「謂わ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 謂わ[動詞]
他人からも謂わ  友情も、謂わ  孤独は、謂わ  決心で、謂わ  大家と謂わ  此部屋ばかりにある、謂わ  卑劣だと謂わ  西洋でもない謂わ  隣接する謂わ  直系と認められ、謂わ  それは謂わ  むりをしてまで五六枚ずつ、謂わ  山西証券会社の謂わ  大切な、謂わ  歌でなく、謂わ  為に、謂わ  分野の謂わ  俗物だけに、謂わ  のですが、謂わ  のは如何なる謂わ  滑稽と謂わ  常軌を逸するも甚だしと謂わ  もののみと謂わ  ものであると謂わ  事であると謂わ  からざるものであると謂わ  濃厚であると謂わ  大胆であったと謂わ  明々白々であると謂わ  ところであると謂わ  作者としては謂わ  何事も謂わ  夫人とも謂わ  ことなんぞ謂わ  妾になるだろうと謂わ  声では謂わ  歎きは、謂わ  珍味が味わえる謂わ  加賀山も何とか動くという、謂わ  立場を感じ、謂わ  嘲笑をもって終らず、謂わ  重大であるというばかりでなく、謂わ  ものであればあるほど謂わ  傾向に準じて、謂わ  常識は、謂わ  気持こそが謂わ  高揚されて、謂わ  間では謂わ  名を成そうという謂わ  こと、謂わ  頭髪はまだ色濃くて硬いが、謂わ  もので、謂わ  次第と謂わ  のは、謂わ  峠には、謂わ  手には、謂わ  ことがなく、謂わ  もの、謂わ  境遇は謂わ  精密であればあるほど謂わ  それについて謂わ  まわりには、謂わ  仕事もさせて貰える謂わ  左右にすべき謂わ  のは、しかし、決して謂わ  ものは謂わ  方便を講じ、謂わ  わけではなく、謂わ  のであって、謂わ  自腹を切る謂わ  から、謂わ  私のは謂わ  八銭とかの謂わ  打算も無い謂わ  工合に謂わ  作家、謂わ  小説に謂わ  ように、謂わ  からの、謂わ  私は謂わ  私は、謂わ  サイは謂わ  折衷して謂わ  平民労働者ではない、謂わ  民衆芸術論の謂わ  ロメン・ロオランの謂わ  女史も亦其の謂わ  了解されない謂わ  個人的で且つ謂わ  近代の謂わ  ものであるなら、謂わ  悲劇の、謂わ  様子で、謂わ  東京へ来て、謂わ  関係で謂わ  さ、謂わ  金もなき謂わ  機とし、謂わ  ような謂わ  明々白々だと謂わ  事実だと謂わ  小品で、謂わ  読者に謂わ  ため、謂わ  曖昧に、謂わ  精神をもった、謂わ  端座して、謂わ  一人東京に残って、まあ謂わ  北川さんも、謂わ  カシーリンにとって、謂わ  森林を控えて、謂わ  干渉される謂わ  ことも無い、謂わ  妾ともつかない、謂わ  それに、謂わ  二十年間の、謂わ  あり得ないので、謂わ  平均人とは、謂わ  人間が謂わ  琴に対して、謂わ  場合偽善的な謂わ  振動は謂わ  三百年前の、謂わ  作家があって、その謂わ  水死人の、そうか、謂わ  何か謂わ  何にも謂わ  世辞に聞えないくらいの、謂わ  おこごとこそ、謂わ  はじめて、謂わ  一さいおまかせという、謂わ  もっと下品な謂わ  事なく、謂わ  事もあるとかいう謂わ  阿呆のばけものの、謂わ  ヨシ子の謂わ  大学時代の謂わ  さよ子は、まあ謂わ  味いとしないで謂わ  のだから、謂わ  血色もよく、謂わ  風習を失わず、謂わ  ここに埋まっていると謂わ  無頓着に、謂わ  人に謂わ  鉄と謂わ  とんでもない、謂わ  問わず語らず、謂わ  ように謂わ  様子の、謂わ  江戸時代の、謂わ  人は、謂わ  占だって占者に謂わ  力ありと謂わ  於いてはなるほど謂わ  西側の謂わ  ためで、謂わ  友とはいえぬ、謂わ  づまり、謂わ  現在、謂わ  一日は、謂わ  自分が、謂わ  老人を、謂わ  彼らは謂わ  感受性は謂わ  獅子舞に用いていると云う、謂わ  Reflexionsurteilと謂わ  ことは謂わ  ようだけれども、そういう謂わ  大将と謂わ  石城と謂わ  たちを持って生れた、と謂わ  横佩大納言と謂わ  失敗も無く、謂わ  弁解としてはその謂わ  感覚で謂わ  役割、謂わ  手を出さず、謂わ  義妹にとって、謂わ  静かな生活をしていた謂わ  横にがっしりした、まあ謂わ  奥様ッて謂わ  殺文句が謂わ  業蹟もあがっているが、謂わ  修養的教育とは謂わ  物静かな、謂わ  私の謂わ  物乞いをしたり、謂わ  関心、うわのそらで、謂わ  ことなく、謂わ  こんどこそは、謂わ  静かに、謂わ  相手を蹴飛ばし、たちまち離れて、謂わ  予科の謂わ  残りの謂わ  ようにと、謂わ  から己が打返したので、謂わ  チビだって、謂わ  パラティーノは謂わ  植民地域が謂わ  部屋に入れられたが、謂わ  歴史にとって謂わ  正視できない、謂わ  自身の、謂わ  生活の、謂わ  愚直の、謂わ  夢を、謂わ  夫婦二人きりの、謂わ  適当と謂わ  不自然と謂わ  不十分であると謂わ  底には、謂わ  親仁にも謂わ  申談じたい儀があると謂わ  いま、謂わ  笙だけを御吹きにならないと云う、その謂わ  何と言ったらいいか、謂わ  九月の、蒸暑い、謂わ  弱味にすかさず附け込み、謂わ  それだけに謂わ  譬にも謂わ  ことを謂わ  これを頼もしと謂わ  多くを謂わ  波多野洋介の、謂わ  哲夫の謂わ  ことが謂わ  彼にとっては、謂わ  程度の、謂わ  事実であると謂わ  情慾は、謂わ  お方が、謂わ  ものを使って、謂わ  顔が、謂わ  はいても謂わ  愛着とを感じて、謂わ  何を謂わ  縦様にしろと謂わ  名人と謂わ  西方が削ぎ取られて、謂わ  活動性が謂わ  整理されて、謂わ  関心は、謂わ  ところに、謂わ  鼻持ちならぬ謂わ  私にとって、謂わ  眼に鋭い光りがあって、謂わ  生家と謂わ  ことができず、謂わ  これも謂わ  乗りかえ、謂わ  ところへ謂わ  彼女らは謂わ  炭坑は、謂わ  水平坑は謂わ  採炭坑は、謂わ  随時一手に引受ける、謂わ  採炭坑は謂わ  之を学びたりと謂わ  テムポの速い、謂わ  ものであり、謂わ  面でも謂わ  一部は、謂わ  なかに、謂わ  中心に、謂わ  場合には謂わ  それも謂わ  ものではあるだろうが、謂わ  周組南だから、謂わ  気持ちで、謂わ  林町へ行き、謂わ  言葉を交し、謂わ  そうだ、謂わ  ダメという、謂わ  矢先で、謂わ  二つの屋台をくっつけて謂わ  内容がはっきりせず、謂わ  ことも、謂わ  のも心苦しくて、謂わ  詩など作って、謂わ  容喙し、謂わ  得も謂わ  本棚が、謂わ  民衆は、謂わ  ソヴェト同盟にとって謂わ  大衆が謂わ  二人は、謂わ  時にあったと、一応は謂わ  からね、謂わ  ひとりであって、謂わ  のも謂わ  平凡で謂わ  手紙は謂わ  言葉を考えながら、謂わ  かたは、謂わ  準備会時代からの謂わ  組織された謂わ  人物、謂わ  これまでは謂わ  ものについての、謂わ  悲でなくって、謂わ  アパートなども一応考えるが、謂わ  眼ほど謂わ  高踏的で謂わ  ことには謂わ  愛情について云っても、謂わ  これは謂わ  程、謂わ  私としては謂わ  しかも、いつも謂わ  気で、謂わ  活躍が著しくて、謂わ  天下り委員会にまかしといて、謂わ  人物は謂わ  黄檗普茶のその謂わ  結論において謂わ  性質は謂わ  一つとして、謂わ  部分品としてだけ扱っているので、謂わ  リアリズムは謂わ  文学に生かすには、謂わ  勝で、謂わ  新世界という謂わ  手紙を読み、謂わ  集まり凝り固まって、謂わ  彼は謂わ  現象であると謂わ  品部と謂わ  から明後日とは謂わ  不可いと謂わ  差配さんは忘れたと謂わ  どちらがどうとも謂わ  悪いことは謂わ  旦那とかには謂わ  筋道を謂わ  日本的水準で、謂わ  過程にあって、謂わ  イトとは謂わ  モチとはもう謂わ  ホとは謂わ  酒盛りとは謂わ  なかったとさえ謂わ  悪口は、謂わ  今こう謂わ  興味を持たぬと謂わ  間をおいて、謂わ  無難であると謂わ  恥辱であると謂わ  方からは謂わ  眼千両と謂わ  向こうから謂わ  いやたあ謂わ  伯父さんと謂わ  一髪と謂わ  真似をする謂わ  ことは、謂わ  木が立ち並び、その謂わ  発表されたと云っても、謂わ  点は、謂わ  多くは、謂わ  多分に、謂わ  点にさえ突こんで行こうとせず、謂わ  後をうけて、謂わ  学生は謂わ  疑問におされて、謂わ  洋画そのものが、謂わ  何時でも、謂わ  物語なども、謂わ  見えようが、謂わ  ものと信じて、謂わ  のだ、とも謂わ  出版事業に謂わ  ことを、謂わ  調子を合せて、謂わ  多磨墓地は謂わ  ものと謂わ  活字をさかさにしたり、謂わ  此畠を荒すと謂わ  もっとずっと謂わ  表現で、謂わ  それからは謂わ  家も謂わ  人間三十前後は謂わ  計画も無く、謂わ  人の口さがなく謂わ  事口へ出しては謂わ  大変大人っぽい、謂わ  そうにでもなく、謂わ  イイエ其の謂わ  ひとりよがりの謂わ  ものが、謂わ  詮吉は謂わ  私達にとっては謂わ  少年藤村は謂わ  霜とや謂わ  出勤時間も謂わ  感じより、読まなくちゃあならないと云う謂わ  どんなにか謂わ  目的ではなく、謂わ  好奇心もなく、謂わ  ぎごちなく、謂わ  もので、まあ謂わ  文章は謂わ  人は如何にも珍しく、謂わ  丸裸になり、謂わ  こと多く、謂わ  間に、謂わ  だって、謂わ  これが謂わ  ための、謂わ  粗野な逞しい、謂わ  自由さは、謂わ  サラリーマン生活をやっていても、そういう謂わ  情愛に結ばれて、謂わ  からだがしびれるほどに、謂わ  可哀そうだとか、そんな謂わ  ような、謂わ  日記の、謂わ  富を積んで、謂わ  ましにしようと思えば、謂わ  東京で育てられた、謂わ  それで謂わ  ものだと云われたら困る、謂わ  家、謂わ  前から、謂わ  一人も、謂わ  日常性で、謂わ  ためには謂わ  ときは、謂わ  無邪気な、謂わ  勿体ぶりかたで謂わ  秦啓源は、謂わ  これは、謂わ  三十年間、謂わ  妻に対するそういう謂わ  ものだと謂わ  ものではなく、謂わ  子供は謂わ  生きもの、謂わ  のは謂わ  ものは、謂わ  雑草もはびこったかという、謂わ  関係は、謂わ  なかったから、謂わ  モラルに立てこもって、謂わ  さはいよいよ深くかたく信じつつ、謂わ  意味では、謂わ  強壮さは、謂わ  ゴールスワージー迄謂わ  自分が何一つ謂わ  上には、謂わ  二十年以上たって、謂わ  情熱しか知らない、謂わ  ちくるいは、謂わ  障害もなく感じられて、謂わ  誰でもねるし謂わ  位のものでなければ謂わ  大阪以西は謂わ  床几は、謂わ  帽子やらを貸してくれたし、謂わ  私には、謂わ  ことさえ、謂わ  ウイスキイは、謂わ  小説作品の謂わ  のかどうか、そんな謂わ  言葉は謂わ  外界は謂わ  道徳も、謂わ  小市民的であって、謂わ  それが謂わ  因果的な、謂わ  人気をあおろうの、ま、謂わ  家来で、謂わ  うちには、謂わ  向う高になっている謂わ  そこを愛し、謂わ  顔して落ちついている謂わ  女房なんて、謂わ  案配して綴った、謂わ  厚顔無恥の、謂わ  そこで謂わ  



前後の言葉をピックアップ
岩五郎  いわ  岩雄山    違和  岩戸山  イワ  岩城島  岩穴  イワイ


動詞をランダムでピックアップ
ぶんなげ荒み見直さ生み落さ出張り読上げよしる類すとりむすん伸び上がら誘い出そ張切る堰き逸り割ける親しめる繰りあげ巻込む伝わら垣間見
形容詞をランダムでピックアップ
怨めし難いつめたいせまくるしかっ気はずかしくおいしかろかわいらしくっ見にくきむつかしき輝かしき永し気軽いみじかき不味くさびしく煩いもったいな苦しけれえらし