「退っ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 退っ[動詞]
後方へ退っ  後へ退っ  夢丸は心得て引き退っ  二三歩後へ退っ  気絶しないでは済むまいと、思わずよろよろと退っ  明かり窓によろめき退っ  百年目、ひょいと立って退っ  場所まですごすごと引き退っ  手にかけ、退っ  自由主義に引き退っ  間へ退っ  後に退っ  それを持って引き退っ  三歩背後へ退っ  娘はまた退っ  縁台へ退っ  指を銜えて退っ  体で、よろよろと退っ  筆記して引き退っ  二三歩後に退っ  捜査主任に退っ  先年暇をとって退っ  今日は退っ  頬髯を撫しながら、ひき退っ  後に飛び退っ  旅館に退っ  一歩蹣跚き退っ  一列になって退っ  御前を退っ  部屋へ退っ  あとへ退っ  後へに退っ  蹣跚き退っ  ソロリと退っ  スッと退っ  ように退っ  智謀から出た退っ  すみに退っ  気もしたが、黙って引き退っ  二間余りも飛び退っ  こっちも退っ  詰所へ退っ  後へ飛び退っ  たじたじと退っ  突込こんだが、驚いて退っ  横なぐれに退っ  そこをひき退っ  艦を退っ  味方していられるので、退っ  後いべえ退っ  馬が退っ  宇津木兵馬はつと飛び退っ  ところがわかったらしく、退っ  しろ飛びに退っ  娘から少し退っ  三四尺も退っ  後ろへ退っ  五間ほど飛び退っ  駒形堂から後へ退っ  これで、退っ  赤面しながら引き退っ  次の間に退っ  後ろへ飛び退っ  高部が飛び退っ  女中が退っ  上下を、あわてて抱いて退っ  嘘がかさんで、退っ  危い、退っ  タタッと退っ  ものでない、退っ  背後へ飛び退っ  心持で引き退っ  三歩後へ退っ  いま高座を退っ  顔になって飛び退っ  後退りに退っ  一足後に退っ  にわかに飛び退っ  三十歩西へ退っ  背後へ退っ  後へと退っ  身を退っ  礼を云って引き退っ  出御されたならば、すぐに退っ  二大剣豪は飛び退っ  式部丞は退っ  家へ退っ  六歩後へ退っ  赤面して引き退っ  一間余りも飛び退っ  気持で飛び退っ  本陣を退っ  形を退っ  十三郎、飛び退っ  膝で退っ  尾をずるずると引いて出ようと、また退っ  恰好で追払われながら引き退っ  学校を退っ  一足とび退っ  しろに退っ  換えをさせながら、退っ  ままじりじりと退っ  しろにとび退っ  重役を退っ  横っ面を撲られて、痛いです痛いですと叫びながら引き退っ  のだから、こりァ退っ  不利であって、退っ  所まで退っ  うちにとうとう退っ  妨害しようとも、必ず退っ  遂行させて退っ  敬意を表して引き退っ  端まで引き退っ  死、この退っ  前を退っ  方に引き退っ  のと同じだけ退っ  隣室へ退っ  彼は飛び退っ  裾風を感じて、思わず飛び退っ  一歩後に退っ  時一度後へ退っ  膝を退っ  不意に飛び退っ  小宮山は思わず退っ  彼女はぎくりとして飛び退っ  浮足で飛び退っ  あなたは退っ  台所へ退っ  上に置いて退っ  一歩後へ退っ  ヘエエッて引き退っ  まま一歩背後に退っ  面前から引き退っ  彼としては、もう退っ  女中は引き退っ  相手が避けて、飛び退っ  斑犬が、びくりと退っ  そうに、つかつかと寄ったが、ぎょっとして退っ  



前後の言葉をピックアップ
シサエスレバ  詩作  試作  思索  しさっ  刺殺  刺殺さ  視察  シサデハナイカ  シサノタメニ


動詞をランダムでピックアップ
掛っ悩まし好ま腐りつきよ持ち回り待ち兼ね取りまとめる吹出さ包み込み払えるみおろせおよぼさ解くさだめる死に絶える繕わ引きちぎろ差し込む育ん
形容詞をランダムでピックアップ
薄ぎたなおそう危ううよぎなく宜しかろひだるい長閑けききたなき見よい疑い深くっ後ろめたい速しだるし珍しくっ気遣わしゅう蒼白しゆゆしきだるき腫れぼったいてごわい