「造ら」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 造ら[動詞]
色のを造ら  おんみが造ら  チュレンの子によって造ら  色紙で造ら  時計台が造ら  將來に造ら  人に因りて造ら  結婚によりて造ら  らくは其の微に造ら  自分とともに造ら  一大沙漠地を造ら  地をしめて造ら  以って造ら  石で造ら  貝で造ら  神によって造ら  神に造ら  虫けらのごとく貧しく醜く造ら  私たちが造ら  ましくいって造ら  間に造ら  如何にして造ら  形に造ら  室が造ら  数尺高く造ら  聖像を造ら  つえが造ら  つえなどを造ら  数も造ら  速やかに造ら  ように造ら  棲家を造ら  石垣を造ら  中で絶えず造ら  サラダを造ら  水を造ら  さに造ら  與に造ら  自ら罪を造ら  惡として造ら  不善を造ら  惡を造ら  戦争経験をも含めて造ら  鉄で造ら  厳重に造ら  昔に造ら  銃眼が造ら  もっと以前から小屋は造ら  火山岩で造ら  地下に造ら  長崎で造ら  巧に造ら  優美に造ら  鉄橋を造ら  社会とを造ら  人を造ら  船をも造ら  ものとして造ら  裏に造ら  そいつを造ら  為めに造ら  白金で造ら  芸術的遺物であるが、その造ら  語は造ら  柄長く造ら  嘴で造ら  慣例を造ら  云って造ら  阿片を造ら  鋳物で造ら  教主釋尊像を造ら  工場で造ら  船を造ら  大船を造ら  人間じゃなくて、造ら  ために造ら  オルガンが造ら  将軍印を造ら  珠に造ら  初めから洋服なぞを造ら  社会は造ら  龕を造ら  龕が造ら  下に造ら  名木で造ら  模造百科辞典が少なからず造ら  まり体系は造ら  いふ風に造ら  平行に造ら  のは造ら  家を造ら  から軍艦を造ら  片目が小さく造ら  堀割に沿うて造ら  都市が造ら  詩を造ら  惜しみなくかけて造ら  職人を使って造ら  舞台が造ら  庭の造ら  具合に造ら  ように、造ら  市を造ら  市が造ら  橋を造ら  哀らしく、美しく造ら  檜で造ら  便を考えて造ら  素養を造ら  天才的技術で造ら  之を造ら  氏郷の造ら  隙を造ら  嘗屋が沢山造ら  時に造ら  廻立殿が造ら  中で造ら  巣を造るか造ら  趣味もなく造ら  人体が造ら  誰一人滅多に造ら  廃頽期に造ら  檜木で造ら  世界を造ら  シンメトリカルに造ら  鉄棒を造ら  コンクリで造ら  くして造ら  東京で造ら  圖を造ら  それを造ら  煙管を造ら  デットフォードで造ら  鋼で造ら  社会科学的理論体系を造ら  御座船を造ら  わずに造ら  やうに造ら  模型なんか造ら  宝石で造ら  船室式に造ら  機械によってがっしりと造ら  天地を造ら  人間を造ら  堂塔いかめしく造ら  寛永八年に造ら  大火に焼けて、もうふたたび造ら  葡萄酒を造ら  簡単に造ら  料を造ら  林道が造ら  河に突き出て造ら  木で造ら  為に造ら  もっとうかつに造ら  垣根を造ら  一つお造ら  毎度ブリキ屋に造ら  自分で造ら  パン種を造ら  精巧に造ら  ところは、いつの間に造ら  意味もなく造ら  情男を造ら  畑も造ら  真綿で造ら  熔鉱炉とを造ら  手で造ら  悪を造ら  ものを造ら  入口に造ら  一種として造ら  腹を造ら  櫃を造ら  繊細に造ら  壁に造ら  防禦線が造ら  像に象って造ら  一艘も造ら  尾根に造ら  道が造ら  輪が造ら  山腹に造ら  船が造ら  芸術が造ら  建築がしきりに造ら  家庭を造ら  北魏に則って造ら  大道場、高く造ら  設計をして造ら  新規に造ら  夜着を造ら  廊を造ら  株主は造ら  天地間に造ら  二階家に造ら  小形に造ら  綺麗に造ら  天井は高く造ら  金竜を造ら  火より造ら  日本は造ら  其後に造ら  定紋に造ら  巣を造ら  模して造ら  影が造ら  罪は造ら  宮居を造ら  庭内に造ら  汽罐車が新しく造ら  鋏して造ら  手によらずしてともかくも造ら  貯えを造ら  肉づきによつて造ら  構成分子は造ら  総てが造ら  のじゃないわよ、造ら  一人一人が造ら  硬質硝子で造ら  光で、その造ら  あんたに造ら  はじめて私は、造ら  自分の造ら  自分が造ら  貨幣をだに造ら  プロレタリア文学を造ら  この世に造ら  飲料が造ら  表意文字が造ら  杉で造ら  小屋をさへ造ら  酒を造ら  自然からそう造ら  所に造ら  周囲に造ら  木綿で造ら  特別に造ら  鍛冶に造ら  玉造りに造ら  位置には造ら  港を造ら  これを造ら  順応して造ら  物とされて造ら  兵船を造ら  灰褐色のみで造ら  タンクを造ら  立像を造ら  巣の造ら  何でも造ら  巧妙に造ら  さを持って造ら  霞で造ら  喰み出して造ら  蜘蛛手に造ら  屋根を造ら  ヘープァイストスに造ら  手に造ら  天然色映画が造ら  経験に従って造ら  神殿が造ら  雛形を見せて造ら  新たに造ら  新字一部四十四巻を造ら  時代に造ら  岩で造ら  垣根が造ら  ものが造ら  対象として造ら  粉磨水車が造ら  設計に従って造ら  目的で造ら  流儀に準じて造ら  板を集めて、きわめてやにっこく造ら  余裕を造ら  社会学的に造ら  モスにぞくする造ら  粘土で造ら  セルロイドで造ら  拡大して造ら  精密に造ら  本陣では造ら  方に造ら  車を造ら  年棚を造ら  借金を造ら  さきに造ら  汝は造ら  中に造ら  屏風に造ら  一本しか造ら  矢が造ら  軍隊は造ら  聯立内閣を造ら  蝶を造ら  うち最も尊く造ら  世に造ら  爲に造ら  玉にて造ら  魂はそのいまだ造ら  自己を造ら  京から人形師を招いて造ら  上に、造ら  住處として造ら  性は、その造ら  父母ともに造ら  肉體のいかに造ら  心はその造ら  頬を造ら  適はしく造ら  内に造ら  の如何による、造ら  凡ての造ら  秩序は造ら  宇宙の造ら  こに、いつ、いかに造ら  これに造ら  直接神に造ら  アダムは造ら  アダムの造ら  物の造ら  宇宙と同時に造ら  先に造ら  天にて造ら  魂には、既にその造ら  ボール紙で造ら  滸とりにて造ら  三の丸を造ら  岩山を彫り刻んで造ら  山の上に造ら  語、新しく造ら  物は造ら  絹布は造ら  岩壁を刳り抜いて造ら  岩壁で造ら  真珠塔を造ら  商会に造ら  ヒド工面で造ら  原型が造ら  住宅を造ら  丈善く造ら  丈悪く造ら  水晶で造ら  神御衣を造ら  物を造ら  観念が造ら  タカちゃんからお菓子を造ら  黄楊で造ら  五つほど造ら  世界が造ら  何一つ形成され、造ら  實用向きに造ら  いつまで経っても造ら  鋼鉄で造ら  川面へ突き出して造ら  海に臨んで造ら  時分に造ら  芸術的に造ら  大殿中層南面に造ら  北インドで新しく造ら  観音像が造ら  ところに突如として造ら  十分確かに造ら  当時盛んに造ら  高楼は造ら  美術が造ら  上に造ら  上州方面より望む可く造ら  八尋殿を造ら  夫婦を造ら  印形を造ら  踊屋臺などが造ら  新酒の造ら  ためにのみ造ら  お手本にして造ら  絹で造ら  玻璃で造ら  用心堅固に、造ら  錦川に沿うて造ら  ように急いで造ら  浴場が造ら  



前後の言葉をピックアップ
ヅクボシ  ツクボンサン  つくも  つくもがみ  創ら  つくら  作ら    作りかえる  作り


動詞をランダムでピックアップ
近づか思い知らせよ取去れ出廻り切りあげ決まけずれたとえる毳立ちじょしぶつけ推し移る剥そほどこ伏せろまかなえるくずし吸い込む泣きぬれ突き放そ
形容詞をランダムでピックアップ
印象深い可愛かっひと足早く薄い白々しくっやるせなかっ青じろきくさき速い甘し愛しき薄寒はげしく貴かっけだるかっほど近い手痛く卑しかっまずくっ痛ましき