「送」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 送[動詞]
使ひを送  戦線に送  中戸川を送  いつか丸善で見かけたがまだあつたら送  急に思ひだしたといつて送  癖で、送  らへて送  KSよ、早く送  袷を送  から冬着を送  街まで送  今年を送  生活を送  日を送  樹明君が送  しまつてから、送  わかれ道まで送  づれまで送  停車場まで送  君を送  樹明君を送  許へ送  方へ送  幾度書いて送  相手に送  小池に送  たくさん薬を送  米を送  層雲句稿を送  鈴を送  らはちょうど送  野邊の送  水を送  アメリカから句集代を送  澄太君からルナアル日記を送  岸、送  野辺の送  句集についても、申込んで来たので送  一夜を送  種苗会社から見本を送  タクシーで送  ものを送  指月堂君へ送  行を送  自分に送  時を送  東京駅まで送  君は送  女は送  品川まで送  うちに送  父から學資を送  ソロリソロリと送  赤羽巖穴に送  新聞を送  受取つて落合火葬場に送  わたしが送  七年を送  舟を送  生涯を送  日ばかりを送  返事を出さずに居りますが、送  お寺に送  ところに送  感想を書いて送  經つてから、送  戰地に送  本を送  何も送  歌を送  タイを送  それを送  夜々を送  言葉を送  一緒に送  メイを送  まわりを送  処まで送  隔城猶送  答弁書を送  監獄へ送  報知を送  空間に送  一日一日を送  視線を送  そとまで送  自宅まで送  代を送  心にかけながら、つい送  快晴だつたので、送  順平は送  上に送  駅まで送  風に送  肩掛けとともに送  買つて來て送  香料を送  神戸まで送  朝臣に送  月日を送  相談のうへ送  友人に送  学童疎開地へ少し送  小包で送  所へも送  家から金を送  呑気らしく送  安東まで送  工面して、送  秋波を送  遺族に送  日本へ送  原稿を送  通まで送  幼稚園まで送  のは、送  戸口まで送  学費を送  丁哉氏が送  東京へ送  写真を送  田町迄送  人を送  ラザレバ其西客ニ一名ヲ付て送  貧乏生活を送  炭三俵を送  炭を送  軍用列車を送  弘雄が送  戦死者の送  余生を送  鶴見まで送  外れまで送  其処まで送  岸には送  次男を送  約束した仕送  直接郡役所へ送  對手に送  知人に送  人に送  対手に送  玩具を送  彼がかつて送  彼に送  封入して申込めば送  ところまで送  とつて送  豊岳を送  場所へ送  トすぐに続いて、縋って抱くばかりにして、送  言つて蜜柑を送  彼女が送  切符を送  澁谷まで送  本部に送  親父が送  何かしら通信文を認めて送  日々を送  投票を送  昨年末バタを送  橋まで送  から栗を送  一斗樽を送  迎へたり送  高等學校その他に送  古川君を送  天開樓に送  私達を送  歸つたら何でも送  小田原陣から大阪へ送  家から圭一郎に送  餘生を送  米さんが、送  其日を送  所感を書いて送  楽しい日を送  んを送  表まで送  車掌を送  世を送  男を送  杵太郎を送  調を送  微風を送  母を送  あたりまで送  バタを送  それについて送  中へ隠れたまで送  車で送  微笑を送  日記を御送  物資の追送  ザンジバルから三度目に送  供養、送  一、送  兄さんから龍馬に送  ウヰンクスを送  印刷所に送  死喪則爲レ之相送  如クシテ我国内ニ大兵ヲ送  大兵ヲ送  喝采を送  葬式の送  晩からぶらぶら病になって、間もなく送  わけで否応なしに送  参考として送  一群の送  其為めに送  中に吹き送  故郷へと送  我ニ質子ヲ送  ルカ我ニ兵ヲ送  どっかへ持ってゆかれて、送  永遠にこの送  恋人にでも送  東京から菓子を送  家まで送  手紙を送  前に送  ことになり、わざわざ送  マルセエユまで送  抱きしめて日を送  コーリヤを送  實衡に送  日夜を送  使者を送  江川酒を送  密使を送  矢文を送  本営に送  ローマからゴッス氏に宛てて送  新聞雑誌へ送  火葬場まで送  日の仕送  草人形を送  近所まで送  客を送  何にも送  洋服を送  集があつたら送  旅に送  英介に送  朝夕を送  切拔きをわざわざ送  書を送  思を送  声援を送  扶養者としてあけくれ送  書簡を送  賑かさ十六日の送  私が送  読経料を少々送  長安に送  ぢけた日ばかり送  最後の送  所まで送  毎日を送  停車場へ送  會釋を送  百ヱルストも送  中途まで送  原始生活を送  男が送  人質として送  佐和山へ送  渡世ノ送  山の上に送  一処に送  友人へ送  煤臭い匂を送  年月を送  あっしらは送  孟浩然の送  友、送  油田から一思ひに送  律師を送  品を送  入営を送  みんなで送  間に送  金子を送  五十円を送  火葬場に送  講演を聴きに出るから、送  坊に送  名古屋まで送  主人は送  沢山金を送  里子を送  兵隊生活を送  お金を送  里子の送  金を送  家へ送  二三度も送  先に送  中に送  一刻も早く、送  金を早く送  君から金を送  気爽に、送  晩年を送  一生を送  迎へ且つ送  支那に送  生家より送  半生を送  所へ送  一夏を送  十部ばかり送  選択して送  一文を送  宿まで送  紅闘二兄が送  ゲルトも送  着物も送  俳句ともいへる、送  着物などは送  パパに送  しかつた、送  胡瓜苗も送  伊東さんを送  キユウリとを送  途中まで送  つた、送  養家に送  少時を送  荷物の送  事、直ぐに送  手紙の送  中から出てきて、送  手を合せて、黙送  只本国ヘ送  あなたからルリさんを送  年代を送  玄機は送  動物でも送  誘蛾灯を送  二十年を送  絵葉書だらうが、こつちへ送  小布施に送  これを送  つてアパートへ送  冷笑を送  秀子を連れずに送  虫みたいに送  一つづつ二人に送  店まで送  銀二十九枚の送  一ヶ月程を送  から橙黄線を送  そこまで送  雲を送  媚態を送  処へ送  巴里に送  巴里にも送  戦地に送  監獄に送  毛皮を送  去年の送  師匠の送  これも送  山城屋から三両という送  皆さんはお送  となりの送  様に見えて居るけれども、実は、送  東京から友人が送  訂正を送  数日前大井広介氏が送  扉まで送  大鰐まで送  網走に送  ハガキを送  城内へ送  門まで送  つて親しみを送  ぱいあたゝかい視線を送  お前ちよつと送  散歩かたがたホテルまで送  玄関口まで送  者を送  先へ送  書物を送  友人茗邨君が送  江戸に送  それから國元土佐へ送  種書を送  日常を送  連中に送  近くまで送  脅迫状の送  拍手を送  ソウシテ船ヘ送  名刺を置いて送  行列に加わり、送  詩を送  辛ウジテソノ年ヲ送  切手の貼られた送  幸福で送  イロイロ馬鹿騒ギヲシテ日ヲ送  江戸ヘ送  川崎マデ送  客ヲ送  馬鹿ナコトヲシテ年月ヲ送  病院生活を送  雑誌新たに出でたりとて、折々送  上野まで送  もと、話しながら送  気持で送  づり節も送  家へは送  迎へ送  島へ送  未決檻に、空しく送  僕が送  手附金を送  発着所まで送  門口まで送  説を送  稿だけは送  絶交状を送  デコブラ先生にも送  あんたが送  東京まで送  二十円づつ仕送  飾りものとして送  私は送  僕途中迄送  洲崎へ送  敏雄をつれて送  鳥目を送  一臺空しく送  便りを送  小遣ひを少し送  狐肉は送  二頭菰包みにして送  本部へ送  ところがあるなら送  誰かを送  私も送  碇泊場へ送  船まで送  鎮江まで送  浅川まで送  緑平老から旅費を送  旅費を送  平中の送  高崎まで送  藥王寺町まで送  月々親元へ送  喬彦が送  旦那さまに送  大庭常子の送  物を送  風が送  冬を送  会計課から分送  校正摺を送  二巻印税を送  食麺麭を送  書籍を送  晩餐を共にし、送  二書を送  私を送  入院生活を送  皆な送  ものなど送  停留場まで送  玄関まで送  と金を送  其處まで送  藥代として送  斯うして送  肩にして送  扇子とが送  傳奇的生涯を送  苦を送  霊宝館まで送  変へて世に送  信号を送  女優に送  字もあり送  鉤、送  無言と送  高橋君を送  入口まで送  風に、送  テレビジョンの送  ものに、送  位置する送  形の送  あとで送  像を送ってくれていた送  前の送  雑音は送  手紙を書いて送  僕を送  玄関へ送  雛を送  東京駅で送  某検査官に送  提灯をつけて送  我は送  一室に送  オルゴールを送  日本から隋へ送  ぢを送  老父を送  お祖父さんを送  十六日老父を送  暗殺者を送  平和に送  毎日日を送  切符とを送  凭つて日を送  軍楽隊は、悲しい悲しい送  魚はもう送  小包を送  速達で送  手許には送  土方であり流送  立派な流送  普請に流送  夏を送  ための送  夜を送  道平を送  處へは送  自動車で送  旅の日を送  少年期から青年期を送  中で送  少年時代を送  国に送  敬意を送  万さんにでも頼んで送  毎朝停車塲まで送  分だけを書き足して送  うえ、送  一円本を送  代価取れずの送  地に送  母に送  弥陀堂迄送  よそへ送  林檎を送  方の仕送  南大門まで送  海上で送  幼時を送  つて金を送  お前に送  夫に送  食後ニ亡僧ヲ送  渠らを送  無為に送  殺人罪です、すぐ送  外まで送  五六人して送  面白い日々を送  つて停車場まで送  目礼で送  其處で送  半道ほど送  新橋まで送  ところへ送  蛍を送  女が送  日の入りを送  鳴き声を送  八瀬村まで送  京都まで送  メツセージを送  恭やしく送  独身で清く送  見事成る御送  長州え送  君の送  節御送  彼へ送  先づメッショナリウスを送  日本に送  釧路で送  六つも貼つたりして送  品、送  宿で送  村まで送  半日を送  キスして送  監子を送  一代を送  通りまで送  學校鞄さへ、送  目礼を送  朝廷へ送  天下御免の送  手紙ばかり送  賞品を送  療養生活を送  日のにほひを送  地下生活を送  遯生活を送  家から白魚を送  眼を送  上で送  のを送  荷物を送  靜子が送  叔母を送  三四度東京に送  静子が送  言つて門口まで送  みんな煉獄へ送  歳月を送  した電燈裝置を送  方へと送  言ひ送  空氣を送  下位春吉君に送  祖母を送  私の送  電報為替で送  花束を送  香を送  生活ばかりを送  TW放送局へ送  僕の送  短尺など送  手紙が送  東京駅へ送  翁は送  夜ばかり送  失つてから病監で送  何日かを送  規則正しく送  感じがないのでお送  書店から目録を送  内まで送  知らせを送  停車場に送  瞬きを送  上級官庁に送  其前後に色々御送  予約ものの送  それから、送  毒さうにして送  神を送  變醜かつたので恐れて返し送  停留所まで送  写さして送  日に送  帽子を送  同家へ御送  女房は送  時間を送  文展へ送  謙遜しながら送  賤しく送  彼女を送  手を冷めたくして稼いで送  ものを刻々と送  写生して送  中から引張り出して送  毎回の送  熊野まで送  埠頭に送  俺が送  後半生を送  牛に送  なつたらと書いて送  小遣を送  方に送  節スレバ則チ一生ヲ送  菊池に送  母たちを送  女房について送  邸内へ宛ててしばしば送  元日を送  ものも併せて送  話題に、明け暮れ送  資料を送  句を送  賞讃文に送  国から可愛い息子に送  餅を送  より江を送  中心点へ送  出口まで送  一人が送  一年あまりを送  福島屋の送  福島屋からの送  感謝状を送  



前後の言葉をピックアップ
  奥出雲  邑久      オク  措く  奥利根  奥日光  奥まり


動詞をランダムでピックアップ
ほろぼさひさい取合っ踏みつぶそ撃ち取ろ馴れあっ滾れしめ切り売りつける落ちぶれる取っ組めあやぶんころがれ徹すれ打沈むかなえすき返さ乗り掛か突出さ振り切れ
形容詞をランダムでピックアップ
妖しい無しあかるくっかなしい余儀なかっ気恥しゅう恐ろしい丸から疑わしかっかん高く空恐ろしゅうおぼつかないけむ毛頭なうそ寒く床しい早う敢無ややこしゅうやすく