「走ら」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 走ら[動詞]
妄想に走ら  翁を走ら  汽車を走ら  文学にでも走ら  感傷に走ら  自転車を走ら  注意を走ら  自動車を走ら  土地に走ら  怒りを走ら  乗物に乗って走ら  筆を走ら  全身につめたいふるへを走ら  眼を走ら  丹生川平へ走ら  横隊をなして走ら  馬を走ら  大森林を縫って走ら  碩寿翁が走ら  鉛筆を走ら  方へ走ら  車を走ら  いまマニュエルが走ら  線路を敷きなおして走ら  修復して走ら  ミカドを走ら  ファイアバードを走ら  自動車の走ら  鞭を加えて走ら  遭遇しながら、少しも走ら  瞳を走ら  高級言語を走ら  ソフトを走ら  ハイパーカードを走ら  統合版UNIXを走ら  そのまま日本語を走ら  標準OSを走ら  アプリケーションを走ら  ペンを走ら  豹一がなんといっても走ら  桟橋へ走ら  処を走ら  我等自ら車を押して走ら  和服で悠然と納まり込んで走ら  男は走ら  俥を走ら  マークゥイスを走ら  モータボートを走ら  万年筆を走ら  メツセンヂヤア・ボーイを走ら  小劇場へ走ら  円タクを走ら  達筆を走ら  馬車について走ら  馬車を走ら  許を走ら  驢馬を走ら  富坂まで走ら  あいだ馬を走ら  馬をゆるく走ら  一目散に走ら  ゆるやかに走ら  海辺へ走ら  全速力で走ら  ほうへ走ら  お前を走ら  殺人に走ら  ッ引を走ら  三万倍だけ走ら  速力で走ら  八方に走ら  スキーは走ら  船を走ら  下宿に走ら  民間療法に走ら  デカダンにも走ら  捕縄を走ら  浅草へ走ら  両国へ走ら  どこまで走ら  サンダカンから自動車を走ら  十間と走ら  視線を走ら  前方に走ら  三町走るか走ら  白足袋を走ら  庄に取りに走ら  築地へ走ら  与力同心を走ら  いくらも走ら  名に走ら  者を走ら  ぺンを走ら  使を走ら  目を走ら  矢立てを走ら  それぞれ眼を走ら  長野へ走ら  後七哩ちかくまでも走ら  ブローカーを走ら  宗教に走ら  一揆に走ら  銀線を走ら  品川に走ら  靜を走ら  アパアトメントへ走ら  裏口からどこかへ走ら  駕籠を拾うと走ら  十間とは走ら  下りや、走ら  キャンバスを走ら  田舎道を走ら  曲道になっているのに、まっすぐ走ら  箱車を走らせたり、走ら  車が走ら  駒を走らせ走ら  並行に走ら  上へ走ら  県城へ走ら  使いを走ら  ウォツカを買いに走ら  速度を出して走ら  急使を走ら  彼を走ら  道を走ら  伝令兵を走ら  列車を走ら  断崖へ走ら  一町も走ら  ヨツトを走ら  顔に走ら  下僕を走ら  許へ走ら  医者へ走ら  論理を走ら  部下を走ら  家臣を走ら  闇を走ら  ところまで走ら  方向にのみ走ら  侍臣を走ら  蜀へ走ら  侍郎を走ら  張苞を走ら  トラックを走ら  家へ走ら  行雄を走ら  海岸に走ら  電車を走ら  名護屋本営へ走ら  関東へ走ら  上を走ら  二階に走ら  俥夫のまるで走ら  人を走ら  子供かへらず、取り出して走ら  想像を走ら  一寸物思ひに走ら  今では走ら  處にも走ら  タクシイを走ら  百回も走ら  救濟に走ら  世界に走ら  丘を走ら  汽船を走ら  火を走ら  三分もきいて走ら  間違いに走ら  山あひを走ら  散歩を走ら  働車を走ら  自動車屋へ走ら  ホテルに走ら  おさんを走ら  気分をのせて走ら  眸を走ら  車がとれたり、走ら  電球を買いに走ら  廊下をどたばた走ら  皆馬を走ら  湯島新花町をさして走ら  銀座をさして走ら  侯爵邸に走ら  警視庁に走ら  石ころ道を走ら  騎兵を走ら  快速艇を走ら  稲妻を走ら  隊に走ら  前へ走ら  仲町へ走ら  けんめい馬を走ら  思いを走ら  木の芽をとらせに走ら  空耳を走ら  グラナーダを走ら  雲をわけて、走ら  片足にて走ら  手にて走ら  首のみにても走ら  顔へ走ら  顔のうへに走ら  ナッシュを走ら  から車を走ら  郵便局へ走ら  我々を走ら  名利に走ら  南都に走ら  西国に走ら  北越に走ら  つて馬車を走ら  道へ走ら  情を走ら  疾風のように馬を走ら  三回も走ら  ここを走ら  紫玉から鎌倉殿へ使を走ら  想ひを走ら  突飛に走ら  涯まで走ら  秩父根まで走ら  陵へ走ら  有料道路へ走ら  半哩と走ら  近代思潮を走ら  上に走ら  槍も走ら  直ちに筆を走ら  浪岡に乗って走ら  字面に走ら  玉川ゴルフ場に走ら  反対に走ら  者を、走ら  ギャロップで走ら  こちらをめがけて走ら  まっしぐらに走ら  懐紙へ走ら  誰を走ら  家来を走ら  外へ走ら  海岸へ走ら  二十間ほど走ら  うすい影を走ら  馬喰町へ走ら  おじさん、早く走ら  下部でも走ら  どこかへ走ら  ガラス槽に走ら  目をすばしこく走ら  目をいそがしく走ら  象徴主義に走ら  営利的通俗派には走ら  先へ走ら  先に走ら  豆腐屋へ走ら  ものを走ら  仕出し屋へ走ら  麓へ走ら  全速力に走ら  幾度となく走ら  向うまで、走ら  眼中に置かず、さっさと、走ら  橇も走ら  諸方へ走ら  大和へ走ら  後醍醐方へ走ら  桜馬場へもね、へえ、走ら  小僧を走ら  視線を、しきりに走ら  ょっくら蔵前へ走ら  我慢大天狗邪慢大天狗打倒大天狗と走ら  焼筆で走ら  ままで、走ら  敵側に走ら  からくも河内野へ逃げ走ら  若党二人附添ひて走ら  今ここで走ら  五十哩は走ら  女中を走ら  絶句を走ら  音を聞いて走ら  門司にまでも走ら  石さえ走ら  鉄筆を走ら  俥をならべて走ら  一般に走ら  西に走ら  脚を疾くするには走ら  下を走ら  そら耳を走ら  野を走ら  後ろへ走ら  領他国へ逃げ走ら  ぼくを走ら  極端に走ら  指を走ら  淀橋に走ら  あとを走ら  写実に走ら  物を積んで走ら  帆をかけて走ら  犬を走ら  早打ちに走ら  トットと走ら  さきに走ら  夢を走ら  八百屋に走ら  二マイル足らず船を走ら  前に走ら  二分と走ら  穂を走ら  時間器械を走ら  市外まで走ら  パーテルへ走ら  車を向けて走ら  四方へ走ら  ところ十間と走ら  薩兵数十人を斬って走ら  一部を走ら  人力を走ら  それを走ら  東南へ向けて立て直すと、颯とばかりに走ら  流行ダンスに走ら  背に載せて走ら  はと人を走ら  知らせに走ら  煮物屋へ走ら  梅園へ走ら  八方へ走ら  高へ走ら  日本橋へ走ら  家へまで走ら  舞まわされて、走ら  怪奇小説に走ら  眼だけは走ら  汽関車を走ら  方角へ走ら  漁師を走ら  徐ろに走ら  人家はなし、走ら  所謂自然主義運動に走ら  交互に走ら  横眼を走ら  まつすぐに浮いたが、走ら  辻馬車を走ら  東へ向けて走ら  片を買いに走ら  訪問記者を走ら  橇で走ら  洗馬まで走ら  しめ付け乗っ立って走ら  水もとりに走ら  薬もとりに走ら  行動に走ら  三昧に走ら  東京へ走ら  連想を走ら  片岡家に走ら  人力車を走ら  蟻の走ら  彼に殺されずとも、じっと走ら  ように走ら  そのまま地底機関車を走ら  庄吉がいつも買いに走ら  許に走ら  想ひ走ら  Scout'spaceに走ら  一途に走ら  十分に張って走ら  戦車を走ら  唯だ逸早く走ら  山へ走ら  トウベツまで走ら  眼ざしを走ら  上眼を走ら  方に走ら  文字を書き走ら  観念を育て走ら  三輪車を走ら  人間をつれて走ら  ひつきりなく走ら  草履をとりに走ら  デカダンスに走ら  媚をおくるなかれを走ら  汗も出さずに走ら  馬車をカラカラと走ら  三保の松原を走ら  轉車を走ら  ようですから、なおも構わずに走ら  侍を走ら  数間を走ら  若駒を走ら  色を変えて走ら  仕事先から自宅を指して走ら  距離を走ら  家まで走ら  表に走ら  裏戸へ走ら  飛脚を走ら  後者程極端に走ら  洋筆を走ら  存分に走ら  自由に走ら  橇を走ら  矢場を指して走ら  エロキロスを走ら  舟を走ら  早がけで走ら  廊下づたいに視線を走ら  威勢よく乗って走ら  ために走ら  無茶に走ら  空想を走ら  俺、ついて走ら  方向に走ら  橇に乗りこみ、しばらく走ら  山間に走ら  名物かと、走ら  想いを走ら  本邸に走ら  やうに走ら  方々へ捜しに走ら  鉛筆を忙しく走ら  血を走ら  丁も走ら  動物を追い走ら  海を走ら  紙片に走ら  所へ走ら  頬に走ら  感情に走ら  バスを走ら  東へ走ら  周囲に走ら  空間を走ら  三間と走ら  先を走ら  数間とは走ら  半町とは走ら  乗馬で走ら  行李をとりに走ら  野路を走ら  婢を走ら  倉三を走ら  一人を走ら  路を走ら  扉に向って走ら  下流へ走ら  二丁と走ら  クルクルかせを走ら  トラツクを走ら  顔に冷たく走ら  木屋町へ走ら  水神に走ら  駕籠を走ら  浅草めがけて走ら  叫びざまに、こぢんまりとしたからだをちょこちょこと走ら  前より走ら  由を走ら  伝六を走ら  彼は走ら  徑に走ら  場所から遠方へは走ら  空想に走ら  本気で走ら  むきになって走ら  一足飛びに走ら  身を走ら  武士は走ら  京橋へ走ら  かめに走ら  罪に走ら  生活に走ら  ペンをぐんぐん走ら  王が走ら  自殺へ走ら  心を走ら  四十哩も走ら  義弟を走ら  隣町へ走ら  売薬を買いに走ら  使いに走ら  童子を走ら  芦屋まで走ら  車体を走ら  市街を走ら  遠く欧州に走ら  細筆を走ら  反動を載せて走ら  むるまで遠く走ら  ことと走ら  ウマを走ら  あと一時間ばかり走ら  それを停めたり、また走ら  共産党員を走ら  近代主義的傾向に走ら  舞踊に走ら  火よりも早くは走ら  いっしょに走ら  どんどん馬を走ら  戯むれ走ら  熱中して、みなさい、走ら  石なんかを走ら  全身に走ら  手を走ら  昌を走ら  わが家へ向けて走ら  丸の内街に向けて走ら  目黒へ走ら  飛者を走ら  省三は走ら  ヒタ走りに走ら  邸まで走ら  記者を走ら  平家を走ら  大軍を走ら  海岸まで走ら  さそうに走ら  庵へ走ら  自動車で走ら  まり速くは走ら  女文字を走ら  誰かを走ら  勝算なしに走ら  タキシを走ら  馬橇を走ら  大通りを走ら  転々彼を走ら  横浜まで走ら  いらいらと走ら  横に走ら  うえに走ら  博士邸へ走ら  



前後の言葉をピックアップ
はしょり  ハショリ  端折る  端折れ  ハシラ    柱時計  はしら  走らさ  はしらさ


動詞をランダムでピックアップ
さがせ診よ感づか引き止めるよろこばすよりゃ働こ旅立たすれちがお振っ曲がりゃ引き絞らいども食えりゃゆすぐ映りささやけ重ね駆けずり回るたちよれ
形容詞をランダムでピックアップ
好ましかろあさあかたゆむつまじから手強き晴がましにくかっ宜しいくちから激し望ましから大きけれ口さがない寒く潔けれ青白い並びな度し難き