「通」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 通[動詞]
二人が近寄って遂に通  辻番に通  勢よく通  ちよくちよく通  

名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
通つてみた  通ふ廊下の長かった事も思ひ出す  通ひ出した  通はぬその夢の限も知らず  通はぬ遠つぐに  通越して台所へ行くか  通つてゆく  通つたさうな  通を停車場の方へと走る  通越している  通はせてゐる  通になりだした  通だまして二度来てくれぬ  通つてく  通ふ樵夫のやうな生活を送  通御話申さぬと  通つていた  通はぬう  通はしてあるけれど  通とかという方面からいえば  通の話にある  通らしい顔をして聴いたら  通は朝の雜沓を極めてゐる  通がぐいと思ひ  通はぬといふ山道の疲労を恐れて  通おっている  通から市ケ谷へ附いた  通まで送つて上げよう  通ひ出してゐる  通つたりいたしまして  通らしく言い  通ふと言ふ  通へ出て  通の人のただ口さきを合せる  通抜けて来た  通もいわずに  通つてる  通ひたりといふ  通ふ箱の中に閉ぢこめられた  通過る道の両側を眺めている  通には出ていない  通はぬ森の奧に祭あり  通ふのを調節する  通抜けねばならないと思うと  通はせて眠つて居る  通ふ人の最も繁く往復した  通ひ初むるは浮かれ浮かる  通の西側にあった  通ひ初むるは浮かれ浮かるる  通ひ始めぬ  通ふ中やや読むに足るべき  通ひたる事あり  通ひ衣裳鬘大小の道具帳を書き  通へとびこんで来た  通ふ言につきて  通ふてゐる  通はむと思ひし  通を左へ曲って  通はせとく  通ふ峠の茶店の側にある  通つたりしてゐた  通ふのだから僕より偉がる  通ふ山路なぞを遠く思ひだす  通つてくる  通ふもののやうでもある  通ふ客のためにある  通の方を見て  通つたら抱へて参れと  通はし奉りて  通つて来る  通はせて存在しつづけてゐる  通ひはじめ  通つたことはなかつたであらう  通になりすまそうという  通だとか粋だとかアベコベにいわれる  通とかいわれる  通という時代から取り残された  通なるものから血の通わぬ  通に愛され  通にまでころがって居たとの  通まで光と秀の帰つて来る  通はせることを忘れなければ  通ふことはこれより漸く繁くなりもて行く  通ひ路棹に花ある  通つたときまつ  通を黄浦灘と云うが  通には随分沢山の日本の会社銀行その他がある  通つたことがあるさ  通ひつめた  通ふ山少女をば星の見に出  通ふ光景にぱつたり出合つた作者は感心して  通へ前追ふ  通でも並べて聞かしたら  通を振りまきながら  通を走った  通はぬ峰の石陰に神世のにほひ吐く  通をほつくり  通ふ車の音がかたま  通の私のとこは小部屋も何も有りませんが  通を突切つてしまふ  通ひ詰めさせたといふ  通ふ現場を見た  通ふ女の姿を見たといふ  通ひ詰めましたよ  通ふのが癪にさは  通になれ  通はなかなかむつかしいことをいう  通だそうですから伺いますが  通つてきた  通ふ頃から春に目覚めて  通掛りますると  通ひ何かと労働に従事致し居る  通つたら声が聞えたのよ  通を並べたり  通ふやうに覚える  通が揃っている  通というものは一体に対象に対して愛着に似た  通ふものと考へた  通ひ路は通つてゐた  通ひ路と考へられる  通ふ児童の本箱の外には本箱が一つも無い家がある  通過ぎたことがあるから  通を口へ出して  通に出ていってしまった  通になっていられるから  通をきかした  通ふ往復に度たびこの店へ買ひ  通打ち遣っておいたら  通に勘定をしてみると  通ふことになつて自家を出て来る  通聊か相違無返納可被申候且又連印役向之者臨時役替  通つたりすると  通ひ詰にする  通に出て  通ひはじめた  通つてみると  通へ出てゐた  通つたことがありませんから  通のような口振で話した  通ひ詰めて  通ふ坂路を歩いてゐる  通聘して居るのに  通してやればよかつたではないか  通ふ者達を見ると  通まで牛車で運んで来て  通が通っており  通つたもののある  通へ突出して  通を向うへ放れたと思うと  通へ向けて  通んなさる  通へ出てしまったか  通へ出ようとする  通から一目で見て取った  通つてこなかつた  通ふ樣になつた時はもう冷めたい  通はされた  通ひ始める  通女らしくさらにまっ赤になって  通はなければなりません  通て来る  通ふやうでもあり  通をいくつかぬけて  通を持って来た  通にいたので  通を曲って  通へ出た  通ふなんて思ひもよらない  通をゆくと  通に出た  通はせ  通つてしまふといふ  通ふ風流士もあるには  通ひ柳島に遊び深川に戯れた  通はせる位になる  通ひ路と昇り立つて  通ひ路の扉をこじる  通はせん  通はねばならなかつた  通越して居るから  通つたりして  通ひなれた  通ふ気にはならない  通つてきてゐた  通越して滑稽に見える  通抜けて真直歩いている  通ひ慣れてゐたが  通ふ岨道を下りて  通であるような人に無理を言われた  通へる路をわが行けば  通ひがたしと言ふ  通へばつて言ふ  通を突き抜けている  通ふものがあるではないか  通ひ古い新聞を繰りひろげて見て  通ふべき所にあらずと  通から通へと歩きつづける  通へないため治療が中途半端になり  通の顔が見たくなった  通のために泣きたい  通は逃げる  通は先へ駈け出してしまう  通は刈りとる  通が来て  通のすがたを見て  通は塗机をすえて坐っていた  通にも劣らないほどだった  通が裏口へまわろうというと  通だけ裏へ廻って行った  通は気の毒になって  通はもう起ちかけていた  通へ向って  通は悲鳴をあげて  通は七宝寺の方へ向って  通の顔を見に行ったが  通のうしろからいきなり抱きすくめて  通を抱えた  通の姿を見かけると  通は無自覚に手紙を持って  通のすがたが厨に見えないので  通の名を呼びながら  通はいた  通の背を撫でて  通も見えた  通がそっと注意すると  通の手を取った  通は身をもって  通の横顔を見つめながら  通は坐って  通は疑いだした  通はそう反対された  通はおもむろに笛を構えた  通とも見えなかった  通の頬は反対に紅くなった  通の呼吸がやや疲れをあらわし  通のさけびに  通のほうを見ていた  通は彼の顔を仰ぐ  通が茶碗へ盛って渡すと  通はどきっとした  通は手をつかえた  通の出す  通が渡すと  通の帯のあいだへそれを差し入れて  通はひしと千年杉の幹を抱きしめる  通はいつまでも動かなかった  通の泣き声を打ちたたいたが  通の部屋があったが  通は寺の者に見つかって  通が抱き  通の顔が鮮やかに見えてくると  通は手をついて  通阿女が逃がした  通に何倍も勝るとて劣らぬほどな  通の来る  通は迫って  通は素直に袂をはなした  通からその顔をさしのぞいて  通の白い手を橋の欄干へ抑えつけた  通の顔によく似あう  通はせてから家へ帰つて寝た  通に執行致しませう  通はしけるが  通の胸へ帰らなかったか  通のいる  通という女性が故郷にある  通へ宛てて  通が見える  通の眼が見える  通と申します  通は茶を味わいながら  通を止めてやまない  通は考えこんでしまった  通はこの柳生家の方に一つの希望をつないだ  通だけを乗せて  通は答えなかった  通の駒と喜左衛門の姿は木津川の上流が遽かにその辺りから狭くなっている  通はうしろから拝見している  通はいろいろなことを教えられた  通のような若い女のやわらかさが一点はあって  通を可愛がる  通の縫った  通のすがたを振向いて  通を潮のように往来した  通過ぎようとした  通ひなれたる  通つていないから  通つている  通よつてゐる  通はす  通ふ温さに私はあまくしびれて  通ひてみし  通に告げてゐた  通へもどっていた  通を思う  通は幾歳になるだろうと  通に詫びて  通を迎え取らなければならない  通の場合のような事件になると  通と武蔵とを討つべく  通がこころ変りした  通阿女はおぬしを見かぎって  通をだまして  通の手をかりて逃げ失せた  通を討つと誓うた  通阿女の成敗も果さぬのに  通は机へ筆をおいて  通が外へ出て来た  通は足を止めて  通に熱心に喋舌らせてしまってから  通へ呼びかけ  通が振向くと  通はさなきだに悲しくなってしまって  通も何気なくしているが  通は自分の胸を抱きしめて  通は持っている  通はすぐ承知して  通もせん  通は声を放ってしまった  通がさっきここへ抱えて来た  通をいってみせようとしたが  通に逃げられてからの  通かも知れないし  通はどうしておるの  通を柳生谷から呼び戻し  通もあのままにしておく  通をどうするか  通の白い顔があったり  通を通って  通まで歩いて参りました  通が出て  通が歩み出していたので  通の乗っている  通へ集めて  通も何か愕きを叫んだが  通を乗せて行った  通の代りに声を揚げ合っていたが  通の身を案じていた  通に見せようと  通の胸をよく知っているからである  通の性質を見とどけていた  通が選んだ  通に示して  通のすがたを見ると共に  通を引き止めて  通は辞退したが  通を乗せて  通を失った  通のあとを追った  通を訪ねて来た  通を夢みて  通を苦しめた  通を娶ってやってくれ  通を救ってやる  通をさがし出して  通の望みをかなえてやってくれい  通との仲を取りもどせ  通のことからして  通も救ってやってくれ  通を急いで  通抜けの出来る  通ひ慣れた  通ふ道を見出す  通を眞ツ直に壱岐殿坂を下ツて砲兵工廠の傍に出た  通つたことがある  通ふ為に何度もこの通りを往復した  通を振り廻してゐるが  通見は奈良や京都を詩的と言い  通をのろくさい速度で走  通過ぎようとすると  通ひ始めて  通ふ男の家を知る  通ひの芸者になつて浅草に出てゐると打ちあけて話してくれた  通ひ路なくてかなはじ  通はしめるので  通をながめる  通ひ得べき  通が笑って  通つたら昼間ツから大変に景気の好い歌が聞えたぜ  通ひは何方ぞ知るまじとて  通ひ始めた  通はなくなるほどに  通はせるやうに説き伏せるのに  通はなくなる  通はせるやうにして  通を置いて往きますから  通を上げて置きますから  通をこれへ置きますから  通んなすったと申して  通を誇る  通ひ得るをとめと  通ひ続けた  通ふことなしに  通ふも高殿に琴なしらべそ夢にして  通へる八千俣に涙の顏を吹かれけむ  通ふ筋のある  通ふ砂径沿ひの  通へ賑やかに明け放っていた  通はして  通に竝んだ露店が皆ぶん廻し風の賭物遊びの店であるのに自分は少し情けない氣がした  通ふ道の上には草が多く生えて居る  通つたことのないそのへんをちよつと歩いて見たい  通ふのを待つて居る  通に免じ  通ふ事もある  通を抜かし  通つてしまふ  通はすだけの  通はせたい  通ひ詰めてゐる  通ふ街道へおりる  通に發音してゐる  通ふ光景を想つたりした  通つて行く  通はぬやうにしてしまふ  通ふことをやめてゐた  通に對して  通にいわせれば  通は往来が絶えて  通はふと気をかえて  通は渦巻く  通は思いきり端折っていた  通はたといどんなに夢中で歩いていようと  通は全神経を路上に集中して  通はそれを否定した  通は母にはかまわず  通は二度も三度も掻き分けた  通はひとり寝床の中で泣いていた  通は眼をこすりながら起き出して  通はそっぽを向いたが  通は昨日の道筋をさらに丹念に探してから  通を見ると  通は巡査のその態度に何だか悲しくなって  通がこっそりと土間へ踏みこんだ  通も近所の人へ物をいう  通はどうせ見てもらう  通が終らぬ  通はひょっと心当りがして  通は信ずる  通はなるほどと思った  通は惜しかったが二つをそのまま置いて  通は訊ねる  通は沼沿いの丘の下へどこからか漂着して住んでいる  通は母から今の今もらったばかりの  通ははっと思ったが  通は地団太踏んで  通へは一銭だって出すまいとする  通は麦さく切りに出かけた  通は縁側に腰をもたせかけ  通を連れ出さなければ  通もいっしょに笑っていたが  通の顔は急に晴々しかった  通は再び麦さく切りに出た  通ひの仕事をみつけて  通という妹がございまして  通が目見得に行った  通は姉の顔をみると  通でなくっても大抵のものは勤まり  通も唯ぶらぶらしていたんだ  通がその役を云い付けられた  通は思いまして  通はぞっとして黙って居りますと  通を招いた  通はぎょっとして立ちすくんでいますと  通は堪  通はまだ辛抱している  通を目見得にやった  通が見たという  通という女中もそれほど帰りたがるなら  通に指図して  通を抱える  通は見掛けよりもしっかりしていて  通の味方になって  通のおびえた  通抜けようとする  通つたところがあるから  通はせてある  通ふことになる  通越していらっしゃいました  通を見透かした  通へ来ると  通を述べると  通の自分なので失望するばかりだと云って  通ふてゐるなど  通へ出る  通の向側を見ると  通ひ詰めてゐた  通ひ詰めたであらう  通つたらさくらの花道花のかげ  通ふ道に穀物問屋がある  通ふの丈が面白いかといふと  通ひ詰めた  通ふやすらひに  通はある  通な人々の間に喧伝され  通であろうと存じますが  通に行うという  通を少し行って  通はさるる心掛け  通ひゐた  通ひたまふなるが  通ふ靴の尖は輝いて居るけれども  通ふ馬の背の客の上半身が草の穗の上にあらはれてゐた  通ですからとあはれや母は身も狂するばかり  通そうと誓った  通ふのを感ぜずにはゐられなかつた  通なる人は言う  通心得られたいと  通つたりしたが  通はぬのだと考へるので  通へ空車を捕えに出た  通ふなだらかな切地を好む  通から通へとびまわって  通を一ツ目に出て  通はせられてをられましたが  通ひにわたくしは胸をつかれ  通らしく言った  通抜けられる  通抜けるのを見ますと  通ふやうに成りましたら  通で手を挙げれば  通ふといふ  通の位置にしてから  通合せしむるに足らず  通だと思ってる  通だと思われちゃあ  通抜けてしまいます  通をゆっくり通り  通をがっかりして戻って来ると  通ならぬ関係があるので  通ひたるより思ふに  通はなくてはならぬので  通を振りまく  通な左馬頭にも決定的なことは言えないと見えて  通ひ詰めてゐたが  通ふ跡絶え  通をばやがて片側に二の丸三の丸の高い石垣と深い堀とを望みながら  通は歩く  通にも私が一橋の中学校へ通う  通抜ける人たちの下駄の歯が縦横に小径をつけ始める  通過ぎた酒屋の角まで立戻って  通は片側に寺が幾軒となくつづいて  通を行尽すと  通御の道になる  通つたことがあるが  通はこれが答をせで  通に申残し参らせ  通を瞰下しつつ  通は屹と面を上げつ  通は怯めず  通と渠が従兄なる謙三郎との間に処して  通に見えんと欲する  通の名をば呼ばしめしが  通はハッと吐胸をつきぬ  通を呵り  通は屹と振返り  通は肩を動かしぬ  通は黒く艶かな瞳をもって  通は少しく気色を和らげ  通は胸も張裂くばかり  通はわっと泣出しぬ  通は転倒したるなり  通は涙にむせいりながら  通の我を嫌う  通と謙三郎とが既に成立せる  通は止むなく  通は張もなく崩折れつつ  通はその声を聞くや  通は居坐  通はあるにもあられぬ  通を伝内は身をもて  通がいまだ一たびも聞かざりし鬱し怒れる  通の姿も黄昏の色に蔽われつ  通は見るより  通は機会を得て  通を強いて  通は見る  通を抑留して  通は心から見るとも  通は十字架を一目見て  通は瞬もせず  通の挙動に細かく注目したりけるが  通はその時蒼くなりて  通の首の低るるを見て  通がみずから促したるまで  通は家に帰りて  通は実家に帰りしが  通が堪えやらず忍び  通は琵琶ぞと思いしなる  通はいかで堪うべき  通がその時の形相はいかに凄まじきものなりしぞ  通が髷を両手に掴みて  通の口は喰破れる  通ふ夢路はうれしくもあるか  通ひが何冊もはいつてゐる  通ひを二冊も三冊も家へ置いたと  通ふまぼろし夢にだに見えこぬ  通つてしまひました  通へど藤の花心にえこそ任せざりけれ  通から北へ曲りて  通の通でなければやれない  通へども八重立つ  通のあとを追うは  通は知らねど見たる  通が為せる  通はわずかに見返りて  通に意あるが如き  通が召使の老媼に語りて  通は例の如く野田山に墓参して  通の姿を見て  通の頬を掠め  通はあれと身を退きしが  通はかねて  通の制むるをも肯かずして  通はもとより汝もあまり好きことはなかるべきなり  通となり  通のある  通の心は世に亡き母の今もその身とともに在して  通は遂に乞食僧の犠牲にならざるべからざる  通もうかと頷きぬ  通にはもとより納涼台にも老媼は智慧を誇りけるが  通が母の墳墓の前に結跏趺坐して  通は一目見て  通ふとも馴れし  通ふ花なれや色にはいでず  通ひは絶ゆる  通はされたり  通から灰の一吋も溜まっている  通の扉を締めて出て行く  通つてくるかといふ  通ひ居りて  通ひづとめの者の宅の向ふの  通はばほととぎすかけて  通ふわけにも行かないので  通ひつめてゐる  通ふ事に為つ  通つたやうな氣がして  通を行く  通があって  通を瞰下し  通ひ廊下が通り  通ひ廊下の床下に主人用の風呂場がつくられた  通の前後を瞰した  通ふものがある  通ひはじめてから  通はさうと努めた  通を来る  通をきめ込まない  通で此処で十匁ある  通とか粋といふものが正統であるとすれば  通ひたる昔忍ばれて  通はせられて  通ふ事ふつと跡たえしは  通ひ初るは浮かれ浮かる  通ふ車の音のみ何時に變らず勇ましく聞えぬ  通に着  通に取り掛かれと命じた  通ふことも絶えて  通ふ一つがひ  通ふ夢まくら明けはなれたり  通を抜けると  通ふことが出来たので  通ふ田舟と呼応した  通ひ出したらしい  通ふことさえ本人の意志どほり行かなく  通はせなければならない  通ふことにしました  通ふにすぎぬ  通はねばならぬ  通抜ける幾筋もの小径を基線にして  通はし  通はせた  通新石町から馬鞍横町へ折れて  通は十年来歩み馴れて  通へども現にひと目見し  通なる註文をだし  通ふことになるが  通を日比谷へ向う  通へでました  通はなければならない  通はひっそりして  通がもつ  通はして寄越すほどに聞えましたよ  通ふ頃世に流布する  通といいますね  通に走つて  通をふりまわし  通つて参りました  通過ぎたかと思うと  通を一瞥して  通には紅白の提灯が往来の人の顔に映った  通では前の日の混雑した  通へ出ると  通過ぎる女もあった  通過ぎるものもあった  通はぬものにも見えた  通ふ砂道沿ひの  通はせたりした  通ふ子供は馬車や自轉車などのはげしく通る  通ふまでに漕附けた  通つたか知れません  通ひましたが一年ばかり經つ間に銀さんの方は學校を退いて  通ひ帳の中へ御金を入れて  通ふ途中で一緒に成る  通ふ學校を見たいと  通ひなれては  通で通る  通てゆきたや  通て来よ  通に追随する  通過りなさるから  通掛った近衛の将校の方があった  通の通たる人のよろこぶ  通ふ内廊下へおりていつた  通ふと云ふ  通を私は夕餐の後に通つて見た  通に散らして居ると  通をグングン進んで行った  通はうかと思ふ  通越して此様な工夫を定めた  通をまっすぐに行くと  通ふ様な気のする  通ひくる  通ふ足がにぶつてしまふ  通ひ来にけり  通のような顔をしていても  通ひ場所と考へる  通ひになつてくだされば  通ふ時おふさの顏は晴々しい  通ふのは此の店があるから  通ふ時は平生の僻んだ  通はせることにした  通ふのは彼の如何ともなし  通ふ力もなくなりてをり  通ひ出して  通に出る  通や思ひ  通の後裔と称してゐる  通というのがあります  通がその訣れの  通ひ女中になつて行つて居ました  通ひになつてたんでせう  通の竣工を待ったならば  通ひし頃なりしが  通ふ事は一日も止まなかつた  通ふ事は矢張り止められなかつた  通はせてもいいと思ひますが  通はせるにしても  通ふやうになると  通過る円タクを呼止め  通に立っている  通に開業している  通ふ靜かな物音を聞いてゐると  通ふ蒸氣は千枚張りの共車この家へ通ふは  通にあった  通があるではないか  通ならざる俗なものと考へられてしまふ  通は益々実質を離れて  通のこと私もよんでいるのできいたら  通へ出たら  通御記し  通の当所に御達可レ被レ遣奉  通抜けが出来ますかの  通を視たり  通ふとも見えぬ  通として至宝視されている  通の方へ渡すを  通にて出合いたり  通ふ鐵路も末遠く都の春は里の冬玉なす  通ふ風の恨に誘はれて  通の長い舗石のうへを痺れて  通を伝馬担いで  通ふ弓門の頂まで我を載せ行き  通へるところあるもを  通ふなる  通ふ神の風が神話化した  通で中食して  通ひ船に乘り込んだ  通ひ船が近づいて  通ひ船に乘り移り  通ひ船に移すと  通ひ船は段々向ふに遠ざかつてゆく  通と言ひ  通はしめ  通を旦過橋の方へ行く  通に再現する  通をふり廻した  通ふ底の世界と信じてゐる  通け口が出来ているでしょう  通つたら涼しさうに思へる  通ふ娘のことを書いた  通ふ様な気がしてならぬ  通ふ年頃になつてゐたが  通ふ子供は誰も自分の傘に遠目にも解る  通ひ合つてゐる  通ふ地底の世界にいる  通ふ事が出来ると考へる  通へぬ程に衰弱した  通はあんまりにぎやかすぎた  通徹して存せる  通はぬ藪に我入りにけり  通ふすみやけく  通入すべき  通つてみたら  通ひ出してゐた  通ふべき高尾と云ふ  通の人物でせう  通つたような道を歩いてはいけない  通つたさうである  

~ 通[名詞]1
稽古に通  畑道を通  座敷へ通  學校へ通  二階へ通  姿に通  夢も通は  矢張私の言った通  前を通  汽車が通  列車が通  廓へ通  宝石屋の通は  廣い通を  味凄味を通  脈搏に通  紅血を通  小説の通に  狸の言う通  飛行場へ通  森に通  承知の通  一と通  ホールへ通  スツトトンと通は  ストトンと通  鳥も通は  學校へ通は  粋とか通とかという  物の本や通の  澁谷へ通  墓地を通  堀川町の通が  無事に通  駕籠しか通は  大様で通で  灯が通  スットトンで通  麹町の通から  母さんは通まで  さうにこれを見て通  場所へ通  画塾へ通  小学校へも通  何處から通  馬鹿も通  家に通  家へ通  右へ行けば通へ  こっちへ通  先端に通  処へなんぞ通  もとに通  喫茶店へ通  前の通  自分はちようど高壓電流の通  種田は通  血脈を通  学校へ通  寢覺に通  人の通は  嵐が通  汽筒へ通  彼処を通  寝息を通  のが通  船が通  此時節より通  時節より通  築地へ通  夜学に通  携へて通  木挽町楽屋へ通  誰か人が通  かきつばた波太波奈の通  辺を通  淡雪や通  裁縫学校へ通  二つ目の通を  此方からでも通  女学校へ通  霊地へ通  練習に通  中学へ通  落合へ通  風の通  畫に見つけたと似通  方へ通  者が通  一度にても通は  稽古にも通は  感情を通  なかに通  二三度の通  一度も通  四つ目あたりへ通  前は通  学校へも通へ  一間に通  漬けもの通に  粋や通の  人間から通  粋とか通とか  粋や通という  粋や通  粋や通に  夜まで通  海路を通  神田辺の通にまで  一番町の通まで  全身に通  血の通  予備黌に通  豫備黌に通  芸妓に通  かげを通  足音が通  ものが通  風穴が通  夜学へ通  前をかすめ通  田舎医師へ通  男が通  湯に通  四方には通へ  静かに通  チト当社の通でも  無げな通を  銀座の通を  雲ならで通は  町の通を  橋杭を叩いて通  河風がをりをり吹いて通  洲崎へ通  その道の通  すに通  御存じの通の  人道が通  身に沁みて通  缺かさず通  患者などが通  政治家風な通  美女に化けて通  女が通  螢澤に通  夜中螢澤へ通  千駄木に通  佐野松に通  ところへ通  病院へ通  云ふ通に  七十六度厠へ通  此処に通  枕に通  犬の通  質屋へ通  毎日會社に通  やうに通  主張が通  街を通  小学校に通  下町へ通  歯科室に通  外を通  鬼ヶ島へ通  歯科医院に通  毛孔から通  軍部内の通が  何処へでも通  河童の通  地下水の通  一羽飛んで通  フイと通  私が思った通を  表の通に  納屋に通  ダンスホールへ通  法律の通に  毎日役所へ通  今の通  説明した通  今申した通  観察に通  馬借に往く通  先月の通に  廊下へ通  書齋に通  アテネへ通  候共右日限の通  仰せの通にて  下を通  繁華な通に  風態をして通  酒場へ通  部屋へ通  此方へ通  承知で通  世間が通  百貨店などへ通  女に通  さも通  叙情派とに通へ  言に似通  学堂へ通  七十五日も通  歩行を通  銭を投げつつ急いで通  音羽の通まで  ワシリは通  道を通  眼科へ通  前の通へ  のを通へ  巣鴨の通へ  馬も通  間に通  清月へ通  奇抜を通  十六聯隊も通  毎日学校へ通  それを通  医院へ通は  引取つて医学校へ通  日曜ごとに通  空気が通  色香にひかされて通  奥へ通  工場にも通は  村を通  學校に通  児に通  私立学校に通  内へ通を  七軒町の通に  電車の通る通へ  教会へ通  一ツゆすって通  出で通  鼓のしらべも通  柳原の通を  佐竹の通に  塚の通  雲の通  長谷の通には  茫漠に通  そこを通  土地として通  馬上で通  つて山谷に通  伝馬船を通  三囘位しか通は  便所へ通  銀座の通へ  今日神樂坂を通  毎日こちらに通  お針に通  後心を通は  図書館へ通は  情つてのを通  広場を通  叩きに通  君に通  ところに通  パストゥウル研究所に通  図書館へ通  画室に通  気の毒を通  毒を通  前を啼いて通  驅足で通  折に触れては通  里へ通  美食の通  馬で跨いで通  きりぎしに通  路を通  溜池の通を  どこか似通  毎日圖書館に通  人も通  街を通から  水が通  中廊下を通  大抵は似通  弁当さげて通  喉に通  成規の通に  其処を通  町を通  雨が通  峰夏山や通  火が通  支那部に通  思で通  其處を通  呼吸を通は  愛情が通  われらが通  ブラウンラーゲを通  向うの通  本郷の通に  ところを通  身体を通  の側を通  後を通  忿怒は通  焼け跡を通  下情の通を  青山の通を  門前の通を  横町も通  牧のうなゐも通  相生町の通まで  ダンス場などへ通  森林を通  邊を通  人を掻き分けて通  線を通  どこを通  勝手に通  時汽車が通  之に通  祖父が通  バスの通  追分の通  工場に通  ゲンツアノ湖畔を通  大橋図書館へ通  温泉地へ通  風も通  ら神に通  舟にて通  語學の通を  俊吉は黙って通  餅が通  裏通りを通  姿は通  院へ通  觸れて通  処へ通  買ひに通よ  いまは通  舞台裏へ通  味噌醤油酒の通  自転車が通  夢に通は  市場に通  群が通  噂をして通  葬式が通  ルンペンを通  そばを通  前さへ通  竹藪を通  傍を通  笠とりに通  馬車も通  ハイフア港へ通  通りが済んでから通  歌の通が  ステツキを振りながら通  ふし夜々の通  品さだめに通を  先へ通  水車に通  寺へ通  脈の通は  病室へ通  治療をうけに通  婆さんは通は  湯元へ通  小学校へ通  高等中学に通  図書館に通  熱を通  側を通  杉林を見て通  蔭を通  舟で通  洞を望んで通  熱心に通  講習へ通  入用なら通を  私が通  舟さへ通  夫が通は  船宿を持たなければ通を  領主が通  位に通  所に通  男の通  一度づつその病院へ通  半年ばかり通  名前だけで通  烏丸の通だの  小布施へ通  海月は通  彼処へも通  物語と似通  塾に通  海へ通  階子段とへ通  裏の通  町の通へ  稽古に通は  サン・ミツセルの通に  人の通  處を通  のにも通  きが体に通  右の通にて  浮世に通  飛ンだ通を  粟田口へ通  建物を忘れて通  間から通は  ほとりへ通  村へ通  市場へ通  ぼく銀河ステーシヨンを通  娘に通は  何も通は  空氣も通は  處へ通  江戸の通に  血も通  見かけの通の  引舟の通が  西片町の通は  荷物なんかを抱えて通  筋の通  間を通  汽車で通  自分で通  長崎図書館へ通  息の通  不器用も通  自分の感じた通を  元の通の  手法と似通  左斜の通の  現を抜かして通  住家に通  袂で通  裸形にて通  一足踏み込んでよけながら通  學へ通  言つて聞せる通  先生にも通  師匠にも通  径を通  神世に通  鐡道馬車が通  百姓が通  主人は通が  これが通  説の通  自然男から教えられた通に  小学に通  馬の通  縁を通  上を翔けて通  麓から通  あれこれの通に  鎌倉は通  誰も通  学校へ通は  頃大学予備門に通  会社へ通  途に通  役所へ通  昔奧州へ通  職業安定所にも通  理屈が通  草津へ通  ちまたに通  此豚小舍へ通  婢女として生き通  全身を通  居間へ通  山に通  平常の通  所を通  通詞稽古所に通  東支那海を通  血は通は  かしこに通  雲路を通  電車で通へば  国境へ通  ここへ通  フダーヤ老松町の通へ  ネルに似通  血の通は  町の通から  空に通へ  柳原を通  安宅蔵の通を  時旅籠町の通の  常々文を通は  事の似通  百度を踏みに通  カンで通  鐵道が通  銀座の通で  囃が通  許へ通  訳語と通  簿記学校へでも通  塲合に通  分だけは通  山名に通は  ことが通  目貫の通を  廐に通  一日がかりで通  処に通  連が通  君の通  砲兵工廠へ通  一と通の  義は似通  四角を通  所へ通は  ふうな通  離れへ通  根に通  づねても心の通  代官町の通をば  城内代官町の通は  神田小川町の通にも  水道端の通は  林を通  道も通  意味で通  幽界に通  日掛けの通  挨拶を交して通  大空を通  外を焼き通  色は通へ  賑やかな通から  卒業した通の  山に通へども  なほ吹き通へ  心ばかりは通  こころに通  遠慮のうこちへ通  関川のしもの通  洋服着せられて通は  中學校に通  茶の間へ通  日々名倉へ通  成候者愚姪方へ通  宿に通はば  武徳殿へ通  彼女目当に通  其学校に通  外套を着て通  曙町の通から  幕を透かして通を  横腹へよせて通  声をして鳴きながら飛んで通  眼をぬすんでは通  一日置きに通  毎日病院へ通  連想を通  想ひを通は  一木の通だけ  熱血の通  胸に通  懐古型の通とか  人に通  遊藝手藝學校にも通は  活判處へも通  廓に通  田町へ通  新開の通へ  谷町の通  手筈の通に  左の通  原も通へ  駄夫の通  此処から通  遠方から通  母家へ通は  菅原通済ともあろう通  弟子は跨いで通  牢舎に通  それにも通  日に通  常世の国から通  英語塾へ通  稽古にも通  川口を通  雁の通  山坂の通ばかり  介抱し通  端を通  それを見て通  やうにして通  そこへ通  貰つてそこから通  優婉に似通  さに似通  ヂンバリストの寂びに似通  彼に通  停車場に通  言語も通は  御不浄に通  剣にふれて見ながら通  幼稚園に通は  白馬会研究所へ通  受験準備に通  学校に通  催促に通は  漁師共の通  野を越えて通は  山々を通  卑彌と通は  頭をかすめて通  電車が通  キヤブが通  醫者に通は  会所へ通  吉原河内楼へ通  此の通は  足もやすめず通へども  見事に通  工場へ通  女子大学に通  徴用されて通  区役所の建てる通の  麹町の通を  市場のある通へ  会社へ通は  なかをも通  取廻しに通  敦賀の通は  私を通  於ても通が  廻に通  宛然人が通  腹へ通は  雫も通は  中学に通  初音に通  小細工な通に  名称について通を  筋が通  瀬川安子に通  雨は通  本町の通を  本町の通には  本町の通では  荒町の通へ  停車場前の通を  挨拶そこそこに急いで通  大手の通へ  松林を通  血の気の通は  そこに通  土蔵へ通  中へ通  小学校へも通は  ダンスホールへ通は  提灯つけて通  貰ひに通  水汲に通  手習に通  道なぞを通  場所を通  毎朝數寄屋河岸へ通  私の通  子供の通  瀬戸へ通て  舟ア流される通て  音楽やの通に  其処に通  通の通  土蔵に通  着流しで通  逗子へ通  表の通を  人が通  裏道を通  傍にも寄りつかずにさつさと避けて通  火花を通に  本郷の通を  そこから通は  ッと通  シャリ・エル・カスルの通を  心にも通  山伏町の通へ  板場の通という  花さく傍を通  顔をしていても通には  神の通  北へ通  土手を通  さが通  れきの通  一年間だけ通  のを通  路地の突当りになる通の  かげから通  局に似通  もとへ通  臺所へ通  衒學的な通の  医者にさへ通  湖水に通  病院に通  堀ばたの通に  一寸わきに動かしては通  學生たちが通  みな中學服で通  みな犠牲として通  貧民街も通  店に通  ツンボ・コートを通  定期で通  中學に通  待暮して通  本屋に通  本屋へ通  一學校に通  學に通  門前を通  士官学校門前の通に  薬王寺前町の通に  その間に通  横濱へ通  荷馬車が通  難所ばかりを通  河童橋の通に  つて吹き通  裏町の通が  羅宇竹に限るなどと称して通は  あなたの仰云っている通の  目白の通へ  左之通  候時別紙の通の  門を通  中は通  方丈に通  われ偶と通にて  境を行くが如く押し通  空に吹き通  荷船さへ通は  声もせぬ通の  揚屋町の通を  堤に通  兩義に通は  訪れに通  車の通  太夫殿の云う通  坂田様の云われる通  平素の通の  庭へ通  それは通  人に知られぬ通  御存知の通の  十年前に通  先刻クリシイの通で  僧は通  乘せた通  扶けられて通  僧を通  中に見えて通  半年も通  世界へ通  時は通と  お前の云う通  前後に通は  千日前の通は  づゝ其処に通  錦町の通を  それを定められた通に  中から通  上などに通け  澤を通  中を通  相生町の通の  津軽海峡を通  研究所へ通  海岩洞窟から通  底から通  宅に通  美術學校へ通  如くに通  扮裝をした通  便所にも通へ  遥かを通  アトリヱへ通  美術学校へ通  扮装をした通  小川町の通は  個物的に通  村人の通は  雨にぬれて通  一門のみありて通  心靈研究會へ通  ここに通  カジノにも通  怯ぢ恐れてのみ通  吉原へ通  綱宗の通  推察の通の  帆がぬうと通  畫室に通  声をかけて通  意味に通  

~ 通[名詞]2
遠慮なく通  いつも通  その通  其の通  つい通  一向通  この通  はたと通  吾が通  一向に通  繁く通  わが通  あの通  大いに通  悉く通  明るい通  いっぱし通  より通  細い通  つと通  さびしい通  人知れず通  規則正しく通  とお通  あつく通  狭い通  薄暗い通  深い通  時々通  ひさしく通  どの通  いわゆる通  そそくさ通  よく通  そろそろ通  広い通  のこのこ通  しげしげと通  なく通  とうに通  古い通  一応通  新しく通  屡々通  そのまま通  よろしい通  

複合名詞
通つて  通はず  通拔  通學生  通篇俚言俗語  通つた  通つたあと  何通  通つて駅前  五音相通  路通  三位通盛薩摩  三位通盛  通盛  目通  通はん  きのふ一通  一通  誰か通つた  通つて鎭守  二三度通  通つた位  通つてしまつて螢  通つて行  六百通  こがね幻通  通相場  通掛り  料理通  一通遊泳術  人通  資治通鑑それ  人間通  来書一通  たより二通  藤原通光  通つた内  学校通  五六通  心通  みな下通  三國通覽圖説  五通  五通神  半通  二通  数通  日本通  通ッ  通讀  十数通  通つた馬  通娘  住吉区栄通一丁目  那珂通高君  那珂通高  一年半通  通つた言葉  並木通新聞  二三ヶ月通學  大陸通  京都寺町通  三通  百七十何通  二十何通  百七十余通  アカシヤ通  二三通  通つて來  薩系岩村通俊  打通  通辯  ハジメニモ申シ上ゲタ通リ  日一通  誰か通つて行  云つて通つて行  通つた時  藤原忠通  忠通公  円通  法性寺忠通  少納言通憲  入道少納言通憲  内外博通  通稱  地点ニ通リカカリタリ  予等ハ此地点ニ通リカカルヤ  書紀通証  江戸通  一渡り通  露西亜文学通  露西亞文學通  大門通  流川通  支那通  南海通  戎橋通  通ツ  通ふか  凱旋通  欧洲通  一回余計通  海岸通  通ン  たより一通  二十通あまり  ハガキ一通  通つて湯屋  ダレカヌツテクレソウナ人ガ通ラナイカトミテヰルノデス  亜米利加通  通ふつ  アメリカ通  四条通  近衛通  寺町通  三条通  京極通  十通  勝山通  勝山通四丁目  勝山通八丁目  電車通  千日前通  道頓堀通  番町通  通つたの  吉凶禍福窮通  桜田堀通  外桜田堀通  遊所通  吉原通  通ひつ  北國通  通庭  八通  通つた道筋  通州事変  別格通  社会通  セノ通リア  そり悪所通  悪所通  子通  四五十通以上  味通  申通ニ御座候  裏通  其後銀座通  表通  鳥渡通  銀座通  其夕銀座通  偶然銀座通  通つた肉体  四五百通  此間通つた車  通つてこれ  幾通  通つた翅  通つた道  通動機  通つて了  通つた無数  通つて雲  通つて帰  ぱしと二通  一通詫  通つて勝手口  通つた物  通鑑  阪本通  毎夜吉原通  百通以上  神楽坂上寺町通  楽屋通ひより  表通岩谷天狗  河岸通  通一遍  通つた痕  一通名  通ひだ  通つて使者屋橋  通例話  通魔  縦通  通つた鼠  通ら  勘文一通  十一通  詞十通  情識之通二於條理一爲レ公  レ得二通透一  通透  通稱ハ捨藏  通政大夫呂祐吉  通訓大夫慶暹  通つて連絡  通自在  通一ぱいぶちまけちゃったんだ  一通玉章  権理通義  通寺町  通町辺  通つて空  通町  先達て通町  事情通  病院通  通學姿  ツテ聞カバ己ズト通ズルモノアラン  通つて丹波  通ふう  寿司通  寿司通仲間  通つて行つて  通二犬神人中一之間  通つた自叙伝  四通  利根川通  通つた覚え  間通ひつ  通癖  毎日通つて  通源寺  理想たる通  帝都呉服橋電車通  タッタ一通  電子本流通  某日二通  通家  通並  通つた驛遞  外国通  時分毎日通つた道  妙通  カルヽ街通  通景  まぐろ通  二通目  四通目  寄席通  通つて和琴半島  通つてふたり  ミヤソニツカヤ通  今通つた店  通つて他  山県通  通つた折  ゆう通  唯二人岩湯通  軒下通  軒下通ひと  通つた所  書信二通  表通交易御免  何千通山積  通諜  いずれ通諜  通つた猪牙舟  人嫌ひで通つて  昭和通  濱千鳥ふみ通  幾度幾通かき  通草一名木通  五通目  上海通  歌舞伎通  西洋通  通つた後  停車塲開通  の一通  此一通  少い通  何十通  停車場通  前日通つた時  その後十通  一通ごと  かなり賑かな通  舟一潮通二靺鞨一三千里  遺書四通  通輦  スルニ凡テヲ通ジテ公的所有ト私的所有  ヲ通ジテ脅威シツツアル此等  世界ニ通ズル幹線ヲモ民有トスベシトハ道理ニ合セザルモ甚シ  凡テニ通セル原則トシテ國家  與スル代リニ衆議院ヲ通ジテ國民トシテ國家  通ジテ空洞ナル會堂建築トシテ輸入サレタル基督教  眞相ニ通ズル者  通辯ニ得々タリシ所謂學者ナル者  通ジタル歴史的進歩ニ於テ各々其  相通化  銚子一本通  通ジテ石器時代ハ  部分ニ通ジテ生存シ居リシナリ  通鑑外紀  通がかり  通客共  素通  廓通  風通  毎日通  谷通坂  遺書二通  感通  通州  通つた心持  朝一通  東洋通  原訳二通  通天  通氣  相通  通味  閨中述出一通書状  邦通俊兼  通つて自分  通つてしまつて  通はず小鳥  誰か通  通油町新道  野球通  通つた験し  通つた時周子  通つた足跡  通觀  語学通  通ん  芸藩通志  城通  城跡通  通ふため  酒通  丸通  二十通  通四丁目  通四丁目あたり  通三丁目  北中通  活動通  軍事通  宮路通  資治通鑑  通鑑綱目  通つた様  通婚  通口  日本橋人形町通  府下銀座通  日本橋区人形町通  人形町通  坂本通  並一通  一通の  通つた町  書館通  図書館通  料理屋通  スッカリ悪魔通  信濃小路通猪熊  排通俊派  通つて岐  精養軒通  通朝  良通  日本橋通油町  かなり通  一番音楽通  通つて生活  ワロフスキー通  日寺町通  通二幽明死生之説一  ヘンリ通  礼拝堂通  教会通  書簡三通  通相違御座  續資治通鑑長編  通つて地中海  稲葉一通  行つて通  鎧通  京成電車通  黄昏銀座通  数十通  文書二通  通ふところ  通ひで目  行通  今日電車通  三番町表通  町通  通つて手  通つた兵隊  通つて全身  通つて海岸  今通つて  通學  菅季通  通らん路  折柄通  紫外線通  通一丁目  岩井通保  朝鮮捕鯨会社社長伯爵岩井通保  先程一通  伯爵岩井通保  岩井保通  住人岩井通保  横通  あゆ通  通覽  食味通1  食味通  本町通  九条植通  植通  圓通  多聞博通  通拔けた  通つた自分  獄通  一二通  レ可レ通  通セン  半分程通つて  通つた前夜  通つたのさ  法学通論  四五通  通つて天香具山  二人通  道路通  精二通経論一  通寺  東寺境外信濃小路通猪熊  うち数通  通つて三等室  通名  まま表通  通天門  予想通  予定通  請求通原  予定通夜半着  此頃来通はず  通女  蕎麦通  日本橋通  通つて行つた事  通つたみのる  通つた樣  一台通  通ひで雇  通つて上山  通つた文部大臣森有礼  通ひで  百通  私ハカネテノ考エ通リニモハヤ仕方ガナイト思ッテ  主人ハサキ申シタ通リ殆ド死ンダヨウニナッテ居リマシタガ  芝居通  探偵小説通  余り通  通つて右  河川通  通船数  通ちや  幾度幾通  五通六通  十二通  細道通  豫想通  渡部義通君来訪  市場通  通つて外  一通差出人  蔵前通  万国橋通  ひと通  ふた通  そこ通  通つた氣  アジロ通  引受け通  通つた気  辞通  衣通媛  けいこ通  裁縫通  震災後河岸通  湯屋通  房州通  丁度表通  パラオ南方離島通  通つて灣  通譯  毎日通つて來  幾十通  百十五通  初年支那通  海軍通  二三通残つて  通町三丁目  通つて二階  唯五六通  通ふた  通つて東山  通水  嫌ひで通つて  一通宛  電話一通  二通手紙  通つて次  カフヱ通  円通庵  通つた空想  ヨーロッパ通  上野通  いま通つて來  ロシア通  イタリア通  心理通  露通  芸妓通客  もの一通  殆普通  通宵汽船  恋愛通  大阪通  圖書館通  壇通  通ひな  通つて奥  遺言通  學校通  文壇通  文二通  通さん  通姉さん  通さま  通さん何  通自身  通姉  通どの  通つた一枚板  通つた廊下  通つて行つたあと  つて通  通つて其處  さつき通つた村  近海通  登場人物俳諧師鬼貫路通鬼貫  刀剣通  通様  通円ヶ茶屋  六十余通  通儒名士  通つた點  實際支那通  一萬通  其日本通  一經貫通  通典  通鑑紀事本末  通志  通筋  通衢  通二於神明一  通つたカテードラレ  佛祖歴代通  数通発見  つけ通り海岸通  外他通家  通道也  通曉  五つ通  玩具通  史通  通學術  史通六家  つて史通  諸子通考  所謂支那通  通志堂經解  所謂支那通ども  一通こっち  下情上通  通西軒  ゾロゾロ通つて  岩村田通  相生町通  通旅籠町  通油町  通塩町  通はたご町  通儀太夫  通さんとこ  通一名  二六通  思い通  通つた經驗  通つて知  通つて太平洋  日本橋区通油町壱番地  一通毎  ケレルマン通  通船  昨日通つた坂  通蔓草  通遼  板橋通の  前通  通ぢ  毎日通ツ  巣鴨通  伊香保通  浴室通  つて通つて  五十三通  漁業通  ドン漁業通  爆弾漁業通  文楽通  通解  世間的通解  意旁通  東京通  みんな二通三通  曳舟通  通伝  通ふたもの  通つた訳語  度々通つた  書信七通  橘通  延岡銀座通  通つて彼  澤山通つたあと  家禽通  チャボ通  顕官岩村通俊氏  書面一通  来信数通  通身アルコール  通つて帰庵  通つてしま  通つた針  千本通  ひとり通つて  一通ここ  内浦通  通者  通つて蘆  通つて池尻  三十通  三十通あまり  百合子凡そ千余通  顕治四百通  通つて西京  通つた人  書簡二通  見聞ニ及ビ候通  カフエー通  大概通つてしまつた後  通ぶり  野草通作  メリヤス上下共十五通  鉄色メリヤス上下共十五通  桃色メリヤス十通  お寺通  多く通  良人宇佐美通太郎  宇佐美通太郎  良人通太郎  通太郎  通太郎君  通太郎夫妻  六通  幾度通ツ  百十数通  一通二千円  大方十五六通  とき一通  つて通つて行  通つて横丁  いふ通  封書九通  病院通ひも  修善寺通  封書一通  偶然通  七通  一通速達  書状数通  遺言状一通  委任状一通何れ  書信三通  書信数通  四十通余  通つた異形奇体  道具一通  ぎないといつて通  通客  通ちゃん  窮通消長  窮通  十五六通  十二三通  すき通  五通省略  通経前  万国史通  一通清書  一通夫人  通シタル軸  おばしま近く通ひつ  秘札一通  殿墨付一通  手紙三通  通時間的  通つて便所  通一  通女子  淡路島舟通  通つて急  子通治  遺書一通  通つて内玄関  蟻通明神  通つた叔父  三四通  植物通  月通つてアングル  パリ通  輓近西洋通  名君定通公  定通公  西川通徹氏  両国通  訪問客一人手紙一通  五通位  手紙五通  晝間通つた時  通寺町保善寺  一通大判  ラス・コルテス通  航通  友人松井通昭氏吾七福  小説通  通仕込  語僅ニ通ズ  縫物屋通  首藤通経ら  美術通  通つて町  通船楼  透き通つた女  通つて和地  くも四通  河豚通  目算通  人通さ  数千通  中山通郷氏  五十通  旅行通  通物  通新町  通三人  ほか三通  通邑伝レ書百歳心  並木通  通法  河野通縄  五日通  通つた方法  通りす  五十余通  右五十余通  博通  今一通  前後二通  通つた舞臺  十三通一  一通一  五通一  ○通抜無用  通抜ら  三浦高通  一条経通  教書十数通  下谷通新町  空堀通  飯田町通  通つて何百里  滝通  示サレタ通リノ天空  断定シタ通リノ  屋久島通ひと  本通  通つて納戸  千通あまり  三通目  マル通  内大臣通雅さま  通名木下杢太郎さん  酒場通  情通露見  一通づつ投書  二通一緒  稽古通  三条通木屋町  遊煩悩林現神通  如く銀座通  小田内通久氏写生薩摩雛  待ち通  河野通保弁護士  久我通保男嗣子等々  四百通  二百六十通  もの僅か五十通  野良通  通つた秋空  配符数通  通つて写し物  鶉通  通名カニス・レオ  通ル旅  すし通  通めたい口  三田通  通音  豁然通悟  通方  通つて葵橋  音楽通  さつき通つて  通評  通り通つて  通街  通証券  中尾通章  同断右之通  港内通船危険  アタマノケモヤツトフダンノ通リ  日本書紀通釈  毎日幾通  室蘭通  通返事  インド航路打通  通つたバア  何度通つて  通つて行つた方  風呂通  透き通つて  通明治四十二年三月二十二日  書状二通  なほ一通  相撲通  偶其一通  日小川町通  三通め  通つて玄関  みな一通  さつき通つて來  圖書館通ひで  蘭話通辯  長崎通辯何  通譯官  通辯飜譯  外國通辯頭取  外國通辯方頭取  通譯官ポートマン  主席通譯  通譯榮  ペルリ側通譯官ポートマン  のち外國通辯方頭取  米通譯官ポートマン書翰  置候通  通ア・エル・セ・ポートマン・エスクエ  尤此程及御答置候通魯西亞人渡來迄  通辯力量  傳習係通譯  通譯本木昌造  通雛型  通譯係  つて外國通辯方頭取  とも通辭的公職  ところ海軍傳習所傳習係通譯  傳習係通譯以前  中国通  中国通たち  文三通  演劇通  通道  五十年来寄席通  通つて游泳  九通  一挙二十九通許可  人一人通ろうよう  日本橋通一丁目辺  四把づつも背負つて通つたぢ  通つて卑怯  工事ダアセガデルドツチガ早イカ競争ダトンネルトンネルトンネルアイタユキノトンネルモグツテ通リ一番列車ダ  芸術通  浦安通  大将呂馬通  呂馬通  一条経通  七八通  気ハ感ジテ遂ニ通ズ  通掛つた人  こと一通  忍び通  其頃通  生憎通つた数台  通過ぎ  和蘭通市  通好  曳船通  業通  通はる  相感通  先年之通申上候所  通三ヶ所  通付上申候  通相  木屋町通  夜毎通  霊通  通つた序  あまり通  ふつつり通  夜通シ火  通券  無礙智山大通寺  さ通  人通賑  俳優楽室通  長谷通  通途  通つてツクヅク思つた  ドンコ通  名古屋通  通つて酒  通つて先  今使譯所レ通三十國とい  今使譯所通三十國  天見通命  五へん通  通つたかご  一通携行  通水路  神田五軒町通  日夕通讀  此普通  やつぱり誰か通つて  三浦忠通  久我建通  親通  東久世通禧  通禧  なほふみ通  柳原通  銀座駒形人形町通  日頃人通  富士見町通  日本橋通一丁目  通ふらん岸  通つておいで  通抜  通つた事  三島通陽子爵  通殿  むることのあたわざるをお通  通婚行  融和通婚行  云つた通  通つた水髮  感通告示  通慣  東四つ目通  ク通セト云ッタラ  水ヲヨケテ通シタガ  通リテ  ウノ云ウ通リニシタラ  ソレカラ通シ駕籠  ソノ通リニシタラ  ソノ通リニシテヤッタラ  通ッタラ  望ミ通リ相手ニナッテヤロウト云ッタラ  壱通ズツヨコシタ  ソノ通リダト云ウカラ  鑑通  アノ通リスルガ  南平ガシタ通リ  本所ハオレノ通リニシタガ  通リ町ノチチブ屋三九郎ト云ウ者ガ  通ジタ  ソノ通リノ心ガケヲシテタラ  先ニイウ通リ何モウチノコトハ気ニカカルコトハナイ  通シ  ソノ時ニ吉原デアノ通リノ振舞ハ出来ヌモノダガトイウコトデ  行通イシテ  通リガカリニ寄ッタラ  通ッタラバ  通リノ者ガパット  此年マデ無難ニ通ッタノダ  もの幾百通  ふみ通  日本橋通三丁目  掘割づたいに曳舟通  通つて湯殿  通つて小母さん  一夜づゝは通つて  五箇月間通つたの  通二丁目山本  通稱金藏  アスファルト通  世間学通  ナカナカ日本通  一番航海通  福砂通  清砂通  通規  忠通  成隆朝臣俊通陳曰  俊通  通つて霧  五辻通  河野通春  通ヤク  万年寺通  皆通ひで  所謂通俗化  幾百通  幾千通  通つてこれら  政治通  望み通  通つて役僧  二つ通つて  通つて一段  文久通宝子  通鑑綱目史記  使い通しな不都合  一人通つて  冥通  冥通自在  人生通  通つた姿  釧路通  義通  言つた通  資通大弐  高級通俗書  通議  夜間通船  役所通  内地通  昔博通多学  これ浮屠通家説  通リスガリニモ  情報通  一通私  畷道四通  下人二三人召連通候処  警固一通  候口上書一通写し進  トウェルスカヤ通  徳通  河原町通  通ひもあら  宿命通  通歯髪紺青色  通歯  林子平氏三國通覽  此二通  三國通覽  三國通覽  一通片附  百数十通  通褒  内本町通  安土町通  神田町通  京橋通  島町通  指図通  南裏通  近島通  受取一通  日日通  通りすぎてしまつた後  通つて活用  通釈  通人通家  通譯官等  通ッテ居ルソウジャナイカ  何百通  若狭守通宗朝臣女子達歌合  琉共通  興津右兵衛景通  景通  右兵衛景通  通つて歸  通つて首里  糸滿通  琉球通  落語通  通らせん  通つた時斜め  暁通  牛込通  震災後通寺町  完通  通つた文科志望  西洋文学通  皆サンモ知ッテイル通リ  レバ分ル通リ  ざつと二十通  ざつと六十通  透き通つて底  通身  通つた香水  仏通寺  列通  通つて皆  三通手紙  通中  今度通つた念場  燈臺通  通つた紀行  通つた韻律  通つて此處  関白忠通卿  忠通卿  少納言通憲入道信西  関白忠通  兄忠通  忠通自身  関白藤原忠通卿  衣通  さきごろ関白忠通  通門票  通讀玩索  歯医者通  惡所通  列座具通  具通  音通  金沢通  一通筋  東京通船株式会社  御池通  十五通  東仲通鳥屋末広  神田電車通  築地二丁目電車通  三十間堀河岸通  東仲通  采女町河岸通  表通下駄  瓦町電車通  神田一ツ橋通三才社  夜銀座通草市  薄暮合引橋河岸通  明石町海岸通  新宿通  東仲通末広  日本橋通泥濘殆歩み  麻布十番通  飯倉通  相撲通尾崎士郎氏  市兵衛町表通宮内省御用邸塀外  東仲通支那雑貨店  銀座通煉瓦地五十年祭  銀座通歳晩  一度通  五百通  三百三十六通  五十二通  燻製通  通つた煩悶  それ一通  十回通  二十回通  夜通  小鳥通  五十八回通つた揚句一年  右二通  市内海岸通二丁目四十一番地四角  市内海岸通  モウ一通  自由円通  円通融合  置候一通  通つて奥の院  希望通  麹町三番町通  まま東通  東通  ころ東通  長町通  ゴーテルス通  一一・四〇横通岳  通つた辻  刻通つた  通つて冷いか  通大儀  通つた流行唄  ころ通油町  漢文一通  二千通  文学通  通的  朱実かお通  通的性格  通ぶつ  五六年前前夫通武  通武  夫通武  夫通武存命  父通武  風通御召  其国四通  ば通譯外交  通譯外交  九通目  毎日平均二通  平均三通  手紙六通  ばあちゃん二通  二通おかけ  戸籍謄本壱通領置  一ト通  うち通つて  通つた維新前  通つた一人  通つた不思議  曾我通  味噌通  丘英通  丘英通小倉金之助  通ッぺね  海水通  一日何通  綸旨二通  今西忠通君  呉松路通インタナショナル理髪館  電信三通  大食通  通すじ  福岡通町  始終通つて  シク通ゼザルガ如キ嫌ナキニ  佐渡通  日本橋通壱丁目  古書通  十日付一通  以上三通  手紙十二通  今十二通  眼ふきふき一通  玉章一通  背負つた学校通  一通手紙  通つてフランス語  北海道通  手紙二通  上方落語通  音羽通  鈴木政通小堀  通つてさつき  通理  八百七十通  僧智通  智通  沼辺通  隠居通議  二十通位  前後十九通  通つて往つた  通つて作文問題  作つて通つて行  時銀座通  富士川通船  江戸川通  通つて四つ角  普賢寺関白近衛基通  土御門通親  通親  内大臣通親  子久我通具  通光  源通親  源通具  通親・通具父子  通具  弟通光  近衛基通  日向守通憲  通術  通つた水  所謂ロシア通  ただ何時通つて  文芸通  如く通つて  通つてセッセ  二百通  三百通  通つて座禪  通つて歸つて來  通つた幼稚園  通つて倉  通つた紙  七通讀者  通つた人々  近衛尚通  蝦夷通  通つてしまつた後  通ひで夜  河原通  みんな映画通  乗合通  四度通つて一人  通つて貰  通寶  其流通高  通寶一文  通つて研究  通つた年限  通つて勉強  云つて學校通  通つたつて無駄  其共通  いつか通  まま銀座通  一年あまり毎日通  通つた人物  二回通つて  清通丸  乘つて東京通  通信八十八通  通つた件ん  通遂二本意一候事一日千秋  通つた市場  通つた時分  透き通つた硝子張り  往き通  フザけた通  十通め  通ヘイ  一二回四通  四回四通  秋笹正之輔記録四通  予審終結決定十二通三部  一通アリ  ほか一通二通  四通九月分  四通計  夜前申合候通  通書  通右十二月四日長崎本はか  約定申上候通  当時私ハ京都三条通河原町一丁下ル車道酢屋  一通申上候  四条通室町上ル西側沢屋  公判調書二通  三四通前  せんだって通掛り  書附二三通  風通小紋  湯通  一通同封  どこそこ通  山岳通マクブリッジ君  人ッ子一人通ろう  燈大通  一通余計  一通かく  素人通  通ふしだら  大分通  新古細句銀座通  江戸通志  室町通  息通  手紙一通  其妹衣通媛  弄戯つて通  消長窮通  思つて通  透き通つた声  大谷本願寺由緒通鑑  京大書記松山義通君  便所通ひも出來  便所通  ベートーヴェン通  ゃる通  平常通  以前之通  神通  魂曾都毘古衣通  郎女衣通  通つた戯曲  申上候通  今通つて來  藤州通善寺尼智首  通つてさ  先づ通  通つて田舎  言つて通つて  印刷所通  通つた日本  ため一週一度づつ通  玉章一通足もと  通つた四十許  通つた罵倒  六十何通  世間通  通處  濡れ通つたの  音信一通  青森三通  世間通途  丸通便  畑通  通ふよ  命令通  通つて土手  今しがた一通  菅原通済氏  通済氏  雀通  宸筆文書一通  菅原通済氏所蔵  八十通  摂政忠通  長男通盛  海路一切通ゼズ  一芸万能ニ通ズ  傍ラ絵筆ニ通ズ  傍通二絵事一  書状十六通  一通一通  十六通  千余通  街桜雲秋信先通両行燈影是  ぺえ通つて  通つた俺  通つて下  白晝大通  堀割づたいに曳舟通  七分通  通つた後二三十分  通五八番地  手紙数通  



前後の言葉をピックアップ
ツインガレラ  ツインキ  ツインコタ  ツインコタ・ホテル  ツイーッ    つう  ツウィングリ  ツウィード  痛飲


動詞をランダムでピックアップ
落ち合うまぶさわきあが断ろ取り次ごこいのびあがるかしきり廻らす握り潰し給するたのん追い払っえっ祭れ仕出さ燻んもちあげる飛立ち会わす
形容詞をランダムでピックアップ
騒がしいあしく口汚堪えがたきかなしけれ清々しい不味かっ見にくい手早かっさかしいくさ虚しけれ耳遠く冷た蒼白かっ歯がゆいくわしかろ疾しかゆう美味い