「送り」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 送り[動詞]
これを送り  生活を送り  自動車で送り  うぶ手製りて送り  鮹壺雲丹を送り  日を送り  鐘の音に送り  余を送り  さを送り  山を送り  東京に送り  所へ送り  私にお送り  何れ私から花輪を送り  慰問袋を送り  やうな光りを送り  世界へ送り  何回でも送り  視線を送り  人見が送り  工場へ送り  生涯を送り  秀色を送り  どこへ送り  収容自動車を送り  杖を送り  菓子を送り  年を送り  日々を送り  祝福を送り  一週間を送り  少年時代を送り  生活になぐさめを送り  停車場まで送り  写真を撮って送り  ことを申して送り  雑誌は送り  ところに送り  あなたと江馬様に送り  感想を書いて送り  微笑を送り  ありったけのぜにで買って送り  から、そしたら、送り  事しても送り  交換船で送り  女性はどうなって世に送り  符号を送り  月日を送り  拍手を送り  処に送り  遠征軍を送り  洞穴まで送り  萬歳と囃し送り  時を送り  濱へ出てみて送り  ハガキを送り  安心かとも思ひましたので、早速書いて送り  前に送り  許へ送り  爆弾等を送り  手紙を送り  候補者なんか送り  それに送り  人を送り  感化院へ送り  ところへ送り  遠島船へまで送り  狸を送り  読者に送り  東京へ送り  柳橋まで送り  静かな生活を送り  京都に送り  土工を送り  安穏に送り  もとに送り  ひとして送り  停車場に送り  出入なければ何卒至急御送り  生物を送り  地に送り  短かく送り  門まで送り  南洋へ送り  精霊を送り  大学へ送り  射撃を送り  日本に送り  遠方に送り  手許に送り  牧塲に送り  辺居へ送り  歳を送り  いつまでも安次を送り  小包郵便で送り  小包郵便などで送り  一夜を送り  数日を送り  声援を送り  首途を送り  人に送り  豊橋へ送り  言ひ送り  珊瑚を送り  訴状を送り  家に送り  義盛に送り  二人を送り  日夕を送り  ナガシメを送り  やつてみたが送り  余命を送り  もっと多くを送り  陽気に送り  そこまで送り  処まで送り  履歴書を送り  そのまま通信で送り  一冊を添えて送り  原稿を送り  人すべてに送り  本館病院へ送り  長安へ送り  おれに送り  恋文を送り  流眄を送り  軍を送り  今あなたを送り  ヘラルド新聞に送り  本国に送り  から捜索隊を送り  馬に乗せて送り  牢獄生活を送り  女子学習院に送り  ば報告書に作りて送り  礼して、送り  世を送り  上海で送り  樂しき月日を送り  玄関まで送り  霧に送り  印に御送り  短篇を送り  移民を送り  日の送り  挨拶を送り  都へ送り  ほうで送り  悲しみで送り  御座所まで送り  秋を送り  此つば肥前より送り  此儀ハ別紙松井周助兄まで送り  さくら一盛り迎へ送り  刑期を送り  日本へ送り  火葬国へ送り  家まで送り  一生を送り  先方まで送り  玄徳へ送り  賞状を送り  荊州へお送り  漢中に送り  それを送り  魏へ送り  孔明へ送り  客船まで送り  もとへ送り  霊魂を送り  会釈を送り  符號を付して送り  最近友人に送り  誠太郎を送り  句空に送り  クージカは送り  早馬でいい送り  矢を送り  賀使を送り  陣営へ送り  幕府へ送り  陣に送り  人質に送り  密使を送り  使者を送り  書簡を送り  眼つきを送り  晩年を送り  お前を送り  戦地へ送り  手記を送り  客を送り  嫁さんより送り  中を送り  妹を送り  市場に送り  姫路へ送り  雑誌などが送り  そ罐詰で送り  外務省に送り  聖書を送り  蟄居生活を送り  地球へ送り  君たちを送り  海上生活を送り  願書とを送り  雛を送り  海に送り  川筋へ、送り  要害ラズモルに送り  四五日おきに送り  風を送り  國に送り  良人を送り  家へ送り  我の送り  一游亭を送り  碑拓一枚を送り  上海から米國に送り  福を送り  一夏を送り  何か送り  援軍を送り  好意で送り  一冬を送り  一瞥を送り  何うか送り  娘達を送り  種を送り  記念として送り  学校まで送り  わたしを送り  クラブまで送り  警視庁へ送り  お客さんを送り  ほとりと共に送り  現物を送り  手紙を書いては送り  鳥沢へ送り  色を送り  一緒に御送り  幼時を送り  享け且つ送り  余生を送り  町はずれまで送り  礼を与えて送り  警察署へ送り  疾風を送り  自分を送り  彼処へ送り  秋波を送り  義高を送り  起請文を送り  脅迫状を送り  東京駅へ送り  録って送り  象潟へ送り  パリに送り  農家に送り  某所に送り  田舎へ送り  里子を送り  金を送り  親父に送り  抗議書を送り  佛國に送り  本国へ送り  キッスの送り  内容証明なんぞで送り  南条を送り  再版を送り  門口まで送り  日一日を送り  船底から海水中に送り  三日して送り  お金ちゃんに送り  三年を送り  貨物便で送り  代りに送り  執権貞時へ宛てて送り  右京へ送り  夜ばかりを送り  一つにも、送り  下まで送り  状を送り  船に送り  空気を送り  電流を送り  日常を送り  糸を送り  近畿に送り  キスを送り  眼を送り  いつまで軍勢を送り  ように飛びめぐって送り  人々から、わざわざ送り  自由に送り  東京へ帰ったら、送り  きれいな人形を送り  故郷へ送り  皮を御送り  浅間へ送り  迎へ送り  感触を送り  成東へ送り  昼を送り  いっしょに送り  殿ノ法印まで送り  一代おもしろく送り  脳裡に迎え送り  讃岐へ送り  六波羅まで送り  西園寺家から密使を送り  ほうぼうへ送り  石置き場まで送り  亡骸なりとも送り  侍妾として送り  無事に送り  みちのくに送り  江戸へ送り  船を送り  浦まで送り  冷却水を送り  茨城県磯崎まで、送り  上に送り  尠くとも送り  この世に送り  話を聞くと、送り  砂村へ送り  夜が更けても送り  徳次郎は送り  自宅まで送り  大江へ送り  手紙をつけて送り  笠を傾けて送り  相違なく、これから送り  はい、送り  絞首台に送り  とよ子を送り  しろへ送り  学校へも送り  そこに送り  浄土へ送り  流し目を送り  僕が送り  写真を送り  町家住居で送り  物を送り  目礼を送り  長次郎谷を送り  つて困るが、ともかく、送り  余生を楽しんで送り  農家へ送り  目付二人を送り  年月を送り  書面を送り  毒ガスを送り  犬に送り  棲処へ送り  送り狼だか送り  後ろからついて来ている送り  無人島に送り  口紅がついてますが御送り  波止場に送り  兼吉へ送り  馬大尽を送り  樺太に送り  PhilosophicalMagazineに送り  毎日を送り  接吻を送り  掛聲から掛聲を送り  進物を送り  形は送り  戸際まで送り  小包郵便を以て送り  内地へ送り  碧梧桐に送り  三年もの祇園祭を送り  つけに送り  消息を送り  数日中に送り  はかない人生を送り  何人も送り  手紙すら送り  一衣を送り  異人氏を送り  デビーに送り  母親に送り  一日を送り  手紙を書いて送り  ソサイテーに送り  艶書を送り  アンケートを送り  果を送り  女ふたりを送り  計りに送り  ところにまで送り  數輩彼地へ送り  ものを送り  オレを送り  矢張り正月らしく送り  数週間を送り  ローマで送り  楽しい時間を送り  小包にしてでも送り  戸口に送り  日ばかりを送り  時折り送り  おだやかに送り  女優生活を送り  疎開生活を送り  作品を送り  本寺へぞ送り  方へ送り  速やかに送り  将軍に送り  砦まで送り  目を御送り  六さんを送り  下絵を画いて送り  絶交状を送り  脳髄に送り  有効に送り  手へ送り  茶匠まで送り  軍帽だけが送り  もの歳月を送り  声を送り  断膓亭に送り  荷風全集校正摺を送り  旅亭へ送り  棺を送り  日江戸藝術論印税金を送り  数日前春陽堂に送り  総計金九百六拾参円を送り  百合子の帰るを送り  金五拾円を送り  事務所へ送り  荷物を送り  昨日今日を送り  止度なく送り  前線に送り  戦線に送り  便りを送り  歌舞伎座へ送り  中に送り  やうに嬉しく送り  議会に送り  変圧所に送り  生を送り  感想を送り  一眄を送り  幾日を送り  一報を送り  トーキー映画におさめて送り  怪人城塞へ送り  こっちへ送り  国元へ送り  資金を送り  毒瓦斯を送り  部に送り  シャツ下へきるもの等送り  心のこりなく送り  数が多すぎたので一旦送り  唯研に送り  仏壇を送り  掛布団を送り  新調とを送り  手拭を送り  入会勧誘状を送り  お前に送り  から春着を送り  學界から代表者を送り  ほうへ送り  うしろ姿をみ送り  一緒に送り  柳井まで送り  ことにして送り  近日慰問袋を送り  祝を送り  しりませんが送り  ように送り  浪子に送り  千々岩を送り  づるを送り  さびしき日を送り  十年を送り  別墅に送り  日を待つと言い送り  われを送り  書だも送り  書を送り  何を送り  全快して迎えに来よと言い送り  佐世保に送り  骨を御送り  門に送り  香を送り  外へ送り  柩を送り  曲輪へ送り  大久屋迄送り  提灯で送り  許まで送り  宅へ送り  川岸まで送り  所まで送り  岸まで送り  数年を送り  メッセージを送り  場所まで送り  急だと思ひますが出来たら御送り  掛川氏あてに送り  電報為替にして送り  うちに送り  棟梁を送り  駒込まででも送り  盛り場へ送り  水源地方から雪解水を送り  うちのを使ってください、送り  井底に送り  財布を送り  電波を送り  給料を送り  小包で送り  金一円御送り  見本を送り  漉返しに送り  一円以上三円位まで御送り  手当をして送り  旅人を送り  青年期を送り  空に送り  下宿まで送り  謀叛状を送り  旗を送り  愛欲生活を送り  遠く跫音を送り  事を、いひ送り  感情をそのまま書いて送り  讃辭を送り  神紅盃船に送り  日うつらと送り  世の中を送り  香港に送り  光陰を送り  ものは送り  女なんぞ送り  玉虫を送り  合図を送り  水頭に送り  笛を吹いたり、踊ったりして送り  実印は御送り  ままに送り  蚊帳を送り  暖を送り  秋冷を送り  南風冷を送り  北風暖を送り  国民に送り  ドシドシ同情金が送り  方から送り  お金を送り  柳行李代だけ御送り  学校に送り  ぢ是非御送り  尋候ものから認め送り  それハ薩州に送り  陸奥先生に送り  学院へ送り  お荷物消毒室へ送り  アキリュウスに送り  山中に送り  毒を呑まされ、送り  ルソンに送り  彼処で送り  連日を送り  貧乏で送り  楽しい晩年を送り  邑宰に送り  夢路の暗にあめつちを送り  一日一日を、せめて悔いなく送り  宿まで送り  倫敦へ送り  アノ顔形を送り  文意を送り  心で送り  湯ヶ原まで送り  淋びしい溪間に送り  皇女を送り  しまつたからあたしを送り  ぺりと世を送り  営門まで送り  手元へ送り  雲を送り  玄関へ送り  眼角へ送り  今日この頃は送り  仍つて其除書を送り  一日一日を送り  中から三十首を選んで送り  将軍家に送り  鎌倉へ送り  燈台まで送り  三日四日のほどを安く送り  必要品を送り  丸へ送り  明日にも送り  礼を送り  其門に送り  岐に送り  辻まで送り  から今日はわざと直ぐ送り  伯母さんとこに送り  変質させて送り  一代を送り  嘉門を送り  タルバガタイに送り  カシガル方向より送り  牢へ送り  胃の腑に送り  絵を作り上げて送り  都で送り  海外へ送り  旅に送り  民を送り  咸臨丸で送り  助郷加宿にも送り  泊まり宿へ送り  今日を送り  友人に送り  彼等われらに送り  ルッカに送り  伯父を送り  「秘密」に送り  満載されて送り  微苦笑を送り  文を送り  笑みを送り  雨を送り  石黒が送り  判を押して、わざわざ送り  女の一生を送り  親許へ送り  涼ましに送り  一斉に送り  目まぜをじっと送り  笑顔を送り  図を送り  目まぜを送り  小夜子サンを送り  歳月を送り  天に送り  育児院に送り  戦場に送り  裡に送り  金を御送り  太守に送り  階下に送り  彼女を送り  匂いを吹き送り  都に送り  私に送り  賄賂を送り  公文を送り  二氏が送り  制作のみに送り  大作を世に送り  許に送り  喝采を送り  歌がるたを頼みけるに疾く送り  宿に送り  留守宅へ送り  別れた妻子に送り  ひとに書いて送り  島々を迎えては送り  田園で送り  通信を送り  歓呼を送り  伯爵にあてて送り  ロンドン郊外に送るともなく送り  一二日中に送り  一つも送り  便覧すぐ送り  支那便覧をつけて送り  とき真先に送り  家へいくらか送り  九州へ送り  帝大へ送り  不要品整理で送り  夏は送り  しずかに送り  のだけでもお送り  林町から二人へ送り  たっぷり見て送り  そちらへ送り  袋を送り  日を迎え送り  興味がおありになるでしょうか、もしおありになるなら送り  六巻はまた続けて送り  島田へも送り  ようならすぐ送り  座蒲団などを送り  直かに送り  小包を送り  友達に送り  一人だけ送り  時みつけて送り  それに入れかえて送り  処女で送り  夢うつつの境に送り  處女にて送り  未決監に送り  旨言い送り  朝夕を送り  ようにして送り  隆治さんにも送り  包みを送り  お供早速送り  本だけ巻いて送り  本だけを、ではすぐ送り  ことをたのんで送り  雑誌三四種とりまぜ送り  荷を送り  シャボン又送り  のを送り  舌を送り  団子坂に送り  其別冊数部を送り  独逸へ送り  志を送り  香奠を送り  十五年ちかくも送り  生々としたそよぎを送り  封緘一緒に送り  荷をすこし送り  隆ちゃんにも送り  クライフはすぐ送り  家具を送り  毎日が送り  残念と思い送り  明日小包こしらえて送り  二包として送り  事をしても送り  国へ少し送り  銭で買って送り  生田氏より送り  地へ送り  車にて送り  のを、送り  瓦町まで送り  月日を相送り  恋の日を送り  盛岡へ送り  波に送り  近所まで送り  僧を送り  拜啓別紙山彦評森田白楊より送り  日暖かい日を送り  十娘を送り  松茸一籠を送り  戸板にのせて送り  神奈川迄送り  手紙願わくは送り  手紙十二通を送り  われに送り  正月五日御地より送り  夜を送り  振出人に送り  舎弟に送り  胃に送り  精神生活を送り  歳暮を送り  字病院へ送り  一巻のみ送り  大阪駅に送り  ウヰンクを送り  空へ送り  

名詞

送り[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
送りのお供をしろ  送りをしてしまいましたが  送りかえしてやれば  送りに来た  送りに来ていてくれた  送りをなして  送りにいった  送りに来ていた  送りに出ると  送りの灯は思い思いに帰っていた  送りに出る  送りにつづいて  送りに来たのに  送りに出た  送りの操作に時間がかかる  送りに来てくれる  送りに出かけて行って  送りに立った  送りの同心もつい貰い泣きをする  送りに出て来た  送りに行くと言いだしたんで  送りを致しました  送りも済ませてしまい  送りを済ませましたが  送り被レ遣  送りに対して用いられるとすれば  送りの式をせぬと  送りをする  送りに行って来る  送りかへす  送りの提灯に蝋燭を入れた  送りに行った  送りに行つてまだ戻らんがな  送りにいく  送りのさまざまな行事がとり行われている  送り向えを気持よくして  送りに行っていた  送りに行つてゐた  送りも滞り  送りをすませたという  送りがすんでから乾分をつれて  送りのすんだ  送り申そうかと考えましたが  送りも見ず  送りに来ている  送りに出ました  送りというものを済ました  送りに行つて来なければならない  送り帰らせて下さるに  送りかえしてもらった  送り来ったこともあり  送り来ったことすらある  送りをかけて  送りに行ったら  送りをしたので  送りさせてしんぜようと  送りに来なかったという  送りがてら  送りにも行き  送りに停車場へかけつけた  送りに立ったと云うだけの  送りの女が一人出来た  送りに降りた  送りに帰って来るだろうとの  送りの客を顧みましたが  送りをもって来た  送りを兼ねて  送りに來たのかなどと問ひ出した  送りになったとか  送りの燭灯百千は櫻とて天童かざす  送りにでた  送りをすませた  送りに来て  送りにかかった  送りにゆきましょう  送りにゆく  送りに來てくれたら  送り被二仰  送りしてみます  送りて遣るべしとて  送りに行って  送りに出て  送りをくれておいて  

~ 送り[名詞]1
野辺の送りの  野辺の送りを  あっちへ送りか  三人で送りに  空港へ送りに  空港まで送りに  レイモンド・カアイラウを送りに  幾年をか送り  そこへ送りに  兵を送りに  千浪が送りに  城門外まで送りに  追い込みや送りの  人が送りに  私も送りに  庵を送りに  ところへ送り送り  ステーションに送りに  停車場まで送りに  のを送りに  門口まで送りに  野辺の送りも  私を送りに  時を送りに  そこまで送りに  出版屋まで送りか  女中は送りの  波止場に送りに  ぶつて送りに  暑中休暇を送りに  妻子を送りに  一夏を送りに  方から送りに  朝夕の送り  駅へ送りに  夏を送りに  河原まで送りに  野辺の送りが  プラットフォームに立って送りに  主膳を送りに  野辺の送りという  上野迄送りに  道へ送り  私を送りの  阪本月輪院から送り  黄金二切を添えて送り  野べ送り  フト旋盤に送りを  皆を送りに  野べの送りを  野べの送り  停車場へ送りに  大津まで送りが  時には送りにも  姉達を送りに  依田さんを送りに  寿平次を送りに  日を送りに  杉本医師を送りに  野べ送りの  守一を送りが  彼を送りに  巴屋の送りを  迎へと送りを  喜びに送りの  クリスマスを送りに  栄を送りに  今朝は送りにだけ  横浜まで送りに  咲枝が送りが  風を送りに  敷台へ送りに  玄関まで送りに  帽子を取ると送りに  お伴をして送りに  ひとたちを送りが  草して送り  人を送りに  さっき寿江子を送りが  らば送りて  新橋へ送りに  主人は送りに  道糸に送りを  夏休みを送りに  

~ 送り[名詞]2
次第に送り  もしも送り  恐らく送り  楽しく送り  ことごとく送り  

複合名詞
野送り  野辺送り  其日送り  荷物繼ぎ送り往還通り宿  雛送り  送り手  送り物  疫病送り  送り言葉  海苔一ふくろ送り給  精靈樣送り  送り提燈  一月送り  行送り機能  行送り  みずから送り  次項送り  日送り  島送り  送り帳  船送り  送り船  送り同心もろ  送り同心  送り役人  熊送り  送り込  鰺送り  送りさき  送り山  送り山和賀郡小山田村  送り來  送り願上候  検事局送り  月送り  神送り  田の神送り  七夕送り  送り正月  送り祭  人形送り  サバエ送り  燈籠送り  仏送り  精霊送り  送り迎  送り銭  為送り  邪気送り  疫神送り  停車場送り  送り仮名  送り申  渡世相送り候  送り申上候  鞠送り  棟梁送り  捕虜すべて都送り  隠岐送り  流人送り  六波羅送り  先帝島送り  送り居候  送り石  送り旗  地蔵送り  送り度い  東目送り  地方送り  送り出たま  江戸送り  門送り  風の神送り  送り祭り  登和嬢送り  送り人形  伝馬送り  獄門送り  御輿送り  病院送り  駒込送り  青竹送り筒  次第送り  入荷出荷とも付送り  付送り  送り荷  八沢送り  送り人足  警視庁送り  裁判所送り  佐渡送り  送りよう  遠島送り  送り文  送り神  蟲送り  恙虫送り  当時送り  アッコオバチャン送り  送りタル写也  送り愚兄ニハ小弟  送りもの  聖靈送り  送り化  送りきし  送り玉  



前後の言葉をピックアップ
オクラブチ  オクラホマ  送り込ん  おくり  贈り  送り  送りださ  送り狼  送り返さ  送り返し


動詞をランダムでピックアップ
突き刺さ巻込みはりきる振るう捌け折り返し浮かすかねきまろ突っ走ろおわれ振る舞っ間違えれ話し当りせせら悦に入っ浮かぶ避ける申出ろ
形容詞をランダムでピックアップ
毒々しく分別らしいものすごく馬鹿らしいかつく黒く口ぎたなかっ汚らしかっつつましみよい畏れ多く物凄臭ういさましくばからしまず暑苦しくやわう旨い生々しき