「起こそ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 起こそ[動詞]
手を取ってたすけ起こそ  こいつを起こそ  身を起こそ  発作を今にも起こそ  憶い起こそ  小間使たちを起こそ  体を起こそ  手をかけて起こそ  公事を起こそ  運動を起こそ  みんなを起こそ  叔父さんを起こそ  傍に行って揺って起こそ  母親を起こそ  貧血を起こそ  火を起こそ  上半身を起こそ  これを起こそ  扶け起こそ  ロドルフを突っついて起こそ  人を起こそ  ものを起こそ  何事を起こそ  子供を起こそ  乱れを惹き起こそ  乱れを起こそ  事業を起こそ  ひとつ救済事業を起こそ  波紋を起こそ  女を起こそ  記憶を喚び起こそ  事を起こそ  



前後の言葉をピックアップ
おこせん  オコゼ  虎魚  おこそ  熾そ  起そ  興そ  おこた    怠っ


動詞をランダムでピックアップ
攻めたて繰上げるしばたたくいきどおろ出直そ引立てれ老い紛らわさ敲いめざめる来らなつかしん撮み出しなで下ろす押切りひきずりこめ上ん託す伝へ思いおこさ
形容詞をランダムでピックアップ
野暮臭くっしぶくっあったかく広いそこはかとなき若から間遠かれ手酷きめでたいいとわしせまくるしくことごとしあかるくっ有難けれ速くかるう篤からみすぼらし