「進」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
進には俳優の天分がある  進の成功を信じて  進が大学生になったという  進の感じた  進がゆっくり云った  進は居  進が待ちかねた  進が体をゆすって笑った  進の義は免かれず  進の方法を論じたる  進奉といふ  進だが敵も又全速力で我艦隊と同方向に進み  進て大学理学部に入るに及んで  進して軍隊の行動を容易にし  進にして  進でこれを弁ぜねばならない  進て蒙  進程に及ぼす  進も納めねばならず  進された  進が続きまする  進で調和伴行の道を講ぜずんば  進では政権に接近するの  進では政權に接近する  進が帰宅して  進と面会をさしてやった  進が右手一杯にホウ帯をしている  進が返事をすると  進とこさ遊ぶに来る来ると思ってだら  進が巡査に連れられて出てくる  進ばバカにするほど殴  進のないようにさせたり  進る藥に息をついて  進してまゐりまして  進が十二貫文の多きに至っているから  進が多かったろうと思われる  進で三条西家を困らした  進の百姓の妻女を拉致して犯したので  進で御約束もなさらうし  進じ申そう  進せ候わんとて  進そうと答えた  進りて得脱する  進で此が虚妄讒誣を証明するの  進れて来た  進る方法を論ず  進はどんな条件でどんな状態で今のところにいるか知らぬが  進はまだ静岡にいる  進は相変らず  進は無論何とも言う  進が人妻と密通して  進の方でも父が平生の気質からその憤りを察して  進の如き乖戻な男と好んで  進は一昨日家を出たなり  進と鶴子との恋愛生活は鎌倉に家を借りていた  進は一躍して  進を捨てて  進はすぐその代りにカッフェーの女給を妾にするという  進は勉学の志を擲たない  進は何といって  進が去年の暮あたりから或婦人雑誌に連載し出した  進の友人を見れば  進の家を去ろうと思っていた  進の方からはまさか手切金の請求を恐れた  進の事を悪くいっては  進ばかりには限らん  進は年増の芸者に帽子と二重廻を渡し  進の起る  進はどこかで飲んで来た  進は鶴子が洋行する  進を始め男二人と婦人たちとは自然別々になって  進は見返りながら  進は吸いかけの巻煙草を線路の方へ投捨てた  進は始めて面白そうに笑った  進は書生を遠ざけてから  進が真実小説の腹案を語る  進がアッと叫んだので  進は高価なパナマ帽子を奪い去られた  進はウイスキー村岡はビール一杯を傾け  進寄ろうとした  進で国家に尽す  進で蒸氣電氣又は飛行器の如き大發明をなすに至る  進の命大日下の王大日下部大國魂の神大國主大國主の神大國の淵大國御魂の神大久米の命大氣都比賣の  進程と逆になっているが  進て火にでもあたるが  進入ったにした  進も引もならず  

~ 進[名詞]1
ぶん撲って進  病状がかう進  膝を抱えた進が  いずれにも進の  これを進  皇室獻上の進  傷の癒えも進  方面に進  形をなして進  主馬之進と  馬之進と  主馬之進とが  越後からして進  政宗が進  進退退進に  命なら進で  文化の進程に  朝廷へ返進  特高室で進と  息子の進と  ホウ帯した進が  ケイサツが進ば  団子なと拵えて進  兼が進  聖廟に進  点をつけて返進  方向へ進  内大臣まで歴進  信心して進  橘を進  筆に任せ認め進  公主を進  前に進  敬意を以て進で  枕元へ進  開化を進  二つともに進  政界が退進  ミドリと進の  子の進が  老人は進の  自分と進との  夫の進は  その後玲子が進を  大家を以て目せられている進とを  五年前の進は  今日の進は  鶴子は進が  出入する進の  折があったら進の  お前に向って進の  これは進ばかりには  鶴子は進の  良人の進と  村岡は進が  垣際へ進  刺身を進  開化に迄進で  歴史の進程と  前へ進て  路地内に進  早や進も  

~ 進[名詞]2
若い進  その進  突然進  

複合名詞
進闡  貢進  長州進發  進發  進十歩  宮野邊源之進  源之進  芹川進氏  進ちゃん  芹川進  芹川進君  進さん  改進党  玉木文之進  二進  三進  郭進才  松岡門人津島恒之進  進登  改進黨  進況  禅関策進  硬派改進党  小田切進  加進導空  二進御調一礼止宣布  ラハ我カ國勢次第ニ進長シテ遠征  ヲ進獻スルニ至レルコトヽ報國  勇進  一進ごと  迫進  改進系  改進党党報  進転  改進  改進家流  改進者流  改進一流  改進政談家  是進學機關  進學  永井右近進  辺文進  息子源之進  一進  甥三瀬彦之進  彦之進氏  びあの二進  与力川俣伊予之進  伊予之進  川俣伊予之進  無事進空  楽進  楽進たち  航進  攻進  16進  山路重之進  山地重之進  演劇革進論者  劇道革進  中條進方  進げ  一戦一進  角逐競進  伝役萩之進ら  萩之進  溝口雅之進  雅之進  雷土々呂進  土々呂進  浪人雷土々呂進  雷土々呂進こと  勇進せり  松木龍之進  進空  十進數ニ  云フベク我ハ改造ニ進ムベシ  進メタルモノナリキ  進ミタル我  者ヨリ進ミタル民主國ナリ  ツテ進ムヲ得ベシ  二歩三歩進寄つて  競進会  有之度此段申進  主人押川進  一押川進  宇和島鉄之進  頃宇和島鉄之進  鉄之進  富本雄之進  雄之進  独行勇進  上進  進様  主馬之進  馬之進  馬之進たち  進殿  進殿オーッ  進殿そ  進様アーッ  進子息由  進子息一人  深見進介  主人公深見進介  敵和田直之進  和田直之進  直之進  敵直之進  之進  嫡子善之進  善之進  中根善之進  中根善之進何者  中根善之進殿  善之進殿  朝善之進  進合撃  定家撰進  神村進  服部滝之進  貞之進其地位  貞之進  貞之進たる  進ら  高柳利治藤田小三郎野尻善右ヱ門稻垣角之進草野清利蛭田甚左ヱ門木村常陸  鈴木杢之進  杢之進  山目付鈴木杢之進  レ進  進前  貢進生  優婆塞貢進  方ニ進ン  市川幾之進  色部修理進  実家村島内蔵進  誠之進  つて進むのだとおもふと  之進氏  突二進極地一着二先鞭一  感くに小進  進見  進文学社  進げよう  進げたい位  一進一止  進而巧  原市之進  一つ進げ  進げた  進用  小出右京進  正木真之進  塩田律之進  百尺竿頭更一歩進  進智識  段申進候敬具  乙見滝之進  滝之進日来雷公  史進  島村進  進ミテ  大石進  数年来二進  市之進  河竹能進  関重之進  不肖関重之進  関重之進どの  重之進  関重之進たち初老  北虜駸々日ニ進ムノ勢  島田幾之進  島田幾之進先生  とき島田幾之進  猪進  此段申進候  九紋龍史進  軍之進  吉村軍之進  明治十四年改進党  自ら進  旅進旅  改進党其余  明治十四年改進黨  進轉  改進黨其餘  此間佐藤進先生  革進者  吉岡鉄之進  スイ進  正木段之進  番地無職近藤進方  近藤進  番地愛猟家近藤進  市ラレテ矮奴トナッテ年々ニ進  酒進ら  進奴こっち  伊丹大之進  之進性来無頼  伊丹大之進ただ一人  進同人  明進軒  中小姓税所郁之進  税所郁之進  郁之進  愛進館  技進マズ  改進新聞  和蘭進献  自由改進帝政  改進二派  改進論派  ひとり改進論  改進派これ  改進派  それ改進論派  これ改進論派  改進論派中保護貿易派  激進派  いわく改進論派  全速力航進  修理之進  奏進  申進候天人天降り  溝淵進馬  辺見秀之進  進げた日用食品  進三  京進  航進中  進献  進年貢  進庄  寸進尺  進給  録進  初め政之進  小田切久之進  旗本小田切久之進  久之進  久之進一家  中心人物小田切久之進  小田切久之進一家  中岡進二郎  進酒  納むる貢進種目  進むというわけにはゆきはすまい  大沢高之進様  高之進さま  つて榮之進  進止自在  進動  進るみ  孝之進  孝之進自身  孝之進あて  更ニ南ニ航シテ進マントセリ  篠原泰之進  篠原泰之進ら八人  成進寮  浪之進  発展進化のう  投進  篠山泰之進  航進機  進器  基衡以二本数一進二年貢一之時  二討頼朝一之由、進二脚力一  伝進  九紋竜史進  進むることあたわず  進むることをつとめざるべからず  進否  納谷雄之進  競進場たる  根本的革進  青山金之進  候口上書一通写し進  鶏卵一つ進ら  戴文進金陵  往つて大林権之進  養子善之進  岡田良之進  明治十五年改進党組織  研究速進術  進ミ川上  行列ハ進マズ  六之進  進文学舎  改進新聞社  其競進  嬖幸寵進  江戸貢進使  進メツ  我邦モ日ニ月ニ開明ニ進ム  中村進治郎君  確之進  武田芳進堂  以前明進軒  板倉進  祝つて進げ  之進君  ヒテ進ミ行クコト二十日  更ニ進ミテ  高大之進  青年革進会  左京進  松田左京進  阿部進六氏  マイ進  改進文明  織部純之進  純之進  之進絹布  之進びっくり  進らせん  進らせんため  進力  進潮  進むにつれてしっかりしてき  近年詮挙進途  油買つて進  青年絵画協進会の  全国青年絵画協進会  中井猛之進博士  閑人免進  猪進的  恵進  秦進忠  玉井進  武進  運進  開化進ン  森権之進  権之進  撰進  進藤原為隆  革進的  文士清岡進  清岡進  進会  進会員  兄進  六角進少年  進少年  オイ進君  進君  とき進少年  六角進  ナニ六角進君  能呂勝之進  藤島政之進  義戦隊長藤島政之進  藤田誠之進  一切万事改進進歩  小説家清岡進  創作家清岡進先生  時分進  倅進  文学者清岡進  始め進  入道盈進  狂者ハ進ン  西側ト思ハレル邊マデ進ン  進ン  二吉村軍之進鳥追行商人馬方検分  以書附申進候爰許其後指  船進むをみしことあらじ  進むあたはざれば  進むをねがひ  先づ改進新聞  進メ  進むをうるかぎりすゝまむ  進むをうるかぎりわが方  進むをえずして徒  背進  一三進  寄合衆酒井亀之進  酒井亀之進  選進  革進  進転逆転  揚州白塔寺僧法進  進潮退潮  寸進  進潮退潮同一  進館教習  千石虎之進  柵頼格之進  格之進  進げやう  儀進  池谷進吾氏  池谷進吾さん  



前後の言葉をピックアップ
すすむ  進む          薦めよ  勧め  ススメ  すすめ


動詞をランダムでピックアップ
呼び戻し感じ取りなくそはこびこみ踏みしだか牽かふんぞりかえるしのびなきやきつけ介する行かすきこしめし持ち帰る見張縮ん抜き放た領すつくいたわる結えつけ
形容詞をランダムでピックアップ
ひろうあつくっ恐れ多い悪がしこいしろしここちよしわざとがましく温い押しつけがまし長かれはしたない猛猛し面倒臭くくだくだしいほのぐらい遍から無しよんどころなけれ角うひさしゅう