「送ら」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 送ら[動詞]
毒を送ら  夜を送ら  世を送ら  つたのやら送ら  文を送ら  京に送ら  和歌を送ら  歌を送ら  返事にそえて送ら  ちやんに送ら  監獄へ送ら  光一に送ら  拍手に送ら  板橋まで送ら  善藏に送ら  微笑とに送ら  西市まで送ら  人達にのみ送ら  君に送ら  一緒に送ら  人を送ら  千葉に送ら  風に送ら  声に送ら  信号が送ら  寄宿学校に送ら  言葉を送ら  私に送ら  子分たちに送ら  記者によって、送ら  タクマ少年に送ら  人見には送ら  江戸に送ら  細工に送ら  ようにして迎えられ送ら  砧うつ声風に送ら  日を送ら  音に送ら  踰えて送ら  白雲に送ら  治左衛門に送ら  學士に送ら  南アメリカから、送ら  札幌へ送ら  さで送ら  郷へまでは、送ら  花に埋まって送ら  一生を送ら  人生を送ら  月日を送ら  叡山へ送ら  途中まで送ら  徳島刑務所へ送ら  抵抗運動宛てに送ら  刑務所へ送ら  病院に送ら  勤勉に正しく送ら  時にかいて送ら  母に送ら  議員に送ら  ファクシミリに送ら  川守りをしながら送ら  辺まで送ら  生涯を送ら  前線へ送ら  船島へ送ら  失意に送ら  中で送ら  枝を送ら  松沢へ送ら  金を送ら  拍手を送ら  海風に送ら  下から風に送ら  連名にして送ら  菊に送ら  飛行場へ送ら  事変で、こつちへ送ら  三氏に送ら  メロディーが送ら  前線に送ら  作家が送ら  牢屋にまで送ら  提灯つけて送ら  現役を送ら  手許に送ら  首途を送ら  磧まで送ら  佐太郎に送ら  お前に送ら  後登志に送ら  自動車で送ら  ここへ送ら  馬車を送ら  静かな生活を送ら  微笑に送ら  病気賜暇願いを送ら  妹すみ子に送ら  流れに送ら  子に送ら  其處に送ら  ところへ送ら  地獄へ送ら  秘書課から合宿所宛に送ら  日章旗に送ら  新聞が送ら  声援に送ら  順々に送ら  日が送ら  ナウカ社ニュースが送ら  アンケートが送ら  獄に送ら  ヴァッヘルを送ら  癲狂院に送ら  友人に送ら  浜まで送ら  編輯局に送ら  奈々子宛に送ら  香港から飛行機で送ら  もとへ送ら  扉口まで送ら  船は送ら  宿に送ら  防人として送ら  言葉に送ら  慰問品を送ら  上野まで送ら  方へ送ら  母親に送ら  詫び手紙をさえ書いて送ら  籍を送ら  海軍監獄へ送ら  一枚の写真も送ら  王藏に送ら  滋養物を絶えず送ら  香料を送ら  ここまで送ら  名物が送ら  寮に送ら  十數年を送ら  粕漬でも送ら  下屋敷へ送ら  与助に送ら  大勢に送ら  ここに送ら  編輯室から風に送ら  嬌声に送ら  親里へ送ら  視線に送ら  電光に颯と送ら  人に送ら  雑色などに送ら  せきを送ら  次郎に送ら  瘋癲院へ送ら  忠実であるかどうかを試さんとして、送ら  うまい工合に吹き送ら  あさひ自身、送ったり送ら  インドに送ら  便船で送ら  凱歌に送ら  安楽に送ら  兵庫屋へ送ら  郵便で送ら  へんまで送ら  順繰りに送ら  路上まで送ら  ようにして送ら  コピーが送ら  文章には、送ら  卒業後、送ら  ボイジャーに送ら  かけらが送ら  まま各地に送ら  こっちへ送ら  水中超音波とで送ら  兵糧を送ら  ほうへ送ら  留学生を送ら  江戸へ送ら  関東へ送ら  車で送ら  父母兄弟に送ら  女工に送ら  微風に送ら  ため、送ら  札を巻きこんで送ら  どこに行くのにも送ら  戦地へ送ら  本を送ら  寝室へ送ら  尼たちであるが、送ら  御膳料を送ら  手紙を送ら  返事を送ら  国元から金を送ら  楼閣に迎えられ、送ら  勤労婦人が送ら  頻々と送ら  都会に向かって送ら  方へと送ら  日本全国からイヤというほど送ら  チフリスへ送ら  大衆から彼に送ら  余生を送ら  ようなら、もうこれから送ら  ところからそれはいっそうのろのろと押し送ら  本城へ送ら  鼓声に送ら  ホテリングに送ら  寺へ送ら  樽詰にして送ら  下総へ送ら  裁判所へ送ら  囚人が送ら  生活を送ら  東京監獄へ送ら  まま大学へ送ら  質子も送ら  先へ送ら  短篇を送ら  監獄に送ら  女中に送ら  車にて送ら  西風に送ら  孔明から餞別に送ら  有意義に送ら  無電によって送ら  信号も送ら  後陣へ送ら  後方へ送ら  プリゾン・ド・ラ・サンテに送ら  サンテ監獄に送ら  差入物を送ら  巡査に送ら  どこへどう送ら  ほうに送ら  人々に送ら  兵馬は続々送ら  市場にまで送ら  そこまで送ら  青年文学者島野黄昏に送ら  秋本に送ら  八重に送ら  二人に送ら  園田さんに送ら  晩神山に送ら  県市へ送ら  日夕を送ら  洛陽へ送ら  なかに送ら  ただちに警察庁へ送ら  自動車にて送ら  書面を送ら  病院へ送ら  油絵とが送ら  町会所へ送ら  木村から葉子に送ら  時を送ら  大崎まで送ら  約束をしてまだ送ら  ひそかに送ら  小包が送ら  支障なく送ら  涼しい風に送ら  果實は送ら  背後を、吹かれ、送ら  天國に送ら  笑声に送ら  小遣いなんか送ら  愛を送ら  町人たちに送ら  万年筆を時々まとめて送ら  精神科へ送ら  あなたは送ら  背を以て送ら  同行をもとめ、送ら  ちがいで、共に送ら  初秋に送ら  刈入が終ると、送ら  七島へ送ら  市ヶ谷刑務所に送ら  まま巣鴨拘置所に送ら  一夜を送ら  ほんとうに有益に、正しく送ら  絞首台へ送ら  聖路加病院へ送ら  本部経由で送ら  横浜まで送ら  渤海國に送ら  増に送ら  家へ送ら  牛小屋なんぞへ送ら  原稿が送ら  避病院へ送ら  山形へ送ら  林町に送ら  ボアシャン塔に送ら  二三度顛狂院に送ら  安気に送ら  ものは送ら  小屋へ送ら  写真は送ら  兵力が送ら  江戸表へ送ら  泣きながら川崎辺まで送ら  三人は送ら  縄を戴き、送ら  北牧へ送ら  炭荷を送ら  外地へ送ら  上にのせて置きたくて、到頭送ら  新宿近くまで送ら  家から餞別に送ら  句に送ら  敏子に送ら  村上に送ら  中へ送ら  運命に送ら  孤児院に送ら  娘に送ら  徒刑場に送ら  行列が押し送ら  嫌疑者として送ら  郡立刑務所へ送ら  人質に送ら  与兵衛に送ら  合図を送ら  法廷に送ら  主人に送ら  絞首台へ送られるか送ら  氏に送ら  玄関まで送ら  風だけに送ら  翌朝知縣に送ら  翌朝知県に送ら  三日四日に繰送ら  音頭に送ら  一日を送ら  固定給も送ら  サインを送ら  妻に送ら  花束が送ら  証書が送ら  美術学校へ送ら  手紙が送ら  間に送ら  誰か送ら  塩を送ら  旅行先へも送ら  屋敷まで送ら  牢へ送ら  脇して送ら  屋敷へ送ら  精神病院に送ら  掌に送ら  船を送ら  言葉も送ら  ときに送ら  見世へ送ら  いま箱提灯に送ら  楼へ送ら  私を送ら  巣鴨へ送ら  仁川に送ら  警察に送ら  養育院へでも送ら  天津に送ら  旅路を送ら  ヨーロッパから労働者が送ら  つて一生を送ら  大阪から東京へ送ら  遠く東京へ送ら  尼寺で送ら  涼風を送ら  生活が送ら  ほとりに吹き送ら  朝、熟れて、摘まれて、送ら  どこかへ送ら  弁公とに送ら  荷物が送ら  横浜へ送ら  微笑をもって送ら  冊子を送ら  戦場に送ら  主膳を送ら  風先生より送ら  者に送ら  紅足馬さんに送ら  つて、送ら  介さんに送ら  タクシーで送ら  世に送ら  生を送ら  さらに送ら  伊東に送ら  検事局に送ら  直ちに検事局に送ら  検事局へ送ら  豊多摩監獄に送ら  当局へ送ら  馬車などで送ら  鎌倉に送ら  鎌倉へ送ら  落葉が送ら  六波羅へ送ら  国へ物々しく送ら  東海道筋から塩を送ら  京城に送ら  電波が送ら  兵五人ほど添えて、送ら  潜情に向けて送ら  土佐の国へ送ら  四国へ送ら  武士に送ら  停留場まで送ら  下女とに送ら  藤子に送ら  手に送ら  何不自由なしに送ら  君を送ら  同職に送ら  かごに詰められて送ら  日々を送ら  のは、送ら  地上を送ら  駅まで送ら  全然報告を送ら  復一に送ら  貨幣を送ら  庄へ送ら  おしで送ら  朗らかに笑い送ら  道程だつたが、送ら  島へ送ら  和氏宛てに、送ら  部下をして送ら  手の者に送ら  駕籠で送ら  八丈島へ送ら  宿まで送ら  下へ送ら  すつかり送ら  番屋へ送ら  人達に送ら  駕籠屋に送ら  伝馬町へ送ら  河内屋まで送ら  駕籠に送ら  大番屋へ送ら  魚見堂まで送ら  菩提寺へ送ら  彼に送ら  女中たちに送ら  順おくりに送ら  これが送ら  神送りに送ら  教え子に送ら  牢屋へ送ら  牢内に送ら  焼き場へ送ら  小僧に送ら  宇兵衛夫婦に送ら  坑中奥深く送ら  火葬場へ送ら  手から手へ送ら  子分に送ら  末寺に送ら  旅所へ送ら  そのまま菩提寺へ送ら  手を通して送ら  肌寒い風に吹き送ら  体へ送ら  刑場へ送ら  吉野へ送ら  九州へも、ひんぴんと送ら  ものは、送ら  着物を送ら  口実を設けては送ら  さかえ、送ら  相応院へ送ら  手燭に送ら  ボンヤリ一生を送ら  精神病院へ送ら  吉原病院へ送ら  のものを送ら  取巻き連中に送ら  闇から闇へ送ら  たしかに闇から闇へ送ら  金が送ら  此處で送ら  サービスガールとなって送ら  国防資金が送ら  代表者を送ら  鎮江へ送ら  松山さんに送ら  父親に送ら  寒い北風に送ら  夢を送ら  あたしを送ら  セント・エルモス・ファイアーに送ら  昔馴染に送ら  質子を送ら  遠くへ質子として送ら  姫路から安土へ送ら  谷風に送ら  秋波を送ら  車に送ら  其声に送ら  長次郎達に送ら  不安なく送ら  見舞に送ら  オーストラリアに送ら  戦場へ送ら  審判室に送ら  ためアムステルダムに送ら  名を以て送ら  老中へ送ら  幼少時代は淋しく送ら  ソーントンに送ら  小遣いを送ら  殿を送ら  一人に送ら  笠神博士から毛沼博士に送ら  方法で送ら  辺に送ら  歓呼に送ら  方に送ら  犬に吠えられたり、送ら  犬に送ら  暴風を送ら  山々から吹き送ら  湖水に送ら  奴等に送ら  セント・エルモの火に送ら  一車を送ら  癲狂院へ送ら  瞳に送ら  手紙であって、送ら  方々へ送ら  軍司令部に送ら  ようだが、さて送ら  碇泊こそしたけれども、送ら  我々において送ら  送り手と、送ら  宿からここへ送ら  梢に送ら  兵営に送ら  養育院へ送ら  奴に送ら  楽にでも送ら  あとから徐行列車で送ら  からときどき吹き送ら  君だけ帰りたければ送ら  歌が送ら  客を送ら  予期どおりに送ら  手紙の送ら  乳母は送ら  消息ではあるが送ら  ほうから葬儀員が送ら  香がなつかしく送ら  どんどん牛が送ら  形は送りつ送ら  今頃、送ら  方も、送ら  送り狼と知りつつ、送ら  駕籠賃なしで送ら  大谷風呂まで、その送ら  ヘ、送ら  送り狼の、送ら  わけにはいかず、一方の送ら  称名に送ら  出征兵が送ら  村人に送ら  大島氏の送ら  手紙は送ら  続きで忍んで送ら  町へ送ら  音がして再び送ら  京から使いが送ら  ためにこうして送ら  死骸になって送ら  返事すら送ら  儀式であったが、送ら  夕風に吹き送ら  恋人へ送ら  薫から手紙の送ら  品川まで送ら  ぐさぬ手紙が送ら  刑務所に送ら  文が送ら  ほうから送ら  傑作を送ら  論説を送ら  色紙に書いて送ら  父に送ら  山荘へ送ら  中将から手紙の送ら  演劇映画界に送ら  青年から壮年へと送ら  手から手へ繋がりあって、送ら  力なく送ら  通信を送ら  奥さんに送ら  友達に送ら  秋波に送ら  伯父さんに送ら  職掌がらいざ送ら  小作人に送ら  山へも送ら  風が送ら  それに送ら  から風に送ら  村葬で送ら  時間を送ら  許に送ら  相愛生活を送ら  私自身としては送ら  街頭から風に送ら  微笑を送ら  機関銃に送ら  女から俥に送ら  入費が送ら  事が書いてあるらしいので、送ら  電線で送ら  戦線へ送ら  越ヶ谷から板橋に送ら  馬頭へ送ら  もの、送ら  働車で送ら  春の山鐘撞いて送ら  長生橋まで送ら  忠彦君に送ら  礫浦まで送ら  風を送ら  伯林へ送ら  土地にも送ら  人々から著述を送ら  成景に送ら  郵税先払いで送ら  全国に送ら  国民戦線が送ら  トンガリ長屋へ送ら  為替で送ら  切火に送ら  均平に送ら  婢に送ら  和尚に送ら  久助に送ら  東京へ送ら  翌日北アメリカへ向けて送ら  名義で送ら  彼から遺書を送ら  遺書の送ら  ンと捻って、送ら  ところに送ら  療養所へ送ら  某々らに送ら  船まで送ら  何時この世に送ら  伯母から見れば送ら  医院へ送ら  それから警察へ送ら  時間が送ら  違つた朝夕がいつともなしに送ら  契つて戸口まで送ら  金は送ら  ステーションまで送ら  もので送ら  箱雪車に送ら  金沢町に送ら  雪車に送ら  山形ホテルに送ら  文章を送ら  座敷牢へでも、送ら  家まで送ら  雑誌などに送ら  歌にこめて送ら  醫者はおきよに送ら  晩年を送ら  歳を送ら  俺に送ら  わたしに送ら  半夜を送ら  英国へ送ら  国境へ送ら  一報を送ら  居地域へ送ら  これを吹き送ら  現場から東京監獄へ送ら  有益に送ら  看守等に送ら  同人に送ら  巣鴨監獄へと送ら  みな巣鴨に送ら  カステラを送ら  一夏を送ら  友に送ら  枢軸国側から拍手喝采を送ら  ひささんに送ら  お金も送ら  少女から青春時代はそうして送ら  狂人病院へ送ら  裏口から火葬場へ送ら  光を送ら  国に、吹き送ら  ために送ら  嫂さんに送ら  骨になって送ら  眠むるべく、はるばると送ら  ブライドに送ら  はがきを送ら  海軍病院に送ら  遠方から騾馬で送ら  謹愼して送ら  牢屋に送ら  総督府から舟で送ら  ジンタに送ら  讃美歌なんかに送ら  阪急御影迄送ら  校長に送ら  白紙で送ら  烈風に送ら  二三時間を送ら  東京に送ら  旅館へ送ら  後から後からと送ら  数連が送ら  守り神送りましょかよ送ら  一同に送ら  刑期を送ら  左衛門などに送ら  六人に送ら  市へ送ら  馬をひかせて送ら  都へ送ら  ボーイを送ら  男を送ら  写真にして送ら  風に吹き送ら  唄もいさましく送ら  反動に送ら  数カ月を送ら  親戚からでも送ら  好意をもって送ら  溜池署からここへ送ら  帝国ホテルに送ら  安南独立党バリー支部へ送ら  村中の人殘らずに送ら  獄へ送ら  友白秋より送ら  館に送ら  内地へ送ら  妹にでも送ら  安らかに送ら  番頭に送ら  男に送ら  停車場まで送ら  下男に送ら  橋まで送ら  胡北へ送ら  白亭夫妻に送ら  解剖に送ら  本棚を造って送ら  地方に送ら  土地に送ら  仲間に送ら  旦那が送ら  シベリヤへ送ら  波とに送ら  若い衆に送ら  上屋敷へ送ら  水族館へ送ら  一坪へ送ら  幾月かを送ら  屠殺場に送ら  いっしょに送ら  警官に送ら  五郎に送ら  教育費が送ら  其波に送ら  ゆかはだなに送ら  一親友たらしめよと、いひ送ら  波に送ら  ままゆかはだなに送ら  方から送ら  少年刑務所へ一応送ら  大野に送ら  絵葉書を送ら  あなたに言ひ送ら  胡瓜でも食べて送ら  養育料は向ふで稼いで送ら  住家に送ら  毎日を送ら  もとに送ら  ひとりさびしく送ら  高遠まで送ら  島から船に積んで送ら  あなた宛に送ら  城からここへ吹き送ら  ものを送ら  書籍近きに送ら  柩を送ら  知友に送ら  本船に送ら  結局美和子に、うまく送ら  言い条どおり十円ずつ送ら  上人を送ら  和歌に送ら  時に泣く泣く送ら  ところへは送ら  綾衣に送ら  客が送ら  三左衛門とに送ら  禿ひとりに送ら  浄閑寺へ送ら  面倒でしたら送ら  死を送ら  長崎へ送ら  仙台へ送ら  本国へ送ら  致命人を送ら  長崎から江戸へ送ら  羅馬へ送ら  懲役に送ら  歳月を送ら  堤を送ら  原口外科病院に送ら  党中央執行委員より送ら  彼等は送ら  誰かに送ら  ニュースで送ら  世を楽しく送ら  死刑台へ送ら  眼に送ら  テルヨさんにながしめでも送ら  女郎として送ら  地方新聞が送ら  一枝に送ら  海岸より吹き送ら  竹を送ら  これを送ら  援兵を送ら  宿屋まで送ら  夫人に送ら  此の世を送ら  誰か付けて送ら  女に送ら  夕つげ鳥に送ら  後方へ送られますが、送ら  どんどん後方へ送ら  しろへ送ら  後へ送ら  そこから八丈島に送ら  真空管で送ら  書簡を送ら  行進に送ら  殊に手紙に添えて、送ら  スケッチを送ら  大学寮へ送ら  上海に送ら  一銭も送ら  1が送ら  千位へ送ら  人に隠れて送ら  づれまで送ら  中に送ら  将軍家に下し送ら  ように送ら  潮に送ら  宿のものに送ら  名産が送ら  地球へ向って送ら  貴様に送ら  辞が送ら  これだけはわざと送ら  海を越えて送ら  盆景が送ら  艶書を送ら  心遣いで送ら  任地に送ら  目に送ら  徒刑地へ送ら  散文生活を送ら  魚が送ら  ざめきだけがとぎれとぎれに風に送ら  行李を送ら  日を楽しく送ら  佐吉に送ら  中にも、送ら  モオリシアスとに送ら  ようにヒソヒソと歩いて送ら  アメリカへ送ら  本が送ら  金は直ぐ送ら  賞讃を送ら  提灯に送ら  これに適しきやをはかり、送ら  地獄に送ら  夫に送ら  隅に送ら  屯所へ送ら  東京裁判所へ送ら  ワルツに送ら  未決監へ送ら  そこへ送ら  ウインチへ送ら  三上に送ら  獄屋へ送ら  祝詞を送ら  戰地へ送ら  拘置所へ送ら  一羽首尾ようして送ら  使者を送ら  小塚ッ原へ送ら  敵地に送ら  札を送ら  折角下男に送ら  シケリアに送ら  姉に送ら  老後を送ら  兄甚三に送ら  船で送ら  手で、送ら  龍ちゃんに送ら  心臓から肺に送ら  全身に送ら  管から酸素が送ら  ため田舎へ送ら  田舎へは送ら  吾輩宛に送ら  塩などを送ら  響に送ら  三関へ送ら  恭二に送ら  汽車二列車に送ら  児をもって、迎えられ送ら  ボーイに送ら  行つて休暇を送ら  長崎より送ら  藩から托してもらって送ら  鳴物に送ら  未決監に送ら  市ヶ谷に送ら  君の送ら  刑場に送ら  議会へ送ら  全部ベンゲットへ送ら  娘松虫に送ら  威張りに送ら  病室へ送ら  書肆へ送ら  数日かなりを、心ゆくまで楽しく送ら  被告は送ら  職場に送ら  隅々に送ら  ロンドンに送ら  安全通行券は送ら  手もとに送ら  宗教裁判に送ら  伯爵からペレズに送ら  ドオヴアに送ら  天使を送ら  使が送ら  御前からただちに絞首台に送ら  ロンドン塔に送ら  ことづても送ら  密使を送ら  檻房に送ら  星法院に送ら  其処に送ら  供物も送ら  田舎へ送ら  のが送ら  巣鴨拘置所へ送ら  ものが送ら  箱が送ら  写真を送ら  消毒所に送ら  中の島監獄へ送ら  今後を人間らしう送ら  有志者長井氏克氏らに送ら  小遣い銭を送ら  ものより送ら  笑い声に送ら  妹へ送ら  のを送ら  地上に送ら  佃煮などを送ら  お国へ送ら  カードを送ら  のに送ら  六月十六日網走刑務所へ送ら  久喜まで送ら  養策に送ら  約束通り一文も送ら  兵九郎に送ら  讃辞を送ら  高原溜へ送ら  国から旅費を送ら  家に送ら  雑誌社に送ら  印刷所へ送ら  離屋へ送ら  何処までも送ら  舊知に送ら  握手に送ら  八五郎に送ら  晩年まで送ら  名で送ら  いつまでも明るい人生を送ら  一本を送ら  手へ送ら  社会に送ら  無為には送ら  都に送ら  腰越へ送ら  毎日が送ら  旅先からも送ら  宗盛へ送ら  ジープに送ら  編集部へ送ら  編集へ送ら  密かに送ら  土車で送ら  本営に送ら  独逸から西比利亜鉄道によって送ら  夢うつつの幾日かを送ら  館まで送ら  家来に送ら  人は送ら  避病院に送ら  朝日新聞社員横川勇次氏を送ら  自宅に送ら  声援が送ら  街道筋を送ら  感化院に送ら  感化院へ送ら  文を写して送ら  浪とに送ら  山小屋に送ら  慶賀を送ら  時先生が送ら  ロンネに送ら  靜かに送ら  書留で送ら  綺麗ごとで送ら  人へ送ら  充實として送ら  施療室へ送ら  イエニーに送ら  素直に送ら  敵から感謝状を送ら  感謝状を送ら  家族に送ら  未決へ送ら  



前後の言葉をピックアップ
奥許し  おくら  おくら  小倉  贈ら  遅らさ  おくらさ  遅らし  おくらし  後らし


動詞をランダムでピックアップ
波立ちおもいとまる削り取り計らっ禿げ揚がる逸り干あがり渡しゃ涙す践み割り当ていならんのりこなさ取り合せはこびこみさがしだしひしめきあっ入れちがいかき鳴らさ
形容詞をランダムでピックアップ
拙うかんだかくあやい見にくい長たらしかっ均しき何気無いまぶしくうらわかいかうば小汚いほの暗いなれなれしいめずらしあしけれ馴れなれしくこわい息苦しくむごたらしき