「轟い」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 轟い[動詞]
廊下に轟い  歴史が響き轟い  ようさしては退き、退いてはさし、轟い  胸が轟い  空気に轟い  胸は轟い  砲声が轟い  人声が轟い  武名天下に轟い  山砲が轟い  鳴りに鳴り轟い  ハツとして轟い  広場じゅうに轟い  胸に轟い  三度以上雷鳴が轟い  世界に轟い  陰にこもって轟い  ように轟い  波が噴き上って轟い  砲声の轟い  かなたからごうごうと轟い  静けさを破って轟い  山彦を呼んで轟い  銃声が轟い  根拠をもって轟い  年七月蘆溝橋に轟い  胸は少しも轟い  霹靂が轟い  中で轟い  音が轟い  音だけが轟い  雷鳴が轟い  天下に轟い  爆音が轟い  音響が轟い  歴史が轟い  世に轟い  



前後の言葉をピックアップ
とどめ  トドメ  とどめよ  とどめる  とどめん  とどろい  トドロイッチ  とどろか  轟かさ  轟かし


動詞をランダムでピックアップ
科し茂る出し切っまわさ蔓延りはだけとびあがら謹めさかだっおぼめい綴ろさかのっかる改まり取りあげ張り付け気負い立て遠ざかろ溢れん
形容詞をランダムでピックアップ
おもおもしく速きいやらしく醜かっ薄し度しがたいうと恐う吝し聰きけだかく可愛けれまっしろいおおい貧しゅう疾しい懶く嬉しかろ訝しき安けれ