「通ら」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 通ら[動詞]
広間を通ら  十年も通ら  だれも通ら  けいちゃんはどうしてか通ら  自動車が通ら  糸が通ら  喉へは通ら  つまり三つの区画を通ら  一度は通ら  街を通ら  技術を通ら  殻皮を通ら  人の通ら  筋が通ら  前に通ら  あまり人は通ら  指の通ら  咽喉へ通ら  スタイルは通ら  女嫌ひでは通ら  人があまり通ら  電車も通ら  さも通ら  海をも通ら  此道を通ら  時も通ら  上を掠めて通ら  前をも通ら  道を通ら  筋も通ら  円タクの通ら  前を通ら  自動車の通ら  側を通ら  寝室を通ら  号令は通ら  咽に通ら  小径を通ら  唆つて碌々飯も通ら  一緒に待ち合して通ら  ほか、余り通ら  誰も通ら  今時誰も通ら  下を通ら  喉は通ら  ここを通ら  門を通ら  台所わきを、通ら  屋根を通ら  咽喉を通ら  意識を通ら  原は通ら  事なりとて通ら  搦手に来り、通ら  筋の通ら  前を、爪立つて通ら  生憎誰も通ら  喉を通ら  着物を脱ぎかけて通ら  方も通ら  電車の通ら  間道を通ら  最大急行で通ら  一切咽喉を通ら  咽喉へは通ら  お上筋は通ら  枕元を通ら  喉にも通ら  たまにしか通ら  廊下を通ら  仁義の通ら  んだが、それだけはどうしても通ら  話だったが、まだ通ら  刃も通ら  理窟、通ら  関係がないじゃ、通ら  通りに通ら  表現を通ら  ことが通ら  誰が通ら  一回しか通ら  あなたは度々通ら  地を通ら  筋道が通ら  一つも通ら  往来に必ず通ら  奥へも通ら  水が通ら  方向からは、通ら  思いの通ら  嘘言をいって通ら  貨物自動車も通ら  復古主義などを通ら  解釈を通ら  二どと通ら  当り前で通ら  一台も通ら  理窟はもう通ら  葉子に通ら  ノドを通ら  喉へ通ら  一滴も通ら  耳へ通ら  長安へ行くには、かならず通ら  畳へは通ら  上下して通ら  鉄砲丸が通ら  妹たちには通ら  我のどうしても通ら  声がよく通ら  人は通ら  比較的人の通ら  頃、きつと通ら  傍を通ら  しんまで滲み通ら  一人も通ら  私はまだ通ら  それも、もう通ら  弁解が通るか通ら  誰ももう通ら  咽喉をよく通ら  遊覧コースを通ら  早坂新道を通ら  とき/″\しか人は通ら  城の前は通ら  時に敷いて、通ら  滅多に通ら  一臺も通ら  警戒線を通ら  中を通ら  手形がなければ通ら  そこを通ら  独りでなんぞ、とても通ら  弾なんか通ら  のどへは通ら  日あそこを通ら  のどに通ら  江戸表へ通ら  上でなければ通ら  自動車も通ら  のどには通ら  いくつもの廊下を通ら  情も通ら  斜にして通ら  船が通ら  誰一人濱を通ら  喉に通るや通ら  誰一人浜を通ら  それでは通ら  女を通ら  汽車も通ら  陳情は通ら  ことばかりは通ら  郡内あたりを通ら  ナゼ真中を通ら  殿様に願って通ら  機関車の通ら  火の通ら  難所を打ち通ら  鎧堅くて通ら  哲学的部分品を通ら  路を通ら  娘をよけては通ら  人はほとんど通ら  試験は通ら  咽へ通ら  町を通ら  意志は通ら  一人で通ら  停車場に行くに、通ら  からなるたけ人の通ら  お礼をして通ら  容易に通ら  穴をも通ら  大通りは通ら  人力車さえ通ら  此辯解は通ら  本街道を通ら  許しを受けなくったって通ら  火が通ら  今晩は通ら  自動車はめつたに通ら  穴に通ら  ・人が通ら  奴が通ら  針が通ら  余は、淋しいながら、寒いながら通ら  果まで通ら  事でも通ら  事はない、分らんでは通ら  分は少しも通ら  人も通ら  方へは通ら  室には通ら  チンチクリンが通ら  理窟が通ら  無理が通ら  上を通ら  作家の、おそかれ、早かれ、必ず通ら  琉璃廠では通ら  下を通ったとか、通ら  これも、通ら  佐々木殿が通ら  バスも通ら  裏庭を通ら  群は通ら  仁が通ら  群れは通ら  咽喉に通ら  ただは通ら  人が通ら  これが少しも通ら  全然筋が通ら  つて検閲が通ら  先方へ通ら  間を通ら  座敷に通ら  女は通ら  なんにも通ら  理が通ら  堀端を通ら  それはすらりと通ら  陣地を通ら  京を通ら  場合には通ら  幽霊と摺れ合って通ら  それを跨いで通ら  騎馬では通ら  公道も、決して通ら  どっちかを通ら  此段を通ら  陸蒸気が通ら  人の子ひとり通ら  汽車さえ通ら  法則が通ら  裾捌きで通ら  自動車は通ら  姐さんは、通ら  んでは通ら  ノドへ通ら  一見理窟の通ら  のでは通ら  電車が通ら  曲つても通ら  つても通ら  そこへ通ら  思いを通ら  客をかき別けて売って通ら  橋を通ら  世間一般に通ら  世間に通ら  傍らを通ら  二階へ通ら  半分以上も通ら  そばを通ら  碌に通ら  それ以上理屈は通ら  なにも通ら  ことは、飽くまで避けて通ら  ところを通ら  非常口を通ら  座敷へは通ら  関門を通ら  それをただ通ら  兵士らを通ら  明日からここを通ら  なに、通ら  試験に通ら  火の気が通ら  喉に通ら  宿を通ら  意志の通ら  思召しの通ら  道をばかり通ら  伊達者は通ら  程しか通ら  門前を通ら  のは通ら  のどを通ら  心の通ら  鼓膜にも響き通ら  志が通ら  本心が通ら  筋が通る通ら  幾度ひとりで通ら  九尺は通ら  蒸気の通ら  筋金の通ら  理窟の通ら  風を吹き通ら  馬も通ら  きりと通ら  塩町は通ら  夕方誰も通ら  車も通ら  お客は通ら  要求が通ら  喉には通ら  理屈はもう通ら  那須野ヶ原を通ら  室を通ら  誰か通ら  親切も通ら  奥へ通ら  初めから通る通ら  つもりで受けてみたら、通ら  一遍にすっと通ら  すすき原を通ら  願は少しも通ら  牛車も通ら  ソンナ浮浪人は通ら  辺を通ら  先へ通ら  本道を通ら  美女坂道を通ら  美女平を通ら  草が繁りますと、分けずには通ら  此処を通ら  船が、通ら  座敷を通ら  関所を通ら  俥の通ら  物は通ら  スティームが通ら  音の通ら  ロクロク咽喉に通ら  言い訳をしても通ら  男の通ら  我儘は通ら  食事も通ら  難所を通ら  不吉な疑ひを通ら  彼女が経て来た、通ら  裏道を通ら  めったに通ら  一個所竹竿の通ら  縁側を通ら  大道を通ら  兎に角嘘では通ら  嘘では通ら  声が通ら  操に通ら  間誰も通ら  野蛮人を通ら  奥へ急いで通ら  近所を通ら  帰安県を通ら  のだと言えば通ら  話は通ら  人ッ子も通ら  開きも通ら  要求してもまだ通ら  桜田門なんか通ら  娘が通ら  心得てゐながら、すぐには通ら  道路を通ら  猫の子一匹も通ら  主意が通ら  愚か猫一匹も通ら  意地が通ら  者は決して通ら  バスに乗せて通ら  一則も通ら  杵が通ら  連中も通ら  自動車などは通ら  計算が通ら  その道を通ら  まり人の通ら  風の通ら  三日食物が通ら  円タクが通ら  ディカーニカを通ら  通りは通ら  外を通ら  女性にこうまで深く染み通ら  スチームは通ら  人が全然通ら  袖へ通ら  馬は通ら  ここから人も余り通ら  車の通ら  あそこを通ら  検閲が通ら  側をおてまえが通ら  村中も通ら  電気が通ら  世間には通ら  渡り廊下を通ら  県立へ通ら  推挙があれば、通ら  客間へは通ら  真心が通ら  仔羊どもを連れて通ら  下町から高台へと抜けるにはどうしても通ら  道を避けて通ら  試驗が通ら  余り人も通ら  筋は通ら  山を通ら  土手を通ら  奥書院に通ら  国会を通ら  川筋は通ら  彼は通ら  お爺さんは通ら  てんかんなにがおもてを通ら  まり女が通ら  船は通ら  晩景から電車の通ら  弾も通ら  御飯が通ら  真実を言い張っても通ら  目を掛けて通ら  碌々喉に通ら  一日二三度しか通ら  二つも通ら  関所でも通ら  試験が通ら  数日数夜を通ら  汽車の通ら  崖下を通ら  谷へ行くには必ず通ら  その後ここを通ら  要求が通ればよし、通ら  何も通ら  思いは通ら  念が通ら  思いが通ら  筋道の通ら  人はあんまり通ら  森蔭を通ら  彼等が通ら  藤沢を通ら  言葉さへ通ら  意味の通ら  それが通ら  道筋を通ら  そこをよけて通ら  公道を通ら  長屋へ通ら  針も通ら  小刀も通ら  今先生の通ら  先きに通ら  風も通ら  木コリも通ら  日本じゃ通ら  侍が通ら  気合いが通ら  過程を通ら  一見すじの通ら  毎日そこを通ら  幾つも通ら  ものは通ら  すそ野を通ら  高原を通ら  声は通ら  肉には通ら  理屈などはまるで通ら  公案が通ら  源太にずつと通ら  源太にずっと通ら  今一度、新しく通ら  漢文訓みで通ら  騎士達の通ら  どれかを通ら  旅行者はまだほとんど通ら  二階へ行くに通ら  是非して置かねば、通ら  手を通ら  勝手にあけて通ら  往来を通ら  相手に浸み通ら  前さえ通ら  横町を走って通ら  弾丸は通ら  針孔が通ら  舞踊練習室は通ら  ところは通ら  薬が通ら  飛行機が通ら  水も通ら  



前後の言葉をピックアップ
遠目  遠眼鏡  遠矢  遠山  遠山里  透ら  徹ら  とおら  トオラス  通り言葉


動詞をランダムでピックアップ
削り取れる並居る広が思い止まる相継いゆるめるいたそうとむちゃいなだれ込んのたうちまわっはらえるあえい逢い振り放ち精出しひたら思い上がら握れ持て余す
形容詞をランダムでピックアップ
あかる瑞々しくあたらき明るかっねむはかなくなまぐさし仲良く願わしゅうあつかましくしぶとおびただしけれ寒し極まりない血腥えぐ痛き騒がしうすけれ