「遠から」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ 遠から[形容詞]
死期遠から  殊に遠から  から遠から  事遠から  彼岸遠から  殷鑑遠から  鑑遠から  桃源遠から  上遠から  余り遠から  上江遠から  甚だ遠から  まり遠から  ども遠から  見習士官遠から  こと遠から  死遠から  やがて遠から  とにかく遠から  また遠から  より遠から  白昼遠から  あわい遠から  里遠から  源遠から  つい遠から  秋遠から  必定遠から  実に遠から  しろ遠から  さほど遠から  いずれ遠から  必ずや遠から  道遠から  人相遠から  病院遠から  どうせ遠から  もはや遠から  恐らく遠から  滅亡遠から  春遠から  未だ遠から  兵遠から  

~ 遠から[形容詞]
白河の関にも遠から  永田は遠から  それに遠から  彼等は遠から  雖も遠から  これも遠から  上に遠から  古城趾も遠から  港は遠から  おれ自身が遠から  理由は遠から  百二十里は遠から  頂上は遠から  徳自身も遠から  伝説も遠から  何れは遠から  我等も遠から  鉄道に遠から  問題は遠から  木村は遠から  日も遠から  市川邊も遠から  眼病も遠から  能は遠から  智利硝石は遠から  彼は遠から  時間的に遠から  彼奴は遠から  やり方も遠から  伯父は遠から  お前が遠から  路は遠から  国民は遠から  善意を遠から  兄弟達に遠から  私は遠から  容態では遠から  女は遠から  殘も遠から  井より遠から  光景は遠から  珍品白目米も遠から  赤岩さんは遠から  領地は遠から  俺は遠から  八百膳まで遠から  子は遠から  勢力は遠から  政治的生命は遠から  時局も遠から  ここより遠から  生活は遠から  外観が遠から  江戸からも遠から  俺も遠から  時節が遠から  長安よりも遠から  死亡と共に遠から  チルブリー船渠に遠から  野心家が遠から  盛岡に遠から  のも遠から  風俗人情は遠から  当家は遠から  行先も遠から  方は遠から  懸賞は遠から  海より遠から  トルーフルに遠から  春は遠から  我国にも遠から  三千余里も遠から  彼が遠から  古浄瑠璃に遠から  苑も遠から  モンタージュ写真によって遠から  猥漢は遠から  神様も遠から  真相も遠から  悲む余も遠から  最後も遠から  らは遠から  路程は遠から  殷鑑は遠から  京都に遠から  感情が遠から  時代が遠から  日が遠から  費府は遠から  疆が遠から  山続きにて遠から  戦国に遠から  自分も遠から  死期の遠から  我われ一同が遠から  それより遠から  

遠から[形容詞]
遠からずし  遠からの大工  遠からむや  



前後の言葉をピックアップ
とおう  遠縁  遠かっ  とおかっ  十日町  とおから  トオカル  トオカル・ダル  とおかれ  遠かれ


動詞をランダムでピックアップ
踏みとどまっ撃ちまくれ掃けもちだし拾い上げ刺し殺せ踏みしめるそぼち呵り追い散らし澄み切ろとちるへめぐ算するみわたし買い占める蒸さ盈ち申し越し埋め合わせる
形容詞をランダムでピックアップ
軽々しく花はずかしい蒸し暑い木深い浅かっていたう心安かろ勇ましい恐ろしきおそれおおくひどく危なっかしいねばっこい毛頭ないよいかゆく穢らわしかっ明るかっこぎたない明う