「追い」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 追い[動詞]
その後を追い  内に、追い  どこかへ追い  針を追い  学校を追い  校長を追い  先生を追い  ことをして追い  穴倉に追い  パタパタ蚊を追い  資格が追い追い  うちに、追い追い  彼を追い  こどもらを追い  世界へ追い  夕方になったら、何とか云って追い  私にとって追い  ものを追い  ここに、あたかも追い  方から追い  これを追い  かしく後を追い  人波を追い  後を追い  敵が追い  眼を追い  荘園に追い  目を追い  カーが追い  白い雪崩と追い  それと追い  あとを追い  群れを追い  気ままに追い  電気ザブトンを見せられて追い  鼠咬症スピロヘータの追い  音で追い  万吉が追い  影を追い  酔いに追い  猫を追い  青春の夢を追い  奇蹟を追い  電車を追い  先に立って追い  船へ追い  勢に追い  橋にて、追い  わしを追い  住居をも追い  痕を追い  われを追い  光とが追い  馬に追い  そこここを追い  草原に追い  一人蚊を追い  蚊を追い  小走りに追い  玄関で追い  大蛇首を挙げて追い  洋先生は追い  思い出を追い  刃囲をくずして追い  下界に追い  心持ちが追い  眼で追い  故国へ追い  ことぐらいで追い  青地を追い  駕龍を追い  駕籠を追い  行列を追い  隠居も追い  のかと追い  顎で追い  音が、互いに入り乱れ追い  原っぱへ追い  此処まで追い  家を追い  手前まで追い  お手前、あわてて、追い  一角も、あわてて追い  ことはなしえないで、走れば追い  しろへ追い  中から追いはらい、追い  顔を追い  彼女へ追い  考えで追い  蟹を追い  市中へ追い  あと両手をあげて追い  山へ追い  裾袂、追い  家臣が追い  跡より追い  ヒタヒタヒタと追い  追手が追い  胆を落として、追い追い  片足で追い  岩を追い  おまえさまを追い  女でもなければ、一目見て追い  迫害者を追い  黄金のみ追い  ように追い  行方を追い  五六人家根へ追い  上へ追い  仕方で追い  墓場に追い  方々から屋根伝いに追い  張飛は笑って追い  賊軍を追い  喜びイ、とうとう追い  父に追い  日向の国に追い  手を掛けて、追い  ように、考えて追い  うちに、なおも追い  あれを追い  一緒に転んだり、追い  雀を追い  文字を追い  勢いで追い  徐栄軍はついに追い  軍勢をさんざんに追い  東京へ追い  あたしを追い  間代をためて追い  サト子さんを追い  座敷にもあげずに追い  あたしが追い  系統などは追い  一候補生に追い  兵を追い  それを追い  兵ばかりを選りすぐって、追い  徒を追い  軍を追い  彼を、追い  叱咤し、追い  老人へは追い  女中を追い  山谷を追い  水兵に追い  現実的に追い  速力を早めて追ってきて、少し追い  生産を追い  家へ追い  余波に追い  陽炎を追い  雑兵群を追い  土民を追い  それがしに追い  いまぞ追い  後園に追い  そこを追い  外へ追い  一度に追い  それでも追い  方も、追い追い  客車が追い追い  どんどんロケットに追い  人間との、追い  下になり、追い  夫を追い  威光を負いながら、追い  形相が追い  何となく、追い  慶之助に追い  ぼんやり蚊を追い  ほうから追い  中学を追い  境遇に追い  アブサーディティーにまで追い  馬を追い  一生けん命馬を追い  糾合し、追い  またまた曹仁を追い  からくも山路へ追い  反撃してさんざんに追い  弓陣を布いて、追い  微笑を追い  勢いに乗って追い  手きびしく追い  徐商を追い  朱然は追い  遠地へ追い  一群を追い  十数騎つれて、追い  綾を織って追い追い  ルミ子を追い  刃物をもって追い  人も追い  門野を追い  時背後から、追い  人影が、組みつほぐれつ、追い  溝壑に追い  魏兵を追い  孔明を追い  それに釣られて、軽々しく追い  逃走を試みたが、追い  陣前より囃しては追い  敵と侮って追い  所まで追い  縁側を追い  団扇で追い  白昼夢を追い  歓楽を追い  もとへ追い  千変万化して追い  下から、追い追い  河童を追い  らは追い  類型を追い  地に落とし、追い  血眼になって追い  長刀を持ちて追い  方へと追い  通知しつつ追い  サンドリヨンをからかったり、あざけったり、いじわるく追い  子猫を追い  選手は必ず追いぬくし、追い  先生と追い  カタにとられて追い  不安を感じさせて追い  金をやって追い  牛車を追い  二階へ追い  ものばかりを追い  競争し、互いに追い  上空に追い  四十二にもなって、追い  蠅を追い  あした山烏を追い  こころを、あくまで、追い  跡を追い  敵を追い  客を追い  勘はいきせい切って追い  二目まで追い  於て、互いに追い  名を呼びながら追い  わたしたちに追い  うちに追い  男女が、追い  三人を追い  同行を追い  ために、ついに追い  学士に追い  ねずみを追い  事に直ぐ追い  ところまで追い  心持ち目を細めて追い  彼女を追い  原勘兵衛等と共々に、追い  処で、追い  人力車を追い  渠の語るを追い  悪魔に追い  プロットを追い  助を追い  意見して追い  二足ばかり歩む、歩めば追い  弥七も叱って追い  がんりきを追い  犬を追い  からこうして追い  浪人者を追い  侍を追い  ところへ追い  巡邏隊に追い  駕籠屋を追い  顔を見知っていたので、それとなく貰い下げて追い  故事を追い  船は追い  情夫を追い  ために追い  黒蠅を追い  地位に追い  喧嘩になって、追い  鼻であしらって追い  嘘をついて到頭追い  風も追い  四人を追い  魚を追い  むりに追い  待ち給え、追い追い  願を追い  旅情を追い  観念を追い  夢を追い  快楽を追い  幻想を追い  幻像を追い  先途と追い  上に追い  相手に、追い  何だかずっと追い  馬車を追い  中を歩いていると、追い  あまりが、追い  八郎太へ、追い  しまへんけど追い追い  のだろうといって、追い  私は、追い  ちよつと追い  自身を追い  ッて追い  後からみんなを追い  後から汗だくで追い  庭へ追い  七人を斬って、追い  長持を追い  ひとり腹を立って追い  お上様よりは追い  留守だと見て取って、もしかすると追い  さを追い  旅人に追い  虫を追い  少年を追い  石で、追い  踵が追い  空気を追い  義経を追い  なに、追い  者たちを追い  中からお松を追い  検事たちを追い  目で追い  楠木勢が追い  俄に追い  二軍を追い  淵へ追い  声はすぐ追い  わけにも、追い  階下へ追い  弥次馬を追い  絞首台へ追い  蠅は追い  室外に追い  能く判らなかったが、ともかくも入りみだれて追い  久次郎を追い  以下を追い  中書軍とを追い  途中からは、追い追い  彼等を追い  根よく追い  息もつかせずに追い  二打が追い  容易に追い  お節を追い  波に追い  女を追い  ことが追い  一生懸命に追い  分は追い  わたくしが叱って追い  邪慳に追い  九州へ追い  藪蚊を追い  軍勢が追い  新田軍を追い  山上へ追い  一緒に追い  漁師仲間からも追い  ざるの、追い  かげを追い  先まで、追い  鶏を追い  川崎まで走りかけたが、ついに追い  水に追い  病気も追い追い  視線を追い  後をお追い  村人と追い  牛を追い  幻影を追い  一人と、追い追い  妹を追い  九時に追い  一つ、追い  嘉三郎は追い  家へ行けと追い  犬に追い  ものではないが、追い追い  健康をも、追い追い  光を追い  米友も、追い  簡単に追い  水軍を追い  のを断乎追い  中に追い  後から声を懸けながら漸く追い  河に追い  仔鼠を追い  数字を追い  執拗に追い  表現を追い  王様を追い  ヒダまで追い  ヒダへ追い  京都に着くまでには追い  善坊の追い  烏を追い  のだ、決して追い  兵馬が畳みかけて追い  ところで、おそらく、追い  曲者を追い  外ヶ浜へ追い  ゃっきゃっ笑いながら追い  余韻を追い  情景を追い  人々を追い  陣十郎を追い追い  源氏が追い追い  さが追い追い  設備などは追い追い  丁を追い  うろつきまわってうるさい、追い  食堂を追い  遊びや駆けっこや追い  それを癒して、又追い  私をお追い  人が追い追い  今に追い追い  へまに追い  身体に追い  鳥を追い  二重に追い  芳秋蘭を追い  昨夜参木と食い違って追い  もと自分は追い  ものが追い  親爺を追い  アメリカを追い  稀獣矮麟を追い  百足を追い  我を追い  薄気味が悪くなり、追い  途上兎を見ると追い  足蹟を追い  蝶を追い  蛇を追い  蛇王が追い  船より追い  ままに追い  殿士来って追い  菓を抛って追い  ところ、追い追い  よう教え、追い追い  群集を追い  氏神が追い  王使は追い  狗をして追い  王の使いまた追い  蠍先生追い追い  酒を求め、追い追い  翌朝井林を追い  鼠を追い  自殺者を追い  妄想を追い  空手で追い  人がついていたんじゃ、いくら儲かったって追い  佐吉さんにお頼みして、追い  ようにと追い  磯五を追い  世界を追い  鳩を追い  真理を追い  跡を御追い  尻を追い  影を踏もうと追い  不安に追い  裏に追い  鹿を追い  足跡を追い  ていよく追い  フローラを忌まわしくも追い  ように、追い  ヨーロッパ資本主義国を追い  留置場へ追い  風情もなく、すぐさま追い  声が追い  たしかにわしらを追い  なかに追い  あいだに追い  この世に追い  世の中に追い  事実、はっきり認められるぐらいに追い  行軍と追い  二人を追い  外に追い  下に追い  中を互に追い  先を追い  由利どのを追い  土間へ追い  之を追い  皆のんきに笑い、喋り、追い  蚊を追い追い  誰も追い  隙かさず追い  寂栞を追い  和製タゴールさんが追い  なかったが、しばしば追い  軍勢も、追い  鳥はその追い  兄弟を叱り散らすばかりか、果ては追い  らを追い  犬はあえて追い  荒地へ追い  恵進を見て突然に追い  家では大いに患いて、なんとかして追い  毛人を追い  差が追い追い  郷里に追い  阿賀妻は追い  位置に追い  犬が追い  鼈四郎は追い  遠くに追い  悪魔を追い  毒ガスを追い  後へ追い  太陽の下を思い出し思い出し、追い  ワラタ号に追い  三人は追い  跡をお追い  足で蹴散らして、追い  力では追い  谷へ追い  這奴を追い  後に追い  体を追い  私を追い  前列を追い  それをまた追い  夢中になって追い  お客でなければ、とても乗ってはくれませんで、稼ぐに追い  若い人たちに追い  合って、追い  豹吉を追い  一輌にようやく追い  字面を追い  じいさんは追い  穴にまで追い  時間に追い  中へ追い  幻影に追い  グルグルと追い  段になると叱って追い  大声を出して追い  懸命に追い  熊を追い  水を浴びたり、追い  船を追い  浪に追い  負けにいって、追い  軍勢を、追い  白鳥を追い追い  数日来、追い  流派を追い  ぐらに追い  平四郎たちまち追い  方へ追い  藩に追い  歓喜を追い  丁ほども追い  一丁以上も追い  自動車が追い  伊織を追い  叔父は驚いて追い  何も追い  迚も追い  傍より追い  ここへ追い  動物を追い  試驗上手を追い  風に追い  波谷におちいって追い  鎌倉へ追い  細工して追い  妾にしよう、と追い  闇を追い  背のあぶを追い  分だけ、追い  台所仕事に追い  どこまでも追い  あいだは追い  やつは、早く追い  窓をあけてそとへ追い  なんでも追い  正体を見破ろうと、追い  鯨を追い  のを追い  口ぎたなくかれらの罪状に追い  蓮台野へ追い  娘を追い  往来まで追い  ょうけんめいに跡を追い  代官松の追い  引き手に釣られて追い  一人は追い  猿群を追い  果に追い  奴、追い  同情は追い追い  年々貧窮に追い  ワナにかけて、追い  加助を追い  縁切りをされて追い  自分が追い  家中も追い  江戸方面からは追い追い  旅人も多く、追い追い  生糸商人も追い追い  様子が追い追い  大名も追い追い  指を追い  これなく、追い追い  みんな一まとめに追い  源なんぞ追い  ホロロに追い  囮鮎を追い  分は追い追い  かいあって、追い追い  効ありて、追い追い  用意等も追い追い  移り変わりを見て、追い追い  ころは、追い追い  豪傑連ですら、追い追い  われわれは追い  許に追い  金利に追い  そうになって、もう追い  使いに追い  そこでもすぐ追い  髪の毛を追い  油香を追い  汚名を着せて追い  あちらに追い  こちらに追い  オレが追い  黄金を与えてまで追い  順々に追い  国を追い  野に追い  野ッ原へ追い  小屋に追い  彼等が追い  豚を追い  ひとりじゃ追い  甚三が追い  池ノ端とで、追い  玻璃窓めと、追い  背後に、追い  あてもなく追い  直ちに炭庫へ追い  川原で追い  人が追い  ただいまこれより追い  家に追い  大笑いして追い  しかし、追い追い  即急に分からずとも、追い追い  国許へ追い  おれに追い  武士が追い  それからタッタッと追い  直ちに跡を追い  晩涼を追い  酒で追い  方向へと追い  ほうへ追い  罪に追い  二途を追い  面影を追い  棒でそっと追い  蛙を追い追い  自動車は追い  夢走って行って追い  自分を追い  脚では、追い  眼光を、追い  越前を追い  のは、追い  七福神組は、追い  國に住んではならないと仰せられて追い  わたしたちが追い  そこで追い  瀬に追い  神を追い  坂の上毎に追い  瀬毎に追い  湖に追い  庭を突っ切り追い  大鵬を追い  谷に追い  後から来て追い  個々に追い  平治の乱を追い  人に追い  戦闘機を追い  鬼を追い  靴音はそのまま追い  望月に追い  内に追い追い  酔がまわって来ると、追い  一人子を追い  人垣を追い  口穢く追い  ここまで来ればもう追い  足場にして、追い  小坂部を追い  何処までもと追い  敵に追い  まぼろしを追い  途中で追い  戦争に追い  土岐氏を追い  笑い、ちょいと巫山戯て、追い  鮎が追い  笑い声が、追い  伊太利へ追い  執念く追い  家主に追い  讒謗、常に時に追い  お蔭で、手厳しく追い  男に追い  



前後の言葉をピックアップ
オアツライ  小穴  オアフ  小天  オアーズ  老い  老い  老いよ  おい  追いまくり


動詞をランダムでピックアップ
頻る焼け死に拭う紛れ込む断る待ち望む飛び越そ引き受けろ生まれ変わらつりこま答えん観ろ産み落とし見せりゃはたらけるゆだねるでかけよつくりなおさ草臥れ開け放ち
形容詞をランダムでピックアップ
てあつさしでがまし情けない好いたらしいいさぎよい香ばしきくさうかたじけない蒼しなさけなかっいぶかしい真白悲しゅうはれがまし青黒黄いろき泥くさいかくう新しかっ喧し