「透きとおっ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 透きとおっ[動詞]
日ざしに、透きとおっ  ように透きとおっ  前には、透きとおっ  木目が透きとおっ  碧い透きとおっ  空気は透きとおっ  形もない、透きとおっ  皮肉とも、媚びともつかぬ透きとおっ  土色に透きとおっ  ように仰向きになって懸っていて、まるで透きとおっ  ものが、ほの紅く透きとおっ  水は、透きとおっ  窓硝子一パイになって透きとおっ  日光に透きとおっ  なかは透きとおっ  太陽はその透きとおっ  ように真白く透きとおっ  肉付と、白く透きとおっ  静脈が青く透きとおっ  西洋皿と、透きとおっ  色まで透きとおっ  胃袋は透きとおっ  少女の、透きとおっ  終日ギイキリキリと啼いて遊び、時にはその透きとおっ  顎を乗せて、その透きとおっ  満月が沈みかかり、青い透きとおっ  立派な透きとおっ  空っぽであれば、透きとおっ  蒼々と透きとおっ  中が次第に透きとおっ  女ではないかと思えるほどに、しんしんと透きとおっ  表が透きとおっ  腕釧も透きとおっ  頭を撫でながら、弱々しい透きとおっ  



前後の言葉をピックアップ
スキッキ  スキップ  透通  すきとおっ  透通っ  透き通っ  透きとおら  すきとおら  透き通ら  すきとおり


動詞をランダムでピックアップ
焼こ芽立と匿い縋れよ世帯染みおしやはしゃげぬれるかきのこしむける聞こ遂げれかたし歌お奉ず名乗れ朽果て考えれ休まっうちきる
形容詞をランダムでピックアップ
小さかっ手堅いじつなこぐら事々しき寒々しい手ぬるしたらし怪しかっやすくっ歯痒かっ疎き細長く人恋しかっ厚かっはしこい快き新しからあつかましく