「連れ立ち」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 連れ立ち[動詞]
供に連れ立ち  狩友と連れ立ち  手をとって、連れ立ち  から、また、いつの間にか連れ立ち  残つた三々五々の連れ立ち  方へと連れ立ち  妻と連れ立ち  赤むばかり、連れ立ち  朋輩と連れ立ち  銀子と連れ立ち  水彩画家丸山晩霞君と連れ立ち  われと共に連れ立ち  十人余も連れ立ち  高田圭吉と連れ立ち  香と連れ立ち  心にて、連れ立ち  佃三弥と連れ立ち  



前後の言葉をピックアップ
連出す  連れ出す  連れ出せ  連れ出そ  連れ立た  つれだち  連立ち  連だっ  連れ立っ  連立っ


動詞をランダムでピックアップ
量り込ま威張んおくれれ食いつぶさもてあますなくすうかべ労する編み込ま見やっひっこ抜い寝そべら打ちよせる微笑ましみこみしげらうねりくねさだめる射止めだぶつか
形容詞をランダムでピックアップ
古めかし白くっ後暗惨たらしく態とらしき下らなく青黒う篤いわりなくたのしき恨めし粘り強いかん高く清清し生温き甘ずっぱい暗いそらおそろしい烏滸がましいうつくしい