「讀み」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 讀み[動詞]
良落着いて讀み  今からぽつぽつ讀み  それをすつかり讀み  何んでも讀み  拾ひ讀み  惡手を指したり讀み  古書を讀み  心をも思ひはからず、打ちつけに讀み  歴史を讀み  碧巖録を讀み  バイブルを讀み  手紙を讀み  このごろボオドレエルを讀み  著を讀み  其實邦文を讀み  下より讀み  奮つて愛國歌を讀み  私の讀み  これがまたどうであらう、讀み  それを讀み  頁を繰つたが、何時も讀み  小説など讀み  三日もかかつて讀み  眼を讀み  雜誌をひろひ讀み  作を甚だ讀み  方では本讀み  テキストと讀み  晩くまで本讀み  祭文の讀み  短篇を讀み  今猶ほ甚だ讀み  實に甚だしくて讀み  歌を讀み  科學を讀み  校正しながら讀み  披らきて讀み  やうに、いくら讀み  小説やらを讀み  もいちどそつと讀み  二册を讀み  選集一つお讀み  七不思議を讀み  名を讀み  先で讀み  記事で讀み  關係を讀み  雜誌を讀み  しかしろくすつぽ讀み  顏を讀み  日暮時から讀み  晦澁を讀み  渡は讀み  十二月號に讀み  十の讀み  それもかうまとめて讀み  眼孔もて、讀みては又讀み  本も讀み  自ら好んで讀み  それから又讀み  十年二十年に讀み  本を借りて廻し讀み  二つが讀み  原文で讀み  ものは讀み  何度も讀み  偈を讀み  本を讀み  數枚飛ばして讀み  ものをお讀み  懇切に讀み  舊稿を讀み  美學一卷を讀み  出席簿を讀み  高らかに讀み  やうに讀み  これに讀み  之を讀み  勝利を讀み  俺は時々讀み  一節を讀み  新聞を讀み  ところに讀み  書を讀み  詩人リルケを讀み  暇に讀み  唐書を讀み  爺いさんは讀み  畫論を讀み  小説三派及梅花詞集評を讀み  これを讀み  此篇を讀み  一朝にして讀み  傳記を讀み  終へて讀み  片端でも讀み  ためには、讀み  のに讀み  原稿を讀み  誰も讀み  哲學書に讀み  小説に讀み  一生懸命に讀み  藝術と讀み  此講釋師典山の讀み  文章を讀み  二度くりかへして讀み  朗朗と讀み  詩集などに讀み  一氣に讀み  意味深く讀み  一つ殘さず讀み  ドストイェフスキイを讀み  僕の讀み  ためにできるだけやさしく、讀み  行をかへて書いて讀み  所もありますが、讀み  十四人を讀み  文字を讀み  頃之を讀み  そツちへいて讀み  手紙に讀み  源太郎がまた俯いて、讀み  聲を立てて讀んでゐたが、讀み  幾度も讀み  風俗畫報などを讀み  弔辭を讀み  主人が讀み  復此手紙を讀み  册子に讀み  雜誌に讀み  文獻を讀み  ペルリに讀み  英書を讀み  諭書を讀み  二度三度と讀み  脚本を讀み  意見を逐一に讀み  從て讀み  ヒメコと讀み  ヒメノコと讀み  抑揚をつけて讀み  歩みたどたどしい思ひを讀み  すつかりかすれてゐて、とて讀み  想像まじりに讀み  終末まで讀み  文は讀み  新聞で讀み  兄ぶんの駈けつくるに、讀み  半分も讀み  所々を讀み  樣な讀み  はじめて私どもの讀み  おもしろをかしく讀み  人には讀み  句讀次第でどうにも讀み  非常に興味深く讀み  小説類を讀み  披きながら讀み  ひよつくり讀み  詩をひよつくり讀み  買つてさぐり讀み  五囘は讀み  のがないではなかつたが、再度讀み  私は急いで讀み  一篇の讀み  探偵本を讀み  醉はされながら、讀み  兒童に讀み  賀状を讀み  文を讀み  萬葉集の、讀み  強ひて讀み  當時私は讀み  聲を上げて、讀み  雜に讀み  文從字順で讀み  漢音の讀み  文字が讀み  兩者を讀み  何處から讀み  七册ばかり讀み  一節をすつかり讀み  最近プルウストを讀み  プルウストを讀み  切れぎれに讀み  なつて書くには書いたが讀み  原作を讀み  章を讀み  氣がして快く讀み  三度と讀み  注意で讀み  文學の讀み  味を出さうとつとめなくとも、多く讀み  隨分危く、讀み  シェークスピアを讀み  於いて西洋文學を讀み  幾度かその讀み  シェークスピアの讀み  ものも讀み  讀者諸君には讀み  朝八九時まで書き、讀み  氣もちよく讀み  から、間もなく本讀み  ものを讀み  彼は讀み  顏から何ものかを讀み  ぶん本を讀み  選擇せずに讀み  追悼文を讀み  私は、讀み  つて、讀み  作を讀み  事をお讀み  意を讀み  盜む一條を讀み  經に讀み  小説を讀み  つもりでお讀み  四書を讀み  一部を讀み  ところを讀み  何遍も讀み  案内記を讀み  部を再三讀み  最後まで讀み  部分若干を讀み  國民の讀み  概論が讀み  簡單に讀み  書物は讀み  のを讀み  つて本でも讀み  大分以前に讀み  前に讀み  數行を讀み  講談に讀み  僕は、まへを讀み  讀本の下讀み  日本文學史を讀み  ナボツブを讀み  歌集ばかり讀み  理窟を讀み  張りたるを讀み  論文ですから、是非お讀み  物語を讀み  神汝に讀み  銘を讀み  門札の讀み  隱微を讀み  聲に讀み  あれはお讀み  私はまだ讀み  日曜日、讀み  それを又讀み  教へを讀み  書をも讀み  新聞は讀み  電報を讀み  三四分を讀み  ダンテが讀み  漢文を讀み  精確に讀み  辨天を讀み  篇三卷を讀み  弔文を讀み  ことを讀み  頁を讀み  全部お讀み  それすらところどころ走り讀み  猛烈と讀み  ゆつくり讀み  怪しげな讀み  一遍ゆつくりと讀み  新刊小説に讀み  二遍は讀み  三遍ゆつくり讀み  機會があつたら、もつともつと讀み  方だけ讀み  思つたぎり讀み  卑彌弓呼素と讀み  韻文にして讀み  本を出して讀み  口で讀み  辭とを讀み  帝紀を讀み  註を加えて、讀み  さまざまの讀み  これは讀み  先日來卒業論文を漸く讀み  コクトオも讀み  妙に讀み  白鶴と讀み  繪本を讀み  經を讀み  やうだが、讀み  往つては立ち止まり立ち止まりしながら、それでもやうやう讀み  囘想録を讀み  いま私の讀み  勝手な讀み  いふ風に讀み  文字などを讀み讀み  小説をお讀み  内面にまで深く讀み  忠實に讀み  小説の讀み  興味を持つて讀み、讀み  本が讀み  本を立ち讀み  長篇を讀み  ひとつの讀み  史書にしましても、讀み  紙上の讀み  二人で讀み  一つ殘らず讀み  書多く好みて讀み  殘りなく求め讀み  もの一として讀み  一刻も早く讀み  



前後の言葉をピックアップ
夜祭  夜回り  読み  黄泉  読みもの  よみ  よみ  読み  読みあさり  読みかける


動詞をランダムでピックアップ
入り組む取違えせっぱつまるあてる売り出せる踏み出す潰せ買い求めとげん極める晴れ上がる閉めろみやぶっうかがう探し出す養えるまかれろうたがう射し込もしゃし
形容詞をランダムでピックアップ
疚し温けれものがたいめんどうくさかよわくさわがしかっ著しから明るしうす汚き相応しく暖かき眠たい長かれ恐うぽかっ見易く人恋しかっくろうまずくっうう