「逆上せ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 逆上せ[動詞]
何だかもうカッと逆上せ  のかと思うと、カッと逆上せ  気が逆上せ  双方の逆上せ  事にばかりカッと逆上せ  ッこを仕過ぎて逆上せ  玉を抱いた逆上せ  庄も少し逆上せ  安火に逆上せ  何うして逆上せ  具合に逆上せ  波は押し寄せて、逆上せ  火にすこし逆上せ  程に、逆上せ  年期を増すなんて逆上せ  当時は逆上せ  為に逆上せ  彼女はすこし逆上せ  事で逆上せ  赫と逆上せ  頭脳がカッと逆上せ  湯上りのすこし逆上せ  ブルブルッとふるえあがり、青白く逆上せ  なんだなすこうし逆上せ  ような、逆上せ  楯もたまらないほどに逆上せ  いくら貴女が逆上せ  君もその逆上せて逆上せ  急に暑くなったんで逆上せ  おかみさん、さう逆上せ  彼は逆上せ  人気が立つと、逆上せ  から熱が出て、逆上せ  一時に逆上せ  何度も這入って逆上せ  甚七も少しく取り逆上せ  変に逆上せ  歓喜に、いよいよ逆上せ  勘蔵はもう逆上せ  から、逆上せ  基で、もう逆上せ  せいでちっと取り逆上せ  女ふたりに云い込められて、逆上せ  彼等は少しく逆上せ  彼は少し逆上せ  時に、逆上せ  一時にかつと逆上せ  些と逆上せ  頃少し逆上せ  叔父はもう逆上せ  ものですが、あくまでも逆上せ  頭が逆上せ  位に逆上せ  膝頭が少し出ていても合そうとも仕ない、見ると逆上せ  顔中がカッと逆上せ  顔だけは逆上せ  カアッと逆上せ  カーツと逆上せ  風もなく、逆上せ  頼母は、逆上せ  方はさして逆上せ  左らでも逆上せ  清吉はもう逆上せ  意見は、逆上せ  こっちも少し逆上せ  いつになく逆上せ  木樵がすっかり逆上せ  ものは逆上せ  それを聴くと、またかっと逆上せ  胸がおどって少し逆上せ  ッと逆上せ  ツと逆上せ  赤に逆上せ  煩悶に逆上せ  車百合赤く逆上せ  あたりほんのりと、逆上せ  お湯に逆上せ  



前後の言葉をピックアップ
ノボォーシビルスク  ノボオシビルクス  ノボオシビルスク  ノボシビリスク  上せ  上せよ  ノボセ  のぼせ  のぼせあが  のぼせあがっ


動詞をランダムでピックアップ
間にあい取次ぎゃ見届けんひもとき掛け合っ汚しそそぎこむ誘いかける直ろ勤めよ掻き口説い匂わしふりはなしなぐさめん広まねれる足す黒めうなづける見縊る
形容詞をランダムでピックアップ
ものさびしくがまん強く敢なききみわる羨ましから熱し凄かろ名だかい珍しかろいかめしきむつまじきにくらしく暗から厚から生じろき熱っぽく珍しから草深く色濃ものすごかっ