「迫る」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 迫る[動詞]
身に迫る  夜色が迫る  胸に迫る  寸毫、犯すべからずと迫る  夜の迫る  呼吸が迫る  明日に迫る  胸の迫る  眼に迫る  顔が迫る  形の真に迫る  気がひしひしと迫る  思索を迫る  価値を迫る  人に迫る  づつ私に迫る  読者に迫る  表現を迫る  改選期も迫る  アーチが轟々と迫る  感情に迫る  真実に迫る  アルゴリズムで迫る  ばりの迫る  旦夕に迫る  たそがれが迫る  日毎に迫る  私行にまで立ち入らうと迫る  やうに迫る  危急の迫る  退場を迫る  胸が迫る  時刻が迫る  真に迫れば迫る  それ以上ちかく迫る  其境界に迫る  我々に迫る  心に迫る  語調で迫る  骨に迫る  色を見ながら、迫る  さびしみの迫る  大軍の迫る  外へ迫る  社大党に迫る  姿を指さしながらひしめいて迫る  我身に迫る  のが真に迫る  夕暮時が迫る  死期が迫る  ぼくに迫る  燃える夕陽と迫る  ヒタヒタヒタと追い迫る  眼光と、切々と迫る  季節が迫る  飢寒に迫る  政府に迫る  今月今日と迫る  これに迫る  闇の迫る  みどりが、迫る  身近に迫る  現実に迫る  眦をつりあげながら迫る  追手が迫る  城下に迫る  闇に迫る  立派で真に迫る  胸は迫る  側背に迫る  背後に迫る  身近かに迫る  生活に迫る  答にまで迫る  恐れが迫る  内外に迫る  肌に迫る  開廷時間が迫る  気でも迫る  あたりに迫る  今に迫る  車に迫る  大晦日に迫る  孫権は、一方には、刻々迫る  勢いに乗って追い迫る  上陸を迫る  呉軍が迫る  建業城下に迫る  一軍の迫る  こなたへ迫る  帝位に迫る  臓をうかがいて迫る  形式事を迫る  それ以上をどうしても迫る  貧苦に迫る  のだから、そのおおねをゆすぶって迫る  役人に迫る  内より迫る  自然に迫る  血眼になって追い迫る  折を得ず、強いて迫る  飢えが迫る  實現を迫る  最後は迫る  屋を圧して刻々に迫る  ベルリンに迫る  総選挙が迫る  旅順港口に迫る  必要がさし迫れば迫る  話が迫る  茶を飲みたいと迫る  困窮は迫る  立退を迫る  鼻柱に迫る  いつになく迫る  期限が迫る  深甚に迫る  叫びつつ、迫る  夕暮が迫る  女は早くも迫る  御身に迫る  事にゆきあたりて迫る  十杯飲めと迫る  こいつおもしろいと迫る  刊を迫る  出場は迫る  波と共に迫る  一種人に迫る  我々には迫る  源軍に迫る  猛然として来り迫る  怒濤の如く来り迫る  平軍に迫る  京師に迫る  返答を迫る  夕闇の迫る  改造せよと迫る  決心せよと迫る  認識に迫る  白状させようと迫る  米友に迫る  膚に迫る  しか暮色が迫る  飢餓に迫る  山が迫る  小鳥に迫る  気人に迫る  眉に迫る  臨終の迫る  胸にも、深く迫る  飢えに迫る  ように迫る  頭突をくれんばかりに迫る  方へ迫る  仙太に迫る  ほど胸が迫る  吾に迫る  軒に迫る  カシャクなく迫る  死が迫る  ここへ迫る  強硬に迫る  刻々に迫る  平助に迫る  まき親子にむかって立ち退きを迫る  門に迫る  下に迫る  都へ迫る  敵機いよいよ迫る  敵に迫る  そこへ迫る  鬼気人に迫る  尊氏へ迫る  同棲を迫る  主人と話し込み、迫る  僕に迫る  彼は迫る  時が迫れば迫る  日も、迫る  中へさえも、ひしと迫る  姿ばかりが迫る  悪霊退散を迫る  リーグ脱退を迫る  光が、ぱっと迫る  黄昏の迫る  世界的水準に迫る  空は、既に迫る  背中に迫る  ものが来り、近いて迫る  裾が迫る  義務履行を迫る  城壁に迫る  背面に迫る  兵馬が畳みかけて追い迫る  咽喉先きに迫る  急に迫る  悠揚として迫る  弁償を迫る  自己に迫る  自己一身に迫る  首都南京に迫る  手引きを迫る  積極的に取り持ちを迫る  しかも迫る  甚しく迫る  背に迫る  暮春に迫る  薄暮に迫る  胸にじかに迫る  ところとてはないけれど、ひしひしと迫る  風を切って迫る  姫君に迫る  滔々と迫る  フンゼン突撃はよかったが、真に迫る  死期の迫る  本質に迫る  小声で言って迫る  から溢れて迫る  判を捺せと迫る  牙城へと迫る  空腹は、迫る  危険は刻々に迫る  鬼気の迫る  真面目に迫る  ぐるりに迫る  退路へと迫る  祖父の罵りと迫る  息の根に迫る  嫁に迫る  年が迫る  もっと身に迫る  時刻が迫れば迫る  四囲に迫る  日の迫る  カルメンは、なにか迫る  跫音が迫る  日光は迫る  間に迫る  明晰で、刻々迫る  死を迫る  惨憺哀愁人に迫る  解答を迫る  手紙で迫る  人心に来り迫る  時間が迫る  自分に迫る  つてぱたぱた飛んで、折しも迫る  感じをもって迫る  危険は迫る  暮色の迫る  左翼に迫る  返済を迫る  白雲よ、ようやく迫る  言葉をとおして迫る  饑が津々と迫る  徐州に迫る  孤独感が迫れば迫る  暗黒しか私に強く迫る  何か迫る  麓の迫る  雨がまた迫る  全身朱に染まり、次第に迫る  ボウトは、迫る  執拗に追い迫る  変革を迫る  主人に迫る  夕ぐれは迫る  心臓に迫る  酌を迫る  活動写真が真に迫る  社会とに迫る  間近かに迫る  返事を迫る  時間は迫る  惻々と迫る  者に迫る  時自分に迫る  それによってやがて迫る  鷄に迫る  老いの迫る  左右に迫る  發作に喘ぎ迫る  根源に迫る  証人社長も真に迫る  上目で見ながら迫る  われに迫る  従容として運命の迫る  物に迫る  感覚に迫る  流に迫る  彼に迫る  燃える眼が迫る  ことを迫る  写生の真に迫る  虚無的に迫る  目前に迫る  本営に迫る  時刻も迫る  本能に迫る  宵闇の迫る  刺激をもって迫る  人とは思われず、それだけにまた真に迫る  苦しみを訴えて迫る  もつと迫る  危険が迫る  秋が迫る  我に迫る  修正を迫る  鐘、すこし離れて追ひ迫る  夕暗迫る  核心に迫る  魚臭いものが迫る  相手へ迫る  年暮に迫る  月に迫る  報酬を迫る  難題を迫る  東へ迫る  山の迫る  瞬間は迫る  しかしそのじりじりと迫る  死に迫る  蹂り迫る  緊張返り迫る  乱れが、迫る  抜刀でじりじり迫る  呼吸身に迫る  生命に迫る  前に迫る  音に迫る  前方に迫る  引き手に釣られて追い迫る  期日が迫る  西郷に迫る  つて胸の迫る  眼つきで垂れ迫る  実行を迫る  静かに迫る  妙に真に迫る  鬼気あたりに迫る  信吾は毒々しく迫る  金を突きつけて、どうしても返してくれと迫る  裸体画を返せと迫る  わが身に迫る  実感が迫る  危険の迫る  念念刻刻死に迫る  人間に迫る  鼻に迫る  眼前に迫る  くしと見て迫る  勝負を迫る  奸臣はたちどころに誅すべしと迫る  肺腑に迫る  外に迫る  今宵に迫る  唸りいっそう迫る  獲物に迫る  合祀を迫る  父に迫る  気味人に迫る  力を持つて迫る  吾人に迫る  侵入軍が迫る  冷気がひんやりとはだえに迫る  彼女は刻々迫る  この間鬼気が迫る  対決を迫る  約束履行を迫る  われわれに迫る  ことをしつっこく迫る  中に迫る  十間に迫る  のは、追い迫る  荘厳がひしひしと迫る  恋を迫る  鳥旦那の来り迫る  自ら中核に迫る  つて人に迫る  声曲で聞かせられると、真に迫る  さんにからんで、しからば唄っておみせなさいと迫る  再現して、真に迫る  三宅が、つけ入って迫る  相手に迫る  夕闇が迫る  後から追ひ迫る  六月六日が迫る  執念く追い迫る  危難が迫る  肌身に迫る  後から群つて追ひ迫る  人々をかえり見て、こう戒めるが、刻々に迫る  資本家に迫る  腕力の次第に迫る  



前後の言葉をピックアップ
せまっ  迫ら  せまら  迫り  せまり  せまる  迫れ  せまれ  迫れる  せまれる


動詞をランダムでピックアップ
抓っ産ん住み馴れ相成ら立ち退く矯めまかりまちがえ大人ぶっあざけるなりゃふみだそ食わせる纏めよのめり排せ携わる見すかす考え直す訝っ問い返そ
形容詞をランダムでピックアップ
くわしくっ物すさまじき似つかわしゅうおこがましくはがゆく心許ない根深かっ惜しけれ重重しく聡き拙かっなまぬるたゆきあだっぽいきむずかしく幼ううつくしうたがわしい怖からいとおしかっ