「返」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 返[動詞]
方を振返  社に墜ち、再飛び返  ことを繰り返  自分に返  一樣に振返  座に返  云ひましたと返  やつて呼んだら、どうも返  やうであつたがねい、返  土に返  唯、返  何糞つと力み返  過去をふり返  下より讀み返  害は成されたり、即ち取り返  笑みを返  仕方に返  息を吹き返  野人田中正造に返  呉服店に引き返  一時も早くお返  手に返  赤ン坊を返  どこへ返  ツ廣い平原はちつとも響き返  源吉は、一寸、振返  医者は振返  ようにひつくり返  たびも繰り返  順平はかしこまって戴き、呑み乾して返  酔いも手伝って、いきなり引き返  吾に返  天に返  原稿用紙に照り返  首を叩き返  思いをして行き返  女達を睨み返  沢山利子をつけて返  松田さんに返  議論の仕返  私は折り返  支那服が罵り返  黒眼鏡が興味深く訊き返  ふり絞って、怒鳴り返  日の出會がよみ返  事を繰り返  我に返  飛退き、そして振返  寂寞に返  平静に返  小さな窪みに取りついたが、すぐにくるつと引つ繰り返  その後、繰返  日本へ向けて、急いで取って返  昔を、想い返  船へ追い返  ときをそのまま繰返  棺桶をほじくり返  気持ちに返  云つた言葉をも繰返  問ひ返  五十度繰り返  夫婦に返  さが、よみ返  坂本氏をふり返  中央にひつくり返  さうな、そして悄げ返  双子は振返  はじめて我に返  女中をふり返  ところが返  所ヘ返  ソレヲ聞ケバキット私ヲ返  ソレヲ聞ケバキツト私ヲ返  譽の取り返  屆きたりとも、つれなく返  本に返  静におさまり返  目的に返  所に、返  地主へ返  反響し返  笑顔に返  希望の光が、生き生きとよみ返  明瞭な返  新聞広告の返  一日居るのみで、追ひ返  女はちよつとふり返  娘さんはふり返  丸を、繰返へし繰返  歴史は繰り返  其繰り返  此繰り返  必しも繰り返へさず、繰り返  而かも繰り返  身分に返  對する返  時は、活き返  心に活き返  手紙を残して引っ返  やうな、活き返  位なら返  中からは、暫く返  通りに振返  地券を返  家へは遣らぬが能い、返  靜を振返  已雖法體、可追返  しかしたらと思い返  そのままそれを返  彼は返  板が反つくり返  一ぺんで、ひつくり返  水のはねつ返  笑を繰返  横柄で、威張り返  はいへ、振返  渡は讀み返  泣きながら巡査の返  何十日となく繰返  そつくり、ひつくり返  女をふり返  勘定台をふり返  事が繰り返  名残惜くて引っ返  声を絶とうとはせず、繰返えし繰返  乱脈にひつくり返  相好を崩してのけぞり返  處で振返  しろを振返  袁紹の返  納り返  下へひつくり返  人がひつくり返  オイ子供お茶をもてなど威張り返  形で澄み返  飽きもせずに繰り返  質問したに対する返  室内散歩を繰返  部門でも繰返  身躰に返  人間をとり返  愚ヲ繰返  劉璋の返  七月十日附の返  伏完の返  ことが繰返  床几へ返  門野は振返  急に振返  ゴロリとひつくり返  上にひつくり返  雪空を見上げて、力み返  うらはらな返  みやげに生きて返  母をふり返  のは、返えす返  我々をふり返  空気を反ね返  草原の掘り返  気持に返  仲善くて、返  つくり声が鳴り返  前にまた持ち返  こいつア、返  餅の返  三毛猫はあんまり乗り出し過ぎてガタンとひつくり返  眞面目さに返  やうに返  彼は振返  瞬間一寸吾に返  馭者は振返  ニンゲルをとらえて引き返  昔に返  噂だけで、返  錨索は、繰り返  調子で繰り返  跡からこづいて、立ち留らせて、振返  二人も振返  平靜に返  昔をふり返  根を生す、返  大吉は態と振返  雄二は振返  心に繰返  もう一度質問を聴き返  鍋がひつくり返  席へ返  紀の返  のが返  陣馬ヶ原で返  から僕は返  憎悪が撥ね返  面をまぜ返  解つて彼は返  靜寂に返  マリヤンは返  何も返  頭ガワルイといふ返  田舍へ返  二三歩あるきかけて、ふとまた振返  幾たびも繰返  金切り声に彩られて湧き返  十吉は振返  寂けさに返  中に、働いて、返  ものかなあ、それでは返  なかで繰り返へし繰り返  根も打ち返  ことなく、返  沈黙へ返  しろをふり返  安全に返  時分に、振返  私は、返  度に振返  一廻りして、振返  群集を押し返  びすを返  千葉へ追ひ返  一つ一つ丁寧に読み返  籍も返  萬一にもきちんと返  眼を返  船から河中に突き沈め、浮び上ると又突き沈め、再三繰り返  真顔に返  元気が返  のを、返  それが返  行きかけて又振返  例の返  ドリアンが駆け出せば返  おとなたちも気がついて、振返  性慾生活をふり返  借金の返  來ても返  奴を蹴返  あとへ引き返  天の返  おれは返  刎ね返  静寂に返  奇異だぞ、熟れ返  朝廷へ返  一度にはよう返  はじめて振返  一条や、返  自分はふり返  煤だらけにくすぶり返  蠑螺を返  われに返  身体をふり返  如く沈み返  背を見せると、いくら呼んでも返  意識が返  無表情に返  四繰返  ように読み返  局待にして、返  百合とをとりに返  床にのけぞり返  何遍もくり返  手間暇かけて返  ことが屡々引くり返  皆引くり返  孔明氏はホッとして振返  ことも振返  砂糖に返  結論を繰り返  僕をふり返  推論を繰り返  抱車夫の返  廃墟をふり返  衆を率い返  恩を返  小さなガラス窓から振返  足並みを揃えて、力み返  拘禁を蒸し返  足音を聞くと振返  われ知らず繰返  方も見えるから、振返  方に振返  先生は振返  背後を振返  此方を振返  女は振返  従順過ぎると返  ここで、また繰返  方は蒸し返  我れに返  津をふり返  後ろをふり返  方をふり返  意識を取り返  行為がくり返  應諾の返  私にも返  私が返  渡來するまでに返  阿部の返  行つてチラツと振返  小銀杏が、振返  乗り手がふり返  意味付けが多くなり、返  ひつきりなしに揺れ返  はじめてわれに返  自分をふり返  ギロリとばかり睨み返  昔日に返  車を返  ワメいても最早取り返  譜本繰り返  梅子は、思ひ返  松島を睨み返  満場再び湧き返  遽然我に返  礼を返  車ノ返  業車ノ返  者は、決して返  怨デ返  恩デ返  地面ヲ返  イロイロコンタンヲシテ取返  兄ヘ返  ソノ又返  経験を繰返  定は一寸振返  森と沈まり返  交代に振返  女性に返  実家へ返  顔に返  生物をしをれ返  いま演劇の歴史を振返  病室へ取って返  心が澄み返  岸まで走り返  生涯を振返  詞章として、繰り返  其に対する返  チヨツト振返  代りに引き返  害を返  害に対して返  童ら驚ろき怪しみ、たち返  グウだらを繰り返  やうにのさばり返  所で振返  言つたりして威張り返  形を以てではあるが、再び繰り返  馬を取り返  彼女はくるりと向き返  柳から鈍重に蹴返  日中両国を返  之を返  ひつそりと沈まり返  幾度も折り返  のは、返へす返  二度までも繰返  足あとをふり返  入国拒絶で返  瓦には長い、反ね返  秋に返  それを繰り返  根元が掘り返  芳草しばしば見え、返  支配人は繰り返  必要以上力み返  後ろを振返  立止つて後を振返  つて後を振返  静もりに返  幸福を取り返  思つてゐるので、返  多く思ひ出されて返  責苦は返  中で湧き返  母上さんに会って取返  母からは取返  母から取返  私は返  所から振返  電報に呼び返  其處に立つて振返  私は振返  其儘振返  うに振返  茲に繰返  令嬢をふり返  今は返  盃を干しますが、返  飽き足らなくなったが、重ねてまた振返  歴史を振返  突撃をしたり、返  後を振返  境から最後にふり返  静けさに返  ばつかりに、飛んだ御返  女の返  静り返  から、こっそり返  ーんとして冷え返  図振返  六回も繰返  引繰り返  信も負けずに云い返  怨を返  狼狽するので、返  あたしはね、返  無駄だ、そして返  残り、そして生々しく蘇返  蘇み返  笑ひながら振返  光井はあと返  手前を考へて呼ばれる迄着返  兄に返  今の楽しきに返  足を留めて振返  者を返  毛程も洩さぬのみか、返  時妹子にも返  音にふり返  腹臓なく答えぬと返  咲子は振返  樣に繰り返  歩き振をして返  往つたり返  歴史を、時々ふり返  意味深くくり返  中で繰り返  浄瑠璃をふり返  青春が返  咽せ返  手紙をよんでまた強くよみ返  のだと力み返  齊しく、ひつくり返  自分を認め返  記憶が返  秋らしく澄み返  向後をふり返  仰向けにひつくり返  目つきに返  年ごとに絶えず繰り返  さが黙り返  手紙のことに返  候御返  鳴りを潜めて、沈まり返  默つて後を振返  日を振返  心持が返  自分を振返  此方も返  君は振返  歴史をふり返  席に返  私は繰り返  舟がひつくる返  処には、返  のが、返  やうに振返  真弓は、振返  音に振返  金は返  それを返  ヒヨイと振返  紙芝居ノツソリ立上つて振返  舊借金を返  いろいろに縺れ合って繰り返  もう一度振返  かをるは振返  行つて窕子が振返  それと振返  正気に返  天とす返  私には振返  殘り惜しくも振返  内に巻き返  散歩者に返  具足が再び返  私には、返  それとなしに振返  はなし長き御返  候得バ、何卒御返  らず、御返  本国へ返  つて助け返  親爺の返  つて何とも返  私は思はず振返  息をついて振返  必要以上にのさばり返  追想はあまりにしばしば繰り返  ことが返  水勢に満ちて返  からだを取り返  相棒も振返  つても振返  來ると再び生返  人間に返  手段方法によつて段々生返  不思議にも到頭又生返  形に返  ものが再び生返  真面目な返  美丈夫の返  から書かないと返  車夫は返  こどもに返  彼女が返  きれいに返  方へ返  男はまた怒鳴り返  香奠の返  半ば起き返  上に起き返  癖だし、放つておかないと、返  文三が振返  悄然と萎れ返  ト背後を振返  昇は萎れ返  喫驚して振返  シカシさすがに心細いと見えて、返  ト萎れ返  記事を思い出すと如何にも引き返  後をふり返  先刻のが引き返  寄つて知らん間にひつくり返  遠くで返  あとをふり返  幾度も繰返  のを、振返  軒ばを見も返  野獣に返  孫悟空に返  時代から振返  振舞ひまでを返  点をつけて返  態度を振返  何うも返  奧さんを振返  世界がひつくり返  自分もそのあやまちをくり返  今日でもまだくり返  恩は返  つたものは取返  方向を取りつつ、息みもせず振返  體は振返  象徴性を取返  單なる繰返  ままもはや呼び返  過去は全く取返  連續單なる繰返  立入つて繰返  問題が繰返  それ故、繰返  頃別居してゐるので返  説明して返  さを怖れて、返  のか、返  反響言語、返  途中から引っ返  方が返  頭に返  厭味にもならず返  仕草の繰り返  雨が降ると、こねくり返  番頭に返  経験を振返  ホロロに追い返  渦は果し無く繰返  ぱり正気に返  鳥右ヱ門に返  對しては返  双葉山は返  終りまで繰り返  二人は同時に振返  學校を振返  何か御返  矢張り振返  吉野は、直ぐと振返  それを感じて、つと振返  濟し返  智惠子を振返  反射、返  顔で振返  学校を振返  矢張振返  ツと振返  智恵子を振返  顏で振返  智が返  母さんは一寸振返  顏に返  相手の返  上り、振返  何処ででも返  歩みをふり返  つもりでも、返  死にあひ、さて振返  父衞侯の返  敷石にひびき返  言葉をくり返  幕軍は少しも盛り返  言葉を繰返  あたしは返  病院へは返  他日輸送船がひつくり返  寝台にひつくり返  祝典樂曲の返  さが返  たきもしないで返  信心をも振返  言葉で返  悄れ返  女大学が繰返  母親もそつくり返  きり甘へて、反つくり返  衝突したり、ひつくり返  金を返  証文がなくなれば返  はじめて正気に返  みたいにむくりと起き返  嬌娜に振返  ようだから、振返  調子に返  こちらへ返  レ請レ之、即返  鼓膜にもがんがん響き返  時期繰り返  精霊が返  ものにしてある返  公儀のお役に立つ返  のを返  周囲をふり返  自分が、返  斯うしなければ返  のが、振返  俺はいつかな返  男はあを向けにひつくり返  歩に返  地響して、ひつくり返  はるがはる、ひつくり返  場にひつくり返  鶏小屋へ返  心持はもう再び返  上へひつくり返  家を振返  何時までもくすぶり返  末がふり返  曲り角に来て振返  素直に返  ことを繰り返えし繰り返  ことを繰り返へし繰り返  やうな返  色が返  嫉視、繰り返  持主に返  さうに振返  他に返  おかみさんは振返  



前後の言葉をピックアップ
変えよ  変えれ  代え  買えよ  かえ  飼えよ  替えん    換え  


動詞をランダムでピックアップ
酌み交わし流れれ減らさ飛び廻ぼやかす失いほっぽ喩えれ打ちき開か生ずるくるまっぎしろはかなみ速め差し当っああなん落ち着けのみ込まわたり
形容詞をランダムでピックアップ
気強から悲しくっ奥深くくすき痛く口やかましいこのもし暖かく床しから低し善くっ暗かっかたくるしいそらおそろししぶいきしょくちさがないむごたらしい覚束無しつましかっ