「身」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
身を喞つやうに寂しく訊ねた  身がすくんだ  身は信にゆだねたり  身をわびて  身を起した  身になって見れば  身につまされる  身を逆さまにしないばかりに尖った  身近く囲まれると  身も魂もくだけ果てた  身も魂もくだけた  身につかずさ  身をかためた  身の仕合はせと  身には汚れた  身を養いたいと考える  身を置いて見ると  身につけるよりも  身についてまいりまして  身に振りかかってくる  身と思えども  身についていない  身がなるにしても  身を投げ出して  身についた  身を惜しむまいという  身にどんなことが起こってこようとも  身はかくのみにあり経し  身につかなかつた  身が美しかつたばかりで死ぬ迄  身を置く  身を震はして泣き始めた  身に現れて  身につける  身につけるといふ  身を守ろうと戦ってる  身につけて  身の半は既葬られ  身をもってあたってみる  身にしみた  身にしみる  身にはなつても待つ  身にあまる  身ぬちへしみ入つた  身にちかく冬のきてゐる  身に感じたから  身のまはりをかたづける  身はさまを替えて  身につけて行ったであろうな  身はまだ知るまいが  身とわらわとは  身は行手をいそぐ  身となったか  身をひそむ  身は自由ならず  身にはまだ云い聞かす  身を隠すべき  身を汚された  身の破滅のもととなるとも知らず  身を汚されたと思った  身を打ち込んで  身のまわりの世話をする  身を犠牲にしなければなりません  身を切られる  身がいよいよ危険になると知るや  身をあやまつと云った  身はどうかしようと思えば  身をかくすべき  身ずから御返事をなさる  身を投げるまでした  身をほろぼす  身なので弓矢の事などは一寸も存じませんのでおいと  身を休めてなんか居る  身で一日二日呼ばれて居てさえ  身でありながらなれない  身をへだつるのみこそおろかなれと二三度うたいすましたので  身を伏して泣くより  身をなげ  身を投げると云えば  身をなげようと云って居るのに  身をなげる  身をなげさせる  身を投げさせる  身は又と再びうけ  身のつらさを知る  身をまかせては  身をひそめて  身をもみながら  身にも一つずつの悪魔はうすいかげと一所について居る  身を終る  身を深渓に横たへて山隈に残る  身なれども生きながらへて  身をばいたはる  身にとりては  身を寄せて  身に換へて大事にする  身を粉にして働き続けて来た  身に痛い覚えの有る  身がちぢむ  身を責めて  身貧しくして  身にせまつて啼く  身にしみるであらう  身ぬちをめぐり  身は軽いが腕力と来たら  身としたら  身に着けてゐる  身に染みて忘れられぬ  身になると  身にも及ぼしていて  身のまはりは草もそのまま咲いてゐる  身にせまり  身のまはりを片づける  身も心もすべてが澄みわたる  身にちかくふくらうが  身を洗ひ  身ぬちへ  身のまはり草の生えては咲いては実る  身のつかれ  身に染み  身を厭い  身の方を取って  身の出世になる  身にちっとも覚えなき  身に覚えの  身を隠して  身を潜め  身を震わして  身に著けて置きなさい  身につく  身を隠し  身を任せ  身を任せたと申したから  身を固め  身を引く  身を窶し  身の置所がないようにしたも  身を隠している  身ぬちをめぐる  身を養ふ  身にせまる  身のまはりかたづけてすわる  身をも心をも焼きつくすだらう  身のふりかたについて書き  身のつらさをあまり味はせないで  身のまはりかたづける  身につけていた  身を躍らせた  身を空中へ躍らせる  身のこなしすべてをつかさどる  身につけた  身につけていなかった  身についていく  身のこなしと喋り  身のこなしに余裕があって  身にそぐはぬ  身にそぐ  身も心も欲しがる  身を潜めた  身を伏せ  身のまわりのものをつめ  身をくねらせた  身に感覚する  身は火の海に呑まれた  身を包もうとして  身の鬱憂を紛れ  身も人間道に異ならず  身こそたゆまね  身にひき  身を映す  身に生ひたる  身ぞ信深くて心素直にも忍辱の道守るなら  身にぞ染む  身にしみて  身も世もあらず  身に現はれいでし  身に蒙る  身を藻掻いて  身を曲らせて  身に染みて  身を政治界に投ぜんとする  身を翻して  身を揉んで  身に添うてでも居る  身も一緒に消えて行き  身を開いて通して呉れて  身に染みなかった  身を清見潟の山水に寄せて  身の世にながらへて  身には何処へも行くべき  身としては監督者の眼を忍ばねばならぬ  身を顫わす  身の投げ  身をかわしたが  身に迫る  身でもって  身をきよめた  身もて避れ  身の搾  身に反みて  身ぬちに  身ぬちをつらぬく  身の不幸を自覚させず  身にしみている  身に触るるを待たずして  身に触れし  身を倒して辷りこむ  身を片寄せて  身になつてしまひ  身の廻りに起つて来る  身を変へてしまふので  身を翻さうといきまく  身を片寄せてゆずる  身には不測の禍があった  身をわが子の床に横たえている  身も心も冷える  身を以て俳句する  身にも心にも天にも地にも春を感じる  身のおとろへを痛感するばかりだつた  身の入った  身に逼つて感ぜられる  身はすでに天の果てにあり  身をねぢて親戚の一人を顧みた  身を起すと  身のまはりをかたづけて  身をうねらせる  身ぶるひをする  身にからまる  身づくろひした  身をのせて  身をすりつけた  身にゆつくりとした  身にしみじみと思ひにふける  身をし  身をかきむしつて  身のうへににほひをうつす  身はうごく  身をそしり  身をほそらせる  身をさらず  身も心も軽くなる  身に感じた  身を近づけた  身を躍らせて  身がしまつて来る  身を飜して駈け出した  身を挺して  身が起せない  身を固めた  身は在り  身のとりまわしから  身を立て  身も融ゆくばかりにな  身をそぎ  身を薄く長さ一寸五分ほどに切り  身を碎きつつ  身もたな知らず  身を捨てし  身も心も楽しくおどる  身の養いになっているかと考えてみても  身をかくして待っていた  身をそらして逃げていった  身を躍らして  身をひそめて待ちかまえた  身を置いた  身を起こして  身を差し出している  身をゆだねた  身をもがいた  身に魂を托して  身を投げる  身を投げた  身は学舎にあり  身にしみ渡つて来る  身をもって  身を引いた  身を以て苦る  身を犠牲に供して  身を投じ  身のまわりにも二三ちらばり乱れて咲く  身にある  身に関する王の命令が出たかも知れません  身をそらして  身につけると  身につけます  身振の伴ふ  身になったら  身である事を知って  身になって考えて見た  身を引くばかりだ  身で始めて  身につけこんで  身をうかれでて  身を転じて  身を立つる  身もだへの力もなく痙攣してゐる  身をうねらせてゐるので  身も心も捧げき  身も心も捧げ  身になった  身を置いている  身を震わし  身に受けてるという  身につけてる  身汚なす  身をかくす  身につけたいと思う  身のひき方に感心し  身をひるがえして  身のたけよりも長い望遠鏡にかじりついて  身がかるくなって  身をきちんとしていた  身をやつす  身ばかり燃やす  身じろきもしない  身に刻まれている  身でぶつかり  身を売っても  身がためをしてゐます  身を隠す  身は翅もなく脚もなく徒らに空を突く  身を任せてゐた  身に迫つて来て  身が入って  身のまわりを見まわしながら  身を巻きつけ  身の運命悲しや世を逆に感じては  身を退いた  身をつつむ  身をなげて  身を見せまいとする  身のうちを撫でて見ると  身に哀れをかくる  身にしみし  身かへりて  身はぞくぞくと冷えこむ  身についてはいない  身を固くしている  身が入って来ると  身をもがけばもがくだけ  身を飜して  身をつつんで  身にかかる  身に余りまする  身になって  身を寄せている  身である私の生活としては餘りに横道にそれて行きました  身で既に婚約の娘もある  身も心も狂ひなやまざるを得ませんでした  身となりました  身にしみるばかりでした  身を投じたと  身を以て體驗した  身ぶるひして  身を埋めながら  身の行末を思い煩う  身にしてみると  身に沁む  身をまもる  身に添えて感じていられるであろう  身を托しているかという  身を削る  身を嘆く  身につかぬ  身をまかしてゐる  身も忘れて  身なれば何をか書かむ  身を後に延ばし  身になつて見れば  身を置いたとしても  身の潔白を表明する  身のまわりのものを取り上げ  身にすぎた  身にしみて分る  身にまとう  身をまかせる  身をまかせたくて  身を滅ぼそうとする  身を投げかける  身を脱する  身を滅ぼすと  身に食い込んできた  身を滅ぼす  身を起こした  身は水中に沈んで  身のたけよりも長い筒を背中にくくりつけた  身であることを海底都市の人に知られまいとして  身をよせて  身づくろいした  身を投げ  身を隠したが  身に引き受けている  身のまわりに集めた  身を犠牲にしているし  身をふるわせて泣き始めた  身をかがめた  身を起こすと  身を曲げていると  身を屈めよ  身にしみませんでした  身を支えている  身ぶるって夜の迫る  身を案じてゐる  身を思ふ  身を固めて居ります  身軽く装ふ  身を託した  身のかわし  身を置いてやる  身につけ  身をくるみ  身を養っていた  身をくるんだので  身を支えてくれなかったら  身をおおう  身を委せた  身を開いた  身をつめているかを  身に感じながら  身にしみじみと話しこんで  身を長い間不自由な境界において我慢している  身をよせて立っていた  身のまわりには鈴なりに子供たちがからみついていた  身の内が火のように震えだした  身を沈めていて  身にこたえた  身を切る  身がすくみ  身があるので  身を延ばして  身がすくむ  身を起して  身の内が氷のように引き締まる  身を固くかしこまった  身を起しかけたが  身を寄せた  身を避けた  身をひそめた  身すぼらしい  身でづうづうしいと思ひ出す  身すぼらしく  身ゆるぎもせず  身を引いて  身をおそって来る  身は動かず  身が悲しまれた  身をかなしむ  身を立てようと思ふ  身に成つて居た  身のたけ百九十尺もある  身を寄せていた  身の影ともない安手の虚妄をみてとつたい  身はかわしきれないと  身は暗い百年に触  身を打ちなげて  身を退いて  身を鉄条に突き刺した  身に浴びて  身を起したが  身であらうに  身をゆだねつ  身に著はじめた  身になつてし  身となり  身になってしまった  身をつめ  身をかためて  身にしみては聴いていない  身の周囲に流れる  身を噛み上げて来て  身も世もあられず悔いて居る  身を入れたら  身も浮く  身の廻りの面倒までもみなければならなかった  身は蜀に入る  身にはあらねども  身を罰し  身がまえしながら疑っていた  身を寄せるが  身に危急があれば  身に一家の安危を負担して居る  身に着けた  身のおぼえの  身を開いて  身に汗を流いて  身の罪を恥ぢて  身を悶えて  身も世も忘れた  身を投げて泣き伏した  身を落いた  身にしめて  身を入れようと  身を護る  身につけていては  身が入った  身となり果ててしまった  身のまわりに起こる  身を移すと  身をおきながら  身を入れれば  身をおこし  身につけている  身の幸福だと思った  身を入れなかった  身の知る  身のまわりを片づけ  身を飾るとか  身が殉教者の仲間に加えられた  身をち  身をそこなひて  身をやどし  身に官祿あらず  身をよする  身をしるによりてなり  身を知り  身のためにはせず  身のためにむすべり  身のあり  身のくるしみを知れ  身を捨てしより  身をば浮雲になずらへて  身に背負つている  身に沁みる  身をかざって  身をかわすなり  身に取りては  身となった  身を倚せ  身を打沈めたい  身を隠さねばならなくなったから  身を入れますし  身の廻りのものだけを郷里に持ち帰り  身が入らず  身をまかしていると  身をすぼめて  身を燒かれてゐる  身がまえをしていました  身のまわりを見まわして  身のまわりをせばめていくではありませんか  身がまえました  身がまえると  身のらくになった  身のまわりにはどんなことがあったか  身うごきもできない  身になっていた  身がまえますと  身を縮めた  身をなげた  身をひそめました  身をひそめ  身がまえながら  身にして  身を翻えして  身を斜めにして  身を翻えすと飛びしさって  身を退け  身を隠さなければ  身を隠しながら  身にとって見れば  身をのばした  身のまわりのものや着替えをしまいこんだ  身のこなしのスピードが速すぎて  身のまわりにあった  身を包んでいた  身のこなしのあらゆる部分に感じられる  身のこなしや表情ですぐにわかった  身をすくめつつ待ちかまえる  身を伏せて  身につけても思われる  身に近いものとなって  身で知っている  身に引きくらべて  身を忘れた  身をやつしている  身構いさましく  身を投じて  身を以て感ぜしめられた  身につき直すと考へた  身をかわしました  身を屈め  身を殺して  身となつて見ると  身の行ひにありぞとも  身となりし  身にはやや骨の折れる  身も世もあらぬ  身をかくし  身を屈める  身が減りて  身のまわりに金銭や地位に対して卑屈になり得る  身を反らして  身の振り  身につけたり  身につまされて  身となったので  身を以てこの重大事の勅命を受け  身に異例でもある  身がどうして妄念を止める  身の浄不浄を選ぶ  身を任せてしまった  身を沈めてしまった  身をもをしみやはする  身を思うて云い出すと  身はここかしこにてきえぬとも  身がどうして後生を助かる  身だから又極楽へ帰って行くであろう  身を常に見ていたが  身ではあるが  身になして  身となって  身に着ける  身の方に向け  身に帶ぶるに  身の護りとする  身の護り  身との部さへ具はるが故に物を貯ふる  身を躱したので  身現に北海道に在り  身を任す  身を入れた  身をかわして  身を投ずる  身を入れて  身を躍らして飛び上った  身を投げ出して泣いた  身振をする  身を以て示している  身に纏いて  身を徒になして  身に付き纏わるべき  身の計をも存じ  身となってしまっては  身を失うという  身に著けて  身を持ち扱いかねて  身うごきもならぬ  身に行なつて解釈して見せたと申す  身を大事にして  身に徹して  身を早く片付けて  身を悔やむ  身に沁みて忘れられぬ  身のまわりで我慢する  身から出た  身のまわり道楽に見込まれて  身に付く  身の軽い生活がこの道楽に陥り  身のまわりにさえ金をかけておけば  身とツンツンで飛出しさえすれば  身のまわりを充実さして  身のまわりを飾って  身がふるへてゐた  身を投げ出した  身になっても考えてやりませんではね  身を保護してる  身を揺っていた  身も震う  身をもって知る  身も心もささげて  身でもじきに返事を下さるのに  身をまかせてしまいました  身を置きたく思う  身で病気ではあるし  身も世も忘れて  身を任かしてはならないと  身の持ち  身の廻りをつつむ  身を任せる  身が恥じられ  身に憶えないが  身に沁みるほどに  身のぬらめきに  身に添い  身が恥ぢられ  身についていた  身の置き場もないような恥しい気持になった  身をいれて  身に沁みて  身のまわりのものを買った  身を容るるばかりの石の上へ仰ぎ倒れた  身を牲にして奉った  身を修め  身に覚えないとは言わさぬ  身の置き場の無いような恥しい気持になった  身はお煎餅の如く伸されてしまう  身のほそり煙るなり  身をかる  身を以って知らさなくちゃならぬ  身に沁みて来た  身の置場所もなく恐縮した  身を包まれると  身にもつけずに  身のまわりの出来事をよく知り  身につけまいとする  身な関係におかれざるを得なくて  身をそりかへらす  身も心も独楽のやうによく廻転した  身に備はつてゐた  身をそりかえらす  身も心も独楽のようによく廻転した  身に備わっていた  身の廻りの一寸した  身を投じたらしい  身を寄せる  身につけておき  身を隠すに  身がいりだした  身のまわりにあると  身に受けながら  身も世も入らぬまで  身に刻んで  身も魂もこれ限り消えて失せよと念ずる  身を半ば投げだして  身の口惜しかるべし  身の寄り添わば  身を臥所に起して  身は痿えて  身に帯びたる  身に跳ね返る  身を半ば回らしていう  身を縮めて  身を屈めて  身を動かした  身を隠した  身を屈ませて行くが  身に凶変が起りましてな  身をぶらぶらしている  身を伸ばした  身をもがいていた  身を隠してしまった  身をかくしている  身を屈めた  身にしてやる  身もお幸せにしてみせる  身を退いていた  身を蚊帳の中からいざり出しながら  身を構えていた  身も尺八がお好きとみえる  身も江戸であるとみえるな  身にとってみれば  身を守り  身を沈めて  身を躍らしてしまった  身を責める  身を悶える  身の武運が尽きぬ  身を亡ぼしてやりたくなる  身にまとい  身を埋めて  身が取りなしてくれる  身に近づこうとする  身を投じた  身を沈めた  身を潜めていた  身は飛燕のごとくかわっていた  身の失策になる  身と心の据え  身を脱するだけが  身の廻りの物を運ぶ  身に代えて  身づくろいをしないではいられなかった  身をふるわしながら  身を震わして泣き出した  身も世も捨てた  身をまかせようか  身をかためては  身も心も困憊しきっている  身をはがして食べる  身をまかせた  身を投げかけてゆくより  身を横へた儘で思つて居た  身も慄ふ  身を起してかう  身に纏い  身がまえで  身をかがめて  身になれば  身のまはりのものも多少はあると  身につけていると見えて  身にこたえる  身に具えた  身をかくした  身に遠い著作ではないと思う  身をこがす  身を委ねて  身に余って  身をひるがえすと  身についてしまった  身が縮む  身をすくめている  身に合わず  身が縮まり  身にしみて来るという  身をころがし  身を退いて来た  身につけ得ていないという  身にひき沿えて  身でこんな美しい物語をつくるとは  身につけているにしても  身を投げて死んでいた  身を守る  身を変え  身をひるがえす  身にさしせまって感じられる  身を見せじと  身も裂き  身が泥になって  身に及ばざるを得ない  身を指す  身を賞玩する  身を煮て食っておられるかもわからない  身の一寸四方とを賞味される  身を投げて  身の喜びを感ずる  身に言ひ頼る  身の私のうちに湧き流れる  身と思はれるばかりでございます  身を任せて  身の心の心から身も世もなく泣かされた  身振で叫ぶ  身に覚  身に心遣ひあるが  身で夜気を吸いながら  身をもちくずしてる  身もそれぞれの手続の後にさげられ  身をまかせる抱き  身のまわりにある  身は訪ねもならぬ  身を乗せて  身を托して  身に比べて見る  身のまわりを注意深く観察した  身のまわりのことを今更繰返して述べたてる  身にもなる  身につかない  身を退き  身に沁みた  身に染むので  身のまわり六尺だけは除けるとまでいう  身に結ばれるという  身を震わさないばかりであったが  身に関する故をもって  身を揉んで逃げようとするので  身を責殺す  身をよりかからせて  身のまわりにも狂わしい眼の中にも影を持っている  身をよせかけた  身をのり出して  身を持するに  身をかわしつつ  身を堅める時は結婚する  身を切られるほどに  身にこたえ  身を凭せてきたので  身を屈ませて  身を掠らせる  身をかわし  身がお綱に嫌われているごとく  身のある  身に感じなくなっていた  身を焼かぬ  身をもっておさえながら  身が焦がされてくるのに  身になってみろ  身をかわされて  身は綿のように疲れているので  身をふるわせて  身に迫りつつある  身をふるわせた  身になってはね返った  身に異変があったら  身も亡びる  身に接近したが  身を狙っている  身をひるがえして駈けこんだ  身を寄せていたので  身を墜した  身を粉にしても  身を避けて  身がふるえてきた  身を泳がせるやいな  身の隙を計って  身をつつみ  身を傷つけたら  身を交わした  身を貼りつけていた  身の落ちつきを考えなおすが  身を延ばした  身になっても  身をうッ伏せる  身を起こそうとすると  身の素姓を話して  身を以て味ひ  身ぶるひをした  身に現わされた  身をすてて  身をすくめた  身をよせた  身のまわりをそっと見た  身に装った  身を顫はせ  身の過ちを免れて来られたのに  身に吉い  身を顫はせた  身を売り  身を任し続けるより  身を顫はした  身を殉ぜずに  身を愛する  身の生を神ならぬ  身を守らうとして  身を隠しすぎた  身を転ばした  身を空しく犠牲にする  身のまはりは小奇麗にありしかと思はる  身より奪ひ去られて  身を動かしたら  身に注ぎ込もうとした  身をひるがえし  身に附き纏うて  身を躱してゐる  身を落着ける  身についてゐる  身を反りかへしてゐる  身に危急の迫る  身を反らせたので  身のめぐりを囲んで  身がいちばんおいしいというふうに吟味するが  身をもてなすよりは  身の職とてもわづかに  身にはことなる  身の終に用なきくるしみを  身は小官吏の乙娘に生れて  身とや思ふ  身をさ  身のいやしうて  身振をした  身をなげかけて  身に感じなかった  身をどう始末してしまった  身を躍らせてしまいました  身をかがめているとは知らずに  身を引っ込めたが  身を屈して  身に会ったなら  身から流れた  身を売ってきた  身にも急いで  身を硬くして  身をひたして  身をかばったが  身に動く  身に浴び  身を屈していた  身を折り敷いて  身を隠し通していた  身を落して  身をよそながら保護して上げる  身よりも待つ  身に帯びし  身を売らされようとした  身のそよぎを  身をひく  身をおく  身の辛さ輪廻はめぐる  身には墨染のキモノをつけ  身振をして  身はどんなに凌ぎ  身につき  身に纏ひ  身につけなければならぬかといふ  身につければ  身を入れながら  身につけて始めて  身につけてゐると  身づくろひ  身につけなければならない  身につけるべき  身を落すなら  身の振  身を倚せて見た  身を卑しいものとなして  身をちぢめて  身を斜めにしなければ通れぬ  身に達する  身を挺した  身を誤  身につくか  身を置くかといふ  身をやかれ  身をゆすぶられました  身のまはりのものを一さい整理して  身を引きしめずには居られなかつた  身の廻りを清潔にさせ  身の廻りへ飾っておくれ  身にせまって  身もばらばらにするのに  身を交して  身を窶した  身を投げだした  身を刺す  身を清め  身を寄する  身をかたきと恨んでは居らぬと申すではござらぬか  身を臥せる  身より伏木港の船頭さん達よ仇花月に一度も逢はずにゐてもか  身を委せようとする  身も世も忘れ  身はうつし  身の輕きをおぼえて  身は竦めども  身をもたせたが  身の潔白を失して  身は今ここに敬禮する  身を持ち崩していると見える  身を持ち扱って  身を飜す光景を想像すると  身を窶している  身を衛らなければならない  身を犠牲にして  身の安全を計る  身を殺していった  身を退く  身を退くという  身を置いて  身を投じたから  身を以て飛びこみながら  身につけていない  身につけているであろうか  身を置こうともしないで  身にひき添えて肯ける  身にしみてはつきつめられぬ  身にしむ  身を起こしたが  身についたであったろう  身にうけていた  身を躱して  身にひき添えて  身をからめた  身を引いたが  身を寄せて立っている  身に沁みなかった  身を想像されたし  身につけていないと  身を売った  身うごきもしなくなったので  身を苦しめられる  身の置き  身に施す  身に従ふものであらう  身をかをらせ  身を投じてゆく破  身を慎んでいる  身をかがめている  身にまとって  身が誰にこんなことを打ち明けて  身には高価な外国の衣服をつけ  身をかがめましたが  身にまとっている  身を引くと  身であることを忘れて  身をも失おうとしている  身に触れる  身から離れてしまった  身に沁みわたった  身をしのび入れた  身にせ  身を以って僅かに逃れた  身も心も蕩けてしまう  身を支えた  身の破滅と思った  身にまとった  身のうちに何か病気をもっている  身透さずにはおかぬといった  身を顫わせて遠く離れる  身にふりかかって来たという  身をふるわした  身軽く外の闇へ消え込んでしまった  身ごしらえしている  身をゆだねて来た  身になれます  身をおののかせながらの  身を楽しまん  身に覚えがある  身にしみて感じた  身の乱暴な矢はその人心におびえを射こみ  身をそらし  身を案じて  身につまされるほど聞いてきたので  身を縮ませたが  身を匿まって貰う  身がすくんで  身をもやつし  身をどうなとします  身にとれば  身をかがめ  身を交わすと  身に集まる  身を潜めております  身を屈している  身をかがめながら  身を伏せている  身を躍らした  身を匿っておいては下さいませぬか  身を隠すには  身に知り申し  身をまかせたり  身をひそめている  身を潜めば  身をかがめようとしながら  身をねじると  身に感じて  身を隠そうとした  身をひそめていたが  身が竦む  身のしまつた竹と金屬性の力を持つた  身をゆだねていた  身をひたしていた  身に付けた  身に食い入って  身にしみ  身にしみじみと実のある  身の廻りのものを限りなく変えて  身をまげて  身にして下さい  身には短い重い鉄鎚をつけていた  身を僕に捧げたという  身を横たえながら  身をも心をも許して  身に深手を負っていた  身としては何かこの子に足らぬ  身を固めさしてやり  身づくろいをしながら  身をせめて深く懺悔すると  身の耻とすべき  身の耻語り  身のまはりの手箱用箪笥の抽斗なんど取  身のまはりをちやんとしてやれないのよ  身を任してゐる  身よりのない瀧子の二十七の女心がぐらついて  身をせばめたりする  身じろき一つしない  身の輕くな  身を投げかけると  身の自由を奪って  身に覚えも  身に隠して置いた  身を躍らせたので  身をねじりながら  身をねじって  身をひねって  身を和らかに巻く  身を投げて臥すと  身を隠すばかりな  身ゆるぎもしないで  身を隠していた  身を殺す  身となってしまった  身を肥やそうとする  身を弾いた  身を跳ばしてかかる  身は紙鳶に乗って  身に染みます  身自から魔界を辿る  身でどうして来た  身に染む  身に附いて  身をかけて  身を飜した  身を浸し  身の進退を貸して  身と化した  身も魂もこの世のものとは思われぬ  身を投げかけました  身に親しいインティメイトな感じが倫理学への愛と同情と研究の恒心とを保証する  身をおいて  身をやつさない  身を守るという  身が気のどくに思われてきた  身が気の毒に思われて来た  身に体現した  身の重きを感じた  身を捨てん  身を隠さん  身に立ち  身に及ばん  身に入りかはり  身を養ひ  身の冷ゆる  身の危険を忘れて  身に近く共感される  身を硬めている  身は江戸方に籍を置く  身をかわす  身をかわした  身をちぢめた  身を匿ってもらっている  身に代えて防いでいる  身をかまえてとび開く  身をほろぼした  身ではござらぬが  身だけは永く見てあげて下さいね  身を横たえしが  身を横たえる  身に数カ所の重傷を負い  身を厳しく縛りつけいたり  身が危くなり  身を大檣に縛りつけ  身を打たれて  身を大檣に縛せる  身に着けしが  身を縛して死しいる  身はさながら毛布の山に包まれしがごとく  身も痩せる  身を寄せ合っている  身をやつらせ  身に迫るらしかった  身も細る  身すぼらしいほどの  身もほそる  身も心も溺らせながら  身にしめていた  身をひいた  身と倶に滅ぶる  身を寄せて立ち止まった  身に纒った  身を働かせて  身を除けながら  身を起こし  身を襲うので  身につけているだけで  身のまわりを調べた  身に着けている  身を放さずに持っている  身を見て下さいと  身が軽くなり  身の山里は年ふる  身を護つてくれる  身がまえるばかりだった  身に染みた  身に迫った  身に替えて  身に附けていたいよって  身がなえて  身にもなって  身の危脆なるを  身は水沫の如しと知り  身に泥灰を塗る  身もまた是の如く衰ふ  身を護り  身の怒を護れ  身に履修すれば  身に不善を造らず  身を念ずれば  身を念ず  身を護るは  身と語と意にて惡を造らずして  身と語との不善を作  身にしょっていた  身にどう影響して来る  身を動かし  身で絵の修業の熱心なあまりとは申しながら  身についている  身をやかれる  身のまわりにかくれております  身を動かしたるが  身を跳らして一人の士官の肩の上に飛び  身を持ち崩した  身を入れる  身をやつし  身を翻えすと右近丸は元来た方へ引っ返した  身を躍らせて飛び込んでいた  身を飜すと  身を以て秘密を保った  身と心との働きをもって  身の行ないを修め  身も独立し  身につきたる  身の貴きにあらず  身に才徳を備えんとするには  身を罪せずして  身の安全を保ち  身本慥かにして  身を苦しめ  身に痛きことは地頭の身にも痛きはずなり  身に覚えたる  身を支配し  身に引き  身に引き受け  身は中人以上の地位にあり  身に疵つくる  身としてこれを殺し  身に加うる  身は国民の地位にいながら  身の有様を考えざるべからず  身の保護を被るべし  身としてはかかる  身を棄つるを見て  身を棄てたる  身を支配して  身まず死す  身を制すべからず  身を取り扱い  身を勝手次第に動かし  身を自由自在に取り扱わん  身を制し  身を勝手次第に取り扱い  身を制する  身と心とはまったくその居処を別にして  身はあたかも他人の魂を止むる  身に上戸の魂を入れ  身に老人の魂を止め  身を借用し  身に旅宿し  身に酒を灌ぎて蚊に食われ  身は放蕩無頼を事として子弟に悪例を示し  身に引き受けざることなれば  身につきての  身の治まりもつきて  身に所得あれば  身に引き受けたる  身となりては  身を養い  身にも易えられぬ  身を棄てて  身は東海道を下り  身は帰国したれども  身の分限を越ゆると  身より生じたる  身を退くるにあらず  身を修むるを知らざる  身の有様に注意する  身を点検せざるの  身に便利ならんと思う  身を役し  身に残る  身をその働きの地位に置きて  身を隠すに価する  身を消して  身のためにならんぞ  身にしみて来て  身を喪したる  身につきて離れざる  身を軽重するの  身の栄誉を表するの  身に閑なくして  身を委るに異ならず  身を終らんと  身を終らんとする  身を起すに  身を寄すべきの  身を安からし  身の地をつくりて  身を主人夫婦にすまないと思うている  身が今では種を唯ひとりの頼りに生き永らえている  身にヒシヒシと痛感する  身をもって洗いあげて来た  身にしみてわかる  身をもって知ってきた  身を震わせながら  身を寄せ掛けて  身を見せると  身を倚たした  身を投げて死んだと云われる  身を乗り出した  身を屈めながら  身にもっている  身は腹背に敵を受けておった  身を潜めて  身を固めて  身を焼きこがした  身をくねらせてゐる  身ぶるひを感じさせる  身を踊らせた  身のまはりのものを折り  身に火の燃え付いた  身を引き裂いても足りなかつた  身の轉變に思ひを  身を灼かれる  身を縮め  身に絡まる  身にせまっている  身をふるわせて泣きだした  身がまえした  身ぶるひしけり  身につくという  身をもつて  身も心も衰え出しているとでも云う  身と思い  身の穢れた  身にしみて覚えられれば覚えられる  身の切なさを除いては  身につけなければならなかった  身にしみ通る  身をくねらせて踊る  身になる  身を焼く  身を置き得た  身に浸み渡る  身を危ふくする  身にも寝る  身には大尉の軍服を着けていた  身にあり  身に染むばかり  身のまわりの始末をした  身の震う  身は果はどうなる  身を捨てて  身に近いものに思はれたり  身をすててぬかづき  身に飾って  身をひるがえして駈け去った  身も心もすくんでしまう  身にしみます  身に覚えはありませんから  身のまわりに三角形の空間を見出して  身を震わせました  身で余り激しく駈け出した  身から離さなかった  身を入れ  身を寄せかけた  身を斜にして  身を支えて居る  身の極度の衰えがそういう静けさを自分の心に与えていた  身の果てを見聞くだろう  身を引いてしまった  身が穢れになったので  身の穢れている  身が浄まったので  身に起ろうなどとは  身に覚えられて来る  身を隠しはしたけれど  身を任せながら  身も数ヶ月以前までは学生の身分であつたことを物の見事に忘却し  身をよけると  身をふるはせて  身を庇う  身がいれられなくなった  身に着けて歩いた  身の明しを立てようとした  身を乗出して  身につけてゐる  身の雪子が折角の申出を態よく拒否された  身に加わる  身につまされておらず  身を委せ  身を隠したとしたなら  身を任せた  身うごきもせずに  身を伏せるかの  身にとっては堪った  身のおき  身を堕す  身を墮す  身を振りかえってみたら  身を投げ伏してしまった  身をせめた  身なれば此樣な事して終る  身の詰り  身になつて恥かしい  身の寸燐の箱はりして  身の樂なれば  身を投ふして  身の行き  身の自墮落を承知して居て下され  身を固めようと考へる  身であつたれど一念に修業して  身を切られるより  身にて望んだ  身でござんするにと  身の戸のすき間より出る  身の不貞腐れをいふて  身を退いて飛廻る  身に添って  身に合い  身につまされた  身を持ち崩して  身を持ち崩しても  身を放さない  身の苦しさを思い知らしてやれと  身を落すかも知れなかったが  身につけて来た  身を立てる  身が立たない  身を任せようとした  身に着けていながら  身近き者死人の枕を蹴外し  身近き者が当る  身をふるはせてゐるのに  身をもつて示します  身をふるはせ通しだ  身をひそめようとする  身をおいた  身がいらぬといふ  身に考へてみても  身に大事だつた殆ど全部の物を失くした今の私の郷愁がアイルランド文学の上に落ちて行く  身のうえにも起こる  身をひきしめながら  身のまわりの世話を焼いていた  身よりにたのんで育ててもらえば  身をそえたいと  身にしみてあそばして  身をなげてしにたい  身なのだからも少し立ったら  身にしみて来たけれ  身まで香わして居る  身をよせ合って  身をふるわせて居る  身の淋しさや悲しさを云わなかった  身を部屋のそとに見せた  身のまわりを包む  身をおこして  身のまわり心のまわりを包んだ  身をかえして  身をもんで  身を投げようとして居る  身のまわりに集って  身をひいてどけようとしたけれども  身をしずめて  身をもがきながら  身をなげ出して  身うごきもしない  身を投げはしまいかと  身に喪服を着て  身を深く託し得られる  身を託そうとするばかりである  身をふるはせる  身を離すと  身におぼえの  身を慎しんできた  身のつまりになる  身に余る  身の潔白を立てる  身のまわりにへばりついた  身をかためている  身のまわりを余りに親切に世話したがるので  身を粉にして埋もらせている  身のたけ一尺のびた  身にすれば  身にも受けて燃え爛れた  身を慄はしてさ  身をよせて立つて見た  身のまはりに小さな世界が開けて  身を隠さなければならない  身でも投げたか  身を隠していなければならない  身にしも逼る海路のさびしき広みに心いたむ  身にしてと  身を売る  身をきられる  身を轉換した  身を返して  身がはいると  身の大望を考えて  身を亡ぼすであろう  身に不相応な望みを持った  身を起しかけた  身は縛めにかかっている  身を抱える  身を移す  身には寸鉄も帯びていない  身を偽り  身に佩いて  身を抱いて  身の生活を考えるよりも  身のまわりを改まった  身に持っている  身うごきもしなかった  身に佩く  身にも守り  身を正していった  身を落し  身に覚えない  身とはなってしも  身の不幸を悲しむよりも  身をむしろ誇る  身に秘めた  身に纏わる  身が入りました  身を案じ  身に染みわたっているに  身になってみれば  身を秘しての  身を任せなければならない  身が入らずに  身を入れよう  身を潜ませておった  身を堅くして待ち構えると  身を慕って呼ぶ  身を宗七夫婦に頼んで  身をひそめていた  身を乗出したい  身を乗出しながら  身のまわりをスッカリ探り出してしまいました  身を持崩していた  身の過りでした  身をなして  身となられたか  身を以て親の餌食とならん  身は砕くるかと思へども  身のあさましいことをご覚悟遊ばされ  身に入り  身を離れるかとならば  身に染み込んだ  身をちぢめ  身は砕くるかと思えども  身を捨ててこそ浮ぶ  身のまわりを吹き荒ぶ  身には洗曝の浴衣を着けて居る  身の周囲小清潔として左まで見  身には浴衣の洗曝を着た  身を投げると  身が危いで  身は危ふしとこそ予言したれ  身を以て桂木を庇ふ  身に接した  身に立てかけてよこした  身を生擒っている  身を屈すべきや  身を起していると  身は深傷を負い  身を抱き上げて  身は打捨てて行け  身の潔白を云い立てておる  身のまわりへ敵の矢が集まって来た  身に万一の不慮を案じて  身を堂の外へ持って行ってしまった  身をうけては生れてきません  身をもたげた  身を移していた  身を投げようとした  身は不仁な太師の贄になって  身を救うて下さいませ  身がふるえてきます  身をかがめて拾い取る  身を扶け起しながら  身を負って  身を寄せています  身に纏うと見て  身が帝位についたら  身の高名と思ふべきにあらず  身を避ける  身はたとひ  身を挺する  身を立てたいという  身に具わる  身を慎む  身に染みて感じられた  身うごきもなさらない  身うごきのつかない  身うごきがつかなかった  身や家兄に合わせる  身を守り育ててくれた  身をかすめて  身の終るまで  身にあつまりましょう  身の罪を弁疏する  身をさらす  身をすくませる  身を置き換えて  身を持って  身の安全を優先したい  身を削ぎ落とそうとする  身その物と信じる  身にとりつけておく  身がはりとして衣を与へると  身など持つて  身に託して  身を包んで  身を放した  身を落した  身を投げかけた  身を顫わせて訶和郎の腕の中で泣き出した  身を横たえながら目覚めていた  身を寄せかけて  身を翻して踊り出した  身を与えた  身を跳ねて  身を崩した  身の穢れを思い浮べると  身を床の上に俯伏せた  身を捧げる  身も魂も打こんで  身も魂も任せてる  身も魂も神様にまかせてさ  身は神に任せ  身をおけば  身をおほふてしまへば  身の外形のみに飾りをつける  身をすて  身につけて見たいなど  身はならうとも  身を洗ったならば  身を沈めてはいけない  身でやたらに行きたがったって  身を引きしめながら  身を揺って居る  身を置いて居る  身に物の具をまといだした  身を葬る  身をかすめ  身も世もない声を二度ほどあげた  身もすくんで  身を戦かして  身を見まわすと  身をどうしようと思うか  身を移して  身がふるえます  身は殿上にあるも  身を歎く  身のおく  身を起したまい  身もこわばって  身を避けていた  身を案じた  身を惜しみ  身がいった  身をかくしてしまうし  身の不徳を嘆いている  身も戦死をとげ  身が震えるほどだったから  身をふるわして  身も後閣の一室に監禁させた  身近くおいて可愛がり  身につけないが  身を持ちくずし  身をもち崩して  身を投げてし  身を殺しに行く  身を委す  身を揺られながら  身を凭せて  身でそんなもの見る  身を反して  身がまえた  身に甲を着ず  身に青錦の袍を着て  身を浮かして  身を恨みとも思い  身は緑林におき  身を粉にして  身をよせていた  身を脱して  身は鉄鎖に囲まれていた  身を押して  身を抱きおろして  身と一族をひき連れて行って  身を置こうぞ  身も無事に還ってきたが  身を馬上におき  身を疑っていた  身を寒うするばかりだった  身をすすめて  身を前にのり出すと  身をはかなみて  身に負ひて  身の浮ぶ  身に合せて借りたる  身はこの広漠たる欧洲大都の人の海に葬られ  身の節の痛み堪へ  身を捲きぬ  身はこの廣漠たる歐洲大都の人の海に葬られ  身を空にひねりて  身を売りたいと思いましたが  身のたけが一丈余もあろうと思われる  身に災の来る  身をさらした  身を献げて暮し得る  身をもって示した  身をくるんでいて  身をくるんでいたので  身を斬る  身に著けている  身に著けるようにと与えた  身をくるんでおりましたし  身をくるんでいると  身で靴造りに従事しておりました  身をお入れになるでしょうがね  身を投げかけ  身を枯らす  身を持崩していませんでしたらばですがねえ  身の誤りのためにその信用はいささか減ってはいたが  身に著け得る  身に著けていた  身を屈めたり  身にとってみれ  身となっていた  身を以てファッシズムの潮流を阻止せんとした  身を横にしても  身に病の多くなるにつれ  身の生命を完うなされたいと思し召すなら  身をかばいながら  身をかくしました  身の難をのがれた  身に立っている  身に授かろうとは  身に深傷を負っているとみえて  身をこの重囲の外へ扶け出して下さい  身を投げてしまった  身をつつがなく主君へお渡し奉るこそ  身に一矢一石をうけもせず  身は綿のように疲れている  身はおつつがありません  身に深傷を負うて  身に一兵も伴わず  身をひとまず客館へ案内して  身を掻い起して  身を起し  身にありながら  身をひるがえしてしまった  身を託していた  身を包んでもらい  身にしみるとの  身をやつして  身を処したい  身をさらし  身に体さなくてはならぬと思います  身に沁み  身を引こうと思っていると  身に禍いがふりかかるから  身に添わぬ  身をもがき  身をかがめました  身をかがめると  身をなげかける  身をくるんで  身をもだえる  身にしみて感ずる  身づくろいする  身をたもたなければならない  身を隠そう  身を寄せても  身のふり方に就いて  身も空にそつと拔け出して  身ぶるひ  身がふるいたつ  身のまわりを取りまいて  身のまわりに飛び出して  身に付けて  身の行末を思うて悲しんでいました  身の行く末を思うて悲しんでいました  身振をし  身を木の形に順応させ  身の禍ともなる  身に添わぬか  身の廻りまで手伝う  身にかぶり  身を休めよう  身を捨て  身を起き直して  身に鎧甲を着けて  身を拾って  身の生命をひろえ  身をすぼめたが  身を攫って  身を護っていたが  身をどうしよう  身に佩いたる  身に刃を擬すも  身を揉んだ  身に迫ってきた  身を守って  身は宰相の重きにあるといえ  身をかかえ  身の養生に努めるが  身の苦痛など口にも出さない  身をもがいて叫んだ  身を船へ移した  身をやつされ  身にあたらず  身をたふす  身からは一種無碍な光輝が溢れ出て  身を投げて死んだ  身を投げて死ぬほどの  身を海に投げてしまって  身を投げて死んだかしれない  身は大方もの忘れしつ  身に伝へて  身にしみて思ふ  身にしみ渡る  身を傾けつ  身は霧の中にただよい  身のいたし  身と思ひつつ死なんとすらん  身に著けてゐた  身となりて  身のみじろぐ  身に知らず  身もなぐさむは  身ゆるぎもせぬ  身のすくむまで  身をくつろげて  身が幸福であればある  身に泌みなれた  身を削がれる  身の落目をとりかえす  身を縮めて話し合っていた  身を委ねている  身を屈めても  身に感じない  身をすくめて  身を委せよう  身を入れ切  身を縛られてゐたから  身に沁みてゐたから  身を入れてきかない  身の縮んで行く思ひ  身をくだかれて来た  身に鎧を重ね  身をゆるがして  身には凶事の兆しすらあり  身を伏せたので  身に添わず  身に数ヵ所の戦傷を負っていたので  身をうずかせていた  身を包んでいる  身を意義もなく捨て果てようとは  身をくずして  身の楽しみ  身を塗りかくしてしまう  身の重責を感じていたからである  身を守りながら  身にまでとどく  身を変じ  身を官途から退き  身を横にしていた  身を立てんとも思うなり  身を投げてよりすがる阿  身を立つべき  身にとってありがたかるべし  身をいかにすべきか  身のためなるか  身を任するか  身の薄命を悲しみ  身の震いに顕わせり  身を返し  身の棄て  身を隠したり  身を投げたる  身の果ては死ぬるも  身を投げたるも  身を隠すまでだ  身を投げ出して割り込んで来た  身を持ち崩し  身になってみると  身をひるがえした  身を捨ててこそ浮かぶ  身を潜めて長らえていて下さりませ  身のうえを守らせ給えと  身を見込んで  身うごきも出来ずにいる  身をひる返して  身を寄せ  身がまえにかかると  身には煙たがられる  身となっている  身を守るより  身を縮める  身振いを感じ  身の破滅を招くと云うほどの  身を屈めて開かれてある  身も不治の病の根を受けたという  身を投出す  身を炎にしてしまい  身を投捨て  身をやっと立たせるにすぎなかったが  身退くという東洋風の先例にならい  身となっていたかも知れない  身は公園のベンチに眠り  身を装い  身を後ろに引こうとした  身を転じると  身をかがめて帰って来た  身に添わぬくらいに  身が屋敷へ腰元奉公に来る  身に構わず行って下さい  身に巻附けて  身を投げて死ぬかも知れないね  身は投げませんよ  身を置いてつき合って来た  身振沢山に手を振った  身を揉む  身をよせると  身のうへになるかは  身が入らない  身にかなえば  身もやや肥えて  身の戦く  身を悶えた  身を開くと  身を震わした  身をあせって  身にただ襯衣を纏えるのみ  身を恁せて  身をかくして注意していた  身を飜えして  身を以て完成した  身を躱すが  身を気づかつた  身に残れるを感じる  身を脱れようとした  身にしみました  身につけてると  身のあかしが立たないじゃないか  身になれた  身のけがれだと思った  身のまわりを大警戒している  身をひるがえして駈出しながら  身をふせぐ  身を投じました  身を動かしたくない  身の素性を知られじと計り  身を放れず  身に添へて持たば  身の戀し  身を苦るしむれど  身ぞかし  身の例し  身は七万石の末に生れて  身を捨ものにして  身を退がれて  身と袖にすがりて  身がはりにほうじ茶を濃く熱く煮出して飲むと  身をすぼめをり  身をちひ  身のうさは面だに母を知らぬなりけり  身にしめて感じたる  身でもあり  身は呉の包囲の外に立つ  身に危急を感じだした  身をふるわせて震怒せられた  身をかくして唯ひたすら万民の安穏をのみ祈ろうと思う  身の老齢を思い  身をたのむ  身をそこねて  身を半月の如くそらし  身には幾すじも矢を負い  身の危険をさとると  身の危険を感じだすと  身を鎖で縛められ  身に宝剣印綬を授けたまい  身を呉の陣前にさらす  身を横たえていた  身を任せ切っている  身を横たえた  身を入れていると  身を任せ切った  身の終りを予覚しながら  身と身とを温め合いながら  身を屈めていた  身ではありませんか  身を揺すらなければならなかった  身として斯る場合には必ずシヨツクを受ける  身を乗り出す  身につけて捕えられた  身をかわすにさえも  身につまされて覚えない  身につかなかった  身を狭めて行きつつあるのに  身を以て知らせる  身を以て証明しなければならない  身を以て解決しなければならぬ  身も世もないように泣き出した  身をひらくと  身に刻みこむ  身をつけて  身に分かつ  身をゆすっている  身を入れてやっていてくださる  身になっては  身を痩せさせている  身の立つ  身になって探していた  身を落したが  身につけねばならぬ  身にまとひ  身を隠して暮らす  身を隠すにした  身のまわりの品物などを一々肯定したので  身を埋めると  身にとって顔から火の出る  身を処すべきか  身だといつてゐた  身も輕輕と自由であれ空の鳥のやうであれ萬人を一人で自分はみんなの幸福のために生きよう  身に浴びている  身に迫って来た  身を縮めたが  身の危うさも忘れ  身も殺してくれといわんばかり  身をすりつける  身としてこんな夜更にあなたおひとりいる  身におぼえがあるという  身に覚えはありませんが  身に濡衣がかかる  身のあかしを立てる  身に叶う  身もしまる  身をすくませて  身も世もないように泣き沈んでしまった  身をもたせたと思うと  身の剣ばかり見よ  身を屈めて笑う  身にあっても  身のまわりに感じた  身をしさらす  身を投げるに  身に応えず  身をそばめて  身も疲れ  身を守りたいと思いますから  身を蜀に置く  身をすすめ  身を臨ませて  身の大事でもあったから  身に加えたいほどだった  身の重責を思うと死ぬにも死ねない  身を信じて預け賜ったからには  身を救い出して  身も健康に復しました  身に学問を加えよ  身はすぐ断刑の武士たちへ渡された  身また君を欺く  身に合つたことに終始してゐて  身になろうなどとは  身をもたせてくねらしたり  身を動かす  身を托した  身にそなえた  身を持する  身を挺して防いだ  身にとってすら忍び得なかった  身に浸みて感じるので  身づくろひして  身のまわりに和らかい光を与えた  身にまとうていた  身を変えた  身を投じていないからでしょうか  身が怒  身をお任せだ  身が浮いた  身を振り返  身を持たせて  身を包んだ  身を護るのに  身をよせました  身につけていたが  身がまえて  身を託して  身をまかせると  身をもって証した  身を落してさしあげなければなりません  身につけてね  身につけてるらしいわね  身の廻りのものがなくなっていた  身を隠して待ちぶせた  身にもなってくれよ  身がひきしまる  身もだえるようにしながら  身をまかせて  身には事もない一生であるかも知れない  身をかたくひきしめて  身をとりまいて感じられる  身をひるがえして応じる  身を入れてつとめて下さい  身をひこうとしたが  身にふりかかる  身をささげる  身に礼服をまとい  身にシアワセのはずはありません  身に現している  身を沈め  身に即した  身に具った  身にしみて知っていたからである  身から離れて  身にそなわった  身にしみて考えた  身をかきむしって投げ捨てたい  身に限りあり  身を粉にして働いて  身をかため  身をおくがごとくて  身悶えていたらしい  身も心も妙にひきしまり  身のコナシを見せようと  身をずらして  身も心も硬直する  身を落すまでの  身におかれているという  身のまわりだけに没頭の形をとって来た  身が軽うなった  身のやつれるほど  身になつて勇敢に戦ふ  身に浴びた  身の引き緊る思いがする  身をもって切り開かんとする  身を鎧うて  身もさうした苦痛から奮ひ起てない  身はかの女を捨てなくとも浮かべた  身請えしてえんだが  身請え為すっても  身請して松山とか久馬様とかいう暖簾を掛けさせ  身を固めさせなければならないと申して居た  身請して下さり  身で斯様の処へ這入って  身請ってえから少し苦しい処だから丁度好い塩梅だと極りがついて  身請して女房となし  身の旅にある  身には如何ばかり苦しかる  身をすぼめ  身に生れて  身に縁もゆかりもないのみかぜんぜん興味のあり  身をゆだねてしまった  身を乗り出してゆく  身に与えてくれた  身には実にひどい服を纏ひゐる  身をよせて立つて  身を離して  身を入れてやって下さい  身ごしらへをした  身を一方に開くと  身ごしらえをした  身に沁みます  身をもがく  身を落したから  身を防ぎましたが  身を落す  身に着く  身のうえなどをいろいろに考えていた  身のうえを知る  身に着いた  身を沈めましたが  身まで賣つた  身が入りません  身賣りまでした  身を横たえなければならない  身を危く滅ぼす  身が考えて居るとは  身をしりぞける  身をひこうとしました  身がまえをなさいました  身がまえでございましたから  身をひきながら  身がまえをせられて  身をすら眺める  身が定らないではと極りを付けようと思っても  身を震わして倒れる  身で縁談の事なぞには口をお出しなさらんでも宜しかろうと私も失礼ながら存じます  身の為にならんから  身でも痛めると  身に疵を受け  身にあった  身で斯んな事をしや  身は宮谷山信行寺海念和尚の弟子となり  身にそなえていなくても  身をはなしておいて  身のし  身ぬちにしみいる  身を清潔に保つ  身を潜める  身を隱してしまひました  身ぶるひなどして見せる  身を持ちく  身につけてし  身につけてしまひ  身につけるに  身に泌みて  身をもつて感じてゐる  身の廻りに覚えた  身につけようとしてゐる  身に憑いたそうじゃ  身を所決せねばならんか  身ぶるひする  身を口惜しむ  身を寄せながら  身を退きます  身をもって愛するという  身のうえにあった  身のまわりのものを何かとよく整理しておく  身のうえを話し出した  身に着けて  身を寄せていたという  身のまわりまで委せきりで  身に染まなかった  身を交すだけの  身のまわりを処理しておいて  身のうえに今にも何か新しい事件が起こり  身に一能を具へたいと考へて  身に付けてもっていく  身を白衣姿に変えて  身を学問にゆだねるにこした  身の危険を感じたので  身に行衣を纏ってい  身を寄せたが  身を飜えすと左へ曲がった  身を躍らせ  身につけていなければならない  身に切り込んだ  身の軽いを取り柄にして  身の病に異ならず  身の有様の同じかるべきにあらず  身に引受くるが  身の弱点にして  身の重きを成して  身の重きを知って  身の位という  身の忽ち萎縮して  身を潔清の位に置くと  身こそ気の毒なる有様なれば  身を思い  身の男子はあたかも弱点を襲われて  身においてまさに然るべき至情なるべし  身を害するも  身を汚し  身にこたえはじめた  身につけ切れない  身を深く海中に没し  身をやつしていた  身をやつして消えてしまった  身をやつしてなんて  身をさらさざるを得なかった  身を忍ばせ  身を変じて  身をしずかに這い寄せて行った  身も沼を渡れるだろう  身じゃ殺されて  身を捧げるからには  身と心とのしみは自然の世界では永恆にとれる  身にこたへる  身として節度なき自然の襲撃に疲れたる  身と心とを住ましむ  身を任せるに  身に覺える  身を殺し得る  身を處したりする  身を固める  身のまわりのことはかまわず  身につくと  身につけ易い人物と見立てたらしい  身につけておいてくれ  身と臓物のうまいところをグツグツ煮て食う  身にふりかかってきた  身になってみるが  身の廻りのメンドウを見てやって  身だからという理論を立てて  身につけておかなければならない  身の令孃には有名な蟲が喰ツついてゐる  身に添へる  身の縮む  身に覆ひか  身となつては隨分堪へ  身に收めむと欲する  身を没して  身の暖さは炬燵にでも入つてゐる  身を沒して  身をよじり  身をよじっている  身のよじりで  身がまえがくずれてしまっています  身にしみてのみこんだ  身を隠しても  身を寄せると  身を立てられる  身に直接響いて行く  身であるとはいえ  身につけずに  身を置かねばなるまい  身につけても  身を捧げるという  身を蝋燭の灯かなんぞを吹き消す  身をもって埋めようとした  身をせめられる  身をもつ  身を持した  身につけなければなりません  身に沁み渡る  身のまわりだけの負傷者を片付けて行った  身のまわり品である筈の洋服もシャツも歯ブラシも見当りませんですぞ  身のまわり品はちゃんと中に入っているよ  身に受けて  身に受けたる  身に覺えるであらう  身を恨んだが  身になつて考へて遣らずにはゐられぬ  身の斷言する  身を掃き出してしまふ  身にする  身になりたい  身を屈したる  身を屈する  身につけてゆく  身のまわり品の染直し  身をやつしておりました  身につけなくてはいけないと思う  身につけていたので  身に沁みこませていられた  身につけて来るか  身の平安とやがて輝く  身をもたせようとしている  身をおちつける  身につけて生きざるを得ない  身についてゐない  身を投げたつて  身として拙者へ対して  身を果すと云う  身が定まれば  身の害になります  身のあかりは立つまい  身に覚えは  身そらで女を連れて行く  身を大切にして帰って来てくれ  身請しようと云い  身で此の儘には捨置かれ  身を隠すか  身に何で金が入る  身を潜めて居りますると  身を潜めて寝って居ります  身を隠しますから  身をかわすと  身を潜めて居る  身を慄わして芝原へ泣倒れました  身も末始終碌な事はないと思っては居りますけれどもね  身を堅める時の力になろうと思います  身を転して  身に報った  身を折りて  身をもってなす  身をかすった  身をもつてなす  身でも屈めてやりたいが  身が軽くなった  身に覚えが  身籠らせた  身をつつしみ  身を投じて死んだという  身を投げて死のうと思って  身を投げたという  身を投げて死なれたという  身は肉体の牢獄の中にありながら  身づくろいしながら褥にはいる  身と変つてゐた  身を滅した  身を焦すばかりだつた  身を惜まず働くので  身を滅す  身を退けて  身を換してゐれば  身を御用に立てたいと  身の引き緊るやうな話も幾度かきいた  身にしてみれば  身だったといっても  身のたけに驚きの目をみはった  身がどうなろうと  身を電車に投ず  身も時世に逆っているが  身を滅ぼして  身かしれぬ  身が夫の身のまわりに附いてまわって  身を入れて見る  身を潜めながら  身を翻したかと見る  身をすりへらして死んでいく  身に沁みて来る  身にうけながら  身のまわりに渦巻く  身にせまった  身を呑まれて  身に戻っている  身を束縛するなく  身を洗わせたくてたまらぬ  身も世もなきほど恥じらい  身に結合させる  身に結合すると  身に霊魂を送り  身を入れすぎて  身を待たして  身をもって勤めねばならないとか  身を殺さしめた  身に絡った  身を投げたか  身に添えていた  身は疾患頽唐のらう  身ごしらえをして  身よりもないし結局同僚だけで簡単な不気味なお通夜をすまし  身に取っては  身にのこっている  身の危険を冒しても  身にのり  身を起こすが  身をかわしたと思うと  身に沁みて感じられ  身につけてゐない  身につけられては堪らぬといふ  身につけさせつ  身で経験している  身を置いて考えない  身を起すが  身を反したと思ふと  身を法華経の御故に捨て  身は人身に似て  身と云い  身とまで言う  身は畜生の身なりとまで言っておられる  身となせり  身を縮ませながら  身の挙動にて教うる  身につけられている  身に沁みない  身の果を歎いて  身を躍らしたと  身についただけは  身に具えなくても  身振までするこた  身に染みて遣りゃ  身の置場に窮した  身を悶え  身を忍ぶがごとく思いなしつつ  身近う突いて寄越し  身のままならぬ  身が抜けねえ  身は何の事はない渦いて来る  身でおいでなさる  身に染みて聞いて  身で居る  身を入れています  身を入れたりしている  身をこのたより少なき無情の夫の家にながらえいる  身は貴下の手から葬式をして  身を卑下する  身の誉れに相成ります  身をもたして取り留めも  身だことは存じて居りますが  身を安楽椅子の上に投げ出した  身に覚えた  身に迫ってくる  身に名誉と富と権力とを意識していた  身をもたせかけた  身を処して  身を方外に遊ぶ  身の周囲を見廻した  身ぶるひをしながらせはし  身ぶるひした  身にまこと  身を逆まにして  身ではてしなく  身を思えば  身にそって居る  身のまわりを見ると  身も心もなげ出した  身をなげかけた  身を被うて居る  身をゆだねる  身をたよりなくポツントはかなく咲くはちすのう  身に取って  身の囲りにはみどりの茶が入れられて居た  身にしみているから  身をやつした  身を洗ふ  身を任せておくべき  身をくねらして  身をつつしむどころか  身を立てるというので  身をやつし得る  身が穢れに触れるという  身を郷里に置き兼ねて  身を雲水に任して  身は人身にして  身を雲水に委して乞食生活をなすに  身に纏うて  身が穢れた  身に及ぶ  身であると言われた  身を離さず  身を卑下して  身ではあり  身を丸くして  身をかはしたりする  身にもあはれは知られけり  身に近く鴫のみ立つては  身に怪我過ちのあらざる  身の双の瞼に雨を醸して  身になって見給え  身が焼かれる  身に着いていた  身の安全については少しも心配される  身に負うている  身をきる  身をこごめて  身を護ろうと  身になれる  身も心も力なく衰えて  身に相当の箔がついている  身につまされるから  身既に仙化す  身の疲を医するには  身もいたく痩せたり  身を渓流の中の膚寸の地に托する  身を投げだしてはゐなかつた  身を隠そうとでもする  身をしずめた  身も心も萎えるほど  身も世もない辛いものになったに  身を誤った  身を伏せた  身のまわりのものを持ってきました  身になると云う  身になって考えないと云う  身にしみて感じる  身を躍らせたという  身にこたえるのに  身をもって知らされた  身を沈めてをり  身として何とて不和を残さん  身を飜えして逃げて  身には鱗の模様ある  身をふるわせる  身を締めつける  身を斜めにして跳ねのけた  身のあやまりで  身ごしらえから推量すると  身を退きました  身をもだえて泣き伏した  身を立てようという  身にてありながら  身に感じます  身を立てていますから  身の周囲に生き生きした  身に翼のはえている  身をひるがえして逃げだし  身にそなえているにかかわらず  身軽くなるかしれない  身を投げ掛けた  身を起しながら  身を嘆き  身を憐れみにけり  身の悶ゆる  身になりながらも  身に恐しい  身に取  身のさび刀とぎに来て  身の丈夫で売盛る  身がきれいになって  身の皮を剥いでくれたほどの  身もんだえしやがると  身をまかせていた  身を恥じて  身につけていたと思う  身をうちこんでいる  身を亡す  身が痩せるといふ  身のうちをたぎり  身に寸鉄を帯びず  身の安全の保証にはならぬ  身に泌みて学び  身にその青春の日の栄光をきざみ残してゐる  身をひるがへして  身をのりだした  身をこうして無事に暮せる  身づくろいをしました  身づくろいをすまして  身に沁みて考へられた  身に迫ろうとしている  身をはずしながら  身にしみて知り出していた  身を処決したいと  身に引き受けて  身を持ち崩す  身を苦海に沈める  身ではあるし  身を汚されながら  身も心も汚れてるじゃないか  身をかわしたので  身を焼かれたり  身に帯び  身にしませ  身を慎んでるし  身も心も投げ出してる  身を飜えして逃げ出す  身のところは取りのぞく  身づくろいが出来上りつつあった  身にふりかけた  身に沁みてきた  身にしみて考へられた  身を持ち  身蒸され  身を挺して免れたる  身を震はせて  身をほろぼしてしまった  身振や叫び声にも増した  身に堪える  身を差し伸べる  身に及ぼしてみると  身にまで及ぶ  身を守らなくちゃいけない  身にすると  身をひるがえして逃げる  身をおどらせて  身を割く  身としてひそかに見舞う  身に受けた  身を忘れて  身を踴らせて  身に三本の矢を負って  身をもつて感じ得るまでに  身につけてゐるといふ  身がこわれるという  身を凭せ  身で拾い物をして来たなどとあっては  身をかわそうとしましたが  身の所置をしなくてはならないと思って  身に付き過ぎて居られる  身は死別の悲しみを見る  身を支えました  身に舞いおちました  身を亡した  身に余りすぎると思われ  身を置いてゐる  身を置いてゐるので  身を固むることを忘れざれば  身の安泰かへつて不思議とやいふべき  身を全うするの  身ぞ賢かりける  身を処する  身を亡し  身をやつしたり  身をもがいたが  身を引かんばかりにして  身に起つた  身を横たえて  身に余りすぎると思い  身に落ちて行く  身を片寄せた  身となつて居る  身をかた寄せた  身について来て  身のまわりに冷たい木枯しが吹いて  身を横たえ  身のひがみから  身にしみてわからせられて来たし  身につくまでに  身を立てようとした  身に親身の思ひやりがあり  身をまかせ  身だけよりも一層長く上に延びてゐて  身をはばからね  身にたちこめている  身を支え  身に適っていない  身がなさけなくなった  身を後へ反らせながら  身を亡す人間らしい男女の愛の悲劇を歌った  身をもって当らなければならないほどの  身なんですもの唄いますわ  身のおちつくまで  身にふりかかっている  身となるとも  身を投げて死にますから  身を跳らして飛込もうとする  身い投げ  身を投げますから  身抜けが出来て  身を投げようとする  身い投げて死のうとする  身で有りながら  身を躍らして飛込もうとする  身を投げべ  身を粉に砕き  身い投げべ  身を匿さなければならない  身其の儘でころりとお休みなさるので  身に染み渡って  身い投げようとする  身に付こうとすると  身の出世だから袴羽織でやって呉れ  身の固めの祝いとしてやる  身に附きました  身になって働き  身を投げて死んだり  身を捨てる  身に突きさして示す  身に迫って来て  身とお宣りになり  身につけるという  身を投げ出して行く  身につけ得る  身をかはした  身も世もなく心細くなって  身をくねらせながらためつすがめつ眺め入っていたが  身を凭らせながら  身のこなしもいっそ凄味に見える  身の始末でも考えるが  身に纒い  身に合わぬ  身も世もないように愁嘆する  身を固くして  身をかがめながら進んで来て  身を反らすと  身を乗り出し  身を潜めておりました  身を潜ませる  身をすりよせ  身をもって庇おうとした  身を反らせると  身を溺らせ  身をかばおうと思って  身を翻すと  身を擦りながら  身につけていられる  身を支えながら  身を持してきた  身に寸鉄を帯びていぬ  身を傾けてゐた  身になつて生活し  身を横たえて書いたと思われる  身を取った  身もしまり  身がしまらず  身をむしったり  身を揺り  身も心もぴたりと一致さして  身をもって臨む  身を退けた  身を以て悟る  身をもだえて泣くより  身を堅めてほしいと思っております  身に感じたが  身に感ずる  身にとっては触である  身をもっては覚れない  身軽い動作に心を奪われているらしかった  身のまわりに何一つ物らしい物を蓄えないで  身のまわりが急に明るくなった  身にしみて聞いて下さらない見たいね  身の捨てどころなしどうしようもないわたしが歩いてゐる涸れき  身のまはりひつそり暮らせば  身のまはりは草だらけみんな咲いてる  身のまはりはほしいままなる草の咲く  身にちかく水のながれくる  身のまはりは日に日に好きな草が咲く  身にちかく冬が来てゐる  身と成る  身じろきもしずに居る  身が浸つて居る  身が細り  身を正し  身を横たへる  身を軽く感じ  身と自らを破滅に導き  身を亡してしまふ  身のまはりに飛びちがふやうな心もちがした  身についてきた  身を寄せました  身も心も水の如く透き徹る  身を動かして  身を化した  身をも埋  身を揉ませて居る  身の憂さを知ればはしたになりぬべし  身を投げて死んでしまえ  身を置いて寝ても  身に染むのみ  身を光らして  身を潜ませた  身を埋めて居るより  身をよろおって  身を置くを甘んじた  身を暴露して  身を自分が置くべきとする  身でありながら那賀へ逐われ  身を扱おうに  身漸く老いんとして  身に堪え  身ぶるひをつづけてゐた  身になつてゐる  身を屈して働くより  身を見張っていた  身に何かあやまちが起ろう  身を投げて赦しを願い  身にもふりかかった  身をふるわし  身にかからないだけの  身を横倒しにしたから堪りません  身を投げました  身を匿しなされ  身に報いる  身ではありませんでした  身のしろ金にあんたを請け出さしてもらい  身だと書いてはありましたけれど  身につけ秀でていたが  身を縮めて動かなかった  身のうえのことを訴えていると  身をぶっつけた  身よりにたよって生きる  身が入りすぎて  身じゃないかも知れないと思ってる  身を反らせた  身をねじって苦しんだ  身を支えながら震えてる  身にしみて感じられたが  身を以て示す  身の危きに赴かで  身を挙げて  身をのして  身を伸した  身を靠せて  身多く甦  身のまわりに光っている  身をも嘆く  身を翻す  身の証も立てて  身も心も溺れ  身をそらせて  身を思うてじゃったか  身を寄せてるからには  身を入れぬ  身のうえを見せつけられる  身にも皮にもなっていない  身を投じようかなどと  身のうえにまで思い及ばないではいられなかった  身のうえに深い不安を懐きながら  身のうえにある  身のうえまで話した  身のうえなどを想い出させられた  身につまされでもした  身を以て贅沢するなと教えてくれた  身になって考えないと来るだろうな  身固くしている  身が引けると思った  身にふりかかって来た  身のまわりの不自由を感じて  身をやつしているとは思われませんねえ  身をしのばせていたが  身に浸  身を廊下へ引くのに  身を沈める  身で一たん青眉にし  身となる  身に同情しようとする  身に染みません  身を氣の毒に思ふよりも  身につけて来ましたの  身のまわりを世話していた  身をうちこみ  身のまわりのことはなるべく人手を借りずに  身のまわりだけでも繕いたいと思って  身に起こって来た  身に感じられて来た  身を浸して  身を浸した  身を屈めてゐた  身を投じたい  身を隠しました  身をやつしたが  身に滲みる  身の仇になりやした  身近い者が代わってしてくれる  身も世もあられない  身を劇界に投ぜられて  身であるにしても  身に着いて  身を処している  身をぞ恨むる  身にしみて分かった  身を寄せて来た  身であるとは映るまい  身をパリの一隅によせ  身を隠してゐた  身にしてあげよう  身を後へ退いた  身を靠たせて  身を靠たせたり  身を投げて死のうと  身へつけた  身をすさび  身を嫋ぶ  身をすくめ  身に月光を浴び  身を賭して  身を委ねてゐる  身の周囲を見廻すと  身に素袍を纏うをもって  身を沙門に托した  身を付近の荘園に托して  身に穢れありとの  身の証しを立てて  身を投げかけて啜り泣いた  身に附けて  身のまもりにと呼はらむ  身も心も向け  身も根も疲れ果てた  身を靠せて話している  身を捨てたのに  身を没してしまった  身をもって描いた  身を起そうとした  身を俯向きにして  身につけられる  身について来たらしく  身に万一のあった  身に近いこととして読んでいる  身をかえして立つと  身で尋ねる  身はすくんだから  身を起す  身を揉んだので辷った  身その身も我知らず  身を焼き  身を立てようかと  身を任せたり  身をもぎ離す  身を遁れようとした  身をかわしと云う  身を浮かしながら  身を横にして  身を浮かしたり  身に残るので  身にも男の魂を結びとめて置く  身に変事が起る  身にとり周らさずとも  身にぢかにつく  身を意味する  身に這入らなければ  身につけて行きたいと  身をひるがえすや  身をすりよせて来る  身をまもり  身を寄せ合って  身を養つてゐた  身をすり寄せた  身につけなかった  身も心も溶ける  身の廻りのことにおのずから気がついた  身に代って思い遣られた  身も心も軽く歩ゆんだ  身にしてください  身にしてもらうには  身にしてもらえる  身になってから  身にするについては  身になってみせると  身を守るのに  身につけてしまいます  身に着けていた  身にみなはめこまれた  身を退かなければならない  身を投げ出させて  身をおとした  身を持さなければならない  身を固くしても  身をひきしめても  身をあたため  身を叩く  身にしたら  身滲めな窮迫な思ひをしなければならないといふ  身を躍らし  身をもがいて逃れようとした  身に纏うてと  身を上へ持ち上げる  身の疲れもいとわず  身を撫でて流し棄てる  身が健やかになるというなども  身を暖めつつ  身が溶けてしまう  身が軽く天へ還りたくなった  身に改める  身を養って行く  身を改める  身から抜け出して  身のふり方を考へてはくれなかつた  身に均しく過ごした  身も心も二つながら清めて  身を悶えさせて  身は宙にぶら下った  身と成りながらも  身で夜道をする  身の重量が加わったので  身たらしめた  身の潔白を立てよう  身をのがれる  身が大きく命を取留めた  身の皮のあぶれる  身を躍らせて飛び込んだ  身を忘れ  身に備わった  身に一大変化が来る  身も寒くなるほど  身をくねらせて  身は土中に埋もれぬれ  身は海士人の袖ともに思ひを乾さぬ  身をどうする  身のしんを揺り動かして  身の非を知り  身につきだしてゐた  身を固くちぢめてゐた  身を翻すと駈け出した  身を凭せかけた  身にしみ通って来る  身も世も非ずはずかしい思いに打たれて  身を立てるかと考えても  身を囲る闇は深さも奥行も知れぬ  身であろになんで浮世が嫌ぢややらほんに去年のわづらひは  身ぞつらき君よゆかしき紫のゆかりに結べ  身ぞと楽みたりし  身をなげして  身を黒く包み去る  身をよけてすぐ後を振向くと  身をよける  身になりでもした  身に引きくらべてでもあろう  身を引き付けた  身のまわりの小道具や化粧品を調え  身を堅めて地道に暮らさなければ  身として全財産に対する要求をする  身そらをただひとり米国の果てまでさすらって行く  身のかたまる  身をしめて妹さん方のしめしにもなるほどの  身も魂も打ち込んで  身を任せようとしても  身を斜にして立った  身をかわさずにはいられなかったろう  身を寄せかけて立った  身のたけも肩幅も葉子とそう違わないほどな  身のまわりを毒々しい靄となって取り巻いていた  身も心も何か大きな力に任しきる  身軽く駆け上って来た  身も心もただ一息にひしぎつぶすかと見える  身の破滅がとうとう来てしまった  身となり果て参らせ  身のすくむ  身を震わせて  身を震わしていた  身を入れようとする  身のためばかり思ってもいう  身だというような事を聞く  身で大胆にもかの女の家の夕暮時の深窓を逃れ来て  身を裂かれ  身の性慾を浄く爽やかに斬られてみたい  身に巻きつけ  身を流せ  身を励ます  身の内を熱くした  身をもって演じていた  身を縛つてしまつて  身で差当り困るだらうと  身がもてないとかだらうね  身になつた感情が動いてゐない  身を入れて教える  身のうえに一大事件が出来した  身のうえに悲しい破滅が起った  身のうえで高価の人参などを買いと  身を藻掻きました  身になりたいと思いましたが  身にしみ渡ってしまった  身にも換え  身に着けて居りませぬのでなあ  身にはそれが嘲弄のように感じられる  身として堪忍ができない  身を投げて死んでいる  身よりの者が奥州白河にあるので  身に着けてゐるといふ  身のまはりを離れません  身が案じられるせゐで  身をかがめたと思ふと  身の内も震へるばかり  身につけたりした  身のいのちかなしく月澄みわたる  身を賭けて  身の固めを仕直そうと思ったか判りません  身に嬉しさを感ずるらしく  身を攻めて来て  身を賭ける  身振いをするほど  身振いの出るほど  身も世もあらぬさまで  身を諦める  身になって見ると  身を諦めた  身を責めて泣かれる  身は桜町家に一年幾度の出替り  身とおとされぬべき  身に水は汲まさじ  身は健かなるに  身の行ひは  身がほろぶ  身を焦がし  身の新しい幸福をわが家の離れに見出した  身を引きずって出かけた  身を伏せながら  身ぶるえしつつ  身に沁て来た  身を固めると  身を踞  身を気づかいながら  身に八十六ヶ所の重傷をうけて  身を持返した  身を摺り寄せた  身を縮込ませて  身を縮込ませながら  身を悶えて泣いてゐる  身に喰ひ  身の安全をはかるという  身は寸断に切り刻まれても  身に纏う  身もなって見たく  身を喰う  身の入れ  身におこつた  身にひき比べて  身につけさせるだけの  身にとつては何層倍も身の毛のよだつ  身からくる思ひ  身の廻りのものといつたら  身の立ちかけたる  身を置きし  身の力及びませねど  身には有り  身を重んずるといふ  身を切らるるより  身を寄せたる  身のあらましを告げて  身を投げむかと  身に染みて判る  身の処し  身をよせたが  身になつたらお腹の臓腑がしめつけられて  身をもがいて跳ねあがる  身にひっかけて  身が堅まって  身に受けなければならない  身を売って  身を投げると云って飛び出した  身よりと云う  身を任せている  身の置所に困りはすまいかと思われる  身を委ねた  身を暖い  身を任せたいと思う  身は汚さぬが  身を後の方へ反らした  身を包む  身になったと  身を捻じる  身を蜿らせて  身をかわりに吸え  身を震わしているじゃあないか  身のうき事を問い  身にこたえるだけ  身も魂も自分に捧げて居る  身に戻れ  身じろきもせぬからだである  身で知って居る  身を招き寄せた  身を翻しておりた  身をよけよけして  身で言うと  身うごきさえしていなかった  身を移した  身のまわりを世話した  身の気づく  身を引いたかと思うと  身とはなった  身じろきすらもせずに居る  身で知つて居る  身を飜しておりた  身などの考へではきめられぬ  身の償ひ  身を横たえて臥さぬ  身を置くと  身を横たへて臥さぬ  身をうづめた光代はこれ等の会話を聴きながら黙  身をくねらせ  身を寄せてゐた  身に着けてゐた  身は忽ち鞠になる  身ともなりぬれば  身をひそめてみるだけな  身を守って来た  身につけないらしい  身をもがいて逃げようとしたが  身を固くした  身を見せまいとして  身にしみついていたので  身をしのばせた  身を任した  身も蓋もありません  身につけて来ている  身をほごしかねている  身をひるがへして逃げてゐた  身は見られる如く  身に泌みて吹き渡り  身も軽く一舞ひした  身に近づく  身とも考へられてゐたからだ  身を悩ます  身をひねりて  身とも考えられていたからだ  身に關して泣けるといふ  身を倚せて濁った  身を持てあまして  身振を交へて踊り狂ふ  身をもたせ  身の牡丹見ぬ  身の大河ひとつまどはむや  身の我れぬけ出でし  身うらめしきつめたきためし春の京に得ぬわすれては  身なればか朝の露草人ねたかりしとどめあへぬ  身に我をさそひし  身にしみぬ  身は目立つてやつれて来た  身をも持つて居なかつた  身の人間どもには忘れ  身じろきすらもしないで居る  身を横へて居る  身のみ姿とを見比べた  身につけない  身に猿が入り替つて  身のまわりの物をどう仕  身を曝した  身に私をかへさせてしまひました  身うごきができませんでした  身を靜な田舍に養ひながら  身振を交えて踊り狂う  身についてくる  身をのり出す  身が呪はしく  身を引こうとしたが  身のまわりを探って  身も心もかきむしられていた  身を切るかと思われる  身を投げ込もうとしている  身を投げかけて行った  身になってくれていた  身につまされてしまいます  身を上を相談した  身には思っていらっしゃらないのね  身のまわりのものの見立てについては葉子は天才といって  身を動かすか  身を退らせた  身に大事が降りかかろうとしている  身に受けてはくださらない  身のまわりに消毒薬を振りかけた  身にしみて知れるにつけて  身をすぼめた  身を投げかけながら  身を傾けるならば  身を著けて  身に染む思ひがした  身を温め  身を任さねばならなかったが  身を売るという  身を焦  身を寄せたりして  身を以てもとに還す  身につけつつ  身を浸しながら  身を考えた  身の辺にあった  身としては言えませんからナ  身を斜めにし  身を置き得たという  身に徹えた  身に集まるばかりであった  身になって見てくれよ  身の寄せ場所もないような冷たく傷ましい  身を置くという  身を襲う  身に沁み渡り  身の誰を怨まん  身で必要もない葉巻を無理にハンドバックの中へ入れてやったり  身をさらさなければいけない  身を寄せるに適してゐる  身を持て免れた  身を以て免れた  身を突き刺す  身には急いで  身の廻りを委託する  身になってみたら  身が二つになると  身の扱し  身も世もないように失望してしまいました  身を窶しながらも  身に相手になって  身を思え  身にうけた  身にしあれば  身を果てた  身を震せながら  身も心も共に救われた  身に取りまして  身を休めたりする  身のまわりには誰ひとりいない  身を投げたであろう  身にとりて  身にツマされる  身にそなえはじめている  身を終わるまで忘れじといいて  身も聊かはなぐさみて  身に包み  身をよじる  身につけ込んで  身に強く響いた  身を提げて  身をふるわせて泣いている  身をなげて死にました  身を投じたであらうか  身を投げやしないか  身振のなかにその人を生み育てた  身を置き  身を休める  身をいたはらなければいけないと  身にもなってみろ  身となっていました  身を考えました  身を引きずりながら  身を売るまでに  身なんぞ投げはしませんから  身の破滅と知りながら  身につけたと思ったら  身ヲ以テ尊ニ代ラントシテ入水シ給ヒシ為御安行ヲ得  身の破滅ときまつてゐる  身に纏った  身に纏って  身を慎しむ  身を落ち込ませて  身には鋼鉄の鎧がまとはれてゐます  身をお守り下さい  身であることを忘れてし  身はすつる  身を引きずった  身の危険には構われないという  身を屈めて隠れたが  身を堅くした  身をもがくばかり  身を託し  身をもつて描いてみせてゐるとしか考へられなかつた  身になつてみればね  身になって考えてみてくれても  身を打ち付けた  身には少年の着物のようにゆきたけの短い紺絣の筒袖を着ている  身をもって生まれ  身振が人の気を引いた  身を浮浪漂泊の徒に伍し  身を保つて  身振が人の氣を引いた  身についていて  身を寄せてある  身が長い間一緒に住んで  身を任せなければならなくなるといふ  身として誰が受げ容れずにゐられようか  身とてさう望んでゐた  身は困  身の嫉妬に近い心持も起つて  身の悲哀を深く感ぜずにはゐられないといふ  身の若さ美しさの日毎に喪はれて行く  身を近づけて行く  身が浸されてゐるとばかり思はれてゐる  身も心も溶けるばかりの  身にしても  身はひとりを守つてゐるのに  身の言ふ  身だけを思うて呉れたら  身とて狛のさとにでも住んで居れば  身の心は誰も知つて呉れる  身の心はわからない  身に幸多かれと祈  身の持つた  身は本當とは思はなかつた  身の内に漲りわたる  身になつてゐた  身も父君と共に陸奧に下らう  身とて行けぬ  身を離れて  身がこれまでに思ふてゐる  身を隱した  身も伴れて行きたいけれど  身ではさうもならぬほどに  身はこれまで父君をのみ頼りにして  身がひとりこの都にとどまらねばならぬ  身を起さうとはしなかつた  身を起さうともしなかつた  身がついてゐ  身になつたかの女の幸福を喜んだりした  身を思うて呉れ  身の愚さが繰返されると  身がさう  身に言つたやうなことを他の女に言つてゐはしないか  身を卷いた  身を持てあつかひでもした  身はまた都にゐたら  身もさういふ  身になりたいと  身のあはれさをつくづくと身に染みて感じた  身を鶯のふり出て啼きてこそ行け  身には話す  身とは競走出來ないのはわかり切つてゐるけれども  身であるだけその相手に對して  身を殘して  身であることを深く考へた  身を崩さぬばかりにして  身にもたうと  身がはつきりときまつたと言つて喜ぶ  身の若い春は忽ち過ぎて  身を慰めて呉れるけれども  身では來たいにも來られぬ  身の時にもさうで  身はいか  身のあくる間はいかに久しきものとかはしる  身を置いてゐたので  身はこれほどそなたのことを思うて居るではないか  身で見て  身でこんなところまで入つて來たらうと後悔した  身を寄せ合うて  身をもそこに伴れて  身に及ぶべくもないと  身に觸れて  身の當然すべき  身のことでもあるかの  身の姿がいかにあさましうならうとも  身がそのため何のやうに痩せて  身は單なる男の子のもてあそび  身の苦しみやら男に對する  身が一番詳しく知らなければならないので  身を切らる  身の誇りを傷つけ  身も穢れて居るので  身が眞心こめて  身の悲しさをそこに深く深く感じただけで  身の矜持までも捨て  身を投げかけて行く  身のことのやうに心配して呉れる  身はお前を忘れた  身も亡びるかと思はれる  身の悶えを  身などはまだ好い方かも知れぬ  身に引く  身の意志などは少しも通す  身のこともいつかそこに雜つて出て  身は此處につとめる  身をかためる  身の悲哀が深く雜り合つてゐる  身は何うしたら好いかわからなくなる  身は初めからさう  身は一生お傍は離れない  身も何うかと思つて始めは本當にしなかつた  身を忍ばせてゐ  身を埋めてゐる  身を忍ばせてゐるといふ  身を置いてゐるからであるといふ  身も思つてゐる  身につまされずにはゐられなかつた  身を寄せたといふ  身を顫はす  身にはわかりませぬが  身が常にきかされた  身も快樂と贅澤とに耽るべき  身では何うにもならない  身としては何が喜び  身を葬るつか  身はもう心はきめてをる  身とあきらめて居る  身は生きた  身にふさはしい  身だけがさうした悲しい運命に落ちたと  身のためにつくられて  身の心をよく知つてゐて下さる  身を見て下されば  身にはこのいとしい道綱がある  身の頬を押しつけて  身から離れて行かぬ  身にはなぐさめられる  身にも自由にならぬとばかりで  身はあの人があゝいふ病に取  身などは何うだと窕子は言ふ  身の何うにもならない  身の女の歌人としての名譽すら全く汚された  身を墨染に更へたのださうです  身も行つて見たい  身を見出すといふ  身とあの坊のあるじの僧と戀にでも落ちて  身の居つた  身が浮ぶ  身を持ち崩してゐたにしても  身を伴れて行く  身もびつくりし  身は見た  身はそれと知らないから  身をおもちやにする  身がさうした社會にも認められてゐる  身をまのあたり見た  身の戀などは一顧にも値ひせずに捨てられて  身は何うなるであらうと思はれる  身も生きてゐられない  身も魂も亡び  身が悲哀と共に何か大きな空間にでも漂つてゐる  身をもたらせて  身がゐるの  身より先に世を早くしては  身の取り  身が厚く赤味があって  身が若々しくなってくる  身を外して  身を擡げて  身の措き  身はこれ虚空を転ぶに似たり  身は息をも継かず  身を持て余したるがごとくに  身を進めて  身を退りて  身に適った  身となれり  身を厭わず  身を靠せたるは  身を忘れたる  身のいまや殺され  身に引きそった  身を慄はしながら  身もふるはさずに  身が入るにつれ  身づくろいをし  身になっても考えて見るが  身も立つ  身を入れて聞かなかった  身で独立の生活を営もうと云う  身を防ぐ  身に沁みて感じた  身に着き始める  身にはあまり応える  身を横たえなくても  身を竦めて  身を投げるか落ちこむかして死んだ  身を持つて  身を安らかに過ごす  身を翻えして去った  身につけていないからである  身につけるには  身をやつしつ  身のうへ話をきいてゐる  身の行く末を見  身にしみてゐた  身を反らせて立つてゐた  身をかしげてゐる  身に纏つてゐる  身を賣つて  身がふる  身を焚く  身の動きませんほど  身も慄いて  身をしぼる  身を拔いて  身であったのだと考える  身が前科者であることを打あけられて  身の破滅を来した  身を堅く謹慎すべし  身に恥ず  身をひいて  身に上品に着こなしてゐる  身を堕していたが  身の処置について協議すべきです  身に突き当たる  身を措く  身をなげかけ  身を全うする  身はどのようになろうとも  身をもちくずせば  身に威厳がそなわり  身にはホッとして  身をつめて  身をまかせている  身のアリバイを生涯立証する  身の廻りの安物には目もくれず  身にしみて悟る  身を抽んでて  身を投げたい  身も世もないように泣きしきった  身を投げようと  身に覚えませんでした  身をこちょうのように軽く跳ね上げて  身をもちくずしてはいかんという  身のまわりのことに就いては  身が恐ろしくなったので  身につけたが  身についていれば  身にこたえるという  身にブルジョア社会幹部の知能を縮小し  身をもちくずして  身を処したいと念じ  身を固めてゐて  身についていなかった  身にしみわたる  身とをなげ入れて生きる  身につまされるね  身にしみてもいる  身にしみて知っている  身を投げなかつた  身を投げて死なうとまでした  身じまひをする  身の今さら胸轟かる  身に差しせまった  身でよく助かった  身が引き  身を動かせば  身にしみるでしょうね  身で何も白状すべき  身を処すに  身になって考えてやれば  身にもなって見て下さらなくっちゃあ  身を固めていては  身をもたせて  身振をしている  身が幸福になりたいばかりに  身に附いた  身を引きながら云ったが  身も世もない気持になりまして  身を藻掻きながら  身より頼よりのねえ女が一人残る  身を構えながら  身をもだえた  身を藻掻いた  身にとってもどうして多少の感慨なしといえよう  身はおおとりの飛ぶ  身はいったいどこにいる  身を照らす  身にしみて知っていたであろう  身にしみて考えられる  身にしみ知る  身を投じながら  身を投じて死する  身をまもる様になる  身を滑り込ませられるくらい透いでいるので  身を車か何ぞの様に水の中に投げかけ  身を思えばこその  身のためを計る  身のためを思う  身につなぐべく  身に飾り波うたせ  身にながれる  身にも似る  身に焚いて  身に感じ  身をふれよう  身に點さうか  身にうつし  身にかんじる  身に沁ませて  身に印刷する  身についてはゐない  身についてゐるのであらう  身の行ひにも  身に色をつけ力をつける  身にそわぬ  身を思う  身に伝わる  身にそわない  身をかしげて  身を切る冷めたさの  身の足の疲労を気遣って  身を縮めて晴れる  身は再び巴黎なる里昂停車場において発見いたしました  身ほど心を悼ましむ  身をふるわせ  身は朽木にあらずです  身を固めにゃならねえ  身の心の臟をぞ置きたれど  身の始末を考へて  身をおくにいたつたが  身をよせる  身の破滅になったと  身は打ち  身を埋めてしまう  身に変った  身揚りするという  身の滅亡は決まっている  身になって見たらば  身の果てはどう成り行くやら  身が長く端居はできないので  身を滅したとかいう  身を解放して  身につけています  身のまわりのなんでもが見える  身がはいらなくて  身を亡さずに  身を愛惜せず  身につけたいと考へた  身がいじらしくもあった  身をおどらせた  身を任せたという  身が凍る  身にピストルを用意し  身についているね  身をその為るが  身を振り  身をばいかにせ  身を知るや知らずや  身のものならず  身も溶くるしづくなり  身のみ秋にはあらぬ  身も何か恨みむ悟りては  身はもう生甲斐がないと思った  身を浮べて  身を支える  身にしみますよ  身にいまどんな事件が起っている  身のうえを気遣う  身のまわりから描写の筆をおこす  身のまわりの用を足す  身をかためていてください  身にそなえていた  身をすくめました  身に感受されていた  身をうらずに  身を守らずに  身を守っている  身を入れるし  身を委せてゐたが  身のたけ三丈の鬼になるか  身を切られるよりも  身に添わなくなった  身も心もすっかり歌の中に入って  身を屈するが  身を埋めて動かずに坐つてゐる  身を免れようとするだらう  身の周囲に危険があり  身から誘惑の出て行く  身を隠してしまはうかと  身も解けるばかり  身を起させた  身の周囲の事を総て一人で取りまかなひ  身に受けようとして  身に受ける  身を投げようか  身を背後へ引いた  身の始末を付けなくてはならない  身を持ち直す  身をもって破ろうとする  身の周囲に咲いている  身の丁坊は知る  身にまとふ  身のためでしょうと思います  身があるが  身にこめたりする  身を支えて  身を現して  身にもしみる  身にしみているではないか  身の事も入れられ  身ながら晴れがましく  身を疑ひた  身にはつけても  身を寄せ掛けたる  身の運さうな  身に凶事があらば  身が入りて  身に引纒ひ  身の春知らぬが極まりじやに  身にしみじみと分つて来た  身が罪を冒せし  身に別事が何あらふ  身を殺せとまでの  身がいふほどの  身に愛想を尽かせまするが  身をいとど怨みしなるべし  身を捨鉢の破れてゆく  身を売れる  身を焦がしたりしなければならぬ  身につけていたいと思ったからな  身を低めた  身をかがめて這う  身をきっちり合せる  身をささえて  身も心もアヴァンチュールを求めるほどの  身の周辺に刺戟された  身をのし上げた  身をかくすに  身ごしらえをしている  身を退こうとすると  身に沁みるとさ  身の為にならねえぞ  身の駈けるほど  身を焦か  身をのばして  身をふるわせていた  身の境遇の何かをも忘れて  身を伏して  身となれば  身はわしの処分にまかせると  身は此方へ申しうける  身が淋しくてならなくなった  身を移してもらいたいが  身に虫がついてはならぬ  身でもある  身をやぶり  身うごきもしていぬが  身を縛めている  身に享けている  身を引き渡し  身の寒いことなどは忘れて  身に貴賤ありと  身の引締まる思ひがした  身を置いてゐるといふだけの  身を押し込む  身にしみて聞かれた  身にしみじみと感じながら  身を縛り附ける  身じまひを見せながら  身を思へばこそ  身に譯がありやしないかね  身のまわりに雑多な物をたくさん溜め込む  身のこなしなどを支える  身につけるの  身をつくしつつ  身に沁みず  身に附く  身をこそ受けて  身をば燃しもだえの  身をも棄て  身より仏身に至るまで  身を匐い出して  身振口上をうつすとは  身を匐ひ出して  身振もて  身を忘れぬ  身に粗服をまとうとも  身に娯みをしなかった  身ながら一心に励んで  身こしらえまで十分にしておいて  身を測って  身を揺すぶ  身を乗せているという  身を浮かした  身の一歩一歩には争気がある  身はたいがい見た  身を寄せかけて聞いていた  身を以てファッショの毒を受けて苦しんだ  身を煩く思った  身の辺に残っていた  身の辺を飾る  身に成った  身の恥を忘れ  身に纏うた  身とは御察し申しながら  身がそうは許さなかった  身だなんて仰ってい  身を大切にして  身を投入れた  身を食れる  身を拭く  身を震わせた  身までその中へ巻込まれて行く  身に沁み込む  身も心も引き締まってくる  身に添った  身を捲かるる  身を捻じて  身にも命にもかえてね  身をこごめたと云うが  身振いをする  身の誰か知るべき  身に打寄せ  身にもなって考えなくちゃ  身には微傷だも負わなかった  身に着けられるだけの  身にしみて来た  身に纏ったと云うだけの  身を落ちつけたらしい  身にしみついている  身にしみついた  身にしみついているという  身にさしせまり  身につけており  身にしみつけてしまった  身を修めたる  身にふる  身にはとんだ災難が降りかかろうとしているらしい  身につけなければならぬという  身には飛んだ  身を案じつつ打った  身を託したから  身を以て実行する  身を以て実行していれば  身を以て処そうとするだけの  身を以てすれば  身を引いていた  身を立てて行くに足るだけの  身を立てようと志す  身籠ったようにかえってふくれて  身が持てないで  身にこたえましたが  身の肥痩を競ひ  身を楯に逸る  身のほてりに  身を誤らせた  身を震わせつつ堪える  身につけば  身を以て行ってみせ  身に感じる  身を以て舞台の上でそれを示す  身振でそれを人に見せよう  身成りをした  身に備え  身振や習癖まで眞似する  身を投げるに決っている  身にもなっておくれ  身を投げ伏して泣いた  身を抛  身に涼風が当る  身を挺し見えない  身に起りうると思って  身におぼえがある  身の潔白が証明された  身は火薬炉の中に密閉されてしまった  身を宗教に委ねた  身に迫っている  身に沁みたのであらう  身を委して機会を待つか  身の危険を感じて  身を細らせている  身を拔く  身うごきのならない手かせ足かせとなる  身でいられたに  身に沁みて分ったが  身を立てて  身の果てを考えている  身を置いているに耐えなくなったか  身をやつして暮しているが  身を修めている  身がふるえ  身を動かしかけたが  身を立てて行かれる  身にひきくらべ  身がいいつけた  身を退きかけたが  身を取って  身を曝してしまった  身まで来る  身に回っていた  身を思うてくれる  身が顫く  身にし  身をぬけ出したいと  身を投掛けて  身がはりになつて呉れた  身を心配して  身自嫁娶  身も世もないように嘆く  身をすさらせて  身に成ったら  身を斜にして見せた  身に近い人ですから解りませんがネ  身を持たせ掛けた  身を震わせながら言ってみた  身振手真似を加えて  身の閑な時には耕す  身に浸るという  身に成って  身でいる  身と首と處を異にする  身を隠します  身を以て分け入るかしなければ  身はクルクルと廻って投げられた  身をそらす  身に入ると  身に附ける  身に附くと  身へ入れてやる  身に附けた  身を寄せてから  身を開け放した  身を向き  身を託す  身を退いてやる  身を潜めていたら  身を低くして  身に過ぎた  身をどうするか  身を置いては  身も世もわすれて  身を受取って帰らなかったら  身を退きながら  身をひき  身の位置をかえていた  身にゆるし給い  身を退こうと思う  身の今いった  身を考えて  身をつつまれている  身を運んで救うに  身を外そうとすると  身を交わす  身の終りとして凍ったという  身ほそく立ちし  身細く怒り立つ  身の仕合せを泣いたとさ  身を抱かざる  身がろき翼も捨てなましや  身は瘠せて  身は心かはき  身の巖根の夢を羨ま  身を沈めつる  身にも感ずるや  身を投げよ  身に沁み入りては  身にしも逼る海路のさびしき廣みに  身は寢く  身はぬれて  身にしも望み  身は海松刈る  身はわが日本の宝塚新温泉のなかにいる  身はいま歓楽境宝塚新温泉地にある  身を護っている  身をすさった  身を引けば  身近く迫ってくる  身をうしろに開いたから  身に感じるにつけ  身を投じてゐる  身に或る教養をつけようとする  身につけるにしても  身をおろして  身のためになる  身を任して  身も心も打ち込んで愛している  身も心もそッくりあなたに捧げ  身うごき一つしなかった  身をもむ  身が持てない  身に生れて来た  身を寄せて聞いて見れば  身の行末を案じる  身を横に後を振返って眺めておりました  身程悲しいものは有りません  身の明りを立てた  身振で話し  身をかためていた  身をかわしては  身を入れて聞いて  身の処置に窮して  身も世もあられぬ  身について忘れかねた  身を曲ねらして海の中へ飛出している  身を曲ねらして躍り出た  身を掠め  身を労する  身を損じ  身をひたすと  身の毒になると  身を粉にして動く  身をふせいだ  身がまえをする  身を投げてはみましたが  身を入れ出しました  身も知らぬ  身を入れ過ぎた  身に迫ってくるばかりです  身を切るばかりの  身に添わぬらしく  身を投げて死んでしまった  身を前屈みにして  身を乞食にやつして  身が考え出された  身の動かし  身を案じていた  身を預けた  身を沈めながら  身はもう外に在る  身を韜晦している  身が緊まった  身の前に高々と在る  身のちぢまる  身の位置を変えた  身も熱くなり  身を抱きあいながら立ち竦んでしまった  身をのめらしたので  身を畏れて  身を救国の捨て  身が縮みまする  身を感じ  身を払いながら  身を窺っている  身も頼みたいし  身をさえ恥かしく思って別れてしまった  身を橋桁へ貼りつけた  身を寄せて屈みこんでいたが  身を置いていなかった  身を添いながら  身を佇ませていたが  身を迎えに委ねて行くからには  身に取れば  身のまわりを監視してい  身をせき留めつ  身を以て知った  身が疲れて  身の苦しさに棄児をした  身のまわりの品がはいっている  身のまわりから放さなかった  身のまはりの用意だけはして置かねばならぬので  身を湯殿へはこび  身の周りの世話をして  身を投げ出したかった  身について起るかも知れない  身を投じましたに付いては  身なればこれを捨てて  身に余暇なきにあらざれども  身に才なきがためなりと  身を以てこの呵  身には苦にならず  身に響いて聞いた  身を投げろ  身としてあられうか  身を退ると  身が軽いのとちがって  身を飾る  身に染みる  身を分けて  身に享くる  身を容るるの地なきにいたれば  身を利するにすぎず  身を利する  身を転わす  身を震わす  身には樂の音籠もる  身の幸福さを思ふらし  身にしみて覚えさせてくれました  身も心もまかせ切って  身であるにも係はらず  身に沁むほどだと  身が幽囚でもされてゐる  身を委ねる  身につけようとする  身に近く感じた  身を浸す  身とも知らずや  身替くつちやあけえりませぬ  身をふるはせ  身のこなしもどこやら仇めいて  身を倒に浅草へ流着いた  身の廻りの世話を見て  身知らぬ女と腕を組んで  身をも投げかけてゆすらば落ちよ  身も世もなくおろおろ声をふり絞っていた  身を替した  身に徹えてきて  身は痺れとろけて断ち  身は悲し冷けき  身は急に潰ゆる  身がくれに  身は浮きぬ  身はゆるに寝なまし  身はまよふ  身を斬らるる  身に泌みてわかったらしく  身に入るといって祝うじゃあないか  身の納まりの付かなかった  身にひきつけて悔いる  身を粉々にしようとした  身につけてしまった  身軽く飛乗って  身を托す  身を投げ込んで行く  身を機上に托して  身を躱して逃げ出そうとした  身をくねると  身が定るだろうと云われたと云う  身を躍らせたならば  身を粉にして努める  身としてどれほど心強いか分らない  身に體し  身を修し  身を以て其事に處し  身をかがめる  身を躍らせて駆け寄つた  身が入りはしますまいか  身を持していた  身に覺えて  身が眞白で美くしく  身となつてし  身の不運を嘆いたり  身を立てようと  身は学究の徒でありながら時代の痴呆性をさとらず  身ももはやながくはあるまじく  身を切られる思ひで  身にからんで  身に沁みて知っており  身を掴んだと思い  身にしみて聞いてもいなかった  身のすえに同情する  身に寒気して  身を委ねていた  身を任かせた  身に何か関りのある  身にして見れば  身も心も投げこんでる  身を落しました  身の横幅が釣合い  身に疵をば負いなされたか  身の挙動と言葉のあり  身の夫のみのお身の上ではなくて現在母上の夫さえもおなじさまでおじゃるのに  身はわれながら雄々しくしているに  身の心はまださほど弱うはなるまいに  身の香がする  身に似ている  身に沁むではないか  身に突立ってきた  身を硬ばらせて考えつづけた  身に付けてゐる  身に付けてゐるといふ  身を此事にのみ使えり  身を使えど  身に恨れる  身と為りたれば  身の影に鳴く  身ぞや眞實我身は獨りもの三十になるといふ  身を横にひらいて  身の危険もわすれて  身がまえる  身につけて持っている  身をもがいて  身でも投げるらしく見えたので  身には殆ど一文も付かなかった  身には附けられぬほどの  身が自由にならないので  身を落とした  身と肉を陣頭の戦渦に曝さ  身は一兵卒たるに過ぎざりし  身を軍籍に措かざれば  身のためにならぬからと  身に取り  身惨な話などを聞きました  身のためとなった  身に染まず  身を引いたとあっても  身を引くにも  身に触れて  身もかろく  身も軽く歩いて  身にしみこむ  身は千里の山河を隔てようとも  身であるからには相当な力量があらうと  身を斬られても  身に即きすぎた  身に生じる  身の内に吸ひ込んだ  身の暗さを感じ  身をふるはして喜んで居た  身をふるはした  身も心も彼の側を離れられ無い  身の幸福が味へる  身の冬仕度せる  身のままにて里へ帰され  身と心とを清浄にして  身を這わせて  身を固めたいと念じながら  身についてである  身を沈めたという  身の置場を失って  身を腐らすという  身を破る  身を破らせておいて  身の置き場はある  身に添わない  身の行いを正し  身を慎み  身にちかく山の鴉の来ては啼く  身にしみすぎる  身としては喜ばしく思っておりました  身にこたえました  身の皮を剥いでも  身に合う  身は痩せているが  身を斜めにして見おろすと  身をかくします  身が不憫でなりませぬ  身をお立て下さる  身をお立て下されまして  身を飜して逃げようとする  身はクルクルと廻って  身をクルリと神前に向けて  身は寛く  身を圧して来ます  身を以て竜之助にすがりつく  身の守りにさえなればよかんべ  身にはかかり合いの  身の廻りを飾るでも  身が丈夫であったらあの腕を叩き直してやろう  身を誤ったは  身で平侍や足軽どもを相手に腕を腐らせていたのみで  身を躍り出して押えた  身も世にあられぬ  身は屏風を倒す  身は囲みを破って  身ごしらえして  身の仕  身の心配を今更ここに打明けて  身を動かすので  身を定めるには  身をもがいて泣く  身に沁みてくる  身を起すと共に  身はいつか鈴鹿明神の鳥居の前から遠からぬところに立っていた  身に火のついた  身を売ってしまったわい  身を救うてやりたいが  身が立たず  身につけおべ  身のまはりかたづけて  身のまはりをあらうてはあらふ  身のつらさを味ふ  身もかろく歩いた  身を守るに  身が枯野の中に横へ飛び退いて  身は四五間離れて飛びます  身に近くなってきています  身を支えおるという  身を任せて行く  身を平行にして  身は急に忙しくなった  身が固くなる  身を捻じむけて  身の中から湧いて出る  身に刃は触れないで  身に当らず  身の働き  身が共に冷たくなって折り重なっている  身に宿を貸してくれる  身にも哀れを囁く  身のたいあたりをする  身の体あたりでぶつかる  身も心もうちこんで  身を清めてから  身も心も少女のようになって  身を處する  身を故郷に曝す  身を處理し  身かな春雨や同車の君がさざめ言ほととぎす平安朝を筋かひにさし  身の闇より吠えて  身に一大災難が降りかかって来ました  身にも深く心に復讐を期したにちがいありません  身も心もかるくなった  身でいながら  身のまわりのものでもいれてください  身にあたる  身をもかえりみず  身をおどらせ  身をささげているが  身を狭めながら  身となります  身の始末に困った  身にとると  身を投げようかと  身を投げ込んでしまったから  身だけが金蔵の手に残る  身を任せると誓いを立てた  身を隱してし  身をひそませると  身の廻りの言わん  身を投げて死んで  身を入れては聞いていなかったが  身だから穢れてはならぬ  身の聳え  身の聳えを見て  身をその足許に投げた  身を両手に受けたが  身を入れようとした  身に御迷惑のかかる  身でこの神聖な竜神の霊場をけがした  身の成る  身が緊った  身軽くとびのった  身を斜になりて  身を震わしたる  身をもて  身を封じたる  身を入る  身は臆病神の犠牲となれり  身を投げ込む  身にこたえて弱ります  身も軽うなる  身にものあらくあたれば  身はそこから百里を隔つてる  身を任せたかもしれません  身を投げだしてしまった  身を載せて  身の幅ほどにそれをあけて  身を隠してしまいました  身をよじらせて  身を転ずるや  身を沈めて飛び来る  身はどうなってもかまわない  身をかわしたから  身を持ち崩してしまったから  身をよけようとした  身に沁みて讀んだ  身は痩せて  身はたとえ枯野の草に犬のごとく寝るとしても  身のまはりにある  身がいま邊鄙な山奧の温泉場にある  身を失ふ  身の行末をむさぶり米錢の中に魂を苦しめて  身の盛なる  身とな思ひ  身の科をおもふに  身をせめ  身を置きながら  身は瀟湘洞庭に立つ  身で句を成さずに  身近く寄り添った  身を躱した  身を投げかけて謝りたい  身を向け直して  身を顫わせながら席を立った  身を顫わしているばかりだった  身を顫わせながら言う  身をうちこみはじめたというよりも  身かな秋十とせ却つて江戸をさす  身うごきは出来  身をもてあますほどである  身を楽しいものとしているらしい  身を立ち支えている  身うごきも出来ねえ  身となっても  身でもあった  身に知った  身に代えても  身も世もなげな  身は恰好な具に使われたらしい  身を刎ね起して  身に耐えて  身も心も一そうひきしめた  身を解くに  身は疲れていたが  身も晴れ  身を避けましたが  身の受けた  身の濡れ衣と申す  身へ絡み合せて  身の宿命に反逆している  身の科を申し開いた  身となろうが  身を交わしつつ  身の胸に訊けと  身のそばに迎えてやると  身にかかわる  身を以て入り込んでしまいました  身で出過ぎた  身に着けなかったという  身を畳の上に平蜘蛛のようにして  身ごしらえしていたが  身には盲目縞の筒袖の袷一枚ひっかけた  身は馬込川の板橋の上に立っていました  身には不浄がある  身にもなってみねえな  身はお尋ねになっている  身はひとり寝の  身を載せると  身を以てムクの前に立ち塞がる  身振いをしつつ  身を隠してしまわれました  身がさすと  身を揺られて行く  身を過つ  身になったけれど  身に一つでも当りましょうならば  身も用心しなくちゃいけないよ  身にしたって  身を跳らしてというわけにはゆきませんでした  身にかけられた  身が自由になれば  身を返した  身近く進んだが  身にしあらねば  身を躍らせたが  身を絞って  身をひねったが  身を揉んでいた  身を躍らせて飛びかかろうとしたが  身をひっさげた  身そらをもってそのように人間が嫌いになり  身をまぎらせて  身を隠すより  身をもつて感ずるといふ  身を飜すべき  身を寄せて暖め合う  身をふるわせながら  身のまわりをこめて来ます  身をよせながら  身のつくり  身をふるわして居る  身をうかせて  身をうずめました  身のまわりに百人の武士が守って居るより  身に似つかない  身を求めずには居られない  身のまわりには腹の児に対する愛とともに深い生活の安心が輝やいて居た  身をひそませている  身の明りは立たなくなりました  身ながら元来賄金を請ひ  身を落着けるには  身を落着けてから  身の明りの立つまでは  身の明りが立つ  身の廻りの物を用意して待っているが  身をあやまらせてしまう  身の行く先でわかっている  身を投げるわよ  身を寄せかける  身がまえたが  身に報いようという  身の曲線を惜しげもなく男の眼にさらしながら  身も心も許しきった  身をもたげ  身に最初の暴力が加えられた  身をもがくと  身にしてみりゃ  身をにじらせた  身をもたげて  身をもって演じつつある  身をおどらした  身を献げて人類のために尽さんとする  身をいとおしむ  身もだえるように語りだす  身はまかされぬと  身をもって通りすぎて来るだけの  身も心も共にトグロを巻いているに過ぎない  身につけているであろう  身にもなって考えたら  身になってみる  身でもって生き  身を隠すよ  身をそぐばかりでなく  身を岩に投げつけたいと  身を跳らして避けると  身に沁みたという  身に沁みたと見えて  身が持ち切れなくなってしまいました  身を乗りだして  身を捻って  身の破滅さへも顧慮しなかつた  身を焦すので  身を亡してはならない  身さえ忘れて  身を横たえました  身を謙下っても  身を任さしめよ  身を躍らせると  身につけ短剣を下げると  身を以て遁れる  身を山伏にやつしたり  身の館へも連れてみえた  身は鎧うた  身清めしよう  身の潔白を申しあげて  身を外へ拉し去った  身を辷り出して行った  身の疑いもまず晴れたが  身を隠そうか  身となろう  身をやっと自分に見る  身の生涯をお託して  身にいいきかせておりまする  身の守れよう  身を潜めろ  身をくねらせたが  身もふるえながらに  身ではございますが  身を貧しゅう持っております  身の護符ともなされ  身ご自身とも念じ給うて  身を休めうるほどな  身をひるがえすに  身を国事にささげたい  身はどうする  身を沈めたと見えた  身をよせておる  身のまわりに自分のわずかな親兵だけひきつれて  身にこもる  身に覚えがありますが  身があったという  身はやつしても  身が自由になった  身を詰めてまで仕送る  身に引き締めて抱いて寝ねてこそ  身に沁みて感じながら  身を燃やしながら  身を哀れに思った  身を沈めない  身からでた錆だと云ったろう  身を隠していようなどと  身を隠そうと思い  身の廻りをしらべて  身をゆすり  身につけるか  身を揺って  身にこたえがあるから  身にとっては油壺も大切ですけれどもその油壺を抛り出してさえ  身を摺りつけて  身を屋根の上へと刎上げてしまった  身を沈めて走りました  身の廻りのものやらお金などを多分に分けてやりました  身を退かせました  身を張りつけて  身を忍ばす  身を現わす  身を露出に持って来る  身を屈ませました  身を震わして泣いているばかりであります  身を悶えながら  身はどう致したら  身には大名の奥方の着る  身を以ても守らねばならない  身を以て逃れるか  身にしみやがると  身の自由を失うに至った  身をもち崩しているという  身を亡している  身を堅めさせてやろうという  身を処す  身を隠させたと見せかけて  身に万が一のことが起った  身しなければならぬという  身の置き場をうしなっていた  身を没してしまうと  身をぶつぶつとかこつ  身を寄せあう  身を持さねばならぬ  身はその足で直ちに日本政府に申告するが  身をかばいだした  身を処すかに就いて  身をこわすより  身をすべらし  身を処して行かねばならぬと  身をまかす  身に浸み  身をもって喰いとめる  身を退こうとする  身をさけて立ちどまった  身も心もとろける  身に宿命づける  身もだえるように駈けだして来た  身をさらわれた  身の始末をつけてくれる  身を入れるに  身どもらこの日をどれほどお待ち申した  身を気づかって  身のいましめとして憶いだすが  身をささげようとしている  身の安全のためにそうした処置を敢えてした  身の安全のために節を無反省に売った  身のためであろうと人も云い  身をまもらねばならぬ  身のまわりを整えていた  身をもってした  身のまわりを見直す  身が顫えた  身に迫って  身を寄せあった  身をかがめたと思うと  身をひいて走り去ると  身のやうな氷柱が出  身をもたせかけて  身を任かせるより  身を任かせる  身を包まれてしまう  身よりのない娘を相手にバタをつくる  身をもちくずした  身を案じての  身を入れてやれる  身の破滅となる  身に三文の得にもなりゃしないぜ  身の知るよしもがなで  身のまわりを見まわした  身につけていたよ  身も心もへとへとになった  身軽くはゆかない  身が安全だとわかると  身を一人とりのこされては生き行く  身の為だと見たから  身の出来事を処理する  身を立てようとは  身を李に靠せ掛けて  身にたらして  身も心も凍りついて  身をねじくっている  身につけていらしたから  身に定められた  身に定った  身ごしらえをはじめた  身をふるわすと  身を掻いつくろいましたけれど  身の果報を思う  身を横たえていました  身も嬉しいことだと思いました  身を忍ばせようとした  身にして上げたい  身を以てお君の前へ坐って隠す  身を以てその袋を守ろうとする  身の軽いのが飛び出したから  身ではそれも遠慮をしなければなりません  身の廻りの世話をやって  身の不運に一生うまい物も食いつけないから  身をかためるという  身をなげうとうと  身のまわりを見てもらいます  身についているから  身に体した  身を隠すぐらい  身を投げるという  身を投げに行く  身をのりだして  身を消す  身の拙さを省みて  身をまかせたが  身にいささか憐れみの  身をブラさげた  身の廻りの世話をやき  身を思いはしない  身から発していた  身につくる  身の持て扱いに困じ果てている  身につけていたからだ  身お大事に勉強して  身になります  身に浴びながら  身に応える  身ではあるといえ  身を持ちながら  身を殺してもと思っている  身を忍ばせました  身をそろえ  身のために私らが私情をはなれて  身の廻り一切やっている  身をかためて見張っていながら  身をかためて見ていながら  身が立つ  身を入れてさすってやがる  身から離す  身を逆しまにして  身の為になるまい  身を入れず  身の為になるまいと  身にしみてきましたから  身をふるわして叫ぶ  身にしみてか  身の油断はならぬ  身に泌み泌みとして来た  身に余りまする  身を引きながら  身を晦まし  身にしみたのよ  身を入れたので  身は立たない  身につけていなければ  身につけて隠していやがる  身のふるえの起る  身も心もささげた  身をもちくずし  身を入れて引き立てた  身を持ちくずしはじめたからだな  身を持ちくずしたから  身を持ちくずして  身を入れるぐらいの  身を食い枯らす  身を誤ったとすれば  身はどうしたら  身を心配するならば  身が何物より大切に思われるし  身にはなんの怪我もありませんでした  身にも換えられないほどの  身を以てしても  身が粉になるまでも  身を沈ませて  身の軽さを持っていました  身を托したという  身が心配でたまりませんでした  身を竦ませました  身を顧みて  身ぶるひのつくほど  身を任かせてゐる  身の破滅を来す  身をひるがへして去り  身を入れてゐた  身を以て入りつ  身ゆるぎもしない  身ごしらへのためによけい目立つて  身のまはりが今までとちが  身ぶるひをさせた  身にもついてゐれば  身をここへ隠し  身に帯ぶる  身にそなわる  身を突っ立てて  身をお包みなされませ  身を這う  身を地にねじ伏せた  身につまされて聞いた  身を隠してしまったほどである  身の不首尾をさとって  身に持っていた  身には半蓑をまとった  身まで荒んでゆく  身を山伏にやつして  身を隠しかけた  身の廻りの物だけ持て  身の落着きを他にお求めなされませ  身やらと思われまする  身を絞る  身の私邸へお連れ申せ  身の危険もわすれ  身に縄を縛けようとする  身も焦  身清めについていた  身清めと一献をゆるし与えるぐらいな  身を受けとった  身をよう守ッてくれたのみならず  身を潜めておる  身から起った  身を案じつつ見まもっていた  身振がどうも自分の部屋をさしてゐるかの  身振を見ると  身にしみて覚えている  身を捧げて  身を以てその渦中に巻きこまれてしまった  身を挺して生き抜く  身うごきをする  身うごきが出来ない  身をまた生命をし  身のうえも可愛いいで  身を添えて  身を乗り出して  身をかくしてこの様子を見ている  身を入れていなさる  身を起しているが  身引いて兵藤の大刀を払った  身を痛めている  身を起しました  身でどうして単独で海を渡るかというに  身が入らねえや  身が入らなければ  身に当てて切って出した  身に間違いでもあられては  身につけてはいられねえ  身だと思って  身をしばられてみたいと  身を以て逃れて  身を以てお山を汚している  身をやつしています  身の意気地のないことが思われてなりません  身のうちに寒気を感じて  身に後ろ暗いことがある  身を戦かしつつ立っていた  身の辺にいた  身じまひをまだすつかり  身になるしね  身にせまつてゐた  身になつて考へてみ  身じまひをし  身にまつたく  身を請出してくれた  身を果します  身請えしたと云う  身に罰が当った  身を固めるには  身請して往く  身を屈めて透して見ますと  身が挟まって  身請して東京へ連れて往けば  身請してくれると云う  身を寄せて透して見ますると  身を落着け  身を渡したと云う  身は仮令両親があっても  身にもそれ丈の処分が附くぞ  身請えすると  身請して橋場の別荘へ連れて  身でありながら聖書を盗む  身として似寄りの死体が出たら  身を入れたりすると  身に覚えのある  身を投じている  身を親の極めた  身に成ると思いますなら引出す  身に殺人犯放火犯の覚えがあるなら  身に覚えがあって  身に覚えなき  身の廻りのものを一つ売り  身をどうして救けよう  身に触れたので  身を飜えしてい  身の浅田の申出に  身としてこんな目に遭う  身を誤ったが  身に法律上の悪はあり得ない  身を噛む  身を起いたが  身にまとうた  身を起いて  身とは申せ  身を引き  身を忍ぶ  身に染むと  身であると心付いて  身に添うばかりでなく  身の動くに従うて  身を棄ててあげましょう  身にしみとほり  身を落付けたらしい  身を置いてからも  身を寄するの  身を政党に入るの  身を托し  身を公衆の眼前に置き  身を窶して忍ぶには  身に添えて  身を秋風にさそはれて  身さえも危ぶまるる  身について残った  身を思いやっていた  身を運んで行ったにしろ  身清めやら衣服のかえにかかった  身を愛しんでくれい  身ばかりが身もだえされ  身も家も捧げたてまつる  身のしびれを感じたに  身を休ませられ  身をそれに乗せて  身となったわ  身を入れたり  身を化して  身を自分に見た  身は守らずにいられない  身の災難を訴えた  身を暢ばすと  身をお返しする  身を入れかけた  身も心も凍えさせていた  身が牢司として責任を持つ  身にすぎまする  身を交わすやいな  身の隠しばも  身を曲げて  身をうち伏せて  身は猿ぐつわを噛まされて  身のうちを焦がし  身に沁むわが抱く  身をあやまちし  身を入るるてふ  身に沁みき  身をば寄せたる忘られぬ  身の廻りのものを貨物便で送りました  身を揺っている  身を入れてやれなかった  身をもって学んだ  身の悩みとしておる  身を抜く  身を大事にしてくれ  身を怖れて起つ  身をそこへ隠して  身を落しても  身を顫はさずには居られなかつた  身に金鉄の装いがある  身に立たない  身には一剣をも帯びておりません  身に寸鉄を帯びずして出て行くという  身をかわしたけれども  身を悶えて泣いている  身に沁みると  身の廻りの世話が行届かなくなるとか  身がはいる  身をうねらす  身も金色に光る  身より逃れて  身をもってぶつかる  身を落してしまひたかつた  身のこなしに何かあるなと  身をずらせて  身を振わして  身を沈めて避けたけれども  身に応じた  身にかかって来る  身を以て降りかかる  身も一度に擦りつぶしてくれぬ  身を戦かせる  身づくろいしました  身には当りません  身でも真心さえあれば  身を惜しむ  身を焼かれる  身をかくしていたが  身を山荘にひきとっている  身まで奪われ去  身を奪り返す  身のかたみと思うて  身を辱める  身をお預かりしていた  身を待っている  身を潜めておいでなされませ  身のあぶなさも打ち忘れて  身を塩魚売りにやつして  身には返ったものの  身の嫌疑は晴れた  身をずらせた  身は三河へ返してやれ  身をかがめていた  身をかくしていた  身をひそめていて  身が屍をさらすか  身のおちつきも考えてからにしなさいよ  身を小さく屋根借りしていた  身の行方を案じたり探しぬいている  身を崩して  身の倖せであったよ  身がいたしたからだ  身の末期を見とどけよ  身を預かり下って  身を屈した  身に過ぎるぞ  身を正そうとする  身を政黨に入るの  身につけてから  身で分に過ぎたる  身を殺されなければならない  身にしみてしまっていた  身をくだす  身を金にかえようとしていた  身をたてようとした  身となったが  身に躰せざる  身を文壇に投ずる  身に余り過ぎました  身の自惚れか  身も心も瘠せ細る  身をお任せ申しまする  身で異郷に来て  身のまわりの世話などしてやっていた  身にとって決して幸福とはいえる  身につけていたという  身にも心にも恩に着ている  身を納めて  身でそれを得たか  身にするだけの  身にせまってくる  身が一人救われる  身にこたえるかと思って買って来た  身に殺気の起った  身に徳があれば  身のまわりへピタリとつけて  身をしずめている  身が惜しいということを知れ  身軽くしておいでなさる  身を全うするにしかずと思い  身を隠せしかば  身に人生の務めを行わば  身に携帯するは  身にこの札を所持し  身を棺中におさめて  身に修むべきを修めず  身をめぐらして  身のこなしで階段に足をかけて  身を退つた  身のまわり一切を世話する  身をかくしてくれと  身を考えてくれた  身をまかせているより  身の引きしまる  身をゆだねて  身についていなければと  身をさらしてゆくほど  身につけるからであると思う  身につけさせない  身につけられようとしている  身じろき一つしなかった  身を投げられたといふ  身のまわりに不愉快な殺気だけがひしひしと感じられ  身を任せよう  身は労れていた  身も心も軽く草鞋を穿いた  身であることを示す  身に数弾をうけ  身に数発の敵弾をうけ  身を運んだ  身のうごきにも  身をすり抜けて  身に代って  身のあぶらを絞られる  身の破滅は知れていた  身をあずかってから  身を保つか  身粧いからすべてをすませ  身をズリ寄せた  身に沁みている  身の受胎を知っていた  身にやどした  身を崩折るなり  身のまわりを見まわされた  身を賭けても  身を休めておくが  身を鬼にしている  身にさとって  身おもで耐えられるか  身を睨めすましておる  身をうずめている  身おもな体を海藻のように横たえている  身を寄せておりました  身をゆすぶ  身を鎧い  身を避けていよ  身の本分へ進むばかり  身をふりしぼって  身の立場もわすれ  身をおこした  身ずまいを正しながら  身に染みないが  身を故主に殉ずる  身に染み渡  身の採  身動かしもせず  身として秘蔵している  身をねじ曲げたり  身を運びながら  身も心も父の方へ吸い寄せられる  身で気まま勝手はしたい  身を震わして立ち上がって  身につけているわね  身をかすめて過ぎた  身をおどらしていた  身に起った  身を離し  身を入れずに聞いていて  身に漠然と感じられる  身を伸ばして  身も心も捧げ尽すという  身を縮めていたが  身を包み  身から最後の力が抜けきらない  身を潛め交民巷に難を避けた  身の廻りをこしらえにかかった  身を寄せてはいるが  身も心も自由にしていた  身を曝して立つの  身に報い来る  身を坂崎出羽守に助けられ  身の愚かさが身にこたえる  身を以て二人の間に立入って  身のうちにひそむ  身のまわりの世話をしている  身の落ちつきに差当って困るから  身に沁みています  身の行末に多少の不安を述べた  身に白衣を着て  身にうけても  身であることを知らぬではなく  身にはどんなことが起きる  身に浸みる  身を跳らせて  身のまわりを立籠める灰色の霧を見詰めていると  身の修まらぬ  身へは触れなかった  身の憂いのつらひの  身をかがめて跳び下りるなり  身はすて  身のうへくらゐの  身に覚えがあるからであった  身をひいたが  身を締めた  身を逸したが  身を苦しめるが  身を小さくして縮んでゐた  身を殺すなどといふ  身も魂もそれに打込んで  身の皮まで剥いて尽した  身まで投げたほどだった  身を立てあげればだが  身づくろいをしていた  身になって考えて  身も痩せて居た  身を庇ふ  身を入れていても  身の危なッかし  身には分らぬ  身をいれるばかりな  身の素姓が知れたので  身にうけ継いだ  身さえおける  身の因果か何かは知らぬが  身にどんなことが起っていたか  身にもくらべて言った  身を高氏から預かって  身もこの家に頼んでおいてある  身をわたしてよこせ  身をうけ  身に責められる  身も白骨になりさえすれば  身のふるえを  身を受取りの  身を受けとりに下って来た  身を他へ隠すなどの  身はこのまま伊吹にあって  身も飲み給え  身はまさか罪人でもありますまいに  身をさがしていやった  身をゆるした  身を茫と祈りのなかにおいて或る観念にいやおう  身にちかく鳴く  身のまはりを整理する  身につけながら  身も心も萎れていた  身が東京に修業に行った  身は国に捧げ  身がこうして死ななければならぬかと嘆かぬではない  身に対する同情の言葉が交される  身の危急を忘れて  身を軽く風に委せて  身に着けると  身を投じる  身に徹えて徹えてやり切れず  身に引き添えた  身請してくれない  身をふるわせ得る  身の可愛さや子の可愛さなぞいう  身も魂も打ち込んで来る  身も心も浸して来た  身をよそえて行く  身を以て教えてくれた  身に遣り過して  身についた病み  身に喰ひ入り  身に沁み出る  身をかえてまで  身に寸鉄を帯びざる  身を埋めに行こうと  身に帯びた  身を挺するの  身が熱くなって  身を心配する  身を投げ出してかかる  身ではそれもかれこれということはできない  身をかわして飛び退きましたが  身を躍らすと  身をひそめています  身をひそませて  身をおどらして  身の中に溶け込んで  身に相当の不安があるからであります  身にしみ渡りましたので  身のひきしまる  身に楽をたくまず  身の安楽ばかりを考える  身を横たへぬれば  身を現し  身を落せば  身がまえの  身にもしむ  身のたけに余る  身に銀箔を張った  身の奴は軽くってあつかい  身を振り向けた  身に受けなくてはならぬ  身にも絶えず苦痛を覺えねばならぬ  身なるもの白日の光かくれたる  身の露に臥すてふ  身をかたくした  身をたおした  身を入れ出した  身を隠したとする  身を靠せかけた  身をやつして行く  身をやつすも  身の行末も心細く胸がどきどきして来て  身をすてる  身についてくる  身に知っていた  身をもだえて  身に持った  身でさえあるに  身を楯とする  身に添はず只あきれてぞ  身を片輪にまでして  身に擬して  身に万一あらすな  身の面目にござりまする  身が実家方預けとなった  身を隠せと  身をお移しなされました  身も世もなくお念じ遊ばしておられます  身を投げだしてぬかずいた  身の処置いたす  身の生涯を一代おもしろく送りたかった  身には満身のいたでを負ったが  身をかろがろと躍らして舞う  身を賭けた  身のかろいこと  身をゆだねられて落ちた  身をこす  身に帯びて  身のほとりに感ぜずにはをられない  身の廻りを見  身につけおほせた  身につけさせた  身を犠牲にした  身をふたたび冷やし得るかも知れぬと  身もやせる  身を顫わせて空を見上げました  身の痩せる  身をひいたので  身のせゐで  身を引かうとする  身をつかっている  身と心を潔くしてから  身をかき分けてという  身にあっていても  身のまわりの物を持って  身の力になるという  身を養う  身に何か不吉なことがあった  身を素手で受ける  身を見せたくない  身を安心している  身を引きたい  身におつけなさい  身を投げている  身のまわりといい饂飩屋風情にしては  身の動く  身を隠すと  身に暗いところさえなければ嫌疑を霽らす  身を縮めたる  身を伸ばしたる  身が久々で故郷の宇治山田から間の山を廻っている  身に応えて来ない  身にもなってみても  身をのせてしまったからです  身を投げ出す  身を入れて眺めているばかりです  身に及ぶという  身の廻りには寄りつき  身にしみると  身に降りかかる  身の皮を剥いでいる  身の皮を剥いでいるが  身の何という荒み  身と申しました  身と申しながら  身を裸で一晩涼ませてやるといって  身にされた  身から一切の持物を取って  身を顫はしてゐる  身まはりのものなどを携へて町の質店へ赴かうとする  身も引き入れられる  身も埋め  身にしては  身を実際生活に近づけて行った  身を落ちつけた  身に月日は早くたった  身も二三度手紙をやり取りした  身の破滅になる  身もきまった  身ぬけができましたでな  身であるにかかわらず  身にかざる  身をよじり返して  身を巻かれてみると  身を投じて行った  身で鎌倉にいる  身を見すかされていた  身を矜持する  身の皮を剥ぎ  身に余ります  身もたくましく持たねばならんな  身に返った  身にもなっていない  身ばかりか女房子は乾干しだわ  身をくるまれた  身を起て直したか  身を仰け反らしつつ叫んだが  身をかなしむだけでございまする  身を昼夜悩め苦しめておる  身を六波羅まで送りとどけてまいりました  身をひきたいと  身をばしぼって  身をひそめまする  身の願いなどは決してならん  身についてしまっている  身をかがみ入れてから  身をかがめながら答えると  身は鞠のようにくくられていた  身は助けてくれ  身を隠せ  身を地から剥がす  身を巌頭においた  身に寸鉄もおびられてはいぬ  身を入れ出したら  身をいれなかったが  身が灯火に光って並んでいる  身のまわりの事ぐらいは足腰が立ちますので  身になり  身を離してはならぬ  身だというひがみ  身にはやはり甲冑を着け  身も冷や冷やする  身を床より起して  身を免れた  身を任そうと思う  身に沁みて考へさせられた  身にとっては為合者になった  身の眼となるだらう  身を襲つて来る  身につまされたといふ  身の破滅を導こうとは  身をつくして  身を頭上で振りまわし  身は沈むとも  身には僅かに一枚の経帷衣をつけて行くに過ぎざる  身はおかれた  身を思ってくれたらと思いますが  身ごしらえをしたり  身のように透き通った  身を投げだして休んでいて  身のまわりの灌木にしがみついた  身を結びつけ  身のこなしとはまるで逆にずんぐり太って  身には堅固な鎖帷子を着けていた  身を伏せて叫んだ  身をふるはせながら  身をひれ伏して  身をいれて勤めていると  身をいれるといっても  身でカフェ商売を恥じる  身ではそう永くも生きられまい  身を脇の箱を置いてある  身にしみてわかった  身にたえがたくなって来た  身を投げ込んでしまった  身を蒲団の谷あひに  身を以て彼等の遊び道具に提供し  身をひそめているが  身を寄せて待っていると  身をいだいて帰っても  身を入れて聞きたがる  身のうちをはらい清めなきゃなりません  身を横たえておらねばならぬほどの  身をかがめさえすれば  身を投げてしまったという  身を委ね  身振を示した  身に事故なきやうにと思ひはかられ  身を案ぜられての  身を撫して  身を沒し  身を立つるに及び  身を観じ  身を沒する  身に滲み渡る  身を投げかけて  身にもなッて察して下さいよ  身も浮くばかりに思う  身の置場にも迷ッてる  身のまはりの張も要らず  身は錦繍に包まれて  身を包めばぞ  身の不束が数えられ  身を避けましたでござんせう  身にあらず  身を新平と聞き知りては  身を捧げ  身を歎くべき  身と知らば  身を任せじを  身を教育事業に転じつつ  身を北海道に移しけるも  身も心も一つと思いあった  身をささえかねている  身を傾けるほどの  身にさし迫った  身に余裕を覚  身になったかな  身を飜して降り  身をひとまず一色村へあずけ  身の申し開き  身を以てあたる  身につれただけで  身の処置をきめて行く  身の細りすらうかがわれる  身は謹慎を表する  身でやっと都へたどりついてきた  身のしまる  身とも変りのない規律と日課の中においていた  身で朝敵に立っている  身に掛けていた  身に袈裟をかけていた  身に着け直し  身を持す  身をよせていました  身のうちで憂悶しているにすぎない  身の無事はえられましょうが  身とか聞いておる  身を潜めている  身を一様な敷波にして平伏していた  身を僧門に隠してはおりましたものの  身をすすめる  身にあつめていた  身のうちでほのぼのと色を醸しかけていた  身にそそがれている  身に見ていた  身となってから賜わった  身に沁み込んだ  身に合うに至るだろう  身を置くに  身を固めるであろう  身に適し  身も成長し  身をゆすぶり  身を擁して  身の周圍を見廻したくなる  身を動かすにも  身を伸ばし  身を入れていた  身を押しつけてしまったくらいですから  身を押しつけた  身に添わないという  身として考えても  身をあやまる  身にかかって  身が詰まるばかりだ  身をくらます  身のまわりをよく注意すると  身を以て痛感しているらしい  身を以て虎穴を探って来た  身にこたえるほどに感じてはいず  身は全く武蔵アルプスの尾根に包まれて  身をふるわせている  身を運ばせながら  身をふるわして憤りを発している  身に最も親近の道庵先生の上に落ちていなかったという  身も世もあらぬほどに  身をかがめさせて  身をうずめてしまいました  身にひきくらべると  身を投ず  身振を示して  身に降りかかつた  身の處置をつけて  身に成つても隨分酷かんべと思ふ  身の葱や大根をやる  身であるだけに落つかれぬ  身をほろぼしたという  身をもつて感ぜしめねば  身もがきした  身を案じる  身を凭せてゐると  身を円くしてゐたが  身にしみて来る  身を運んで  身が引き締まり  身を横にしてゐる  身を運んで行く  身にふりかかるかもわからない  身を縮めて泣き叫びます  身に危険が迫ると  身うごきもしないで  身あがりするほどの  身に引受けて  身を搖す振  身を想像してゐた  身ずくみして行く  身を投げ伏せて  身を顫はせながら  身振で相槌打ちながら  身の細る  身に泌むような色彩を見下す  身を此家に落着けた  身を支えきれなくなって  身のわずらいを癒す  身のまわりの物だけ詰めこんできた  身のまわりの品を入れてしまうと  身も棄てて  身につけたというより  身となるかも知れない  身としては書く  身は猶海外に在ったから  身を以て当っている  身につくまでは  身につかないとも云う  身につけてゐた  身にあるまじきまでたわ  身につけてはゐなかつたが  身近い種々の人の事を思ふ  身にしみじみと思い当る  身に沁みて参りました  身を起しかけました  身を動かしてみると  身の座を崩しませんでしたが  身の苦痛にまぎれて  身のたけが一尺五寸には過ぎないでしょう  身をおどらせると  身を屈すると見れば  身を以てからみついたから  身は片雲の風にさそわれて  身の廻りを取りかたづけて  身を落してはいるが  身をもたせかけて窺いました  身を立てるなどと  身を滅ぼし  身への挑戦に思はれ  身は腐り  身をおどらし  身に震ふ  身の悩ましき人は吻と息する  身は痩せ  身に成ります  身がはりの首と云ふ  身を投臥して泣いた  身となつてゐるのであらう  身の安全をばかり考へてゐる  身を浸し切り  身を任せてゐる  身でありながら妻に向つてはいつまでもさうして待つて居れと  身で依然その思想を固持するとは  身だけよりも一層長く上に延びていて  身ごしらえであらわれる  身は一つのもく  身をひらいた  身を滅ぼしてしまった  身をさらしているか  身に転じようという  身をあぶった  身も魂も入れ上げて  身にこすりつく  身で無断に遠く遊んで  身がかえって殷鑑だと思いました  身をこすりつけます  身をおこすやいな  身に閑暇ができたら  身に責められた  身に寸鉄も帯びてはいません  身も心も今上の御一方に誓いまいらせた  身に立入ってくれるにはおよばん  身を退けると  身をとりかこみ  身を休めるにとどめていた  身を伏せていた  身を九州の一角においた  身を養っておけ  身の将来をこのひとへ託しても  身を投げても死ぬ  身になって考えて見て下さい  身になって見ろ  身について来ると  身を慄わす  身を崩折らせ  身の周囲を見廻して  身を立てようとする  身を起せば  身を乗りだす  身のまわりの倫理の問題から話をすすめてみる  身は痩馬にゆだねて  身をくだく  身をどこに置くべきか  身の髮を濡らすべきかしからずは  身をひきました  身をかためて歩いている  身を案じて下さって  身軽く立ち働き  身を曝してる  身がまえをした  身の僅かに雨露をしのぐに足るだけの  身に滲みた  身に不幸のある  身に経験し  身のうえに見てきた  身を投げ込んだ  身を生す  身を入れたは  身を固めるといふ  身の疲れのために枯れ  身をもだえました  身のまわりの用を足してやりました  身を置いたり  身を沈めました  身を動かさなかった  身が顧みられた  身にまつわってる  身を投じてみたらという  身にも暗い影がつき  身を押し進めてきた  身の廻りをきちんと整えて  身を投げ出し  身を反らせ  身を捨ててこそ  身を浸していった  身の廻りは益々淋しくなっていった  身を投出した  身を落すと  身をもたして  身を反らせて  身を揺っていたが  身を休息のうちに横たえたかった  身を託してき  身をも心をも彼女の前に投げ出した  身を寄せて歩いた  身を寄せていても  身を交した  身を寄せてきたが  身を乗り出していた  身として考へる  身をひかなければならない  身をおののかせていた  身として考える  身を全うするには  身をひるがえして駈け出した  身に適するの  身を安んずるあたわず  身の恥をさらす  身をすくめていた  身をおののかしている  身を入れて働け  身を伏せて来て  身でも投げ  身は今更引っ返して  身のまわりをあらためたが  身合わせていた  身よりの者を探し出して  身づくろいをして  身を投げようと思った  身の皮を剥かれるばかりだ  身のこなしには骨格の良さがそのままあらわれている  身につまされてね  身につけて来たのよ  身でゐて  身に備わっているとなれば  身をおくと  身につけてゆくというばかりでは  身と女の歴史とに重ねられてゆくばかりとしたら  身をすくめながら  身を浄めようと存じて  身をもがくばかりであった  身をちぢめながら歩いた  身を投げて死んだという  身もすくむ  身のうえにまで振りかかって来る  身を入れて働く  身をつつまれた  身を俯伏せてさけび  身に担うて  身をただした  身うごきの重い大船はみな帆力を借りていた  身のうちにうねる  身をひるがえすやいな  身のうちに持たせられていた  身も痺れ  身になって思ってみると  身の処置はどうした  身に持って  身が気づかわれていたからにほかならない  身をきよめ  身をまかせてしまったと聞き  身を法体に替へて  身がまえを揃えて  身には立たなかった  身を燃やした  身のかまえ  身の軽い彼は早くも外へぬけ出して  身を全うした  身が危いので  身を穏すようにして  身のまわりをしている  身のまわりの世話をしていた  身となっては  身を入れてやっていなかった  身替となって  身うごきもならず  身も魂も打ちこんでいる  身がはいっていない  身をかえすが  身をおどらせてとびこんだ  身廻していた  身として畜生と交わりをしたという  身も顫うばかりに憤った  身として姉のかたきを討った  身のうえにこういう椿事が出来した  身のうえに就いて  身に付きまとった  身のうえにかかる  身がまえしながら云った  身につかないで  身を入れますので  身を楯にして  身のむしり合いになった  身よりを探しまわって  身のまわりにザラザラした  身をすくめる  身をよせていると  身をひそめていると  身には破れた  身にひきくらべて  身をなげて死ぬと  身がある  身をふるわせて泣き出した  身を隠しては  身がまえをしなければならなくなった  身の破  身のこなしが以前よりは明らかに外に現われた  身と衣類との親しみを大きくした  身に属する  身に纏わって来る  身や心を累わさぬ  身になってかんがえると  身の中の持ち  身を損ねる  身を沈めようとした  身におぼえがあると見えて  身に着けていなかった  身をかがめて窺うと  身を忍ばせると  身を固くして立ちすくんでいた  身に数カ所の傷を受けて  身をまかせてもい  身の皮をはいで  身にしみてゐる  身を捻じ向けて振り払った  身を跳らせて飛び込んでしまった  身をかくすと  身を丁字欄干に寄せかけて  身も秋の夕暮には哀を知るが習い  身に成ろうも知れぬと  身に成ッて見なく  身を反らした  身に成ッたを心配して  身を定めなければ成らぬと  身の心は曇る  身の気散じ  身に成ッたと云ッて文三を見括  身の固まる  身も極まる  身になってみたい  身を縮ませた  身に染みて聞かれる  身を軽躁に持崩しながら  身を不潔な境に処きながら  身を退けば  身を処きながら  身の処置を頼めとあったので  身をひきたいと申し出た  身でも投げた  身の廻りの品を纏めると  身をかはしたが  身に添わずという  身の禍となった  身を僂めて後脚で地上に強く弾みを掛け  身をすくめて動かない  身を起してからも  身に及んで  身に穢れありとして  身に無用の物なれば  身をある  身もうかりひよん  身を以て當ると云ふところがあつたと思ふ  身ながらに眼を見開くなら  身ならば逢ひにも出よが  身ではない二戸縁叩きやる  身まで売られた  身を退かうとした  身に併せて  身にかへて思ふと  身の処置を案じたり  身にこたえまする  身を粧い  身となってしまっていた  身に大任を蒙りながら  身を鎧うなど  身にさせ  身を引いたのみでなく  身をまかせるしか  身を奪回しようと計っているし  身をひそめておられた  身の在りか  身によろいを着ける  身だけは無事に賀名生へひきあげられたものの  身にこれを病むとは  身の守りにして来たが  身に舐めてきた  身になりたいとする  身に比べて励ましてくださいました  身のそばにかえりみながら  身をさける  身のまわりを注意した  身を占拠されてたまる  身をひるがえして逃げようとする  身を起しかけて居る  身を小さくして  身を片寄せて微笑みながらいふと  身を動かして居る  身を保た  身からも光りが発しる  身を投げて死んでしまおうとした  身をすくめて坐っていた  身について来たが  身になれば騒ぐ  身に禍いする  身をかくしているに  身を滅ぼした  身があるから  身に泌みるので  身をまかせてしまった  身を振り廻した  身を悶えていましたが  身を縛られて  身を挟まれて苦しんでいる  身に付けていた  身を全うし得るであろうとか  身を以って教に殉ずる  身はかたく緊めて包んで置きます  身のうち響きますわ  身を置いたし  身を恨み  身の周囲は何もかもはつきりと見えてゐます  身を隠していると申しますので  身がすくむほどにおびえた  身をふり向けて  身に迫っていた  身を入れるからの  身をもがいて駈けだそうとした  身振いをして  身のうえに襲いかかってくる  身を竦ませた  身うごきも出来ませんでした  身を跳らせて飛び込む  身にひそんでゐた  身に浴びてしまった  身をかわしてしまう  身では仕方がありません  身とは覚っておりますけれども  身を入れて聞く  身も世もあられぬほどに  身の廻りを始末する  身を涜されて  身のなる  身を以て証拠立てようという  身をのり出した  身が軽いからといって  身が不死身に出来ているからといって  身を解放する  身に比べて  身の自由は利かない  身がまえである  身の恵まれたる  身でここへ来る  身でおだしながら  身をこすりつけたから  身が入り過ぎ  身にかけて来る  身を投げてしまっていたでしょう  身につまされてくるらしい  身のまわりのとりまとめにかかります  身に引受けてみようとは  身をあやまらぬ  身は一所不住と申しまして  身の不徳を恥じながら  身がまえしながら  身を隠そうと云う  身を立てようと思った  身を忍ばせて  身を煎られる  身を曝して  身が立ち  身を苦しめておいで  身の薄命を予言しているかのごとく思われていた  身を引き受けよう  身に付いた  身を悲しむかの  身のためにならぬから  身のためにならぬと  身を退かねばならぬという止み  身の境遇をかこち  身を引かねば  身に不慮のことがあった  身を投げて死にたい  身を助けると言う  身も皮も石になって  身を摺り付けて歩いて来た  身に沁み渡った  身を投げさせた  身はと顧みると  身を不思議だと思いました  身をすりつけて  身に火のついたほどに  身の廻り  身づくろいしてみた  身を恋しがるという  身と違って  身にツマされてきました  身にツマされてくると  身に火がついた  身につかず  身の皮をはいで喰うより  身の皮を剥ぐ  身の周囲に何事が起りつつあるかを感ぜざる  身だと云う  身を捐つるにあり  身を投ずるやも計られず  身を殺ぐ思ひをして投ずるので  身を屈めながら呟いた  身を寄せておる  身の辛さを思いやって  身を残していた  身を大事にせい  身を細かくむしり取って  身と海老の身の湯煮た  身を潜めて窺っている  身を顫わせ四辺を憚らぬ大声にて怒鳴り立てる  身を大切に思ったら  身に用いても  身を取て  身を醤油一合へ味淋一割と交ぜた  身ばかりを細かにほごし  身だけを摺鉢へ入れて  身を入れてやれば  身に染むから  身を細くして  身に染みて聞く  身は雲に包まれて  身で拵えた  身を退去る  身が締まって  身を入れると  身を除らなければ美味しいスープが出来ません  身も同じような柔さになって  身になりたいわね  身にさして貰へる  身に添いかねる  身と心にしみ入った  身を飾り  身をすてまかせて  身に切迫した  身も心も傾けつくしてうたおうとする  身を以て御参詣などは思ひもよらぬ  身を面縛し  身を御守護なされ  身は御赦免にあづかり  身をやつして居られても  身をおやつしにな  身に及ぶかも知れない  身に報いて来る  身にしみて感じていただけに  身を亡ぼしている  身を震わせ  身を横ざまに霜を辷りて  身に絡めたる  身を投ぜり  身を変へる  身を見出したかの  身を震はせてはいけないよ  身を委ねて居る  身が片付いていれば  身を別々にして  身を焼いて  身をむしって  身が溶けて  身もその説に感服する  身を指の先で小さくちぎって  身を塩から出して  身を両手で揉みながら落して  身を用いると  身が急に島流しにでも逢った  身の幸福を悟らなければならない  身を以て大胆なる事業に当り  身は誰でも生活問題の事をよく覚えて  身として生活問題を度外視する  身のおもりを持たせかけたりしが  身を横えて居る  身も世も忘れ立ちつくしけり  身としてはまだ幾らかの不安が忍んでいた  身のこともよく知って  身の憂さを糸の調べに慰めている  身につまされるという  身をわななかせた  身も顫わせて罵った  身の伯母御に逢ったよ  身の喧嘩好きを苦に病んで  身を屋敷へ寄せる  身は何と思やるぞ  身が一緒に逃げた  身する青い器械とは効力がちがっていた  身に沁みますね  身の緊った  身に沁みてなりませんや  身で這込みました  身を支えるにも堪えません  身の終結になるかも分りません  身のまわりに漂っている  身を凭せてゐる  身をおこす  身のまはりにさびしい足拍子を踏んで  身に添ふ  身をちぢめますが  身が縮んでしまう  身を持て余していると見えて  身でないのを知りながら  身を損ふ  身をゆだねて行く  身のまわりのもの一切をそれにしまい込んでも  身をゆだねて進んでいる  身にも哀れは知られけり  身が輕くな  身のとりなしが  身に有之從つて詳しき歌の學問は致さず  身を殺したる  身を危うする  身を終るまで  身を社会の暗処に隠して  身は死せざるも  身として考うれば  身の功名を空うする  身に安心が予約されるではないか  身をねじ向けた  身の皮を剥いで尽してくれる  身にこたえていないという  身の術が利く  身のまわりのものを掻き寄せていた  身を以て逃れ出た  身のまわりの一切のものが置捨てられてあった  身の安否を考えたが  身づくろいの出来るだけの  身ごしらえはして来ているから  身であることを感ぜずにはおられません  身に湧き出す  身に沁みました  身をかくしてしまった  身をハネ起してみました  身につけておられますか  身を処決しようが  身についたとなると  身にしてしまった  身に近いところから出たという  身であってみれば  身を温めました  身でもありはしないかとさえ  身の閑なるが  身を以てこれに殉じたる  身に墨染の衣を纒わざるも心は全く浮世の栄辱を外にして  身を後に引く  身のけがよだつ  身を起そうとしたが  身の悶え  身に修せば  身を焦がす  身の悩み  身はたとい武蔵の野辺に朽ちぬとも留めおかまし  身は失われても  身の五識は命じられる  身と欲とをうけ  身と口と意に悪いことをしないという  身にまとえる  身の病を治療するには  身で読んで  身の病を癒す  身の化粧だけはキチンとしておきながら  身に法如を証す  身を起していた  身を浮かそうとして  身を気遣い  身を任せてゐるより  身を捨てた  身となつてその山寺に這入つてゐる  身も心も投げ出したい  身の周りに漂っている  身を堪えて  身を入れて囀ろうという  身のまわりは孰れも見馴れた  身を打ち込んでいる  身を切る思ひで  身に付かない  身を以てかかる  身が這入り過ぎるからで  身を誤ったという  身を滅ぼすだろうだけの  身を以て範を示し  身に纒うて  身を処してゆく  身を売って食うか  身よりの者の手に引渡す  身となり果てるぞよ  身を白刃に向けるとすれば  身を躱しましたが  身をよせかけて  身のまわりに蠢いている  身を起したらしいけ  身を起しますと  身の白み  身の運び  身をも燬くべき  身に翻れ  身を全うして逃げ帰るが  身を顧みると  身を許しているじゃありませんか  身を縛られるよりも  身を固めるが  身を御案じになり  身から離さず  身をなげく  身の置所を換えてからも  身をのりだして見た  身をまかするは  身が入っておらない  身が軽くなって  身に返って来ると  身のためになるなら  身をさけた  身を固めていて  身をもってかばった  身を跼  身を靠せかけて  身をすり寄せていた  身につけて戻って来る  身を置いておれば  身のまわりのものそっくりを焼いてしまいましたね  身でも行くべき  身がどうありましょうとも  身を大事がる  身になってみますと  身を翻した  身に法衣を纏っているが  身に纏わされた  身になんらの異常を覚えなかったから  身にき  身も魂もわななかされてしまったに  身に何かの力がついた  身のかかる  身をつくろっているという  身ごしらえをして行けば  身をうずめて  身を投げに迷い込むとも思われない  身が入り過ぎている  身が引き寄せられ  身は獅豹に捕えられた  身のまわりの整理にかかった  身に覚えがござろう  身の処置に就いては  身をぶちこんでおりました  身を浸けた  身を通してお前さんの身にとおったという  身に体験した  身と裸背を立てかけた  身につけてまいる  身よりもお前の身に集まっているに  身をくの  身で行先の旅の楽しさに喋々と浮れ出す  身にふさわしからぬ大きさを持った  身に応じない  身に引比べて  身を亡ぼしてしまう  身の行く末を考えて  身に迫って来る  身に成つても其方への義理ばかり思つて情ない事を言ひ出し居る  身を揉みしかば  身なれば正雄は日毎に訪ふ  身も弱りぬ  身が離れる  身を心配していらっしゃる  身と霊魂とをゲヘナにて滅し得る  身のまわりに押し寄せて来る  身のまわりに於いては  身がつくづくいやになった  身をもち崩した  身をジュラの山奥にひそめた  身も世もなく涙に咽んでいるばかり  身の自由も今は幾らか返ったらしい  身の廻りの騒がしさにふと人心ついた  身にそういう忌わしい災難が降りかかって来ているかと思われる  身の皮を剥いだり  身を八裂きにして煮て喰っても  身を任すなんて  身をひたして居ると  身入れろい  身をこごめた  身を任せます  身へ届く  身をよそった  身のためになりはしますまいか  身を廻らし  身の長二丈で鎗を持っている  身を顫わせさも悲しそうに吠える  身の不面目となる  身を投げ死んだなら  身を顫わせる  身を縮めるばかりである  身も魂も何物かに打ち込まなければ  身を抛擲とうと心掛けている  身の長天井へ届くと見えたが  身も心も焼き尽くす  身を破滅の淵へぶち込んだ  身も心も痲痺れようとした  身の締まる  身を守れ  身を翻し  身を棄ててこそ浮かぶ  身には繰り返された  身もてなほあくがるる空毒の香たきて  身をまかせつる  身をやく思ひもあらじ  身のわがふみてたつ  身の脂は一滴と申して  身の血を吐いて  身にひきくらべては  身をそむけるが定まりし  身を固めてやった  身の古疵かたり出でて  身を新橋の教坊に置き  身の晩節を全うせんとするの  身もいとすこやかになりしと聞く  身はさまざまの病に冒され  身にしみじみと思知るほど  身の害とは知りながら  身の悪寒を凌ぎつつ消えかかりたる  身の衰行くを知るにつけて  身には唯々うるさく辛きものとなるなり  身となりしこそ  身とはなれるなり  身とはなるなり  身は立ち  身の事よりして  身を全うし得べし  身なるらんと独りごちて  身をかばった  身を放  身の不運を歎きました  身にも心にも沁み入って  身を乱だす  身を退くべしと  身を投げたり  身の廻りをして  身ぶるひすると  身で子供を連れて来ている  身軽く飛び乗ろうとする  身を落している  身も世もあらぬほどに驚き  身を置かされており  身ではあるけれども  身を入れても聞かず  身に引かされもするし  身に合せて仕立てられた  身をたてるなら  身はここへ来て  身についてるから  身をふるわしていた  身をもちくずしていった  身を堅く押しつけた  身を動かそうともしなかった  身をかがめて言う  身をうち任せる  身を震わしながら  身を任していた  身を潜めたが  身をもがいて逃げ出したかったが  身を躍らしたが  身をおちつけ  身を落着けた  身なのを感じた  身を非常に幸福に感じて  身に注意する  身を転がした  身が厭になった  身振であらわしながら  身のこなしの六つかし  身のまわりにくっついている煙りが斬り  身が八ツ裂きになりましょうとも退きませぬ  身のまわりの世話はこの祖母がしてくれた  身のままの姉に逢える  身をあやまらせる  身に沁まぬ  身につけたい  身をすりつけると  身をかがめたり  身について見える  身をあらわす  身にあまる励ましを受けた  身を以て証する  身ながらみ仏と成った  身に湧いて  身をかがめていたから  身を動かしたくなかった  身を任してしまった  身を任したであろう  身を動かそうともし  身を投げ出したくて  身を見守っていた  身をはじらっていた  身を乾かし  身にそういう醜汚をかつて想像だもしなかった  身を汚される  身を保って立つ  身が持てぬ  身の成り行きがで御座んす  身を投げて果てました  身を投げんでも済んだ  身を砕いても逢わんと思う  身を投げるなんて  身をゆすぶって見た  身はまだなかなか投げない  身を投げて浮いている  身を投げたって  身をひねる  身を倚たして  身をひねった  身に集めなければならなかつた  身にひしひしと感じた  身におぼえ出しながら  身をひそませていて  身の緊るような気がした  身も心も温かになって  身を打ち込んでやりたいと  身に沁みなかつたらう  身に迫つて感ぜられる  身をかはさうと  身につけたか  身で塾を開いて  身が入り過ぎて  身をうずめると  身づくろいをせざるを得ませんでした  身とは思えない  身に思い当る  身も塀際に沈める  身に相違ありません  身を守ったけれども  身を立て直すと  身を乗出して言いました  身とは違い  身を乗出したという  身はかつがれて  身をさらしていた  身に染みますに  身を投げてしまわしった  身にも命にも替うる  身は厭いはしませぬ  身を退きましょう  身のまわりの物を車に積んだ  身は包まれた  身のまわりのものを収めると  身のまわりのこともたいてい自分の手でしていた  身をおちつけるまでは  身にはまだ伝わらなかった  身を前に屈めて  身はいつしか其の香雪の中に入る  身の中に卑屈なものをつけていた  身を貧苦の巷に埋めている  身にしてくれました  身にも心にも幾夜かさねしいつ  身の誰をしも  身を縮めていた  身を落ちつける  身に荷い  身をささげてる  身を疲らしてる  身をささげたいとの  身をかがめてのぞき込んだ  身だと信じた  身を投出し  身を揺すっていた  身をかがめてきた  身だけをかわいがり  身振をして言った  身を提供した  身を提供しながら与えなかった  身に引受けてやりたい  身を堅くしていた  身を離した  身を愛してるより  身をささげてくださるなら  身をささげたからといって  身を投げ出しても  身を戌り通しているともきいていた  身が独り遺されても  身のまわりのことをさせつけていた  身の振りかたに就いてであった  身をいよいよ引け目に思う  身でも食いきられるかの  身の恋ざんげを試みた  身に近く招き寄せましたから  身の軽いということを申しますと  身が吹き倒され  身には翼が生えて  身を以て導かれる  身を粗末にして  身を守るか  身を絶滅しきれないで迷っている  身にするなんぞは  身をのし上げたかと見ると  身を押しかぶせてしまいました  身を持ち崩しました  身も心もやせ砕ける  身も心もヘトヘトになりながら  身を持ちくずす  身を入れてくれないと  身をのろい世をのろい  身にした  身を隠そうとたくらんだ  身を構えて  身を救う  身のまわりに集まってきました  身を投げて死んでしまいました  身を完ふする  身の死なむ今日の我を幸ひに  身にてもあらばあれ  身にもかかりて  身に相応ぬ望みはかへつて御苦労させます  身に附き  身を任すも  身を立てたる  身には少しの金融をも許さねば  身を寄せしめ  身を自由にさせまし  身のよすが求め  身も納まりたれば  身を立たし  身ぞと除きてゆく  身にあらぬを  身の入訳を語ら  身にもしみ  身の罪の今更のやうに数へられて  身を立つるを  身を保護せ  身を大事がられて  身を起こさ  身を蔽う  身になりました  身は宙ぶらりんに垂下っていました  身を擲げこめば助かる  身をととのえていました  身はフワリと軟い  身をふるはせて居た  身につけて歩く  身をうちこんでいるけれど  身のまわりをひら  身にあびている  身の姿を思い描かしめる  身にもなってもらいたい  身を持崩していたが  身の不幸せを歎いていた  身の周囲の化装品は一つとして彼女のままにはならなかった  身を纏んだ婦人に見られる  身をかわされたので  身をかはして  身をかはす  身を蛇体に変じたという  身親しくこの出来事を見聞した  身のたけ六尺眼光は流  身を投げたりした  身には木の葉などを綴り合わせた  身を落さしめたという  身を隠したとすれば  身には毛もなくまた何も着ず  身には木の葉を着ているとある  身のたけ二丈余とある  身は毛に蔽はれたれど  身に纏はざるやと言ひしに  身に及ぶに心づかず  身を離さずに  身を蔽ふ  身のためには好くないことだと話し合っていた  身を放さず  身に取つて  身を亡ぼす  身も魂も投げ出して  身に沁みて惜しまれる  身も魂も誘われて行く  身をかわして踏み止まろうとするが  身も枝うつりして  身が屋敷へも寄っておくれ  身に一糸をも纏はぬ若い男女の擁き踊りにあるらしい  身を恥じてかくすがごとくにして  身近く寄る  身をもがいている  身振多き団欒の図はあれど  身に受け  身を退こうという  身をさらしたくないと  身をひくべきだと思う  身のふり方を懸命に考え  身に受けたろう  身を躱している  身をもって守っている  身振と共にすたらないであらう  身も心もゆだねた  身には異様な着衣をまとい  身を退くと  身に似合しからぬ  身にしみて思ひ  身もふるはれぬ  身の痩せもせじ  身ぞ逢ひたしの  身も狂するばかり  身をつけている  身だから多分区役所の御厄介になった  身は大徳川の宿老という権勢並びなき地位にありながら  身のあかしをたてておくと  身にたきこめていたらしい  身をよじらしている  身を入れて習い  身を潜めました  身をより添えながら  身のかっこうがつかなくなりました  身のかっこうがつかなくなったとはいっても  身おからだをのせながら  身を教育の職に置いて  身ぞ一人理想の路に佇みぬ  身よりも肉身もないということのみは包まずに答えましたが  身を浮かそうとすると  身を潜めさせた  身が這入らなかった  身を慕っていた  身を潜めると  身ではござらぬか  身の気がよだつ  身を捧ぐべき  身にかかわらず  身を隠しおおせていた  身を隠したりした  身のふり方をつけて  身をすり寄せて  身の来し方を返り見た  身も心も献げ得る  身をよじるばかりでありました  身の恥辱となる  身をよじって泣き入っている  身にしみ入るごとく鳴きだした  身のまわりのことをお世話くださったって  身につけるほどの  身をふりかえると  身はおとしていても  身は詰まる  身の浮かばれる  身にこたえたかい  身を売りました  身のまわりにつけていましたが  身につけさせる  身をも顧みず  身に不届きな女犯をおかしまして  身をかわすべき  身をふるわせながら言った  身を支へる  身を悶えてゐると  身を主に捧げた  身を捧げようとした  身軽くとび越え  身の危険など考えてはいられない  身の潔白を立てようとなさった  身のたしなみを  身を殺しまして  身を落としてで  身のまわりをうち調べていましたが  身ののろわれた  身をかわしながら  身軽くめいめいが乗り移ったと見えましたが  身をひるがえしながら  身を潜め入れました  身の災難とあきらめまして  身をひくや  身のおちどにござりましょうが  身を託したので  身をおとし  身にもなんぞ異変が起きているので  身を焼いたとがですとな  身におち  身にやましいことがありゃ  身のうえにでも変事があったか  身にお線香がしみついているは  身の進退にも及ぶべき  身離さず所持いたしている投げな  身をこんがりこがして  身に大事がふりかかります  身を省みつつ  身を潜めるより  身のまわりの品から先にまずここまで運び出して  身に附けて持ち廻っていた  身に徹える  身の周りに持っていた  身の周りに持っていると云う  身のまわりで一番不思議なものと云えば  身になろうと云う  身におなんなすったとして  身が疲れ果てて  身にまとっていた  身を適応させる  身の一部とは思われない  身に着けていたかったら  身はのめる  身ぜにをきって乗る  身のまわりの世話はいうまでも  身を寄せながらし  身を社殿の陰に寄せながら  身細りするにはしたが  身をおどらしたかと思うやいなや  身をひるがえしつつ襲いかかろうとした  身も顧みず  身を焼くほども  身親しくお目もじもかないえばと  身にあられもなくののしりわめきながら  身にくふうもつかず  身をかくすなんて  身の周囲に降りそそぐ  身にのみ降りかかる  身を入れて見ている  身にもなって考えて  身でありさえすれば  身抜けをして  身を現わして出て行ってみようかと思ったが  身として見ていられるか  身のうちと言うからな  身の皮をむいて  身が入る  身を没しました  身を没して現われる  身を登山表参道へ現わしたところを見ても  身を運び入れる  身を託したいと思いまして  身に何の箔がついている  身につまされました  身を躍らして飛び出し得た  身ではありますし  身を陥没してからの  身にはやれ  身のつまる  身に引当てて考えて  身が幸福になるか  身に沁みてよ  身を窶して  身の破滅は兔れぬにしても  身を埋めていた  身と自らを人生から流謫させた  身につけ加えられていた  身を斫りさいなむばかりの不安と焦躁が渦巻いていた  身をいたわっていた  身を切るばかり  身の引き締まる  身にもなってみると  身として心痛ひとかたならず候につき  身の修業の足りねえ  身の恥になる  身にこたえまして  身の内が締まりましたよ  身ごしらえ厳重の武芸者ふうに作って  身に看護して  身よりもない外国で中風になって生きている  身につけてはおられませぬ  身に暇ができたとならば  身から出たさび  身の始末つけたら  身は出かける  身を固めていた  身のうちが凍える  身に覚えのねえ  身に覚える  身が自由になるまで  身は京都に近づいている  身を熬る  身の解決は着いている  身も世もありはせぬ  身を揺った  身をねじっている  身をかがめると遠のいてしまった  身を暖めようとする  身を養っている  身をもがいてる  身を破滅させる  身を堕したがっていたし  身を置いていた  身を堅くし  身をねじって笑いこけた  身を隠したいほどだった  身ごしらえを監督した  身を任せるだけで  身を屈したくなかったので  身を焦がした  身のまわりにつみ重ねた  身を埋め  身を起こして叫んだ  身を反らしてあえぎながら  身を動かしてはいなかった  身を投げてやると言った  身を堅くして  身のまわりで起こる  身を滅ぼしたい  身をしぼらるる  身が年とる  身が持てる  身の軽い子どもとすれば  身の軽い子どもだからただの曲芸師かと思ったが  身を引きそばめながら  身が引き入れられる  身をおどらせながら  身をひそませていた  身を泳がせると  身をよじってさからおうとした  身になにひとつうしろ  身を起こしたかと思うと  身を泳がして  身を忍ばせて合い  身を起こしました  身を震わせていたが  身に武道の心得ある  身をふるわせました  身をおとしたと申さるるか  身とこの弟めに口をすべらした  身をかくして鳶の者になっておる  身をまかせるだろうと  身のしあわせ  身をよじりながら泣きつづけました  身に沁みてはわからぬからで  身を灼く思ひが  身にしみながら  身を以て少壯者と其志を同じくせしぞ  身の危險を慮り  身を寄せてゐられた  身に引受けられたる  身を退いたも  身の危險を慮りて  身を寄せて居られた  身だけになった  身をもたせながら  身のためだぐらいの気持だったかも知れません  身を売っている  身も心も使っていた  身をひきましたが  身をねじる  身として主人の矢おもてに立つ  身は小官吏の乙娘に生まれて  身とやおもふ  身をささげて  身に思う  身を投げいれる  身は厭世教を持したる  身になったといって  身はあった  身の相談をしようとした  身にせまりくるが  身は引離れて  身も疲れた  身を起して立った  身を翻して逃げだしました  身を晦ます  身を軽々とその翼に抱き  身較べている  身をめぐらす  身を引いて開き  身として大金を送って来たと云う  身に就いての  身に害になる  身では迚も此の職は務らぬとて官職を辞した  身を起そうとする  身は何なります  身に何か秘密の有る  身と為った  身を掻きむしる  身に差し図する  身に火が降り掛って来ようとも  身も立ちますまい  身を叱って見たけれど  身を立て直して  身には定めし怪しむ  身で兎も角も密旨の為に働き  身を投げるかの  身に就いて  身に恐ろしい不幸が絶えません  身に手を着けるより  身を掻き消したかと云う  身に何等かの疑いが掛りはすまいか  身に疑いの掛る  身の秘密をも知って居るので  身でも投げるかの  身を自重せねば成らぬ  身を鉄の様に丈夫な日頃に癒して  身に掛かって居る  身に成りたいと思います  身に人の妻と為られぬ  身には真に恐ろしい秘密事件が差し迫って居た  身に悪事が重なって居る  身に害を為す  身へ力を入れて見るのに  身も後々が安楽では有りませんか  身は何うなると思います  身を委ねるなどと云う  身で秀子を追い掛けたり引き留めたりする  身に様々の旧悪が在るに  身を安置し  身として甚だ聞き捨て  身に秘密があると言う  身の秘密も自然に分るに  身を軽く潜戸の中へ隠れて  身の事かと思えば  身の秘密まで今此の悪人等の口より聞くかと  身を蹐めて床の上を探る  身の秘密が幾等か残って居る  身を延ばして見直した  身が若し三日目までに帰らな  身の幸福にする  身を幸いにする  身の運命を握って居る  身には大変な損害ですけれど云いましょう  身の秘密に関係して居る  身を仰向けて  身に何か事変が有りましたか  身の素性や秘密などを書いて有った  身が大身代の相続権を失うが  身の為になり  身だなどと誰が其の様な事を信ずる  身の潔白さえ恃んで居ます  身は果たして三日の間も持ち兼ねる  身に疑う  身の利害にも関係するから  身かと思われる  身に実験して  身なら何所へ行くとも  身の落ち着きを安楽にして遣り  身であるのと気色に障る  身の中心を失って  身を支えかね  身に縋り附こうとすると  身の震うを制し得ぬ  身の弱点を思い出し  身にお障り成さるな  身の隠れ場所及び其の方法を定めねば  身の危険な事を暁った  身は戸を守る  身に馴染む  身を安泰にして遣りましょう  身で到底此の丸部道九郎の妻には出来ぬのみか  身が救われた  身だと知って居ながら  身に有るまじき  身にも幾分か責任のある  身に引きくらべて考へる  身を捻じると  身を隠すなり  身を粉にくだいても  身を想わずにいられなかった  身が震えたわ  身を隠したがる  身に気をつけよ  身をすさらせ  身を曝しながら  身に感ぜられた  身のまわりを取巻いた  身を以て運命を論じたり  身を洗い村女の捧げたる  身を出して  身が穢れて  身が穢れているとの  身にうつる  身が穢れていると  身を置かねばならなかった  身に受けて居る  身の秘密を疑がうことは出来ない  身を置ける  身を慎んだが  身を転じ  身の廻りの世話位なら誰もいやがる  身に穢れがある  身になんら犯した  身に穢れある  身に穢れがうつるという  身の穢れがあるというので  身が穢れているが  身もまた穢れる  身が穢れているという  身を投ずるとしたならば  身にまと  身を斜めに傾けて  身をよせかけていく  身をふるはす思ひで  身ほそき太刀のそる  身を置きうるであろうか  身無神社の意であろうと私は解しております  身を引きましたが  身をそらすと  身をますます増長させて  身に佩びた美玉をとり外して  身が入つて来るからでせう  身をすくめずにはいられなかった  身が役にも立たぬ  身に迫っているという  身を暗まして逃れる  身にも駅路の夜明けを偲ばせた  身を投じなかった  身を交しながら  身にしみて思い出された  身を此方へ近づけると  身を投げ伏して  身を捨てましても  身にかぶって  身の罪に責められて  身づくろい致しまして  身も凍り縮みましたなれど  身を大きくしようとする  身を虚空に騰らせようなどと  身を諦めて居らるる  身を少く開く  身退りし  身を平め  身を如何にも礼儀正しく木沢の前に伏せれば  身のまはりのお世話をする  身に迫つてくる  身を竦める  身は大きなガレリーの中に滑り込んだ  身の周囲に流した  身になって考えて見て下さいって  身には井の字の模様のある  身を後へ引いた  身を穿めるようにして  身軽く出来ている  身に叶ふ如く  身を横にした  身になりや  身を打ち任せてゐる  身のまわりの物まで遠慮しなければならない  身のまわりの物の値踏をしはじめた  身であるのを思えば  身につけて居ながら  身のきまったよろこびだの  身でもなげたい  身を投げて仕舞った  身の囲りの事もしとる  身をもがけばもがくほど  身をもがきながら叫んだ  身もがきをするでも  身のかるい黒犬があと足で立って  身ゆるぎもしずに  身になれたらなどと  身になろうとは  身を先生の前に恥じようと致しております  身のこなしで燃える  身の民子は如何に感じたらう  身ぶるひやまぬ  身に迫ると  身をかじってる  身をもぎ離して  身の破滅だと言う  身をささえる  身をささげていた  身を焦がしてる  身をさらしてる  身に引き受けていた  身を置けば  身を涜して  身を売ってる  身を護っていた  身につけてくれ  身も心もそれと同化してしまった  身を投じたく  身も存在しないが  身が土となる  身を置いてみた  身を固めようと思っていた  身に成り  身は其一つぶもの成りしも  身は抑も何とすべき  身の潔白の顕はしたやと哭きしが  身を夢の世界につれて行き  身を投込む  身を粧ふことは  身には廻つては来なかつた  身を摺り寄せながら行くにもかかわらず  身を粧う  身には廻っては来なかった  身の危険を感じた  身を托して飛び降りた  身をひらいて  身を曝していた  身は八つ裂きになろうとも守り通さずには措かぬと  身を淨め上下を著し  身の金箔とする  身を起して立つ  身は前へ出て  身で病人を達引いて  身を立てよう  身を窘めて  身を切裂かるる  身を任せて引かれ進むと  身を細うして行くと  身にもぞッと立った  身の辺に飛交う  身を支えかねたか  身も顫えた  身に染みたら  身を抱かれて遮  身に影も添わず  身を退って  身を供した  身をかはし  身になつてみれば  身を曝してゐた  身であつてみれば  身を切られる思ひを致した  身を羞じているではないか  身の羞かし  身を羞じてちょっと体躯を横にしたが  身のことばかりクヨクヨと思うからだ  身に引き比べて  身の悲しさを覚えて  身をかねるという  身を粉に砕いても  身に秋は早くも暮れて  身に取っては物思う  身を用心しとる  身に危険を持っていらっしゃらない  身に危害を加え  身に落ちて来たならば  身をかがめてゆで  身をはかなむ  身をはかなんでいる  身づくろいして立ちかけたが  身を逆さまに谷底へ跳り込んだ  身の修業にのみ魂を打込んで  身を投だす  身に触れて感ぜられるので  身を挺して赴いた  身をよせて取り縋っていると  身も世もない恋慕の思いに胸をかきみだされた  身を落としながら  身の幸せを考えて  身を震はして泣き出す  身を容れる  身振がごっちゃになって  身振がごつちやになつて朧な暈のやうに僕のなかで揺れ返る  身に抜群の芸能を得たる  身に慣れたる  身を置いてしまへば  身を委せてしまふ  身では帰られませんよ  身に応えた  身でしめ  身づくろいをするにしては  身にかわって  身になって見て  身を固めていても  身を落ち着けた  身を浸さないではおれなかった  身を置いてる  身を放して言った  身を寄せ合っていたかった  身を振りもぎって  身に沁むほどだった  身を守るだけの  身をささげてくれる  身のまわりを節約し  身に関係のないなんでもないことを話し合った  身が汚れてしまった  身を守り得ない  身を犠牲にするという  身に担ってる  身を守った  身と魂とをすりへらす  身を寄せてきた  身を起こして言った  身近いものとして感じられる  身のふりかたを考え  身かと思へば  身にて事なく仕へんとする  身の心ぼ  身のおぬひが  身の覺悟と心の中に詫言して  身を無いものにして  身と思しめせ  身にして見ると  身の空涙こぼして  身を思ひ  身をふりふり  身振をしていた  身も砕けたかと思うほど驚いた  身をふるわして泣きだした  身を案じていると  身に沁み入る  身をもってする  身をエタ仲間に投じて  身に穢ありと認められた  身の廻り百由旬の内へ寄せ附けないという  身に纏っている  身を引緊めるようにして  身を窶すで  身のまはりの世話をしながら  身を深く埋めてゐたから  身を立たせる  身を巨巌の上にぶつけて  身を投げて死んでしまおうかと思った  身を入れて呉れると  身の廻りに置いているでしょうか  身で文学博士の肩書を持ち  身と称して  身につけず  身にしみて感じていたけれども  身をゆだね  身につけていらつしやる  身を固めさせる  身がはいるでしよう  身にもなってくれ  身で青天白日のもとを往来する  身のたけほどある  身をなげだして  身をおくにせよ  身をおき  身を起こせり  身に合わなく思われて来る  身なるにもかかわらず  身を粉にして働きました  身を入れて聞いてゐないのに  身も心もすくむ  身を入れて聞いていないのに  身を棄てる如きも  身も心も緑化する  身を捨てこそ浮か  身の恥をのめのめと明るみに曝されて  身ぶるひをして  身がはいらない  身を以て直接行動をとって  身を温めてやらぬ  身は変らないが  身をうつむき  身の男の行方もどうやら気になる  身の男は絶対にかかわりがないと見なければならない  身近く寄って来た  身を委ねてしまった  身を浸して拾い取って来た  身の廻りのことは御不自由はおさせしませんから  身をこちら様でお使い下さらんかいな  身をとどめて  身を消した  身に沁みるという  身であってみると  身に丹を塗り  身が長浜の町の中へと呑まれてしまいました  身へあてがうと  身だからどうにでもなると思って来たの  身を漬けておりました  身を洗いはじめますと  身となって育て上げた  身だと心得ているから  身には十徳を着ていましたが  身のうちでげす  身を忍ばしていた  身を支え得たかの  身と思うか  身にするか  身を托している  身ごしらえをし  身を考えなかった  身を丸くしてもぐり込んで  身を丸め込んだ  身を忍ばせていた  身は出せない  身には合羽を引っかけているし  身を忘れて許す  身を托されながら  身ではねえと喞ち  身も食われてしまう  身につまさるる  身の強健に堪へざる如く  身を売りたる  身を旅合羽にくるませたる  身に纏はんとする  身を後ざまに覆さんばかり  身をつくばはせたる  身を支へ片足を物の上に載せ  身を畳の上に投げ出し  身にまとひたる  身にまとへる  身既に地獄にある  身をこがすとは  身を亡す原因になった  身が入らないので  身よりのない娘といい家庭をこしらえてゆく  身は彼の如何なる暗黒な意にも委せると云う  身を聳かして立つた  身を配慮いて泣き明かせる  身に万一の事がなければよろしいがと老爺はそればかりを案じておりまする  身振をやって歩いている  身を持ちくずしているものの如くである  身は童貞にして  身は死して  身をうち任せ  身を動かしかねた  身を誤っている  身だと信じていた  身にもっとも関係深いことは少しも語らず  身となってる  身を屈したくは  身を養ってる  身をささげようとしていた  身を疲憊さし  身を隠してしまって  身を託する  身を投じたくて  身を乗り出してながめてみる  身を警戒しに行きたがった  身を旋らしてその男を見た  身に附いている  身に沁みて感じている  身にも犇と伝って来るからである  身にもなお残っていた  身を捨てて掛らねばならない  身を隠してしまう  身を顫わしていたが  身も心も境もおしなべて変っている  身につけて生れて来た  身に引き当てて  身に落ちかかっている  身を以て苦しみぬいた  身を以て苦しみぬいたという  身づくろいをした  身を染めて  身づくろいをしている  身をいたわり  身をつゆばかりだに慈悲無しと思ふ  身ぞ天つ御空に此君を仰ぎ見すら  身はうち疾みてこ  身を縮めながら言った  身を置かなかった  身を顫わせて囁いた  身を引き給え  身をひそめて覗いている  身は磊落で鞘当ても起らない  身を抜いて  身を委せて居た  身の動きが取れなかった  身を起しながら向き直った  身のつらさが御解になりましたでせう  身に協ふ  身を屈めつ  身を縮めて俯けり  身を粉に砕いても致しますと  身をスリ寄せつ  身に合はず見ゆるは  身を耐へて瞑目す  身も魂も捧げて  身を顫はして  身を切るばかりにして  身に浸みぬ  身の尚ほ働きつ  身を起しつ  身を震はしつ  身を縮むる  身を大椅子に投げて  身も心も献げた尊き丈夫が在る  身を慄はしつ  身を逃れると  身と併せて  身で在りませうならば  身を其上に投げぬ  身は只だ一片の拘引状と交換せられんとすなり  身をエサにしている  身を委してゐる  身におぼえのある  身ぶるひを始めた  身ながら粟だつを覚えき  身を前に屈めて歩めり  身も心も捧げ尽してしまいたいほど  身のこなしに老年の衰えが明かになって来た  身を引きそばめて  身にしみ入る  身を滅ぼされてる  身を投ぜんとする  身に起こるあるゆる  身を滅ぼしかかっていた  身に放った  身を滅ぼしていった  身のまわりに光被していた  身を委ねてしまうと  身を落ち着ける  身をささげた  身をささげるとすれば  身を守らなければいけません  身を汚して  身を任せたと  身を縛めない  身をもがいても  身を投げ出してゆく  身を投げ出して言いたかった  身を養うべき  身を噛まれる  身を守らんが  身を現わさなかった  身を与える  身をかがめてのぞき込んでいた  身を友達たちの生きている  身がまえを  身をすり寄せ  身にならなければわからない  身を以て意地を守った  身の廻りのことは何でもしてくれる  身軽く立って  身にしみじみと味わう  身に引け目があるからです  身が軽くなりました  身を結束した  身に鎖をつけ  身をかわすが  身を投げかけて泣きました  身近い人であればあるほど  身の廻りの捌きに就て家族に少し説明して置けば  身に古ぼけた  身の周囲のものすべてを大事にする  身とわかっても  身うごきならぬ  身をかたくまもり  身をもって詫びたが  身のまはりを撫でたり  身は部屋のなかに幾時間も横たわって  身を回避する  身をも支配した  身のまわりの小人物たちを眺め渡し  身を捧げようと思うにいたった  身を振る  身を藻掻く  身を昨日までの仇敵スペインに売り渡してしまった  身を守ると  身かたしてくださっている  身と傷つける  身より懈怠なく天聴に達せ  身を投げだしたく思う  身を遠征に投げだした  身の投げだし  身を抜け出  身をヨオク屋敷のなかに横たえながら  身まもっている  身を絶望的な行動に投げ出したに  身を浮かばせた  身を投げ伏す  身かたした一人にダニエルという者があった  身を扱いかねた  身にしみましたと  身にこたえて感じられる  身に受けていないし  身を伸び上り声を叫ぼうとした  身には本より何等の痛痒をも感じさせぬので  身には心易く心丈夫に思われ  身を僂めてみると  身を捧げている  身を翻えしたが  身に泌みる  身をもたせていた  身も魂も襲われる  身に泌みてい  身を持て  身の破滅となり  身に起こった  身を横倒しにし  身を挺したら  身に産れながら  身にしみじみと有難く存じては居りまするが  身が守られるという  身も心も捧げなければならぬ  身をよそおい  身を挺し  身を忍ばせて動かなかった  身を忍ばせた  身が震える  身にしてからが  身を屈ませ  身の温りのあり  身をひるがえすにさも似たり  身に迫り  身に合いかねる  身を震はせながら  身をかわしもしないで  身を隠しているか  身を染めてる  身を処してゆける  身を縛られていない  身を焦がしていた  身にになって  身を粉にして働きながら  身を縮こめて  身を曝して喜んでいた  身を投げ出して叫んだ  身をもがいては  身を磨りへらしていた  身を投げに出かける  身をかがめもしないで  身に悟った  身に刺したが  身を脱し  身を汚した  身の破滅となるに  身を引き離しながら叫んだ  身を引きもぎって飛びのき  身を疲らしきらせようとしていた  身を合わそうと  身にしませる  身の憂さを歎くにあかで明くる夜はとり重ねても  身の中へしみ通る  身にとってどんなに苦しいことだろうと中川の女のことがあわれまれて  身にうれしいことではあったが  身のうさにあるにもあらず  身をかへてける  身に沁んだ  身のうさに行く  身を投げてしまえと  身にしみもし  身をも離れず  身を亡しかねない  身も沁みよとや  身の取りなしが  身に受けこたへてをる  身が蒲団の中に埋もれてかへ  身で大金を出す  身の袖うち振りし  身は水素より軽ければまた耕さんすべもなしせめてはかしこ黒と白立ち並びたる  身に着けようとしなかった  身としてこんな歓迎を受ける  身を起こす  身をささえながら  身をうけて  身を見つけようという  身を案じたり  身にしみるだろうねえ  身を慎んで来た  身になって見さっせれ  身を倚せて  身をいたわりながら  身を忘れていた  身でありながら柱石たるわれわれをさし置いて  身を投じようとする  身を慎もうとする  身を起こしつつある  身を入れておいででしたっけ  身でいるあり  身を恥じた  身を包まれて  身に着けて来る  身のおとろへにほかならぬかな  身のうきほどぞいとど知らるる  身を飾っている  身もそぼつまで  身も消えしも  身を海中に投じて  身を置き得たと信じ  身になっていたが  身を入れて話していた  身に沁んで  身にしんだことなども皆お話しした  身かと思ひぬ  身はかくて  身を投げても  身を固めているから  身は慄わせているが  身を投げれば  身をば思はず  身大きくなって  身になれたなら  身をつくしても  身を横たえている  身のここちする  身こそかくしめの外なれそのかみの心のうちを忘れしもせず  身を置いていては  身に沁んで思われた  身を変へて一人帰れる  身に生まれて  身に沁んでながめられた  身の私はどんな難儀になりましても  身のうき  身に沁んで聞いていた  身を変へて後も待ち見よ  身に取っては生れてから  身の末は一体どんなになってしまう  身をば他人のようにその果敢ない行末に対して皮肉な一種の好奇心を感じる  身を抓って  身は自らその時代にあるが如き  身にも現今の束京は全く散歩に堪えざる  身軽く鉄条綱の間をくぐって  身を持てあぐみ為す  身を破るが如きは  身を苦しめたりいたします  身のうきほどの知らるるは  身に負っている  身のとりなしも見えた  身が唐人づれの手にかかって  身こそ浮きたれ  身に沁んで思われて  身はそれながら玉鬘いかなる筋を尋ね  身の取りなしをも晴れ  身を投げつべしやと  身の取りなしなどに  身とも思ほえぬかな  身をお入れにならないじゃならねえ  身に浸みまして  身をのみこがす  身に沁んで聞いた  身にしむほどに  身を退けてしまった  身を呈する  身も心も海に流れ  身ぶるひ致し  身をわびしと思ひ知り  身に沁んで聞かれた  身のとりなしを見せていた  身を以て男子に売ろうとしつつある  身を護ろうとすれば  身を後ろへ引いて行った  身の取りなしも  身にしむとも思い  身を装うた  身の内は凍ってしまうほど  身を知る  身の觸れたらば  身につけまとひ  身につけていないし  身のとりなし  身が思はれる  身を寄せかけながら  身をささぐる  身を危うくする  身を投げ出して微笑んでる  身を置いているが  身を休めた  身に感じていた  身をつないでる  身で扉をささえねばならなかった  身を護ってきた  身をささげなければ  身を顧み  身を任せてる  身を起こしてすわろうとした  身を任せながらも  身につけて伸びて行くかという  身に感じてゐる  身に経つつある  身をけずられるばかりの  身にお感じられになり  身も投げつべき  身を投げん  身に近く秋や来ぬ  身に備えて生まれた  身で今さら名利を思う  身につけてゐたに  身を汚され  身に親しいものとなった  身も心も胆汁質に仕上げられ  身さえ眼をさえ動か  身もよもあらず  身はどうなろうと  身になっちゃあ  身に会せん  身をあせるを  身を持余せるかのごとく  身にもわずかの閑を盗み  身に甘んじている  身にしみたと見えて  身を堅めさせ  身に集まった  身にもしみて来た  身に甘んじて  身に利得を求めようとする  身は天に任せ  身を傷つくるまでに及んで行った  身を置き得て  身を浄めることを始めた  身を置いて見て  身にひしひしと感じられた  身を任せたろうとは  身の今日は緋色を飾るも  身を置くべき  身にはふさわしいと思われるからでもあった  身を埋めるか  身を任せていた  身として寄留先を変える  身を案じ暮らしている  身として案じてやるとある  身も軽き学生生活でのみ得ず  身は忽然見も知らぬ  身を顫はし  身の周囲に銭を落としはしなかったかと  身を粉に碎いて  身はコルクの栓よりも輕く  身近いところにちらついてい  身からでた錆だと友達は言ふ  身に替へて思ふ  身に附けて居れば  身を投げて死にます  身の皮を飲んでる  身を退きしが  身につけて葬ってやりました  身の姿態も優美なのが選ばれた  身のとりなしに  身を横たえてしまったので  身は消えな  身になっていますと  身に冷たさのしみ渡る  身のとりなしで  身軽く浮れながら  身も軽く渡ってのける  身もあり  身の取りなしのすぐれて  身が片づかない  身を引いて出たが  身を捨てていにやしにけん思ふよりほかなる  身に添いません  身に投げつける  身を投げだそう  身を守っていた  身をそむけた  身を捨てると  身に知られまし  身に代へんとは思はざりしを  身をゆすぶられている  身ながらも限りとて  身にしむほどの  身は一つ心は千々に走  身の万一人爵崇拝と宗旨変でもしては  身を幾つかに分けて使う  身に持つ  身に備わらざる  身から放つ  身のとりなしにも  身にかなはぬは人に負けじの  身の作りもして来た  身の悲しみをも忘れ  身を入れるにきまった  身を以て防護に当るより  身になっている  身を没した  身を救けられて  身を彷徨させて  身を摺りつける  身を兵刃の中に置く  身を引きずって  身を寄せてしまいました  身を引きずると共に  身を置いたかと思うと  身の防衛本能から言っても  身は行く  身そのままが構えになっている  身だから手間ヒマはいらない  身にからみつく  身に帯びていた  身を木乃伊にするが  身に直接の利害が及ばない  身に報い来った  身を引いていると  身を助ける  身も魂も置き  身の振り方のついたという  身は天涯ドコへ行こうとも  身になり代って考えてみてもらわにゃならぬ  身が定まった  身の落着きがきまったと言って  身をなくしてしまいたい  身で眼に女人を見るさえあるに  身に重大な不幸が起ったらしいぞ  身が詰って来るは  身に引きくらべて見る  身に引きくらべて読むに  身をあやまるも  身にこたえて来た  身にかかっているという  身のとりなしにもすぐれた  身を寄せて言っている  身も浮かぶほどの  身のとりなしといい  身につけて行った  身にしむという  身には心苦しく思われる  身を入れ過ぎる  身にしみ渡るほど思い続けている  身になったかのごとく思って  身につけさえすると  身の力量を見せて驚かしてやる  身も心も涼風に洗われた  身も心も浄化されてゆく  身とはなり果てつ  身振をしたりとせよ  身を以て隕すが如く  身とともに在して  身をうしと思ふに消えぬ  身に沁んで承った  身を行かせていた  身も投げたい  身になっているではないかと  身を後ろへ引いたが  身にしみじみとしむ  身につけ夜着は少し下へ押しやってある  身を分けた  身になっておれば  身のとりなしの備わっている  身を宇治川に投げてましかば  身になったからといって  身を粉にしても関わないとさえ思っていた  身につけてしまっていた  身をひそめただけで  身をかばう  身だと思えと言って  身にしまなかった  身を横たえているらしく思われる  身を後ろへずらしていた  身を知れば恨みぬ  身になっていると思われ  身をはずそう  身をなびかせている  身に沁んでなりません  身があってか  身に附いてゐる  身振をしていつた  身をもって代りたいといって  身に感じて喜ぶ  身の廻りを探ってみた  身を揺り動かして  身を動かすと  身を清めて行くべきか  身に巻いて踊る  身の廻りのことをしてくれるわ  身を竦めた  身をぶち当てた  身が慄えた  身を擦りつけた  身を慄わすといった  身を託したばかりに  身にいた  身も動かなく成つた  身も翼に入れて  身を入れ出して  身を投じさせた  身を以て当る  身を汨羅に沈めた  身をゆすぶりながら  身の納まりだけを  身のふり方まで御心配くださいます  身にとっては家のことなどは考える  身のこなしなどに洗練の足らぬ  身に災難も降りかかる  身に残っている  身のなりにけん  身についているし  身についてはいないが  身につかないという  身についてもきた  身につくかつかないかという  身をねぢつて茶の間の方へ向き直りながら立ち上つた  身を入れて聞くと  身を御引きやすと  身で薫を迎える  身からこんな気が放たれる  身をあやまり  身をば捨てんと  身を投げたなどとは思い寄る  身になっていて  身が自分の思っている  身に消えつつぞ経る  身だに人の知るまで  身にはしみにける  身を売らねばならなかつた  身を以て考へてみる  身にそえて  身につくなんて  身につきもする  身のまわりのことにも今後一切手をかりまいと思いきめたなら  身をひきしめて  身をなげふせて  身が入りすぎたという  身を委せる  身の置どころもないように噂された  身の潔白を表わすに  身だから罪となる  身にはしむやれし  身を抱えられて  身を投げに行ったという  身を投げし  身になっているではないか  身に沁んでさえ思われた  身に沁んで思い出される  身を物思ふ  身ではおられない  身をもっては  身をも人をも思ひつつ捨ててし  身にあの人はなった  身にしまぬ  身にやありし  身でわざわざこの山寺へ訪ねて来てくれたとしてあらん  身に自分はしてしまったと  身などにおなりになった  身を投げたかなどと  身の乳も不足なれば思い切って  身に長半をあらそえば  身の分限を知たなら尻尾をさげて  身を売買するというは  身に覚あって  身を縮まして  身を隠匿呉れたる  身を救われたる  身のまはりを見返へる  身を持してゐる  身近く迫つてゐないだけの  身が堅まるやうに為て遣らうではないかと  身が堅まつたと思つて喜んだ  身を持崩して  身をその中に投じたのであらうか  身に沁みて感じてゐるの  身になりゃ  身を顫わして涙の中から叫んだ  身を助けられる  身振や癖や夢想や狂気や罪悪などを強要する  身を蜿らせ  身についているであろうかが  身をかわしている  身も縮む  身に附けていた  身を斜に片方の肩を少しあげている  身を返したが  身に染みたは  身に染むとまでには至らなかったが  身に染みて参りました  身が入りますぜ  身を引釣った  身の影さえうかがわれる  身を移す如く  身を投げるとか  身の為になる  身近いものの些細な不幸が日本全体の不幸のように思われ  身も世もあられぬといった  身に受けました  身は宗教の坊主といえば  身にとりあつめて来たものの  身は既に異郷にあるが如き  身を伏せて待った  身のたけ一丈が現出するに及んで  身をねじ曲げて  身のたけ一丈ある  身で死にかかっている  身を寄せたり  身に纏うて居たと云う  身にふりかかって  身とはおもえず  身のうえのこまかいめんどうもみてやった  身が持ちこたへようかとの  身をふるわして泣いていた  身を横たへて絶食して  身を退らせる  身を委せたと  身を委せたと知ると  身に薬の功験を感じて来る  身のためを考えておられる  身のためを思うなら  身粧いをして  身に着けておく  身を誤りたる  身も世もあられぬほど  身をよろひ  身にやどる  身をまかせてゐられたからである  身を横たへて  身に投影させて  身をまかせてゐた  身は蔵の中へ吸い込まれた  身じまひをして  身につけて出る  身の冷たくなる  身に比べては  身を寄せて居た  身を寄り  身も心も今迄よりも自由に解放された  身になつて了ふ  身を震はしながら凝と  身に負うた  身に逼る危険として意識せざるを得ない  身につけてゐると思はねばならぬ  身を以てこれを描き得た  身に沁みて感じ得る  身を此処に運んだ  身になって見ても  身を委ねたという  身をひそめると  身を投じなければならなかった  身のまわりの品を都合するという  身と覚えてゐるので  身のまわりを見廻わす  身にて置いて  身と自慢させ  身を節儉れば時たまはお口に合ふ  身をふるはす  身ならば堪へられぬ  身の不器用不作法を御並べなされ  身のそれ位はありうちと他處行には衣類にも氣をつけて  身はいにしへの齋藤主計が娘に戻らば  身のつとめ  身と覺悟して  身の破滅かも知れぬ  身ではなけれどもと阿  身を慄はせた  身をぶるぶると慄はした  身に沁みて分かっていた  身につけているならば  身だと説く  身たとえ名門良家に生れたにしてからが  身が竦むという  身のまわり一切の処理をしてくれる  身にも相応しているに  身が不憫でならなくなりました  身を尽し  身となったらしい  身を現わして駒井の方へ近づいて来ました  身を釘附けにした  身になってみないと  身を以て解釈しなければならない  身を以て駒井の上に倒れかかりました  身を以て泣く  身軽く塀を乗越えて  身を杖に持たせて  身を持崩した  身で生きているという  身を休ませていただき得れば  身で叶う  身でも投げるか  身の座を構えると共に  身が持たないという  身に悪るかった  身になってくれなきゃ  身がこごんで立ちあがった  身をきるばかり  身に疲れも出た  身のまわりのお世話に侍かせましょう  身の品とされていた  身籠る季節まえの  身の中に育まれる  身を励まして  身うごきもできないし  身をうしろへそらせた  身につけなければならないと思ふ  身も心も縮みこませてしまう  身の安全も保証出来なかった  身についてる  身をよせてる  身を入れて歩く  身を退きかけましたが  身を飜しては  身を引き寄せる  身に病があると  身は至って軽く野猪の頸の皮がすこぶる厚いから一向気が付かぬ  身に降り懸かって見  身に立たざりけり  身に飾った  身を人多き地に置き得ず  身につけ入る  身にするといい  身には反抗すべき  身振で揺らいだ  身の周りを見ると  身を寄せてくる  身を護りし  身を誤り  身を以て遁れ得たら  身を縮め肥えて  身に触るれば  身に繋ぎ  身が極めて貴い効用を具うるてふ  身を裹み  身の讎とする  身の大きさにすこぶる差違を生ずるから  身を浄めたといい  身を与うべしと  身を逆さまに却退したとありしを見れば  身を離れても  身を見れば  身近く迫って来る  身を沈めようとは思わなかったのに  身を捧げた  身に持ち廻っているかしれないと思った  身をうちかけて  身をうちかける  身をもってあらがう  身をかわそうとする  身にかぶらなければならない  身をおいて書き出している  身に沁むと  身に帰って来る  身にしみついていた  身を落したとはいいながら  身のまわりに気を使うには  身を任すという  身を投げていた  身を以て説明しつつある  身を以て尊奉する  身を犠牲にしなければならなかった  身に受けなければならぬ  身に驢を画いて  身を竄し  身に特異の悪臭あり  身に塗ったと聞かぬ  身に佩ぶれば  身の諸部を売って  身の前後に燈籠各一を付け歌いながら歩む  身に罟を被ったのみ  身を置かうと  身に塗り  身を斜めにして躄り歩く  身を浄めに行くとて  身を灰塵中に転ばして  身にも染まぬ  身を打ち付け廻った  身に絡うた縄を投げたが  身を盛遠に汚されたる  身を任せたは  身に疥癬を病めり  身を煖むれど  身は賤しけれ  身を現ず  身を保ったとも  身につまされ  身を浸け  身は転々と世路のつらさを舐めて  身うごきもせず  身になったらば  身を凭せた  身になってみれ  身をかりて  身をここにおいているだけで  身のうごきがつきかねる  身にチラと危惧された  身も心も炎にした  身をうごかすと  身をつつんでいる  身限られて  身の始末をつける  身をささえ  身を反れて  身の危うさもわすれて  身の諸悪罪業のむくい  身によびもどした  身を欄へ寄せて  身に待っておられまする  身の科をわすれて  身を退けなかった  身を投げおった  身の宿命を考えてみてから  身はいったいどうなりますか  身なぞはとうに捨てている  身を翻しかけたが  身を橋上に躍らせていた  身をつつんだ  身は市井の公吏と劇務の中にあっても  身を変えられる  身を変えられぬ  身をねじり  身をひいたと思うと  身と申して  身がお目通りを許して下さるだろう  身の廻りはボクがいるから  身の至らな  身の竦む  身も細るほど  身がもたないよ  身にしみて忘れません  身を起しかけると  身に先だちて  身につけてはいるけれども  身を支えながら歩いてゆき  身の危険に半ば気を配っている  身をも滅ぼす  身を丸くしてちぢこまった  身を二つに折り曲げて屈んでいて  身軽く楽々と駆けた  身に滲み込んだ  身を曝している  身を捩って  身を曳きずって行った  身を交す  身を前へ屈めて  身に備っていただろうか  身を扮して  身を落してこそ  身とは知りながら  身に異変でもあったら  身の末の遂げない  身の盲亀の浮木に逢った  身も浮くばかりに泣いた  身では心細うてなりませぬ  身を退くと断って  身も心も任せきっている  身と知りながら  身を思うてくださる  身をのけ反したが  身は立てられぬ  身を横ふる  身にも塩が回るから  身を持たせ  身には山藍色の形木を摺りたる  身にも今を限りの名殘には一切の諸縁何れか煩惱ならぬは  身の知り  身の不忠を想ひやれば  身を脇息に持たせて  身を賣る  身を換へ世を隔てても  身を小机に打ち伏せば  身に百年の末懸けて  身にて夜を冒して  身は何時しか庵室の前に立ちぬ  身を苦しめて  身を振はして  身を包ませて  身に纏へるは  身の世に捨てられず  身につけさせるという  身を委託する  身より奪い去るとは  身を食うを  身を僧に施すを  身に返り  身を打てば  身をかわしてしまわず  身をもってふれている  身をもってかばってくれた  身をつけた  身も心も萎えきった  身にしみて感じさせる  身を置いてゆく  身をおいてみると  身につけなければ  身を躱す  身を巻かる  身に直した  身も運傾けば  身に芥子と胡麻の油を塗って  身を水中に投げると  身に合はぬ巾をも廣げしが  身に愛嬌あれば  身の有がたくも  身もだへして罵れば  身にもあらず  身なれば結句よき死場處と人目を恥ぢぬ  身を恨みて  身をかへして  身に覺えなかりし思ひをまうけて  身何ぞ其暇を得ず  身は消えてしまひませう  身に着かないで起きているよりも  身は船中に転寝していた  身を投げて死んでしまう  身も心もうらぶれ果てて  身をうち当てて  身と心とをさらしはじめている  身にこたえて知り  身を投げ入れず  身を伏せる  身に立ち困らせる  身に立たし  身を糞中に転がし  身も衣装もそれぞれ色彩を具えた  身その身の数寄数寄に随い  身を懸けて去る  身を処置するか  身に着られる  身の始末を附けるが  身も心も疲れ果て  身の廻りの物が入るでしょうから  身を洗い  身に随えてその中へ旅産を入れて  身は桑門となるまでも  身に極めて痛く当る  身に巻けば  身を囲うと  身を粉に成して稼げ  身に應へる  身を置きたい  身にも白帷子を着  身にも似合わん  身がわしに会いたいという  身を出しかけると  身の給金を先きに  身は此處に心ならずも日を送りける  身に迫りし  身は黒烟りに  身なれば恩愛の重きに引かれて  身を処し  身は社会にありて  身を少し前に屈め  身を起し来りて  身のふりかたをつける  身をゆだねてゐると  身のひき締まる思ひと共に  身を入れて思ひ入る  身の周囲を見廻してみると  身の周囲が急にひつそりと静まつたことを暫くそれとは訝ぶからなかつた  身に纏っているからと云うばかりではなく  身に応えてくる  身をゆだねるか  身のくるしさを語ってはならぬ  身を誤り家を破るの  身を休め  身を置き兼ねる破  身をよじらせた  身のうちも寒くなるに  身に禍いが起るか  身は出家で厶りまするからな  身が恋女房と自慢した  身とはならず  身に帯びてゐる  身を酒瓶の底にし  身はあき  身はいよいよ武運尽きた  身を固めさせたい  身が縮まる  身をひきむしってしまいたい  身はかたく暮して  身ぶるまいをさせて居たので  身でござるから命が惜しいにはござらぬけれ  身をぞんざいにして  身をあらわして出て来た  身を飜し  身を小さくして隠れていたが  身を浮かばせて  身の軽いことは驚くばかり  身も心も上気して  身にはなまめかしい姿の瞽女に三味線を弾かせて  身を斬られるよりも  身をさらしたとか  身におそろしい呪いがかかると書いてありました  身をすりよせて  身をいれてもらいたい  身を伏せて泣きました  身うごきもしなかったので  身のまわりの用事をしました  身をいれなくなり  身をすりよせましたが  身をかがめなければなりませんでした  身を斬られる  身を飾るべき  身になれたか  身を変えて  身についていないという  身をゆすぶった  身も世もなくなるほどの  身のまわりが危くなって来た  身をも合せて  身で火あぶりに逢わされるという  身を持ちくずした  身のためだってことを気がつかないな  身は万年の後に残る  身かわれゆゑに泣かせ  身をはかなむと  身にしきるかな  身も歌に笑む  身にたまはりぬ  身にしむや  身の柱はなれし  身ほろぶ歌と知り  身を知ら  身をもって帯びている  身を委せながら  身をひきなさいと  身にしみこみすぎている  身を横仆えた  身の危険に戦慄いた  身にくっついてしまったかの  身となつて後ふたたびアイルランドに渡つてキリストの道を伝へたといふ  身をうねらして  身にくつついてしまつ  身をおいて来た  身の長けが  身近い者であることを寧ろ誇れる  身のこなしで片足を引きつける  身がだんだん腐っていく  身を倒したが  身をやつしてゐるといふ  身の小さな安穏をはかり  身を山中にさまよふ  身を起してきた  身を倚せた  身も溶ける  身を入れて聞きもしなかつたが  身の燦として光を放つごとく覚えた  身を危険に置いても  身を恨んだ  身を当てる  身を遠ざけた  身を悔いた  身を捨ててしまった  身を脱出し得た  身を購われ  身に集っていた  身は八劈きにされようとも  身のまわりをながめると  身に感じました  身に感じたので  身はくるしきこひの  身に落ちて  身とすれば  身の処女にあまる  身は術もなき蟋蟀の夜の野草にはひめぐりた  身の天と地とに迷ひゐる  身なるべきこの年までの処女とはうれひは  身は若き聖に救はれて  身のなきなぐさめを尋ね  身も暗く残れる  身を朝雲にたとふれば  身を夕雨にたとふれば  身なればかわれは道なき野を慕ひ思ひ乱れて  身の果ぞやさしや年もうら若くまだ初恋のまじり  身をなして流れて  身にもてる  身はわきめもふらで  身の人の命のあさぼらけ  身を持ちて  身より流れいで  身を責むる強き軛に嘆き侘び  身の心ばかりははやれども病みては  身の苦悶を恨み侘び  身の末ぞ恐怖を抱く  身近い血縁のなかにそれを見出し得る  身に迫りくる  身をうみの  身を固めてから  身を委ねてゐるらしく  身につけられた  身をうちかけている  身に応ずべき  身のふりかたを相談しに行った  身は一代の狂人になりも終らば  身をうくれば  身のかくあるは  身からの感懐が語られている  身をもてあました  身をよせ  身にかぶる  身をほどいて  身をこきつかわれていた  身も心も全くその渦中にあっての  身近いものとなった  身を粉にして働きます  身を捩るばかりの  身も心もうちかけて  身について益々醗酵しはじめていた  身にしみていないとは云え  身を浸してみれば  身のかばいてであるという  身つくろいしたり  身の周囲を廻る  身を開く  身に覚えると  身に近いものとしてお考えになっていらっしゃる  身につけたというよろこびに置かれる  身を受ける  身に入るか入らぬか  身も世もなき思ひで  身に就いたおしやれを  身づくろひに  身を思つて見た  身についてからなら  身をかわして避け  身に積む  身をやつしてゐる  身に纒ふ  身を引き裂きたい  身を隱して  身につけようと願っております  身に及ばない  身のうえなどを話しだしたが  身のうえを案じた  身を入れてもくれない  身のうえを危ぶんででもいる  身につこうと着くまいと  身を寄せて行ったり  身のうえのどうなって行くかが  身につけばよござんすがね  身を投じていた  身のうえを嗤っていた  身のまわりの物などを一ト通り分けてもらって  身のうえなどを考えて  身のうえに当って来た  身振で力がぬけて  身に受け奉る  身に被り  身に譬喩して見ると  身に異変なく来年の夏またあの置座にて夕涼しく団居する  身の慰藉なく堅い男ゆえ炬燵へ潜って寝そべるほどの  身のまわりのお世話をされました  身も心も主人に捧げる  身を投じたごとく  身についていたろうが  身を隠したのに  身も魂も疲れに疲れて  身を縮めて眠れる  身をちぢめたり  身を以て感じる  身をよろこびて  身ははてぬべし  身をさむくする  身をふれて  身のいたつきをも忘れたりけれ  身をひかねばならぬ  身を滅すか  身をたすける  身を飜えして出かけてしまいました  身を悶掻いた  身を省みる  身が浅間しくなった  身が立たぬ  身で元は皆心がらとはいいながら  身に付き纏うている  身振や声色まで真似をして話した  身には手も足も出る  身に沁みていたとみえて  身をおとして  身か夫れは知らないが  身なら非人でも乞食でも構ひは  身は疳癪に筋骨つまつてか人よりは一寸法師一寸法師と誹らる  身の置場もない苦しさにせめられるらしい  身を委せれば  身となりしかを  身のうへおぼるる  身になって書いていりゃ  身にしみているので  身のうえ話をしている  身のうえを考える  身のうえを恥じ  身のうえなど聞いたりする  身に染みてもいなかった  身を削いで  身のうえ話をする  身にしみて感じていた  身のうえを呪ったりする  身を臥して  身の一大事であるというようなことを内々で知らせてよこしたので  身ぶるひし  身をきたへてゐるので  身に付いているらしく  身を沈めても  身を平ったく  身を弓のように反らせて下りた  身を平ッたくして  身の軽さをおぼえた  身を平ったく寄せて  身に浴びたかつたからである  身づくろいして首が下げられた  身を贄と捧ぐる  身をもって逃れて  身をうち任していると  身を浸している  身を吹かせて  身退ぎもしなかった  身を以って防ぎ  身には数弾を受けながら  身のここらでは遊ばれまじ  身のしろ金で嫁入りした  身で生命を惜むかと  身にぴったり附いていて  身には早過ぎますよ  身を顧みた  身を打込むだけの  身の周りを浄める意味が出て来る  身を亡ぼしてしまわれ  身を肥やす  身をかくしてしまい  身を守るだけに  身が深い底へ引きずりこまれる  身に疵があるのに  身の皮を剥いだ  身振を喜んだり  身も心も晴々とする  身をすくめると  身のゆく  身に付けなければならないという  身がにはかに案ぜられてならなく  身も心もくつろいだ  身も心ものび  身にしてみればやりきれた  身をさかさまにした  身を打ち込んで始めて  身も心も軽々とした  身をさらしていたが  身ぬち  身を物内に投じて  身は職人風情と侮るか  身にしみるわ  身を滅ぼして死んでしまい  身に一文もなくして  身を天と地とに委ねて  身をことごとく人のために使った  身を入れなかつたから  身を擦り寄せて立つてゐたが  身に覺えた  身をすりよせる  身が流れ流れて  身の流転を思うて  身が戦える  身に降りかかった  身は自分自身の秘密に立籠らねばならなくなった  身を入れてゐる  身は今旅の旅に在りながら  身をつくろいつつ  身の一足のぼりては  身を投げ倒す  身を隠していれば  身を震わしていいました  身に附けたりして通がったりする  身に附けている  身は止まる  身の内が熱くなり  身のまわりを探し回った  身の落ちつきのついてからと  身には何かと不自由させ  身のためとも思い絞らるる  身のせつなさお察し下され  身には出来  身にはまるでくくられている  身を投出したい  身の周囲のことを報告しようと  身に切に感じた  身を持つて来て居た  身に成つた  身となるだけに  身につけてゐたかといふ  身をもつて感じてゐるからである  身を縮めて寝た  身を任せれば  身に染みて覚えたと見えて  身をまかせて話しつ  身を横たへてゐる  身をよぢらしてお前は螺旋状の糞をする  身をひつさげて  身を小さくして歩いた  身に具へる  身をしのばせて  身になって考えて見れば判る  身を悶えてころがりながら  身に降りかかつて来る  身のまはりの世話もしてくれずに  身に着けて威張っている  身を入れて稼いじゃくれましたがね  身にしみないの  身になれば云いたい  身につけてゐなければ  身にしみては知らずに過す  身を危険に暴しつ  身を以て知っている  身に沁みて考えた  身になっても見るが  身として一日でも添わしてやりたいだろう  身を寄せていたが  身になつて見ると  身をかはす間に二つ三つと飛んで  身に感ぜられて  身にひ  身に浸み響いて  身にしみて聞きなされる  身を固めて出直さなければと  身づくろいすると  身で大きな箪笥を横背負に背負ひ込んで  身でどうして逃げられたらう  身に浸みるとか  身を通して現はれて  身を投げて死んでしまったなどと  身に何か異変が起った  身を藻掻きながら振り返った  身の廻りのものを整えると  身を案ずればこそ  身にあらざれば追いかける  身に纏うても差支えないと考えた  身を裂く  身重くなった  身を沈めては  身を固くして窺っていると  身の長およそ七尺もあろうかと思われる  身を憚った  身に余ってかたじけのうはござりますけれど  身はうき草の根をたえて  身の誉れを求むる  身に触れたというも  身の出世というても  身にはかからいで  身の袂も定めて  身のように重い袂を持っている  身はなにしに  身が先刻あちらの亭へゆけと言われたは  身はまだ一度も逢われぬか  身は兼輔とここで何を語ろうていた  身が恋をかなえてやりたい  身はその恋の取り持ちを  身にあまるというても  身この酒を飲まぬとあらば  身は先程あの川端で誰と何を語ろうていた  身のもとへ出入りするかな  身の禍いをなす  身のもとへ参ったら  身も大かた存じておろう  身ほどの御仁なら我ら求めても  身に逢うてはかなわぬ  身と恋すれば  身の言わるる  身が他の男と恋した  身の出世は蔭ながら聞いている  身のほ  身の楽になる  身は途中で誰に行き逢うた  身は再び怪異に憑かれたぞ  身を固くしていると  身はあやかしに一度憑かれて  身の相好が変わって見ゆる  身のおもてには  身をいとしいと思えばこそ  身がうかうかと再びその悪魔に近づいて  身の命はかならず亡ぶる  身が河原で玉藻にめぐり逢うた  身も一緒にまいらぬかという  身はこの宵にどこへ参らるる  身は先月も兼輔めと連れ立って  身に訊きたい  身が実雅の恋をきかぬ  身と忠通とは年ごろの馴染みじゃ  身はまだ知らぬか  身から好いように申し立てて  身は初めて玉藻を見いだした  身から申し  身から輝いた  身には河原で逢うたぎりじゃが  身の行く末は知れぬ  身を沈めて果てたという  身を浄めて七十日の祈祷を行なう  身に問う  身の内より怪しき光りを放って  身より光明を放つという  身は人間にあらずと見  身の内から光りを放って  身はここへ登ると言うか  身の行く末は何となる  身も大事の使いを果たしてくれて  身は執念く怪異に憑かれている  身のおもてに現われた  身をまじえた  身は京に長くとどまっていたら  身がもとの烏帽子折りになったという  身も変わる  身では何をすべき  身もこれを功に御勘当が赦さ  身もやめい  身の訴えを泰忠から聴いて  身の眼にはなんと見えた  身がまずその短尺に初筆をつけいでは  身を顫わせている  身のうちから怪しい光りがほとばしって輝いた  身も陸奥へ旅するならば  身をなげ伏して泣いた  身を疑うたは  身を恐れたは  身も蓋もないというが  身をくるんだ  身の廻りに漂ふ  身を潜めつつ  身のまわりのものをすっかりまきあげて  身を以て殉ぜんとした  身をかはしたので  身の巡りを照らす  身を投げこんだ  身にひきつめて嘆く  身をすりよせしののめちかき汽車の窓より外をながむれば  身をなげすてたる  身を投げんと思ひて  身の影に咲きいづる  身振をして見せたり致しますので  身に泌み透る  身もだへる  身のすく  身のもはや何事にも軽々しくは動かされぬという  身にも替えまいとまでに慕ったり  身くむ手よなよな何を得  身は孤獨にてよる  身は問ふもうれたし  身は蟲の鳴く  身の凍るらし感じては  身にしみて忘れかねたる  身ぶるひて  身に思ひ知られ  身の廻りのものを持って  身を片寄せていた  身は早く寡となりぬ  身として一時の感情に一身を誤り給うなと  身をも打ち忘れて  身また如何で空しく過すべきやといいけるに  身には襤褸を纏うとも  身に幾倍の苦しさなりけん  身の如何でかは躊躇うべき  身の最とど果敢なきを感じて  身を尽さんとには  身はごろごろと芋虫の如くになりて  身の苦艱の薄らぐ  身の妾を視る  身ならば新著の書籍を差し入れもらいて  身の羞恥をば打ち  身にしてかかる  身の軽禁銅たることをも忘れて  身の仮令終日書を伴とすればとて  身を屈托せしめて  身の健康を祈りて  身を襲うなく  身に附絡うてい  身では今のブルジョアの世の中でどんな危い  身にしみて知り  身に衝と寄り進んで  身がしびれる  身を以って直ちに幽冥に趣いた  身を売るにいたるまで  身の衰えが急に押して来た  身に決して感じなかった  身にもなってみろよ  身の箔が自分にさえはッきり分るほどだった  身にこたえて来る  身を離れてある  身にも心にもしみ透る  身の衰へは只此うれしさに勝たれて思はず  身に熱気を感じて  身は広く限り無き原野の中に在りて  身をとがめられる  身についたか  身をもぎはなした  身に即して  身を折りかがめて  身をよじった  身を投げかけてきた  身のまわりにも現れはじめた  身をひきはがす  身に覚えある  身を持て余したる  身に実の利益をつけて  身を立るの資本となし  身のまはりに深々と感ずるので  身を割り込んだ  身に餘るやうな心持にもなるし  身にしみないといふ  身を水戸から汽車に搖られて  身うごき一つしないで  身のまわりの世話をかねる  身を飾って取り戻そうと努めた  身もこころもくれる  身が固まった  身をかばって  身も商道もほろぼされようとしている  身も心も与えた  身のふり方がきまったという  身をよじって  身になってみたけりゃ  身になれは  身うごきもならない  身をふるわせて泣き伏してしまった  身のままふところへしまいこんで  身をひくまいとするにきまっている  身をひくか  身の立たねえという  身を隠したかったに  身を殺し  身になったという  身を立て得ると聞き及ぶが  身を謹みまして  身にしみない  身にそなわっている  身を落付けた  身を落付けると  身を退った  身を横たえてる  身を起そうとしていた  身を投げ出して泣き伏した  身を飜しながら  身を翻して出て行った  身を任している  身を落付ける  身をずらしながら  身を研して  身を繋いでいる  身を殺すより  身に感じだして  身をかたくしました  身をかがめておる  身はどうなる  身につけて歩き廻っている  身を投じて来ると  身を持崩し  身が固うなっています  身にも何にもつかしまへん  身の廻り万端の世話をさしているので  身について或る一特性が善用されているかと思うと  身を曲げる  身も団結した  身の廻りさえきちんとする  身を隠せば  身をよじったり  身にまとっていましたが  身をまもっていませんでした  身を全うせよと  身を思返して  身の末路を弔ふもの  身振声色交りに手を振り  身となりさがりたる  身を潔くする  身の何とて堪え  身を入れようとしている  身のまわりのものから考えても  身をちぢめて坐り  身振を始める  身の廻りには珍しい海草がなびき  身を引こうとすると  身に沁みて感じていた  身も軽々とセエラの方へ渡って来ました  身をよせて立ちました  身を伏せたりしました  身振声色を交えて  身を売ったとしても  身を固めたら  身をうき  身を起こそうとしたが  身も魂も打込む  身を平めかして  身も心も張り切るだけ張り切る  身にもひきそえて  身のふが  身を投げこむ  身が長く坐つてゐられない  身の好みで建てた  身と七つ違ひの  身に沁みて考へる  身が出て来た  身はなかなか起きて来ない  身を以て行ふ  身をまかせてゐる  身の引締るのを覚えたが  身悶えるやうに夫の枕もとに顔を伏せた  身を委せてゐた  身についてゐて  身の堅さに却って掻き立てられ  身の振りかたに迷った  身を免れたる  身を以て免れしめたり  身のまはりを顧みた  身の周りにある  身の廻りの置き  身ぶるひしただけで  身を投じたといふ  身になつては到底堪へられない  身につけてゐるかと  身についてゐるといふ  身を逆様にしながら  身に行って来た  身を慎しみ心を磨く  身として誰でも同情が湧く  身のあがきがつかぬ  身を入れなければ  身を危地におとしいれるだけです  身を固めても  身を固めねばならない  身を固めなさい  身のつひに果てなん  身に振りかかって来ます  身も心も切り刻まれるほど苦しみました  身を引きました  身を町角に隠して  身も心もほとほとに疲れ果て  身近くある  身に滲ます  身をも心をも柔かく包みます  身に強く感ずる  身をかがめていました  身でも投げてしまおうかと  身を隠していると  身をうねらせてゐる  身軽く滑な  身が激流のやうな煙りにな  身の扱ひ  身のまはりに気をくばりてゐたりしが  身を投げるの  身になれるというので  身に絹物をはなさないとか  身までが全くきたない毛だ物になっている  身におぼえなくなり  身を投げて来た  身の腐れはお前の魂から入れ変えなけりゃ  身にしみ込むほど  身の不自由を感じた  身のいたずらに青年時代を浪費してしまった  身を傷つけた  身を巻いてくれる  身が車外に突き出され  身と覚悟していた  身を堅めていた  身にはならない  身で吾が身が保証出来ない  身が吾が身でないような気持がする  身の周囲を見た  身を圧迫するかの  身が解いて遣らなかった  身を比そうとは  身として文学に携わる  身が骨を折って書いた  身の半生のことを考えた  身の意気地なしと運命のつたないことがひしひしと胸に迫った  身にしみて守る  身を横えた  身の今の侘しさによく適っていると  身を小説の中に置いた  身を嘲笑した  身を処するにも堪えなかった  身の今の窮迫を訴え  身の潔白を証する  身を任せて汚れている  身の荒涼たる生活とを思った  身と芳子とは尽きざる  身に来ぬであろうか  身がしまる  身でも投げてしまはうと  身のまわりにもち来っている  身をもたげてきた  身も世もなく酔い痴れる  身を震わせていた  身の囲りの面倒を見てやり  身に染みると思ったが  身を起して立って来て  身に応のあるといった  身が馬で足休めをしましょうなぞとは存じませぬ  身には他事をいう  身に浸みて  身を投げて死のうより  身の衰をいい立てに一日延ばしにした  身に戻った  身で道をつけ  身で登る  身をかためてくれといった  身をふるわせたかと思うと  身を翻さなければならないであろう  身に染みると  身を起して立つて来て  身に応のあるといつた  身が軽くなつたやうに覚えて  身が馬で足休めをしませうなぞとは存じませぬ  身には他事をいふ  身を震はす  身の衰をいひ  身に戻  身の廻りに漂った  身と心で抗議を示している  身の緊る感銘は受け得ないだろう  身を護ろうとする  身にふさわない境遇の中に自分をはめ込む  身の不幸を悲しんでいました  身を滑り込ます  身を反り返してゐる  身にまとわぬ  身を埋めたが  身につけて育つ  身の周りの一切が寒々と凍えていた  身を置かれて  身を粉にして働いた  身にしみじみと滲みわたり  身が竦んだ  身を打ち込めばこその  身を粉に砕いて働いていた  身ずまいを正して  身を入れて聴く  身の周りがよく澄んだ  身の周りを包んでいてくれた  身に付けてきていた  身をも心をも洗い尽される  身の戒となる  身の境遇をも併せ  身に沁むは  身があるといえる  身の有る  身といえる  身を沈むるという  身振で両手を挙げて  身のほとりに漂う  身に浸る  身を自分から刄で突裂くとは  身をゆだねられた  身をつッこんだかと思われる  身を挺して立ち  身なればなり  身は虎の餌とならん  身は僅少の罪に縛められて  身を震はせ  身を捻りて  身をも沈めつ  身より待つ  身の運のつき  身の頸は物に縛められぬ  身になりにしぞ  身をひたしていきり立つ  身をよぢらしめ極甚の法悦は不可思議の迷路を輝かす  身に負ふ  身のまはりの始末をした  身をなげ出した  身を以て感ずる  身を終るまで変らなかつた  身も心も洗はれてゐる  身を終るまで変らなかった  身も心も洗われている  身をいかんする  身に堪へた  身を以て示し  身をひるがえして逃げた  身振狂言で帝国主義とファシズムに対する攻撃を始めたが  身振狂言をやったり  身を頭をうち反らせねばならなかつた  身ではある  身が十五億粁の彼方にあいつを追ひかけて煙りとならぬ  身のまはりを見廻した  身に沁むには  身を沈めようとしたが  身には汚れきった  身に浴せかけられようとした  身うごきもせずに待っていた  身を以て八月から入った  身のこなしに和げられると  身のこなしや小器用な仕事の仕振りを見ると  身を揺ったり  身に恙がなかった事を喜んだけれ  身と寸分違はぬ形を表す  身が本身と合体する  身を震わしたり  身の便宜になるべき  身を側めて  身は妹まで添えて得た  身は何も至り兼ね  身を安楽椅子の安きに託したる  身にしみて聞き  身はその位ありて  身を暖かき湘南の空気に投じたる  身をめぐる  身を震わしぬ  身の心細さやるせなく思うほど  身になっちゃ  身のたれたり  身は全く血戦の熱に浮かされつ  身を託せしより  身は病の床に苦しみ  身の絆絶えなば  身となりぬ  身にはあらずや  身は湘南に病に臥して  身に負いあまる  身は十重二十重黒雲に包まれて  身は良人を恋い恋いて  身はひとり岩の上に坐せり  身を容るる余裕もなきまで世のせまきを覚  身は何不足なき家に生まれながら  身となり果てつ  身には不治の病をいだきて  身はこの海の泡と消えて  身をおどらす  身にしみて聴ける  身はただ慰めらるるほかに父を慰むべき  身は土と朽ち果て候うとも  身を失うて  身を失うた  身は真黒焦になってしまった  身をひきもどされて  身に引受けた  身は静に男の羽織着物を畳んで  身に伝っている  身をねじらして黙って  身を晒す  身を穢された  身を革命運動の中に投じて  身を父上の一家より遠ざけて置く  身を終らしめず  身も魂もトロトロに蕩けてしまい  身を不安心に思うかも知れぬ  身をようように天井の梁裏に支えていたが  身を躱すと  身となるべき  身について来たものの  身を粉にしたし  身になれないぞ  身のまわりを世話している  身をひたしてゐた  身をちぢめる  身は軽くして  身を投げて死んだとかいう  身を投げて死ねば  身のような御仁がなんの用ばしござって尋ねられた  身を傷り家をほろぼし  身はそも  身をそこない  身はその女子のゆくえを尋ねてござった  身は早う立ち帰って  身に頼みがある  身を褒めてやりたい  身はどのような男を持ちたいぞ  身にちと訊きたい  身は先きのほど何処へまいられた  身にゆき逢うたは  身の難儀をそれがしもむなしく眺めてはいられぬ  身の安泰は恐らく保障される  身には異国風の破れた  身は何をたずねられまする  身が何のためにわたしをたずねてまいられた  身に教えられるまでも  身もふるえ  身も兄と一つになって  身はこの夜更けに何処へまいった  身に抜け駈けされたわ  身はあの采女という若侍と恋しているか  身をくれようと  身にはよう判っている  身と采女との密事を兄は決して叱りはせぬ  身を忍ばせていると  身を摺り合う  身も姫上におすすめ申して  身の科を申しなだめてやる  身のゆき先はほかにもある  身は知るまいが  身も魂もここに封じられた  身も魂も阿修羅にささげて  身の味方というは唐土におよそ幾人でござりまする  身の父の師直を呪うた  身の滅亡は疑うまでも  身はその懐剣に手をかけて  身はほろぶる  身が采女を殺したか  身に出逢うた  身はそれで満足かも知れぬが  身にそれほどの大きい力があらば  身はまことに味方になるか  身も疑わずに  身がここに棲んでいる  身はこれでもわれらを仇とするか  身の行く末は所詮われわれの及ぶ  身の光りを拝まねばなるまい  身を見いだしたというは  身を楯にしてかれ  身の息女に頼まれた  身に嘆いた  身もそれを聞き届けた  身は呪われた  身にそれほど不思議の業通力があるならば  身こそ誰に許されて  身として妄りにまいらるる  身こそ早う立ち去られい  身はまだなんにも知らぬか  身の家は二代と続くまいぞ  身につけたら  身を投ぜられて  身に流れ伝わった  身を持たせ掛けて  身を延べつ縮めつする  身に纏いながら  身を温めながら待っていた  身には好い書物を手に入れる  身では歯がたたないばかりか  身の危険を感じる  身をかくすに足る  身になったからには  身をふせる  身を避け  身を浮かせ  身をよけてくれ  身を寄せてきいていた  身を交わして  身は木石ならずではないか  身を入れてもゐなかつたし  身は捨てて  身を投げだし  身を投げだしてゐるので  身に堪えがたいものがある  身をひいてゐた  身を切られる思ひがする  身を切るほどの  身に沁みてゐる  身の苛立ちを取り去れば  身の峰吉にはさっぱり判断がつかなかったが  身につけてきている  身を曲げ  身を置いて書かれるという  身に思ひ比べた  身を支へながら行く  身振手眞似をして  身のまはりに何とも言つて見  身を羨み見られる  身のまはりの人で父の懇意な人は澤山ありまして  身のまわりにひきつけずにはおかない  身により添ひぬ  身にまつわるものをばイイダいたく嫌えば  身のおちぶれを感ずるけれども  身をもんで忍び泣いているに  身を立てねばならない  身を立てるか  身を立てるのに  身を立てるという  身をかがめて走ったり  身にしむに  身をくすぼらせてきた  身に纏ふて冷めたい  身を飜へして  身のふり方を相談した  身を入れて聴いた  身のまわりの世話をしてくれた  身に降りかかる  身のまわりにちらちら動いて  身につけようと  身に引き添えて思う  身にこたえて来ているらしい  身について来た  身にそえて分ってきた  身をまかせたい  身にそった  身に当て嵌める  身もだきながら  身を交して走り出た  身も世もあげて  身にとりまして堪えられぬ  身をお委せ出来ませぬ  身をお委せする  身のまわりのものを纏めて  身を責められました  身を委せて  身に受けまい  身を触れずにみごもられた  身を支えたる  身を捧げましょう  身にしみじみ悟っていた  身にしみてぞ  身の幸運を誇りいたるに  身にしみて聞いていないらしかった  身をそらした  身軽くボートをとびおりた  身をおどらしてとびかかった  身になってください  身にしていただきたい  身をみるが  身を投げかけていった  身を地上にふせてさけんだ  身をていしてドノバンを救うた  身を任せて走り出して  身をころがして  身を投げ伏せました  身だからと云って  身にしてやったばかりである  身にも心にも歎き余って  身のうちが竦む  身に相応わしいものに思い  身の周りを眺め歩いた  身を持ち崩していた  身にも魂にもしみ込んだ  身が震うほど  身がまえをしました  身になってくれ  身を冒して  身を入れて居た  身をくだいちや何時病気になるかも分らない  身を挺するには  身につけようとした  身に滲みつかせており  身をもっての  身につけすぎた  身のまわりのたった十人ぐらいで出陣する  身に即していた  身のくねりや  身を入れはじめたという  身に死の衣を着る  身を神がよみし給うなら  身に染める  身を翻して残された  身を引きしめる  身に快く感じていた  身がこの人の前に羞かしくなった  身に体験して来た  身の廻りの御不自由のないようにやって貰いたいと思っている  身を引きしめていた  身を引きしめて  身を慄わしていた  身にこたえしめた  身を引きしめ  身を顫わせていた  身に沁みて感じられた  身を投じたとする  身も忘れる  身に感じ容れる  身に迫り感じる  身の周囲を取り巻かれている  身の周囲の物事を傍観して  身の周囲の物とが一しょに織り交ぜられた  身に覚えがあろう  身を倒して  身に沁みて聞える  身に近く手に取る  身を温めず  身を漂わさず  身も授ける  身を任せてしまって  身に衝けたい  身を寄せ掛けぬ  身を養わんとて  身を反らせて打ち  身を休めぬ  身の面目とすれば  身を横にしながら  身を置きぬ  身はさりげなく打ち笑えど  身に染みて聞いて下さい  身を打ち入れぬ  身を投じ尽さん  身を投げ込もうとする  身にうけて  身に添っている  身につけて生きて来たかという  身で新聞の種子など考えている  身の為になりません  身を投げ出したかとおもうと  身を匿していたので  身を捧げよう  身のまわりの光景を見すごしたと  身のまわりに見る  身のあかりの立つ  身にいささかもおぼえが  身の潔白をあなたがたに認めていただいた  身をかわして言った  身を隠すという  身に引きくらべてみた  身のまわりに降りつけ  身かかがめてささやいた  身にはたしかに変化が起っていた  身を投じたが  身を隠すと誓ったが  身をひそめたり  身をのりだして叫んだ  身のあかりを立ててもらおう  身のあかりを立てなきやならない  身につけておられた  身か護ろうと  身をお守り遊ばす  身に植えつけられた  身のまわりのことは紀久子がその代りをつとめる  身近い唯一人だと思う  身を伸してはいないでしょうか  身にしみじみと感じさせてやりましょう  身を顫わしつつ独りごつ  身の自分が内職でもして  身をうずめて浮び来り  身は水呑百姓の子供のあわれな牛乳配達にすぎなかったけれど  身が潔白なればかまわないとは言え  身にもなって下さいよ  身となつた父を知るに及んで  身を空閨に泣いて  身と相成  身振をしつ  身振をして見せた  身を藻掻いたが  身を正して  身となりおります  身は本年じゅうには解決はつくまいと  身にも拘らず  身になつてくれる  身を入れるにも堪へない  身をかはしかけたが  身も心をも打ち込んで  身を反して開け放した  身を埋めてゆくので  身の立たぬ  身を窄めでは入る  身に浸みて有り  身が入らぬ  身を縮めると共に  身にまとつた  身にまとつてゐる  身にもしもの事があつてはいけないから  身の証しの  身のないものはやり  身がちっとも入らない  身をかくしているという  身を失うにしても  身の不幸を歎き合った  身にひき添えてかみしめているか  身の不幸を欺き  身にまとひながら  身に簡易な洋装をした  身の自分さへ一寸這入り  身のまわりやあらゆる方向に両腕を乱暴に突き出してみた  身のまわりのものが見える  身をすべらした  身には本懐とも言えるであろう  身を椅子に投げ  身の疲れを一時に覚えて  身にはもはや要なき品なれば  身を投げたれど  身を座に投げ  身を回らして  身を突きいだして  身に不似合なる不規則千万の身持にて或時は朝猶暗き内に家を出るかと思えば  身は戸の口に立し  身も裂くるかと疑わる  身の中には違い無いが其鋭利い  身の中へ隠す  身に怪我をするか  身を捨るも可なり職業を捨るも惜からずとまでに思いたり  身が僅か氷ぐらいの為めに両隣の内儀を招くべしとも思われず  身を保っている  身も心も引き入れられてしまう  身を躱さうとした  身の安全を相談した  身を妖犬に許せし  身も魂も食ものに殉じている  身を横える  身の周りの世話でもさせたいと  身を立てて行こうかとさえ思う  身の品におまえにやる  身の廻りのものとなった  身の卑しさに心が竦んだ  身を投げて死ぬ  身も心もしめて  身に泌みているので  身で凌いで  身躱しがすこし動きのように見えているという  身につけましたね  身についたら  身をほろぼすが如く見えつつ生きる  身からはなした  身を浮き沈めさせる  身のふりかたに役立てようとした  身をまかせず  身につくに従って  身につかないし  身を落付けて  身につけているだけの  身はやはり動かぬ  身をもてあまして  身を躱し  身にだけ引き当てて  身にだけひき当てて  身をよせぬ  身のふるへ  身を貼りつけた  身の中にたぎり打ちふるう  身を切られる思ひがした  身を粉にしてつとめる  身のまわりの世話は女中まかせ  身もその愛にうちこむ  身を非難する  身についていただろうか  身を置いてみると  身をもって歩き廻らない  身につまされて聞いていた  身を巡った  身の妾などにしてからが  身の恋人と解し  身を嘲笑している  身を移し  身を助けよう  身を隠して貰っていた  身の現われる  身を恋してくれた  身からすれば  身うごきが出来ずにいるとは  身に代えて叶えてとらせる  身を持った  身を進めた  身に近く持っているという  身を出す  身が大きく厚いところへもってきて  身を入れて話すと  身のいった  身をツメって叫んだ  身を刺された  身を表わさない  身を悲しむ  身がいたくてなりません  身をひれ伏し  身は皮を剥がれた  身を取り乱して  身はここに置いても  身に沁みて来て  身をうごかして  身を寄せられても  身は亀山の城に君臨し  身を無事に終っておりましょうか  身の恐ろしさに顫く  身をささげ  身を捨てさせる  身のたけ低くなり  身を世に知れず隠さん  身貴きも卑しきも同様にすべての客に負わされる  身とてもただ荒野にたてた  身を低うして  身を浮かべて流れながら  身も霊もうちこんで見たかった  身のまわりなぞは清潔にはしているが  身に相成  身じろきひとつしなかったが  身をひそませていたが  身をねじらした  身といい  身にあらせられて  身をかくしたが  身の隠れ場所を求めていると  身につけて飛び去ったが  身を惜しんで  身の処しかたと作品の評価とを一致させるべき  身を翻して引き返す  身を閉ぢ込んで  身を全うしたが  身をすくめていると  身のまわりをも検査したが  身のたけ一丈もあるらしく  身にしみておりまする  身でありながら泣きの涙の遺族の前でオナラをたれて  身にしみて分った  身を曝さずに  身がきに  身を跳らせて消えてしまったので  身の禍いになると思ったらしい  身のたけ一尺ばかりの赤児が跳り出したので  身につけ高める  身に痛みも覚えぬのに  身に帯びて来た  身の置き場のないような気がした  身に迫っているらしく見えた  身を案ずる  身を隠しておこうと考えた  身を跳らせて引っ捕えたかと思うと  身を躍らせてのぼるばかりか  身には白い着物を被ていた  身を跳らせたが  身にうけてはいても  身に附き添った  身には銀紙を貼つた  身が軽く宙に飛んでしまひ  身であつたから瞥見した  身にならない  身には襤褸をまとっている  身から出たさ  身を開き  身を亡ぼしてしまったが  身が亡びても  身には甲をつけて  身を以て書く  身を以て書き  身を許して  身のたけ一丈余にして  身となるに及び  身を投げようとさえ  身も心も疲れ切っていた  身を立てようなどともしていないので  身を任せると共に  身に徹しる  身をひそめて窺うと  身にはいろいろの色彩のある  身を引くと云った  身の墜ち  身ものびのびとなされました  身になりますと  身を以て民衆の中に飛びこんで  身の寂しき時は空を見て  身に痛くても甘んじて受けようと  身を両側へ退けてゐたに  身をはてなき沙に埋めんとする  身に出来るだけの  身をもって感じている  身を処していくだろうか  身を挺して闘って来た  身を案じ続けていられる  身の気のよだつ  身に纒ひ  身をはふらかし  身に沁みて感じる  身に孔雀を伴い  身を庇おうとしている  身を以ておふさはあどけなく土手を往復する  身にも覚えのある  身につけておくべきであったろう  身を投げようとしてる  身がふっと頭にうつった  身のまわりには白い泡がきらきらと光って  身も心もすくんでしまいました  身を挺して働いている  身近くまでちかづいて  身の処置と混同して  身には赤い襯衣を着て  身には長い穀物の袋に穴を明けたのに  身に宝石の鱗着た  身を咀い  身を怨んで死んでしまった  身を乗り出しました  身には汚い衣服を着て  身を震わしながら云い切りました  身に着けるが  身を疑っている  身には袖の広い裾の長い白絹の着物を着て  身は生きながら葬い  身のまわりを見まわしますと  身を背向けた  身のように別段魅力のある  身を平ッたく伝わって  身にひき添えてわかる  身も心もぐったりしていました  身につけずとも  身ではその一々に一々の好意に背かないほどに  身をもって免れた  身を横うべき医師からの注意に背いて  身を床の上に横えて  身の布団に触れる  身の及ばざる  身を動かしても  身を託せ  身にしむは  身を以て隠者の典型を示した  身の思ひ  身こそいとひながらも  身にもあはれはしられけりし  身を任せては  身は吾れこそは新島守よおきの  身のうさよ民のわら屋にのきを並べて  身を以て抒情した  身を立てた  身にしみて感じ  身につけてゐたならば  身につけてゐるばかりでなく  身を委ねるといふ  身をおとしたがな  身をはずませて  身をのけ  身軽く馬の平首へおどりついた  身をもだえながら  身を亡ぼした  身を亡ぼしてしまうかも知れない  身を亡ぼせば  身を亡ぼし  身を捨て切った  身にうける  身を護らうとしてゐる  身替を立てる  身をそむけて立った  身を揉むばかり  身の品を失うまで  身を震わしたが  身に前後して  身を憂慮っていたので  身をまかせかねない  身をもてあましている  身をさいなむに至ってしまった  身にしみています  身をひそめて聞いていた  身を退くに  身振をしてゐた  身をひたす  身も靈も顫はしながら燃えたつ  身の薄くナイフ執るこそ  身の薄くひとりあるこそ  身振をかしき  身が赤い血吐いて  身が解剖をされて  身が冷たくなろと  身に失せも  身振をば幽かにこころ疑ひぬ  身の淫ごころと知るや知らずや  身も熱る  身をそそる  身と靈との變りゆく  身を滑らする  身に迫って感じた  身をおきましても  身が判る  身につけないとかいふ  身をまかせなかつた  身のまわりに手がかからなくなった  身よりも子供を愛していると思いながら  身よりも子供を愛している  身を躍ら  身に着けなければ  身に釣り合わぬ  身に生れたる  身も心も置かれる  身こそ瓜も欲りせん  身を顫はする  身を顫ふ  身をあざらけく  身もかはたれつ  身に着けて持っていた  身を入れちゃって  身のまわりをひろく調べあげた  身のうえを説明した  身をすりよせた  身に穢れありとせられた  身にまとひて  身をもがいたり鳴いたりする  身に湧き上った  身の幸福なお陰で千世子はいつまでもそう思って居る  身に着けてゐたかとおわらひでせうが  身に持つた  身を叱る  身をさへ滅ぼしてゐる  身をかはして逃げてゐる  身を皇軍の旗下にささげたとなると  身をおいても  身近いここちがする  身の處置は困難でなかつたらうと考へられる  身と自らを引裂く  身を退けましたが  身もなほ生きてあり  身となりぬれど  身と許したべ  身をし恥ぢ入る  身のいかに成るとも  身は夢見る  身となりなば  身の重荷おろしてち  身の草枕日くれて  身もよみがへる  身によぢ登る  身は寄す孤舟万里の波あはれ夢夢みな  身をただかり  身をしばしおかなと思ひけるかも来て見れば  身となりにけり  身とわれなりにけり  身は君の恵の勿体なくして  身も冬を経て  身を反らし  身になりたくはないかと言ったら  身になりたくなった  身をすくめながら言った  身を以ての探究といふものが行はれてこない  身を以て究め  身を以て嘆く  身を以て溺れる  身を以てより良く生きんとする  身を以て魂を以て協力した  身につけているといった  身を転じようとした  身を包んでいく  身のあかしを立てていない  身のまわりに探した  身を切らんばかりに吹き抜けていく  身を隠すだけの  身にしみるほど冷えてきていた  身にしみたり  身を守るわ  身の破滅を招かなければならない  身のまわりにいる  身を隠してしまい  身をまかせ  身を犠牲にしたとしても  身を犠牲にする  身ではそれをバルナバスのようによく理解できません  身を飾っていき  身をまかせたというだけの  身にいろいろな変化をみとめて  身を守ろうとしているだけで  身を守らなかった  身を外界に対して守る  身づくろいしていても  身を守ろうとし始め  身に引き受けた  身を飾るという  身を投げ出すという  身を投げ捨ててしまった  身を引き立たせる  身を飾った  身を置くやいなや  身に近寄って来はしないかという  身を横たえてしまって  身につけているが  身も心も時江に奪われて  身をのりだしました  身に滲みて来る  身も心も軽く前山邸に轆轤を運んだ  身を帆柱にしばりつけた  身のあはれを叫びぬいてゐるが  身をおけない  身を托してゐる  身の認識でもある  身にもつてゐる  身を賭けるといふ  身に知りながら  身の廻りの世話に連れて  身になって見りゃ  身を挺している  身を飲み  身に染みてか  身のうつ  身につけて行かせようとする  身の痺れる  身も心も投げ捨ててしまひたいと思ふ  身を横にするの  身を横にす  身には片布をだに着くるを  身をばけがれし  身の狂ふまどひの  身の姫ひとり星の野にし  身は高きに近づけるでしょう  身につけておいて  身にもついている  身をなげかけて書いている  身についてわかって来つつある  身をもって示している  身を刻まれる  身につけました  身に引そえて感じない  身についたものの  身をよせたがる  身のふりかたがきまるか分りません  身につけていらっしゃる  身につけているかという  身について来ている  身についていますね  身を投げければ  身振いする  身にかけてやると  身を忍ばせる  身をこごめながら  身をひそめていたので  身をよせている  身を立てさせたいと思っていますのに  身を立てさせる  身を終ふるまで  身を粉に砕く  身がたまりませんです  身に浸みてきたので  身に沁みておもわれ  身をひるがえし逃げてゆきました  身近くあるよりも  身も心も投げだしてくると  身が釘付けになりました  身よりつていふ  身に及んでは  身を震わせているだけであった  身を梟木に晒され  身を粉々に砕いて  身に重なれる  身を苦しめた  身の老衰を忘れようと  身をやつすとも  身は出られないという  身軽く事務員風の男の背後にまわった  身をよせてゐる  身をもつて知る  身がかせになって  身近いものに思うて  身のまわりのことはおしもが勤める  身から離しません  身を以てする  身も心をも捲きこんでしまった  身を包もうとした  身を反らす  身について来ないといった  身を任せるという  身をひいていた  身に時としては犯さる  身として比教に従う  身を以て見れば  身になくて叶わぬ  身の分限に随ひ  身の分限に随て奢る  身に必要の事なりと知る  身の装も衣裳の染色模様なども目に立たぬ  身の装を工風するにも  身にも戸外の用事あり  身を投げ出していかなかった  身にしろ  身を反して逃げだした  身の周囲に眼をやった  身を投げようかと思う  身にはある  身はいまだ鎧櫃にこもって  身を押し付けて立った  身と心を一筋に向ける  身にとっては寸刻の油断もあってはならぬ  身はつらいというが  身をどかすと  身を秘める  身をもんで泣くばかり  身を処するに  身を震わしていました  身を縮かめて  身に黒い衣をまとって  身につけつつあるだろうか  身で毎日ほねをおって  身を入れているので  身のまわりをあわれな  身を殺してさえ喜んでいらっした  身を縮めます  身につけてしまつて  身には分らない  身を大切にする  身を終へし  身をすりよせて来た  身のまわりの事には気をつける  身を投げたと  身を砕いて  身に危難が迫る  身を片寄せてゐた  身なのにこの十五日にパリを去らなければならない  身はたとえ死んでも  身のためにならんぞっ  身を任せきって  身が入らなかった  身をなげ出して謝りたい  身も心も張りきって  身にしつかりつけたかつた  身が入らなかつた  身をも心をも瘠せしめた  身につけるが  身を起こして追おうとすると  身を曲る  身をしめて  身のまわりを包んだので  身を交わされて  身の皮を残らず剥ぐ  身を忍ばせていたが  身を悶悩させずにはいられなかった  身を悶悩さして  身を悶悩させる  身に左遷された  身にとって三考にも四考にも価する  身を限り無く喜んだ  身の圍に事無き事を愛し  身に起らんとしてゐる  身を持ち崩されては  身をもてあましてゐると  身の周圍に持ちながら  身にしみて冷めたい  身は無事だつたと認めて  身になつてゐるかもしれない  身を摺り寄せながら  身を斜にしながら並んで行くと  身も心も捧げ尽した  身のまわりを男に見廻される  身に寄添い  身として申訳のないような心持がして来るので  身となっているし  身のまわりの事に不自由しているらしい  身をよせかけ  身は芸者というよりも  身よりも罪のない他人を恨むばかり  身の過去半生の事が思返される  身を避けながら  身は肌着一枚になって  身振声色をつかい  身を誤り既にこの世にはいなかった  身を潜めていると  身を護っているので  身を避けようとしたので  身を入れてくれる  身の廻りも一通りは出  身を立てます  身を抱えて  身をもって投じた  身に付け方をした  身に付けるには  身に付け  身は風船のように破裂したに  身よりタヨリの無い男という事がわかったので  身に沁みてわかった  身を沈めると  身の如何に危険なる断崖の端に臨みつつあるかを  身に加へらるべきを解したら  身を震はして  身に著けて出歩かう  身に感じなかつた  身の構へを変へようともしないで  身を屈めなかつたら  身をさしあげます  身の装の出来ます  身をおくだけの  身をくるむ  身のためにお願ひする  身に疚しいところもなく赦しを  身を擦り寄せた  身を擦り  身を以つて聖地を残らず巡つた  身にせまって来る  身をささえているだけだった  身を捨てても戦いたい  身も心も破滅してしまへば  身を案じて引つ返さうとしたが  身をすりぬけながら  身をひるがへすと  身をいれる  身をかはしながら  身を支へようとしたが  身をもって知り  身と心を危険にさらし  身を汚されても  身を処してみたい  身近い椅子を指ざした  身を折曲げ  身を翻がへした  身についたのね  身がちぢむからね  身を狭めざるを得ない  身を屈してゆく  身にしみついているのね  身のまわりのものだって随分無理してもたせてやっているのに  身をお大切に早くなほって下さい  身をやすませてから  身を横たへたり好きな風にして参りました  身も魂も神に任せて  身をよそにして  身を神に任せて  身は細けれど胸廣きエルフの群は救はれ  身をすてた  身に扱われて  身を処して行くべき  身の将来をも開いて行こうとする  身のこぼれ  身に引受ける  身を退くべきに  身を退いてもって  身を退いたとすれば  身にひきしめた  身につけていず  身がちぢまる  身をうずめ  身の持方をして居れば  身にしみじみとして  身を横へました  身にせまつて  身をよせて居たまで  身を寄せていました  身の冥加を覚えました  身に何か危険が企まれている  身のいつしか窮迫の身となりぬ  身を委せつ  身は南蛮寺下の花畑の中に在り  身に生れながら  身は此世ならぬ  身を晦まさむ時の用意に備へたる  身を売りし  身も竦立つばかりなり  身に大波を打たせ  身に着け  身を扮装して  身の尋常の道筋にては逃るべくもあらず  身の行末を頼む  身に泌み渡りて  身を任せつ  身の昔を語るも  身に代へて斬らせ参らする  身のこなしがはずんだらしい  身が買えなけりゃ  身にしみますのに  身が固くなつていつまでも立ちつくしてゐた  身を砕きました  身を食う  身に泌みた  身の光栄に感じている  身をおまかせ致しても悔いませぬ  身をひるがえして飛び  身は却て安気なる可きに  身の有様を言えば  身を以て寡居は甚だ宜しからず  身を利し  身の行末を思案し  身を引て自から離縁せらる  身に附きたる  身を卑しめる  身を修める  身にもなれば  身に滲む  身をのみ思ひ耽りつ  身につけていて  身に危険の迫っている  身を保ち  身も蓋も無い興覚めた  身を退くなんて  身に危害を及ぼす  身はかくれけり  身を裂かれる  身のふりして  身の思わるるに  身軽く小屋の中を馳せ廻りて  身を返すとて  身を反し  身を恥じていず  身をして  身に沁みて聞きたりけむ  身を持ったよ  身になるとね  身の経験ありたれば  身を売りぬ  身のそのうつくしく艶かなりし  身を顫わして涙を呑む  身にしみるまで味わわされる  身みづからは見た  身の入らぬ  身を遠ざける  身に覚えがあるだろう  身うごきもできないばかりか  身を横えたりする  身を振り返って云った  身を得られる  身も男と生れた  身となつてゐた  身をもがきましたが  身を処した  身を賣らねばならなくなるし  身に背負はせた  身に背負はせるのに  身に投じた  身を賣つて得た  身を縮めるより  身をねじ曲げている  身のなかで微笑している  身に胴服を纏っていた  身を替て  身の粧あるは  身は輕く自在はわれに似たる  身を天上にとめ置きて  身はかくもいつまで  身を暗に迷へと玉の緒をつくる  身に兼ねて  身は全歐の權を統べ嫉むを  身にあびて笑みつ生る  身をつくす  身はひとり月を湖上に碎きてはゆくへ  身を知るや  身の一死今更我を惜まねど  身を致し  身はひとり五城樓下の春遠く都の空にさすらへつ  身の廻りの作家の書く  身に付けている  身にしみての  身のまわりに感じます  身のまわりのことがあり  身をおどらして行った  身を思いやって  身につまされます  身の謹しみですからね  身を貫いて守る  身の果報というべき  身に沁みとおって感じられ  身のふりかたをきめるとなって  身をすててこそ浮ぶ  身のふりかたとして状態をうけとらせず  身を沈められない  身を砕いたかという  身をすてている  身の処しかたが物笑いになる  身をふるわせて立ち上ると  身をもって示さねばならぬと考えた  身をすくめたと思うと  身に備はつてゐますわい  身を舷側にはみ出して  身の廻りのことでも書いていれば  身よりはありませず  身のまわりの世話ぐらいは少し遠慮を除けてしてあげるぐらいな  身は竹斎に似たるかな  身の内の熱くなる  身をかわしてやり過ごしたりする  身を以って一騎打の離れ業を見せる  身の優越を見出す  身ぶるひがする  身ぶるひするので  身をすりよする  身を入れたる  身振に消えてゆく  身にしみてきく  身をうねらすや  身が泣かるる  身につけてじ  身は細そる  身をもたす  身が知る  身を全うせんが  身を危うせる  身をやすめ  身を背くる  身を卷きて送る  身をめぐらしむ  身を何者に委ぬるや思ひ見よ  身ををへし  身を負はせて  身をめぐらしてかれ  身を起せる  身を委ぬるは  身をも曲げざりき  身を寄せぬ  身を噛みぬ  身をめぐらし  身をかくせし  身よりひき放ちて去る  身をとある柴木と一團になしぬ  身を持ち行けり  身を縮めて坐せるあり  身をかしこに殘せる  身にみゆるは  身に膏うちぬり  身を彼等の中に投げ入れし  身をみちびき  身に一筋の紐を卷きゐたり  身を構ふる如く  身全く自由なるをしるにいたりて  身にあつめき  身をおくごとく  身をうつ  身を掻き  身に大いなる法衣をつけし  身を干す  身と持物とを失へる  身を構ふるをおそる  身を投げ入れんとてめぐらせる  身よりも深ければ  身を投げいれぬ  身にかく煌めくは  身にうけでは  身を起せども  身をかたくその前に結びて  身に纏はれる  身を伸べて  身にて一の火の中にある  身をまげゐたるに  身を棄てき  身をみすとも  身の固となせ  身よりいづる  身をあぐるをえざる  身を爪に噛ましむ  身を明かすをおそる  身に權衡を失はせ  身を世に殘すにいたれる  身重くして動く  身のあらはれし  身を搖れり  身を上げぬ  身より出  身をのべ  身はなほ生きて  身いちじるしく肥ゆとみゆるは  身を攻め  身を卷き  身の魂より奪はれし  身のフィレンツェより逐はるべきを知る  身にまける  身につけ父と共にクレタを去りし  身の來歴を告げ  身を新にして  身に覺えしらざりし  身に紐を帶ぶるを以て  身となりしは  身を卑しうして貧しき者と親しみ慾を戒めて  身を終ふ  身の禍ひを招ける如く  身を屈めし  身を飾り得る  身を護りかねて来たか  身を護り得よう  身の内にも臧兒の血や感情が流れ  身親しくはこの会合を知らない  身は都に住めども  身につけてしまふ  身のまわりの物だけを持って  身のまわりの整理をはじめた  身の危険をも感じないでは  身にしみとほるほど  身を投げたのに  身じまひをただす  身を躍らせたかも知れぬ  身が顧みられて  身は身でとほる  身をくふ  身に黒子ひとつもなきをのぞみとあらば  身をかわすに  身を靠せている  身を横ざまに伸した  身を脱れた  身をすり寄せている  身をつけられて  身につけ暮して居りますから  身になれぬ  身をかかれて  身をこがして  身の素姓をあからさまにして  身が丈夫でいるにも  身をもって知って  身がためには勉強の精神と通じた  身もこころも犇と美しさの感動の裡に可能にされた  身を焦がすほど  身を横にする  身が退けるほどに  身をすり寄せる  身を巻かれとうはございませぬ  身をかくそうまでよ  身を退り  身が引きしまる  身を粉にして働かなけ  身を花子の方に寄するを  身になると申す  身とこそ聞き  身のみは過慮  身を憂ひ  身の望みを充たさ  身をもたせた  身を投げたら  身が存命の間だけに限られた  身が滅びた  身に引きくらべて悲しんだ  身には元通りな衣が纏はれ  身を稍後へすべらせながら  身の仏性を観ずると云う  身と心とを救ひしなり  身をよす  身をうちまかせる  身の固くなる  身に愛の実の稔る  身を動す  身が縮こまってきた  身を寄せてきて  身をかざった  身を横たえようとした  身をいと近くわが導者によせ  身止まる人の如くなほ海のほとりにゐたるに  身を美しくするを  身をわがたのもしき伴侶によせたり  身の埋もる  身をよせて動かず  身をこの處まで曳き  身をすゝましむ  身と倶に行く  身をもて造れる  身を休めなば  身をまもりて  身を左右にめぐらして  身をかの頼もしき背に近寄せぬ  身をゆるがせし  身をゆがめ  身のいかに輕きやをあらはしゐたるに  身に例なき喜びをおぼえて  身をはこべるなり  身をめぐらせるに  身の邊に翼の如く動きて  身全からず  身を委ねたり  身を反橋の半となす者のごとく垂れゐたるに  身を前に伸ぶ  身を伸べて動かじ  身を起すべし  身を固めず  身にてとらはれた  身に近くして  身をめぐらしぬ  身の空しきを忘れて  身のごとくならずといふ  身を壁として日を遮るは  身をその上より前に伸べて  身を投入れて冷さん  身の中に鳥なる  身を他人にゆだねぬ  身のごとく汝を喜ばせし  身として世を去らんとて  身となれりといふ  身もあらはに亂舞せる  身震ふ  身を直くせるもわが心は傲慢のおそるべきものなるを知りて  身を刺すを忍びて  身を啖ふ  身を寄せたりしも  身に影あるは  身を世に殘すは老いて  身を世に殘すは若くして死せるにいふ  身を飾るは  身を震はせし  身に責任を感じるから  身を挺し得るか得ないか  身のまわりで御不便でしょうと思います  身が細まって  身のふりかたに困った  身も傾けてという  身を隠しながら見てるより  身につけさえしなければ  身がまえ  身を入れないで  身を退いて転がりかけた  身の囲りをなるべく多く足す  身のまわりに就いても  身を隱すと  身は成熟してゐても  身の堅固の爲の言ほ  身を乘せて  身軽くおどけふるまうたと見える  身には窓掛に見る  身に大なる災あるべし  身を傭う  身の廻りのことにまでは注意が至らない  身のコナシがテキ屋とかそれに類する  身にさしせまっている  身からスパナーを放さなかった  身の備えをたてながら  身にぴったりとくっついてきた  身を置き得る  身を休めたら  身にしみて来ますね  身を凭らせて  身に受けねばならぬ  身に固著しめようと  身にこひとる  身の罪業を告白すると  身につまされたて  身を横たえたい  身を横たえたいと存じますから  身にしみじみと愛の力を感ずる  身を打任せる  身を金玉視し  身を重んずるの  身を汚すべからず  身を化し  身の交し  身を雲水に委して禅行を積む  身の廻りの用を達す  身は穢れた  身をその部落に投じて  身を起しながらつっ立った  身に資する  身に引き合して見る  身に着いている  身で知れた  身を頼ま  身を我がものとも思はねども  身の痩覚えて  身を望みなきものに思ひ  身をしる  身をなきものに思ひ定め  身を省みたれど  身を燃やし来り  身を果たさせては  身を忍ばせ居たる  身をすりつけ  身のまわりに持っている  身を洗う  身をお洗いになつた時にあらわれた  身の鞘より拔き出せる  身に彼の衣を纏ひ  身をこれに捧げ  身をもちて  身を上るに適しからし  身を卑うして彼の得た  身はその悉く備はるによりて  身を固むるを宜しとす  身を轉せり  身を轉して  身いと重ければなり  身をわが導者に向はしむ  身を他の者の方にむくべし  身を弱き眼の戰に委ねき  身を搖動し  身をこれにそむけつ  身は強ひて  身は昔皇帝なりしを告げたる  身を國王プトレマイオス十二世に寄せ  身の裝ひを  身に受くるほどの  身に宿したり  身の飾りとなし  身を卑くしたりとあれど  身に恥づる  身をしめる  身は岩の見えてる  身軽くするする流れてゆく  身を寄せていたならば  身をすくめているらしい  身の前五碼以上を見る  身につけていると  身を固め得ると考え得る  身を噛ませて  身のふりかたにコントラストを示している  身のまわりを見  身になつてみると  身に纏うてゐた  身をもがいてゐたや  身を包むに過ぎない  身も軽々と辿  身を顫はせてゐた  身清さから必ずしも周囲を冷かにのみは見ず  身に心に味ふ  身の内行を厳にして  身は濁水の中に落ちてしまった  身をこういう形に置いたという  身を委ねるに至る  身を投ずるに当って  身には洒落や見得ではなく  身にとつては恐し  身をば知りぬる  身で生還は保し  身を慄わせている  身を現ずる  身と心とを同時に燃焼せしめる  身には今や東洋のあらゆるよきものが宿っている  身の心のふびんさに慰めに来ました  身のくせに吐息をついて  身を潔めなければならぬ  身にあつまっている  身にひしひしとしみわたった  身の面を対す  身を捧げようという  身につけておく  身の分を越えた  身である自分が深省された  身を棄てる  身について持つには  身を置くだけに過ぎなかった  身をずらし  身の分も知らずに  身を退くより  身を察すれば  身の急に絞  身に浸みるほど  身の分際を忘れてか  身を立つるか  身の立たば  身に心地快からぬ濡衣被せられん  身を堅くして縮こまり  身は腰弱弓の弦に断れられし  身の廻りの世話を焼きながら  身の廻りを見るが  身を働かす  身を打込め  身を大きく変化させて突破ろうとしても  身が大きくなれば  身を縮めれば  身をけし粒と化して  身を芥子粒に変じて  身とまでなった  身を落すまで  身に感じているので  身を縮めずに  身親しくは識つてゐない  身に付けようとする  身を以つて感ずるに至る  身を安泰に保つ  身には邪熱あり  身を無際限の荒原に置くが如く  身に添う  身の侘びし  身に沁みて感じてゐる  身に懐手してくる  身にしみておられまして  身となっておる  身を謹み  身に著ける  身であることは民子も知つてゐたが  身をへり  身にこたへてゐた  身の置き場のない思をした  身を圧しち  身の廻りの世話をして  身を追つて来て  身を持ち崩しかけてる  身に動悸うたせて  身を撫でさせた  身の廻り品を纏めて  身をひそめたが  身を躍らす  身の潔白を示そうという  身を百姓姿にかえて  身にもしもの事があったなら  身とは言え  身振で教え  身のたけ六尺に近く極度に痩せて  身を粉にして働き  身のまわりに集り  身としてかかる  身のまわりの世話を焼いているので  身がはいらず  身を花散りなばと  身を花散る  身のぐるりを這い廻りながら  身を養はんが為の食物を過度にして  身を横へて暫し息ふて居る  身の特徴の言ひ  身の周匝を見廻した  身を助くるほどの  身を堕すか  身につかぬ笑い  身をおとして行く  身にしみ込んでいる  身を持崩しているという  身をちぢめたと思ふと  身をかえりみた  身を投げ出して叫びたくなった  身をどうしていいか分らない  身を売ったか  身につけてみようと  身につけておくべき  身を乗り出して覗いてみたが  身をかまへました  身でもあれば  身の守りでもござります  身を退こうにも  身に関係ある  身を翻えして行く  身を変えての  身には純白の行衣を着  身を捻ると  身は猛火に焼け  身の殉教は云うにも足りぬ  身の殉教は数にも入らぬ  身を委ねてから  身に行衣を纏っている  身振るいをしたが  身に葛の衣裳を着け  身に逼る危険を感じた  身の見  身になるまでは  身に圧しかかって来る  身を案じ暮らしていた  身に何の祟りも  身の為でもあろうと考えた  身にもどんなことが起らないとも限らない  身にも悲しき追憶はある  身の周圍を取  身の二三度家へ行つて見て  身うごきのとれない  身につけなかったけれど  身にも起りましてね  身に悪感を強ひられる如き  身を震はせて泣きながら  身の置場所を選べなかつた  身あるを知らず  身の廻りの物やコヅカイに使い  身を入れたが  身にそなわりはじめた  身にあってる  身を觀じて岸頭籬根の草とし  身の処分を要すべき  身の側に置いて下さい  身をさらしている  身に費す  身に叶ふこともあらんかと  身の周囲を取片付けると  身の二三度家へ行つて見て来た  身を同じ枕に倒して  身をすくめて黙っていると  身をそれほどに優しくいたわってくれたという  身は知っているか  身もこれからそこへ行く  身で死んで  身が大事の刀を売りたい  身にも似合わぬ  身がその鶯にあくまでも未練が残って  身の禍いになる  身を誤る  身はいつから来ている  身は帰るか  身が代って  身と家来どもの手でどうにかなろう  身と源三郎とが河原へ駈け出したら  身はこれからどうする  身を討ち果したとて  身はどこへでも早く逃げろ  身を隠してしまえ  身を以て経験した  身を委せてついてゆくかである  身を顧みず  身でそうした神境におる  身をまもって  身は甚七に内通したな  身を躍して  身であつて見れば  身の窄まる思ひがした  身に薄つて来る  身について教養となる  身をそらしました  身を揺すりながら  身も霊も顫へながらなほ新しい官能の刺戟を求めたかの  身を寄せて居る  身を立てんとしたならば  身必ず之に殉はねばならぬ  身に帶ぶるに及んでは  身に積むは  身に積まざる  身を投ずるとか  身を置きたがる  身に生じて居ても  身とを全く區別して考へる  身に充ち  身となす  身と心とを分つて  身では有るまいか  身を外にして  身あることを思ひ  身猶存し  身少しも動變せずして  身の欲する  身猶存して  身もまた破  身猶生けるが如くなるに  身を觀るに吾が所攝で無き如きものが有り  身とし  身或は氣を帥ゐ  身を帥ゐ  身の如くに取扱ひ  身を卑うせられき  身を失うべき  身を犬に較べる  身を悲観する  身を任させる  身に箔をつけたい  身のまわりの世話をよくしてくれる  身のまわりのお世話でもしてあげて  身を固めたという  身に箔をつける  身を寄せていて  身を托して行ける  身を捩じ曲げて立ち止まらなければならなかった  身を以てその実験台上に乗せられて  身を発見されて  身に一つの傷を負わないと云う  身を以て絶叫してゐるにも拘らず  身を以て絶叫しているにも拘らず  身も軍しに行く  身も心もいさましく筑波嶺のノタリはまこと雨ふらば  身を横たふる  身をいた  身の行い鄙劣なれば  身を安くし  身を崩し  身を引離そうとする  身をかがめたが  身の前味を味わう  身を守ろうとしている  身を防がねばならなかった  身をさらさなくてはならなくなり  身を置いてしまう  身に迫ってきている  身のこなしもいっそう伸び伸びとし  身をささえた  身のあかしをたてる  身のこなしの美しいかたちは自分のこれまでの卑しい生活とはもはや縁がないという結論に達した  身を入れてくれんな  身を投げましょうか  身を粉にして働きますよ  身に添わないのよ  身にしみるなり  身を終ってしまいたい  身につかないとは  身をまかせてしまう  身のおさまりがつかなくなってしまう  身を粉にしても返さなければならない  身を粉にしても働く  身のあやまり  身を沈ませて構えたが  身ともなる  身を翻えして逃げようとした  身を寄せて行ったが  身みづからその範を垂れる  身についてしまふ  身近いものとなりつつある  身のうえを話して聞かそうほどに  身を跳らせて飛び降りた  身に寸鉄も帯びていないという  身についているので  身の潔白を立てようと思った  身が不安でならないので  身を焼かれるの  身を立てようと思って  身にみてり  身に法衣をきるがごとし  身に袈裟を着けてはいるが  身において無戒名字の比丘を見た  身が念仏をまうして  身にあてて考えた  身にあてて考える  身の往生をおぼしめして  身となりて犯せられ  身を固めたいといい出した  身に危険が迫っている  身をよせて窺いいると  身を投げますか  身となりましたので  身が竦みて  身が領分に口寄の巫女があると聞く  身を過ち  身に猫のような陰忍な児のないことを思えば  身にとって妻帯の生活の適しない  身には遵奉すべき  身は水のように融けてしまったらしい  身に多くの係累者を持つた  身も其濁水に沒入しては  身を動せば  身に多くの係累者を持った  身になったならば  身もその濁水に没入しては  身の内の各部に疼痛倦怠を覚え  身を持て余してゐる  身をひこうとすると  身やいかに寒からむ  身に生きて  身の大事をとつて小屋の引籠からつかみだした  身を俯せる  身を屈めて動かない  身を慄わせる  身を椅子に支えつつ  身をひそめているので  身を慄わし不安の眼を輝かして叫んだ  身をふるわせつつ  身も考えてみるが  身も監禁せられる  身を暢ばしてみる  身に知って来た  身を示して  身に知ってはいないから  身の処置と生き方は切々と古典の筆者もその行動に希求してやまない  身うごきも心の窓も放たれない  身にひきつけて読まれているらしい  身に舐めて思い知らされた  身はなきものと思へども  身についてからの  身をもって描いてゆく  身をおけた  身を投げたと聞かされ  身を儚んだであろう  身を入れているだけの  身は何処にありや  身のまわりにおき  身を捨てに入る  身を落ち付ける  身の垢はそそぐに  身をあさく思ひ  身の処置は困難でなかったろうと考えられる  身をもって持出した  身を浅く思ひ  身を投じていながら  身につけて生まれてきた  身のはての何を思は  身にしみ渡らせる  身に引き寄せては  身の周囲に気をつけて見ると  身を食ふ  身を傷ふも  身を引くを以て  身を屈すれば立って歩むに足る  身を心配した  身よりのない若い妻をたった  身にひきしめて  身に恨みでも受ける  身にしみて感じている  身軽く河の流れを躍り越えた  身を躍らせながら  身軽く走り寄った  身を投ずるか  身軽く岩の上へ飛び上った  身が穢れる  身の魚の鮨が握り出された  身としてお前みて  身と煮つけ  身の祭礼に身を投じ  身につけているものの  身に添はぬつれない心持を感じながら  身も魂も打込めて流れる  身が獨探の嫌疑を受け  身はひとつ心はふたつ三股の流れによどむ  身賣りをしませうかしら  身に染みない  身を護らうとは  身を持てあますばかしだ  身の始末致す  身の縮まる思ひをした  身をもって沈みゆく  身を依する  身よりも男の蘿月に万事を引受けて取計らってもらいたいという  身にしみじみ感じた  身に帯びているといった  身を斜めに捻向けて行き交う  身の疲労と苦痛とを長吉は遂に後悔しなかった  身にいかなる新しい苦痛を授ける  身の前途に対する絶望のみに沈められていまい  身は空が青く晴れて  身こそ一家の不幸のために遊芸の師匠に零落したけれど  身も心も清く覚えたり  身を吉次信吉というものに委ね  身の予想し  身の果報の程をもわきまえずして  身につけていたに  身に痛みを与え  身が非常に高いところから落ちた  身もうごかさず  身に一人の手をも触れさせず  身を与えし  身の重い牝鹿が露ふかい羊歯の中に横になって  身うごきした  身を支えなかった  身を被う  身のまわりにはあったが  身につけているから  身の塵を四方の風に飛ばしてしまった  身にしみるな  身で毎日往ったり来たりする  身にこたえて  身にしみて思い出されます  身を助けるという  身も痩せるばかりの  身を隠そうとする  身で難渋いたす  身をひるがえして飛び込んだ  身はいず  身として断る  身の禍いと知りつつも  身の禍いと知りながら  身の禍いとも祟りともいうのでござろうか  身を其処に屈めたが  身親しくその地をおとずれる  身に経歴したる  身に利する  身を委ねたるやも知るべからず  身に経験あるに  身を投じてる  身も心も打ち込める  身につけてみる  

~ 身[名詞]1
自分の身を  彼は身が  ひかりぞ身を  わざに身を  彼自身の身に  多忙な身  文鳥は身を  女の子達に身  後悔とに身も  水商売が身に  姉さんにすれば身は  甲冑に身を  病後の身を  土地に身を  自分の身に  自分が身に  ことが身について  自分の身が  一つの身を  それが身に  赤裸々な身を  私の身に  それを思ひ出して身を  永遠に嘆かなければならない身  趣味として身に  技術を身に  餓死から身を  生活技術を身に  アバンチュールに身を  自由な身  心よりも身に  語句が身に  蝶が身の  身にはなつても待つ身には  花や身に  いやに身に  人の身も  さを身に  銘刀を身に  行手をいそぐ身でも  色をあきなう身と  木かげに身を  わらわの身を  父に身を  それが恐しい身の  白首に身を  独身子爵の身の  弟は身を  被告の身が  百年の身を  私の身は  日本国でない身を  思になったと見えて身  のも身を  女院に参って居る身  遊者の身で  年をとった身  仏性具せる身をへ  内に身を  姉が身を  義女も身を  妹も身を  一所に身を  親に身を  人の身は  自分の身の  岩に身を  岩のかげに身を  自分も身を  男の身にも  録七首疲れたる身を  出獄後の身に  軍人が身に  名には身に  利に来られると身が  木枯の身を  鴉が身に  さが身に  おだやかに身  女房の身と  ものを身に  逢瀬が身に  兵隊の身に  男に身を  人の身にも  やうに身に  湯にはいつて身を  青葉あざやかな身  死についての身  心丈夫に身を  手前の身の  二本さす身  孝助は身に  私は身に  神ならぬ身の  槍の身を  中へ身を  肌身離さず身に  事なれば身に  新潟あたりへ身を  人に身を  用心堅固に身を  ウンと云って身を  果なりとも身を  衣に身を  間に身を  薬が身  水音が身の  さ酒は身  自己闘争が身をも  び私の身の  日の身の  亜紀子は身に  ように身を  亜紀子が身を  彼女の身の  ショーツを身に  下着を身に  習性として身に  なにかが身に  しづかなるかな身も  草が身の  雑音の身に  ものが身  下に身を  はりが身に  トランクに身の  僕は死なねばならぬ身  羅衣に身を  今は身の  人は身を  畜生の身ぞ  ためいきの身に  花の身の  姿うつそ身に  野蛮さを身に  動もすれば身を  翻然と身を  雪江さんの身に  私の身では  碌に身に  數ならぬ身の  自分の身には  中学生の身としては  情に身を  艶しい身の  女の身の  学生の身  水を浴びて身を  一撃より身もて  かな日ざしが身  憂欝が身  酔ひざめの身  かさが身に  走者の身に  前より身を  奈々子の身には  囚はれの身に  彼岸に身を  友達と身の  氣が身に  旅客の身は  旅の身  急に身を  舌をだして身  わたしは身を  わたしの身に  揺椅子のうへに身を  ゑに身を  底に身を  わたしの身は  網にかけられて身を  わたしの身を  体温を身に  傍へ身を  帰つた様に身が  容易に身が  中国服に身を  こと如許ぞ身は  男が身を  粉にし身を  天皇に身も  楯となりて身を  中に身を  万を見るなり身を  彼れは身を  ところに身を  我らの身の  ブラームス崇拝に身を  憤激して身を  鼬の身に  滝へ身を  皆続いて身を  湖水に身を  味ははれぬ身  ふつと身を  妻ある身には  ために身を  列に身を  私の身の  エイリイの身に  あなたの身に関する  馬上に身を  着物を身に  それを身に  晴着をとり下して身に  皮を取り下して身に  囃子詞は身  親の身に  世を忍ぶ身  年をとって行く身に  母親の身に  私は身を  五十を越した身で  半ば運命に身を  静かに身を  左右に身を  始末に身も  やうに身も  自由の身に  三十三歳の身を  視線だけを身に  物陰に身を  社会的伝統とを身に  あらはで身  彼は身を  とりかたを身に  ぶんの身の  小島は身を  #離れ小島も身を  小島に身を  花だと身ばかり  やうに身  婦人たちの身に  すつかり身が  電柱に身を  槍兵の身は  流れに身を  暗号に身が  松樹に身を  ものを身を  花のおもわに身を  手で身の  親子の身に  情の身に  薄着の身は  パイプが身に  聴講に身が  やうに身を  喪服に身を  伝右衛門の身に  お預けの身に  何処かに身を  學生の身  なつた身で  聲が身に  病臥する身と  さは身に  社會運動に身を  眞に身を以て  裡に身を  原の身にとっては  按吉の身に  一切皆空を身に  女から身を  側に身を  事の出来ない身を  私の身にな  不肖なる身も  山へも行かざる身  グツと身を  方の身に  境遇に身を  上に投げ出した身の  善戦が身に  衣裳を身に  方から身を  雄吉の身を  壁に身を  事件から身を  俺の身の  いつかは身を  魚人たちの身の  習慣から身に  みんなドアに身を  完全に身  足もとに身を  ソファに身を  習慣を身に  有頂天になって身に  上へ身を  窓のへりなどにつかまって身を  頸を曲げて身を  梢は身  お前の身を  服装で身を  不自由な身を  専門技術を身に  曖昧な身の  制服を身に  外套に身を  精神的に身を  アカーキイ・アカーキエウィッチの身を  状態に身を  後に身を  どれほど身を  空気を身に  父子で身に  妹の身を  外壁に身を  柿江の身の  興奮で身の  ものに身を  ように身に  はるかに身が  斜に身を  せいはそれを聞くと身が  柱から身を  彼は身の  中にあるべき身  今井は身を  方へ身を  後ろに身を  やうな身  女の身で  前に身  天井を身  彼女の身を  不安が身を  自分の身は  事の出来ない身が  木の葉に病む身を  文學で身を  世界長は身の  許へ身を  眠りを墜ちてゆく身  煉瓦台に身を  すべをしらない身を  燼喉元から身を  己は身に  ひとたびは身を  笞打たれる身で  虚妄に身を  合羽を身に  二たび遍路の身にな  居処不定の身と  二たび遍路の身に  頭が上らないほど身を  合羽足駄に身を  女は身に  自信は身に  嫉妬が身を  目的に身を  朗らかさで身も  馬翁の身の  泪はをしめかし身は  厭ふ身には  老の身の  大塚は身が  外に身を  甚内の身に  娘の身に  集団的訓練を身に  歴史の身の  己が身の  大地に身を  乞食にまで身を  戒を身に  少年の身とは  研究に身を  甲を身に  仕事に身が  負傷の身を  それっきり床に就く身と  実業に身を  学問に身を  孤児から身を  いま兄さんに手伝ってもらって身に  白装束に身を  数ならぬ身が  一隅に身を  世にしたがへば身  白波に身をよ  制服も身に  さびしさが身に  服装に身を  ちょと身を  のかかっておる身  今の身に  客の身が  ことのできない身と  気味が身に  欄干に身を  空想に身を  仕事は身を  静けさに身を  髪結て身を  悄然と身を  業火に身を  ようにと身が  帆村は身の  胸につけて身が  急に身の  兵曹長の身の  勝手に身  出入りできる身に  小浜兵曹長が身が  怪塔王が身を  岩かげに身を  殺人光線灯を身が  背後へ身を  弦四郎は身を  江戸から身を  乙女の身を  陰へ身を  弦四郎の身にとって  エマニュエルの身の  昔から身の  作業衣に身を  自信に満ちた身の  ビキニを身に  服に身を  時間を飛びこえて身を  僕は身を  携はる身の  世迷い事に身を  弟が身を以て  縁側に身を  得意が身を  孤独の身と  差支ふる身と  子供の身には  兄弟を身も  百姓仕事に身を  大根の身が  品などを身に  専修の身と  法然一平僧の身を以て  わしの身に  凡夫の身が  手に身を  処へ身を  師の身を  露の身は  ような身と  極楽にいた身  出家の身では  愚鈍の身に  大愚癡の身と  一歩誤れば身を  股引を身に  我か身の  裝飾として身に  糸を貫きて身に  恐くは身の  時葢と身との  敏捷に身を  事で有りまする身  替り果てたる身の  信之の身を  真中に身を  其処に身を  ジイドは身を以て  平凡で身  綾羅錦繍を身に  且は身の  罪を犯して身を  中に身  気を張詰めたる身  慈愛が身に  私の身を  慷慨する身と  ことなどを申す身と  親切が身に  ッポい身の  中流階級の身の  何でも身に  服の身の  手と身と  流行で身の  かすかに身が  仕事に身を  向うの身に  敏子の身を  生活に身を  生き方をしなくてはならない身  男子に身も  メランコリーに身を  悲哀に身を  私は死に身を  あれだけ身を  ことをしてる身に  河童は身を  光は身に  気持が身に  順平は身の  下って身を  ことに身を  方に身を  風が身に  下駄など身の  いずれは身の  人間個々の身を  雪かとも身は  鶴に身を  貝原は身の  ものは身にも  偽善を身に  夜会服に身を  順一は身も  ものが身に  壕へ身を  学用品や身の  大望を抱く身  海中へ身を  場所へ身を  お前が身を  長椅子に身を  読書に身が  瑛子の身の  目を身に  細かに身に  騎士の身の  繊き身の  鞭てるものの身に  倚る身を  前へ身を  梯子裏へ身を  退役同様な身の  万吉の身に  出戻りの身を  二階から身を  現の身を  クリと身を  スッと身を  駕づかれの身を  壁のかげに身を  孫兵衛が身を  上に身を  因果な身に  木へ身を  欄干から身を  千絵様の身も  床下に身を  不自由そうな身を  綱の身に  千絵様の身を  崖へ身を  蒼白になりながら身を  血と呪われた身を  なかに身を  御前へは身が  俵一八郎の身に  任川に身を  後ろへ身を  衝立のかげに身を  丞の身は  底へ身を  中へでも飛びこまれては身の  屋敷から身を  重喜の身の  何んとか身  さに身を  羽目板に身を  貴女一人に身も  こっちで身を  私は身も  一片一片を身を  貴方一人に身も  東海道線に身を  自然へ身を  鏡子は身を  心程身を  横顔を身も  儘障子に身を  勤めの身  衣を身に  本人の身に  短刀を身に  唯一の身よりの  最高に身に  近代的扮装に身を  君の身の  ことが身に  意に身を  豹一は身を  豹一には身に  銀子は身が  そうに身を  憚るべき身  隅に身を  不恰好に身に  概括を身に  流刑の身で  沼へ身を  性格と共に身に  剣は身を  場に応じて身を  燕が身を  痛烈に身に  ものの身が  信者の身に  摩耶が身に  母上は身を  戀に身を  心から身も  おのれが身に  酒にほてった身で  うちに身を  成自身の身も  彼女は身に  相手に身を  ときの身の  毎日の身の  破門された身は  駕籠に身を  画舫に身を  作者の身に  心自分の身に  相手の身の  女としての身の  骨にも身にも  急に身に  霧が身の  米の身に  米が身に関する  疲果てた身を  汝が身を  私が身を  前に身を  ベンチから身を  押へて身を  上流夫人が身を  火中に身を  危険から身を  それに身を  一つ一つ自分の身に  肘掛へ身を  トンと身を  綱の身を  手をつかえて身を  そっちの身にも  周馬の身に  ブルブルッと身を  駕蒲団に身を  孫兵衛は死に身に  千絵殿の身に  恋人の身も  丞の身に  後から身を  物かげへ身を  ツイと身を  下へ身を  的はねえ身  家へ身を  穴蔵部屋へまで身を  道ばたへ身を  屋敷奉公をしている身  頭巾姿の身を  綱が身を  廊下へ身を  友禅に身を  大望をもつ身  横ッ飛びに身を  ベタリと身を  上がり框から身を  丞様の身に  大地へ身を  私は思はず身  全部自分の身に  素人の身としては  出仕する身と  不安を持たねばならない身が  事で身を  フレンチは身を  浜風に身を  角も身の  お前の身に  奉行に身を  なほも身を  為めに身を  而も身を  つて与へられた身の  長老の身を  そこに身を  膝許に身を  ゾツと身を  キリとして思はず身を  神から与へられた身を  君の身は  病床苦痛に堪へずあがきつうめきつ身も  余の身より  二十四時の間自由に身を  公務を帯びている身  堯の身に  下から身を  我等の身に  晩年には身を  男の身  ポーズが身について  らと身を  何事ぞや身は  戀にやぶれたる身とや  かすかなる身を  敏子は身を  ように身  肩に身を  お玉さんなどと会っていても身に  米の身を  ジッと身を  世阿弥はあわてて身を  わしの身から  二人の身の  浴槽に身を  タジタジと退身に  斑点を身に  ムクムクと身を  旅川周馬が身を  籐椅子に身を  上杉氏之身ヲ  身よりも待つ身の  家族者の身に  アメリカ人に身を  少女たちの身の  估地に身を  嘘も身を  角兵衛獅子の身の  小屋掛の身は  青年一人一人の身に  立場でしつかり身に  品位とを身に  衣裳の如く身に  芸道に身を  風習として身に  これを身に  女性が身に  鮮やかに身に  頃から見限られた身  応接する身  遊び馴れた身  夜風の身に  後悔に身を  巧く身に  誰れかに身を  私たちは身の  難関に身を  絶え絶えになっている身の  匂いが身に  骨も身も  あなたひとりに身も  筈の身  向に身を  當家に身を  恩謝とで身を  ままに身を  耻らひて身は  手摺に身を  爲添伏をして身を  苦行に身を  無垢の身を  登山姿の身を  姿に身を  火蓋に身を  一員に身を  みずから自分の身を  責任上教育界から身を  教育界から身を  距離に身を  一挙に身を  作者は身を以て  教養を身に  なかへ身を  底まで身を  誰しも身に  それも身に  源泉として身に  しずかに身を  わたしは身に  こととして身に  文学に身を  波を身に  心と身に  しがらみに身を  雪も身に  老婆の身  肌身放さず身に  ダルマ宿へ身を  呵責に身を  勤め働く身  化粧とは身に  薫物をもて身をかを  殉道に身を  純潔にして身を  日影に身を  僧職にある身が  彼女の身に  僧侶の身  完全に身に  クリストの身に  僧侶の身から  自由の身と  そつと身を  限りなく身に  所で身を  一人に足らひうる身は  側で身を  星田さんを生かして置いては身の  学者服を身に  何物でも身  わたくしの身に  神経的に身を  外側から身  捕鯨に身を  青鷺の身の  言ふ身の  冷かさが身に  脇息とともに仰むけに身を  日傘のかげに身を  万吉の身を  米の身についての  真剣にすぎる身  自分ひとりの身を  仲にはさまった身に  陸へ身を  苫舟に身を  爛とかがやかして身を  香に身を  舟底に身を  単身ポンと身を  うしろへ身を  奴に身を  奥に身を  伸びをしながら身を  念を入れて身を  扇子などをあわてて身に  子供たちの身も  力を身に  つづらに身を  狂瀾をのぞんで身を  考だけで身が  盛装を身に  宝石を身に  斜めに身を  宮廷服を身に  嘆きが身に  クッションに身を  ふうに身を  鏡を見上げて身を  わたくしの身をも  親の身の  親の身としては  嫁を貰って身を  女は身  苦労は身に  ことなれば身の  子供の身の  鑑賞に身を  モーニング一着でも身に  やうに身の  荒淫に身を  そなへ身を  葛飾を身に  ひそかに身に  壁ぎわに身を  庵主は身を  壁ぎわへ身を  狂瀾を目がけて身を  片手をついて身を  眼八は身を  酒菰に身を  激浪へ身を  巡礼道の身では  床へ身を  相手は身  監視をうけている身  剣山へ捕われの身と  綱は身を  老人の身  ここにある身は  ぞくぞくと身に  三造は身  婦人の身で  頸元から身に  蓋から身を  家族には見られない身の  上が身を  人民は身の  加ふるに身は  床に倒れる身と  立場に身を  倫理学に身を  打算から身を  女の身が  法を身に  陪臣の身を  力をはらんで身の  山林に身を  梵王は身に  実長が身に  慈父悲母波木井殿の身に  蕨を折りて身を  流罪に身  所労の身にて  心事が身に  有村は身を  途中に身を  弥惣兵衛は身を  おのれの身を  鴻山は身を  矮短な身を  籍をおく身  千絵様の身だけは  あなたと暮らす身に  預けの身と  毛布をかぶって身を  船底に身を  これすら身に  自分等の身が  巨魁が身を  甲板上に身を  尖端より身を  お前の身が  お前の身の  使ふ身にと  霧に濡れながら身を  恋情で身をや  危険が身に  看護を受ける身に  憧憬も身も  情感に身も  戸に身を  クルリと身を  影へ身を  木蔭に身を  酋長は身を  さが身を  ズボン下だけを身に  仏に仕える身  蜂谷の身の  蜂谷は身に  人間の身を  さに堪へてすむ身の  ジャケツは身を  彼の身の  空腹が身に  芝居に身が  それなりに身を  哀が身に  感が身に  私が身に  さも身に  私の身にも  此の身は  身惡行を捨てて身にて  之を身に  書類丈を身に  己が身に  老人は身を  女子の身で  ゴタ混ぜに身に  願いに身を  同行者の身を  大胆に身を  作業に身を  古道具買いに身を  右近丸は身を  何と思ったか身を  霊たる身と  修身学とは身の  人の身の  己が身を  百姓の身に  地頭の身にも  主人にのみよりすがりて身に  銘々の身に  賊の身に  平人の身として  平人の身を  国法を守りて身の  一人の身に  人民の身としては  理を守りて身を  世を患いて身を  一人の身  他人の身を  公方さまの身を  大名の身を  家老の身を  用人の身を  禁裏さまの身を  人の身と  下戸の身に  子供の身に  孔夫子の身を  釈迦の身に  子供夫婦の身を  一人たる身に  交際の身に  これ学者の身に  学者の身と  己が身にも  古来義士の身を  一方に身を  己が身より  所置を嫌うのみにて身を  治むるを知りて身を  人の身に  試みに身を  入道は驚いて身を  学者の身を  私立の身と  閑を得ずして身を  学者の身に  事業をもって身を  書に対して身を  学問社会に身を  存分に立ち働きの出来ぬ身を  孤独の身が  何んでも身に  籐椅子から身を  度に身を  学生の身には  船縁に身を  こっちから身を  もとに身を  上から身を  格好に身を  窓から身を  悪業を身に  鎧甲に身を  仕事を持たぬ身  蔭に身を  つて剣術道具に身を  剣術道具に身を  滝本は思はず身を  有つ身で  妄想に身を  頭から浴びて身を  両手を振って身を  #落魄の身の  三四枚の身の  さは身を  圭一郎は身を  妻は身を  出も身に  ものが身の  愕然として身を  気配が身に  小平は身を  岩は身を  一商賈の身を  あちこちへ身を  私も身に  これぎりの身と  私どもの身よりが  言葉をも反って身に  切実に身に  わけの分からぬ身の  私達は身に  漂泊しなければならない身と  先生が身の  香ひにも身を  旅に身を  私達のはだ身に  旅の身に  海風とが身に  間から身を  悩が身に  松崎は身に  積って身に  女は身を  字に身を  それさえ身に  煩らいの死ぬ身には  此方の身は  僕の身に  薬師仏に身を  夜もねむれぬ身と  女を忘れかねる身と  櫛などを身に  海に身を  ことを身に  のは身の  ように身も  ことなんか身に  恐怖とに身を  病み上りの身で  老人が身から  人にはもつと身に  默つて踊りに身を  よせ其間から身を  彼の身を  自分の身なぞは  ひそかに身を  五日ばかりで身が  一つも違わずに身に  陰に身を  思いに身を  独自性を身に  例年よりも身に  せきが身をよ  せきは身を  騒ぎから身を  青年は泣いて身の  ような身の  我にもあらで身を  ゼリーで凝らして身に  それは身に  軽やかな身の  神妙に身を  どこかへ身を  地に身を  遭難者の身にとっては  のちには身の  獣に身を  獸に身を  至極の身の  下品に育ちました身  端についたが身の  烟にむせばぬまでも思ひにもえて身の  此樣な身にな  女子の身の  中にも身の  床の間に身を  此樣な身で  私が身の  いふに添うて身を  賤しい身で  さの身に  定し身を  私等が身にて  此樣な身  靈ならぬ身の  妻たる身の  為に死に身にな  鳴き叫ばせつつ身を  仔雀の身に  自堕落に身を  こっちの身の  土方にでも身を  籠釣瓶だけを身に  刀を身に  主人の身が  次郎左衛門に身を  籠釣瓶を身に  死者の身  甲に身を  慄然と身を  乙姫は身を  おれの身は  言葉は身に  僧籍に身を  読経にも身が  飾りにして身に  私一人の身に  興奮に身を  大隅君の身の  京の身よりに  指に身を  学問も身に  たよりない身  自分の身まで  様に身を  一言も身の  梢に身を  さに満ち満ちた身を  光君の身の  かおを見て身に  ト急に身を  川に身を  女二人の身の  女はあわてて身を  池に身を  殿も身に  日を待って身を  東洋思想を身に  大地から身を  三進も行かない身の  ヒラリと身を  啓き身の  大挙してかれの身の  鎧に身を  さに身も  辰夫の身に  自分の身にも  手舵に身を  つて人々の身の  ここから身を  あとに身でも  当分は身を  最初は身に  隅田川に身を  法の身に  花田が身も  グイと身を  紳士は身を  僅に身を  芝居でも身が  天罰たちどころに身を  死ぬる身は  二人の身を  武技を磨いて身を  名剣を身に  芙蓉の身を  劉備の身の  劉備は身  やつがれなどの身に  馬商人に身を  都へ差立てられる身とは  老朽の身  爵無官の身を  繁みに身を  その後の身の  男の身に  大次郎の身を  有つ身  つけから身の  ふうが身に  毒気に身も  尾けて身を  沢へ身を  玩弄に身を  楯に身を  稼ぎに身が  性来人なみ外れて身が  宿屋商売に身を  宿屋稼業へ身を  ここに身を  妻の身を  信の身を  芸人の身で  物蔭に身を  ぼくたちの身を  屹っと身を  頬杖を突いて身を  親分の身の  矢鱈に身を  一生の身の  のを抱きあげて身を  さそうに身を  これほどの身に  形に身を  梟の身の  鳥の身を  飢えと身に  昔おもえば身も  悪業の身  われらの身  私たち二人の身の  束髪に結んで身には  俗に身を  秋風が身に  お前様の身が  あはれさが身に  時桂木の身は  其が身に  引上げて身に  曹操の身は  おれの身を  兄の身を  郎党に命じて身を  愛児の身に  疾風が身を  情けにちりばめられた身の  びっくりして身を  大喝して身を  庭へ身を  #夢の身かを  きれいな身では  池へ身を  今の身を  荘王の身を  家に身を  皇太后と敬われる身に  潜水服に身を  之を身の  勢力から身を  目があっても身を  無難に身を  方で身を  芸ごとは身に  不幸不運が身に  風の身に  こにか身を  太史慈の身を  彼の身に  鎧甲を身に  労働環境に身を  麹町区紀尾井町に身を  本質に向かって身を  実なる身と  体の身  相手が身に  手や身など  中女君の身に  染衣に身を  毛皮に身を  藁戸から身を  胸を突いて身を  胸へ身を  今まで身を  卑弥呼は身を  ひとり訶和郎に添って身を  訶和郎を抱き上げようとして身を  中から身を  卑弥呼はいって身を  王に身を  兄に身を  俯伏せに身を  彼女自身の身の  彼女は身を  横につらねて身を  為に身を  信頼し身も  何かのかげにさへ身を  何かで身を  涙に身を  谷に身を  恋愛は始めて身に  気分で身を  呂布は身も  己の身を  天下に身の  陳宮は折れるが如く身を  朕が身を  臣の身が  亭長に身を  朕の身を  眼ざしに身も  かたわらに身を  玄徳の身を  大事におうては身を  話に身が  嵩山へ身を  誤解されている身の  閑職の身  秘妾の身も  董承も身  ものは身に  繩縛の身  四十分も身を  方法を身に  放蕩に身を  壮士役者に身を  産児病院あたりへ身を  強風に身を  実例を身に  大方女の身で  偃月刀を持ち直して身が  関羽の身に  鞍から身を  袁術に身を  病中の身を  袁紹ごときに身を  獄中にある身を  自然に身の  敗戦の身と  どこに身を  玄徳は身を  天命に選ばれた身  冤罪を身に  負ひたる身の  襁褓一つを身に  情火環に身を  寃罪を身に  時は身を  前に身の  七月汝の身に  重圧的影響と身を  感情に身を  ことを身を  ところまでも身を  乗手は身を  膝を曲げて身を  手を差し出せば身を  彼等が身に  その他の身に  監禁の身で  ままで身を  あれが身を  装飾を身に  彼女が身に  飾物を身に  玩具の身に  府に身を  驪姫の身を  国を出て身の  陣営に飼われる身と  河中に身を  太守韓玄に身を  どこぞへ身を  井戸に身を  孔明の身を  草莽より身を  一処士の身に  金甲鉄蓋を身に  軍船に身を  タキシードに身を  パーソナルコンピューターに身を  神経衰弱に至らず身を  例の身も  悩みを身に  それよりも身に  折を見て身を  あなたの身に  心が身に  顔へ身を  熱心に身を  情慾は身を  願望に身を  何か身に  キリスト信者として身を  どこへ身を  織田殿に身を  二人は身の  年期があければ身は  愛情に身を  島へ身を  二郎の身の  燃えさしを身に  大袈裟の身  瞬間に身を  一手であって身を  場合には身の  刀気走って身を  淵川へなりと身を  女の身では  魂も身に  妾の身にも  卜翁の身の  鎧を取って身に  病床に身を  後ろ傷の身に  周瑜の身を  錦甲を身に  関羽は身を  沙に身を  黄忠の身を  周瑜の身に  船へ身を  病都督の身を  劉表に身を  何よりも身の  蓑笠に身を  いつか山伏風に身を  矢が身に  正成不肖の身を  思つた私は身を  作家仲間に身を  俥上に身を  習ひとりし身は  物なりしを身に  一ト言には身に  露の身に  坊やんは身も  冷や冷やと身に  勘当同様の身と  春雨ぞ降る身の  壼抱く身と  ものを生れながらにして身に  蓮台寺まで帰る身と  後の身  なさけを身に  みなの身こそ  家もたぬ身は  家もたぬ身も  一人じつとして身  我は身を  朝湯あがりの身を  今の身が  彼にとっても身を  医師たちは身を  療法を身に  禅長寺に身を  斜面に身を  中心に身を  事情で身を  私は身の  儀仗に護られる身と  大将の身には  魏延が身を  張飛は身を  馬超の身を  有為の身を  余生する身と  百姓とともに耕すこそ身の  一門に連なる身  鞍上で身を  孫権の身を  彼の身にまで  一転して身を  金を得て身を  さきに身を  妾が身の  遺言に身を  苦痛を身の  んとしては身を  樹蔭に身を  虐遇に堪えで身を  女に誤りし身の  曲淵に身を  どこかに身を  間へ身を  助の身の  遊人に身を  十七人の身に  ずくになりと身を  三番士の身に  喧嘩渡世に身を  剣をとって身が  ほうが身の  傷持つ身には  隠居の身と  源助町に頼って身を  ぞくぞくと身  彼女が身を  片隅に身を  書生の身には  鬱散する身と  呻吟する身と  衣服甲冑に身を  名遂げて身  阿Qは黙って身を  裸者の身を  時に身を  錨を身に  彼女に向って身  誰の身のうへに  音楽に身が  息とともに身を  傍に身を  苫船に身を  ッと身を  のに身を  彼が身を以て  咄嗟に身を  姫君の身を  戦慄の身に  海辺に遊ぶ身と  此慾望から身を  戦慄が身を  催涙弾を身に  方へよせて身を  佐々刑事は身を  わしの身の  丸木の身の  われわれが身を  さまの身の  職業に身を  列車に身を  風な身  永久に身を  庭男に成りても身を  反古にても身に  土を掃く身に  こと無き身の  しき思ひに身を  戀すまじとて退く身ぞ  斯かる身の  夜ふけて身に  塵の身の  此後の身の  かしと身を  鎌倉に身を  コーヒーの身が  富貴の身に  高貴の身を  竹にとられて身を  児にてわかれまつりし身の  病後の身  朕は身を  太子の身を  馬忠は身の  素直に身を  身と身とを  のを身に  女の身として  淵へ身を  どこか身を  筋合で身を  人ひとりの身に  癇性に身を  不安を身に  大衆の身に  無視とに身を  点を身を以て  急として取り上げる身の  ジャーナリストが身を以て  これも身の  畳に喰いついて身も  健気に身を  チルナウエルの身に  伝四郎氏の身の  ゆうべから死に身に  建物のかげに身を  境涯へ身を  理解し身に  組み立てを身に  弁証法的唯物論を身に  政党自身に身を  燕尾服を身に  女の身にとって  獨り身  あいつの身に  点滅を身に  紙張へ身を  わたくしの身の  守宮の身に  声をあげて身も  壁へ身を  女が身を  サヨが身の  区別をおいて身を  河へ身を  明らかに身に  自由さを身に  趙雲は身を  母の身を  臣は身の  傍らから身を  高楼から身を  王平としては身の  みずから刃を身に  張嶷の身を  自分は身を  苟安の身は  夕べ沐浴して身を  形を眺めて暮す身に  片隅へ身を  スタンドに身を  地上よりも身に  おれは身を  腰掛に身を  一将の身に  自分の身にとってすら  何も身に  自分のおちぶれを身に  月光を身に  あざらし人間の身を  制服制帽を身に  直接行動に身を  絹を身に  直接に身を  男の身が  松葉杖に身を  時清らかに終るべき身の  長襦袢に身を  労働者と身を  百合子は身を  ものを貰いうけて身に  常識を身に  代表が身を  流行服を身に  オレの身にも  苦悶しつつ身  そこからも身を  二は身を  代りに身を  黒ン坊に身を  当人の身には  プラグマチズムを身に  小娘の身に  学問を身に  主婦は身を  他人よりは身を  カンの閃きに身を  来意をさとって身を  慈悲に身を  記代子さんの身に  アパートに身を  彼女らの身に  経験によって身に  エンゼルが身に  使用人に身を  あなたは身に  彼女らは身に  彼女らも身に  人に使われる身から  自分との身に  彼は身に  今後の身の  彼が身に  ハンカチを身に  和服を身に  妙に引け身に  空気服に身を  筑紫に身を  狂気に身  ようにして身を  崖縁から身を  天涯孤独の身が  十銭芸者に身を  姥竹は身を  餓鬼どもを片づけて身が  代りには身が  冷いものを身に  革命的活路を身を  わたしは見送に出られる身  物に身を  事も出来ない身に  娘を身  美代ちゃんを身  何うか身を  時お前も落合って身  久を身  信子は身  方のある身には  近くへ身を  木かげから身を  心も身に  ツと身を  脱兎の如く身を  はなしに身に  繩目の身を  人殺しなどは身に  仲間にまで身を  つてから身を  花嫁の身に  僅かに身を  女の身に  庄の身に  方が身について  姪の身の  処女らしい身  吉原に身を  近頃は身まで  景岡秀三郎の身を  手をはなし身を  すき間から身を  ような身が  わたくしは身を  自分の身をすら  ーと身を  出家の身で  為ばかりしても身でも  法衣に身を  貴方の身に  衣を着る身で  所謂文学的専門術は身に  幾歩か身を  さが身  精進は身を  香りを身に  兩國橋から身を  林に身を  奧に身を  大袈裟に身  浪々の身で  踊り子に身を  孝行が身に  ほこりをちやんと身に  そこまで身を  習性を身に  道義を身に  実体を身に  幼少時から身に  われわれは身に  悪徳を身に  後天的に身に  矜りとをもつて身を  品位を身に  素因を身に  畸形的に身に  騒ぎを身の  乃信姫の身に  木柵に身を  田端へ来て身を  葉子の身の  ころから身の  株屋の身の  庸三が身を  晴着を身に  仕事場の身の  器用に身を  ロマンチックな身の  長女の身の  板戸ぎわに身を  婦人の身の  瑠美子の身の  防人道に在って身  重要物件を身に  神前に踊る身と  情報をまとめて身を  垣に身を  手を掛けると身を  武士は入り身に  勾坂甚内は身を  自分自身の身に  婦人の身は  不徳は身の  疵持つ身に  皆以て身の  君子の身の  疵持つ身の  元来疵持つ身に  私徳を修めて身を  貴重の身に  主人の身こそ  世間無数疵持つ身の  日本国民の身において  虎列剌毒に触れて身を  醜行に身を  我ものとして身に  正眼に構えて身を  女には飽きている身  猿廻しなどに身を  猿廻しに身を  主税が身を  晒布に身を  根元に身を  こっちの身も  決心して身を  情緒其物も始めて身に  觸れて身に  支配に身を  屋住居の身として  自らの身と  此力に身を  影に身を  自らの身を  云つたり身を  餘光を身に  祖母の身の  講師の身  フォームが身に  フォームを身に  悪癖を身に  訓戒を身に  相撲とり当人の身に  アンコウの身の  さきに取りわけておいた身と  汁も身も  新年を祝ってくれているなぞとは身に  欲していないのに身に  小鳥の身に  隠居の身に  大切さが身に  目算で身を  死刑になる身  日本人が身に  根性を身に  運動から身を  なほ相州の身に  私たちの身に  豫期して身の  易々と身を  欲すれば身を  世界に身を  妻の身とな  利得を身に  草むらに身を  照しつけられてゐる身の  文章は身を  綿々として身を  ふうな身の  文学の身が  のが身の  御世に身を  出家沙門の身に  出家の身  初歩的技術をも身に  夜寒が身に  一芸を身に  表情や身の  一芸に身を  女道楽に身を  自分たちの身を  全部わしの身の  中に入っている身の  愛を身に  野心を持つてゐる身  此凡下に生れついた身を  #凡下の身  味噌汁の身に  俺の身を  其處まで身を  仕事をしなければならない身  厳格さを身に  何を身に  脱出と身の  表情で身を  らを身に  遊女の身として  色に迷いまして身を  私が身は  言訳しても身の  何でも身を  そんなら身  以前勤めを致した身  夫ある身で  虚空を掴んで身を  汝が身に  女郎を連れて駈落する身の  私どもの身に  永禪和尚は身を  此処に身を  口惜いから身を  私の身も  十七で身が  お前さんも身が  のを身を  事が身に  処へ行って身を  たんぼに身を  品々を身に  老が身  畳に身を  一時に身が  妾を身  水で身を  厳重に身を  外堀に身を  淵に身を  ような身は  襟を正して身  惑溺する身と  戦国時代に身を  自活してゐる身  仕事も身を  多忙の身で  物質的恩恵は身を  ことのできる身と  片方に身を  草木の身に  人並はずれて身の  自由の身  何時召捕られる身か  私は身が  夫の身の  落書などに身を  恥しらずを身に  敵は身を  虐が身に  哲理に身を  自由が身に  一物の身を  神の身に  対者の身に  生れつきの身から  枕に身を  失業苦にうらぶれた身を  自らおのが身を  楼に身を  のには身を  菊枝をして身を  死骸の身に  浴衣を身に  一生懸命に身を  以前から身に  兄の身は  父は身  そうで身よりも  寺だけが遺身に  ために身の  魂が身に  最後に身を  必要とが身に  都会的影響を身に  一種の身に  一体として身に  づつは身に  この間まで身に  畜生の身と  畜生の身とまで  法華経を信ずる身とな  穴あらばとばかりに身を  ところから身に  商売に身が  心尽しの身に  添はれぬ身の  岩から身を  学問は身に  何も身  青年は身の  青年は身を  衝と身を  夏は身を  夏の身  勤する身の  蟇という身で  もろともに身を  挙動をすべき身では  のが身に  頃謡曲に身を  謡曲に身を  学問は身を  煩をかけて先だつ身さえ  妾の身は  椅子に身を  お願いにも上れない身  お願いの出来ない身  くりと身を  静安を身に  圧迫が身に  肱掛椅子に身を  中に感じて身を  腰掛けに身を  ひだに身を  人に絶つて身を  ことだけでも身に  ソロドフニコフは歩きながら身の  産婆が身  君が身に  角ふく人の身を  鶯は身を  どこかの身に  ものに身も  布団のつみかさなりに身を  冷やかな身を  あちらこちらとさ迷えもしない身を  修身書よりも身に  シベリヤにたおれてかえらぬ身と  不自由な身  カケヒキは身に  給仕女に身を  日本から身に  湯気にかこまれ身を  泡に身を  夫を忘れずに身を  相場師になって身を  三道楽に浮き身を  畜生の身  毎年恐れてゐる身では  懷爐を入れて身を  十分に身について  所夫の身に  女性の身の  養子の身は  入口へ身を  被害者の身に  危険とを身に  近くに身を  エドワード・ハイドの身に  間に身に  惑ふわが身を  場面は身も  神月のまどわしにかかって身を  座席に身を  遺産を身に  あなたの身の  こっちの身に  濤めがけて身を  一番それが身に  ことが身を  破局に身を  明日討死をとげる身として  甲で身を  水中に身を  敵も身を  当人は身の  福井の身  愛子を抱いて身を  浪子は身を  画で身を  学問する身にて  相応に身を  熱情に身を  暮しが身  おやじの身に  運動椅子に身を  運動椅子から身を  瞞されて身を  ライオンの身を  裸同様な身に  伊織の身に  義経が身の  一生堂守で身を  これだって身の  厳寒に身を  熟睡に身を  薔薇液を身に  ような身を  上にも身の  人中の身を  自身が身に  不可能な身に  ために身が  亢奮は身の  奥州へ攻めこんでは身も  具足櫃に身を  方が身の  貫禄を身に  家康は身に  良一は身を  刑余の身を  椋鳥は身  ものから身を  ベンチに身を  賤から身を  因果を身に  使い道もあろうに身を  手籠めにされて身を  窓下へ身を  二三歩うしろへ身を  釦をかけて身を  妄念妄想に身を  音を身に  眼をつぶって身も  香水を身に  清らかな身の  感じが身に  水に身を  裸像などが現れるばかりで身を  己れのみは身を  寝室に身を  孤島から偲ぶ身に  あく学問にも身を  波に身を  自分たちの身にまで  海おとめの身に  お寺につかえている身  弱輩の身を  婦女の身として  汚れを身に  弓形に身を  町にいなければならない身では  風習を身に  ちやんと身に  豊かに身に  たびに身が  卓に身を  境界に身を  欺瞞を身に  落武者の身で  迷惑して身を  江戸前の身に  瀬戸内海に身を  良人ある身は  地面に身を  時折彼の身に  愛情が身に  異域に身を  安らかに身を  僕が身の  僕天性浮気の身  分を守るは身を  これを知る身ぞ  行商人等に身を  婿をとらねばならぬ身  小説家は身を  強情に身を  時は身に  太郎の身に  男たちに身を  蝶に身を  やうにして身を  狗が身  自由な身と  それに落ちぶれた身の  心づくしも身に  水の身は  マダムは身を  躾が身に  学問で身を  その道で身を  正直に身を  茎は身だけよりも  御代を知る身を  ボクには身に  貴方は身に  北鳴は身を  枷にせかれて身を  彼自身の身を  流の身  心も身も  多助の身の  足を爪立て身を  谷川へ身を  溝へ身を  娘は泣いて身を  娘子が身  母様に済まねえから身  身体は身  所から身を  亭主持の身で  庚申塚に身を  淵川へでも身を  斯様な身に  昌平橋から身を  昌平橋から身  主人であるから身を  己も身を  意見が身に  己も死に身に  嫁が身を  ドンブリと身を  欄杆に身を  兵営生活が身に  妻子ある身  北風の身を  無念坊退身と  藪蔭へ身を  実質を身に  巷に身を  盲人が身に  なににでも身を  方に身をかは  ソロソロと身を  所へ身を  数々に身も  前に行って身を  脊に身を  もとより身に  粋な身の  ハッチソンは身を  雰囲気を身に  殺気を身に  押揉んで身も  部長は身を  ワナワナと身を  尊大に身を  退屈そうな身  暗闇に身を  犯人は身を  どこといって身を  夢中になって身を  命を身を  侠気に身を  統治する身  それは身から  追及から身を  壁際に身を  人物が身を  特徴を身に  幹に身を  幹から身を  必死に身を  貫祿を身に  窓に身を  他人の身にな  臭みを身に  鮎の身を  箸で身を  私から身を  海と身も  ジガ蜂が身を  晏如と身を  恥辱とに身を  一緒に身を  鎧とを身に  和尚は身の  帽子とを身に  何よりも身に  先生の身  百舌鳥啼いて身の  若竹のなやみなし身の  鳥も身の  方へ行く身に  曼珠沙華燃ゆる身の  現実そのものに身を  流の身と  紳士すなはち身を  僕の身について  われらは身と  つて沼へ身を  藻が身  おれの身の  そりと身に  女へ身を  亡い身には  卒かに身を  神が身を  二人の身をも  風に身を  何処に身を  さに魅せられて身の  商人風のが身を  欝陶しい身を  臣として身を  危険に身を  封の身  機に臨みて身を  金剛の身には  場合に身を  氏郷が身  医師に身を  医師は寛いだ身の  小松原は身を  債権者を持つ身で  中で身  習慣を持つ身に  うち誰かしらの身に  アルカージイの身にも  片側へ身を  上で身を  こいつの身に  舞台に立てる身では  それを身の  負傷もある身  それじゃ身が  坊主の身  上客に身を  遊芸全てにわたって身につけ  曾は泣き叫んで身を  扉に身を  反射的に身を  農村の身よりに  ただの身じゃ  痛みに身を  片手で身を  従と名乗る身の  六尺一寸の身を  ウィリアムは身を  心には身も  聖徒の身  寡婦の身と  くもでに身をも  スーイスーイと身を  自分の身も  一斉に身を  猫の身の  鱒の身に  こちらの身を  夫婦者が身を  今の身の  自分に取って身にも  群へでも身を  人達の身の  此方の身も  井戸へ身を  ような身  妻の身の  島の身の  伯母の身の  川西へ身を  情婦の身の  権右衛門が身を以て  心安らかに身が  最近私の身に  ふくを着て身を  桔梗ヶ池へ身を  恋ひこがれる身と  先生の身に  ことはちつとも身に  先生の身を  画業に身を  世話する身には  毎日ながめ暮らす身の  ころの身に  病床から身を  自然を楽しむ身  田舎に身を  風呂桶に身を  山の上に身を  宝石類を身に  位置に身を  旅鴉に身を  声も身に  ことを身  青天白日の身に  病余の身  話を聴きながら身に  人々の身に  怜悧に身を  表をも呑みこんで身に  いままで生ける身をぞ  詮らめで身を  病弱な身  敗殘の身を  教へを身を  教へを身に  自由な身に  姉は驚いて身を  白壁に身を  海へ身を  空に身を  竦然として身を  感じに身を  襲つて来るのに身を  ワシリは身を  感じの出て来るのに身を  日が沈んで身の  法師姿に身を  課役を避けて身を  立派に身の  良人に身を  ばった白衣を身に  方へ身も  我我日本人の身に  椽側に身を  ロケットより身を  詩を身を  静に身を  姿を身  打撃を身に  前後を身  敬助は身を  ブルリと身を  肥大なる身を  今日北白川宮邸に住む身と  実力として身に  生活が身について  源一の身に  肩のかげに身を  重忠という身で  小褄も乱さず身を  愛吉の身は  金之助が身を  人の身を  文学で身を  河野さんに身を  彼女から身を  無理に身を  本船は身を  中で身を  腹這に身を  中皇命の身に  女の身にも  相手の身に  其双方の身に  霊魂を身に  玉として身に  友吉は身を  突きなぐって置いて身を  おれたちの身にも  威厳とを身に  後まで身に  一緒に身も  父の身に  自分で身を  囚われの身  啓発されてる身  鉄格子の身に  検査に身を  目つきに身を  彼らは身を  知能も身を  ところに行って身を  それからふいに身を  感触が身に  一人は身を  風窓で身を  死刑台に身を  義男の身に  猛然として身を  少年は身を  落人の身  褌だけを身に  右衛門の身を  七度水に泳げば身が  火に身を  急に身が  ような身に  自ら進んで身を  人間の身から  心と身を  妻子の身の  囚虜の身に  運命に身を  堕落していた身から  其上で身の  破片から身を  割合に身が  俺の身にとって  ためには身を  奥へ身を  蔭へ身を  岩壁へ身を  私の身にと  壁ぎはに身を  天才気取りが身に  仰向けに身を  辻永は身を  不愉快さが身に  俺は身も  俺は死なねばならぬ身  何をやって身を  命と身を  蕾の身  裳裾の身ぞ  鷹になる身ぞと  それにともなった身を  変化に身を  どこともかまわず身を  手をはなれるやいなや身をよ  他人の身ばかり  何かは身に  正直者の身に  パンネルに身を  葉子は身の  薬に親しむ身と  なめらかに身を  言葉や身の  女の身  葉子は身も  手欄の折れ曲がったかどに身を  手欄に身を  幻想に身を  孤独に身を  手欄から身を  板囲いに身を  事務長の身の  そばに身を  事もなげに身  草の身と  恋に身を  葉子は身を  感情に打ち負かされて身を  話に身を  女はをとめの身で  河神に身を  世のうつし身の  此の身の  息子の身を  女は身の  一生錨綱にして身に  服装を身に  けりや身が  無産農民自身の身に  師匠も身を  喜路太夫の身の  暇も惜しまれる身の  姉の身を  親子の身の  久松は身を  阿部さんは振り放そうとして身を  貝をふく身に  皆んなの身に  二つは身にも  近さんの身に  清吉の身には  母の身として  伝蔵の身よりの  そこへ身を  娘の身の  父親の身が  その後師匠の身の  息をひそめながら身を  襤褸を身に  さ生きの身の  女の身は  新らしく身の  娘が身を  花を見ると身  心配を持つ身と  学問をせねばならない身  ことの出来ない身  二人の身に  民子は身も  心を燃やし身を  眼には身の  一つ自由の身に  彼女は身も  一と縮みになって身を  いく度も身を  郊外電車に身を  僕は身も  友の身を  事が身を  こちらの身の  吾儕の身に  芸が身を  師匠さんの身の  姉上の身に  商業界に身を  流れの身には  事と思ふ身の  川へ身を  何を急ぐ身でも  適切な身の  垣根に身を  風も身に  蜻蛉も身に  生活態度を身に  猫の身に  笛吹きにまで身を  一寸の身  冷罵侮辱を身に  私達の身の  わたしの身よりと  少壮な身を  誘惑に身を  清潔な身は  障子に身を  父さんの身に  本に身を  責任を帯びねば済まぬ身に  助は身を  旦那さんの身に  あれだけ身に  柔和で身も  もとの身に  女人の身で  馬から身を  おなごの身で  がちな身にな  方角に身を  杜の身の  只一人起き伏しする身とは  若僧は身を  下に着け身を  甚く身に  雙手で身を  小柄な身を  かすかに身を  物情く身を  戀魚の身とも  障子のかげに身を  二色しか身に  千枝子は身を  物影へ身を  小郷に身を  人生は身も  感覚なりを身に  コンプレックスから身を  如くに身を  夜風は身に  神の身とも  四大の身を  どちらも痩せて身  道翹は身を  客は身を  性的な身  旅の身の  殿妻となる身の  今日の身に  相けふ身に  教育界に身を  何時罷めさせられるかも知れない身に  姫の身は  纏つた現し身をも  内に居る身  つて来た身  何も知らぬ身で  行間に身を  一度も身に  其仁王の身に  おせんは身に  主人の身に  病後の身に  私は身  びにしづみおのが身を  とき窓から身を  心配ばかり懸けて来た身が  芳は身を  熱意が身を  妄想に身も  葉子に取っては身を  葉子の身を  風は身を  年を取って行く身  衣服や身の  倉地の身に  倉地の身の  手もとをすり抜けて身を  小袖を与えて身を  暴力に身を  計に欺かれて身を  膝下に身を  故郷に身を  俄に身を  分裂を身を以て  自信を身に  学士は身を  げんの身に  旦那の身に  場所に身を  げんの身を  内藤三左衛門の身に  塀に身を  手にする身と  さすらいの身に  これも身から  落魄の身の  これを訪ね身の  影響に身を  直下に身を  家具ならば身を  幸に身を以て  弱の身を  虚弱の身には  病弱の身に  人間の身に  祖母が身が  方から身の  召使に身を  者の身を  軍を恨んで身を  人の身が  椅子から身を  天井に身を  一つには身に  少女たちが身に  たへがたき思ひする身も  自嘲に身を  自嘲自責で身を  欲望に身を  一言が身に  こと父が抜き身を  息をのんで身を  文字清は身をも  此方から身を  食を与へる身  淵川にでも身を  錆を身に  極地に身を  草に生れし身  弱冠白面の身を  布を身に  裁きを受けねばならぬ身と  娘の身を  半死半生の身を  感覚とを身に  一方は身に  臨時に身に  自然に身に  わたしなども身を  互ひの身の  具足を身に  男物を縫い直して身に  衣服を身に  上手に身を  河に身を  純一の身を  人形の身  船に身を  どこか身について  文化的特質を身に  上には身を  中へ飛んで帰って身を  椅子直しに身を  ルパンは身を  連絡船に身を  陶酔に身を  奥さんの身に  柱に身を  女の身を  上壻の身に  彼等は身を  ゆきの身について  性の身の  女の身とて  几帳のかげに身を  生れついた身の  女子の身では  いふ家に住まはれる身に  煩惱が身に  淨い身に  來る身  自由にしてゐる身  人達は身が  やつとなだめて身を  ひとりぬる身の  男女が身を  ことは身を  窕子の身の  失戀の身を  廢宅に身を  登子が身を  ふさだめの身に  窕子も身に  無明の身には  榻に身を  ものと身を  いふ風に身を  なに遊蕩に身を  ために身も  膝に身をも  雌は身が  貝に身が  貝から身を  地下足袋を身に  斉しく身を  手綱を捌きつつ身  用を抱えている身  げに身を  白糸は身に  おまえさんの身に  世帯持ちの身と  われにもあらで身を  渠の身は  白糸は身を  魂魄も身に  甲者は身を  狼狽して身を  零落の身を  端坐して身も  ように身の  一年なり身を  様子で身  伸子が身に  お前の身も  何ものかから身を  人達の身に  文学者の身には  不安に身を  杏平は身を  燕がえしに身を  蘭は身を  味を身に  味が身に  追懐するの身と  語が身に  伯は身を  なかで身を  自分のはうに身を  旅馴れた身は  それも身を  私自身の身  平岡は身を  私たちの身の  女子の身に  そりした身に  浪花節語りにまで身を  母親の身の  人間の身にこそ  秋風の身に  フロシキ包みにして身の  朕の身は  一着選んで身に  悲哀を身に  酒色に身を  相手に限って身に  当人の身にも  共産党にも身を  蔭で身を  ものは身から  上野に身を  現実を身に  民を見るに見兼ねて身を  乞食に身を  舞台から身を  疏水に身を  誰かが身を  惨禍を身に  デカダンスに身を  相を身に  己の身が  教養が身に  者の身に  選手の身に  方が身に  頭をさげてから身を  膝に身を  可なり身を  弟の身の  母の身にて  書信などいただいて身に  オーヴァーコートで身を  手法しか身に  万人の身に  行為が身に  心と身とを  話は身に  記者が身に  女にひっかかったりして身を  肌ざわりが遠のいたが身に  彼らが身に  大川に身を  ちやんは身を  鱗に粘無く身に  傍観する身の  山路は身が  両方の身に  青天白日の身で  彼らの身に  鳥の身に  物の具に身を  事だろうと身に  具足で身を  大事そうに抱えて身を  地位に身を  花が咲く身  言訳ほどに身を  病の身に  面喰って身を  天下に身を  他に身より  あとには身より  ストーン氏は得たりとばかり身を  しとやかに身を  夢中になって掴みかかるべく身を  一人旅の身にとっても  南に身を  一人旅する身を  堀へ身を  寝室をでて身を  金言を身に  海中に身を  呼吸困難に身を  妹の身の  にしんめりと身に  花火のごとく身に  色洋燈を身に  影を身に  情感に身を  さに身  乗馬服に身を  苦労が身に  郷愁に身を  女房の身を  程度彼の身に  動きが身に  ときも身に  己が身は  窮屈そうに身を  下を入れていられないほど身を  御嶽へ登るべき身の  者は身を  炉に当って身を  夫たる身ほど  憐愍に身を  汝が身の  理が身に  此頃の身の  許に身を  ほかに身を  叔母さんの身の  十吉を抱えて身の  さすらいの身と  客に逢う身  綾衣が身  わたし達の身の  世間をおそれる身が  活動しなければならない身  登山用具で身を  大を身に  弓矢とる身の  おのが身が  彼に身を  さなどは身に  詩歌管絃に身を  感情は身に  親房の身に  お前の身は  雲水の身には  恥らふべき身を  うたはれし身の  無情に身を  頃の身の  遊蕩に身を  何か身を  熔岩を見ると身に  少年風間三郎の身の  下でくらしていた身に  艇長の身の  宇宙服に身を  成熟を身に  ッと思って身を  レイン・コートに身を  いろいろな身の  誰何されたばかりの身  切支丹的に身を  感情だけで身を  家業に身を  それは馴れた身の  異は身を  私にとって身を  イヨイヨ肝魂も身に  いずれも身  最初に身を  誘惑が身に  社会から身を  事ばかり考へて身を  セルギウスには身の  自分の身から  衣服を出して身に  セルギウスは身を  謙遜が身に  身震をして身を  それを身を  遊里へ身を  山前に身を  水無は身  中に身が  制服に身を  自由に住める身が  イノチを創ったり身に  ナマの身を  ムリに身を  本質的に身に  日本犬に身を  イヤというほど身に  お話に身が  露と消えたる身の  地下から身を  我々の身に  活動の出来る身に  ひとり住みの身  ふたと身を  笹むらへ身を  下層から身を  外へ身を  落人の身じゃ  てめえたち母娘の身の  炎に身を  胸に身を  通は身を  足もとへ身を  自分達だけの身を  武蔵の身は  やつの身の  独りぽっちの身が  ほうへ身を  そなたの身に  此寺にいる身でも  先へ逝く身  武蔵の身を  貧富あれども身に  楯とに身を  無風帯に身を  肘掛椅子に身を  心配などは身に  癖を身に  くつきりと身  皆んなわれの身を  なにも身に  体に身に  浴衣だけを身に  体つきや身の  衣装を身に  エプロンを身に  ヨシオが身を  仕舞ふから一文半銭自分の身に  うちねがへるはすこやけき身をこそ  汗に身をば  億の身をも  下敷から身を  ところへ身を  家老の身  顔を身  残酷さについて身に  又八は身を  自分も至らぬ身ながら  襷股立ちの身  膝を抱いている身の  朝夕に賭している身では  床から身を  ことさえ知れない身  隠れ家とのみたのむ身  せい子が身を  はしごに身を  主に身を  図した身の  雪の身の  何でも身の  暇のある身に  眼付をして身を  達雄の身が  一日を争う身  中へ疲れた身を  種は身を  弊は身に  ころになると身も  宿命とか身の  服も身に  輪に身を  実感をもって身に  維新後思い切って身を  荷物を身に  軍服を身に  後ここに来て身を  翳が身に  翳を身に  謹厳に身を  春雨や身に  頃私の身には  自分で身に  夫の身を  事柄に向って身を以て  口舌を以てせず身を以て  仕事から身を  それぞれに身を  劇作を以て身を  お雪さんの身に  常盤御前が身の  匹夫の身を以て  閑散の身に  こころが身に  人が身に  行動を身を以て  俳優は身を以て  立派な身  徳を身に  教師の身  型に身を  母様の身に  美人の身に  博士は身を  博士は身に  ために進んで身を  うちに身に  国際信義を身を  ぶんの身に  ひとたちは身を  僧衣に身を  深山幽谷に身を  平凡ですが身に  顛覆が身に  老の身を  境地から身を  羨望される身で  人前に身を  両方に身を  薄田兼相に身の  兵法をもって身を  船頭風情の身を  現在の身から  無意識に身を  不動の身を  風から身を  横に身を  社家へ身を  わしの身を  ように身が  拘留の身と  部屋から身を  通路に身を  おのが身を  帽子が身が  儘に身を  崔發の身を  スマートな身  三吉も身を  母さんの身に  うしろむきに身を  机に身を  それに身  信用のある身に  懐妊した身で  魅力を身に  どこにも身の  とっさに身を  行司役が身を以て  外来魂を身に  外来魂が身に  此魂を身に  命さだめなき身を  病床から起き上がれない身  肩を落しながら身を  七十五日も身を  南宗寺へ身を  危地から身を  末席に身を  武蔵の身の  杉ばばの身を  教養も身について  道場から身を  世間からも身を  忠明が身を  自分だけの身を  道とする身は  寺に勤めている身  武蔵が身を  秋夕の身に  霜を身の  あふひ怒り蛇の身  鎌首をあげ身  韻ぞ身に  歎く身の  鳥の身  海にあえかなる身の  木葉に似たる身を  愚なる身に  詐欺に身は  汝が身  戀ふる身は  白帆のかげに身を  戲れし身を  寶ぞと抱きける身を  牡蠣が身の  甕の身にも  さびれの身に  ひとり立ちて身にしも  海に身は  闇住の身にしも  安楽椅子のかげに身を  帆村は身も  これでは身を  服を身に  叢に身を  安全に身を  勢いに驚いて身を  扉に向って身が  拘禁される身と  ツツーッと身を  帆村の身  教養として身に  文化を身に  軒下に身を  労働に身を  貧民の身に  あなたがたが身も  ひとは身も  彼は身  両手で抱いて身を  不幸な身に  唐紙に身を  奥様も思い沈んで身の  奥様の身に  千曲川へ身を  奉公の身  女の身程  病中の身の  親にも告げずに身に  旅装いに身を  こぞうから身を  毛むくじゃらな身の  一念ここに至ると身も  暮しが身について  奇妙に身を  妙に身を  ものが身を  心に関して身を  今日のりきみは身を  贅沢は身の  閑散な身と  昂奮して走るべく身が  寝台に身を  本式に身を  沈々として身に  博打に身を  彼の身が  一瞬の身の  通の身を  うえに身を  兵庫の身は  一歩転じれば身は  旅人の身に  修行一筋の身では  崖ぎわへ身を  お互いの身を  伊織は身を  背を向けて坐っている身を  白雲のごとく身は  今では召抱えられる身では  風流は身に  扇で身を  解脱の身の  とわが身をさえ  兵法者の身に  脚下にひざまずいた身は  ことを身を以て  酔が醒め身が  そうな身を  衣服に身を  法律も身に  桐花カスミの身の  自分の身について  人間が身を  学校に託するは身に  生前現在の身を以て  倒に身を  ゾツと身に  寒気が身に  地べたに身を  ほうが身が  わたしの身が  盗賊野武士から身を  倅から身を  人類には身を  他を害して身を  欄干に縋って身を  舷に縋って身を  夢の身には  靴屋で身を  希望に身も  樹かげに身を  温もりを身に  眼ざしにも身の  桑原桑原と身を  ために帰る身  冷気が身に  ことによって身に  恋愛に身を  読書法を身に  温泉に身を  梶原が身  先へ身を  戎衣に身を  自分で身の  はたや身は  素肌の身の  素肌の身は  火と燃えて身を  人の身  闇に身は  紫の身が  五体とろけて身は  落穂ふみつつ身は  絶え絶えに泣きじゃくって身を  一心から身を  快感に身を  金が身に  十九になるまで身の  自身の身に  黒吉の身の  縄一本に身を  彼が身を  太宰治ひとりの身の  軽快に身を  久保君の身の  姉の身として  心を身に  方でも身が  典雅に身を  少年の身に  自分でも身に  母国語を身に  殘の身と  フランス人特有の身  敝衣褞袍を身に  芸で身を  悲鳴をあげて身を  母が身も  気焔に身を  自尊心を身に  鬼気を身に  ことも身に  ことなどは身に  花世の身の  甘美さに身を  更私の身に  抱えの身では  歌にだけ身も  忍藻の身の  忍藻の身に  萱原に身を  憐が身に  悶絶するばかりに身を  郷里に身を  此事にのみ委ね身を  心を委ね身を  時遊廓に身を  ことが出来ぬ身と  寢る身ぞや  遊廓に身を  直吉は身に  嫣笑に身を  ものの身に  ここから身でも  六兵衛の身には  悔恨とに身を  詩篇が身を  風呂敷包み一つさえも身には  気が急けば急くほど身が  ため乞食にまで身を  力ある身と  小僧の身の  事情によって身に  塔に身を  言つてしまへば身も  気随気儘の身に  いろいろな身  当時私の身に  非常に身の  年季明けの身  私には身に  自分が身を  これなれば身を  心もかろく身も  味も身に  かさが身  修練の身  なぞは身を  涙を呑み込んで身を  行く手に身を  元の身の  斎戒沐浴をするというほどではなくとも身と  吉良上野介の身に  上野介の身を  そいつに身を  こっちの身を  一時の身の  何んだか身に  ことを思うて身を  なさけが身に  あはれが身に  中に生まれている身  事は身に  仕事のある身で  妻子のあった身  職業としている身  木立から身を  うしろに身を  兄の身が  兄が身を  男は身を  浜の身は  助の身を  浜は身を以て  ものは身の  大事を控えた身  お前の身には  女狂い賭博狂いをするでもなければ身の  手練と身の  日蔭者の身で  廂だけに身を  みどりは身も  幹部となった身  島田の身は  島田虎之助の身は  仇を持つ身の  郁太郎は身を  ことなどが身に  短刀を奪い取って身を  与八の身に  島原へ身を  ぴつたり身に  春の身の  厚意が身に  黴だらけの身の  冷飯が身に  自身失業の身では  妹の身が  二人の身が  構えに身を  両人の身は  半身不随の身を  官女たちが身を  七兵衛は身を  逆わず身を  地上とは身を  障子を開いて身を  わしが身は  お松の身に  幸いに身に  軽妙な身の  梅の身が  差向き今の身に  助の身にも  ぜんに身を  海水に身を  自分のみ身を  落魄の身を  御所を守る身かな  おのが身の  蝶さんの身に  トラ十の身の  房枝の身も  神に仕える身  神につかえる身で  情が身に  一同の身の  脅迫をうけている身  房枝さんの身の  重態の身をも  孝行に身を  琵琶湖へ身を  人を教える身と  教育された身では  日蔭者の身  波に揉まれ行く身  らの身に  猟師が身を  脱け落ちて身だけが  林を潜って来た身  いやに身を  厳めしい身  深みへ身を  熊野権現へ行く身  生れ更った身に  豊の身を  家業へ身を  練習に身が  苦痛に身を  操の身は  お前さまの身を  つて居し身  以前に増して身を  足かけヒラリと身  貞は身を  得立てず身を  好奇心に駆られし身は  臥戸に身を  プラスに身を  通行人の身にもの  口を漱ぎて身を  ムクは身を  席へ身を  木戸を締めて身を  琵琶湖に身を  姿を隠してしまった身の  廓へ身を  哲学的教養も身に  そうに身をよけ  地びたから身を  眞に身に  道路を駆け廻る身と  旅情が身について  宿を立ち去らうとしてゐる身  數らぬ身とな  風雲に身を  境地に身を  宗匠たる身で  下で身  馭者台から身を  恐怖に身を  雨春雨や身に  もの書かぬ身の  俳道に身を  風のしむ身かな  都へ来あわせていた身の  しんから身を  凭せていた身を  職を嗣ぐ身と  帰路という身でも  憲房が身に  あなたの身を  高氏どのの身も  木蔭へ身を  お側に仕えて来た身  高氏が身は  彼女も身  メロスは身を  間へ身を以て  雑色は身に  後詰の身  米友の身は  囲いになって身を  下まで飛び下りた身の  米友の身に  俺らの身にも  縄目にかかる身  君は身を以て  山駕籠に身を  当人の身に  俺らの身に  故郷を出でて身は  ヒラリと躍らして飛び下りた身の  角の身に  一人の身が  ブルッと身を  月今宵晴れを待つべき身に  兵馬へ身  山県紋也は身を  紋也は身を  恥とに身を  こちらの身も  間一髪に身を  兵馬が抜き身を  混雑に身を  お互いの身が  粂も身を  市中へはいり込んで身を  のは身を  悟りへ身を  おりは身の  体に身を  花に身の  香をあびて身を  ソーと身を  夜風が身に  魂を宿す身を  上被を着た身の  兵馬の身の  者商人の身ながら  兵馬さんの身の  それまでに身の  親切に身を  おまけに身の  男一人に身も  おかみさんの身に  若者は身を  セリョージャはぶるりと身を  結婚まえに身も  肘ついて身を  皮のかげに身を  勢いで身を  後家の身の  あっしの身に  隅へ身を  どれ後始末をしようと身を  板から身を  行きあたりばったりに身を  悲劇を身を  船ばたから身を  数々を身  命にかけても身は  科を身に  罪を身に  当人が身を  連帯性を身に  読者の身にも  時によって身が  貰い自由の身に  天女の身に  光から身を  病中の身にて  機械的に身を  羨望の思ひのみが身を  怒りから身を  病み上りの身さえ  足を折って身を  潔まつた身の  感動に身を  憂を身に  合ふ身と  背広服を身に  背広に身を  安楽椅子に身を  制服を身につけ  そうに身  どこか身に  いま申した身の  俊基も身  波路の身を  虜囚の身も  際まで身を  頼春の身に  新妻の身を  前から身に  いまは身も  藤夜叉の身の  どこへか身を  田舎へ行って身を  楽屋うちへ身を  高氏は身を  道誉は身を  子ゆえに生きている身では  武家奉公の身  日蔭の身  豊麻呂も身を  お方の身は  向う側に身を  菊王は身を  叢へ身を  海舟の身に  カブトに身を  近代医術を身に  花廼屋因果と身は  あんたの身が  もろうてる身  境涯の身  冷気とともに身に  それを聴いて身に  修羅に身を  境涯に身を  フリをして身を  隣室へ身を  藤兵衛の身の  君は身を  いま宮仕えの身  米友の身にとっては  俊敏な身を  放蕩無頼に身を  物蔭から身を  手に持ち直して身を  全身を埋めるほどにして身を  わたくしの身は  場合には身を以ても  贋金使いも身の  メッキリ寒気が身に  書生の身  ヒサは身の  作者に身を  こッちで身を  火急にせまられて身を  名に身を  ものを迎え入れ退身  うちに身の  帰するがごとく身を  わたくしは身の  きりッと出来あがった身  武器を身に  ちょッと身を  彼ら自身の身の  場面にもおくれなく身を  動揺に身を  怒りに身を  使丁は身を  水際に身を  気を身に  阿賀妻は身を  路傍に身を  気持を待つ身に  家臣どもに身を  婿の身を  一門の身  方針に身を  ときには身に  納得したが身の  家族の身の  先年来の身を  彼らはあわてて身の  頭巾に身を  船乗りには身に  ことは身に  キンが身を  槍の身の  石垣に身を  何にでも身を  正代という身よりの  道楽に身を  東太の身を  甚八の身に  玉太郎から身を  ラウダほど身  身重の身を  北へと逃げる身には  男の身の  戯作で身を  学習生活からでも身に  呪文に身が  他家へ嫁ぐ身  光子の身も  すべては身に  刀を差す身  拙者の身が  下を潜って身を  兵馬の身では  左近の身の  遊芸を身に  奉公した身の  息子が身を  勘当をつけた身  旧弊が身に  教えを身に  頼みによって身を  三原山へ身を  眼差しをうけるに値しない身の  炭焼小屋で身を  不具の身に  家人一様に抜き身を  二人につきそって身の  兄さまの身を  キミ子の身から  香料を身に  なにがし公爵夫人が身に  侍女が身に  兄上の身に  洋装を身に  面持で身の  ザワメキを身に  僕は身に  飛沫を身に  誰の身に  犇と身に  人を待つ身と  場に身を  兵馬は身を  兵馬が身を  女一人の身では  五障の身を  雲水の身にて  手を束ねて捕われの身に  火消装束に身を  若旦那の身の  喜兵衛の身に  二郎さんが身を  旦那の身の  火消装束で身を  一足横に身を  友情は身に  アンマで身が  テメエから身を  幾度も身を  おまえの身の  離縁になっている身でも  碌々に身を  なつてゐる身でも  養母は身  さしならず身に  使命を帯びている身の  切先に身を  行商に身を  商人で身は  五万円も身に  一時は身も  女に身を  平作が身を  兄同様に身を  十五六から身を  芸ごとに凝って身を  相があって身を  ハナレに身を  天狗の身にとっては  オヤジの身とは  絹は身の  場合にも身を  君の身には  単身にして身の  お松の身を  君の身が  ように思って身を  地上に身を  政治に身を  つて自分の身の  横手に身を  世間話に身を  房一は身を以て  不様な身  廻転椅子に身を  つて彼の身にも  突嗟に身を  俊基の身を  前科の身  捕吏に身を  彼はあわてて身を  雨露次の身を  内儀の身に  法師の身の  蓮華谷に身を  者となった身の  卯木が身に  下にも身を  座に身を  京へ帰る身  姿へ身を  退嬰的ですらある身の  尾けられている身  急に立ち退かねばならぬ身  小松谷の身の  俊基の身に  出家の身と  用意の身  最後の身  日野俊基の身を  不知哉丸の身を  いまどこに身を  高氏の身の  時節の来るまで身を  一兵も持たない身から  新の身を  二人の身  今でも身に  ときに身に  時代に身を  周囲は身  捕虜の身と  領内百姓衆みんなの身の  ジリッと身を  釜口の凹みに身を  竈の凹みに身を  オウといって身を  内輪喧嘩ばかりに身を  小具足で身を  方へ身をよ  石を身に  犬の身で  道楽寺に身を  ここへ身を  芸に身が  鐘撞堂へ帰るべき身  己れの身に  死恥曝す身の  宇津木の身から  宇津木の身に  一刻も身に  隠居の身  こへか身を  敵をうたねばならない身  闇に迷う身  縄に身を  軽業の身の  業の尽きない身を以て  強力姿に身を  ユラリと身を  時に身の  流れの身  己れは身を  朝の身  つても身に  僕の身にな  灰小屋へ身を  私を身  己の身に  お父さんの身を  貴方を身  間へ身が  女を身  様子に驚き身を  身体を身  鈴木屋へ身を  私だって身を  奉公をする身は  手前の身にも  大金を出して身  汝を身  牧師の身  夜になってからは身を  親の身として  酒から身を  四辺に身を  二重廻しに身を  顔を見ると身を  支倉も身から  宗教界に身を  調べ物に身を  事を思うと身を  森々として身に  支倉は身から  病を押して身を  お前に身に  宗教に身を  支倉は身に  牧師の身として  牧師の身に  自分は捕われの身  拘禁されている身に  不幸か身を  やうな身を  役者の身と  花吹雪を身に  遊びの身とは  苦しみを身に  後へ身を  密と身を  破壊しようとする身  ただに身に  露より身に  ろく身に  劇壇に身を  問に応じて身を  信任に身を  漆掻きに身を  こへなと身を  これだけが身について  妹夫婦の身を  亭へ身を  部屋で身  一ト筆書かれる身と  学問へ身を  随所に身を  いなか山伏と身を  すべも持たない身を  厄介になって来た身  貴僧の身を  内へ身を  六角時信は身の  一切は身が  道誉が身に  右京の身に  右京の身は  恋慕が身の  神以外には分らない身  ゆゑにや秋が身に  才に身を  笑ひ身に  あまりて身を  日通から身の  宇野久美子が身に  力で身を  悩みを身の  一歩も入れない身  他国へ身を  一日も身を  花魁にまで身を  多忙の身  強力に身を  刀剣が身に  一言いわれると身が  独り歩きのできない身に  二人で身を  世話になって身を  銀様の身に  夫のある身  三界に身を  僕の身の  実験に身が  幻想界に身を  囚はれの身より  精悍な身の  低下に身を  方にも身を  形式を身に  泥草鞋は身を  槍は身に  道庵の身に  盲目の身と  ほんとうに身を  銀様の身には  ほとりへ身を  女の身でも  ものは身を  伊賀に身を  右京の身を  右京の身まで  仰がるる身を  宮の身を  重任を持つ身  自由に越えられぬ身  重任の身  すべて腰糧まで身に  宮は身を  餓鬼どもが身の  藤夜叉の身は  勘当の身  馬田に身を  これへ身を  天王寺村界隈に身を  川合へ身を  庵に身を  落ち口へ身を  涙から身を  譴責をうけて下って行く身  開きに下る身  ていねいに身を  應じて身を  修業とを身に  ところ若年の身で  子供を残して身を  妓楼に身を  贅沢が身に  用心をしてまで身を  才能によって身を  皇族の身を  光を仰ぐ身と  無位無官の身と  風流に身をも  自ら之を身に  奮起して身を  売女奴を身  病弱の身と  盲人の身で  年少の身にとって  芸術に身を  主婦の身で  ほんとうに身も  二十年来病弱の身と  それを身にも  仇を持つ身  少年の身で  それが身を  光を奪われている身  二度あなたの身に  何物も身が  夜鷹の身  ものの身の  下段に身を  監督に身を  息をのみ身を  方々に身を  貴島の身の  半年ばかり身を  僕の身を  不意に身の  赤勝ちに身を  とき世間一通りのたしなみが身について  場面へ身を  場面に身を  態度を身に  ひとたちの身に  感じを身に  安徳帝が身を  倦怠に身を  清浄潔白な身  鎧直垂に身を  大会戦で身に  果に身に  部屋へ身を  稲の身の  それから身を  一ぺんに身の  典侍らの身を  熱気から身を  俄に身の  金若も身を  そなたは身  能登は身を  らぬが身の  そちの身を  彼女は身  朝風に身を  山野へ身を  武時は身の  姑女は身を  大蔵は身を  しなやかに身を  杖突く身とな  床に届かんばかりに身を  気まま勝手に身を  娘の身で  んと身を  ジナイーダから身を  ジナイーダの身に  何に身を  こと欠かない身  これが身も  ジナイーダが身を  ぼろに身を  福兄に身を  城に死ぬべかりし身を  愚かさが身に  あれの身に  ものだと身に  自分ひとりの身  子持ちの身に  電波を身に  自分が死んでゆく身  のち自分の身には  あんたの身の  頃から身の  彼の身へは  姉が身の  らむ美登利の身の  衣裳を残らず身に  マントに身を  紳士が身を  あなた様より身に  彼の身には  現在の身のうへ  前へと身を  旅商人の身を  分に過ぎた身の  上手が身の  傍らへ身を  甚内は身を  グルリと身を  右手へ身を  馬背へ身を  声を聞くと身が  何んともいえない身の  たいまで身に  二階に居る身も  息を殺して身を  戀路に身を  母の身に  漁船に身を  自身采配を以て身を  距離をはかって身を  空中に身を  方が身を  着物を着たり身  苦労しているものの身に  拔ける身も  闇に身を  芸事には身を  んの身に  子供の身にも  そこも身を  あるじの身の  渦中にある身  尼の身の  彼女の身も  高野川へ身を  道誉の身の  高氏は身に  横に拭きこすりながら身を  道誉へ身を  こほろぎが身に  環境に身を  静けさを身に  素質を身に  彼は身も  地にも身の  中根は身の  装束を身に  道へ身を  消耗が身に  創造的で身に  愛を捧げて身も  泥水商売に身も  毒に身を  花に身を  事を身を以て  小布施は身に  不面目やが身に  多年人を求むる身  富有の身と  半ば自暴の身を  私の身が  人を斬って身を  今の身では  天井裏に身を  夫ある身  つて帯をとく身の  人物は身の  相手は身の  苦界へ身を  女神は身を  靜かに身を  つて投ぐるが如く身を  氣づきて身を  体躯のすわる身が  香は慣れた身にも  はるかに身に  樫の身に  木の身の  物に驚いて身を  不幸を身に  夢に身を  心にも身にも  土に身を  文字は知らぬ身の  家業には身を  為事にも身を  岩蔭に身を  藁束に身を  歯を喰いしばって身を  識らずに身について  不平をたれよりも身に  ままならぬ身でさえ  鞍つぼから身を  栄えを身に  謹慎の身  謹慎の身では  登子の身が  他へ身を  高時の身の  戦争に身を  敵に身を  万寿君の身を  私たちの身を  それぞれの身に  境に身を  素養を身につけ  謙虚さを身に  母は起きようとして身を  前で身を  亢奮に身を  ママが身の  魂を身に  危険を察して身を  火事があると身の  決然として身を  予は身を  拔き身を  タイタイ先生は身に  中では身に  学校からは身を  自発的に身を  男は身の  ゆうべ大川へ身を  大樹に身を  米友は身を  田山白雲の身の  親方の身にも  ところの身  わたしの身にも  わたしの身の  何の身に  朝風が身に  浪人の身と  弁慶の身の  裸の身と  裸の身に  私の身から  らちは身に  心配して身を  ジヤケツに身を  驚鴻の如く身は  メイ子は身を  家も身も  清三の身に  実行していかれる身  ことを考える身と  用水に身を  空気は身に  十五日に身  后車やら身  閑な身を  義貞は身に  女を捕えて身の  朝敵でありつる身も  願いどおり墨染の身に  一線を退いていた身  そちの身に  さなどは思う身にも  信頼感をもって身を  露の身の  参議尊氏の身より  たびごとに身を  おん前に身を  廉子が身を  野山へ身を  身勝手な退身の  保護神経が身に  よろいに身を  鞍に身を  彼の身は  妻の身は  淵辺が身を  彼として身を  業を負った身  学課に身を  本質を覆わない身に  痛切に感じる身と  弾力のある身が  一人の身より  ことが出来ぬ身に  片時も身を  それらが身を  雇にもなれぬ身  上に身も  重病の身を  看破して身を  最近閑散の身と  あれ神とともにある身ぞ  索めて身に  犬の身にとっては  右門様が抜き身を  瀬戸に身は  犬の身に  端へ身を  お前を身  弓矢に身を  軒端に身を  渦中に身は  登校の身  かつおの身の  無頓着に身を  創作に身を  優雅な身の  バルザックは身を  足下に身を  女王は身を  傍には身を  一円だけ身を  苦にもならず身を  ヤトナ稼業に身を  商売に身を  一緒に暮している身に  柳吉の身の  金八が身に  女学生の身で  大患に罹った身では  身体も身の  岩石に身を  ろしい身の  身持になった身を  ここにも身を  話をも身を  闖入者の身も  日中も身を  武術に身を  そちらへ行きたいといふ身  シローテは身を  朝夕此孔穴に身を  頃醫を以て身を  ニイチェのなげきが身に  作家として身を  島と身を  私の身にもな  中とはなりし身  雫の身と  遷坐の身を  父子二人が身を  因果の身と  それも身から  わたしは身も  人は身に  おとよは身の  薊は身を  登子の身を  宰相の身に  折檻は身に  難関にも身を以て  八名を身に  旅ぼこりの身も  とおり籠居の身  出家の身とも  小娘の身  朝臣の身で  屏居の身  小姓具足を身に  老幼までをあげて身の  賞めにあずかって身の  一つに身を  罪業みたいに身の  蟄居の身とか  船底へ身を  艫へかけて身を  燦と身に  酒気が身の  みずからの身に  管理する身と  一朝臣の身は  臣に過ぎぬ身に  衣冠束帯で身を  温度が身に  政景の身を  恐怖を感じて身の  兩岸から身を  頬ずりをするほどに身を  人の身として  われわれの身に  己れの身が  あいつの身の  閑散な身  がんりきの身に  引纏うて身が  七兵衛の身を以て  主膳が身に  一人歯を喰いしばって身を  鈍重な身を  与八が身を  少年の身  充分に身を  他人に身を  旅暮しで送っている身  勤めの身に  典型的に身に  汽車に身を  老人の身に  向の身に  汁の身の  勘當を受けて居る身  門前に身を  読者をして身を  上にのけぞりながら身  間の身も  砂地から身を  なりとも身を  岩角にかけて身を  ぶとに身を  草を敷いて身を  頭をかかえ身を  角から身を  嘆きの身  事は身を  様に身  二人は身を  面に身を  力なげに身を  戀に身の  花の身に  落人狩りを忍ばせる身  夫の身にと  同氏夫婦は身を以て  技能を身に  簡単な身の  ラケット入れに身の  将来軍人として身を  自尊心のふくらみに身を  彷徨する身と  僕の身としては  際僕の身は  人間が身を以て  教養は身に  併し身に  なぞを身に  芸事も身に  伝導説教に身を  兵馬は身の  今度は身を  ロシアで身を  悪病ゆゑに身は  飛び込み台から身を  学識を身に  於て身に  買はれた身  日本ぢや身が  朝晩起き臥す身と  懲役に服さなければならぬ身と  山高帽とに身を  小具足という身  役目の身が  そばまで身を  これまでの身を  一時の自惚れから身を  椅子テーブルに身を  焚火で身を  後宮にいる身でも  奉公している身  正成の身に  正成が身を  介どのの身を  介の身を  知遇は身に  訴えから身を  農民の身に  ように身について  嫉妬で身を  外は身を  脅迫せられて身を  琴を以て身を  欠して身を  手帳を出しながら身を  細かに身を  雑誌を身の  ひとは身を  防空服装で身を  坊やの身を  彦一は身を  防御の身が  くにして身を  零落の身の  茂みに身を  言葉が身に  ぎこちなく身に  殻を身に  数日間自分の身に  ひとの身の  老残の身を  時間に身を  見物に身を  人並に身を  医学で身を  断食と身の  鍔競り合いに身を  奥方の身の  隆吉の身に  保子の身にも  気持で身を  彼女自身の身を  周平は身を  四疊半に身を  家から身を  自由にならない身  周平の身の  背に身を  手中に身を  獅子が身を  其方へ身を  電柱に突き当りかけて身を  扉から身を  識らず身を  多忙の身と  自分から身を  嚥んで身を  議場において身に  顔をして身を  親類の身に  男は振り放そうと身を  古池へ身でも  先をいそぐ身は  塀ぎわに身を  七は身  川へでも身を  一生日蔭の身に  歩きかたや身の  妙に身に  自宅から身に  スーツに身を  自由な身で  二つが身に  日常に身を  社会に出るにつけて身に  ひとの身と  女中は身を  市之助の身を  いたずらに身を  文字春は身も  用にも身を  あとから身を  爺が身を  元成は身を  安心を身に  正成は身を  自身の身から  そちの身も  正成が生れると共に身の  紅に身も  弟の身に  あとの身の  持物だけでも身に  尊氏は身を  勅勘を蒙り身を  理由もわきまえぬ身を  夜は身を  嫉妬に身を  七兵衛があわてて身を  陸でも身が  銀杏のかげに身を  大尉の身の  囚れの身と  川上機関大尉の身  真中に身  仕事に身も  軍装に身を  警備に身が  重傷をうけた身で  武装に身を  長次郎は身を  まわりを身  人間の身として  書置を読まされて身も  幼年の身として  住職の身の  英善の身の  久次郎の身の  年寄りの身に  きわに身を  悪銭は身に  方も身を  そこへほうり出して死に身の  夫婦の身の  蛇を見てさえも身を  水口に身を  節季候にまで身を  天水桶のかげに身を  田舎などに身を  十分の身が  お互いの身の  各人の身に  是が身や  侍の身に  ところで身を  覚悟して身を  何まで身に  たぐいも身に  自分たちで身を  七は身を  仮橋から身を  蝋燭を抱いて身を  蝋燭をかかえて身を  奴には身を  接吻と身を  誰かに身を  口にありつきたいといふ身に  貧乏が身に  男には身を  老いの身の  当事者の身に  躾を身に  お客の身に  新堀川へ身を  おかみさんが身を  井戸側のかげに身を  おかみさんは身を  頃嫁にでも往こうという身で  一声叫んで身を  ヤレお前さんの身に  呼吸生息する身の  憂愁ある身の  番町に訪うて身の  塩を踏まぬ身の  上や身の  ウッと身を  勢の身の  泣声を出して身を  あれの身の  今ここで身を  溝口家に身を  筆は身でも  芝浦あたりで身を  時は身の  亭主は身を  とつさに身をかは  伊之助は身を  孤獨の身と  人たちは身を  世を忍ぶ身の  奥州路に身を  世を忍ぶ身に  着類を身に  見物席に身を  少年の身を  上の身  氾濫に身を  女の身ながらに  角にも身は  逢へる身  国へ身まで  罪ほろぼしに身を  安永は身を  みな列をかざり身を  醜男な身を  正妻はある身  師直は身に  戦野に立つ身と  親房が身を  出家の身に  権力から身を  みな武装は解かれていた身  直義の身を  地蔵尊を身の  人中でも敬われる身に  自分ですら思いがけぬ身の  方へよってきて身が  ぶんは身を  博士が身を  爆発から身を  きみは身の  云ひ終らずにおいて身を  姉妹の身を  確かに身を  自分の身からも  四万円で購われた身  親たちの身に  玉太郎の身に  どこにか身を  本の身に  過分に身に  気まぐれに身を  酔狂に抜き身を  浪々の身と  者丈が身を  ほんとうに身に  話が身に  糸七も身を  他を恨み身を  わたくし共の身の  臍緒書を身に  一時そこに身を  徐かに身を  上衣に身を  皆の身に  どれも身の  鎧兜に身を  猛然円タクに身を  明石鮨へ身を  人目を忍ぶ身には  品物を身に  蘇生して身を  彼等は身  彼等の身も  憎悪に身を  早苗が身を  ぞくぞくと身の  何ものかに身を  中も通って来た身  護送の身を  囚われの身と  旅には慣れた身  旅と致しておる身  私の身とは  雪も身を  の快感が身に  いくら米友の身が  米友の身が  道庵の身の  師匠さんで身を  全部を奪われた身に  貴の身に  念の入った身が  わたしたちの身を  キリリとした身の  消滅した身  囚われの身に  大急ぎで身の  客気にはやって身を  出家の身は  草鞋に身を  友蔵は身が  其処へ身を  どこから身を  寒風に身を  入口に身を  親御の身に  彼らの身の  姉さんの身を  背後に身を  肌触りは身を  両方の身の  後の身の  不如意の身の  ここで身を  怪しからず身に  何処へか身を  日本橋から身を  若い衆が身を  富も身を  当主の身に  幸之助は身を  娘は身を  長三郎はこころえて身を  屋敷に身を  自分の身はと  弁解をしなければならない身  筒袖一枚以上を身に  忙がわしく身  親の遺身を  普通の遺身と  米友は身に  道庵の身が  葵が身の  病院に勤める身と  方へ移らなければならない身と  芸の身の  教導師先づ躬から身を  官海に身を  紙幣は身を  俯伏せていた身を  六年は帰らぬ身  君に仕える身の  岸の上に身を  湯煮て身を  鯛の身と  ばやとて身を  吸物の身に  皮を剥いて身を  鰺の身を  湯煮て身ばかりを  付け前の身を  骨を抜き身だけを  時代物を身を  大阪へ戻って身に  のを見つけて身を  魚の身で  しり込して身を  塩で身が  綺麗に身を  皮も身も  楽な身に  楽な身にな  ひろ子の身と  不浄の身を以て  お預けの身にな  胤長の身を  遊興に身を  風流にのみ身を  手をかしてやろうと思って身を  邪悪さを身に  ハリキリ方を身に  棄つるがごとく身を  気の毒な身で  兵士に身を  登和嬢の身が  骨と身を  鯛の身を  魚の身を  魚の身が  成た身を  生の身を  和女の身に  経験の身を以て  ノラクラ令嬢の身に  歓びに身を  陶然と身も  母の身としては  押倒すほどに身を  奴どもは身に  菊の身に  井筒へ身でも  侘びしい身の  声も身も  芬と身に  悚然とするほど身に  縹緻に打たれて身に  方も身に  列子という身で  処女の身に  しづかに身を  かげの身に  中で身が  目に掛れる身  之を避けざれば身を  微笑が身に  気軽に身を  外套を脱いで身が  婚約をした身  藝術に身を  夫人の身とな  来往常ならずして身を  肉体の身は  徳川一類の身として  数日にして帰るべきを約して出て来た身  先方の身に  女が身の  逗留している身では  長州よりも隠身の  手まわりで身  執着を持たない身  入墨者同様の身に  金助の身に  一人として加えられて来た身  これで身を  妖怪変化の身でも  向こうにまわって身を  飛行服に身を  われわれの身の  心におもい身に  蛍が身を  人間の身の  刃ものに身は  私どもの身と  未来の身と  僧の身  力をこめて身を  伯父の身を  婆さんから身を  軽装の身を  一等兵は身を  白馬城に身を  青草束を身に  祈祷に身を  本人自身が身を  クロールを身に  みずから青天白日の身を  法主である身  法衣を身に  推理を身に  道徳が身に  キリスト教的教養を身に  白癩の身と  予が身を  沙門の身  姫君の身の  沙門の身を  今日を祈に身も  瞳据ゑつつ身  大理石の身の  子らが身の  らに身を  水脈こそ身に  天王寺商人らも身を  学問に身が  主管をして身を  家内をもらって身を  要望を身から  洋館に身の  淀川に身を  納屋頭から身を  菊子の身の  警防団服に身を  底に身  モーニングに身を  三度目には身を  遠くへ身を  木に身を  人影は身を  識らずに身を  世界から身に  快活な身の  お雪ちゃんは身の  病身の身でも  お雪ちゃんの身が  中へと身を  ピグミーの身に  男僧の身  入牢の身と  懐妊の身の  五月になる身  衣裳で身を  あまり灘田圃へ身を  代官をつとめるほどの身  天手古舞をして身の  敵持ちの身  中を身を  天下とばかり身を  わしの身を通して  #さんの身に  厄介になってばかりもおられる身では  わしの身よりも  今の身で  法師の身に  独身で身を  静けさが身に  安宿に身を  此樣な身に  孃さまの身に  雪子の身も  皮と身が  皮と身と  定まり通り放蕩に身を  かず子の身を  ドキドキして身の  敗残の身を  女房一人が身も  新吉はじめお前たちを身を  一生不具の身と  友達に身を  光明に身を  わたくしが身を  われの身は  字型に身を  着物を破いちゃあ身へ  鎧冑に身を  雪に身を  殿ごと添い臥しの身は  男から身を  助の身には  呼吸が身に  友達の身を  人もあらじまして身を  生の身の  五穴から身の  八重近頃は身も  時折物にふれては身に  病あるが如き身の  清福限無き身とは  家を守る身と  つて立つ身とは  人に愛され立てられて身を  所無き身  厚衣を羽織る身に  帆柱から身を  舷から身を  行楽に身を  光が身にも  あたしも身の  離縁して身を  ゆびわその他はま子の身に  それは身を  見事な身の  あとで聞いて身  男の身で  待遇を与えられる身と  扉があいて身を  讃するほどに身を  七兵衛の身に  つて自分の身に  飛越器に身を  寐て居た身は  甚九郎は身を  汝の身に  すすり泣きに身を  メルキオルは身を  母親に身を  音に身を  誘いに身を  寛大に身を  息を切らして身を  気がして身を  彼がのっかって身を  頂上に身を  言葉や身  腕に抱かれてる身を  腕に身を  意味を身  容易ならぬ身の  上を身を  山県有朋の身の  時のうつし身の  子供たちの身を  流行唄が身に  自ら恥じて身を  一カ月程身を  私に身を  ために身について  かげから身を  やつと身を  樣な身よりも  人々と交わって喜ぶほど身を  不品行に身を  成行きに身を  クリストフが身を  がいの身を  情熱に駆られて身を  邪推によって身を  不安定に身を  これを切り放そうとすると身が  淵川へ身を  前後に身を  嬢さんが身を  ぶっきらぼうに身を  ものさえ身に  像が身を  何んだか身の  鳥鍋をかこみながら身も  ストーブこごえし身も  旅が身に  ものから身をかは  婦人の身に  教祖の身を  一ぜん飯屋に身を  廊下に身を  夜具に身を  思いが身に  ものの身も  幸福にばかり迎えられた身とは  畜生の身では  君さんの身を  白雲は身を  重任ある身  心目を遊ばせている身とは  当人たちの身に  責任とを負う身  われながらはずむほどに身を  神尾主膳の身は  中へ強いて身を  森へと身を  陣営に身を  マオリ人の身に  勢に身を  雨粒とに身を  僧は慌てて身を  頃では身も  私も身を  慄然として身を  ベッドに身の  感謝に満ちて身を  母娘は身を  病みあがりの身も  病の身には  苦痛を知る身  点自分の身の  裸形の身にも  罪過を身に  クリストフは身を  自分に身を  稽古を授けるのに身を  親切や身を  縁に身を  纏綿に身を  力に狂った身と  ゆるやかに身を  自分の身だけを  否という身  彼女の身  彼から身を  力に身を  喜びに身を  抱擁から身を  腕から身を  独りの身を  不自由の身が  師匠の身の  寿女の身の  不具の身を  自分の身でも  弁信の身が  棒の身には  銀様の身の  ここへはいれと身を以て  死を以て身を  寵愛を受ける身に  幽囚の身に  道庵の身を  ことを身も  菓子で身を  船長が身を  敗残の身に  壁にくっついて身を  みんな彼の身の  音が身に  中にでも身を  自他の身を  甲斐ある身とも  こころの生きて身の  汚れに染みし身の  女の身にても  女子の身にても  男子に劣らぬ身と  らの身にも  我辛ふじて身を  手伝ひするを身の  お金とるばかりが身の  お方に身を  今の身には  年頃の身  先づともかくも我は身の  果てむと思ふ身では  入門にも外れし身  代にかえて身に  隈ある身ぞと  答のなる身に  さこそは身にも  そなたの身を  今日までもをしからぬ身を  彼等の身を  ことのできない身に  あすこへ身を  感に打たれて身を  声をのんで身を  すべて僕は身に  構築に身を  斜陽を身に  中に置かれた身の  舎弟の身にも  率先すべき身  火口へ身を  羽織で身は  板戸に身を  女とに身を  真から身の  教授服に身を  威厳のある身の  徒らに身を  燕尾服に身を  稼ぎに身を  一歩しりぞいて身が  そうな身が  三メートルばかりの身の  奇魚を食って身を  踏止まろうと身を  自身で身を  天狗道に身を  皮を取りて身に  危害の身に  木の葉を綴りて身を  際も身を  細君の身に  悲哀が身に  寝所を出ない身と  軽快な身の  家に連れて行かれる身  絃に身も  なかに身に  冷氣が身に  鎖襦袢を身に  温泉ホテルに身を  勤めの身と  苦しみに身を  泣訴哀願時に身  光栄として身に  夫ある身という  妹多津の身の  洋装の身に  西洋人に身を  活動寫眞じこみの身  男に身も  右門が身には  日を待つ身に  衣類を身に  ところに宿りたる身のよ  教育うけた身に  闇色なき声さへ身に  出づるに身も  人恋ふるほどならば思ひに身の  何を思ひつる身ぞ  母は身も  療養地の身を  知恵伊豆も身は  手札を示して身の  あるじの身に  下手人の身に  嗚咽しながら身を  ような身も  ここに消えざる身ぞ  欄干ぎわからざんぶとばかり大川に身を  ひとりの身よりも  自身番預けの身と  気が取られて話しに身が  葦叢に身を  望みのある身では  声を聞いても身の  共産主義に身を  ずみすらしておいた身に  士籍にある身で  途中に止って身を  急に身  一人で身を  静かに身の  主に身も  隠しだてをすると身の  遊女に身は  清吉さんの身は  清さんの身の  のくるわへ身を  姿を身の  智慧として身に  僧形の身をも  牢屋住まいも身に  経帷子を青ざめた身に  助けを呼ぶ身と  ところを叩かれる身は  舷側を身  それと共に身に  命を投げだしてまで身の  明石志賀之助は身の  仁王仁太夫は身の  相撲取りに身を  自身の身の  右門が身を  拝見できぬ身じゃ  木立ちの影に身を  名人が身を  尼寺へ身を  ふたりとも身に  名人の身に  群れにでも身を  娘の身にもなんぞ  恋が身を  慈悲が身に  辰がはだ身  こに身を  春菜の身に  多根の身の  温度を身に  光を身の  風を身の  鎖を身に  勝手で身に  幽霊の身の  これが身に  三味線をかかえて身は  おいらが身ぜにを  名人の身の  そばへ身を  虚空に身を  おなごの身に  おなごの身も  自分だけ身を  米友の身の  自分の身にのみ  米友も身を  わたしたちの身にも  自由が利く身  土地を身  日限のある身では  こちらから身を  友人の身として  腹も身の  気の毒がって身の  口へ身を  子供の身を  仏性具せる身を  闇へと身を  通り不具の身では  ばかに身に  当人の身が  今度ばかりは身に  縱ひ身の  役宅に身を  爲し遂げるには身を  彼は身と  爽やかさが身に  不安と戦いながら身を  ひりひりと身を  あっしの身にも  ーんと身の  とくに身を  ようになるので死に身に  紫数珠を身に  不具の身は  そちも身が  扮装に身を  定まりの身  二本差す身で  莞爾と笑って身を  ときに身を  風を身に  苦しみほど身に  頼りない身  愉快げに身を  反映に身を  虚偽とで身を  情をもって身を  自分でも気がつくと身を  笑いに身を  穴へ身を  彼の身  夜中に身を  ことがあっても身を  絶望とに身を  羽蒲団を身の  夢想に身を  運河に身を  成り行きに身を  彼女は黙って身を  彼女は近寄ろうとして身を  俺たちの身を  傲然と身を  苦悶に身を  自身の身が  酢だこは身の  ぎわへ身を  気合いをころして身を  息をころして身を  必死と身を  つうつうと身を  右へと避けてははいる身の  横へ身を  みごとにかわした身の  使いに身を  弟に身を  いくらかでも身に  半白の身を以て  公卿に身を  プーチヤチン自身ですら身を  とも通辭的公職から身を  保釋の身と  かしわの抱き身などより  配達車に身を  八千代サンの身の  乞食根性が身に  タダメシに身を  小夜子サンが身を  一時も休まずに身も  小夜子サンの身を  家来の身として  恋にやぶれたる身とや  枕許へいって身の  渠の身に  無事に身を  二人を身  サツと身を  弟が死んで遺身として  穏かならぬ身では  物に縋って身を  お互いの身は  相に身を  秀子の身に  自由自在の身と  権田時介に身の  貴女の身に  貴女の身も  権田の立ち去ると共に身を  秀子の身には  生涯貴女の身に  余の身に  アノ室で身を  話にさえ身を  秀子の身の  此の身を  権田の身に  イヤ貴女の身に  妻に成れぬ身  自分の身へ  貴女の身は  密旨に身を  病後の身で  悪人だから身に  余の身として  秀子の過ぎし身の  秀子が身の  医学士は身を  ホンの身を  此の身が  秀子の身を  二通り秀子の身の  私の身には  秀子は身を  叔父の身に  秀子の身が  懲役から出て来た身  叔父の身は  余の身の  死人の遺身かと  余は身を  松谷秀子の身に  牢を出た身  貴女の身の  何処かへ身を  罪に汚れた身で  ものだと身を  事を知らぬ身に  物事を恐れるに及ばぬ身  半分ほど身を  余の身にも  うしろ向きに身を  宗門の身の  官兵衛は身を  妻子の身を  真実が身に  救命胴着を身に  舷側から身を  不学凡才の身を以て  唐紙から身を  ステップに身を  不幸にして身が  北風が身に  結果を身に  魔も身を  此処へ身を  あす私は死ぬべき身  絶望に身を  盲目的に身を  上にどかと身を  用のある身でも  用心して身を  本能的に身を  どこまでも身を  エタの身が  文芸界に身を  病床に横たわる身と  繋がりを身に  渦中に身を  梶も身を  栖方は身を  小鳥は身を  沈黙に身を  互の身に  合理にのみ身を  豫の身と  剣を舞わして身を  ほかに身の  コルベールの身に  水無神社は身  監督の身に  子供ら自身の身に  びつくりして身を  手で身に  私達の身にも  後ろさまに身を  跡に残された身が  敵から身を  上に横たわれる身にも  素捷い身の  そちが身を  下坐に身を  感心極まったので身を  途端に身の  汨羅に身を  それがしが身の  訳は分らぬながら身を  声で身に  時折に身に  これは身に  自然と身は  すべて白飛白が身に  少年の身の  権威は身に  銭で買う身の  爪先まで身の  ものからたよられて居る身  物ばかりを身に  底へ身でも  川にでも身を  ほかしない身も  ゲルダは身を  カイは身  言葉を頂ける身に  この世に身の  手紙など頂ける身に  自分自身の身を  人物らしい身の  連添ふ身の  世話になる身の  塩一升だけを身に  息吹きに身を  むりに身を  滑稽は身の  手にしながら身を  それらを身に  言葉を身に  作者は身を  音楽教育に身を  恋で身を  死地に身を  敬意を身に  女子も身を  敵を感じて身を  ユダヤ人に身を  流竄の身と  病気に身を  伯母が身は  此胸かきさばきても身の  現実の身を  手袋襟巻に身を  二人の身には  パラシュートに身を  方へと身を  荘厳さとを身に  小綺麗に身  連歌師の身  風流学問に身を  勇美子は身を  雪は身に  滝太郎の身は  節も砕けるほど身に  言懸けて身を  雪は身を  多磨太は頷いて身を  半纏被に身を  今も身を  一個婦人の身に  兼は身を  ここに居る身にもぞ  繁吹を浴びて身を  両人の身の  一雫が身に  拓が身を  連歌師の身で  風流学問に身をかは  妻子もある身では  奉職の身の  憎悪を負わなければならない身と  人を羨み身を  期待のある身に  大晦日の身を  轡川に身を  暗がりへ身を  背にして身を  戸口に身を  頭をつきつけられて急いで身を  喜びが身に  んじて身を  素朴に身に  罪悪となって身に  新装を身に  門柱に身を  終日部屋に身を  それと知って身を  音さへ身に  僕自身さへ身に  仕舞ひには身を  ことも身を  声や身  宗教家の身に  知つて甘んじて身を  容易に許されない身  獨り身にな  將來の身の  もとの身では  のは身は  兄の身に  井戸川へ身を  われが身に  洞斎兄の身に  われの身に  猫が身を  威厳を身に  防寒服に身を  郡役所所在地に来て身を  彼らはたがいに身を  考えから努めて身を  母に身を  向こうから身を  がいの身に  彼女は震えながら身を  十分に身を  務めに身を  世間から身を  怠惰に身を  アントアネットは身を  そうに知らず知らず身を  暗がりに身を  子の身の  蟄伏する身かと  温順なる身にて  殘れる身の  子たる身の  年わかなる身の  逢ひたる身と  狂氣の身に  そく成りますとて身を  男傾城ならぬ身の  馬は身を  信頼とを身に  行つた人々の身を  鳥に身を  小鳥に身を  娘たちは身も  弟の身を  習癖を身に  習慣をすつかり身に  天地にのみ身を  女が身に  綾羅を身に  錦繍を身に  好きには身を  籐イスに身を  うろたへて身を  思に身を  書類を身の  部下の身の  軍職に身を  きく学問を身に  復員者相談所へ身を  おれの身にも  吉ちやんの身の  夜更けに身に  中間に身を  草も身を  室あらざるべからざる身  貧苦より身を  廃残の身  いちど死んだ身  楽しみにして寝る身が  さとを身に  蒙昧信者が身を  瞽婦に身を  風呂へ身を  地獄なれ身を  夜々の身に  紀子の身に  しげみに身を  男は身  勉強に身が  一番焚火でもして身を  田山白雲が身  漂泊に身を  わしが身を  相当に待つ身では  変化自在の身  銀様の身が  脇差の身へ  芝居気が身に  湯槽に身を  づべき運命の身  毎朝冷水を浴びて身を  面も身の  ボーイに身を  何を措いても身を  人情を立てれば身が  亭主気取りで納まっていられる身と  君は慣れない身でも  宿へ着いての身の  これで待つ身は  縄抜けの身と  能力を与えられている身  人に追われる身を  追手のかかっている身の  徐々と身を  相手が身を  死刑に処せられてしまった身  銀様の身を  体も出せた身じゃ  旅の身ではね  旅へ出ての身  馬上の身を  膝を崩して身を  裸体は身に  互の身を  卑賤から身を  しまつて仕事に身が  フーピーな身よりの  彼女の身は  なりに身を  父の身を  変ちきりんな身  術策に身を  向こうに身を  彼は思い切って身を  夢想しながら身を  革命派からも身を  退職の身と  手段に身を  僕には身を  聖書で身を  いつでも身を  ドイツへ帰れない身  みな下に身を  制作に身を  今ではならわしとなって身に  驚きを身に  彼が身にも  老年の身にも  超克して身を  ものを超えるには身を  献身者は身を  ジュリアンは身を  年廻りを身に  溝川に身を  自由に身を  活手段を身に  苦しみを身を以て  放恣に身を  ぎろなき慈悲に身を  押合って身  杜松子は身に  君が身を  福得べき身ぞ  なりで身を  遠慮にすりつけて来るのに身を  軍籍に身を  泥んこから身を  僕の身にも  片田舎の身も  紙を拾おうと身を  僧侶の身として  藪かげに身を  師匠について身を  際トキ子の身を  酔ひ痴れ身  寂然と身を  姉は身を  扱帶も身に  牧師は身を  ドツかとばかり身を  貴女は身を  銀子は身を  私さへ身が  衣の身に  老婆の身を  梅子は身を  侯爵は身を  明日にも死ぬ身  呑で身を  股にして身を  安然と身を  慥に身も  他国に身を  此の身と  自由の身で  篠田の身は  貝の身を  事に身を  身上も身も  リズムに身を  助は身の  様子で身をよけ  将に身を  幸福な身に  口実にして身を  ジャックリーヌは身を  一発みずから自分の身に  害毒を身に  貞節さで身に  それにつかまって身を  人が身を  富裕な身に  がいに身を  席に身を  こちらで身を  網に逆らって身を  わきに身を  悲しみに身を  熱で身を  執拗に身を  他人へ身を  犠牲的な身が  エンマに身を  陸上に身の  誰人にも増して身に  知識な身の  幼稚極まる身の  自分は身  思案する身に  胆吹王国に身を  直参を誇っていた身  助の身が  家に生れた身  工業で身を  不自由の身と  軍服に身を  集団農場さ加ってる身  廂に身を  予感に身を  橘は身を  必要から身を  エリザベスの身をも  彼女は身の  オランダ戦争へ身を  親分へ身を  大蛇は身を  恍惚として身を  クモの巣に落ち込んで身を  誕生日を経た身  敵に対して身を  遠征から身を  脚下に身を  きものを身に  監禁の身を  つながりを持つ身  年金を受ける身と  巡礼姿に身を  平らに身を  エセックスに身  食事にさえ身を  彼女は立ち上がろうと身を  一銭も身に  老人の身には  簷下に身を  著作に身を  活動で身に  現実に身を  なさけの身に  壮年武士は身を  ビシッと身に  衣装籠に身を  衣装籠から身を  陣十郎の身に  林蔵の身に  賭場防として身を  水も洩らさぬ身の  汝らに持つ身  刀を引くと身を  昨夜源女の身に  源女は身を  そっちへ身を  嫡男の身に  程も身に  旅姿に身を  陣十郎が身を  敵持つ身と  旅駕籠に身を  浪人の身に  大息を吐き身を  覚悟している身  ことを思えば身が  靜に身を  容貌も身の  眼をつぶって身を  ほうに身を  視線を身に  アントアネットが身を  胸をつき出し身を  信頼して身を  ライン河に身を  状態から身を  汚辱によって身を  向こう側に身を  ことで身の  寝床に身を  窓際に身を  橇に身を  文句や身に  光が身の  空蝉の身をかへて  愛が身に  源氏は身に  契り知らるる身の  色も身に  寺は身に  面かげは身をも  無邪気な身の  かし限りある身の  敷蒲団やはらかければ身が  今更先の知れた身で  舞ふべくもあらぬ身の  御簾に身を  大小も身に  出家の身として  ことここに身を  僧侶の身を  旅の身を  継母に仕えて身を  欄に身を  合羽に身を  旧家に身を  主人の身を  賤の身  落し差に身を  運動に身を  位置から身を  方へ行って身を  あれには身を  吉左衛門の身の  日陰の身  自己の身を  お預けの身と  こともこそ身の  さに身の  装いで身を  方は身も  風の音が身に  物の身に  酔いに身を  一勇士が身を  これほど身を  宿駕籠に身を  源氏は身に  伊勢行きを思いとどまらせようとするのに身を  人にも身に  情炎から身を  別れの身に  大海へ引かれ行くべき身かと  美よりも身に  三位中将は身に  それによって身も  千鳥が身に  何重にも身を  のも聞く身にとっては  雲が身に  女性たちは身に  海へでも身を  色の身に  方にや身を  そばで使われる身に  鳴き声を立て合って身に  誰にもまさる身の  末摘花の身には  志の身に  順境に身を  物事が身に  人も身に  高貴の身に  これだけは身に  僧の身の  閑散な身に  王女御は身に  篝火は身の  透影は身に  風景が身に  心柄なる身の  自分の身をば  己れの身を  裏町を歩み行けば身は  閑人の身にも  否や身  部屋住の身  男一匹の身を  悲み憤って身を  暮疲れたる身に  江戸ッ子に生れた身の  学問などに身を  衣裳の身に  いろいろに身の  若君は身に  今も身に  洗練された身の  交易に身を  任する身こそ  苦難に身を  恋ひわたる身は  服装も身の  変はれる身とも  二人並んで身を  煩悶をする身に  形で身を  声はせで身を  外から身に  姫君も身に  のに恐れて身を  ひと言ききて身  父あらぬ身を  場合に身に  唯だ身を以て  空の身に  きれいに身を  気持ちは身に  人以上に身に  社会状態に身を  夢のはだか身を  惡事をなすべき身  耻の身の  薄ものを身に  手術着に身を  宰相中将も身に  樣に身を  友の身が  風向きに身を  真実に身を  あなたに身を  楽しみに身を  地点に身を  勇気を身に  自分の身で  人々に身を  セーヌ河に身を  恍惚と身を  松の木に身を  ままの身  職業として身に  ムクリと身を  今日私たち女全体が身に  それこそは身を  院は身に  空も身に  空気が身に  因縁を身に  僧の身で  姫君は身に  ことに身が  頃から身に  朝子が身に  かくも身に  片手に拝むに身もよも  前後も忘れて身を  憂にやせたる身を  伝内は身を  勤めの身にも  半蔵は身を  湯槽にも身を  徒然に身を  村夫子の身に  粂の身を  粂の身に  半蔵の身にも  まま村夫子の身に  天賦の身は  和尚の身の  期待さるる身  半蔵の身に  一時奉職する身と  教部省に身を  情熱に身を  法衣着たる身の  神に仕える身には  水垢離を取り身を  山間に行って身を  青山さんの身に  もの彼には身に  宿預けの身と  謹慎中の身として  朝夕継母の身として  年期奉公の身  廬から身を  婆さんの身を  汝の身の  ギョッとして身を  みんな娘の身に  音とは変わって身に  空にうき身は  夫人も身に  このごろながらも身に  今さらに思われて身に  針金張りめぐらして身も  二つまで重ねてする身に  風采で身の  院も身に  のであるが身に  目をさまして身に  魂は身に  遺骸に身を  懇切に身を  頑固なほど身を  中から身に  気持ちで身を  遁世の身に  馴るる身を  それへ身を  数ならば身に  哀れと見しかども身に  布衣を誇る身の  音も身に  出仕する身に  雫も身に  源中将が身に  善とに身を  菅畳から身を  彼は思はず身を  変快活に身を  心を誘われて身に  なぞ数ならぬ身に  様子が身に  組み合わせで身に  問題などでは身を  作家の身に  禁囚の身の  天地に身を  本人が身を以て  藪蔭に身を  運命の身を  ように出来ている身  またたびに身を  鴻池などの身の  一人歩きのできない身では  動きの取れない身  送り狼の身に  主になれる身  自覚して身を  立戻れば身が  まま行けば身が  出家入道の身と  朝霧官女の身よりの  追手のかかる身  あたしの身に  拙者の身に  主膳も身に  今度は身が  神尾の身に  屋台骨を踏まえている身に  台所をあずかる身も  自分一つの身に  不足の身では  容貌にも身の  薫の身に  お話であると思うと身に  袖をくたしはつらん身も  軽侮を受けない身の  それを聞く身に  姉君の身には  風流遊びに身を  当時から身に  跡を残さない身に  山住みをする身に  羈客の身と  不自由しない身に  謡曲をやっていますと身も  謡い手の身も  ひやひやと身に  作者は身に  孤独の身とは  不足もあらざる身  奇異なる身  あれと身を  蝦蟇法師は身を以て  遺言を身に  人生の身に  薫は身を  半分の身を  家でなくても身に  幸福を得たいと願う身  宇治川へ身も  矛盾する身に  姫君は身を  においなどの身に  遺族の身に  のを身につけ  二人で語り合う身に  人らは身に  今になって身に  清楚な身の  逢ひけるを身を  においを身に  灌木のかげに身を  一隅にいつまでも身を  病身な身  石河岸から身を  敏の身に  新蔵の身に  新蔵の身を  いろいろに身を  花であるから身に  心の悶えをしていかねばならぬ身に  今ほど身に  かくばかり身に  座敷で身を  ことまでが思われて身に  面影が身に  夫人は身に  この世から離れた身に  秋風は身に  恋から身を  玉を掛けた身を  草原は身に  夫人の身に  ものすべてが身に  あちら向きになって身を  石川は身を  誰の身も  マントオを身に  肩をすぼめる身  願わくば身を  波動を身に  出入すべき身では  両手を拡げて身の  宮子は身を  楽譜に身を  整理法で身を  オルガを起そうとして身を  暴風を身に  あたしの身の  振幅を身に  抵抗しながら身を  悪感を感じて身が  横に坐って身を  そと身を  些と身に  風も身も  肩も身も  外側へ身を  訓練に身を  追求に身を以て  剣を身に  テロから身を  籠一つへ身を  方の身の  親切な身の  浮嶋の身に  かたしろならば身に  姫君の身にとっては  姫君の身に  無邪気に身を  のは身に  橋と身の  声が出て身に  彼女等の身に  おしゃれが身に  就て身に  おのれの身がかは  罪を犯した身で  薫の身から  のかと身に  世をふる身とも  さに思い迷っただけでも身を  くにか身をば  抱えの身  医者の身に  受けになっても身に  川へなど身を  数ならぬ身に  宮仕えをする身に  ひろ子の身に  がんばりが身に  一生懸命に暮せばこそ身につきも  ひろ子は身を  幻影に身を  かにの身は  東京にも身の  者すら身の  有夫の身  決心をして身を  事実であったと身に  夕風の音も身に  漂泊の身に  普通の身では  ものに身をも  取り返しのならぬ身に  秋の身に  厭ふによせて身こそ  姫君が聞いていて身に  あま衣変はれる身にや  尼の身に  さすらいの身などに  鳥仏師知る身の  修業する身の  苦労ある身の  アヽ死なれぬ身の  今の身と  叔父を持つ身の  爺が身に  様なと思いながら身を  世を忍ぶ身を  それまでに疑われ疎まれたる身の  一声呑で身を  昂然と身を  強迫観念が身  其五尺の身を  事が出来る身とな  遁げて身を  右衛門の身が  右衛門の身に  独り微笑んで身を  君は身が  訓練を身に  金さんの身に  小僧は身を  ことなんぞ身にも  光は身を  時始めて身も  芸に身を  漂流している身  口を利き身  種々の身  売り手に身を  俗欲を身に  松永氏こそ身から  ころもを身に  めくらの身  音の身に  夜露に身に  筋も身を  梢へ身を  首を吊るとか身を  物を教える身  自分自身や身  俳優が身も  露を身に  人間として身に  妻子の身に  ふうで身を  伯耆国淀江村の身の  霊物も身を  俺の身で  肘に身を  豪族に身を  蚊帳を身に  ゅうの身の  諭吉の身に  旅にある身とは  知識を身に  ろうやにとらわれの身と  老いづく身に  門に身を  王女は恐れて身を  舟に身を  御身に身を  幸福の身と  夜気が身に  主の身の  オレの身の  いま下着にして身に  つけが身に  昼も身に  一瞬間に身を  選択せずに身に  兄達を思いつつ身も  後生大切に身に  つて自分の身を  姫王の身について  つて自分の身  王女の身に  面へ身を  菊弥の身は  菊弥が身を  一二歩思はず身を  行つたりして居た身に  旦那持の身で  私はいつかさういふ身に  覚悟を身に  死体の身に  孤独の身を  放浪の身に  看護に身を  幹のかげに身を  細君のある身  物換えにうき身を  芸術の身を  傷持つ身と  妙な身  煙客翁の身に  子もある身にて  聟がある身と  私さへ身を  厭やと身を  運のある身  原田の身に  毎々に身に  良人を持つ身の  子の身を  これまでの身と  淺ましい身の  故の身の  樂しらしい身では  様だと身を  火を下げて身を  慎作には身に  けったいをして身の  女に臨まれると身が  船長の身に  わたくしの身にも  そなたの身が  木蔭に忍ぶ身と  木蔭から身を  人をあずかる身に  海上に漂う身に  わたしの身  わたしの身では  お松は身を以て  訪ぬる身  出仕の身  神尾も身に  出立の身  太夫の身の  不自由な身で  拙者の身で  くらおのが身を  両国橋から身でも  宮中に勤める身  研究にうき身を  三人前ぐらい食わなければ身が  狸劇団へ身を  馬吉の身に  オレの身に  ちょッと身が  政治運動に身を  小天地に身を  退屈に身を  翁は身に  露を分け進む身と  唯一の遺身の  小鳥たちは身  そこまで身に  チヤンと身に  一市民として身に  ものをもつと身に  わたしの身にとって  中に飛び込んで身を  俺は身に  ソファーに身を  商売にも身を  哀を身に  哀れを身に  喜助には身に  蛙の身は  これも身に  悪風暴かに起れば身に  竜も身を  食客の身の  笑味たくさんの身  汁の身に  俘囚の身には  滑稽な身  女人の身に  ごとに身を  蛇の身が  よう皮に身を  蛇を身の  寡婦寺に詣で身を  汝に身を  人を見詰めながら身を  人は身の  さで身に  流れから身を  影の身に  演出へ身を  しっくりと身に  信吉に身を  冴子は身も  共産軍討伐とに身を  事件に際し身を  精神を身を以て  妻の身に  貴重生物をして身を  油脂等を身に  香で身を  馬の身の  ネポール人が身の  ぢしない身の  重味が身に  黐を身に  重宝猩々瓶と名づけ身を  猩々なども身を  著翅狸身と作って身  如法に身を  捨鉢になって身を  枝に身を  仇に身を  足に入れば身  猴となり身に  集り来って身を  慧炬菩薩猴の身を  所を知りて身を  盥に身を  養子の身  都合のつく身に  袖の身に  方の身を  殿の身に  像にえがいて身も  女たちから身  杖に身を  庄七の身を  左右太の身が  万年床に臥す身と  十手を帯びている身  夫婦になれない身に  父さまの身は  十六夜清心が身を  父様の身の  変化に応じて身を  甲羅ができて身を  それは身  翌日新装に身を  常務の身の  正宗菊松は身の  主役を演じさせられている身の  飛鳥の如く身を  巧妙に身を  順番に当るなどとは身に  仙千代が身に  彎刀を身に  壁にあてて身を  壁につかまって身を  間だけ身を  自分の身をも  アローさんが身を  艇首座に身を  包囲者は身を  ジャケツを通して身に  蔭から身を  灌木に身を  甲板を横切って身を  心配は身の  カミシモを身に  商人に身を  世に謳われる身  大事を抱えた身とは  上野介の身に  仲間小者に身を  大事を抱えた身の  手頼りない身の  機を見て身を  一度は死ぬる身では  一度は死ぬる身  恥を忍んで身を  吾らの身  大事を抱えた身と  持囃される身に  顔の向けられない身と  女一人で身は  來て身を  脇息に身を  弓矢とる身に  病餘の身をも  世を捨てん身にも  内府は病み疲れたる身を  猥りに身を  爲に身を  有漏の身を  淵川に身を  夢幻の思ひして身を  竣たぬ身に  女子の身にて  變相殊體に身を  あはれ匹夫の身は  我れ知らず身を  仆れんとする身を  香煙に身を  いのちの身に  世を捨てし身の  細君の身の  一匹を身に  極彩色の身の  三分の医術に身を  夫の身より  夫の身に  道具で身を  槌で身を  自分一人だけの身を  君子は身を  疲労に身も  力として身に  自分だけは身を  隆大蛇に身を  元の身に  麗姫に囲まれた身も  谷へ身を  金あり身に  貰ふ身の  人が身  伯母さん止めずに下されと身も  負けを取るべき身にも  不自由なる身を  恥かしと身をかへ  美登利の身に  樣の身の  落魄之身  ゃちっ張って身に  大利根へ身を  晴天白日の身と  生活に対して身に  掟に身を  場面に身と  波濤に身を  薄給を身に  石畳に身を  成吉思汗の身に  畜生の身に  蛇の身に  便所に至り身を  二人の身も  跡へ入って身を  坊主は身も  衣角を執って身を  雑人共は身に  金銀を身に  #熱心に身を  物を身に  犬殺しも用い身に  次は身に  火で身を  乗物から身を  婢女の身  しき主を持つ身の  物見遊山に歩くべき身  我れには身に  まれて身は  常々をとなしき身は  考を懐き身を  寝床から身を  バラが身を  堂と身を  詰襟服を身に  何んとか身の  それ相当な身  俄かに気がついて身の  寝床へ身を  無のみ感ぜられて身に  余弊を身に  刹那に身を  養ひ身を  東京に身を  大阪落の身と  高らかに響いて来る身に  脇息から身を  聞き手の身に  崖ぶちから身を  遊惰の身とは  知つてそれを身に  劉伶の身を  切腹する身は  文章を以て身を  恋人を慕って身を  ここいらあたりで身を  墨田川へ身を  上品に身  夫もきめないで身を  様子をきいてかくれて居た身を  狩装束に身を  飜した身の  さっき紋太郎が身を  ケレンにも達していて身の  よう灯陰灯陰と身を  十は驚いて身を  女の身には  首を垂れて身を  おかあさんに身を  みんな一度に身に  おかあさんの身の  ホテル住まひの身に  ためには身も  半生は身を  老残の身  道ゆかむ身か  姉をねたむと身を  思の身に  秋の身も  額ふれにけるとほく行く身に  憂かる身の  耳かして身  牡丹に似る身を  身の身も  大阪に身を  エビなりに身を  思想を身を  容易に身を  アンナ・ニコロ私に身を  何につけても身に  あなたも身を  舟底へ身を  義哉は身の  雨戸へ身を  わしから身を  自由の身とな  その他へ身を  儀礼的な身の  ソットドブへ身を  お金で身の  キャプリスまで身を  故意に身を  稽古から身を  恥を得た身を  膜から身を  引ならず身を  浅水与四郎の身に  飛燕のごとく身を  頭をもたげて身の  蝶の身ぞ  前の身と  鷲の身の  迷ひゐる身の  狂はしの身  今は身は  涙の落つるかな身を  雨となり身を  落葉と身を  今の身  空冬雲に覆はれて身に  なに門づけの身の  雲と身を  潮と身を  誰が身に  君が身は  星の身の  世に生れいでたる身を  ふたりの身より  眼に見ては身に  雄馬の身にて  めしは身を  悲嘆に身の  妻鳥の身の  われわれの身  幸ちゃんの身に  結婚して身を  本格的修業に身を  自発性によって見出され身に  環境として身に  こころを身に  ところへ身の  とも人の身を  己が身  女の身からの  恋といふ身に  意味で身に  プロレタリア文学運動に身を  そこから身を  姙娠の身を  婦人ホームへ身を  作者の身も  彼女に身  男の身がっての  解放運動に身を  彼女の身について  彼女たちの身に  空気に身を  反骨が生れながら身について  画工の身の  中腰に身を  涼を身に  以上は身に  可能を身に  人から身を  外来威力の身に  今は身を  つて最後の身  学舎に学んだ身で  栽培にうき身を  鼠達は身を  習慣が身に  無条件に身を  某は身を  假令獄衣を身に  師に身を  さすらひの身を  積極性を身に  寂寞が身に  雪の身に  浅井の身の  増の身の  隠居の身の  先の身の  柳さんの身に  柳の身の  洋服に身を  商館に身を  増から身の  宵一晩自分の身の  僅かな身  草莽の身に  蔓草を身に  常らの身に  酒一口飲めぬ身の  主人の身の  これ見よがしに身に  花街に身を  講談界に身を  呼吸も身に  天涯孤独の身と  頸を埋め身を  人々は身を  下に立つ身を  今日こそ身の  宿命に身を  声で云って身を  社会に身を  勉強せねば身が  ぐッたりと身を  僧侶の身には  恐怖は身に  凡下に身を  なにひとつ娘たちに身の  何んな身か  お前の身  引の身  事知らぬ身  やうな身に  繋縛の身と  籠囚の身と  めて身を  われの身のうへ  木の葉を身に  戯曲だけを死に身に  そいつが身に  商売が身に  彼女たちなりの身の  兵士の身の  松次の身の  姉の身の  味は身に  一番銀子の身に  話や身の  収入も身に  新橋へ身を  逼塞する身に  芸者の身の  床に身を  さで満ち足り身を  とつて身を  色に身を  魚が身を  溝に身を  日光を身に  肉をそぎ身に  海神に身を  田原さんは身を  大橋伍長が身を  遊び給ふ身の  法華僧は身を  上京する身  それらを悦ばなくてはならぬ身  貴方の身には  その後では身も  何の身を  国を富まして身を  褂児に身を  すゞの身を  どっかへ身を  恋人の身を  二が身を  云ふ身で  英雄らしい身  不安な身の  これやと身を  姉の身がに  温情は身に  色が身に  砲兵たちは身を  美女が身に  見物の身に  勉強に身を  旅人の身  敢然として身を  学科に身を  學科に身を  足へ身を  ことは思ってみるだけでも身が  秘密を保つ身は  日で身も  脚半よと身を  愛は身に  余はたまらず身を  緑が身に  平気で身に  幸吉は身の  白衣の身を  旅烏の身には  倅の身の  他家にいる身には  いまは身を  呼吸を身に  合理精神を身に  三人の身の  震へに身を  のか身をよ  ろに身に  藝を身に  木陰に身を  商業に身を  一角より身を  客の身に  羽根を身に  商人の身に  芸当に身を  私は身を以て  生活技術とを身に  ときほど身に  ものが生れついて身に  嫁の身に  授業に身が  建設者同盟本部に身を  徴兵検査を受ける身と  彼等の身に  勸告が身に  かをりに身を  歸つた樣に身が  ここらで身を  年期をきって身を  自分の身を通して  次元に身を  あんたの身を  翼ある身に  皮を身に  皮かつらを身に  腹をかえしながら身を  島流しになってる身  遊女に身を  勅勘の身と  猫背に身を  千枝松も身を  勅勘の身を  勅勘の身とも  勅勘の身  思いも寄らぬ身の  わしの身には  鳥肌の身を  奉公の身では  顔をおしつけるばかり身を  学問が身の  ことは身の  なんの身の  息をつめて身を  当座は身も  玉藻の身から  無念の身を  息をふいて身を  きょうから身を  浄衣を身に  凡夫の身より  玉藻の身に  遠流の身と  かげに身を  山門のかげに身を  勘当の身では  千枝太郎は身を  女たちは身を  苦しみ悶えている身の  霜に身を  印半纏に身を  岩太郎の身に  夫人の身の  スルリと身を  戀魚の身こそ  お婆さんの身のうへには  敏捷に身をかは  はり自分の身の  激流に身を  ために身  二匹は身  人妻は身に  石灯篭のかげに身を  お互いに身に  我々は身に  くせが身に  そこで身も  世故に長けた身の  うつろの身  夕べかな人の身は  氷柱いだけば身の  軒下に佇む身  かしと身に  燕尾服が身に  巾幗の身をも  婦人の身  籠めの身と  徐ろに身の  耶蘇教に身を  所に捧げたる身の  婦女の身の  果は身の  妙齢の身に  ためと思い誤ったが身の  妾は身の  尋常ならぬ身と  壮健の身を  娑婆も身に  軒下の身を  会社に雇われている身では  職務で身に  耳とで身に  美女は身を  公園へ身を  内儀さんの身にも  間についている身の  それに懲りて身に  物馴れた身の  おれの身に  はしくれにすぎぬ身の  敏捷な身の  ほとりに起き臥しする身に  木の葉に身を  命を助かりて帰りし身の  幻にもあらず身は  泰造の身の  習慣で身に  生活から身を  保の身に  枝かげに身を  伸子の身の  自己暴露には身を  この世に生れて身に  生徒の身に  一品をもって身を  陽炎を身の  店を持つと成ると身に  剣では身が  手助けと身の  衣裳に浮き身を  これで身が  天水桶に身を  妻のある身  下女奉公とまで身を  人に使われる身より  人を使う身の  人を使う身に  植え込みへ身を  事実とわかって身を  短刀を抜き身の  身辺から身を  お金だけ取って身を  高は身を  駒ちゃんの身に  上水へ身を  類をもって身を  巷談屋の身は  悪寒に身を  向うに身を  二人が身を  上下動に身を  壁へ沿って身を  それから脱するには身を  鍬などをふりかぶって身が  自分たちの身が  情けが身に  いくら養子の身  破裂せんばかりに身に  自由さえも身に  君の身を  本能に身を  家事どころか身の  不便そうに身を  ただでさえ身を  落下傘を身に  縁もあらば片づきて身を  気随気儘の身を  放蕩の身の  事件に殉じて身を  二葉亭の身に  病上りの身の  ラヴィニアは身を  熟語読本に身を  声色や身  他に身よりという  女史は身を  所に身を  苦しみは身に  辰の身  節廻しの身に  本気で身を  重役などに身を  帳場から身を  年を重ねてしまった身に  わびぬれば身を  嘆き沈んで身も  彼女自身の身にも  ほど優雅な身の  船室へ身を  幸福に身を  勇敢に身を  楽に身をかは  活き活きと身に  あとは身  哀しみに身を  自由独立の身と  した道を行く身に  涙が身の  臆病さが身を  一時ぎんも身の  三人ながら身を  恍惚から来た身の  云ふことなしに身の  人物の身の  地方的雰囲気を身に  画家の身にな  団体が身に  殆んど生れながらに身に  教養やが身について  私みたいに身より  ハンドバッグ一つと言う身  端に身を  心に感じ身に  限りある身の  これ以上ここに書くだけでさえ身を  進行に身を  焔に身を  ことを思うと身も  影は身  理を身に  細君は身を  与助を負って身を  梁福の身に  川へ身でも  深田君は身を  春と共に衰えゆく身の  張つた蒼竜が身を  上下を身に  つれ添う身に  自分の身までが  においも身に  絶対忍耐性とを身に  すべて僕の身に  赤毛布で身を  安さんの身に  兄さんの身に  ヨハンネスにさえなれぬ身  教訓は身に  道徳家の如く身を  一たび男子に身を  名句痛切に身に  垂跡に面して身が  常識として身に  二字が身の  問題を身に  皆三の身の  晴衣を身に  気の抜けた身の  工合に身に  修行の身が  仰向けざまに身を  美女が泣いて身を  滝に身を  石を放れて身を  白痴に身を  よろいかぶとを身に  顔を赤めて身を  換え靴をはいて身を  しきたりについて身と  世の中に身の  服薬して身を  彼の身について  ッとするほど身に  ものだけを身に  仲間へ身を  袈裟衣を身に  家にいると身を  金科玉条にと身を  このごろは身の  この間まで身の  ひた隠しに身を  かげへ身を  ひとつひとつそれを身に  寒気を身に  おのづと聞いて身の  常磐津は身が  其調子に身の  意気と身と  甲板から身を  方面へ身を  素樸さに身を  先頭に身を  常ならぬ身に  命る身に  常ならぬ身  黄金丸は身を  由緒ある身  合ふ身  聴水は身を  以前の身に  密のながれに身を  疼痛は身をよ  苦渋を身に  智恵子は身の  仏を信じて身を  あなたの身  訴を身を以て  汁液とに身も  餘寒が身に  表面的に身に  藤兵衛は身を  筑波おろしが身に  こちらも身を  風の身  ソファから身を  土竜は身を  題の身に  ところに身をかは  沁沁と身に  危険を身に  佐々は身を  怪光線を身に  予定の身を以て  静かな身の  所へ身の  寂寞に身を  久美さんの身に  本人の身と  千々岩は身を  際会して身を  慶の身に  独子の身は  不束の身は  陶然として身を  いくは身を  旦那様の身に  病院に身を  薄命に泣くべき身と  死の恐るべきを知らざる身には  彼女が身は  心に任せぬ身  さの切らるるばかり身に  こともならぬ身と  不運なるべき身  内々で身の  平服に身を  今の身は  空蝉の身には  ままに身は  保持する身を  不自由な身の  苅萱に身に  防圧服に身を  漁村に身を  三味線の身に  泥棒に身を  乗合会社に身を  老い行く身を  将来の身を  勉強もせねばならぬ身  大将は身を  明日自由の身と  巧みに身を  感覚に身を  袖のかげに身を  癖が身について  湖に身を  洞庭に身を  この世では身を  武家に身を  直垂を身に  入り口から身を  草むらをかき分けて身を  大木のかげに身を  それで身を  小坂部は身を  われわれは身も  幾たびか身を  小坂部はかなわぬ身を  一人も身を  女子の身として  秀吉の身には  劇界に身を  鉱泉に身を  草土手に身を  風は身に  遽然私の身に  毛布を身に  馬の身は  外套を身に  牛は身を  ショウルだので身を  各自の身に  伝道に身を  多く国に居て身を  豆腐屋にまで身を  炬燵に身を  田舎教師の身には  少年の身では  為吉は身を  瞬間には身を  信は身を  裏口に身を  間其処に身を  隠れ場所に身を  庄吉は身を  丁稚から身を  貧困から身を  成立に身を  野々宮の身に  左門は身を  美女が身を  木石ならぬ身の  絵に身を  ために立ち竦んで身  美点を身に  孤独が身に  食はされた身の  中で身に  黒帽子を被りたる身の  字なりに身を  恋にうき身  キモノに身を  商業で身を  臥床から身を  性質を身に  自由な身を  其他豐田さんの身の  座敷に身を  乳母の身により  黒帽子をかぶりたる身の  売笑婦に身を  事毎に身の  通りの身  男子は身を  読書生活に身を  洋服を身に  二重廻しを身に  ところへやってきて身の  さんの身に  客が身を  いつか私の身に  形象的に身に  本当と身に  感覚とに身を  清方だって身に  私の身にとりまして  親切を身に  犬に身を  及画面に身を  家とは身でも  重みが身に  源治は身が  ものに逐われて身を  ゴルドンは身が  上にたたきのめしてやろうと身が  草は身を  銃口をむけて身が  サービスは身を  武器をとって身が  武器をとりだして身が  ドノバンはこうぜんと身を  風が身を  一語一句に身を  声とともに身を  ぼくの身に  愛撫に身を  つりかごをけって身を  防戦の身が  富士男は身を  石窟に身を  刺戟ばかりに身を  堤に身を  一緒に育てられた身  自分の身  幾倍か身に  嫁になって身の  雛妓の身の  事件に身を  賭博に身も  持ち物全部を身に  くにあんたはよっぱらって身  中風の身を  夜鷹に身を  顛動的上下動に身を  大金を身に  文学的潮流に身を  文学運動に身を  ものとして身に  自身たちの身に  通俗小説に身を  戦場からの身を  信長の身に  親達の身にと  信仰は失せず身を  献げられた身を  門口に身を  願いを身を  暖かみを身に  病状は身に  あとをついて来て身を  予期して身を  冬子さんの身の  まま便所へ身を  身分から身を  親爺の身に  小径に身を  復讐をしなくてはならない身に  少年が身を  噴火口に身を  一度は身も  伸びやかに身を  自分自身が身を  平一郎は身を  空気とに身の  高が身の  己と身の  耶蘇殿は定めて身に  熱も身を  波も身を  身も授ける身も  広東に身を  米良に身を  後の身を  末に身を  善平は身を  人慣れたる身は  光代は差し当りての身の  談話に身を  曲折に身を  多忙な身で  不幸な身  二輪馬車に身を  科学に身を  まま寝床に身を  ジュスチーヌは身の  ジュスチーヌの身の  野蛮さから身を  術を身に  下生えに身を  雪が身の  糸杉のかげに身を  野原に身を  上に身か  地につくほど身を  馬車に身を  荒野に身を  洞穴に身を  激情に身を  怪物は身を  僕は身の  何時間も身  あいに身か  考えに身を  金を身に  悪魔は身を  毛皮で身を  仙介に身を  京一郎は身を  手頼りない身  舟のりをする身の  貝十郎は身を  隠れ場所から身を  父の身の  この世で身  跳梁に身を  蔦にかくれて身を  句を聴きながら身を  そこに立ち止り身を  われな身  ネルロが身に  親の身にも  囚はれの身と  女盛りの身を  囹圄の身と  父がうつ伏せに身を  此黨は身に  親切も身に  勘当の身にも  わての身に  咄嗟に身をかは  他に身の  文字通り孤独の身で  しんみりと身も  背をかがめ身を  胆にこたえ身に  三吉は身を  乙姫は身に  悩みのある身  舞台へ立つ身の  防寒服を身に  螢が身を  一人ぼっちの身に  一座を身  会釈すると身を  あさ子の身に  惱みのある身  勉強して身を  小柄な身に  今度は身の  痙攣的に身を  むかしを訪う身には  藻代さんの身に  車上に身を  調べの身に  妻ある身に  動悸に身も  ものを身の  為には身を  倉子が身に  息子の身の  おなじ流に身を  浅学の身に  春部は身を  青年が身も  死に身を  人に優れて身の  これ一途に身を  態度に身を  道で身を  必要な身の  感じがして身の  高慢な身  成程と身に  心理的な身  習慣として身に  世俗的には身を  気持の縺れ合いに身を  それを身から  紛糾に身を  夕方まで身の  力を入れて身の  しんから身に  それには身を  勉強が身に  作家として身に  原色を身に  ゴルフ洋袴に身を  洋裝の身に  中段で身を  自分の身にだけ  すもものしたに身を  故郷を出て働いている身  新品を身に  人ずれとに身を  自分は身の  濃厚に身に  信仰の身を  ゴルフ服に身を  すべてを身に  地上へ身を  バアバリイに身を  カシモドが身を  旧悪ある身の  何んと身を  五味左門が身を  側面へ身を  守勢の身  手に抜き身を  刃物を入れて身を  清子の身の  闘牛士が身を  静寂が身に  丈夫な身  孤児である身を  落着く身と  わしは身に  その後将軍家が身を  一人たりとも身を  わしの身にも  間を身に  わしは身の  仮装一式を身に  皇に身を  兵士に喜び勇んで身を  家をば身を  崇拝に身を  鋸に身を  被告の身にと  音波に身を  芸が身に  煙霞に身も  抒情歌にうき身を  片恋の身に  隅っこに身を  あれでなけりゃ身が  浮浪の身に  足をおろし身を  眉間尺は身を  俄かに身を  青天白日の身と  女ひとりの身を  現実社会での身の  理解して身を  劇しく身を  鎧を身に  政治的鬪爭に身を  幸いに身を  女たちはおどろいて身を  いずれも身の  奈良さまをあてたいと身を  厳粛な身  壁へでも身を  なかからは身の  むかし仕官の身で  ものとして身につけ  珠は身を  物を着ている身  あいだに身を  毎に身に  練絹を身に  弟なにがしは身も  所へでも身を  道士の身の  大望に身を  金縛りを身に  女の身をば  経験を持つ身で  講師も身を  武蔵は身を  自動車から身を  賊は身の  まんなかに身を  わたくしの身を  後年囹圄の身と  安全地帯に身を  なかで身に  平生わたくしの身に  官職からも身を  女は身も  宮仕えだけで身を  神に身を  悪魔にも身を  さだけは身に  謫戍の身と  手紙には身に  國文に身を  立派に身に  国文に身を  鬼気が身に  世界へ身を  卓にある身も  落着きを身に  常々兵隊の身を  想像させる身の  マントを身に  舞病を得たる身に  汀に身をは  ロンネの身を  控へた身を以て  鏡にうつして身を  実践によって身に  前衛として身に  海岸で身を  若者の身の  それが身の  霜風が身を  われから迷う身の  姫は身も  女王はよろめき倒れた身を  ワナワナと戦きながら身の  ふぐの身の  やうな身の  信二の身に  禍の身に  岩角に身を  岩蔭をと身を  心持が身に  重きに病む身かな  安静に身を  どこにあるかを知り得ぬほどに落ちついた身を  縊ったり身を  はじめから身に  僧形に身を  数ならぬ身の  坊主の身にもという  揺曳に身を  故にもの思ふ身は  風流に身を  勘定方として身を  鮭の身に  老いの身に  人目を忍ぶ身に  脱兎のごとく身を  強盗にさえ身を  男装束に身を  平六が身を  酒で身を  父は身を  博奕で身を  それにしては身に  逆流として身に  表現を身に  一髪動かざるべき身の  五助は身を  遊女の身に  気勢を身に  若の身に  若の身を  たばこ一個で身を  村長とよばれると身の  羽生が身を  自然と身を  芝居の身  さのほめきに身を  喜びに身も  流浪の身と  喪服を身に  孃の身の  いまも身に  願か身に  棚に身を  淫らがましき身  ここちに身も  なほ水のながれに身を  社会性を身に  坂田の身を  かすかな身  亡き人の身に  ところへでも嫁いでゆける身  社会的境遇に身を  識らず身に  センスを身に  幻影的習性に身を  夢をむすぶ身と  ぐッと身を  直接に身に  自分の身よりも  波打際に身を  由平は身を  中に身も  さんとして身を  熱はてし身を  咳し身を  うさうと身もかは  みんな母が身に  方にばかり身を  実地には身に  登山姿に身を  死刑囚火辻軍平の身の  希望を持てる身に  身ぶるいしながらたがいに身を  肩掛けを身に  Nymphに身を  京子の身に  色を身に  自由な身でも  何しに身に  扇子ひとつを身に  各々の身の  ことだと身を  五十を越えて身を  仕事も身も  馬前に身を  職域に身を  武藏の身を  遙かに身  裡へ身を  點で身の  ずして身に  楽屋裏に身を  震動に身を  我ながら驚くばかり痩せし身も  すのみの身と  垂死老病の身と  さまざまのあやまち犯す身を  老いらくの身の  半ばいねつつすぐる身は  叶ふ身と  シャツもぬぎ痩せし身の  ば垂死の身も  心にも任せぬ身を  土崩瓦解して身は  露の身を  皮九貫にも足らぬ身と  這ひありく身と  老いの身は  果てし老いらくの身も  体で身を  家来に身を  松葉杖をつく身にな  太陽を身に  淪落の身を以ての  発展を身を以て  宿命に身を以て  #ことも身を以て  思考に身を  惰性的風景観に身を  宿命には身を以て  儀礼を身に  あざやかに身を  下だけが身を  農夫たちを避けて身を  つけを身に  鞭を身の  子供たちの身に  干渉にも身を  ときから身に  役人に身を  役人を愛して身を  ものも身を  酒場に身を  かたを身に  天使が身を  衣裳こそ身に  正夫は身を  陶人は身も  未亡人たちの身に  寄席藝人の身を  冒險に身を  誰もが身に  人生に身を  三年ごし身に  浪々の身を  強盜青年と身を  ぼくの身の  夫婦の身にな  人の身について  喜十の身に  両方へ身を  半ば床から身を  酒は身を  春先きの風の身に  さへも身の  凡夫の身  一言には身に  乙女子の身を  この世に繋ぐ身の  魂の身の  技術として身に  必然が身に  消しに身を  血肉性も身について  実地教訓を身を  未熟さを身に  暮しぶりも身に  河魚は身が  いろいろの身  佐倉藩に身を  私たちが身に  消極とを身に  第三者の身に  浜が身を  默って身を  石塔のかげに身を  日じゅう何処かに身を  二人は身も  ひろ子も身が  ぼくの身  自分に愛されようと身も  うえに身が  三界に身の  珍らしく身より  迷惑が身に  合つて迷惑が身に  強盗に身を  手によって身を  染衣薙髪の身  死の身を  了海は身を  ども用を足している身は  雰囲気に身を  樹影に身を  骨牌に身を  棒を取上げて身  穴から身を  放浪の身を  一通りは身に  閑居の身  一そうおしもを身  旦那の身を  ゆびわもはだ身から  長谷川は身を  肉体で身を  次郎の身に  蒲団から身を  二三歩うしろに身を  気随気儘に身を  神ならぬ身に  嫁の身として  嫁の身を以て  衣服飲食抔も身の  衣服飲食なども身の  主婦の身にて  婦人たる者は身の  婦人の身にも  今村さんに身を  菊江の身を  駕籠屋は死に身  そこもとの身には  女に思われる身は  流れに浴する身では  向こうへまわす身にとっては  修行をかねて身を  一同心の身を  侍が身を  妹が身を  間を身を  働きに身を  時計を身に  風に身に  主観的といえば身に  晩は身に  ありったけの身の  二人とも身を  ひとの身について  らで身を  母親は身も  釜ヶ淵へ身を  惣八郎の身に  蝶の身に  つて扉をおさへて身を  ホテルに身を  いびきとに身を  臨月の身  救助者に身を  横向きに身を  父のまえに身を  湯巻だけを身に  習慣とを身に  喧嘩には身が  彼女は身をも  しった兄哥の身の  気をかえて身を  がましく身を  女房は身を  見事に身を  因果な身をも  多摩川に身を  美少年は身を  医道に長けし身  辺りに身を  狂気の如く身を  親戚の身に  俥に身を  三浦の身にとって  家にかへりゆく身を  世の中に身を  多忙な身では  興味から身を  いとど病氣の身を  舞臺に身を  つた嘆きを身の  事にも身の  親と呼ばれる身に  恥辱に堪へられず身を  仕送りをしなければならぬ身  一年ばかり通う身  台に身を  君江が身も  路地のかげに身を  老人に身を  湯にさえ入らぬ身の  清岡の身に  収入がある身と  始め衣類や身の  大柄な身は  鶴子の身に  闇路を踏み迷う身と  迷ふ身と  高座に上って身  オカミサンの身に  浮袋を身に  浮袋に身を  銃口に身を  物かげに身を  博士の身を  感激に身を  生徒の身で  隨つて非常に身を  此頃では身の  溜息をして身を  外国語の身に  舟を持つ身に  誘惑に逢って身を  一人も身より  親不孝が身に  商売にばかり身を  手甲脚絆に身を  看護員は身を  現在おのが身の  総の身を  粛然と身を  自宅着でも身に  ちよいと身を  長上衣を身に  貰つた衣裳を身に  一人娘の身に  者が身を  ダニーロは身をかは  舅が身を  囚人の身には  犇と身を  馬具武具に身を  揺籃に身を  町人の身を  爺さん話に身が  現実となって身に  かぎり流れに身を  悪徳に身を  諸君が身を  権力に対しては身を  手から身を  悪魔に身を  ルバーシュカを身に  良人の身を  あたし自分の身に  脇へ身をかは  群れから身を  姑の身に  姑さんの身に  祖父はしつかり身を  自分の身と  暴力で身を  ちょくせつに身に  理解できないと突き放されては身も  難局に身を  夫人は身  婆さんは身を  肌身についての身に  生きものが身を  徹夜廃業が身に  亭主の身に  故に身を  ひとの身に  着物だって身の  足をのばしたり身を  四時頃に起きて身  丈夫な身に  力で身の  一切己が身に  肌着を身に  顰蹙して身を  仮寓に身を  ズボンだけしか身に  闘志に身を  消極的な身の  一體に身に  一しほ沈んで身に  与五郎芸人の身の  雨外套に身を  窮迫の身と  夢の如く身を  武士の身に  気に身を  度さに身を  器具一式とを取出して身に  六十六部に身を  お尋ね者となりし身の  日より身に  計り知られぬ身の  不思議なる身の  ちえ子さんは身を  病気の身  のぼりの身は  舞で鍛えた身は  朝夕は身に  夜露も身に  感激に身が  以上に身に  女房子供もある身の  奴隷根性が身に  労苦を身の  どなたに身を  どれだけ身に  何時でも身を  父母たる者の身を  生涯娘なれば身は  万歳の身に  両者の身の  四十にも足らぬ身を以て  男子の身を  らざれば身を  純粋に身を  ヤン君の身にも  陥没地へ身を  彼自身にとっても身を  音づれを待ちわぶる身と  母の身をのみ  ロイスの身に  お願いの出来る身では  つて利を収め身を  スイと身を  中に身は  学問だけを身に  俄かに身に  汚辱に身を  姉上の身の  粛然として身を  覚悟したれば身を  言棄てに身を  親は身を  折から身を  親は身に  大事に身を  点を打たれる身に  釜に入りたる身の  不随の身を  六の身の  横顔見せて身を  仕事に身の  一同から身を  怨みはおぬしの身に  中にとらわれの身と  一思いに身を  秘密を持つ身の  破門の身を  異教徒に身を  達の身が  きみの身に  底の身も  袖に身を  盗賊の身  香具師姿に身を  袖と身を  花霞花にも勝る身の  光すゞしき夕月か身を  塵の身は  塵の身を  オメガを身に  無言の身は  時をも忘れ身も  史をまとめ身は  心を焦がし身を  才に富める身も  嘯ぶく身は  扶け身を  君恩酬ふ身の  盡し身を  雲飄揚の身は  不自由で身の  流れを身の  ために身に  一つの身の  わたしが身を  生れ合わしたる身の  愛着が身に  現実に身の  地盤にさわる迄身を  薄弱な身が  玄竜はぶるっと身を  袈裟を身に  ためを思っているかを身を  木槍の身の  舟は身を  柔順しく身の  確に身に  木枯しの身は  男女の身に  巨体を身を  一の身の  中に身の  上皇は身  黄は身を  籠に身を  瞳は身を  ふくらなる身を  道化た身  美くしい身  槍を持つ身の  戯け澄ました身の  三味にきき惚れて身を  背広を身に  蛇がからめば身は  朝のつかれの身を  だてに身を  刑罰を定め身を  幾度も身を  戰ひて身をを  我等汝に身を  後方に身を  魂己を身より  竭せる身を  六あはれ彼等の身に  二一裸なる身に  んには身を  汝の身を  一〇五我は身に  海狸戰ひを求めて身を  恐れといへども身は  掌にて身を  一二九おのが身を  我は身に  四八父無頼にして身と  すなはち身を  こと己が身よりも  ところに仰きて身を  汝等の身に  もとの身と  恥に身を  四二我は見んとて身を  汝等二の身にて  下にとめ身を  自白して身を  斷たれし身を  ため糧食を身の  惡臭は腐りたる身より  六九我等は病みて身を  我に身を  囚虜の身の  ざるばかりに身に  ため燒かれし身を  其後一度も身を  ゆゑに身を  檣の如く身を  一の身より  彼等俄かに身を  前者は身を  尾にて身を  ダンテの身に  翼を身につけ  兩詩人とかたりて身の  打撃は身に  結縁の身と  口を開き身の  アンタイオスの身に  アンタイオスの身を  ひとりの身に  ところなれば身を  許可を得て買った身の  金で買い集めた身の  好きに身を  震災後如何に身を  武帝の身の  ぼくなんかは身に  実も身に  露次に身を  外套を着て身  涙を拭いて身を  白鉢卷に身を  芸は身を  身は身でと  粋が身を  児の身に  赤児の身に  課題に対し身を  右翼日和見主義者にとって身を  同志小林が身を  心持脇息に身を  若衆方の身は  生活力も身に  野菜の身に  ハタキ出された身の  二つの身が  本を読もうとする身が  かくも身も  密夫の身の  ことの出来ない身に  唐突に身を  一部だと思って身を  花子は身に  火鉢と共に身を  生活を営みゐる身  嫁入るべき身とこそ  花子の身を  娘は入り身に  潜り戸へ身を  欄干へ身を  妾が身を  悟空の身が  われも身と  風景に身を  自然に身を  外洋から吹き寄せる身を  哀愁が身  変に身の  肩にもたれかかるほど身を  そこで死に身に  羽根に身を  あそこが身を  ことでもして身を  物言はず立ちあがりて身を  三我は身を  影を映せる身の  互ひに身を  上を踏むまでしひて身を  ため生れながらの身と  疲れより身を  冷えわたる身を  何處にあるやをしらずして身を  かなたこなたに身を  下にて身を  左にも身は  ときより身の  三六汝ラヴィーナを失はじとて身を  こにあるやを知らんとて身を  六六我は身の  子の身  生に身を  これに思ひを積み入れ身を  願ひを起して身を  我等いつまでも身を  くして身を  七二かれ身を  代理者の身にて  我等の身の  戰士等が身を  はりに身を  自由の身として  不死の身と  從ひて身を  中心として身の  日右にありたれば身を  卑賤より身を  時ボニファキウスの身にて  五七熟める身を  花圈を造りて身を  印象をうけて身を  動作や身  ふしだらに身を  男は身が  いすに身を  実験に身を  いまとなっては身を  ぼくは身を  くつ下をとりだして身に  透明人間は身が  理想のみの身という  簑笠で身を  家あるじの身の  扁舟に死ぬまでの身を  舞媛の身を  可なり身  由爺が身を  狼は身を  獣の身を  運転手たちは身を  グズ弁は身から  其他凡そ人の身を  何処へ行って身を  音楽が身に  呪咀を身に  土豪等も身を  其中に身を  おかみさんの身にな  哲學的練習に身を  觀想に身を  啓示に身を  弱冠の身を  我々の身において  金玉の身を  金玉の身に  すつかり身に  矢庭に身を  鵬に身を  彼らの身は  美服を身に  献身的に身を  節穴から身を  右手で身を  読書ほど身に  空が身に  何となる身の  音にこそ立てね身を  日毎に身の  考へゐたれど身を  クワツと怒りて身を  庄太郎に身を  彼女が身の  亡命して身を  翌日行水して身を  浮き沈みして身を  十分に身に  われらの身は  集ひて身を  われ先見をもて身を  しき聲を聞きて身を  フランチェスコは身を  九六獸包まれて身を  人甘んじて身を  シャルル二世自由の身と  衣を着て身の  痕を身に  キリストを身に  補ふにあらざれば身の  何なるやを知らんとて身を  雪にささって身は  近代的教養を身に  狡猾に身  田宮が身を  海岸から身を  労働とに身を  自分自身が身に  自分に役に立たぬ身に  毒蛇に身を  失業についての身の  考え事に耽つてゐる身にと  片を身に  ことが出来る身に  小坊主連はちよこまかとこましやくれた身の  これまで身に  艱難に身を  事業に身を  勤めに出る身には  其と共に現し身にと  此幽り身の  悪霊の身に  今見てぞ身を  近く出征する身で  前に立って身を  梵天の身を  真逆様に身を  一笠一杖に身を  登山服に身を  一そ川へでも身を  花形一つの身に  連添へる身の  西蔵語を身に  岩陰に身を  声で鳴きながら身を  私には身の  不孝の身  悚然と身を  つても身を  作に身を  巨大さに打たれ身を  ことを身について  膝を抱えて身を  舟縁から身を  自慢にした身の  仕事をしょうと身の  汗を出して身の  此方の身を  十兵衛に連れ添える身の  しわが身の  烏と身を  思案に身を  名を揚げ身を  名の揚り身の  何も知らぬ身に  我清吉を突き放さば身は  一同励み勤め昨日に変る身の  外見よりは身が  十兵衛聞くより身を  我々の身の  ままに身に  今ことに身に  悟空は身を  茶店を守る身とまで  彼が好んで身を  日常自分の身に  さより身に  田圃側に身を  牧場に身を  真似にも身に  自分一つの身を  汽車へ乗れぬ身と  呉氏の身に  数々敵を持つ身  久離きられた身と  グニャグニャと身を  謫居の身と  換へて身に  二人暮の身  現在他家に嫁いでゐる身では  ことが身の  時位自分の身の  云はば身の  幾の身について  米国砲艦イロユイスに身を  生活力を身に  群臣の身を  女でもあったら身  決意して身を  紋服で身を  世を忍ぶ身とは  先刻より身を  荒磯に身を  蛇の如く身を  国元へ帰って身を  浅田の身の  ざんぶと濁流に身を  川浪に身を  白小袖に身を  出でじと思ふ身を  氏子の身の  陽子は身に  天涯孤独となった身は  ぎくっと身を  銃声に身を  わしが身に  上海に行って身を  人情を身に  慈悲は身に  父母の遺身でも  浮世の身の  空言を申さねばならぬ身の  庄八郎が身を  お前に見られると身が  上へ上げると身を  水夫は身を  小具足に身を  誘惑され身の  自分から進んで身を  難行苦行に身を  脛当で身を  勃然怒りの身  癖が身に  勤めする身の  男の身を  六三郎の身の  兄弟三人皆軍籍に身を  智惠子の身にも  智惠子は身の  力を入れて身を  嫁の身の  作者が身  ペルル・ドー・ドゥスでなければ身に  陶酔状態を感ぜしめて身を  あれこれと身を  松葉杖を突く身  ドレスさへ身に  契約して身を  竹の身に  縱ひ身を  ごとに身に  厳格な突きつめた身の  要求に身を  學者の身に  資産の身と  もので身を  智恵子の身にも  無聊に堪えざる身を  染は身を  頼りない身を  勤めの身は  金を持った身でも  さを身を以て  流行に身を  毛塵の身を  角も身に  光栄を身に  未熟な身で  妾の身も  少女の身を  濠端に身を  職をもつ身では  巧に身を  一本道を辿り続けて居る身で  川かへ身を  記憶で身に  追放同様の身に  訓練が身について  疾風に身を  而して身も  一日の身  習を身に  荒郷に身を  對して身の  新地に身を  毘盧の身  膚に薫し身に  世の呼んで身と  假に名づけて身といふ  外にして身  人死して身  時には身も  氣或は身を  所謂物質を身と  吾人の身の  変化を身に  希望に身を  霊は身に  可能とを身を  為事に身を  他家へ身を  自分の病める身を  防空服に身を  重傷の身を  なつた身  今まで身に  家忘れ身も  鍬とる身も  ことなれば身も  ゆがみたるに身を  藁蒲團に身を  袂かぜにふくらみてけふは身の  窮屈に身を  ベッドに身を  自由の身の  明らかに身を  疲労に身を  顔が身を  頭越しに身を  裁判所に身を  礼拝席ベンチに身を  完全に身の  彼らが身を  たよりない身には  荒海に身を  憂鬱が身に  媒介物によって身を  勘定に身が  月給が身に  好きだから身を  夫婦にならなければ身の  残酷さが身に  それぞれ旅人の身  唄が身に  十円は身を  黒装束で身を  取り返しの付かない身とも  武道で鍛えた身の  道服を身に  窓まで身を  唱へても身  拙者の身の  危険の身に  恋わたる身は  市長は身を  検事局に身を  刺戟とに身を  人に依って身を  行者の身に  猟師の身に  現実が身に  髪を剃って身に  自己の身において  仏になるべかりける身が  自己の身に  自己自身の身に  づわが身の  玉女の身と  縁談があって身を  あなたは身を  誓の身の  誓の身に  わたくしの身にとって  わたくしの身には  自殺者其人の身にな  堤から身を  酔も身に  小夜床に寝る身や  風を引きかけてゐる身の  バッタリ床上に身を  爪先まで身を  婦人は身を  想い出に身を  女性の身を  心境に身を  戦いを身に  秀衡へ身を  贅も身に  東洋的な身の  固着して身  ぼくらも身に  山院へ身を  清盛に身を  直下には身を  神崎川に身を  現世感から身を  厳島研究に身を  楽器を身の  一室に身を  垢はそそぐとも身の  はるかに身  点で身の  後年彼が身を  一藩士が身を  羽がいの身  商工業者にかくれて身を  社会へ身を  ひととおりは身に  自棄に身を  火桶を身に  それに身の  浪浪の身と  夜川へ身を  天分的に身に  必らずしも身を  バルドルの身を  蟄居の身と  壮年の身に  若者が身を  何か身が  貝割りのそぎ身と  祭礼に身を  自然を身に  松二郎は身に  ときさんの身に  ねつとりと身に  親切よりも身に  私も身  樣子を身に  自分でも身を  ゾツと身  歓楽に身を  性慾に身を  内面に身を  中にも身を  何物かに身を  女の身よりも  末若隠居の身と  用件を身に  これまで歩きぬいた身の  関連した身の  世帯に追われている身は  自分の身こそ  趣ありて身も  乳母に抱かれて身を  山賤の身が  白衣に身を  郷士たちが身を  イカバッドは身を  仲間から身を  白衣を着る身と  飾りで身を  カアルは身を  児に身の  カアルは身  デオンは身を  罪人の身の  お年は身に  桜とが身を  少女は身を  実家へ身を  浪人の身で  岸から身を  右衛門も身が  それを思えば身の  喜兵衛は身を  看護婦は身を  物影に身を  #ように身を  余が身に  これによりて身に  労働の身  左翼運動に身を  芸術に身も  自由に身に  

~ 身[名詞]2
その身  多少身  この身  なき身  わびしく身  寒い身  早く身  何と身  ゾッと身  其の身  一旦身  唯身  するどく身  大きく身  忽ち身  すぐ身  よく身  烈しい身  すずしく身  薄く身  いきなり身  再び身  ぐったり身  がたく身  なく身  もはや身  ぎくりと身  すばやい身  ぱっと身  ぴったり身  しっくり身  すばやく身  ただただ身  若い身  いくらか身  ふと身  たちまち身  ない身  突然身  そっと身  とうてい身  時々身  遍身  ものものしく身  かえって身  あまり身  よく身  かならずしも身  無き身  ほんの身  はっと身  同時に身  軽く身  亡き身  少し身  何とか身  重き身  つと身  無い身  いよいよ身  何もかも身  忙しい身  やはり身  すっかり身  しとしとと身  今さら身  本当に身  ある程度身  小さき身  やおら身  悉く身  るる身  要は身  がたがた身  とうとう身  決して身  うかうか身  思わず身  一層身  ちょっと身  かたく身  いかに身  激しい身  常に身  ついと身  おとなしく身  猛然と身  別に身  おそろしく身  深く身  既に身  一々身  たかく身  いくぶん身  どうにか身  必ずしも身  屡々身  素早く身  はかない身  却って身  一心に身  もう身  がばと身  何となく身  強く身  しみじみ身  高い身  いつも身  まだ身  永く身  やっと身  遂に身  古い身  清き身  たまたま身  いささか身  ついに身  拙い身  美しく身  一度身  果敢ない身  多い身  軽い身  さして身  よき身  なんとか身  共に身  互に身  あんまり身  ひたすら身  どうしても身  げに身  わざと身  浅い身  ひらり身  堅く身  情ない身  何時も身  ぞっと身  ようやく身  いそがしい身  かつて身  弱い身  こから身  実に身  容易く身  しばらく身  なおも身  ぼってり身  ちょっとした身  はからずも身  突如身  もう一度身  じっと身  大いに身  まして身  てんで身  最も身  さっと身  覚えず身  まさしく身  どうか身  少い身  はっきり身  またぞろ身  ある身  細い身  しょせん身  なぜ身  てっきり身  かりに身  まず身  又身  うっかり身  なにか身  貧しい身  ふたたび身  すでに身  荒く身  とにかく身  甘い身  一向身  どう身  真に身  潔く身  うら若き身  いい身  いち早く身  あの身  正に身  黒い身  うき身  ちゃんと身  柔かく身  全く身  すばらしい身  吾が身  まったく身  はげしく身  酷く身  太く身  どんと身  近頃身  大きに身  幼い身  もじもじ身  始終身  次第に身  うまく身  なんとなく身  すこし身  つくづく身  むっくり身  漸く身  はじめて身  絶えず身  如何なる身  冷たく身  かるい身  所詮身  浅ましい身  いつしか身  およそ身  何卒身  あわや身  つつましく身  美しい身  できるだけ身  だいぶ身  つんと身  初めて身  余り身  そうした身  じんと身  いっそ身  たのしく身  しろじろと身  終に身  人一倍身  そのまま身  細かい身  ピッタリ身  あっと身  だんだん身  なんにも身  まさかに身  慌しく身  じかに身  あんなに身  浅ましき身  かよわき身  忙しき身  しっかり身  小さく身  やや身  固く身  わびし身  うすき身  熱き身  しきりに身  つい身  近い身  少しく身  現に身  ふかぶかと身  新しい身  小さな身  つまらなく身  時には身  ブルブル身  同じ身  むくむく身  もっと身  こく身  ともかく身  りりしく身  益々身  サッと身  すこしも身  いちはやく身  ほんとに身  そういう身  ヒシヒシ身  果して身  これから身  卑しき身  難き身  こんな身  貧しき身  いかめしく身  なつかしき身  間もなく身  くれぐれも身  先ず身  なかなか身  みすぼらしい身  むっくと身  若き身  やがて身  それとなく身  とたんに身  寧ろ身  こうした身  白き身  薄寒く身  危うく身  必ず身  段々身  こんなに身  激しく身  末始終身  一杯身  誠に身  うっすら身  またもや身  何かと身  あたらしく身  かよわい身  どっかと身  何だか身  どっと身  少々身  たやすく身  若く身  拙き身  早い身  そんな身  うかと身  ひやりと身  にわかに身  果ては身  ひしと身  そろそろ身  哀しい身  きりっと身  そんなふうに身  ときには身  良く身  こう身  直ちに身  ビリビリ身  あわただしい身  特に身  いかにも身  よい身  どうにも身  たぶん身  聊か身  むしろ身  鋭い身  淋しい身  危なく身  拙く身  猶も身  何しろ身  うら若い身  恐る恐る身  さも身  床しく身  とつぜん身  手早く身  世にも身  ひとしき身  互いに身  きっと身  一しお身  辛かれ身  ちと身  苦しい身  何故身  熱く身  只身  ハラハラ身  かならず身  あくまでも身  おもむろに身  つつしんで身  あやうく身  辛うじて身  しばし身  これぞ身  恐ろしい身  ほとほと身  どうやら身  どんなに身  我が身  さる身  堪え難き身  慌ただしく身  たえず身  卑しい身  時時身  いつの間にか身  あたらしい身  あわただしく身  幼き身  なれなれしく身  もう少し身  暗い身  大して身  色々身  こういう身  耳新しく身  一応身  何より身  きちんと身  余程身  もしや身  更に身  おそろしい身  ほとんど身  ひときわ身  やんごとなき身  ひとしお身  忽ちに身  いきおい身  多く身  如何にも身  どうも身  穢い身  精一杯身  白い身  せまい身  まにまに身  かなり身  遠慮なく身  たとい身  ぞくぞく身  厚き身  徐に身  定めし身  快く身  狂わしく身  素晴らしい身  白く身  ふかき身  辛くも身  暫く身  とても身  強いて身  重々しく身  なんだか身  わりに身  改めて身  殊に身  忽然と身  いずれ身  まことに身  狡く身  日ごろ身  徐々に身  暗く身  荒々しく身  いさぎよう身  ふんわり身  ぴたり身  いつのまに身  すっくと身  いっそう身  しいんと身  さながら身  用心深く身  しどけなく身  けっこう身  よしや身  ぎょっと身  一入身  ジリジリ身  それ程身  同じく身  依然として身  縦し身  極めて身  痛い身  際どく身  直に身  堂々たる身  おのずから身  急ぎ身  疾く身  いたく身  遠い身  ひどく身  ひたと身  実際身  それほど身  きりりと身  おのおの身  温く身  後に身  長く身  おもわず身  人知れず身  もし身  いくら身  ごく身  まあ身  青白い身  えて身  低く身  か弱い身  いとど身  さぞ身  あまりに身  少ない身  痛々しく身  またも身  つとに身  ことさら身  よほど身  随分身  悩ましい身  おとなしい身  惜しい身  ことごとく身  ひとしい身  親しく身  かく身  わざわざ身  清い身  相当身  わきて身  せんなき身  珍しく身  悲しい身  うとましい身  重々しい身  ずんと身  案外身  ずいぶん身  正しく身  おたがいに身  然して身  幸い身  どれほど身  麗しき身  専ら身  冷たい身  わるく身  とかく身  すごすご身  なにしろ身  さらに身  たとえ身  なし身  おそく身  あらためて身  我と身  未だに身  まだしも身  心から身  ちっとも身  勿論身  まさに身  敢えて身  直ぐに身  こころよく身  重い身  どの身  さしあたり身  平たく身  まるで身  ますます身  ぽく身  長い身  初々しく身  頼み少なき身  うつくしく身  颯と身  どうして身  それだけ身  かさかさ身  美しき身  じょじょに身  軽々と身  烈しく身  ほしく身  忙しく身  ようよう身  殆ど身  せめて身  可愛く身  はげしき身  かれこれ身  つっと身  ありがたく身  当然身  大きな身  いく分身  尊く身  すっと身  わかき身  かなしく身  かぼそい身  全然身  ときどき身  そんなに身  些か身  甚だしく身  余りに身  ひどい身  ぜんぜん身  恰も身  ふらり身  ひとしく身  何ら身  罪深い身  ごろりと身  近々と身  心ならずも身  今にも身  広く身  遮二無二身  さむ身  軽き身  断然身  清く身  ふかく身  ぐっと身  いたましき身  いちどに身  おなじ身  きっちり身  虚しき身  高く身  ひょいと身  尚身  がっくり身  元々身  低し身  ずいと身  ほそ身  乏しい身  一寸身  可笑しい身  逸早く身  恥ずかしい身  決然身  がたき身  又もや身  紅い身  最早身  なつかしく身  こんなにも身  っぽく身  奮然と身  ひくく身  やっぱり身  

複合名詞
黒身  身體  ぎよつとして身  身ゆゑ声  身じまい  身終  の身  身持  づ身  肉身  おん身  我身一人内裏  身投  窗抱膝身  寄身愛此馬蹄塵  身窄  一歩づつ身  造身  貰つて身  身清浄  驚き身  身寄  身寄親戚  いが身  毎日身  心持ち身  身そのもの  身近く鳴き  我身  滿身  身動  身慄  身台  肉身おとろ  身すぎ世すぎ  われ身  身世怱忙  みんな身  余生身世  客身已在天涯外  是客身単  身がけむりになつてしまふかとおもふと  づれる肉身  身姿  かさ身  身肌  身慄いし  身顫  身装  身後  身うち  身構  身顫い  身ゆゑ  皆身  吾身  身ひとつ  いつか身  身持女  身輕  身渡世  みな身  身邊  びかゝる身構  身仕度  浮き身  惣身  ろいや身じまい  せいは身  身體さ  堰イテハナントイフコノ身  起チナホル身  孤身苦闘  楽しみ身  すべて身  ら身  ひとり身  身他  身おとろ  今ひと身  とき身  自ら身  抜き身  あて身  身體中  身體中汗  身震  さうに身體  つて身體  身體全體  いま身  それぞれ身  身替り  身一ツ  身躰  身綺麗  骨張つた身體  女身  法然本地身  身口  身の  身栄  報身報土  押え乍ら身  身共  ナシ身  脩身学  まま身  身ゆえ  身読  魚身  屈つた身體  身體中そち  身近く  身像  女身像  身裡  身じん  形身  身装差刀  クリ身  身ども  身仕舞  五尺身  浜風ア身  ぴつたりと身  葉身  晩身  危く身  身以上  行つた身  身扮  身不肖  脩身  身受  親類身寄  フト身  ソロソロ身  身装持物  身自身  蔭身  身請  身がら  身一  上身  なおのこと身  身ニ  良臣使レ身  身ぢ  身體單個  身萎  斜身  秋風身  身慄い  さ身  手足身體總  如來身體  つて肉身  身みずから十手  身寂滅  神我身  悦び身  候身  我身天物也  悪銭身  つて身  身たちどころ  身節  身久  身壞  己身  身惡行  身寂  身肉  一時身  こと身  人々身みずから  身みずから  身外みな敵  身みずから軍法  身みずから教育  生涯安身  身みずから政事  学者安身  ぴつたり身  さし身  つたやうに身  身ナリ  總身  さま身  身近くそれ等  親元身請  いふ身  身位  身すぎ  納むるとき身  三年間身  身躯  身ら  梟身  飢ゑと身  身ぢゃ  矢張身  身悶  身不才  きのう身  金身  おん身ら  身実  身真  仲宗根豊身親  身屋  日常身  身繕  ぴょいと身  半ば身  一度身  身顫いし  身着  身料金  勇躍身  日頃身綺麗  身調  かをり身  河身  なぞ身  汝ら身  雲体風身  身ひとつ閑地  身一個  あいだ身  剣身  しん身  時身投  身動ぐいさゝ波砂  芥川龍之介身  事身  詞身  扨もと計り身  隔つる身  ア身  肉身的  身もと  そり身  身ニ随ウノ衣食  身先死ス長ク英雄ヲシテ  英身  身體一ツ  四ツ身  最初身  ソックリ身  勝身  ッきり身  温泉身  如キ身  ラ身  身たち  以テ身  身化粧  さ身請  身請致  今日身請  身上り  身受致夫婦  柄身  願つて身  身続き  身寄一統  粥河圖書身  至つて身持  我身つねつて人  うに身  ぎりながら身  際兵士以上身  身外  身外満目  びとのいつしか身  身近く引寄せよう  身邊方寸  寄り身  身切り  寒気身  失つて身體  身體一杯  身體全部  身體つき  修むる時身  身邊雜事1  儀式張つた身装  全部身  寧そ身  更身寄頼り  身寄頼り  身寄兄弟  身さま  屹度身  身ひとり  真実身  身功名  氣取つた身  脩め身  アブラ身  身抜  身附  肉身交歡  うにおん身  佛身  身自ら  身ざんまい  上身體檢査  身也  揚身  一歩身  外身  藤原惟成身  為め身  灰身滅智  成長身  つて身構  身もち  身家  ナマ身  身がわり  如沐浴以潔レ身  起身  幼年以来身  大敵身  大玉身  幾度身構  身立命  心づくし身  ワガ身クダラナク  身ぺん  身體何  身圖ら  匂ひも身  身蒲柳  子供身寄  身ぢろぎ  む身  なに身  身隠れ  旗二郎抜き身  身躾  余り身  現在身  身體模型圖  一ツ身  身居  身居立て直し  蛇身  身躾みの一つ  身慄いが  孤身  時身寄  きり身體  身もん  身一体  ニ河身  声聞身  身子声聞  成身院  ドサリ身  身互  夏目さん身  本地身  身ギレイ  身體付き  身體ぐるみ  身祝い  身変り  二たび身  行つて身  アナタニ身  三つ身  ざらい身  処女身  身売  身付  身法  身装置  生涯身  レ簾山色悩二吟身一孱願  爺身  用花毯作身  たる身  慈愛身  むといふ身  程度身  身矮躯  身あがき  河身改修  身邊机邊  後半身  渠身不相応  身狹乳母  身狹  さうに身  洗身場  身朝  身近く事  唯身悶  身毒  身ども息  身ども今生  身さ  ピツタリ身  そ身  身縁  從つて身  魂身  格別身装  半分身  身顫ひがし  ろ身  ところ身  警官身  醉つた身  木身竹屋  笑吾身  天涯孤客身  一ばん身  身ダシナミ  その他身  身分ち  身持放埒  如此殺身  朽つる身  なほ身  享けし身  郷士格以下身居調査書  身鍛  あなた身  身共たち  薫り身  身風情  十方碧落身  却つて身  身嗜  多欲喪身  身廻り  身裁  鏡立て身  守身  びやと身  身能行レ  殆ど身  以前身持  樹身  身死魂孤骨  身體試驗  みぞ身  絶望困惑身  三ツ身  有二遭レ賊遂亡レ身者一  身伸び  國破れ身辱  身首  身首離ればなれ  通り身體  身自ら嫁  傚つて身  身様  身らすべて  より江身  所謂身  しき身  弱き我身  身ひとり樹蔭  吟身いまなほ愁帶びて  身この世  身樣  身側  身隱  尾羽身  身躾みの頬紅  身顫いが傍聴人たち  防身  身イ  身うちあしらい  法身  ぺたと身  恐懼身  身體的特徴  身體的外觀  遊びごとやじょうだんごとには身  利身  たけ身體  初秋身  何かしら身  時鐘身  粋ゆえ身  成否身  つて身體さ  身付き  力身  身戦い  身贔負  呼吸身  眞實我身  告身  身ほとり  ぱな身  すべて丸身  声色身  通身アルコール  はり身  身こ  風ふく身  ぬき身  身火烈々身体  風一陣身  身裝  身粧  おん身一人  恐々身  ッちの身  身まま  身世漂浪  身共役目  寄り身捨て身  頃身  ツイ身  グルリ身  身売防止運動  かなり整つた身  身おまかせ  身まま気まま  身かざり派手派手  代り身  我知らず身  身どもせんえつ至極  身どもら  身近く引  厚意身  蛇身清姫  ところ身持  ぐつと身  上つて身  身装い  みずから身  身隠し  身がた  身まわり  小太郎身替り  私身  兄きじゃとてわが身  荒身  身近く音  横身  大儀さうに身  不肖身  身請い  身遁  あなた身投  其当時身  ざんぶと身  乃ち身  身華冑  一時身  むと身構  身がま  身大事  すべて身浄め  滿身總  装身  愁い身  超然身  こころもち身  身密  ちの身體  身體非常  丸まつちい身體  朝身  濡れ身  よう身  金助身  身一人  我身一代  身背丈  身もと調べ  忽然身  残身  膚身  身一ツ高野  身素姓  身回り  成就身  身ハ人身ニ  圖我身  花身  總身泥  俗身  身入り  ため身  身うち知合い  日頃身  明哲身  身腹  身世  身一代  身ぎよめにお湯殿  厚身  身幹  皮身  ソリ身  豫め身體  身體攝養  シレ行フレ身ニ  報イレ國ニ輸シレ身  捐ツレ身  滿ツルレ耳ニ清風身欲スレ僊ナラント  身土  立ち身  身たけ  臭気身  身ひとつ以上  身浄  身死シテ魂孤ニ骨収メラレズ  仁王尊滿身  結局身  只管身  身思実  孤身漂零  身ハ  肌ざはりでべとべとと身體  身體作用  ぱきんとひらいて身  身毛  身浄め  身うち岡本坊  明日身  明日身苦  身装顔付  教養きり身  身もと詮議  身寄タヨリ  人間万事身  世すぎ身すぎ  ちの身  失敗身  身替り精神  身態声音  何時身  曲つた身體  これ身  成身  もっか身  づつ身  釘身  白面皓身  附我身の  ん身等凡て  身梅  身装振り  二三歩身  め身邊  身邊多祥  身錢  血身  殆ど血身  摺身  たけ身綺麗  一番身  暮ユクタビゴトニ我身ヒトツト思ホユル哉  岩波身ヲクダキツツ  身ニ堕ス  コハ身  他日身  モットモット身  ササ身  おん身ら師友  弱き身  歌身體  身達  身電気  身薬  身剤  癖眞身  唯一身  身躬  法身偈  眼耳鼻舌身意  身病  身近く据ゑて  身泡  身幻  身夢  身影  事実上身  痛み身  火身  西湖岸上婦身  人首牛身  犬身魚尾  身共ら  身共先年御成街道  身共身内  シ法身  お互い身  身の毛身  身証  恥身  身すこやか  使つて身  整つた身装  気まま身まま  あまり身  法身窟  身二ツ  直接身  ぐつたくなつて身  一倍身  身装我  ト身  惣身女  身モ心モ元気ニナッタ  身ぷり  身がら調査  身がら人がら素姓  ぴくっと身  身體一ぱい  ぐものごとく身  素姓身がら  身體中何處  身躰四肢必らずし  間身  姓名身がら  ことば身  おん身たち  身がら素姓  身がわり仏  ぎわにぴたりと身  身回り道具  身まね  親類身  身売娘  荒締めゃ身  身廻  身分身もと  いが二年三年身  身金つき  身付き金七百両  われ知らず身  身體ごと  うち身  我身ひとつ  身祝ひ  当日身  昨今身  身相当  丸身  身拵  身づくり  身こなし嫋  更身  倣つて身體  踊つて歌つて身體  太守身  身ひと  身なんど  一種身  我身半  我身さ  づさはるものが身  身実業  云つて身  身體ぢ  数日間身  身避水火遁  賤しき身  身居棟付帳  身仏  由つて身  身三尺剣  文字通り身首ところ  身ニカカハラズ  永井目身  身ゆるび  今しがた身  いとど身  拭ひつ身  身締  多喜二的身  わか身世  斷レ髮文レ身  身かた  身いっぱい  いつ知らず身  身かたたち  身迷惑  身捨身仏魔  林蔵身  先づ身慄  身裳  肉落ち身  背身  孤身飄然  身近く見聞き  今日位身體  目前我身  当時身  発身  身部  ひとり身部  蛇身人首  一鉢千家飯孤身幾度秋不空  孤身幾度  一両年考エテ身  トイッテソノ身  フダン身  ソレゾレソノ者ガ身ニ応ジテ施シタガ  身ナリガ  身ニ成ッタ者ガ数知レヌガ  思ウト身  セテ身ノイマシメニスルガイイ  如クノ身  みんなそれぞれ身  づそこに身  不断身持  願ひき身  問レ活レ身  越用レ明保二愼其身一也  何必湛レ身哉  わび身  身花嫁湯  身寄之者  身庶人而俸賜三百石  所謂身もち  小唄身  無常身  我身万一  さ一段身  つて身震  身飾  ヒラリ身  身術  身綺麗さ  衣身  身體骨肉  先づゆつたりと身  身藁  身特  身不相応  鏡台その他身  身腰  身じまい薄化粧  瘡毒身  暫時身  總身眼  總身象牙  身現象  勇気身  身事忙促  身憊  衣裳身  竜身  竜王身  椎結文身  無数身  スッカリ身  身売防止  身売金  女工身売  身死後  苦痛身  身文教  飛狸身  著翅狸身  身量百五十由旬  黒身炭  身金剛  訓戒身  事なき身  身危  河身改良  身抜き  時頼身  總身宛然水  山風身  身うち煖かく  先身  奴め身體  我身限つて  草卉之身  身體いちめん  久身請  頭斑身赤文斑  童身  身死  身囲  独り我身  万身血マミレノ幹部候補生  身悶エシママ  冥加身  自然身  先づ身  身輕さ  土砂流出河身壅塞舟楫往來  身體榮養  身禊ぎ  転生身  異形身  人間身  人形身  身そこ  身爾如斯有重荷負事者可  身舎  眞身  腹身  覚へた身  身洛  素話身  此殺身爲仁  五六歩身  ぐつたりと身  通身  運行ニ因ルト雖モ忘ルベカラザルコトナリ夫レ病ハ身ヲ化シ身ハ心ヲ制ス漱石生死  身體中眞白  大男身  いちばん身  肉身達  肥つた身體  貧乏身  身軆  寢ざめてわれと身  縫つて身  醉つた身體  身體半分  身體一つ  身さまそれ  身たち一度  使い走り身  清浄身  さうに身構  ぴつちりと身  つる身  うつろ身  身はか  身自由  際身  かた身  一段身  儘總身  以来身  じき身ふたつ  まま身動  源三郎身がわり  身ひとつ始末  一通り身  ため一時身  面目身  矢代正身  身そつくり  身正眼  ウ身  吾身一人  だれひとり身  身真黒  身構へた  耳鼻舌身意  身巧者  関自身身  餓鬼身  身解脱  餓鬼身解脱  感情身  身生  身砲弾  秋雨秋風身  包むとすれどおのずから身  甲賀形身解脱  肉身変  不具身  身虎杖花  弓身  象つた鬼面幌身  失つた身  我身ひとり  人おん身  おん身の  かさん人おん身  なかば身  一枚身  づまづかつかつのところで身  身脱  造り身  鳥渡身  近く身  身近く魚  釣身  味いが身  ちの我身専一  濟むと身  間身装  瞬間身  拙者身  身無し児  装身法  極局身後  身邊雜記的  つて身持  身装はさ  身是骨  装身品製造  北溟ニ巨魚アリ身  三四ヶ月間身  自ら我身  身熱  びらうど身  ソプラノ身  身熱母  何かしら身うち  呪つて身  貧窮身  身ふさはず  身投女  あはれ身  朝夕身  おん身達  身仏壇  人頭牛身  生活身邊  肉身愛  大分身  身首所  身世浮沈夢一場  飾身具  身持不行儀  只我身  我身独立ん  皆我身  ちょう身  身拵厳重  一二歩身  ア身躰  一足二身三手四口五眼  背負つた身體  從つて身體  神身  はず身  うた身  身近く相対  身じまい一つ  ハ身  害スルナク身  喰む身  冷気身  身権  身丘壟  身體ガ浮イタトイフ老婆  時身  身揺ぎ  肉身極楽  翼身  知遇身  終らむ身  一上身  ゆゑ身  づればいまなほわが身汗  物具身  び身  五四身  身己  のち身  一三五身  身穢れ髮亂  汝身  五七我乃ち身  師身  二一われ身  時我身  身變  身瘠  身ため  浦風身  像身  ざッぱりした身装  矢張り身  太身  身かつ  ちやア身躰  女身一人  悟空自身  法身般若外脱  無作法身  きり身  身ナポリ  やくも身  一一一身  九九身  むがまゝに身  時われ身  むる身  一二〇身  石身  日光身  小林多喜二的身  常々身近く据ゑて  耆矣奴吾身一爾  今一つ声聞身出自  声聞身等  童子声聞身  寺奴声聞身  先づわれわれは身  身外無一物  一番身近く  二ツ身  くらし身  隱レ身也  五一われ身  淑女身  我是時身  問はんため身  惡むのあまりこれが身  身燃ゆ  言葉身  身肥え  輩身  身陰  身疊疊薦腕  彼身  不仁身  一切世界悉現身身相端厳無量億  身白色  塔身  捨つる身  河身改良費  朝身じまい  情身  身一己  身乙類  妾ガ身自由ナラズ  免蛇身  ぱだかになって身  浅間しき身  身凶刃  肉身此処ニ  肉身刑罰  神身爽快  身乍ら  身近く吉野  図身  身異物  笑い身  酔つた身  愚身  身識ら  身毒ひとり  身毒一人  身毒ら  身毒丸  身的行爲  身的状態  來つた身的行爲  身大  身體四肢  身暖  身體日  身體状態  身即心  忘れ形身  劔太刀身  づねて身  迫身  かな身  ところ愚身  身一身  身すがら  身装りさ  身體の  杉本画伯身  処身  川身  それぎり身  事なき身もと  しんじつ身  放題身  



前後の言葉をピックアップ
  見ん      未開拓  視ん  看ん  見おろし  見合わ  見合


動詞をランダムでピックアップ
圧さ厭き悩み抜い長ぜ静まれ訪ねる鳴き頻る射ろ拗らすむれよ拝める逃げ回らまとめれ補い組敷き訪お寄り添お喰らわ引きさいとなりあっ
形容詞をランダムでピックアップ
おそろしゅうゆゆしき賑々しうま悦ばしい荒荒しい安っぽあたらしけがらわしくよわき危うかっ肌寒う美しから息ぐるしかっうとましき可愛かっ空空しく痛まし逞しひもじい