「近づい」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 近づい[動詞]
ソレに近づい  理想によほど近づい  霜を踏み砕いて、近づい  かわいい人形を抱いてみようと思って、おそるおそる近づい  傍へ近づい  私たちとだいぶん近づい  私たちに近づい  阿弥陀仏に近づい  自分に近づい  いくらも近づい  人相戒めて、近づい  ステーシヨンに近づい  邦子に近づい  結婚が近づい  足音は次第に近づい  文子に近づい  暑中休暇が近づい  ものに近づい  理想に近づい  浜べに近づい  お祭が近づい  毎年試合が近づい  少女が近づい  方へ近づい  梅雨季も近づい  期日も近づい  市中大掃除日も近づい  麗人が坐っていたが、近づい  晩年に近づい  方から近づい  死は近づい  だんだん人影が近づい  神性へ近づい  死の近づい  前に近づい  蛙に近づい  魔手が近づい  steikに近づい  くせ、近づい  こっちに近づい  四つンばいになって近づい  胸をはって、ゆうぜんと近づい  そばに近づい  方へ、そっと近づい  ルゾン号に近づい  クーパーはそっとまるまどに近づい  無電器械のまえに近づい  鉄水母に近づい  上機嫌で近づい  地球に近づい  いに近づい  小舟を飛ばして近づい  窓硝子に近づい  成女期に近づい  嶽麓へ近づい  四十五分に近づい  たんすへ近づい  ドアへ近づい  部屋へ近づい  ほうへ近づい  枕許に近づい  道路は近づい  土塊に近づい  音をたてて近づい  安息がひそやかに近づい  こっちに向いて近づい  帰宅が近づい  箇所に近づい  瀬に近づい  ことが、驀地に近づい  逼り近づい  場所へと近づい  ッて、近づい  成効に近づい  私が近づい  時は近づい  何かが近づい  青木に近づい  災害が近づい  一団だが近づい  感覚に近づい  声は段々近づい  始業時刻が近づい  私に近づい  悪魔が近づい  音が近づい  何気なくそれに近づい  船へ近づい  死期はもう近づい  高僧が近づい  時が近づい  隨分遠くにゐますが、段々近づい  腰を休め休め近づい  寝顔に近づい  テールに近づい  波が近づい  ぜんたいが、近づい  死期も近づい  私は近づい  六つの機影がぐんぐん近づい  ところまで近づい  空から近づい  邸に近づい  怪塔へじりじり近づい  こっちへ近づい  だんだんこちらへ近づい  はじまる時刻は近づい  白骨島に近づい  頭上に近づい  上に近づい  大詰が近づい  言文一致に近づい  ドン底に近づい  確実に近づい  暮れに近づい  記念祭が近づい  テーブルに近づい  テーブルへ近づい  お十夜が近づい  足音とともに近づい  手元へ近づい  身辺に近づい  さよが近づい  叺そのものに近づい  落合太平に近づい  中を泳いで近づい  気配りがなくただ近づい  足並で近づい  武蔵が近づい  急速に近づい  こちらへ近づい  声の或は遠のいたり或は近づい  別れが近づい  次第に近づい  前へ近づい  戸へ近づい  女に近づい  クリスマスが近づい  直接に近づい  形で近づい  日が、いよいよ近づい  わきへ近づい  方に向って近づい  方に向かって近づい  低気圧などの近づい  敵が近づい  竹にまたとまって、じっと近づい  赤とんぼに近づい  終りに近づい  三月が近づい  さに近づい  交叉点へ近づい  ものは近づい  其方へ近づい  神に近づい  そばへ近づい  天幕に近づい  小屋に近づい  今ドルフに進み近づい  だんだんそれが近づい  疲労状態に近づい  両方から近づい  スタートに近づい  林に近づい  目前に近づい  現実感情に近づい  そちらへ近づい  夕ぐれが近づい  路易があわてて近づい  墓場に近づい  月末に近づい  自然主義リアリズムに近づい  境が削りとられてゆき、近づい  音を立てて、近づい  御府内へ近づい  侍へ近づい  日も近づい  断末へ近づい  ツカツカと近づい  境に近づい  警戒しながら近づい  手紙に近づい  旧正月が近づい  彼女に近づい  彼の近づい  だんだんに近づい  ところへ近づい  その間にも、次第に近づい  わたしに近づい  犬が近づい  寝台に近づい  永遠のわかれが近づい  はじめて彼に近づい  からだに触れるほどに近づい  枕に近づい  戸口に近づい  自然主義的小説に近づい  夜はすでに近づい  下へ近づい  死人に近づい  我々に近づい  喜びの近づい  われわれが近づい  一歩一歩と近づい  日はいよいよ近づい  岸へ近づい  賑やかに話しながら近づい  逸作の近づい  僕だってあなただから近づい  若い男に近づい  彼に近づい  家に近づい  犯罪にさえも近づい  眼とが合うほどまでに近づい  露見が近づい  前まで近づい  顔で近づい  眼を光らせながら近づい  門に近づい  ようにして近づい  サダに近づい  からだをゆすりながら近づい  ペテルブルグに近づい  足音が近づい  戸前へ近づい  ドサドサと近づい  終りが近づい  ノソノソと近づい  それに近づい  帽子を持っておずおずと近づい  歩調をとりながら近づい  馬車が近づい  娘たちに近づい  星田に近づい  京子さんに近づい  事が近づい  ぐもは用心深く近づい  見物人達は近づい  危険が近づい  雲が近づい  二つの電気が近づい  町に近づい  目的物に近づい  嵐が近づい  ヘーゲル主義に再び近づい  げに近づい  小舟に近づい  明方に近づい  五刻半に近づい  会湊点へと近づい  船は近づい  しかし、近づい  目のあたりへ近づい  二三歩眞佐子に近づい  流れに近づい  二三歩真佐子に近づい  海から近づい  月末には近づい  驟雨が近づい  裾をひいているが、近づい  中野が近づい  ように近づい  笑みをもって、にやにや、近づい  沖へ近づい  入口へ近づい  山牢もだいぶ近づい  しまったらしく、やがて、近づい  影法師が見えるくらいに近づい  男が近づい  方に近づい  絶望しながら、近づい  そこまで近づい  葵祭が近づい  一日一日と近づい  扉に近づい  一番急所に近づい  だんだん二人へ近づい  日没も近づい  真夜中に近づい  そっちへ近づい  結氷点が近づい  性急にふりながら、近づい  変化の近づい  時節が近づい  一足一足と近づい  足を早め、近づい  戸外に近づい  季節が近づい  一眼で判り、近づい  下心があって近づい  暮が近づい  さうにこちらへ近づい  硝子に近づい  勘定日が近づい  天国が近づい  ところに近づい  卒業試験も近づい  誰も近づい  盂蘭盆が近づい  機会の近づい  角を曲がって近づい  駕籠へ近づい  僕に近づい  これもやがて近づい  温泉も近づい  虎に近づい  一歩料理に近づい  小戦が近づい  陽炎に乗って揺れながら近づい  二人、近づい  そつと近づい  前へ、つかつかと近づい  林太郎が近づい  一行が近づい  終りの近づい  どれもが、近づい  後に近づい  方から足音が段々近づい  仕上りに近づい  夏の近づい  卓子へ近づい  石廊を近づい  手を振りながら近づい  入口に近づい  プログラムに近づい  花見どきに近づい  煙に近づい  しろからそっと近づい  ところへちょこちょこ近づい  男に近づい  たらいに近づい  劉備は、近づい  一散に近づい  声が近づい  またたく間に近づい  大股に近づい  姿が近づい  美音は、近づい  鞭を上げつつ近づい  雲長は、近づい  敵陣へ近づい  玄徳らは、やがて近づい  中日が近づい  声は近づい  立上つて馬右エ門に近づい  さし足、近づい  組版ルールに近づい  中心に置いた物語りは終わりに近づい  怪艦に近づい  敵の近づい  だんだんアリゾナ州へ近づい  宇宙艇へ近づい  群に近づい  群へ近づい  地球へ近づい  檻車に近づい  此方へ近づい  間に近づい  眼のまえに近づい  ここへ近づい  外まで、近づい  火星が近づい  そこへ近づい  私達に近づい  方へ向って近づい  単身信長に近づい  物音が近づい  絵へ近づい  タンクに近づい  危険に近づい  旅人に近づい  追手が近づい  滅亡に近づい  火はすでに近づい  火の海はもはや近づい  時も近づい  人間以上神に近づい  鼓を鳴らして、近づい  駿馬は早、近づい  君へ近づい  林へ近づい  笑い声が近づい  臨終もはや近づい  廊をうかがって、近づい  恐々と近づい  向上し、近づい  意義に近づい  年末に近づい  スタンレーに近づい  鉄舟に近づい  関さんに近づい  芸術に近づい  ときが次第に近づい  つもりで近づい  距離が相近づい  幕末に近づい  圧倒すべく近づい  かたわらに近づい  玄武門に近づい  寝床に近づい  媚で近づい  生物主義にまで近づい  経済年度が近づい  孝は近づい  靴音が近づい  夕靄とともに近づい  関羽が近づい  松明でもこしらえて往こうと思いながら、近づい  黄昏が近づい  危険の近づい  何もかも最後に近づい  美を愛し、醜に近づい  火に一層近づい  だんだんこちらに近づい  だんだん足音が近づい  リーグ戦が近づい  別当に近づい  傍に近づい  漱石に近づい  彼等が決して近づい  威勢よく近づい  忍びやかに近づい  旅客が近づい  下に近づい  古城は近づい  ここに近づい  裡から近づい  本人に近づい  節句も近づい  だんだん産月も近づい  薄笑ひをして近づい  小路に近づい  裸体に近づい  薄笑をして近づい  それが近づい  人たちは、近づい  しろへと近づい  天狗岩に近づい  誰かが近づい  とたん、近づい  穴に近づい  おしまいに近づい  モロー彗星が近づい  ボートに近づい  これに近づい  火星人に近づい  人間に近づい  日は近づい  一隊が近づい  例のごとく近づい  火星人の近づい  日が近づい  モロー彗星は、いよいよ近づい  そばへ、恐る恐る近づい  ものが近づい  相手に近づい  艇は、だんだんと近づい  火星に近づい  月は、ぐんぐん近づい  兵が近づい  それは徐々に近づい  水寨へ近づい  サミイへ近づい  哲学者に近づい  ノソリと近づい  あし音が近づい  助が近づい  目に入れながら近づい  側に近づい  こっちへ向って近づい  枕元に近づい  病室に近づい  枕もとに近づい  気配が近づい  大名にも近づい  弁証法的神学に近づい  臨月が近づい  暗雲はしだいに近づい  先へ近づい  夷陵へ近づい  援軍が近づい  寄手は近づい  地へ近づい  ドカドカとあわただしく近づい  こっちを見ていたが、やがて近づい  それが次第に近づい  人見治子が近づい  から、スーッと近づい  グワーッと近づい  天へ近づい  長靴をずりこませながら、大またに近づい  停車場に近づい  所に近づい  ほうに近づい  ために近づい  すれすれになるまで近づい  閾に近づい  手欄に近づい  検疫所が近づい  日々荊州へ近づい  敵軍はすでにだいぶ近づい  死際が近づい  死に近づい  ため、近づい  ッ赤にそめて近づい  二に近づい  状態に近づい  黄昏に近づい  青年は近づい  ところにいて、近づい  終末に近づい  時期は近づい  平岡に近づい  挨拶に近づい  益廃頽趣味に近づい  燈が近づい  馬をすすめて近づい  恐怖に近づい  門から近づい  息がいきなり近づい  下鴨だから、近づい  湯槽へ近づい  鶴雄に近づい  横ざまに近づい  老人は近づい  一足天下統一に近づい  統一に近づい  到着がすでに近づい  日の近づい  そこに近づい  月面に近づい  ヘッドライトは消して近づい  新月号は近づい  覚悟して、おそるおそる近づい  足音を忍ばして近づい  不可避的に近づい  ほうに歩み近づい  頂上を見つめながら近づい  後ろから静かに近づい  葉子に近づい  旅館が近づい  玄関口に近づい  催しが終わりに近づい  冬期休暇も終わりに近づい  倉地に近づい  ほうに走り近づい  一室一室と近づい  悠々閑々として近づい  一日毎に近づい  中から私に近づい  辺に近づい  結局死へ近づい  明け方に近づい  習俗に近づい  形に近づい  村は近づい  お祭は、次第に近づい  方からそれに近づい  だんだん京大阪へ近づい  音が次第に近づい  運命をもって互いに近づい  三四郎に近づい  異性に近づい  一に近づい  絵に近づい  用がなくなっても、いっそう近づい  背後を、吹かれ、送られ、近づい  春が近づい  ためにより近づい  部屋に近づい  だんだん落しに近づい  だんだん暁が近づい  人とは最も近づい  終熄に近づい  歩ばかり近づい  処に近づい  爪先が近づい  都会地に近づい  競馬が近づい  危機が近づい  墓地に近づい  顔を曇らせながら、近づい  ゆっくりしていれば、近づい  時期も近づい  子供に近づい  尼僧に近づい  死が近づい  売場に近づい  縄が近づい  感にうたれたが、近づい  集団発狂が近づい  それがなお近づい  国民発狂が近づい  やうに、近づい  小走りに、近づい  中から胸を出して、近づい  行列が、近づい  所へ近づい  侍が近づい  姿と、近づい  武者窓へ近づい  声をかけて近づい  手に近づい  島に近づい  銀座に近づい  響きを強めながら近づい  カルルに近づい  山賊ありと心得たら、近づい  人気はなく、近づい  軒に近づい  初老期へ近づい  三更に近づい  能に近づい  秋田に近づい  完成に近づい  方からこっちへ近づい  発生して近づい  なにも近づい  狼に近づい  時代の近づい  しろに近づい  中を近づい  時刻が近づい  問題に近づい  通行人の近づい  炉囲いに近づい  真理に、着々と次第に近づい  発見に近づい  空が、近づい  叛乱地に近づい  一群が近づい  光をやや弱めながら近づい  葉をちぎりちぎり近づい  窓から近づい  舷とがすれあわんばかりに近づい  怪貨物船に近づい  五千メートルぐらいに近づい  位置まで近づい  一語も発しないで、近づい  何処からか近づい  前から気付いて居たが、近づい  御輿の近づい  帰りは近づい  帰京も近づい  時間が近づい  冬籠の近づい  期日も既に近づい  火の粉を高く吹き上げつつ近づい  十號に近づい  のが近づい  港に近づい  明りに近づい  ニコラエウスクに近づい  群が近づい  山も近づい  こなたに近づい  九月の近づい  二人に近づい  町へ近づい  あたりまで近づい  向うへ近づい  後から、近づい  ところまで、近づい  側まで近づい  それからボートを出して近づい  縁が近づい  太陽に向って近づい  一直線で近づい  こちらに近づい  国本土に近づい  艦はグングン近づい  京都遊学が近づい  思つて、近づい  道子に近づい  臨終に近づい  終焉が近づい  ゆっくり岸に近づい  元気よく近づい  おいおいに近づい  大雪の近づい  おいおい村に近づい  大胆に近づい  少年に近づい  安全、或は近づい  子供達に向って近づい  十二月が近づい  市門に近づい  未来が近づい  学芸会が近づい  意味ありげであるが、近づい  先に近づい  岡田に近づい  ゆつくり近づい  女が近づい  海に近づい  棺桶を担いで近づい  棺桶に近づい  電車が近づい  たしかに火は近づい  比較的キスに近づい  窓下に近づい  帆村がつと近づい  顔に近づい  方から足音が近づい  口に近づい  だんだん死期に近づい  冬が近づい  森に近づい  話をして見ようとして近づい  山の上へ近づい  外まで近づい  一体今日己に近づい  おじいさんに近づい  手拭に近づい  死線は近づい  みんな死ぬ日が近づい  婚期が近づい  暗色に近づい  はいつてゆつくり近づい  廊下を踏み鳴らしながら近づい  終局が近づい  それは近づい  破滅も近づい  側へつかつかと近づい  一周忌も近づい  老婆が近づい  惨敗に近づい  雨期が近づい  プログラムが終わりに近づい  清水も近づい  野原へ近づい  一人に近づい  二人が近づい  城へ近づい  少年が近づい  四人は近づい  足もやや近づい  集団は近づい  ときが近づい  呪文的恐喝に近づい  此方へと近づい  娼婦たちも近づい  奴隷たちも近づい  村が近づい  人が近づい  はじまる時刻が近づい  甲府へ近づい  不思議に思いながら近づい  兵馬は近づい  私はただ近づい  森をめがけて、すたすた近づい  一人が近づい  窓に近づい  距離はだんだんと近づい  ソッと近づい  三三六室に近づい  一行に近づい  ぜったいに近づい  人たちだから、決して近づい  ほほえみながら近づい  方へ、近づい  スタイルに近づい  跫音も荒く、近づい  背後に近づい  金網を張り、みだりに近づい  飜つた、唯見ると颯と近づい  飜った、と見ると颯と近づい  狐塚が近づい  笑顔で近づい  小舟に乗って、近づい  傍らへ近づい  時代が近づい  春に近づい  火の海が次第に近づい  出口に近づい  祭りの近づい  其処に近づい  夏も、やがて終わりに近づい  四十に近づい  裏面から近づい  内地へ近づい  漸次に近づい  午後四時半が近づい  自分に向かって近づい  箱に近づい  むら気に近づい  時代に段々近づい  閉会に近づい  船足でのろのろと近づい  忍び足で近づい  はじまりが近づい  おもしい足音が近づい  微笑しながら近づい  ゴーツと近づい  利助へ近づい  枕元へ近づい  終りがなんとなく近づい  危機の近づい  ニーナの近づい  方へころがり近づい  暮も近づい  時の近づい  鼓して近づい  彼女が近づい  変化は近づい  先達に近づい  パリに近づい  窓下まで近づい  下界に近づい  鐘に近づい  浅草まつりが近づい  中年男が近づい  山々はよかつたが、近づい  端午が近づい  谷へ近づい  土手に近づい  要心ぶかく、のそのそと近づい  人の近づい  河原へ近づい  足三足、近づい  東国へ近づい  兄者人へ近づい  扇ヶ谷に近づい  母すら近づい  御座所まで近づい  じわじわ彼女へ近づい  だんだん漕ぎ近づい  評論に近づい  十時は刻々に近づい  午前十時は刻々に近づい  距離は近づい  裏口に近づい  後家さんは、いよいよなれなれしく近づい  跫音が近づい  夕陽を負って近づい  吉日は近づい  馬上の人影などが、近づい  房へは近づい  相に近づい  踵に近づい  自分へ近づい  しじまを打って、すたすたと近づい  バタバタと近づい  青竜王に近づい  老境に近づい  形勢が近づい  何にも知らず近づい  船が、近づい  ものが、近づい  亂れて近づい  久保に近づい  僕へ近づい  つて歩一歩霧島に近づい  人間が近づい  上諏訪に近づい  被りものに近づい  のかと、近づい  機をうかがって、近づい  こっちへも近づい  待ちうけて、近づい  滝に近づい  辺まで近づい  一同も近づい  貌をしていると、近づい  ラツール氏が近づい  あと二十メートルばかりに近づい  筏が近づい  海岸に近づい  玉太郎たちが近づい  ダビットが近づい  ケンも近づい  死期が近づい  巣も近づい  モレロは近づい  どれ、少し近づい  先方も近づい  垣根に近づい  薊は、近づい  小屋を目指して近づい  真相に近づい  あいつに近づい  同勢と共に近づい  午に近づい  船の近づい  近海に近づい  寝台へ近づい  徐々と近づい  冷笑しながら近づい  不用意に、近づい  だんだん花は終わりに近づい  机に近づい  から、近づい  末、近づい  オウといって近づい  方へビクビクしながら近づい  舞台近くへ踊りながら近づい  赤羽夫人に近づい  蓄音器に近づい  ここへ向って近づい  二千に近づい  立場へ近づい  荒海が近づい  犬でもこわがらずに近づい  屍に近づい  ジジに近づい  場に近づい  さで近づい  峻峭を以てするも、近づい  形を崩さず徐々に近づい  肩へ近づい  ヒロシが近づい  三年目に近づい  お前に近づい  硝子臺に近づい  そちが近づい  一港へ近づい  もので、かくしてようやく相近づい  茂太郎が近づい  人を掻きわけて近づい  しづかに近づい  しずかに近づい  初秋に近づい  婦人が近づい  腰へ近づい  夜が近づい  目的に近づい  彼女は近づい  里に近づい  豊年祭りが近づい  妾に近づい  観衆をかき分けて近づい  市に近づい  兵タイが近づい  だんだん春に近づい  足を弛めて近づい  だんだん互いに近づい  裏木戸に近づい  方へふらふらと近づい  帝が近づい  配所へ近づい  あとから近づい  新田勢が近づい  村に近づい  通りに近づい  好奇心を以て近づい  それで近づい  大将に近づい  あしおとが近づい  彼へ近づい  冬空に近づい  こちらに向って近づい  ことか、近づい  田山が近づい  こちらへ向いて少しずつ近づい  犬の近づい  足どりで近づい  微笑をうかべながら、急いで近づい  大股で近づい  遠くから、やあ、やあ、いいながら近づい  まま、のっそりと近づい  さをみせて近づい  人影がようやく近づい  一ぺん狎れて近づい  時刻はもう近づい  東京に近づい  機をうかがっていたが、近づい  ソロソロ井戸端に近づい  ヨロヨロと近づい  男は近づい  殿へ近づい  正成は近づい  一人が、近づい  奥まで、近づい  位、近づい  飛行艇隊が近づい  不審がり、近づい  ゆえに好んで近づい  声は次第に近づい  議長席に近づい  壇に近づい  容易に近づい  殿様蛙が近づい  破綻が近づい  漂流気球に近づい  これへ近づい  俄に、近づい  忍び忍び、這い近づい  音が、轟々と近づい  帳場に近づい  みつへ近づい  背後から近づい  生垣へ近づい  小腰をかがめて近づい  誰かと思って近づい  出が近づい  跫音が、近づい  北の方から近づい  彼岸ももう近づい  時節ももう近づい  船はようやく近づい  道場へ近づい  自然に近づい  双方から近づい  幕軍が近づい  足音を忍ばせて近づい  左右からはさんで近づい  重吉に近づい  東京へ向って近づい  あてに近づい  八方こっちへ近づい  物音に近づい  携げて近づい  踵をかえして近づい  立上つてオルガンに近づい  人間は近づい  縁に近づい  事がわかるまでに近づい  前にまで近づい  目をとめながら、近づい  うつろに近づい  内部をうかがいに近づい  次第次第に近づい  祝言などに、各近づい  民俗芸術に近づい  世界が近づい  泣き声が、近づい  クララに近づい  旅人どもは近づい  彼等が近づい  館へ近づい  時がもう近づい  厳かに、黙々として近づい  彼は近づい  芸者などが近づい  京都に近づい  とき既に近づい  そつちへ近づい  眼を指しながら徐々に近づい  遠方から次第に大きくなりつつ近づい  だんだん彼に近づい  草原をわけて近づい  距離に近づい  飄々と近づい  舟へ近づい  方へと近づい  穴へ近づい  木の下に近づい  足で近づい  血相をもって近づい  尾など振って近づい  岳に近づい  雪に近づい  彼を見据えながら、近づい  ルイザに近づい  彼女がしめた引き出しに近づい  二人はまた近づい  人声は近づい  音が聞え、近づい  耳に近づい  乍ら先生は近づい  だんだん終りに近づい  作り笑ひをして近づい  目的はしだいに近づい  柵に近づい  鉾に近づい  距離まで近づい  推定に近づい  僕を見ながら近づい  朝が近づい  六十歳に近づい  一歩一歩海へ近づい  たましいと近づい  詩歌に近づい  風で近づい  村瀬が近づい  事実に近づい  手元に近づい  だんだんこっちに近づい  ツたりいつて、次第に近づい  声がして、近づい  ッたりいって、次第に近づい  唾を吐いたり、わざわざ近づい  殊に笠神博士には一層近づい  方から積極的に近づい  線に近づい  近距離に近づい  月野博士も近づい  門を通ろうとすると、なれなれしく近づい  上、近づい  行列はいよいよ近づい  耳元に近づい  ニコニコしながら近づい  静止に近づい  ロダンに近づい  締切が近づい  一歩一歩兵馬に近づい  一つ家に向って近づい  人声がやかましく近づい  赤ら面をかがやかせて、のこのこと近づい  口を利き出して近づい  二足三足と近づい  ぼくらの方に近づい  アチミアーノフが近づい  彼らに近づい  扉口へ近づい  音響に混ざつて、近づい  決闘場へ近づい  男達が近づい  夜中に近づい  二人連れの近づい  姉が近づい  ものに向かって近づい  死期に近づい  村落に近づい  最期が近づい  大晦日もそろそろ近づい  いつたん窓に近づい  青年が近づい  のを待っていると、ほどなく近づい  申しわけたらたら近づい  一団へ近づい  御陵衛士隊長に近づい  パリーに近づい  情婦に近づい  無言で近づい  一緒に近づい  夕闇が近づい  男性の近づい  特に友子たちに近づい  その男が近づい  中将を思って、じっとながめながら近づい  夢のように尚侍へ近づい  寝所に近づい  フラフラと近づい  スカートが明るく近づい  医者に近づい  明後日に近づい  一足飛びに近づい  手紙を送って慰めてやりたい、近づい  惟光が近づい  人影はひよつくりひよつくり近づい  ことが近づい  だれも近づい  川尻が近づい  耳元に迫って来て、いよいよ近づい  だんだんこっちへ近づい  名として、近づい  遊客に近づい  世話をいたしかけましたものの、そう近づい  其窓に近づい  其暖炉に近づい  其煖爐に近づい  退院の近づい  曲の終わりに近づい  年末が近づい  産期が近づい  院庭へ近づい  悟りに近づい  曲が終わりに近づい  女房たちが近づい  隣へ近づい  樣に追ひ越されたり、追越したり、段々近づい  様に追ひ越されたり、追越したり、段々近づい  若君は近づい  お座へ近づい  一周忌にももう近づい  賑かに近づい  六条院に近づい  薫がしいて近づい  殿方が近づい  性情などに近づい  人に近づい  まり宮へ近づい  オリヴィエに近づい  日暮れ方に近づい  私が、近づい  ほかは近づい  死期の近づい  あいかわらず一直線に近づい  事に近づい  気勢が近づい  脚が近づい  脚は近づい  ちやうど日を重ると共に近づい  さうに聞いてゐたが、近づい  人を乗せずに傾きながら近づい  記録に近づい  美緒に近づい  膝の相触れるまで近づい  期の近づい  駅に近づい  駅へ近づい  僕等に近づい  くらゐ近づい  言語情調に近づい  此女に近づい  耳には、近づい  麓に近づい  人声がすでに近づい  斜に動いて近づい  ことは多分堪えられたろうが、近づい  岬に近づい  スクーナー船に近づい  柵壁へ近づい  料理番が再び近づい  頂上に近づい  日に近づい  君子に近づい  盛りに近づい  窓まで近づい  人物が、ニヤニヤしながら、近づい  茫然と近づい  芯に近づい  花に近づい  足もとに近づい  太政官に近づい  胸を張って、近づい  腰を屈めて近づい  かごへ近づい  お祭りは近づい  参木は近づい  後まで近づい  午前十時に近づい  忠実に近づい  音が、近づい  平俗調に近づい  故国へ近づい  口笛を吹いてゐるといきなり近づい  爽やかに近づい  んで近づい  無意味に近づい  テエブルへ近づい  父に近づい  高水準に近づい  思想に近づい  まわりへ近づい  はりへ近づい  最後に近づい  初冬に近づい  舟を返して近づい  頂に近づい  傍らに近づい  神の国は近づい  神の国へ近づい  夕暮に近づい  ネクタイが飾ってあるので近づい  最後が近づい  大陸へ近づい  一周忌が近づい  近代小説に近づい  三十歳に近づい  グループに近づい  真実に近づい  部分へ近づい  私がニヤニヤ近づい  當別岬に近づい  建物に近づい  山へと近づい  間から、近づい  現場へ近づい  小山は近づい  背嚢に近づい  足もとへ近づい  乱れも近づい  兼輔はもう近づい  悪魔に近づい  遂ぐる時節も近づい  後ろに近づい  秋が近づい  一足を近づい  別荘に近づい  だんだん秋が近づい  平均に近づい  期が近づい  気を配り、近づい  足早に近づい  口語律に近づい  象徴に近づい  時機の近づい  頼経に近づい  乍ら一足が近づい  入口から近づい  だんだん平塚へ近づい  廊下を近づい  観客はまた近づい  ほうから近づい  夕べに近づい  姿だと思って、近づい  磯五に近づい  いそぎ足に近づい  金雀枝に近づい  松屋惣七が近づい  眼を、近づい  縁を近づい  笑いをうかべて、そろりそろりと近づい  試驗期は近づい  窓口に近づい  祭壇に近づい  スカイラインがじりじりと近づい  姉の結婚は次第に近づい  産月が近づい  友情をさへ見せて近づい  夏が近づい  音をさせて近づい  歌声が近づい  歌は次第に近づい  順送りに近づい  樹へ近づい  微風に、動くともなく近づい  ように、決して近づい  者が残っておりまして、近づい  一人忍び足で近づい  没落に近づい  だんだん切符口へ近づい  何しろ遠慮なく近づい  銅山に近づい  何物か近づい  傍まで近づい  カンテラを揺りながら近づい  向うから近づい  疲れた足を擦りながら、いそいそ近づい  標に近づい  刻一刻と近づい  火事が近づい  放火者が近づい  急足に近づい  巷に近づい  喚声が近づい  岩城さして近づい  瞬間が近づい  乍らふらふら近づい  やうにして近づい  破綻に近づい  人家が近づい  一ツ山が近づい  やうに近づい  将校が近づい  お美代の方に近づい  怪音が近づい  すれすれになるほど近づい  ソロソロと近づい  声をあげて近づい  紳士が近づい  山山がずつと近づい  反感を持って近づい  だんだん天窓に近づい  グロリア号に近づい  水域に近づい  メーデーが近づい  地上に近づい  満期が近づい  艦艇が近づい  今、近づい  オルガ姫が、つかつかと近づい  跫音が入りみだれて近づい  夏に近づい  時代に近づい  のも大ぶ近づい  外交辞令に近づい  斜めに近づい  ドアに近づい  牧夫が近づい  湯場に近づい  何となく甲州に近づい  時刻も近づい  のち、その近づい  棺に近づい  降誕祭が近づい  圧服をもつて近づい  机へ近づい  火鉢へ近づい  気違ひに近づい  冬休みも近づい  宵であつたが、それとなく近づい  木村重吉が近づい  歳末に近づい  冬至に近づい  俊太郎を乗せて近づい  鈴の音が近づい  めぐりあわせ近づい  汽笛を鳴らしながら近づい  廊下から段々近づい  ことがあると思って、近づい  のであるが、いよいよ近づい  家へ近づい  外に近づい  人間的美にまで近づい  二百十日でも近づい  端からこちらへ近づい  うちに近づい  畜生め、近づくなら近づい  百姓男が近づい  期限が近づい  円形劇場に近づい  碑に近づい  思春期に近づい  フォードが近づい  クリスマスは近づい  幕劇に近づい  響が近づい  高唱しながら、次第に近づい  手真似で近づい  少年は近づい  顔が近づい  食慾をもつて近づい  席に近づい  秋安へ近づい  一歩でも近づい  ひろ子に近づい  力を得て近づい  籠に近づい  方からだんだんこちらに近づい  艀がひたひたと近づい  団体に近づい  はじめコンスタンチノープルに近づい  ぼくはそっと近づい  巨獣に近づい  足音をしのばせて近づい  婦人に近づい  富士男に近づい  海蛇に近づい  神へ近づい  聖堂に近づい  宗教に近づい  記録者として近づい  見地から農民文学に近づい  原理に近づい  官船に近づい  完結に近づい  墻に近づい  洞窟に近づい  フーラー博士が近づい  神風式偵察機が近づい  潜望鏡だけを出して、こっそりと近づい  ヤーネル艦隊は近づい  ヤーネル艦隊に、近づい  東京湾に近づい  艦隊は、じりじりと近づい  急に近づい  遊撃隊をねらって近づい  門前に近づい  二更に近づい  覚醒が近づい  中をばさばさと近づい  淵に向って近づい  人々を掻きわけて近づい  ようで、しかし、近づい  壁に近づい  邦夷は近づい  すそを踏み踏み近づい  阿賀妻らが近づい  一足ごとに近づい  それに答えて近づい  二人、大ごえに喋りながら近づい  挨拶しながら近づい  用心ぶかく近づい  大人に近づい  刻一刻東京へ近づい  方へ遮二無二近づい  予感を感じて、そっと近づい  ベッドに近づい  繪に近づい  誰が近づい  のも、近づい  青空に近づい  余に近づい  ペエジに近づい  岸に近づい  珠名に近づい  境地に近づい  充分に近づい  確かに近づい  ポストに近づい  金網に近づい  傍見をして近づい  その男は、近づい  先方からすつと近づい  今泉の近づい  表情を浮べながら近づい  座を立つて近づい  時間がもう近づい  産期の近づい  心に最も近づい  間願つた時期は近づい  目つきで近づい  硝子窓に近づい  三時に近づい  影が近づい  峠に近づい  下田へ近づい  足音をひびかせながら近づい  さっき死刑囚に近づい  人影が近づい  研究所に近づい  短波放送機に近づい  さは近づい  だんだん河岸に近づい  小船に近づい  予定日に近づい  短歌に近づい  譬喩表現に近づい  學期試驗が近づい  少女に近づい  学期試験が近づい  方へずかずかと近づい  ふさわけに近づい  政権に近づい  ひとつの椅子に近づい  標準に近づい  笠井氏に近づい  僕はふらふらと近づい  窓へ近づい  物に近づい  敵がろくろく近づい  凋落に近づい  あたり時が近づい  十二哩背ろに近づい  断定に近づい  階段に近づい  一周忌がもう近づい  峰に近づい  糸は切れない、どんなに近づい  要塞地帯に近づい  宗助は近づい  時刻がようやく近づい  の域に近づい  こっちに向けて、近づい  大ニコニコ顔で近づい  門柱に近づい  父上に近づい  人やなぁ、と思いながら近づい  殆ど仕上りに近づい  汀へは近づい  石に近づい  末期の近づい  急ぎ足に近づい  裏戸に近づい  勝利は近づい  だんだん聖賢に近づい  人と近づい  少女が黙々として近づい  ひと足ひと足うまい物に近づい  眠りに近づい  土人は、だんだんと近づい  笑ひながら近づい  終局に近づい  坂下から急ぎ足に近づい  草を分けて近づい  かすかに近づい  花も終わりに近づい  水に映って、近づい  個人的論理に近づい  たしかに硝子戸に近づい  事も無ければ、近づい  音の近づい  卓子に近づい  間近へ近づい  夏はさ中にも近づい  下へでも近づい  窓際へ近づい  小屋へと近づい  目あてに近づい  中をごそごそ云わせて近づい  一群に近づい  改札口へ近づい  日比野に近づい  つて改札口へ近づい  うに見やりながら近づい  一軒に近づい  乞食が近づい  爪先で歩いて近づい  教師は近づい  場所に近づい  七月はしだいに終わりに近づい  病床に近づい  新子に近づい  母屋に近づい  だんだん冬が近づい  翼を拡げて急いで近づい  兄に近づい  チヤッ、と近づい  足音は近づい  ぐらゐに思つて、のこのこ近づい  阿弥陀浄土変相図に近づい  阿彌陀淨土變相圖に近づい  だんだん此方へ近づい  更年期にも近づい  教師に近づい  鏡に近づい  火に近づい  テーブルめざして近づい  一つに近づい  山に近づい  だんだんそっちへ近づい  日々が近づいてくれば近づい  終滅に近づい  者が乗込み、近づい  藤兵衛も近づい  霊に近づい  中核に近づい  十町も歩いた、漸くにして近づい  一歩一歩、近づい  番所へ近づい  正月が近づい  乍ら重役に近づい  水際に近づい  妙に近づい  世界に近づい  歴史的見方に近づい  徐ろに近づい  ところのものに近づい  危機に近づい  だんだん花崗岩に近づい  私はそろそろ近づい  距離へ近づい  二三歩彼に近づい  鼻先に近づい  門口に近づい  夏祭が近づい  玄関に近づい  態を見て笑いながら近づい  夕方に近づい  背後へいつの間にか近づい  低気圧が近づい  遭難地点に近づい  私達は近づい  右手に近づい  いつか終わりに近づい  砲声はいよいよ近づい  ことは、まえにいいましたが、近づい  屍体に近づい  又八が近づい  年暮に近づい  陸が近づい  脚下に近づい  次郎が近づい  墓に近づい  次郎に近づい  戦争は近づい  話がすんだら、近づい  傍へつかつかと近づい  ダイナマイトに近づい  少将に近づい  飛行島に近づい  顔して近づい  足音はいよいよ近づい  柳生へは、近づい  においが、近づい  偸んで近づい  青年期に近づい  久留米に近づい  それに誘われて、急いで近づい  同義語と思われるまでに近づい  絵になって段々近づい  物を提げて居る、近づい  根本へ近づい  地に近づい  末年に近づい  二十歳に近づい  方へもつと近づい  これまで折角近づい  その後はもう近づい  泥棒泣かせに近づい  様子を怪しんで近づい  新学期も近づい  爆布は、だんだんと近づい  ところへ、のこのこと近づい  しんから近づい  そこけ、と近づい  日暮時が近づい  裏垣根に近づい  季節が、近づい  銃をとって、近づい  銃を振り上げて近づい  顫えながら、近づい  心に近づい  国引き神話に近づい  行法にも近づい  郎の近づい  馬田の近づい  馬田に近づい  次郎がつぎつぎに近づい  その男がいつの間にか近づい  発車時刻が近づい  先生に近づい  彼自身それに近づい  春も近づい  一足二足そちらに近づい  月末が近づい  少女であったら近づい  寝室が近づい  者が近づい  兵部に近づい  燈台に近づい  花鉢に近づい  森へ近づい  水に近づい  いくら足を縮めても近づい  秋の近づい  静かに近づい  生活様式に近づい  捜索隊が近づい  食卓に近づい  ひと足ずつ近づい  わたしが近づい  ガウンがすーっと近づい  透明人間は近づい  なんであろうかと近づい  アザラシに近づい  荒田老に近づい  郎に近づい  大河に近づい  次郎は近づい  朝倉先生は近づい  物音は別段に近づい  死骸に近づい  ふしぎに思いながら近づい  高空に近づい  雨落に近づい  肌に近づい  ヤス子に近づい  終期に近づい  衰亡の近づい  方は、こうしてかなり近づい  娘へ近づい  夜あけが近づい  背後へ近づい  ヴィラが近づい  別荘が近づい  別離が近づい  交錯がしきりに感じられて、近づい  宿が近づい  崖を這い降りて、近づい  場所へ近づい  火は近づい  だんだん側に近づい  吹奏しながら近づい  自分を、知ってか知らずにか、振り返って近づい  こっちから死に近づい  そこに知らず知らず近づい  三歩ぐらいに近づい  吠が次第に近づい  垣に近づい  スールー海に近づい  干潮が近づい  式が終わりに近づい  だれだかと思って近づい  九月も近づい  関所も次第に近づい  季節も近づい  退役も近づい  半蔵たちに近づい  ところに集まって、近づい  一行の近づい  宮廷に近づい  駕籠も次第に近づい  二十一周忌が近づい  将軍に近づい  あちこち歩いていると、近づい  簾に近づい  声が叫びつつ近づい  願いは近づい  改札口に近づい  人里に近づい  夏休も近づい  期日が近づい  のを見つけ近づい  川に離れたり近づい  流とは近づい  あそこに近づい  近辺へ近づい  東京駅に近づい  五月十二日も近づい  日取りも次第に近づい  日取りの近づい  季節に近づい  中からだんだん明瞭に近づい  病室へ近づい  菓子箱へと近づい  万寿丸を目がけて近づい  それを曳きなやみつつ、じりじりと近づい  クレインは近づい  伝馬は近づい  仕事着にでも近づい  態度で、近づい  見物に近づい  近所まで近づい  右門が珍しく近づい  結果に近づい  分れ目が近づい  女は近づい  シンに近づい  ところへゆうゆうと近づい  目を光らしながら近づい  牢前に、ずかずかと近づい  臭いなと思ってすっくと立ち上がりながら近づい  浴槽へ近づい  一番に近づい  制限に近づい  それが、一歩々々に近づい  吉野は近づい  言ひながら近づい  月影を滴らせて、近づい  下ばかりみながら近づい  ように忍び近づい  おめでたが近づい  笑顔に近づい  音をさせて、近づい  格子窓に近づい  不審に思いながら、ずかずかと近づい  やじうまたちを押し分けながら近づい  きらり目を光らして近づい  本願寺前に近づい  完全に近づい  行列が近づい  木に近づい  横歩きに近づい  音がはっきりと近づい  水面に近づい  泥酔に近づい  ように駆け近づい  下から足音が近づい  場所が近づい  身を隠すと、怪しみながら近づい  姿を見せると、黙って近づい  一軒へずかずかと近づい  寝棺に近づい  熱海へ近づい  傍にも近づい  若い巡査と離れたり近づい  中にして互に近づい  それに近づけるだけ近づい  三号室に近づい  徐かに近づい  めぐり足に、近づい  姿が、次第に近づい  足どりで小息みなく近づい  内部から近づい  終つてからどこからともなく、じわじわと、近づい  歩調で近づい  決定に近づい  産が近づい  結局女に近づい  クライマックスに近づい  彼が近づい  暁に近づい  車は見る見る近づい  青年期にずっと近づい  おばけが近づい  禁中へ近づい  お正月も近づい  三歩階段に近づい  漁師の近づい  ウカと近づい  渦巻にただ近づい  縁へ近づい  望みに近づい  ブルック氏へ近づい  暮に近づい  花をみまわしつつ近づい  廊下をこつちへ近づい  エミリアンが近づい  エミリアンは近づい  秋も終わりに近づい  音響は近づい  マッカレーに近づい  云ひながら近づい  わが家に近づい  虚空に響き渡って次第に近づい  はじめて安東に近づい  域へと一歩々々近づい  なかに、近づい  入口へもうだいぶ近づい  前に、そっと近づい  人造人間に近づい  ラストに近づい  本ものに近づい  全体主義に近づい  卒業はやや近づい  その男に近づい  機会に近づい  言葉に近づい  互ひに近づい  様子を見、また近づい  響きはいっそう近づい  人たちが近づい  生活全般で近づい  大方終りに近づい  たしかに、だんだんと近づい  驚異はだんだんと近づい  百ヤード以内に近づい  何人かが近づい  廊下に近づい  郊外に近づい  品位をもって近づい  香水が振ってあり、近づい  さかりも近づい  詩人に近づい  春の近づい  贅沢に近づい  ようですが、さて近づい  目ざわりで、そら又近づい  にこにこ愛相笑いをして近づい  清に近づい  信仰に近づい  つて、まをしに近づい  うたに近づい  其系統に近づい  曲舞に近づい  念仏ぶしに近づい  船が近づい  ヒョロヒョロと近づい  ように、のそのそと近づい  人へなら近づい  ようだったが、近づい  域へ近づい  大地を打って近づい  そばまで、おずおず近づい  所へ、近づい  潜りへ近づい  あらあらと、近づい  突き当りが、もう近づい  おおかみの近づい  大阪に近づい  産期が、近づい  一行へ近づい  須永に近づい  戦争に近づい  窒息は近づい  窒息に近づい  甲板に出て、次第に近づい  京都へ近づい  膝に近づい  麓へ近づい  塔に近づい  廚子に近づい  垂れ幕に近づい  のが、近づい  ますますこっちへ近づい  どんどんこっちへ近づい  雨戸に近づい  ところへ、近づい  額に触れんばかりに近づい  前なるが近づい  距離がはなれたり近づい  神嘗祭りに近づい  いふ語に近づい  横眼で近づい  短刀に近づい  我知らず婦人に近づい  うえで近づい  湊川戦のやまに近づい  完璧に近づい  入洛が近づい  地球が近づい  童話に近づい  餓鬼と近づい  足を踏みしめながら、近づい  縁側へ近づい  頭が近づい  北京へ近づい  無頓着に見えるくらい、刻々近づい  向うから馬力が近づい  小走りに近づい  卒業試験が近づい  夜寒も近づい  冬も近づい  にこやかに近づい  姿勢でありながらちつとも近づい  神仙に近づい  一色に近づい  夏場所が近づい  泉に近づい  画に近づい  禁臠に近づい  死ぬ時が近づい  春野も近づい  末に近づい  暗がりを近づい  裏門に近づい  イギリス海岸に近づい  スウッと近づい  夫人に近づい  客間に近づい  こちらへ徐々に近づい  キリストは近づい  草を踏んで近づい  だんだん海へ近づい  路上そいつへ近づい  闘牛士が近づい  芝居はおわりに近づい  楽長が近づい  ジェノアが近づい  炉端に近づい  鬼に近づい  火玉に近づい  お正月が近づい  日々が近づい  方は急いでいたので、すぐに近づい  岸は少しずつ近づい  いくら死に近づい  自分から女生徒に近づい  絲は切れない、どんなに近づい  うちへ近づい  日本風にと近づい  ダービーが近づい  蔭で悲しもうと、近づい  帰国が近づい  顔をおおい、泣きじゃくりながら近づい  時間に近づい  洞門に近づい  たよりに這いながら近づい  終に近づい  夜半に近づい  三期に近づい  二歩栄二に近づい  森が、次第にゆるゆると近づい  店に近づい  森が次第にゆるゆると近づい  城攻めが近づい  東京へ近づい  怪物に近づい  氷山に近づい  しかも近づい  



前後の言葉をピックアップ
チカッ  誓っ  近露  近付い  ちかづい  近づか  近付か  ちかづか  近づき  ちかづき


動詞をランダムでピックアップ
払い出しよこぎり笑いかけいへ救える乾上がり組み伏せつくる放りだせ呼戻す取交せつぶやきみあき引きずり出し窺お噛み合っいども繰返せ放ち湿
形容詞をランダムでピックアップ
なるい苦しけれ難しゅう毒々しにげないえらかろ馬鹿らしかっ物騒がしいやさしかっ浅かれいけ図々しく好もしかっ照れ臭かっなにげなき眩しき多かろ聡く苦しいおそろしき