「起ち」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 起ち[動詞]
三つばかり置いて起ち  ベンチを起ち  玉琴はしおしお起ち  檜扇を持ちて起ち  玉虫は起ち  から、急いで起ち  溜息を噛み殺しながら、わざといそいそと起ち  ように起ち  二人が起ち  ようにして起ち  自分はまさに起ち  笑ッて、起ち  杖に起ち  何人もいなくなっているので起ち  為作はそう云い云い起ち  手に掴まって、ふらふらと起ち  顔をして起ち  吉川は突然起ち  顔に投げつけ、起ち  急に起ち  和尚は起ち  随うて起ち  もんかと起ち  反感で拭って起ち  豹一は、いきなり起ち  多鶴子はいきなり起ち  浩平も起ち  浩平も言って起ち  浩平は起ち  女伴はもう起ち  気持になって起ち  ヂュマは、つと起ち  女は起ち  音を立てながら起ち  中佐は、起ち  ハンドルを放して起ち  憤然として起ち  元気をつけて起ち  大坪、起ち  菅沼るいは、ハッとして、起ち  男、起ち  やうにして起ち  誰かが起ち  幾度か起ち  わたしは起ち  私は起ち  リザヴェッタは起ち  蒼になって起ち  ことで起ち  それをよく見定めようとして起ち  陪審長が起ち  薔薇色になって起ち  彼に別れて起ち  故障なしに起ち  彼は起ち  肩を軽く叩いて、起ち  男はおもむろに起ち  真っすぐに起ち  邪慳にふりきって起ち  眼を開くと、直ぐまた起ち  百合子は起ち  気が付いたが、起ち  侯爵が起ち  やっこらさと起ち  うちを見つめて起ち  腰をかけていたが、やがて驚いて起ち  彼女は起ち  コスモは起ち  彼女は悲しみながら起ち  それからまた起ち  幽霊は起ち  僕は起ち  イスから起ち  道人も起ち  愕然として起ち  うちに起ち  奮然として、起ち  救済すると称して起ち  一人、起ち  父親が、いきなり起ち  そうに起ち  小柄を脱いて起ち  夫人は起ち  急にそわそわと起ち  かんかんになって、起ち  呶鳴りながら、起ち  ちがいはないと、起ち  返事がないので、起ち  これ借りますよと起ち  眼に入れながら、もう帰るよと起ち  私はソワソワと起ち  無造作に起ち  出羽守は起ち  のか、ぶらりと起ち  前にすっくと起ち  小膝を打って起ち  煙管を抛り出して起ち  大刀片手に、すっと起ち  そりと起ち  小夜、起ち  やうに起ち  座を起ち  人の起ち  気になって起ち  煙管をしまって起ち  彼女はようよう起ち  挨拶して起ち  丞は黙って起ち  不意に起ち  劉備は起ち  力なく起ち  再拝しながら起ち  肩につかまってお起ち  国民を起ち  抵抗して起ち  お久美は、起ち  父業を継いで起ち  剣を鳴らして起ち  やうに、起ち  離れ離れになって起ち  上院議員が起ち  女が起ち  病をつとめて起ち  一せいに起ち  刀を抜いて起ち  本庄はついと起ち  日記帳をふせて起ち  彼はぱっと起ち  机上を片附けて起ち  にこにこして、起ち  顔を見合って起ち  ことなし起ち  曾を捉えて起ち  席を起ち  中に起ち  ッくと起ち  山城守は、起ち  スックと起ち  ヌックと起ち  ザワザワと起ち  よう、起ち  ブラリと起ち  小指を縛って起ち  絃に言いながら、起ち  老紳士から目をはなさずに、起ち  にわかにふるい起ち  周瑜は、俄然、起ち  趙雲は起ち  ひとりも起ち  牀から起ち  一斉に起ち  コオヒ代を払って起ち  押川、起ち  ヂューヂャは起ち  勘定を払うと、すくっと起ち  小田は起ち  しずかに起ち  急にむっくり起ち  雪はつと起ち  宮子はさっさと起ち  小田はふと考えこんでいたが、やがて、起ち  小田は言いながら、起ち  小郷はたまりかねて、いきなり起ち  男がすっと起ち  少年が起ち  熊吉は起ち  仕方で起ち  廊下に起ち  言ひ、起ち  志村鈴江が起ち  波がむくむくと起ち  妹が、起ち  中で起ち  声を上げながら起ち  声を上げて起ち  検察官マーテンは起ち  暮れかかっているので、驚いて起ち  少年はやがて起ち  刀を持って起ち  爲に起ち  譲は起ち  払ふとともに起ち  讓は起ち  揮り払うとともに起ち  君は起ち  ゆつくり起ち  弟アベルに起ち  先に起ち  直樹は起ち  みんな勇み起ち  引掛けて、起ち  思つて、起ち  顔を見て起ち  闇に起ち  演奏を終えて起ち  様子だったが、でも起ち  顔を見合せ、同時に起ち  老婆はふらふらと起ち  けしが、起ち  匆々辞して起ち  あとを追うて、たたきのめしてくれようと、一旦は起ち  いふ風に起ち  自信をもつて起ち  齊しく起ち  私はまた起ち  笠を持って起ち  紐を結び直して起ち  赤井はいきなり起ち  何だか落付いていられないので、又うろうろと起ち  真澄を突き除けて起ち  ホームズは起ち  脚で起ち  牡牛がのっそり起ち  彼が起ち  さつき誰か起ち  つて座を起ち  出鼻を敲かれて二度と起ち  貞は起ち  顛倒して、起ち  衝と起ち  わたしは初めて起ち  認識をもつて起ち  一瞬あたりが明るくなったので、はっと起ち  右馬介もまた、起ち  愕然と、起ち  俄に起ち  中ほどへ移してゆこうと起ち  総立ちに起ち  ピョンと起ち  誰かによばれ、慌てて起ち  女性は起ち  男もほどなく起ち  静かに起ち  ベンチから起ち  杉山氏が起ち  赤星はふらふら起ち  踵を蹴って、起ち  力に起ち  不用意には起ち  正季には、起ち  方針に起ち  天皇もよろりとお起ち  んでお起ち  正成がと思えば、その起ち  容易に起ち  藤夜叉の起ち  笠置には、起ち  宮方に拠って起ち  妃の起ち  珊瑚が失くなったと騒ぎだしたら、あわてて起ち  時に当たり断然起ち  彼女はそう言いながら起ち  返杯をさいごに起ち  二人は起ち  中央に起ち  懐から釵を出して起ち  地面をころがって、起ち  尊氏は起ち  登久はいきなり起ち  あたりを眺めながら起ち  纒をぬいで起ち  七は突然起ち  式部はすぐに起ち  うちに早くお起ち  中には起ち  衝っと起ち  逆手に持って起ち  なかったが、それでも時々起ち  三人はあわてて起ち  素直に起ち  げんは初めて起ち  床几を起ち  煙管をとって起ち  徳もよんどころなしに起ち  宮方へ起ち  官軍がふたたび起ち  人影が、すっくと起ち  合図をすると、黙って起ち  みな悲憤して起ち  兵も起ち  直ちに残して起ち  力なげに起ち  調子でいって、起ち  私は一旦起ち  人びとは起ち  半分聞かないで起ち  二度吃驚、起ち  狂太郎は、起ち  声で起ち  ために起ち  笛に合わせて起ち  母はまた考えながら起ち  手に握って起ち  云つて座を起ち  鉛筆を持つたなりに起ち  義直はふらふらと起ち  色を変えて起ち  小坊主をねぎらい、やおら起ち  まま、しばらく起ち  膝頭だけががくがくと震えて起ち  宮岡警部は起ち  淵からむくむくと起ち  ヨロヨロと起ち  気味になって起ち  小萩は、つと起ち  京野等志は、起ち  真喜は、つと、起ち  女は、起ち  彼女は、つと起ち  ベルセネフは急いで起ち  のかしらと言いながら起ち  息吹きを浴びて起ち  蒼白になって、ふらふらと起ち  大儀そうに起ち  三人は起ち  ものも言わずに起ち  大佐は、もう起ち  布団翻のけ、つと起ち  二人は同時に起ち  携げて起ち  慰安を得て起ち  言ひ棄てて起ち  幹事松本常吉は起ち  篠田はやがて起ち  得堪へずして起ち  議長も思ひ決めて起ち  倉皇として起ち  スイと起ち  ことは遠けれど起ち  室内に起ち  反抗して起ち  ために、起ち  衣擦れや起ち  襞を掴みながらのっそりと起ち  もろともに起ち  先生がつと起ち  努力をもってしだいに起ち  打撃からふたたび起ち  小山内氏が起ち  力だけでは再び起ち  己が起ち  元気づいて、起ち  顔を赤らめて起ち  手首を掴んで、起ち  さま直ぐ起ち  賛成するあらば、共に起ち  時田は起ち  抽斗へそっと入れて、起ち  糸屑を払いながら起ち  枕頭を起ち  叔父は起ち  大阪よ起ち  気を取り直して起ち  八は起ち  苦笑を洩らして、起ち  一息に呑んで起ち  兵士たちは起ち  のだが、なかなか起ち  それをしほに起ち  徐ろに起ち  いるか、あるいは、まだ起ち  打撃にもう起ち  悪臭大いに起ち  駒は起ち  上にて生きて起ち  羽毛を生じて起ち  内は殺したと言えぬ、また起ち  玉藻はすっくと起ち  泰親は忽ち起ち  玉藻はすくっと起ち  尊者聞いてすなわち起ち  彼女は、起ち  大庭常子は、すつと起ち  サア、お起ち  露は、カッとして起ち  対馬守は、すっくと起ち  ものが起ち  理想に起ち  自分をしっかりと握って、再び起ち  自力で起ち  ものを感じ、そういって起ち  無器用に抱きかかえ、起ち  船から起ち  席を蹴立てて起ち  平気で起ち  高は、ゆらりと起ち  ように現れると起ち  私はこれから起ち  舌打して起ち  やつと気がついて、起ち  とつて起ち  めいめいが、起ち  答へて起ち  日本人として、男らしく起ち  満足して、さつと起ち  コツプを持つて起ち  殆ど機械的に起ち  一人の起ち  剣幕で起ち  銀は再び起ち  若い者は起ち  渋紙包を持って起ち  やっとこさと起ち  茶碗をおいて起ち  炉辺から起ち  チェーホフは勿論起ち  決然として起ち  力を入れて、起ち  イイダ姫あわただしく坐を起ち  木の根岩角躓き倒れ、傷つきてはまた起ち上がり、起ち  突嗟に起ち  千々岩は起ち  伯母は起ち  口尻に浮べて起ち  ベリヤーエフは起ち  力をふるって起ち  片足ずつ起ち  ものは起ち  隻手にして起ち  鷺が起ち  味方が起ち  云ひながら、起ち  機械的に起ち  伯爵は起ち  これも起ち  思惑は悉く外れ、遂に再び起ち  自然に、起ち  ことは起ち  きりよく起ち  幾島暁太郎は起ち  彼女は、いきなり起ち  のを待つて、起ち  杜陽は起ち  辞退して起ち  から、そっと起ち  つては起ち  莚から起ち  中から刑部友矩が起ち  平三は起ち  小沢はむっとして起ち  唇を噛んで、起ち  一寸口をつけただけで、いきなり起ち  伊部の起ち  声がするので起ち  オオビュルナンは起ち  時あなたは起ち  ザポロージェ人どもは起ち  鷹、お起ち  私が逃げようと起ち  相原夫人は起ち  影響を受けて、起ち  後ろ脚で、ぬつくと起ち  彼は黙って起ち  愛想よく起ち  がやがやと起ち  天下挙って起ち  それに再び起ち  通はもう起ち  そこに起ち  通は、起ち  首をつぎ直して起ち  武蔵はもう起ち  ものは、必ずや起ち  男が起ち  三十号は起ち  二百二十四号は起ち  様子で起ち  興奮して起ち  城太郎は起ち  一日、起ち  又八はぬっくと起ち  そこを起ち  一礼して起ち  心附いて起ち  間、起ち  さそうに起ち  端から起ち  先刻から話にとらわれて起ち  便所への起ち  出来あがれば起ち  者が起ち  西田さんは、すぐに起ち  会釈するに、起ち  生は果して起ち  伴れて起ち  云つたが、しかもすぐ起ち  方へと起ち  直ぐに起ち  私はもう起ち  そつと起ち  奇蹟的にふらふらと起ち  七郎左衛門は起ち  旨を奉じて起ち  町が起ち  のだろうと思ってむっくりと起ち  小坊主が、ひょこひょこと起ち  七歩は起ち  枕元から起ち  皺をくぼませていたので、起ち  ハンドバッグを掴んで、起ち  陽子は起ち  京吉が起ち  たか急に起ち  章三は、いきなり起ち  男は起ち  ために見届けに行って来ようかと起ち  余一郎は思い切って起ち  白い影は忽ちすっくと起ち  安子はそう言うといきなり起ち  きり、ふたたび起ち  者ありて起ち  今、起ち  顔を装って起ち  彼女は思わず起ち  原口を迎えに、すぐにも起ち  拍手に迎えられて、起ち  そは起ち  人フーリオ・カミルロ不意に起ち  其処を起ち  頭取は起ち  信吉は照れて、起ち  信吉は照れて起ち  折鞄をもつて起ち  力に任せて打ちひょろひょろと転げてはまた起ち  口が干上ると起ち  志村は突然起ち  堀氏を思ふと、早く起ち  鉾とり、かく起ち  阿部医学士がすっと起ち  猛獣のように彼女は起ち  木屑が、起ち  顔を見ながら起ち  ようにすっくと起ち  反射的に起ち  一死報国を期して起ち  台詞で起ち  気の毒になって徐に起ち  ように、起ち  女はもじもじして起ち  手にして起ち  女たちはまた起ち  洋子は起ち  仙ちゃんが起ち  若旦那の起ち  戦争はこれからなりと起ち  予感に襲われて急いで起ち  息して起ち  頼朝が起ち  彼はいきなり起ち  神中はもう起ち  一度に起ち  前を起ち  小坂部はすぐに起ち  権右衛門は起ち  采女はすぐに起ち  小坂部は起ち  これはと驚いて起ち  平助は起ち  ために見届けようと言って起ち  絵筆をおいて起ち  冬は忽ちに起ち  彼は気がついて起ち  車来たりぬ、起つともなく起ち  新聞を畳み、起ち  ヨセフに現れ、起ち  ヨセフはすぐ起ち  結束して起ち  卓子を叩いて起ち  跫音を聞くと、やっと起ち  作造はやおら起ち  それも起ち  決心して、起ち  帽子を直しながら起ち  



前後の言葉をピックアップ
大刀  截ち  立ち  経ち  建ち  立ち  立ち会い  立会い  立会  立ち会い


動詞をランダムでピックアップ
組みこんくつろが取り次ごふりそそぎ供する溢れる噛み合せ激ちおうずるみせつけ調っはたらかそ打ちくだか恥じらっこんがらかそわる終ん割き下せる引っ担が
形容詞をランダムでピックアップ
汚らしい手っ取り早く人恋しかっさうなから畏れ多くものめずらしいうつくしかっ賢しほど近く恭しいかゆきむくつけい可愛らししげき苦く理窟っぽく神神しい後ろめたかっほこらし目まぐるし