「辷」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 辷[動詞]
口を辷  スープに辷  さつきから荷車が唯辷  博勞の辷  水を辷  地を辷  砂地を辷  地点をぐるぐる辷  暴し、辷  のが辷  坂へ辷  蠅は辷  崖崩れに辷  のか、辷  力で辷  刎ね辷  體はともすれば辷  靴が吸いついたり、辷  下から室内に辷  却つて陽ざしが辷  上を辷  靴を辷  ように、捕えようとしても、するすると辷  手の辷  ずる/″\と辷  ために辷  野を辷  袂へ辷  玉が徐々に辷  中に、辷  腕が辷  藻抜けたか、辷  樹を辷  路を辷  炬燵を辷  山口の辷  肩を辷  當に辷  彼は辷  つた、辷  上に辷  前にして辷  面を辷  門内に辷  テーブルを辷  下流に辷  



前後の言葉をピックアップ
スベキモノトス  スヘキモノヲ  スヘンスエン  総べて  総べ  すべ  統べん  滑べ  統べ  須らく


動詞をランダムでピックアップ
植え込ん付合っ引っつかんきらわれる書き記しつかろちょろまかせ焼き払っいな生い茂っ加われ祷れ気づきうばっ言い合おうちころしのめすたらしこん附けりゃ
形容詞をランダムでピックアップ
さわがしからかわいらしいものすごく哀しい柔か手がた安っぽいわすれがたき回り遠い切なかろ甘い紅き乏いゆゆしく不甲斐な恐ろしく由無ふるうすけれ