「退き」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 退き[動詞]
間へ退き  学校を退き  場は退き  血戦は、退き  後戻りして退き  ところは早速に避け退き  左右に退き  学界からも退き  ところに退き  ただ畏れ入って退き  熱は退き  役目をお退き  巧みに退き  それを見るとぞっとして、いきなり跳び退き  役をお退き  ようさしては退き  伎倆の退き  男より退き  家からお退き  潮またすでに退き  身を退き  後へ退き  職を退き  大國民をして、退き  國民をして、退き  手を退き  旧宅を退き  者は必ず退き  思い込み、ただ退き  ょか焦れて退き  痛手を押さえて退き  前を退き  虚勢を張ったてまえ、退き  外へ退き  いちど軍をお退き  ほうで遠く退き  焼香をして退き  主の退き  駒を退き  勢力が退き  耳を打つ退き  急に、退き  双方同時に、退き  きょうは退き  陣を退き  接戦してはたちまち退き  小師橋を渡って、お退き  関平はたちまち退き  前にわだかまって、なんとしても退き  片隅に退き  潮がやや退き  心なお怪しみにとらわれて、退き  府に退き  遠く引き退き  其方で退くなら退き  死から出来るだけ遠退き  心と、抑へ、退き  山林に退き  教壇を退き  右へ退き  一歩あとへ退き  韈つと退き  身体を退き  水は少し動きかけて、退き  方へ退き  二人には退き  信濃川中島へ退き  別室に退き  処に、退き  次第故本丸へ退き  的場へ颯と退き  壇を退き  日本商船をお退き  寝室に退き  生徒も遠退き  彼は退き  敵は退き  味方の退き  われがちに、退き  籠手の覆より打ちて、打ち落されて退き  海より退き  そこは退き  政論壇上を退き  政論界より退き  山崎へ退き  勢を退き  遠くへ逃げ退き  内門へ退き  矢矧まで退き  一縷をつないで退き  これで退き  進みもせず、退き  乱声は、退き  俄にまた、退き  たびに退き  機に退き  ここでの退き  ほうへ退き  国の退き  顕氏は、ふるえあがって退き  早々に退き  邸を退き  ナカナカ後に退き  瘋癲病院へ退き  マターファ軍が退き  進みも退き  群集は徐々に退き  えい、退き  進みもならず、退き  政府を退き  チラツイていて、退き  振舞、お退き  入間川に退き  位をお退き  ほうへお退き  もう一歩も退き  地位へお退き  座をお退き  犬あり、颯と退き  偉大に満ちては退く退き  五六日で退き  以上あとへお退き  ちょっと身を退き  所へ退き  船尾へ、共に引き退き  一ヤードほど跳び退き  潮が退き  脇へ跳び退き  釣りらんぷの下を少し居退き  あとに退き  朝より退き  もとより退き  鳥栖地方に退き  犬皿より退き  洞中に退き  後へは退き  穴に退き  一端松林まで退き  それから少し遠退き  足が遠退き  一高を退き  負となって退き  官界を退き  ごらんありければ、すこし引き退き  隅へ退き  二人より少し退き  何気なく後ろへ退き  方に退き  上に残して退き  窓枠からだんだんに遠退き  窓から遠退き  背後へ退き  左右前後に、切り、防ぎ、そうして退き、ジリジリと退き  軍勢は、退き  遠景に退き  一進一退、進んだかと思ふと又退き  からもう退き  ことでは退き  中途で退き  居間に退き  左方に退き  段階で退き  かたわらへ退き  そのままおじぎをして退き  御前を退き  後ろに退き  音で引き退き  八ツ裂きになりましょうとも退き  一足身体を退き  からそこを退き  からさ、早く退き  将軍職を退き  山荘へ退き  二足三足ぞ退き  始末か、まず退き  二三歩其処を遠退き  一緒に退き  一人二人と次第に退き  室を退き  学校を退くか、その退き  部屋へ退き  中学を退き  魔を退き  色を失って退き  水が退き  處に退き  六日夜大阪に退き  先ほど城中を退き  内閣を退き  魂笑ひて退き  ウティカに退き  百合なれば退き  剣道なら、一方が進めば一方が退き  僧院に退き  つて最近職を退き  三歩後へ退き  引き引きに歪み退き  方は退き  座を退き  水を伝わって遠退き  ものは、退き  邪魔だよ、退き  生命の退き  寺を退き  関は進みも退き  士卒等は、忽ちにためらって退き  後へはお退き  病もまた退き  中に退き  まりをつけ退き  今は進みも退き  



前後の言葉をピックアップ
しりぞい  退か  しりぞか  退かせ  シリゾカズ  しりぞき  退きゃ  退く  しりぞく  斥け


動詞をランダムでピックアップ
道行け攫め取り戻し較べ鳴りくじろ閃かせ切崩すふみこたえ思い詰めるふりむい見向き致さ飛び抜けよ満つ泣き伏さみなぎる滑れるたよれ狙っ
形容詞をランダムでピックアップ
恭しきめづらなけりゃ偉うしらじらしさみしかっ切ない程遠けれからう凄まじい目出度きあしかれみめよし夥しきかうばし嘆かわしきそうぞうしく悔しかったかき若から