの方から話しかけた  遠くからは藍色をして  遠くも離れませんから  遠くから腰を屈めて  遠くと云う  遠くはありません  遠くへ逃げて  遠くの半鐘が鳴つて  遠くはなれても  遠くにも近くにも葬られている  遠くのそらをながめながら  遠くからわざわざ長い小説の原稿をもって  遠くはない山手の町の実家へ引き揚げて来ている  遠くから出て来ても  遠くからやって来た  遠くから跫音を立てて来る  遠くから先生の似顔をポンチにかいていた  遠くから眼前に押し寄せる  遠くから町の音がする  遠くからこの世界をながめて  遠くから荷車の音が聞こえる  遠くからながめていたが  遠くの向こうにある  遠くの雲をながめだした  遠くから吹いてくる  遠くから一生懸命に二人を見守っていた  遠くからながめた  遠くから想像してみると  遠くから目をつけて来る  遠くの野々宮を見た  遠くで応対するにはつごうが  遠くで話をしていた  遠くに置いて  遠くの方から蛙の聲が聞えて  遠くから見下すと  遠くから見える  遠くで呼んでゐる  遠くからといふ風に聞えた  遠くで劍術をやつてゐる  遠くに行つてゐる  遠くの畠を眺めて  遠くからながめていましたが  遠くからにらめていたり  遠くへにげていく  遠くから見ながらくる  遠くに木の実を執りに往く  遠くに波の音がして  遠くの方まで出かけよう  遠くへ走っている  遠くで街の灯がかがやいている  遠くから静かに互のことを思ったら  遠くから水を引いて来たので  遠くから汲んで来た  遠くの人までが評判にしていたから  遠くから人が運んで来た  遠くへ送らせようとしたのに  遠くから見られています  遠くへ持って行かれぬ  遠くに太鼓の音が響いてゐるだけで見える  遠くのすみ  遠くの方を通り  遠くへ飛び  遠くから眺める  遠くからでもわかりますよ  遠くから手を束ねて討とうなどと考えたから  遠くから切りに叔父様が呼び返してゐた  遠くから目あてにくる  遠くに白山山脈の見える  遠くとも朝のちよこれいとの興奮を忘れるな  遠くで悲しく光つてみえる  遠くの構内で光つてゐる  遠くから戦争を見た  遠くから此島を見れば  遠くからと云ふ  遠くの遠くの方に聞きながら  遠くの方へ引づられてゆく  遠くから見てさえも  遠くに秩父の連峰が見え  遠くから叔母の顔を見まもった  遠くから飾りのついた  遠くからおれの姿を見ると  遠くへ走っていた  遠くの方で看護婦の立歩く  遠くで砧が聞えたとか  遠くはぼーっとかすんでいました  遠くに空を感じるばかりである  遠く駆けまはるので  遠くの地上に落ち  遠くから研究して  遠くにかすんでいて  遠くの山脈の上に傾いて  遠くの方で返事があったが  遠くに一人の赤ん坊が寝ている  遠くで聴いてても  遠くへ持って行ってくれよ  遠くの空を見やりながら  遠くから微笑みかけているのに  遠く遠く雲層の彼方に没し去ってしまった  遠くのほうからすでに停止した  遠くにあるとか  遠くにしか見られなかったが  遠くへ退いていく  遠くにはなれていて  遠くでいな  遠くから見ただけで逃げて帰った  遠くの方の樹の下に女が休んでいて  遠くの方へ往ってしまった  遠くの方におりました  遠くにいきはしません  遠くに行きはしません  遠くへ旅行しました  遠くで鳴っている  遠くの空にきこえている  遠くには海が見えるし  遠くから聞えてくると  遠くの方に見えてゐた  遠くの方に見えていた  遠くへ逃げのびていたいという  遠く遠く及ばず  遠くから響く  遠くから聞えます  遠くはなれて暮す  遠くには来ないであろう  遠くへ行かないであろうから  遠くの方に電車のカアブする  遠くの森の色は色褪せはじめた  遠くへ旅立った  遠くの方でやり出すと  遠くから内儀さんが前掛の下へ味噌漉を入れて買いに来るのに  遠くへ忘れてしまっていました  遠くでぼんやり聞えた  遠くの方から出発して  遠くでほえる  遠くへ連れてって下さらなけりゃ  遠くの方から馳けつけて来て  遠くから段々距離を狭めつつ  遠くに住んでる  遠くへは行かないで  遠くから見ただけで  遠くで馬の嘶く  遠くからかすかに赤いダァリヤの声がしました  遠くへ移動するらしいとの  遠くで聞くも  遠くで鷄の聲の聞えた  遠くで鶏の声の聞えた  遠く離れて蒲生の小伜が端然と坐っていた  遠くで蚊の鳴く  遠くの方で交叉されたりしてゐた  遠くへ消えてし  遠くの方でパシャパシャと水音がしたので  遠くから逃げ立った  遠くへつき放してしまった  遠くに響いていた  遠くに汽笛の音や汽車の響がしていた  遠くを見つめる  遠くの山まで見渡せました  遠くから瘠犬の如く吠え立てる  遠くで一つか二つか鳴る  遠くから一目見ると  遠くのほうへほうりだしておきました  遠くの角で聞えた  遠くの空に動いていた  遠くで花火の消える  遠くに離れてゐた  遠くから崇敬する  遠く離れている  遠くへ向かわなかった  遠くに追い退けておかねばならない  遠くにゐても分りますが  遠くの廓へ遊びに行けば  遠くから聞え出した  遠くで打っている  遠くにはなれてでなければ  遠くからお城の塔をみつけると  遠くで千鳥らしい声がそれに交じる  遠くの方にかの女を眺める  遠くにひろがつてゐる  遠くからその中に乗っている  遠くからその白い顔を私に見せていた  遠くから呼び起す  遠くの方から明らかに引張出してくる  遠くに在る  遠くへ離すより  遠くの民家に鶏は鳴いたが  遠くから来る  遠くからも見え渡る  遠くに納骨堂の白い丸屋根が見える  遠くの空からばったりかぶさった  遠くの火葬場まで運んでいく  遠くにその三つを感ずる  遠くで吠えてたけれど  遠くへ突き離された  遠くへかすんでゆくにつれて  遠くへ薄らいでいって  遠くにほうりなげろ  遠くの遠くの風の音か水の音がごうと鳴るだけです  遠くの遠くのみんなのいない  遠くの向うを動いていた  遠くからこの群集を見下しながら  遠くからこの三つの建築の位地と関係と恰好とを眺めて  遠くの方を指さしながら云った  遠くの先にある  遠くから駆け寄せて  遠くから眺めた  遠くの方に黄色い屋根が処々眺められたが  遠くから流れて来る  遠くから見たと  遠くから押し流されて来てゐます  遠くから見るだけだった  遠くだと落胆なさるといけないから  遠くでする  遠くに響く  遠くに移る  遠くから取り囲み  遠くへ待たしておき  遠くから運ばれているらしい  遠くへ逃げようとしましたが  遠くへ飛ばす  遠くへ離してつないでおく  遠くへ出かけてみました  遠くから見ていった  遠くのほうに行って  遠くに探し求める  遠くへ走り去った  遠くに存在している  遠くからこれをのぞめば  遠くに放して  遠くへだつて一人でいく  遠くに坐っていて  遠くへ旅をなさるという  遠くから入って来た  遠くを心ざせば  遠くの地方にもある  遠くはあの書物の編述せられた  遠くへ通ずる  遠くから通ずる  遠くから見舞に立つという  遠くへ遁がれようと  遠く離れた田舎の本宅の情景の一部を移し採って来た  遠くで盲人が呟いている  遠くのように聞える  遠くの方で見て  遠くにはなれてある  遠くから吹きかけた  遠くからその行動を注意していると  遠くのほうであてこすられた  遠く遠く来たという  遠くのほうから突然皮肉の茶々を入れる  遠くにぼんやり望まれる  遠くから葉子を見つめた  遠くから律儀な若者の歩みを運ばせて来る  遠くの川を想った  遠くはなれていない  遠くから浅草の観音様を拝みました  遠くの方で返事をして  遠くへは行くまいと思う  遠くを見ると  遠くの雲の中に聳え重なっている  遠くをながめた  遠くには陽炎がうらうらとたっている  遠くへのりだしてから降られちゃ  遠くからやった  遠くに聞えている  遠くの土地の差出  遠くに霞む  遠く遠く流れゆく  遠くより近づき来て  遠くは中山の法華経寺へも出かける  遠くより聞え来る  遠くの松原が黒ぐろと影を描いてゐました  遠くを見つめてる  遠くを見る  遠くから心配しながら  遠くから寄せて来るなと感ずる  遠くに大きな樹が一本ある  遠くの向うに寒そうな樹が立っている  遠くにいて  遠くの小石川の森に数点の灯影を認めた  遠く深い溜息のやうなものとなり  遠くからキッコをちらっとみましたが  遠くから指をくわえて眺めていた  遠くから指をくわえて眺めてゐた  遠くから掛聲ばかりきこえてくる  遠くもあり  遠くから湖面をつたうてくる  遠くへ行ってしまいました  遠くだけを見る  遠くで細部はよく見えなかったが  遠くが霞んで居る  遠くで起った  遠くから眺めてゐてはならない  遠くに投げて  遠くの青い島を見た  遠くを流れている  遠くに在って  遠くに消え果ててから  遠くの方で子供の泣き声がする  遠くから涌き起る  遠くもある  遠くよりより来る  遠くから機の音を聞いてばかり居た  遠くから機の音を聞いてばかりいた  遠くからも望まれる  遠くの沖には彼方此方に澪や粗朶が突立つてゐるが  遠くから歌聲が聞えて  遠くの風のざわめきの樣な微妙な音が起る  遠くからは何うも  遠くから臆病らしく吠え立てた  遠くから新しい土の香が匂って来る  遠くから歌声が聞えて来る  遠くの風のざわめきのような微妙な音が起る  遠くに離して描いてゐる  遠くからどこの寺のともしれない  遠くに離れて  遠くからこっちを振り向いて  遠くから聞こえて来る  遠くからこう尋ね  遠くから葉子の心を翻す  遠くに消えてしまった  遠くの部屋でディフテリヤにかかっている  遠くでピストルの音がした  遠くのほうで一時を打った  遠くのほうに車の轍の音を聞いた  遠く青白く流れている  遠くの道を歩く  遠くはなれて向い合って立っている  遠くで角笛の音がする  遠くの樹に風が黒く渡る  遠くに学校の鐘を聞いた  遠くはぼかしていた  遠く過ぎ去った旧い愛の文を私は手に一ぱいつかみ  遠く失われ  遠くから見て  遠く気味悪いほど冴え返って  遠くはあるが  遠くへ走っていった  遠くの遠くの野はらの方から何とも云え  遠くからついて行った  遠くの方でまた蛙が鳴いています  遠くから彼を眺めていなければならなかった  遠くの西の方へ転任してから  遠くから健三を呼んだ  遠くに眺めた  遠くから眺めていた  遠くに働らいていた  遠くの空の佗びしさまで想像の眼に浮べた  遠くから暗に健三の気色を窺った  遠くへ行かない  遠くへは行かんぞ  遠くにゐるかだ  遠くにあり  遠くへ旅立たなければならなくな  遠くへ行くと  遠くさびしい悲しい野山の旅をして行く  遠くに行つた父親を慕つて何うにもならず  遠くから走  遠くに行く  遠くは故郷の新潟に興行し  遠くの跫音まで制した  遠くから挨拶すると  遠くからその恰好を見  遠くに小石川台の梢を望む  遠くから華やかな臙脂の模様を見ている  遠くからでも伸子の後姿は見える  遠くの隅の黒く見える  遠くはなれて会いたい  遠くに飛ばなかった  遠くの人は参加しなくとも  遠くの道からやって来たかに  遠くは見えないが  遠くに溪流の音が聞えていた  遠くへ迷い込むよりは  遠くで咽ぶ  遠くの方にポツチリと赤く光がみえたと  遠くに海が光つてみえる  遠くから電波でやっても  遠くからその全体を見渡した  遠くから迎えられた  遠くの山の峯に白いものが見えるだらうと  遠くから來てゐる  遠くの麓の方に夕方の微光が眺められた  遠くから聲をかけた  遠くの島から船に積んで送られてきた  遠くの方へ馳せる  遠くに走せて  遠くの方から非常に多勢の人間の騒いでゐる  遠くから振り返って見ると  遠くでポンポンポンと撃ち出す  遠くに小さなイルミネーションのような中野駅が見える  遠くからでも見張っていてくれるからでございます  遠くで経を誦しているかとあやしむ  遠く晴れた空をめでる  遠くで涯しなく  遠くの袋小路で触れる  遠くには夕陽に燃えあがる  遠く見渡される  遠くの方に薄い煙が見える  遠くの方を見入って  遠くに瀬音が聞えだした  遠くの方から聞えて来る  遠くに見え出して来た  遠くはなればなれに暮した  遠くへやつて見たが  遠くで雷の音がひびいた  遠くからそっと二人を眺めていた  遠くの方から送ります  遠くから望むと  遠くの東の山地まで見はらせる  遠くで鳥も鳴いているし  遠くで鳥も鳴いてゐるし  遠くの方も濛濛たる煙に覆われて  遠くの方で死者を弔う  遠くの方で叫ぶとも呼びかけるとも判らない  遠くからこの一軒屋を発見してからという  遠くに出  遠くへ抛ると  遠くは走れまい  遠くから声がする  遠くをみる  遠くからすぐに彼だと判明した  遠くで又八の声がした  遠くから沢庵が振向いて答える  遠くでは見分けられはしないが  遠くへ嫁づいて  遠くの町の薬湯へ握り飯を持つて出かけて  遠くの方を見詰めた  遠くなつて消えたりした  遠くの山の頂は日の光に射られて  遠くの掛軸を指し  遠くへ走らせて  遠くへは走っていないぞ  遠くですぐ返辞が聞えた  遠くから睨んで  遠くの方でばかり眺めていた  遠くから羽衣の音の近くように宗吉の胸に響いた  遠くの彼方へ地震が動いてゆく  遠くの海に艦隊がきた  遠くはなれて暮している  遠くへ行つてし  遠くに離れてゐるので  遠くに聞こえる  遠くから見ただけでも  遠くへ行かつせるな  遠くに逃げ失せた  遠くのほうへけし飛ぶ  遠くから眼でうなずきあったりしている  遠くへ離れていて  遠くから持ってきてくれた  遠くから糸をひいていた  遠くから姿を発見される  遠くからそれを眺めて囃したて  遠くからまじまじと眺めてから  遠くから眺めて置かなかったろう  遠く白い夏雲を望んだ  遠くの国に伝へられて  遠くの方へもって行く  遠くからにぎやかな声をあげて  遠くから庭下駄の音が近づいて来た  遠くから泳いで来る  遠くへ行つてしまふか解りはしないわ  遠くは近江の佐々木が一族と聞いておりますなれど  遠く聞えるようでもある  遠くの方からバスのエンジンの音が地響をうって聞えてくる  遠くからクラクションの響きが伝わってきたと思ったら  遠くに聞えた  遠くへいっていないという  遠くへ捨てさせよう  遠くには退かず  遠くに視線をやつている  遠くを指して  遠くの列車の響を聞いてゐる  遠くにはなれていた  遠くのほうへ行って  遠くの音楽を聞く  遠くに馬の足音がした  遠くの林の中を馬が駆けていたり  遠くに届かない  遠くからも買いに来た  遠くからまで買いにくるので  遠くへ単独でゆく  遠くへやって来た  遠くにアンチーブと云う  遠く流れてくる  遠くの海を眺めながら  遠くで鶏が鳴いたかと思ったら  遠くの方から挨拶をしあうと  遠くの方へ流れてゆく  遠くからにこと笑った  遠くからつぶやいて  遠くから黒山の人だかりでもみあっていた  遠くの方で男の児の歌う  遠くへいってしまいました  遠くの方を眺める  遠くから渡ってきた  遠くの方からだんだん目近に見えてきた  遠くを離れて漕ぐにしても  遠くへ離れて  遠くへはどうにも行けなかった  遠くへとんだ  遠くへ行ったらしかった  遠くに見つけた  遠くから餌を運ぶ  遠くでかみなりが鳴っている  遠くの遠くの夢の中からでも来る  遠くから笑って見ていました  遠くから笑って見てゐました  遠くから聞えた  遠くへ寝床をかえて仕舞うに  遠くで花を摘んだり  遠くに離れているばかりに  遠くで眺めてゐた  遠くに離れてゐるばかりに  遠くの病院へかつがれて  遠くへ走って  遠くに誘う  遠くの別路ゆく  遠くで聞えた  遠くで異様なもの音がしていると思うと  遠くに小さく見えた  遠くに省線の音が聞こえる  遠くへ捨てて来たら  遠くからみると  遠くへのがれる  遠くからつける  遠くからそっと感心して眺め入る  遠くへ偵察を進めながら  遠くにいなかった  遠くの方へ引ッ散らかして置く  遠くの山の姿などが眺められるとは  遠くから待ち受けて居る  遠くには火の子のやうに彼方此方を星がとぶ  遠くへ離れ無いで  遠くへ出掛けると見える  遠くから怒鳴り立てて  遠くからとりまいて  遠くに行っちゃった  遠くに来た  遠くが見えない  遠くで見えるか  遠くへ旅行する  遠くへ出て見ようと  遠くの林は空に吹き立つた  遠くから見る  遠くの空から聴えて来る  遠くに水の流れる  遠くにいながら  遠くから居候ぶりに出て来て  遠くの方へ逃げて下さい  遠くの方でその跫音が聞こえるなり  遠くも行かぬ  遠くから鐘を押し倒して見ると  遠くへは落ちられない  遠く出て都市に遊んだ  遠くから新しい土の香が匂つて来る  遠くで川がざあと流れる  遠くなり行くにぞ  遠くの溪の底に親里の團欒の灯を眺めて  遠くへ散歩すると  遠くの山の色が濃く美しくなつて見えた  遠くから廻って  遠くのほうから柱時計の一時を打つ  遠くのほうで何かの足音が遠ざかっていく  遠くで吠え立てている  遠くのほうで犬が吠えだした  遠くにペタとひれ伏した  遠くに見ると  遠くにやり  遠くへ退がれ  遠くから用心をしいしい  遠くの方から平身低頭しての  遠くから兵馬を睨む  遠くで犬の吠え  遠く思われる  遠く遠くつづいて  遠くに見えたし  遠くからまた暫らくながめていたが  遠くへは行くまいと思われる  遠くへいかずにね  遠くから眺めている  遠くの方から頭を下げました  遠くの方から見ていると  遠くの方で立っていると  遠くの方で見よう  遠くからガスパールを引つ  遠くから呼びました  遠くにいても  遠くから話しかける  遠くには逃げていない  遠くの方に遠慮していた  遠くの方でベルが鳴ったと思っていると  遠くへ抛る  遠くからほほ笑みかけていた  遠くからホホ笑みかけていた  遠くのように聞いていた  遠くにやすんだ  遠くへまで連れて行って  遠くを廻り  遠くはなれている  遠くから見ているばかりである  遠くへ逃げもせず  遠くの西山の方を眺めると  遠くから見えていた  遠くの方で浮きあがって  遠くはなれては  遠くからみれば  遠くから命じていた  遠くの方から彼らは手をふって出迎えた  遠くに棚びいてみせる  遠くの方へ会釈を送った  遠くの方は都会の屋根にまじって  遠くは過ぎるまじく  遠くから不思議さうに眺めてゐた  遠くから眺めてゐるばかりで  遠くを望めば  遠くの方で起って  遠くの方で唸っている  遠くに聞え  遠くの方からちゃんと知っていて  遠くの方で聞えた  遠くを走って来る  遠くからきこえて来る  遠くの方で見ていた  遠くから罵る  遠くへ逃げる  遠くから見定めようとする  遠くからでも眺められる  遠くから言い出しました  遠くもないところで遂げられ  遠くから一廻りして  遠くからムク犬の姿をながめて指さしました  遠くから房一の追ひまはされる  遠く白く光つてゐる  遠くに彼の存在の奥深くにつながつてゐた  遠くの山襞にうすく匍ひ上る  遠くになるだけ  遠くから徳次を見つけるや  遠くからでもすぐそれと見分がついた  遠くの方で誰かが呼んでゐた  遠く起つたかと思ふと  遠くにゐても  遠くのものまでが殆ど信じられない  遠くから咎めた  遠くを見やった  遠くに行って  遠くにしていた  遠くへ退れっ  遠くへ没し去った  遠くを望んで  遠くで法螺貝の響きらしい音もしている  遠くの夜空がボーッと焼けてきている  遠くへ逃げ去り  遠くで起る  遠くの喊声と身近く音を立てる  遠くで犬が吠えている  遠くへさる  遠くの銃声に耳を澄まし  遠くへでも歩いていこう  遠くへいってろ  遠くの方からいろいろと噂をはじめる  遠くに離れて聞きながら  遠くからはつきり見える  遠くから人間だといふ  遠くの何ものかを追ふ  遠くへは運び出したとは思われぬ  遠くをばかり見つめていた  遠くから批判出来ました  遠くに二階家を見たり  遠くから長廊下を駈けて来た  遠くから老人の方を見ている  遠くにお開きなさい  遠くから言った  遠くから鬱憤を言い哮  遠くの部屋で身清めやら  遠くへ退  遠くは摂  遠くの四隅に急ごしらえの仮屋建ての兵舎があった  遠くに白い手をつかえている  遠くへ呼びたて  遠くに消える  遠くより笛の音きこ  遠くより笛ながながとひびかせて  遠くへ逃げるという  遠く吹き拔ける風の行方にぢつと耳を傾ける  遠くへ落ちて行く  遠くから見合ってる  遠くに平伏している  遠くへ追い払って  遠くの警固の組へ来て言った  遠くに輪を作している  遠くに望むと  遠くにお身を潜めておいでなされませ  遠くから睨まえていた  遠くにおき残して  遠くへ退こう  遠くに退いていない  遠くにおく  遠くに聞えていた  遠くで鳴り出している  遠くにいた  遠くで不覚な袖をぬらしておりましたが  遠くへ散れ  遠くに電気燈でも点いて居る  遠くから廻り込む  遠くの方に聞える  遠くから機織る  遠くに人家が見えた  遠くに坐っている  遠くになるでしょう  遠くへそちを誘うて来た  遠くには別府の火の手が海風にあおられている  遠くへ面をむけあっていた  遠くでお祈り申しあげておりまする  遠くで手をつかえていた  遠くからふりむいて  遠くから望んでも  遠くで片手と片膝を地についた  遠くには森がちらほら散  遠くの方できれ  遠くから彼女を見張っている  遠くに飛び散ると  遠くの方から戟でもって  遠くの方から無縁帽をとって  遠くから呶鳴りつけた  遠くへ行ってしまう  遠くで追分が聞こえていた  遠くにばかり灯させた  遠くから聴き  遠くで見て  遠くにやって  遠くには一小隊の兵をひかえさせている  遠くにひざまずいた  遠くに望んで  遠くから見てさえ  遠くの持仏堂から洩れていた  遠くにひかえていた  遠くに畏まっている  遠くはない浦の方を眺め合った  遠くにしたと思うと  遠くになっていた  遠くになりました  遠くに坐った  遠くで抗弁の肩を張った  遠くに放  遠くの困難がみえていた  遠くも思わねば  遠くを歩いている  遠くの電信柱のところに立っていて  遠くから母親が盛に顔を顰め  遠くの低い丘陵や樹木の影が鉛色の空を背にしてうつ  遠くへいき  遠くから靴音を反響させて  遠くから桜の花を眺めて  遠くに見えなくなるまで見送りました  遠くへ退いて  遠くへは出られますまい  遠く寄せて来る  遠くへは冒険になるし  遠くで私が見ていますと  遠くの方から万葉集の字面に走らせ  遠くに流れてゆく  遠くから綺麗に見えるといふ  遠く嫁ぐとも杯含む  遠くへと曲つて行つた事が能くわかる  遠くに日本海が白く光って見えた  遠くから蛍のように見えた  遠くの荒物屋へ風呂を貰いに行って  遠くの兵たちにも淡くわかった  遠くの山へおかくし申しあげました  遠くの赤い火だけが勝者のどよめきを次の朝までほこっていた  遠くを通れ  遠くからひきつれて来た  遠くを見ておいでられる  遠くへ落ちた  遠くへ漕ぎ  遠くの土地を歌った  遠くの田舎で育ったという  遠くに住んでいる  遠くのお社を信仰して  遠くへはこぶ  遠くから専門の職人をたのんでこなければならぬ  遠くへ人をやって  遠くから持ちはこぶので  遠くへやられるとか  遠くはなれてはいるが  遠くへはこんだ  遠くの土地へ何日もかかって  遠くへゆく  遠くへ出かけねばならなくなり  遠くから呼びますのに  遠くから透かし見た  遠くは行く  遠くで聞こえる  遠くに杉や樫の森にかこまれた  遠くから見えた  遠くを通って行く  遠くへ逃げ退き  遠くへ手放しなさる  遠くでものをいっている  遠くから注目しだした  遠くから見られていたとは  遠くの琵琶へ耳をすまして  遠くになる  遠くを観ている  遠く落ちて行った  遠くを通った  遠くの街から集まって来た  遠くから学校の寄宿舎に来てゐる  遠くからでも一緒になりに  遠くへ逃げました  遠くもありませんがね  遠くの楊柳の枝のたわわに風に吹かれてゐる  遠くから瞥見したにしろ  遠くに一人兎の形を真似て  遠くから近づいて来る  遠くを眺めるだけの  遠くの沖合の二本マストの帆船が二つの縮帆部をちぢめた  遠くの方までひろがってゆき  遠くから小屋をめがけて集って来た  遠くの空を飛んで居る  遠くのくらいところでは鶯もごろごろ啼いてゐる  遠くではもつと  遠くからことばの浮標をなげつけた  遠くからくる  遠くでは鷹がそらを截つてゐるしから  遠くの縮れた  遠くのそらではそのぼとし  遠くから認めて  遠くは離れてゐない  遠くの雲が幾ローフかの麺麭にかはって売られる  遠くへ萎んでしまひ  遠くを眺めた  遠くに垣根が眺められた  遠くで鯨波をあげている  遠くでは風のやうに峡流も鳴る  遠くでかすかにさ  遠くの桑のはたけではけむりの  遠くの崩れる  遠くで柏が鳴るといふ  遠くへ行ってしまった  遠くのうす墨いろの  遠くでは何か玻璃器を軋らす  遠くで雷が鳴る  遠くの桑のはたけでは  遠くではまたべつのく  遠くから雲のやうに白く棚曳き降りて  遠くから呼んだ  遠くを眺める  遠くにそっと坐ってしまった  遠くへ策に出ていたなどは  遠くへは出すなと  遠くが知りたくなって来ます  遠くの空気ばかり眺め出した  遠く望むと請負師の形であったりする  遠くの方で人聲がして居る  遠くの距離にいて  遠くで聞いていてはわからない  遠くで見ていると  遠くに燈火が一つ見えた  遠くに逃げていってしまった  遠くから私の方にちらつと視線を投げ掛けて  遠くからでも芋掘りの人々であることが解る  遠くへとべば  遠くの空を流れて行く  遠くに霞んだかと思ふと  遠くへ流してやりたい  遠くから見て居ると  遠くの暗闇の中に見  遠くからながめて  遠く明るい見晴らしを持っていた  遠く高い岸の上に見る  遠くで鳴り  遠くを飛んでいたって  遠くから掘って  遠くだからいま小さいの見えなかったねえ  遠くからつめたいそらの遠くからすきとおった  遠くからのあかりで読もうとしかけた  遠くになって見える  遠くで湯の雫の音がした  遠くから匂ひを嗅ぎ  遠くへ行つてしまひたい  遠くからきこえて  遠くを飛んでゐたつて  遠くの遠くのもやの  遠くから掘  遠くの方に不思議なものを見ました  遠くへ行つたやうにぼんやり白く見えるだけでした  遠くへ投げて  遠くなつて風が吹き  遠くからあのブルカニロ博士の足おとのしづかに近づいて  遠くから私の考へを人に傳へる  遠くをすたすた歩いてゐた  遠くの屋根の上で青や赤に変りながら瞬いてゐる  遠くへ引越してしまった  遠くからはっきり見える  遠くの遠くのもや  遠くからあのブルカニロ博士の足おとのしずかに近づいて来る  遠くから私の考えを人に伝える  遠くからながめる  遠くに聞えて  遠くへ行って  遠くからかすかにひ  遠くにか近くにか手風琴と歌声とが響いていて  遠くの海へ出る  遠くではあるが  遠くで鈴が鳴った  遠くなもののように霞んでいた  遠くにこれを聞いていた  遠くの方で立礼していた  遠くへ落ちて  遠くでながめている  遠くの味方を呼び返せ  遠くの祭壇の儀式の様を眺めようとして  遠くからでも近頃の真佐子のけ  遠くからでも無理にも真佐子を眺めて  遠くになったり  遠くの眺望から眼を転じて  遠くからこの状態を眺めている  遠くをぼんやり眺めている  遠くへ移転して行った  遠く隔たった場所にあった  遠くの一条の上の井戸から人を雇つて甕に汲みいれさせた  遠くに並んで  遠くへはいかずに  遠くへ離れ去っていく  遠くへ彼の視線を吸い込んでいった  遠くに聞きなされる  遠くに街路の灯が点々としてる  遠くへ距っていた  遠くで見て居てこそ  遠くの方を見てゐた  遠くから二人の問答に耳を澄ましていた  遠くから見物していようという  遠くから移住してきた  遠くの屋根へお辞儀していた  遠くへ使いに行っていた  遠くにかしこまって  遠くへ逃げてしまったから  遠くもない隣り  遠くの鉱山に往ってしまい  遠く深く進められなければならぬ  遠くの土地までを征服する  遠くの湊に往来する  遠くからやって来ている  遠くから覗いていました  遠くの人を呼ぶ  遠くも行かずに  遠くの海へ投げかけていた  遠くから跡をつけて下さい  遠くに上る  遠くに灯が見え  遠くにも近くにも起つたが  遠くの離れた  遠くを毎日見ても  遠くの島でかはい小鳥がかはい歌うたふ  遠くからどんな弟子が来る  遠くの方から笛の音が聞こえて来ると  遠くにおいているとあっては  遠くへ赴任し  遠くからこれへ駈けつけ  遠くに見ていた  遠くをとりかこんだ  遠くに分離して  遠くから声を掛けてあやしてくれたけれど  遠くへ飛んでいってしまう  遠くへ離れてしまった  遠くは行かぬ  遠くへまでも歩かなくてはならぬ  遠くに懸けて置いて  遠くから様子を窺っているだけの  遠くの橋を牛車でも通る  遠くからでも見えたら頼むよ  遠くの羊の牧を見ている  遠くへ展開している  遠くへ続いていた  遠くからかえるの  遠くから見たら  遠くは逃げられない  遠くから石を投げて  遠くから畏る畏る  遠くへひっぱって行き  遠くではありませんでした  遠くの方まで遊びに行った  遠くの方まで遊びにいった  遠くから透し見る  遠くから眼についた  遠くの方ばかし探していた  遠くの東京の空の果てにいながら  遠くから急いで行ってみると  遠くの方で怒鳴つてゐる  遠くへ裾拡がりに茫と退いて  遠くのものを見とおせる  遠くで鶏の時音をつくる  遠くの方から襲って来る  遠くから透かされた  遠く濃い色を流す  遠くから不意に現れる  遠くへ立ち退くにつれて  遠くの奥の方で鈴を振る  遠くの方へ去るに従って  遠くの方へ引越してしまおうと考えた  遠くにありて  遠くの國外へ向つて航海して行きたい  遠く白い砂地のなぎ  遠くの鎮守の森の方にあたつて  遠くへ引き離された  遠くの湖水から灌漑用の疏水を引いた  遠くの浅瀬に黒点のように浮ぶ  遠くのほうから汽船の汽笛がきこえた  遠くのランチを見た  遠くから男の人がよんだ  遠くへ飛ばされてゆく  遠くの深い空や昼でも見える  遠くへ素早く飛ぶ  遠くも来つる  遠くから予備意識を与えて  遠くへまで置き  遠くにあっては  遠くへどかせた  遠くから固唾をのんでひかえていた  遠くからながめても  遠くから引移って来た  遠くの土地において一致している  遠くの田へ落ちる  遠くへ運ばれた  遠くの澄んだ  遠くの峰に幾らか明るみが殘つてゐるが  遠くから窺っていた  遠くからポンポンと射ち落しちまう  遠くの空間を見廻わすと  遠くから存在を我々に知らしめ  遠くの方へ飛んで行く  遠くへ行っていて  遠くへ出て  遠くからだがその挙動や姿勢を見た  遠くからその声が入って来るだけになった  遠くで聴く  遠くへは去らず  遠くからの子守唄をきいた  遠くはあっても  遠く歩くことが出来る  遠くはないと言うて  遠くへ身をもってかばった  遠くの中央アルプスらしい山脈が青空に幽かに爪でつけた  遠くの方まで知らず  遠くへも草鞋は穿く  遠くは周の武帝近くは宗桂の手遊を気取っている  遠くを眺めていらっしゃった  遠くから藤吉の眼にはいった  遠くに連れ出すなり  遠くの森や屋根を眺めていた  遠くに手放す  遠くに離れているとも思っていなかった  遠くに離れている  遠くから祈祷の声が讃歌のように響いて来る  遠くで吠える  遠くで早い一番鶏の鳴く  遠くへも走る  遠くを見るまでも  遠くに夢を追う  遠くの方へ旅をしておいでなさるとか  遠くの後方へかけて  遠くへかけての  遠くで鵯のやうな鋭い聲の鳥が鳴いて居る  遠くで小兒の遊ぶ  遠くからそれに響きを合わせる  遠くへさえ行かなければ  遠くから二人の来る  遠くへ旅した  遠くへ誘ってゆく  遠くからやって来る  遠くのほうまでひびきました  遠くのはうまでひびきました  遠くへは行かないの  遠くの或るサナトリウムに行ったという  遠くの友の姿も見えずに  遠くに啼く  遠くに自分を呼ぶ  遠くでも一度吠える  遠くに見かけると  遠くの見はらしは  遠くの三味を無責任に聞く  遠くから聞く  遠くから渡ってくる  遠くで電車の通つて行く  遠くから見上げ  遠くからきたものの  遠くから見た目に何んとなくそう見えるだけの  遠くにながめながら  遠くに谷水の音を響かせて  遠くの山々が夕日にあかあかと燃えていた  遠く新しい浜辺を求めて行く  遠くは逃げていない  遠くの岸の方をのぞんで泳ぐ  遠くは日高見の国をまで眼前に思い浮べ来った  遠くからそれを思出す  遠くに聞えるらしいね  遠くから覗込みました  遠くの方へ行く  遠くの遠くから聞えました  遠くにあった  遠く見える街のはずれに続いている  遠くからでも見わけられます  遠くの家々にともっていた  遠くで鳴った  遠く遠く見送っておりました  遠くはあるし  遠くもなるべき  遠くへ残して来ている  遠くへも行きました  遠くでどーんという音がしました  遠くの水をブリキいろにして行きました  遠くの畑まで運び出さなければならず  遠くの玉蜀黍もよくできたので  遠くからでもすぐにそれと分った  遠くからその楠を認めると  遠くから認めた  遠くでもハッキリ見えたが  遠くの海上の島がもう一寸物足りないとか素人評をやっていると  遠くから自動車で見に来る  遠くのラジオに耳を傾ける  遠くからその馬車を呼んだ  遠くで犬の吠声がする  遠くでよんでゐた  遠くからちょいと見ただけでも  遠くの屋根の上に真赤な塊が忽ち現れたので  遠くに出て働いている  遠くから常に見ている  遠くから実験した  遠くへ走る  遠くからいつまでも吠え止まなかった  遠くから声を揃えて  遠くから声をかけて  遠くへいっちゃう  遠くの旅さきの温泉場に來て居る  遠くの沼にはカモがおりて  遠くからかよってくる  遠くから風のくる  遠くをジイッと見ている  遠くからでも眺める  遠くからおでん屋台の張り番をしていた  遠くから子守唄が聞えた  遠くから蚊がくう  遠くの柿の木を御覧なさい  遠くの人を望遠鏡で見るでしょう  遠くでわからなかった  遠くからまじまじ伊豆守のおもてを  遠くへ抜け出ていき  遠くに追ひ退けておかねばならない  遠くから声を挙げた  遠くよりしも歩ませ  遠くから見てゐた  遠くへ消え去ってしまい  遠くへほうり投げました  遠くへ遊びに行って  遠くへ行かなければならない  遠くへいってしまうぞ  遠くへ逐電したら  遠くから言い叫びました  遠くへ逐電しちまうじゃござんせんか  遠くもない天神下へ小走りに駆けだしていった  遠くに消えていったせつな  遠くからおろおろとして呼ばわりました  遠くの遠くから敵視の目標となった  遠くの空しかながめる  遠くに消えてゆく  遠くにかが  遠くから呪いの言葉を吐いた  遠くの愛宕から西山の一帯は朝暾を浴びて  遠くへゆかぬ  遠くの廊下に静かな足音がして  遠くの叔母にやる  遠くの方で足音が静かに聴えると思って見ると  遠くに行ってるだろう  遠くに行ってますよ  遠く思われ  遠く思われた  遠くへ自分がやがて行く  遠くで笛が鳴った  遠くに漂っている  遠くから叫んでいた  遠くにいようとも  遠くからながめていた  遠くは出なかつた  遠く出ることは出  遠くの方を慕ってゐる  遠くから眺めてゐる  遠く離れるかと思った  遠くへ質子として送られた  遠く高く光の矢が走った  遠くにキャリフォルニアンの灯を認めた  遠くに外らせた  遠くへ行くかも知れない  遠くへ行くかも知れないと  遠くに行ってしまった  遠くから響いて参りました  遠くの方でご馳走をする  遠くから又遠い奥へ鳴り続いてゐる  遠くから黙々と一廻りした  遠くから会釈した  遠くに感じられた  遠くに青いスパークが見え  遠くに立ち去って  遠くに歩いていった  遠くの木へ移動すれば  遠くへ目を移す  遠くからお姿を見て  遠くから伝わって来る  遠くから見かけたばかりで  遠く見失いかねませぬほど隔たっても  遠くへと飛んで消えました  遠くから見かけて  遠くからイエスが焚火にあたっている  遠くへいってしまった  遠くから交って来るらしい  遠くのものが映るごとく  遠くの波の上を渡って来た  遠くの方を透かして見ると  遠くにあるらしい  遠くから窓にあつまる  遠くからケタタマしく  遠くの方まで爪先で引っ掻きまわしている  遠くの方まで冴え返らせながら  遠くから肉眼でもハッキリと見えるし  遠くの方の森の上を見ながら歩いた  遠く高い山並みや木立の影が夢の様に浮き上って  遠くへいけないから  遠くに雲は浮いてゐる  遠くから彼を認めた  遠くから新聞を通じてながめると  遠くで刻んでる  遠くから自分を見守っていてくれて  遠くへ流竄の身となった  遠くの仕事場へ流れ出す  遠くの方から火箸の尖で打ってやった  遠くから虫をつかまえて見せてやると  遠くに展開する  遠くへ逃げてしまった  遠くをサッと一廻りして消えてし  遠くへ投げた  遠くに分れて居る  遠くから交叉點を横切る  遠くの方などはもうぼんやりと藍いろです  遠くから訪れてくる  遠くから僕を揺さぶる  遠く聞えるのが一入里離れた  遠くへ離れる  遠くから風に運ばれてくる  遠くに浮き出してる  遠くからときどき吹き送られる  遠くへ行ってる  遠くからその家までつけていった  遠くの方から両手をさしのべて  遠くへ行かなくとも  遠くから組んでも留めんず  遠く鳴く声が時々に寂しくきこえる  遠くはなれていた  遠くへ出たい  遠くから眺めてゐると  遠くへ来てしまいましたが  遠くの空が薄明るく見える  遠くへ探求させようとする  遠くにきこえる  遠くのものを見つめる  遠くへ落ちのびる  遠くからこられたんでしよう  遠くに汽笛が聞えた  遠くへ運びだす  遠くから渡って来た  遠くへ行かう  遠くから飛んできます  遠くかの壮佼を離れし  遠くよりちらとぞ見たる  遠くの方からぶつけ  遠く高い藤原期にあり  遠くで居ても分ります  遠く眺めていたが  遠くに祭のやうなぞめきが  遠くより望んだよりは  遠くに走  遠くに消え去っていった  遠くからながめると  遠くから合図で親しみを通じ合った  遠くから吹いて来ます  遠くから笑いながら  遠くに来ていて  遠くに勝利とを瞥見させる  遠くに輝き出してきた  遠くには船が靄の中に隠れて  遠くからながめてる  遠くから私を見てとったとみえ喘ぎ喘ぎ叫んだ  遠くへ消え去るの  遠くへ行かないで待ってて  遠くに聞えだしてきた  遠くに幻が浮んでくる  遠くの林の中に聞えてゐた  遠くとひろがる  遠くから手を振って見送ったが  遠くを視つめてゐる  遠くで鳴り響いていた  遠くに行ってる  遠くに住み  遠くにいるけれど  遠くからあこがれていた  遠くから愛する  遠くに住んでいて  遠くと去りゆく  遠くへ去って  遠くからのように聞えて  遠くに急げ  遠くに駆って行った  遠くはないでせう  遠くで聞いていると  遠くの方ではあるが  遠くへ押しやり  遠くにポーンと徴発されて行ってしまったら  遠くの廊下から近づいて  遠くをうろついた  遠くから思った  遠くに町が見えた  遠くに他の犬を見つけるが  遠くから河の上を軽く辷って来る  遠くへ飛び去ってしまった  遠くから知っているほどの  遠くの声だけしか聞いていなかったが  遠くの席から高い声で相槌を打つ  遠くは名古屋であって  遠くへ行かないでくださいよ  遠くへ行ってしまうという  遠くへ退いて行った  遠くの農家へ避難させる  遠くへ離れて行こうとする  遠くへ追放するという  遠くへ行ってしまったら  遠くへやるとしたら  遠くへまで上って  遠くへなどおまえをやりたくない  遠くへ立ってからは  遠くへ掛けさせ  遠くの沖には彼方此方に澪や粗朶が突立っているが  遠く響くような工作がされ  遠くからでも匕首を打込んだ  遠くへ来てしまった  遠くへ去っていた  遠くからの目印になる  遠くの方で山車がとまつて動かなくなりました  遠くに逃げのびてから  遠くで若者が吹く  遠くから包まれて  遠くに離しておく  遠くより見れば  遠くから認め合ったり  遠くへ進んでいった  遠くからそれを感じた  遠くから見ると光り輝いてる  遠くへ旅する  遠くへ進み  遠くに輝いていた  遠くに来ている  遠くに隔たっていようとも  遠く長い目で世界の変革に対するの一手があるのみであった  遠くの方で聞いた  遠くの野原へまで捜しに  遠くから駅の入口の人混みのなかを物色した  遠くになつて居た  遠くにいてさえ  遠くからの評判だけではなく匂宮は姫宮のおそばにいる  遠くへのいていたり  遠くで梟が啼いた  遠くなつて行く  遠くへふらついて  遠くに師とする  遠くから響いてきた  遠くより渠を望む  遠くへ退いていて  遠くからはすごくさえ思われる  遠くの町まで歩きまわる  遠くへはいらっしゃらないで  遠くのほうに向って  遠くに見えている  遠くになった  遠くで眺めた  遠くからもにおう  遠くの物を眺めてゐる  遠くの音のように聞えていた  遠くの橋の上を馬車が一台通って行った  遠くから伝わる  遠くの窓からガラスがちらちら滝のように落ちていた  遠くの死骸の上へ投げつけた  遠くで初蛙も啼いた  遠くから聞えて来る  遠くの方に對岸のやうなものを認め  遠くへやってしまった  遠くへさがって寝た  遠くへ立って  遠くからその立札に目をつけている  遠くからその二人を睨まへて歩いて  遠くから聞き付けて  遠くから片手を伸ばして  遠くへいった  遠くに架っている  遠くの工場から一斉に夕方の汽笛が鳴り出す  遠くへ出かける  遠くの木枯の中からかたかたと馬車の音が聞えてきた  遠くで梟が鳴いています  遠くもない青楼の裏二階に明りがついて  遠くから見ては  遠くから見ていますと  遠くを廻った  遠くへ行ている  遠くの空をかける  遠くに離れてゐる  遠くへ来たと思う  遠くの知らない  遠くの方からおじぎをした  遠く離れることがあっても  遠くの方で蹴りあげた  遠くの遠くの空の向うに行ってしまおう  遠くの山火事を見ていた  遠くを予期する  遠くへ己を運んで  遠くを眺めている  遠くへ引離してしまった  遠くから姉はそれを指して眺めさせた  遠くへ逃げちゃいませんよ  遠くへは逃げていなかったという  遠くはデカメロンあたりから発して  遠くから聞えたが  遠くで銃声がした  遠くで銃声がしていた  遠くへ押しやるにきまっているが  遠くへ行つちまつたからでせう  遠くにちり  遠くの濱邊を歸つてゆくらしい  遠くから見物して居ました  遠くにわかれわかれに溺れてゐる  遠くへいっても  遠くをとんでいる  遠くへ失ったという  遠くへ逃げていきます  遠くからおばさまの姿を見かけて  遠くは印度まで及んだとの  遠くへやってる  遠くの波の間にふんはりと浮ぶ  遠くの方にはきらきら光る  遠くの水平線は灰色の靄に隱されて  遠くからでもよく見えた  遠くから風に送られて来る  遠くはこんもりと黒く茂った  遠くへ行き  遠くのそんな家を照代が識ってる  遠くの稲の中を通り過ぎてから  遠くに来て  遠くより戦闘を嗅ぎつけ  遠くからでも通ずる  遠くからでも気どられるぞ  遠くもねえお袖のいる  遠くのある  遠くからよく見ますと  遠くで見ていた  遠くの方で獣の吼える  遠くへいこうとおっしゃった  遠くの方を見ていましたけれど  遠くに響いて行く  遠くにぐるりと立っていた  遠くの山に反響して  遠くの大浪のどどうっと響いて来る  遠くの人のいない  遠くの森の中に落ちた  遠くの方の端へ寄り合ってゆき  遠くの砕け  遠くから目につくし  遠くで一発の銃声を聞き  遠くに一際高く槍のように尖った  遠くの方で犬の吠える  遠くより聲をかけ  遠くで買ったの  遠くを歩いてゐる  遠くの火口をめがけて  遠くへ身を引いた  遠くに冴え  遠くで犬のなく声が何となく物凄くひびいてきました  遠くの物を見る  遠く聞こえはじめた  遠くへいって  遠くはなれていらっしゃる  遠くで吹くらしい  遠くで二つバンが鳴っていた  遠くの森の方でしてゐた  遠くから出かけてきた  遠くの方にある  遠くの星の殊更美しい一ツを見詰めて  遠くに墨絵のやうな松の岸辺を見る  遠くの山裾にある  遠く棚引くのを折り折り  遠くは武州と甲州にまたがる  遠くから余の事を心配するといけないから  遠くへ消える  遠くの方で大波が打つ  遠くから見えるほど  遠くの闇を見つめている  遠くに見下せる  遠くに海が光っていた  遠くにあたつて  遠くも参りませんで  遠く深くなるでせう  遠くから鏡をのぞいてゐるので  遠くの鏡台に顔が映る  遠くから見て下さい  遠くの方からは電車の異様の響と人々のざはめきが込み合つて聞えて来て  遠くの方で井戸水を汲む  遠くから聞えて  遠くの空でさっきまで一生けん命啼いていた  遠くへ餌をあさりに出かけ  遠くからその方を透して見たが  遠くは離れていない  遠くに碧い  遠くで見る  遠くのものまで鮮かに近々と見え  遠くへ薄らいでいた  遠く走らんとす  遠くに久世山の高台が見える  遠くの壁に遣りながら  遠くの方を見ると  遠くはないなと思ったので  遠くから其姿を眺めると  遠くから鐘の音なぞが聞こえてきます  遠く住む者の多くなるに従うて  遠くに犬の声がした  遠くへ去  遠くの花柳界からも来  遠くから見物してゐ  遠くの空からとんで来て  遠くの空から飛んできて  遠くに聞こ  遠くから洞燈をさしかざした  遠くへ突き放す  遠くの方から眺めるだけで  遠くからおさえる  遠くで風でもつぶやく  遠くへ消えた  遠くから私の眼の中を覗く  遠くへ引き上げました  遠くに相距ってしまっていました  遠くから此方へ向つて歩いて  遠くからそれを見つけると  遠くで騒がしく起った  遠くで燃え上った  遠くの街路に添い  遠くへ行くからさ  遠くへきく  遠くの方から寄せて来ると  遠くの野を展望した  遠くからこの様子を見ていた  遠くの空へ現われた  遠くの空のほうからは寺院の鐘の旋律も聞こえていた  遠くにアルプス続きの連山の雪をいただいている  遠くに見て  遠くからそれを一目見た  遠くなり近くなり遂に暗の中に消える  遠く感じる思いがまさった  遠くから海を越して  遠くの方は中絶えして  遠くでキラリと何かが走りました  遠くに歩いて  遠くでサアチライトが光つてゐる  遠くへはなればなれにな  遠くの方から注文があると  遠くのあたりからは賑やかな潮騒がだんだんと近くの方へひびいてきます  遠くの方から茂作をながめると  遠くの空に行つてしまひました  遠くに人家のあかりがひとつ見えましたので  遠くを指さします  遠くに見てゐた  遠くの山奥に移り住む  遠くの川原で微かに馬のいななく  遠くで山鳩が啼く  遠くで馬のいななき  遠くから風にのって流れて来る  遠くの祭りばやしが調子を高める  遠くの方へ持っていってあったり  遠くがい  遠くでは馬追蟲の澄んだ  遠くには駿河信濃國境に連亙した  遠くの乗換え  遠くの海上を眺めてゐた  遠くには和太郎さんの車のかげはありませんでした  遠くの沖をかすめて通る  遠くから覗いている  遠く見渡された  遠くからでもその姿がぼんやりと浮いて見えた  遠くからはっきりとは見えないので  遠くから興行先きへついて来てゐるといふ  遠くに置き忘れてしまふ  遠くから走つて来る  遠くに向つてかざしながら  遠くを睥睨し  遠くの門前の国道まで白砂を撒いて掃き清めてある  遠くをうつ  遠くからみつけてゐました  遠くを見つめます  遠くの窓に女が立つてゐる  遠くへやりたくない  遠くの火鉢へ投げ込んで  遠くから想ふべき  遠くから視  遠くから足の尖を爪立って  遠くから丁ど十三度聞いた  遠くから立った  遠くに森の見える  遠くにおきやられたが  遠くから微笑を送った  遠くから金のにおいをかぎつけるのに  遠くから見守っていた  遠くで汽笛の音がする  遠くに引き吊る  遠くに立っていた  遠くが見えてくる  遠くが見えてきた  遠くはありませんから  遠くにお百姓の使う  遠くとほり過ぎて  遠くの山の麓に並んでいる  遠くも見え  遠くで遊んでいる  遠くから海鳴の  遠くの方に散らばっていた  遠くの方へ飛んで行ってしまって  遠くへ飛び去って  遠くの国々をおとずれて  遠くへ出かけようとする  遠くの方から美しい音楽が聞えて来る  遠くの方へ去って行く  遠く見て泡の続くに過ぎざれど  遠くの方で騒々しい叫び声が聞こえる  遠くは大連にまで探偵小説クラブという会が出来て  遠くへ離れ  遠くの井戸から手桶いつ  遠くからおづおづと感心してゐる  遠くの物を前景のものより明瞭に見るといふ  遠くから笑ったりしました  遠くから怖そうにうかがっていた  遠くの方からも続々と来て  遠く思えるあたりまで到達して  遠くへのびていた  遠くからその姿を見知って  遠くから呼んできて  遠くから聞こえてきて  遠くにもいなかったと見える  遠くから呼びとめられた  遠くから妙な神経を起して眺めていた  遠くへ行けば行くほど  遠くからさあさあ水音が這入ってくる  遠くへ持ってかれてしまう  遠くへ行っちまう  遠くでどさっと云った  遠くはなれてはいませんでした  遠くから匂って来た  遠くの国の王様や貴族にすゝめられる  遠くの海面を黄金色に染めてゐる  遠くではあるが眺められる  遠くに放たれた  遠くに白く輝く  遠くはなれてゐるから  遠くへ遊びにいっても  遠くへ避けて  遠くの方で凄じく  遠くの方から歩行いて来た  遠くの彼方からひたひたと小刻に駈けて来る  遠くの山は見えません  遠くは見えない  遠くからちょいちょい人が来る  遠くの方をながめながら  遠くに離れてしまった  遠くから景勝団子の太鼓の音が聞こえてきて  遠く見える明神さまの大銀杏がそろそろ黄いろいものを見せはじめてきた  遠くのほうから轟きだしてきた  遠くから不安そうに主人の顔を見上げていた  遠くから眺むる手法の上に立てられていたので  遠くを見ながらいふ  遠くに居て  遠くの方へ突立って真正面からわたしを見ていた  遠くの方で棒の上に縛ってある  遠くの方でぼんやりしているだけの  遠くの方にたいへん大きなものがいる  遠くに小さくなってゆく  遠くへ離れていったから  遠くの方の森が照らされて  遠くを見てゐる  遠くの方から見て居る  遠くは見晴らせない  遠くの方から靴音がした  遠くのもと来た  遠くへ離れちまったねえ  遠くに犬の吠える  遠くで喚声が聞えてゐる  遠くの方を通ると  遠くは春秋戦国に始まって  遠く白い山々を望む  遠く好い欅の杜を見て置いたが  遠くには知られなかつた  遠くへころがっていった  遠くから彼をとりまいて  遠くの雷鳴のやうに響いた  遠くから段々と近いて來る汽車の運動を眺めるだけの  遠くはないと聞いてゐましたが  遠くの物音などを聞きつけて  遠くの方にヒューッと唸る  遠くはなれて飛び去った  遠くでガラス戸の摧け落ちる  遠くの交叉路には時どき過ぎる  遠くの日溜りからは橙の実が目を射った  遠くの駿河台の方からニコライ堂の鐘の音が聞こえますと  遠くへ逃げてしまったよ  遠くで雷鳴がいんいんとひびき  遠くの家で赤ん坊が泣きだした  遠くから見つけて  遠くから音楽が聞えだした  遠くのほうから汽笛がひびいてきたので  遠くの灯を見ながらいった  遠くへ歩いたおぼえは  遠くから少年少女のコウラスが聞えてきました  遠くに乗り出たと見へて  遠くから別な板を踏む  遠くの方で電車の響きらしいものが聞えた  遠くに娘の靴音を聞きながら考へてゐると  遠く流れ行く  遠くへは出られませぬ  遠くから一艘の楼船が来たが  遠くのでこぼこした  遠くへ逃げ去る  遠くの白い冠が欠けている  遠くにあらゆる山の上にぬきんでた  遠くに大海が見え  遠くの何かを視詰めている  遠くには高い塔が見えたりなどして  遠くへ消えてしまうまで見送り  遠くに離れては  遠くへまで片づけにやってきたという  遠くへパンを投げる  遠くから睥みつけてやった  遠くへ逃げ出す  遠くからジワジワと大仕掛にやってゆく  遠くもない所でもあり  遠くから極めて疎らに飛んで来る  遠くから眺めれば  遠くの虫を聞く  遠くの分はもう亡くなっている  遠くから来られた  遠くに離れてゐようと思ふ  遠くから見たとは  遠くから見てる  遠くの大島が模糊と水色に横わって居たり  遠くの灯を見ながら  遠く聞える夏の進軍喇叭に子供みたいに勇み立っている  遠くより来り臨んだ  遠くで鶏の声がして  遠くに想像した  遠くからそれとわかる  遠くでひろ子の姿を見つけると  遠くを煙りを吐いて走つてゐる  遠くの森や林を流れる  遠くから眺めてゐた  遠くの森がこの雪の中に煙つて見える  遠くの田舎の野道を歩いていても  遠くの畠を見る  遠くなるほどお姉さんの白くやさしく動く  遠くの山を指さして  遠くは煙霧にかすみ  遠くの野外音楽が送ってよこす  遠くの道へ捨てて  遠くの方でまた女の悲鳴がした  遠くから研究的に見物する  遠くのほうから聞えてきた  遠くへ眼をそらすと  遠くに火事が起っているらしく  遠くに見えると云う  遠くで汽笛がした  遠くへ出ない  遠くの端に硬直して  遠くに聞いていなければなりませんでした  遠くは重い匂いの紫となる  遠く白く奔ってゆく  遠くを人が追って来ている  遠くで夜鴨が啼いてます  遠く消えてゆく  遠くで稲妻のする  遠くは六朝時代より近くは前清に至るまでの  遠く逃げ去った  遠くの蓄音機のようにぼやけていた  遠くから感心して居給え  遠くの町にゐる  遠くからそっとしておく  遠くの方で眼を細めている  遠くで時々稲光りがしている  遠くへ来たわね  遠くの空をながめられて  遠くから吹いて  遠くへといってしまって  遠くの彼方に眺められる  遠くから河岸を陽氣に見せる  遠くを見渡して居る  遠くへ行つて稼いで  遠くにぽつりとしてる  遠くはぼーっとしていた  遠くひろく際限のない地平線にとりまかれて暮す  遠くを流るる  遠くの後の事を考えている  遠くから蛍の火のように光る  遠く小さくなって  遠くの海岸に打ち寄せるらしい  遠くは黯くなって  遠くの山が一角を現わすかと見ると  遠く遠く南の方に去り  遠くへぼかしてしまいました  遠くよりする  遠くへ離隔して  遠くの窪地に毛氈を敷いて  遠くのまちへ分家した  遠くから蟲おくり  遠くから及び腰になって  遠くの月の出をながめている  遠くへほうり投げると  遠くに聞ゆる  遠くも近くも霞みながらに暮れて  遠くの原っぱの方へまでも行った  遠くにきこえていた  遠くに離して  遠くで馬鈴薯をこなしているらしい  遠くへ追いはらう  遠くへは行かぬ  遠く遠く沖の白浪の上にかへらしめろかれにはかれの  遠くに冬の海の光をかんずる  遠くよりして  遠くよりしも疾行す  遠くの異樣な世界は妙なわけだがだれも知らない  遠くに輪を描いて廻って居るばっかりであった  遠くの方にきいて居た  遠くの方にひびいて行った  遠くがよくみえませんけれど  遠くから私のほうをちらちら見ては  遠くからとりまく  遠くからザワザワと潮騒のやうなものが押し寄せてくる  遠くからザワザワと潮騒のようなものが押しよせてくる  遠くなったりして飛んでいる  遠くの足音にも耳をすませたり  遠くからでは細部がはっきりわからず  遠くから微かな返事が聞こえてきた  遠くへいっている  遠くの彼の宿屋までいく  遠くのほうに漂っている  遠くから書類のほうを見た  遠くの見知らぬ者たちに命じられていながら  遠くのほうに二つのゆらめく  遠くからだけではあるが  遠くのほうに離れた  遠くのほうへいっている  遠くのほうから何人かのお役人たちも見ています  遠くのほうにいってしまう  遠くの廊下の曲り角にフリーダの姿が見えた  遠くのほうから走りよってきた  遠くへ飛んで行く  遠くの森が常緑の梢で彼を誘惑する  遠くから彼はそこを幾度も通りすぎて見た  遠くにへだたって  遠くの世界からのようにきこえていた  遠くは紫色にもやっていた  遠くで停車場の方から汽車の汽笛がきこえていたが  遠くへ離れて眠る  遠くの方から呼声が聞えて来る  遠くから青年が何か手真似をするらしい  遠くへ眼をやりながら  遠くへ出歩くなどは  遠くは見えず  遠くの方から燈が一つ見えて来た  遠くへ行き過ぎてしまふ  遠くへすてに行ったので  遠くの方まで行くらしい  遠くの緑青いろの林の方へ行ってしまい  遠くから軍歌の声にまじって  遠くの緑青いろの林の方へ行つてしまひ  遠くから冷やかに彼を眺めている  遠くの空を見ている  遠くの物音に聴耳を立てた  遠くに消えていく  遠くに運ばれて行く  遠くからいつも坊ちゃんのこと神様にお祈りしていますわ  遠くからでも見れば  遠くに緑の半島が霞み  遠くからそれを見付けて  遠くで騎兵の演習らしいパチパチパチパチ塩のはぜる  遠くからそれを見ていました  遠くの青いそらを見て云いました  遠くからそれを見てゐました  遠くの青いそらを見て  遠くをばかり眺めて  遠くにノートルダームの双生塔がぼんやり見える  遠くの方へ往ったり  遠くの方へ往った  遠くからトップを打ったって利かん利かん  遠くはなれ  遠くへは行けず  遠くから視線を交わした  遠くにかすんでゆくに  遠くに去っていた  遠くの物音を聞く  遠くを見つめて  遠くに感ずるだけで  遠くには大勢の人気のある  遠くに見えていた  遠くにひびいている  遠くに駕籠をにらんで立っている  遠くへは突っ走る  遠くへ持ってっておくれ  遠くで咳払いがする  遠くの物音に耳を傾ける  遠くの潮騒のように余韻を引いて過ぎるばかり  遠くへ耳を澄ました  遠くへ捨てた  遠くを駈けて来た  遠くのことでも云っている  遠くの方で面白さうに腹を抱へて笑つてゐる  遠くから注意ぶ  遠くで顔をふって  遠くからちょっと腰をかがめ  遠くの下の方で雷が鳴る  遠くから段々近くなつてさうして格子戸を開けては  遠くに夜釣りの舟の灯がチラチラとしてゐる  遠くで見てゐると  遠くへ飛んでゆきました  遠くに行った  遠くから話相手と目指す  遠くには海の青が見え  遠くでがらんがらんと気味のわるい音がひびく  遠くから皆な見えたわよ  遠くで鶏の羽ばたきと  遠くの方に控えていた  遠くが見えなかった  遠くで鴎の声さへ聞えなかつたなら  遠くから鎖の鳴る  遠くから路を降りて来る  遠くに眼をすえていたが  遠くから僕をひやかしたりする  遠くの空を見たが  遠くの小さい生徒たちの方に眼をやっていたが  遠くの方でお星さまがキラキラしばたたいてゐるでしよ  遠く暗い大空を抱擁して  遠くから帽子をとるし  遠くからでも見つけてしまふ  遠くはなれてない  遠くへ離脱するこうじつを  遠くへはなれつつあった  遠くから指さした  遠くもないらしいサイレンが異つた方角から一度に鳴出す  遠くの交易市場の方へ出かけて  遠くへ出かけたりする  遠くに見なければならないという  遠くから見え出すと  遠くに飛び去った  遠くからのかけ合い  遠くから大河の横顔を見ていた  遠くにはなれる  遠くもござらぬ  遠くになると  遠くに赤いポストが見える  遠くから帰って来る  遠くからまた歩み寄せて来る  遠くでその音がしている  遠くへ運んで行こう  遠く深い歴史を持つ  遠くは元窯に及びますが  遠く深い伝統の上に立っている  遠くから来たらしい  遠く見ると匂いやかに煙って居るが  遠くの杉の木のこずえの神秘的な色彩を見ている  遠くもあるまいと思いながら歩いていった  遠くの方に眼をやりながら  遠くに伝わってゆく  遠くの風呂へ行くにも及ぶまいじゃないかといった  遠くの山々の頂に残つてゐる  遠くの町からつたわってきた  遠くから網をなげかけてたぐり寄せる  遠くから長い棒切れで恐い蟲でも制へる  遠くは敵の状況を知り  遠くから出て来る  遠くの空からむらさきの雲に乗つてきました  遠くにゐて  遠くの方へ蒼惶と逃げて行く  遠くに消えかかっている  遠くを見晴らす  遠くかれを導くをえざりしによりてなり  遠くゆかざるさきに知るべし  遠くに中華そばやの流してゆく  遠くのパラソルを眺めつつあるいた  遠くから見分けて  遠くへ押し流してしまう  遠くで返  遠くの方を物色した  遠くから見直してみると  遠くに赤船がゆく  遠くのボーをサイレンかと思って  遠くから人の数なぞよめはせぬ  遠くから別な顔が立っている  遠くで犬が吠えていた  遠くの者はただなにか変梃な冷りとする  遠くは想いを海王星の果てまでも運んで呉れる  遠くで啼いてゐれば  遠くの物音がだんだんはっきり聞こえてくる  遠くへ消えて行って  遠くの方で待っていた  遠くへは出ずにゐた  遠くは山裾にかくれてた  遠くからこわごわ眺めたりした  遠くで私の名を呼んでる  遠くの家の灯がちらほらと見えてきた  遠くへにげられた  遠くより來るおとづれ人を表す  遠くにその姿を描く  遠くより来り臨む  遠くより取り囲みて  遠くにおりて来たらず  遠くから見てゐて来なかつた  遠くの方へ退つ去  遠くもない下宿の方へ歩いて帰りかけた  遠くへ置き忘れて  遠くから聞えて来た  遠くからあの金槌の音が聞えた  遠くから幽かに聞えた  遠くで啼く  遠くの山下が野も里も一樣に薄暮の底に隱れてしまふと  遠くから相当の医者を招いたりして  遠くの方に見えた  遠くから相当の医者でも呼んで  遠くから兄を眺めて  遠くにいたので  遠くの方で聞こえる  遠くから家内が見守ってくれている  遠くに泉でもあるか  遠く延びゆき  遠くはあらぬ  遠くはあらざる  遠く離れ第一月は冬ならずして  遠くのほうから愛嬌をいう  遠くの山々が真白にいかにも地球のしわのごとく凸凹を見せて  遠くの海の中を航海していらつしやる  遠くはあり得ない  遠くへ遁げて行って  遠くの方を見ていました  遠くの方から馬の嘶きが聞えて来た  遠くにゐるのに  遠くで吠えている  遠くから見ながら  遠くの山へ逃げ去  遠くに売りあるく  遠くへ去ってしまう  遠くに入相の鐘が鳴り出すと  遠くに牛の鳴く  遠くの方で誰かの唱っているらしい  遠くを見つめている  遠くより来る  遠くへ離れている  遠くの山まで一面に青白い素絹を投げた  遠くの方まで積み重ねられ  遠くで雷が鳴っている  遠くにあるので  遠くに見ながら働いている  遠くからきて  遠くからでも眺めてゐるかの  遠くの禿山に転じた  遠くの方からそうつと運ばれた  遠くから指して  遠くのフィルムでも見ている  遠くでならばうずくまって見たり  遠くへは立退かず  遠くの方を見つめた  遠くへ流されて  遠くできくと  遠くから鳥右さんは子供たちを叱りました  遠くから梵鐘がゴーンと一つ響いて来た  遠くへ行ったらしい  遠くにおられます  遠くは四国西国から売られて来て  遠くから見ただけの  遠くからでも襲撃を加へる  遠くから見ただけだ  遠くで自分を呼ぶ  遠くはもう茫とかすんでいた  遠くをみていました  遠くをみてゐました  遠くからのように聞えて来るばかりだった  遠くのものを見ている  遠くの方でまだからかっていました  遠くからお詣いりに来る  遠くからでもわかるだろうし  遠くのほうに立っている  遠くに小使が一人現われ  遠くで小使たちの足音が聞えた  遠くのほうから自分に差出し  遠くの娘に言う  遠くからは聖人像を納める  遠くではトロッコの流れる  遠くで救世軍の楽隊が聞えていた  遠くに去ってしまう  遠くへ去った  遠くへ遠くへ行ってみたいと思う  遠く明るい廓の女達がふっと羨ましくなってきた  遠くで蒸汽の音が鳴っている  遠くから考えると  遠くにフッ飛ばして  遠くへ都落ちする  遠くから私を監視している  遠くに浮んで  遠くに離れて坐っているので  遠くへ行きたい  遠くで多摩川電車のごうごうと云う  遠くにありて想う  遠くで鉄砲の音がする  遠くから見るなら  遠くの方で跫音のする  遠くの方で低くサイレンの唸り声が聞えた  遠くは英國が歐洲大陸に半屬國を有して  遠くから聴いていました  遠くにちらつく  遠くに聞えるよと  遠くの方で唄っている  遠くからお話を伺ったばかしでは  遠くの方で唄つてゐる  遠くの方から勘定した  遠くへ出かけて居りました  遠くへでかけていた  遠くのすきとおった  遠くで焔のように赤い舌をべろべろ吐いています  遠くの方へお移りになって  遠くの風の中で叫びました  遠くへでかけてゐた  遠くのすきとほつた  遠くで焔のやうに赤い舌をべろべろ吐いてゐます  遠くから来ている  遠くの過去を話しながら  遠くの地表から迫ってくる  遠くの眼の下にかすんでいる  遠くにまで持ってゆくには及ばない  遠くに見え始める  遠くはないはずと急ぎに急いだが  遠くは此處にありて  遠くからこの附近へ用足しのある  遠くから鈴の音が入って来る  遠くからガラガラと空車の車輪の音と馬のひ  遠くへ遠くへ吹きつらぬいて吹く  遠くの人の聲がひびきの  遠くに移つて見たとか  遠くの畠の方から吹いて来る  遠くを眺めていた  遠くの方から飴売の朝鮮笛が響き出した  遠くへいつてしまはう  遠くの木立まですきとおる  遠くへ遠くへと行く  遠くの板囲から起重機の先が晴れた  遠くの芝草へ足をなげ出して  遠くへはなして眺めた  遠くの丘やほの暗い街道から流れてくる  遠くの窓から流れてくる  遠くに見つけ  遠くの山の青い影をながくのばしていた  遠くの丘を越えてゆく  遠くよりきこ  遠くの饗宴のごたごたした  遠くの人はそれを言った  遠くから覗いておりますと  遠くへ人の心を誘った  遠くに離れてし  遠くへ行かれる  

~ 遠く[名詞]1
彼には行けないずつと遠くの  花火が遠くで  地面を見たり遠くを  ときをり遠くに  思いきり顔から遠くへ  冬雨の遠くから  灯の遠く  合の手に遠くで  どこか遠くで  彼を見ると遠くへ  音は遠くの  それは遠くの  その間から遠くの  里も遠くは  荷車まで遠くから  人が遠くの  梢をもぎ離れて遠く  ぶらんこして遠くへ  彼は遠くから  あちらに遠くの  静心夜が更けて遠くで  前から遠くへ  一人で遠くへ  間に遠くに  近郊にも遠くの  上にしゃがんでて遠くから  左右にわかれて遠くへ  なかの遠くの  どこか遠くへ  どこか遠くを  のを遠くから  いつまでも遠くから  死人が遠くから  どこか遠くの  きゅうに遠くの  高笑いなどをしながら遠くから  手綱で遠くの  まわりには遠くから  僕にしても遠くから  耳をすまして遠くに  格子から遠くの  人は遠くから  ことを遠くから  声を遠くへ  孟を遠くの  信子は遠くから  斜面を遠くに  望遠レンズは遠くの  すべてを遠くに  水平線が遠くに  シュートを遠くから  手をあてて遠くを  風が遠くの  オーイオーイと遠くの  眼を遠くに  火災は遠くの  目には見えない遠くの  せきは遠くの  顔を出した遠くの  老病で遠くは  非常に遠くに  晩に遠くで  小学生なぞが遠くから  私は遠くは  かんざしの遠くに  船に乗って遠くへ  町も遠くは  涙も乾いて遠くの  宏子には遠くから  二千六百寸も遠くへ  女は遠くで  姿を見分けかねるほど遠くに  風に吹きちぎられて遠く  遙かの遠くで  上に遠くで  ように遠くの  汽車に乗って遠く  んだけど遠くへ  瞳は遠くの  嵬が遠くに  一遍ごとに遠くの  それが遠くの  声が遠くから  遥かに遠くへ  ぼくたちは遠くに  とんでもなく遠くでも  それも遠くの  我輩は遠くで  お前から遠くは  彼女は遠くに  眼を開きながら遠くの  すべなみ出てくるかも遠くとも  三町ばかり遠くに  何処か遠くへ  堯が遠くへ  涙をためてはじつと遠くの  敵が遠くへ  野原の遠くで  存在は遠くから  実在は遠く  何かで遠くの  山の遠く  台所口が遠くに  何か遠くに  囲ゐのそとの遠くで  守護されて遠くの  種子ごと一緒に遠くの  住居から遠くの  一緒に遠くへ  可なり遠くの  処を遠くの  それを遠くへ  三百メートルも遠くへ  山も遠くからは  お前達が出来るならかうした遠くに  百万倍も遠くに  支那も遠くへ  陸はずつと遠くの  単純で遠くから  香気に遠くから  バグリオーニと遠くの  顫わせて遠く  竹藪を遠くから  あとを遠くから  許り遠く  商売道具を遠くへ  新吉は遠くから  沖を遠くへは  母が遠くへ  闇の遠くの  鑿を遠くの  前から遠くを  ッと遠くへ  太郎は遠くから  町から遠くは  非常に遠くの  思いもつかぬ遠くの  登勢は遠くで  顔を遠くの  犬も遠くの  堀さんを遠くから  それは遠くも  ように遠くから  婢達は遠くの  声を遠くからの  それも遠くへ  音を遠くに  大変な遠くへ  おれも遠くから  人たちは遠くへ  腕を遠くから  やうに遠くに  五人で遠くの  住居から遠くは  遠くと遠くで  女を離れて遠くへ  二日でも遠くの  声をふるわせて遠くを  乞食を遠くにでも  やうに遠くの  気がつきますと遠くの  かげや遠くの  芝居を遠くの  西の遠くの  遠くの遠くの  今まで聞えなかった遠くの  和尚さんも遠くから  千里の遠くに  恍惚と遠くから  野菜畑を隔てた遠くの  音が遠くで  途も遠くへは  使者は遠くを  それと遠くから  袁煕は遠くへ  万里の遠くへ  鉄路にては遠くも  鐵路にては遠くも  中庭を隔てて遠くから  すべては遠くの  飢餓とを遠くへ  わしたちの遠くも  それを遠くで  水中には遠くにわたって  櫻が遠くからに  日光が遠くに  ごろごろと遠くを  戀市街を遠くは  何処か遠くの  堤防や遠くの  燈を遠くの  ぼんやりと遠くの  汽船は遠くの  幾千マイルという遠くへ  話は遠くの  風は遠くへ  ために遠くへ  声が遠くの  黒潮を越えて遠く  どこか遠くから  姿を遠くから  可成り遠くの  陣は遠くに  例の遠くからの  連中まで遠くの  音が遠くに  これを遠くから  これほど遠くに  自軍を割いて遠くへ  疆の遠くを  水は遠くに  漢中といえば遠くも  節子から遠くに  山々を遠くから  非常に遠くからの  北の遠くへ  あなたから遠くは  うまが遠くへ  僕は遠くから  こっちが遠くから  うしろの遠くの  箱は遠くから  バシヲワタルトドンドンドントナルカラメダカガタマゲルノダ子守唄遠くの遠くの  沖から来い遠くの  小鳥は遠くから  野原の遠くから  塀に沿った遠くの  右側の遠くに  難所を脱して遠く  眸をこらして遠くを  七十歳に遠くは  結婚して遠く  面が遠くに  ドーと遠くから  光は遠くにまで  私は遠くへ  一人残して遠くへ  麓から遠くは  犬は遠くから  身装を遠くから  盞を遠くから  独りで遠くへ  棟が遠くに  橋が遠くに  風鳴りとこんがらがつて遠くに  四角な遠くの  上で遠くの  縁台に腰掛けて遠くの  高沢までは遠くも  來るだけ遠くへ  いつかかっこうの飛んで行ったと思った遠くの  彼らは遠くから  音も遠くは  生活費を遠くに  葉子なら遠くから  未来が遠くから  汽車が遠くから  三四郎は遠くから  ところへ遠くから  視線は遠くの  風が遠くから  なかには遠くから  原口より遠くの  三四郎を遠くに  馬鹿に遠くからといふ  踏破して遠くに  うしろ姿を遠くから  姿をみつけると遠くから  ほうで遠くへ  灯を遠くから  三里も遠くに  東の遠くの  一日一日と遠くへ  水を遠くから  往来する遠くの  境を遠くと  大抵は遠くから  土を遠くへ  そこから遠くに  部屋の遠くの  声をしているから遠くから  身辺から遠くは  講義録を遠くは  途は遠くとも  シヤベルが遠くで  故と遠くから  サト子は遠くから  マストだけが遠くに  皆は遠くから  ように遠くへ  伝統小説を遠くは  抛物線を描いて遠くの  山々や遠くの  それを遠くから  いつか太陽は遠くの  火が遠くに  外の遠くの  安雄さんは遠くに  豹一は遠くで  音が遠くから  玄関が遠くの  こと止めてくれ遠くから  かすかに遠くから  あら海から遠くは  やうに遠くから  光は遠くの  日も遠くには  犯人は遠くへ  彼は遠くの  家族とともに遠くへ  声が遠くで  涯かな遠くの  岩洞は遠くから  千里も遠くへ  音には遠くから  声が遠くに  及び腰で遠くから  雲が遠くの  耳に立つ遠くの  そと遠くで  偶像として遠くから  形態を遠くに  僕は遠くの  僕の遠くに  物までが遠くに  ぼつては遠くに  前庭の遠くに  私は遠くから  上から遠くに  距離を遠くへ  ものが遠くからも  死体を遠くの  身体の遠くに  犬は遠くで  自分自身が遠くへ  空の遠くに  くせに遠くで  日は遠くに  余は遠くから  君が遠くの  色を遠くから  星が遠くに  先刻までは遠くの  勢で遠くから  眼で遠くを  腰によりそって遠くから  足音が遠くで  私を遠くから  水は遠くから  さで遠くへ  距離をへだてて遠くから  道すじの遠くの  雪に包まれて遠くに  義男を遠くに  風習は遠くの  一米でも遠くへ  時間を過しに行って居る遠く  海へも遠くは  手をのばして遠くの  息を遠くから  神経の遠くの  煤煙が遠くに  草土堤の遠くから  手をあわせて遠くから  路の遠くを  路の遠くには  ピストルなんかで遠くから  彼女は遠くを  道了さまより遠くへ  地震が遠くから  教室に帰って来遠くから  遙か遠くから  そこへは遠くも  心まで遠くに  響きが遠くで  汽笛が遠くで  手を束ねて遠くから  とりと遠くに  くつきりと浮んだ遠くの  一滴が遠くに  姿が遠くに  近くから遠くから  鳥居が遠くからも  ほんとうをいうと遠くに  ような遠くの  愛子に遠くから  掛け時計が遠くの  音にまじって遠くの  男が遠くは  眼が覚めては遠くに  靄が遠くは  描写から遠く  形を遠くから  一散に遠くへ  耳は遠くも  過去を遠くから  声を出して遠くから  眼を開いて遠くに  ものを遠くから  さが遠くに  細君は遠くから  昇進して遠くへ  道綱は遠くから  伸子に遠くから  お前は遠くに  伸子は遠くから  彼女は遠くから  さと遠くに  何處か遠くへでも  何處か遠くで  操縦は遠くから  松本市の遠くから  思いを遠くの  心を遠くに  僧侶が遠くで  欄干によりかかって遠く  音は遠くで  ものは遠くの  幾谿を越えて遠くの  白壁が遠くに  眼を遠くへ  拍子を取って遠く  微笑を遠くの  谷を隔てた遠くの  世代は遠く  北上川から遠くの  空も遠くの  家を遠くから  ドウしても遠くに  骨を遠くへ  手をかざして遠くを  やうに黙つて遠くの  がたを遠くから  母親が遠くに  二番目に遠くに  のなんぞを遠くから  スパイは遠くに  本が遠くの  叔父を遠くから  何んな遠くへ  銃声が遠くに  声も遠くには  そこから遠くへは  ゼルビノは遠くには  親方は遠くへは  視線は遠くに  住居は遠くも  ここは遠くに  縁台でやらせている遠く  朧へ向って遠く  武士は遠くから  声も遠くへ  帆村は遠くの  微風が遠くから  それは遠くに  音は遠く  パリより遠くへは  道に迷ってはいけないと思って遠くへは  姿を遠くに  ゃばちゃはねる音とが遠くの  のだと思って遠くから  ここからも遠くは  三十間も遠くに  聲が遠くから  彼女から遠くに  船から見えんくらい遠くに  往診以外に遠くへ  眼をすえて遠くの  百花園も遠くは  考えは遠くへ  思いを遠くに  灯が遠くに  マニラから遠くは  海底要塞から遠くへ  後ろを遠くから  人々は遠くから  猟師は遠くに  窓から遠くの  兒は遠くから  ばくづれ落ちるごとく立ちつくしずつと遠くには  餘り遠くへ  供も連れずに遠くへ  隊長は遠くから  周囲を遠くから  どこか遠くに  自分は思ひ切つて遠くへ  のと遠くから  本人は遠くに  鶏が遠くから  街道の遠くを  うちに遠くの  門を跨いで出ると遠くも  これより遠くへは  心を持っていて遠く  中で遠くに  気の遠くなり  山の上から遠くの  屍骸を遠くから  犬が遠くで  杯盤も遠くに  右馬介が去った遠くの  これらが遠くから  眼を以て遠くから  道程の遠く  距離が遠く  色になって遠くに  木の間をくぐって遠く  動きなどを遠くから  ところで遠くの  ことが出来ないで遠くの  ぼんやりとした遠くの  俺達は遠くの  水車から遠くは  用をやりながらも遠くから  ボーンと遠くの  身体より遠くの  懐剣をもぎ取って遠くへ  堂裏の遠くを  日も遠くは  場所から遠くは  ことを黙って遠くから  縁側に立って遠くの  朔日を遠くは  晝間は遠くから  はるかに遠くを  人が近づくと遠くの  僕を遠くから  それを遠くの  ミネも遠くは  容貌を遠くから  響きが遠くの  そこから遠くは  犬殺しは遠くの  記憶の遠くに  かたまつて遠くの  方でも遠くから  雑木山はずつと遠くの  空の遠くを  影を遠くに  それも遠くは  南の遠くへ  右奥へ行き遠くを  遥かに遠くの  遙か遠くの  混って遠くで  子供は遠くへ  動作は遠くから  彼女は遠くの  是からは遠くも  通り道で遠くも  彼は遠くをばかり  列を遠くに  正成は遠くの  被衣をとって遠くに  金借りにけり遠くより  屋鳴りをさせて遠く  風が遠くへ  面色を遠くから  群集を遠くへ  埃りを遠くに  廉子を遠くから  兵は遠くに  鶏鳴が遠くに  今日も遠くで  徒らに遠くで  我から遠くへ  還幸を遠くで  他人行儀に遠くで  信濃坊源盛は遠くから  庭面の遠くで  一片でも遠くに  うしろの遠くには  煙を遠くに  廊の遠くに  さっきから遠くに  後ろの遠くに  顔にも遠くに  彼一人だけ遠くに  里ほど遠くへ  声を遠くに  母親が遠くの  惶てて遠くから  子供たちは遠くへ  廊下の遠くから  空の遠くへ  娘さん一人では遠くへは  近くとも遠くは  脈々として遠く  それより遠くへは  声とが遠くで  藏みて遠く  横町を遠くへと  藍色に見えていた遠くの  遙か遠くに  帽子が遠くから  干潟の遠くを  熊野の遠くから  武蔵国の遠くへ  火も遠くから  人がある遠くの  方法で遠くへ  海から遠くは  これを遠くへ  材木は遠くから  使いに遠くへ  両方に遠くは  物までも遠くへ  物を遠くの  南に遠くは  ブエーノスアイレスから遠くへ  三次が遠くから  町で遠くから  私には遠くから  家は遠くは  のが遠くから  ものに遠くから  物音の遠くに  駒音を捨てて遠く  昼前なので遠くの  兵士達は遠くから  手も届かぬ遠くの  往て遠くに  さまざまにひるがへるずうつと遠くの  んですかと遠くから  のはもつと遠くから  スヰツツルになる遠くでは  のもあり遠くの  仕事着もぬれる遠くの  意外の遠くから  陸奥ほど遠くは  俄かに遠くへ  木立を透かして遠くを  それらを透して遠くに  追っ手は遠くで  峯を越えた遠くでは  くらがりの遠くの  蛙は遠くで  笹もゆれこんがらかった遠くの  らをながめてゐますずうっと遠くの  ひかりを送ってよこし遠くで  夕陽の遠くへ  地平の遠くでは  ゎくこうひとつ啼きやめば遠くでは  山面を遠くから  汽笛が遠くへ  田圃の遠くを  そちが遠くへ  子を遠くへは  正行は遠くが  何處か遠くの  かなりの遠くの  男は遠くから  此俵があれば遠くからでも  タマが遠くへ  希望が遠くから  限りなく遠くに  上へ出て遠く  影を刻んで遠くへ  黄葉した遠くの  自分はだまって遠くから  東へ流れて遠く  猿を遠く  風が遠くで  川の遠くを  窓の遠くに  猛獣が遠くから  千里の遠くを  空の遠くの  川下の遠くの  間から遠くの  とりと遠くへ  今日は遠くから  ほんとうにこんや遠くへ  場所で遠くから  作品を遠くから  爆音が遠くから  三十里も遠くの  海上かなりの遠くでは  正成は遠くに  殿尊氏も遠くに  迎えに赴いて遠くに  いちど周防長門の遠くへ  白旗城をかこんでいる遠くの  復一は遠くからでも  足音が遠くに  その間から遠くに  ことも遠くへ  息を殺して遠くから  越前の遠くから  いちど庭ごしの遠くの  紀州の遠くへ  男たちは遠くの  船が遠くの  旅をして遠くから  和蘭渡りで遠くの  お節は遠くも  視線を遠くの  半面は遠くは  空を破つて遠くにも  遠く海の遠くの  歌聞ゆ海の遠くを  歌聞ゆ誰も知らない遠くの  陸奥の遠くへ  千里の遠くから  先頭の遠くに  ここの遠くを  自分とを遠くに  急に遠くへ  郊外の遠くへまでも  針を遠くに  どこかよほど遠くの  狼が遠くの  落者が遠くへは  主膳が遠くから  それが遠くから  気で遠くの  代りに遠くに  明らかに遠くから  表へ出て遠く  古里は遠くに  ように光る遠くの  博士邸より遠くへ  なかにもつと遠くの  それは遠くから  ワザと遠くから  人々を遠くへ  それが懸け離れた遠くの  蛙が飛び上って遠くの  それが遠くへ  鷲がつかんで遠くの  昼間は遠くへ  斜めに遠くから  多分は遠くの  里から遠くへは  涙はさそい出されて遠くからの  地球から遠くは  私から遠くへ  ところを遠くから  銭に飽かして遠くに  女を遠くに  千里も遠くに  五間以上も遠くへ  その後は遠くから  声の遠く  女連れで遠くは  ーれ遠くは  まま話しているので遠くへ  故国を去って遠くへ  のどの遠くの  野原の遠くの  彼女が遠くの  ようになって遠くの  長唄を遠くから  高麗船が遠くから  虚空蔵菩薩を遠くから  すべてが遠くから  思慕を以て遠くから  太鼓が遠くに  笠を傾けて遠くから  川べりの遠くへ  ろが遠くの  建物はずうっと遠くに  建物を越えて遠くの  燈火が遠くの  時計が遠くで  傍に立ち尽して遠く  はるかに遠くへ  それからずうっと遠くで  厩肥を遠くの  帰りに遠くから  頂上は遠くは  中には遠くから  一台見つけたので遠くから  向うを見ると遠くの  雷門辺であるかと思うほど遠くに  終日夫が遠くに  必要以上に遠くへ  向こうへ遠くへ  上を遠くから  山の遠くから  息をころして遠くから  電燈が遠くに  あの世の遠くへ  禮拜す遠くより  つるを遠くへ  私達は遠くへ  幽霊船が遠くへ  出口をたよって遠くへ  駕籠なんぞ遠くも  毒矢を遠くから  がらのごとく遠くから  鐘が遠くに  遠くの遠くから  廊下を遠くの  私も遠くに  女は遠くに  彼から遠くに  考えも及ばないほど遠く  靄が遠くに  範圍から遠くは  掣肘からは遠く  どこかずうっと遠くの  光景を遠くから  知らん振りをして遠くから  余は遠くも  うちに遠くへ  私から遠くに  二人は遠くから  交流が遠くに  街をめぐる遠くの  響が遠くに  彼は遠くに  花から遠くの  波紋もさう遠くへ  櫓は遠くから  太郎は遠くへ  音も遠くから  君も遠くへ  空が遠くから  聴神経を遠くの  かなりの遠くから  ひがして遠くに  さまを遠くから  時間を遠くで  彼が遠くへ  波が遠くの  何処までと遠く  者は遠くへ  路面の遠くを  際知れぬ遠くから  花壇の遠くの  今でも遠くから  今度はずうっと遠くで  一人きりで遠くへ  ために遠くから  旅行をして遠くへ  どこかで遠く  狂気を遠くは  草場を離れて遠くへ  何かを遠くへ  波を遠くから  学校をやめて遠くへ  虫食い材料を遠くへ  女性が聘せられて遠くから  雲が遠くから  端を遠くより  理窟を遠くの  土塊として遠く  のも遠くは  一種皮肉な憐れみをもって遠くから  誤解も遠くから  それから遠くに  前途と遠くに  ために遠くに  彼等が通り過ぎて遠くへ  昼間も遠くに  今まで遠くの  顔つきで遠くを  パリーから遠くに  友は遠くに  二人は遠くに  はさのみ遠くは  げに遠くから  人だかりを遠くから  あれを遠くで  白光は遠くの  手の届かない遠くへ  囁き聲が遠くの  所を遠くから  心持で遠くを  のだと遠くから  背を向けて遠くへ  源氏を遠くから  源氏は遠くの  遠慮をして遠くへ  あなたがたの遠く  子供を遠くの  博士たちは遠くから  のは遠くへ  音の澄んで遠く  押並び押重なって遠くから  それが遠くからの  のに遠くは  彼を遠くに  音楽会で遠くから  ぼんやりして遠くに  直覚力で遠くから  いっしょに遠くへ  平野を見おろしながら遠くに  ころを思い出して遠くに  私は遠くの  中宮が遠くの  遙かの遠くにな  事柄と遠くに  二千里も遠くに  人たるべく遠くに  空襲警報が遠くから  人ありて遠くより  女たちは遠くの  これは遠くで  ものを透して遠くの  音が遠くの  銅貨を掴んで遠くの  ものが遠くから  灯を遠くへ  彼れは遠くから  川北先生は遠くへ  夜になると遠くも  鉄棒が遠くを  燦然として遠くから  横ぎった羽虫を見て遠くの  僕自身からも遠くに  道度は遠くの  山畑を遠くから  可なり遠くで  街灯が遠くから  外国でも遠くは  正面から押せば押すほど遠くへ  姉さんが遠くへ  生活を離れて遠くに  雲に映つて遠くから  人を遠くに  ものは知らず遠くに  郷土を遠くへ  祖国を遠くへ  手から遠くへ  唸り声が遠くに  思いを遠くへ  夕暮れなどに遠くから  遙か遠くには  西風の吹く遠くの  漸次に遠くへ  汽車が遠くの  いまは遠く  歴史のいきづきから遠くは  ようすを遠くから  ように遠くに  ようになって遠くに  声は遠くの  丸太小屋の遠くの  ぐるり中から響いて来る遠くの  微かな遠くからの  海からも遠くから  餘り遠くは  距離をもって遠くに  とき君子は遠くの  それと見て遠くより  戸口から遠くへ  殷々として遠く  神さまも遠くへ  音を聞きながら遠くに  空に遠く  笛が遠くに  丘から遠くに  時でも遠くの  時分には遠くの  遙かの遠くから  方の遠くの  これらは遠くで  海道下りは遠くから  林を隔てて遠く  乙女を捨てて遠く  中に遠くに  眼を遠くの  河も遠くは  ゴウンゴウンと遠くから  やうに遠くへ  客は遠くの  人語の遠くに  肩から遠くの  何物をも遠くへ  僕は遠くへ  ソリを遠くへ  別れ別れに遠くに  いつまでも遠くで  空の遠く  鎧を着て歌いながら遠くの  シュワルツワルドを遠くに  平和にすると遠くで  かぎりの遠くに  ふつと思ひもよらない遠くへは  我が国では遠くの  戸外をながめながら遠くを  静かになった遠くの  オーバラップして遠くから  お昼御飯だから遠くへ  歴史をみると遠くは  箱根を越した遠くが  五六人額をあつめて遠くの  嵐に吹き消されて遠く  羞恥心などは遠くに  警官が遠くから  上眼勝に遠くを  ズウーッと遠くの  卷煙草を遠くの  故郷は遠くから  今夜は遠くから  枝や遠くの  時電灯を遠くに  いくつか間をへだてた遠くの  大正時代を遠くと  汽車から遠くの  声が届かないほど遠くへ  彼等は遠くの  ように遠く  たまへる遠く  水が飲みたいといへば遠くの  男生徒が遠くから  それを聞きつけて遠くの  視線は遠くへ  ハツキは遠くを  電線のうなりが遠くから  禍も遠くは  交渉を絶つほど遠くにも  馬車は遠くへ  路が外れて遠くへ  音が遠くへ  島からは遠くの  灯が遠くの  瞳をめぐらして遠くを  ところから遠くは  霧がかかっていて遠くの  詩碑へたずねて遠くから  一目で遠く  女中も遠くから  みさ子をつき離して遠くから  智恵子は遠くを  のが遠くに  野から仰ぐ遠くの  わたしは遠くの  希望は遠くの  雛壇を遠くから  ときには遠くの  ウラゴーゴル星が遠くへ  毎日天文台でもつと遠くを  当をはずさせて遠くの  今川勢を遠く  いやに遠くへ  闇を破って遠く  皆が遠くから  單に遠くから  停車場からさう遠くは  山路も遠くに  ものは遠くへ  役人が遠くから  大道から遠くは  ソーンダイクは遠くの  山を遠くから  形は遠くから  淙々として遠く  現場から遠くへ  山々にかぶさった遠くの  斜面で遠くの  帆船が遠くの  而して遠くの  姿が遠くへ  死も遠くは  二人で遠くへ  落着は遠くも  時も遠くは  工合によって遠くの  東京から遠くは  木の下で遠くの  多くは遠くより  眼も及ばない遠くに  遙か遠くを  例の遠くの  んと遠くから  廣野の遠くの  気の遠く  外へ飛び出して遠くへ  讃嘆をもって遠くから  深呼吸をしながら遠くへ  騒ぎを遠くに  外光が遠くの  土埃がふっかけて遠く  時まで遠くの  一夜として遠くから  九太は遠くの  白壁が遠くから  往來から遠くを  來ねえから遠くへ  むーっとして遠く  ものとては遠くを  思いの外に遠くに  霧で遠くの  ことを遠くへ  現実界を遠くに  浮世から遠くへ  夢のごとく遠くに  世間を遠くに  人々を遠くに  足柄駅から遠くは  ひとたちと遠くの  羅生門は遠くは  小夜ふけて遠く  森を掠めて遠くに  二人きりで草臥れるほど遠くの  眼を細めながら遠くに  別でしたから遠く  化物を遠くへ  犯人は遠くへは  光を感ず遠くに  日だ遠くに  來る遠くより  牙を研ぎ遠くよりしも  そこから覗く遠くの  兄弟にも遠くは  中心に遠くに  廃墟を遠くから  何か遠くから  近くなったり遠く  樹が遠くから  クラムは遠くに  正体がつかめない遠くの  老人夫婦が遠くの  それをとおり過ぎて遠くの  点々すら見えないほどの遠くに  稲田甫の遠くは  土堤道のつきる遠くで  兄は遠くへ  立て籠めて遠くは  カナリヤ箱に入れて遠くへ  うずうっと遠くの  俄かに遠くから  うずうつと遠くの  何も知らないで遠くの  春子が遠くに  汽車に乗って遠くに  鳥は遠くから  樺の木は遠くから  土神は遠くの  馬車馬みたいに遠くをばかり  社会を遠くから  自分を遠くに  現実を遠くは  長谷川は遠くへは  彼女が遠くに  何か遠くの  近くでみるより遠くからの  守人は遠くへ  生活から遠くの  母親とが遠くの  浜へ出たって遠くの  遠慮して遠くで  しるしに遠くから  響が遠くから  んだが遠くで  みんな旅仕度をして遠くへ  人のどよもしが遠くから  権兵衛を追って来て遠くの  誰かが遠くから  言葉で遠くから  長上衣を遠くから  懐ろに遠く  姿を見ると遠くから  どことも知らない遠くの  梢は遠くという  姿が遠くから  身外の遠くに  世界を遠くは  顔で遠くから  屍体を遠くへ  いずれも遠く  マヌエラを遠くから  都心を遠くは  考えで遠くから  風上の遠くの  男の子は遠くの  小路を抜けて遠くの  崖から遠くを  霧をわけて遠く  東北郊には遠くは  近くではいけないと思ったので遠くの  生活を遠くから  心理の遠く  近く唇にすすって含めるし遠くは  反比例して遠くの  恒夫は遠くの  その後二三日は遠くへは  道路の遠くに  狼は遠くに  烏は遠くから  音の遠くから  沒して遠くの  昨日は遠くに  問題が遠くの  日を超えて遠く  眼界に遠くの  出しぬけに遠くの  猛獣が遠くで  音色が遠くの  冬は遠くの  一般閲覧室からも遠くは  日は遠くは  二人から遠くへ  野や遠くの  柵の遠くの  建物はずつと遠くに  卯女子をずつと遠くからでも  木崎は遠くから  表情をして遠くの  船が遠くへ  裾野までは遠くは  あなたは遠くに  青年は遠くから  隙さへあれば遠くからでも  我々の遠くに  横顔を遠くから  毎年夏になると遠くから  何処か遠くからの  きょうくらい遠くの  近くや遠くから  特徴で遠くから  うちにも遠くに  右手を遠くの  ように遠くでは  目から遠くに  んだけれど遠くへ  汽車に乗って遠くへ  眼は遠くの  魂を遠くに  晩も遠くから  ふるさとは遠くに  耳を澄ませていると遠くの  人が遠くを  人聲が遠くに  人声が遠くに  街の遠くの  空のずうっと遠くの  空のずうつと遠くの  スイスの遠くから  平家敗戦の遠くにまで  会下山から遠くでは  音を遠くへ  つて斯んな遠くに  遠くへ遠くへと  顔から遠くへ  彼方の遠くの  頭飾りを遠くに  仲間からさえも遠くは  町の遠くより  人たちは遠くの  よう言わなかったが遠くの  自分から遠くに  

~ 遠く[名詞]2
時々遠く  もう遠く  かなり遠く  そう遠く  けっして遠く  ずんずん遠く  もっと遠く  ときどき遠く  少し遠く  ごく遠く  あまり遠く  もはや遠く  どんな遠く  はるか遠く  若し遠く  早くから遠く  いかばかり遠く  なく遠く  まだ遠く  常に遠く  決して遠く  あんまり遠く  ずっと遠く  案外遠く  必ずしも遠く  色んな遠く  やや遠く  何気なく遠く  さほど遠く  遠く遠く  はや遠く  うっとり遠く  何時も遠く  どんなに遠く  そんなに遠く  やはり遠く  余程遠く  ずいぶん遠く  こわごわ遠く  あんな遠く  せっかく遠く  更に遠く  あたかも遠く  ちと遠く  同時に遠く  大して遠く  何となく遠く  謹んで遠く  かならず遠く  めったに遠く  さまで遠く  あの遠く  屡々遠く  そんな遠く  まるで遠く  それほど遠く  つねに遠く  せめて遠く  小さく遠く  すこし遠く  次第に遠く  其の遠く  わざわざ遠く  わざと遠く  なるべく遠く  現に遠く  かえって遠く  互に遠く  別に遠く  さして遠く  こんなに遠く  その遠く  いよいよ遠く  本当に遠く  この遠く  少々遠く  よほど遠く  暗い遠く  すぐ遠く  できるだけ遠く  漫然と遠く  絶えず遠く  遥か遠く  新しい遠く  いつも遠く  左様遠く  忽ち遠く  たちまち遠く  やがて遠く  よく遠く  再び遠く  こうした遠く  ない遠く  随分遠く  却って遠く  突然遠く  はじめて遠く  とても遠く  こんな遠く  引続き遠く  ひじょうに遠く  最も遠く  遂に遠く  よく遠く  だんだん遠く  だいぶん遠く  殊に遠く  たいして遠く  いくら遠く  まま遠く  なにか遠く  どうしても遠く  あまりに遠く  しばらく遠く  しきりに遠く  よっぽど遠く  唯遠く  たとえ遠く  何だか遠く  早速遠く  ひどく遠く  まにまに遠く  難い遠く  淋しい遠く  遅く遠く  しだいに遠く  なかなか遠く  どうやら遠く  やっぱり遠く  まさか遠く  ますます遠く  時たま遠く  いかにも遠く  ちょっと遠く  たとい遠く  およそ遠く  ちょうど遠く  何でも遠く  もそっと遠く  いかに遠く  あんなに遠く  さらに遠く  いっそう遠く  はなはだ遠く  依然として遠く  間もなく遠く  どんと遠く  いわば遠く  じっと遠く  たいへん遠く  ぼんやり遠く  ハッキリ遠く  つと遠く  ことに遠く  どっと遠く  一層遠く  時には遠く  等しく遠く  ふと遠く  ちゃんと遠く  な遠く  淡く遠く  はかなく遠く  深く遠く  凄く遠く  相当遠く  ついに遠く  こう遠く  思い切り遠く  またもや遠く  既に遠く  すでに遠く  だいぶ遠く  用心深く遠く  極力遠く  一目遠く  何もかも遠く  比較的遠く  いと遠く  何時しか遠く  余り遠く  互いに遠く  極めて遠く  とにかく遠く  一寸遠く  そっと遠く  うっすら遠く  

複合名詞
遠く満州  遠く鳥  遠く号外  さうに遠く  遠くラヂオ  遠く灯つた  遠く雪峰  遠く町  遠く都  遠く想  遠く起居  餘程遠く  あいだ遠く  此時遠く  遠く下総国  時遠く  隨分遠く  遠く新西蘭  遠く荒涼  遠く別棟  遠く四大洲  なに遠く  遠く南海  遠く上野  遠く国  遠く見晴  遠くギリシャ  遠く隔  遠くこれ  遠く信州  遠く五里  遠く歸路  想像通り遠く十数年以前  遠く琉球  遠く奥羽地方  遠く九州  遠く鹿児島  遠く信濃路  遠く百海里  遠く擴  遠く河南  遠く川  遠く書  遠く河北  遠くペルシャ  遠く一七五七年  海上遠く  遠く間  遠く山東  遠く外  遠く俥  遠く後退  遠く溯江  烟つて遠く  遠く後陣  敵人遠く  遠く満州事変  海原遠く  天気遠く  バシヲワタルトドンドンドントナルカラメダカガタマゲルノダ子守唄遠く  遠くドイツ  遠く山  遠く京都  中遠く  思つて遠く  どんちゃんどんちゃん遠く  遠く三四郎  遠く人々  遠く先  遠く照す方  ア遠く  遠く作戦  遠く嵐山  みんな遠く  事余り遠く  遠く越後  遠く本船  一番遠く  遠く関ヶ原  遠く外洋  遠く東国  遠く西方  遠く伝法院  遠く吉野山谷あたり  さつき遠く  一つ遠く  はじめ遠く  遠く火  遠く橋掛  遠く二人  大変遠く  遠く姨捨山  遠く亀有  なほ遠く  遠く洲崎  遠く南品川  遠く千住  遠く海  明日遠く  遠く移住  遠く米国  遠く日本海  遠く船橋邊  遠く薄  一等遠く  遠く祭  西方遠く  遠く幾山河  遠くロンドン  遠く彼方  とき遠く  遠く一塊  遠く越後路  遠く病  はるか遠く  遠くアフリカ  遠く東京  遠く山の上  遠く馳  遠くパリ  遠く銀座  遠く下  遠くこちら  先づ遠く  遠く阿蘇  遠く富士  遠く街  遠く幾千カイリ  いちばん遠く  遠く江戸時代  遠く彦根  遠く一艘  遠く春  遠く展  遠く距離  遠く奧州  隔つた遠く  遠く目  遠く何時  遠く沼津  矢張り遠く  狂い狂い遠く  一番遠く十間  遠く里  遠く河下  右手遠く  右奥遠く  奥遠く  遠く三  遠く三方  城外遠く  遠く武蔵野  家郷遠く  遠く旅行  みな遠く  四人遠く  遠く相模川  三里遠く  五里遠く  遠く地中海  遠く一人  遠く鎌倉  遠く隔て  遠く旅  夜中遠く  東南遠く  遠く家  遠く江戸  遠く鶯  重助さん遠く  むぼりんも遠く  めいめい遠く  つて遠く  くせ遠く  遠く丹波境  洛外遠く  一遠く  空遠く  一人遠く  遠く廣  遠く跫音  遠くエヂプト文明  遠く外国  今一足遠く  遠く東北  遠く米国本土  遠く天草島  遠く日本銀行  彼方遠く  かぎり遠く  一つ一つ遠く  遠く眼  遠くフィジー  遠くベルリン  豆粒みたい遠く  遠く風  遠く若王子  遠く聯隊  遠く大西洋方面  皆遠く  遠く一間  遠く日本  遠く英国  遠く無し  遠く郷里  遠く視め  遠く富士及赤石山脈  結局遠く  遠く人  遠く十年以前  遠く日本画発達  遠く戦国時代  遠くインド  遠く一軒  一生遠く  遠く大津朝廷  遠く仙台  遠く長崎  遠く横浜  遠く小石川  遠く南洋  遠く立  遠く比叡  遠く西  遠く西海  遠く筑波  ゆはん路遠く  遠く白山坂上  疎開以来遠く  遠く地  遠く低地  遠く甲信  遠くアメリカ  遠く距  遠く人寰  遠く鎌倉幕府  主人遠く  遠く三国時代  一犬遠く  遠く奥州方面  遠く熱帯  遠く榛名  今日遠く  遥か遠く  遠く舞台  頃遠く  遠く商  遠く百里  越中越後遠く  真夜中頃遠く  遠く箱根  遠く千本濱  遠く左寄り  遠く霜  伸子一人遠く  遠く神田京橋  遠く汽笛  方遠く  陸上遠く  日頃遠く  藤無山等遠く千町ヶ峯  遠く四ツ岳  却つて遠く  遠くなつたこほろぎを外  遠く松本市  まま遠く  遠く南征  遠く点  遠く一面  癖遠く  遠くヨーロッパ  遠く三池  遠く数百年  前方遠く  遠く三十里  二匹遠く  遠く横浜警察  遠く左遷  遠く九州豊後  遠く浦塩  遠く前橋市  一そう遠く  遠く一里下  ぜん遠く  遠く御身  遠く外國  以前遠く  遠く距つて  遠くオランダ  上遠く  ふだん遠く  遠く西洋  遠く明滅  遠く相  いつか遠く  下妻街道追分土手上右手遠く  末遠く都  遠くかなた  初め遠く  遠く湾口  三鐘遠く  大分遠く  どっか遠く  遠く連  屹度遠く  余り遠く  遠く機關車  さっき遠く  遠く中国筋  遠く一二点  遠く九州くん  一艘はるか遠く  



前後の言葉をピックアップ
遠き  とおき  トオキイ  トオキョオ  トオキー  遠く  とおく  とおく  トオク  遠くっ


動詞をランダムでピックアップ
頂けん呻いこきまぜしゃぶ晦ませ書き込む押えつける播く棄て染み付い繰り返せる用いよ呼べ踏み躙取りつけ散らかり図っ往く取り締っしおれ
形容詞をランダムでピックアップ
雄々しき余儀なから水臭く寒いまわりくどくくらく俗っぽく恥しゅう心苦しいたく荒々しけれ臭かっ逞しき清き空しくぬくし嬉しけりゃ忌まわしくじょさいないあいらしい