「謡い」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 謡い[動詞]
四海浪静かにと謡い  それに合せて謡い  下駄をぬぐまで謡い  下駄をぬぎ終るまで謡い  殿もお謡い  小声で謡い  漱石氏は笑わずに謡い  謡を謡い  あとから謡手が謡い  調子よく舞い謡い  謡曲の謡い  唱歌を謡い  鼻歌など謡い  俳諧は謡い  唄を謡い  幾度も謡い  謡拍子にして謡い  時は舞いながら謡い  七五調なので、覚えよく、謡い  無常を謡い  地謡を謡い  ちょっと最初は謡い  私の謡い  殿こそ、お謡い  熊野、とかに謡い  返しに謡い  民族によっていつからとも知れず謡い  朗々と謡い  誰が謡い  これを謡い  型通りに謡い  死ぬまで謡い  詞を謡い  地をお謡い  威風堂々とゆられつつ、謡い  美音で謡い  嘉門は謡い  何を謡い  爺さんが謡い  偉容を張って謡い  吟に謡い  処を謡い  式の謡い  前に来て謡い  しかし、それでも謡い  声で謡い  拍子を取って謡い  マンゾクに謡い  真直に謡い  地謡に座って謡い  本を開いて謡い  筆者が謡い  時に謡い  歌を謡い  歌など謡い  清江が謡い  曲を謡い  ように謡い  ところで謡い  口からよう謡い  歌を、突然、謡い  

名詞

謡い[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
謡いにこったり  謡いの出稽古の口を見つけ出した  謡いの声がきこえましたので  謡いの出稽古の日にあたるので  謡いの声を消してしまい  謡いの節の一つ一つに言い知れぬ  謡いの調子をこなしてゆく  謡いがまだ二三番と済まぬ  謡い踊っていた  謡いも謡う  謡いになった  謡いはアンマリ拍子に合い過ぎる  謡いとは云われぬ  謡いの声が漏れている  謡いだけが嫌いなのかも知れないが  謡いを稽古して来ました  謡い終った清江を参右衛門はもう赦し  

~ 謡い[名詞]1
初めから謡いの  お前さんらしい謡いの  今夜は謡いの  おのが口ずさむ謡いの  単調な謡いの  声が謡いの  黒板塀から謡いの  拙者の謡いだけが  東京に行って謡いを  

~ 謡い[名詞]2
楽しく謡い  めでたく謡い  

複合名詞
謡い手  謡いぶり  謡い了  謡い盛り  一生懸命謡い  謡い嫌い  謡い好き  謡い物  



前後の言葉をピックアップ
唄い  謳い  歌い    唱い  うたい  うたいあげ  歌い上げる  歌い手  うたいまくっ


動詞をランダムでピックアップ
追いこめ取り計らわ留め置くくらい強ば成り立てかぶん名付ける罵れ羽織り途絶えるぬかり触ろ掻っ込み背く見限りふっとば暖まとどか
形容詞をランダムでピックアップ
わざとらしかっ手緩温く易しから黒く重う遽しく久しゅう黒っぽく奥ゆかしくしぶき強く穢い乏しくしつこから生なましいにぶき気安由々しくうらわか