「諷し」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 諷し[動詞]
隠微を諷し  のでも、諷し  社會を諷し  グレンジール家を諷し  時事を諷し  山狩評議を諷し  時世を諷し  武田とを諷し  先生を諷し  ウメに諷し  人心を諷し  改革を諷し  点を諷し  底意を諷し  新政を諷し  経文を諷し  遺憾なく諷し  事を暗に諷し  差別待遇を諷し  半ばヤユとをもつて諷し  仮りて諷し  不品行を諷し  裏を諷し  裏に諷し  世の中を諷し  図を諷し  不心得を諷し  太閤を諷し  頃を諷し  私を諷し  婉曲に諷し  それを諷し  



前後の言葉をピックアップ
風骨  封鎖  風采  封殺  風刺  諷刺  風姿  夫子  風車  風趣


動詞をランダムでピックアップ
奉ぜ降り注が出れよも差うつむい散らかそ仕あがるあび生け捕ろいてつい遊び歩きおりたため役すれ目せ躍り込み建て直せうるおっもちあるい取り掛から稼ぎ
形容詞をランダムでピックアップ
恐きまず馴れ馴れしい小さくっ雄々しきなにげな歯痒い情なから穢らし面倒臭くもの淋しくやさし憎らしくっ心苦しく感慨深冷たしつまらなかろなやまし古めかし