「論ぜ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 論ぜ[動詞]
上下を論ぜ  東西を論ぜ  愛に関しては多く論ぜ  所以を論ぜ  変遷を論ぜ  審判とを論ぜ  長短を論ぜ  問題は論ぜ  形をもって論ぜ  ことであると論ぜ  文壇に論ぜ  本領を論ぜ  かんがふるとも論ぜ  歌想につきて論ぜ  例を挙げて論ぜ  それは、論ぜ  上におかれて論ぜ  義を論ぜ  ことがしばしば論ぜ  ここに論ぜ  これを論ぜ  秘殿を論ぜ  思を論ぜ  姑らく此に論ぜ  歸するとを論ぜ  中に論ぜ  指導者によって論ぜ  後期と一概に論ぜ  間柄を論ぜ  鉄のごとくなりて、恥ずべきを恥じず、論ずべきを論ぜ  多少を論ぜ  理非曲直はしばらく論ぜ  不確定性原理が論ぜ  措て論ぜ  彼地此地で論ぜ  如くには論ぜ  賤を論ぜ  ことが頻りに論ぜ  同等に論ぜ  美醜を論ぜ  婦人問題が論ぜ  研究室で論ぜ  如何を論ぜ  問題から離れて論ぜ  ことを論ぜ  回顧的に論ぜ  農村問題が論ぜ  是非を論ぜ  文を論ぜ  批評法を論ぜ  事を論ぜ  ポオプを論ぜ  シエクスピイヤを論ぜ  こと屡々論ぜ  いま誰と論ぜ  独立に論ぜ  法廷において論ぜ  是非善悪は論ぜ  別々に論ぜ  ことが論ぜ  価値が論ぜ  地理学評論誌上で論ぜ  時候を論ぜ  口から仁義が論ぜ  吾人の論ぜ  別に、論ぜ  動機は論ぜ  深浅を論ぜ  かなり詳しく論ぜ  柳田先生其他が、論ぜ  細かに論ぜ  価を論ぜ  合理を重ねて論ぜ  別を論ぜ  世界で、論ぜ  芸術を論ぜ  経歴とを論ぜ  就て論ぜ  事が論ぜ  事も論ぜ  予の論ぜ  関係も、しばしば論ぜ  潮の有ると無いとを論ぜ  歌は次に論ぜ  厳密に論ぜ  品格を論ぜ  そは論ぜ  方面で論ぜ  趣を異にしていなければならぬと論ぜ  優劣が論ぜ  趣味はしばらく論ぜ  美的関係を論ぜ  社会問題を論ぜ  貧を論ぜ  成功とかは論ぜ  頽廃が論ぜ  大事として論ぜ  時務を論ぜ  性にあるか、と論ぜ  事実に溯りて論ぜ  事は措いて論ぜ  身分は論ぜ  古今を論ぜ  京都帰還問題が論ぜ  ことなどが論ぜ  価値は論ぜ  科学化が論ぜ  それは論ぜ  国を論ぜ  種々に論ぜ  曲線も論ぜ  こともしきりに論ぜ  運動そのものを論ぜ  何十行でも論ぜ  作品にさへ屡々論ぜ  同日に論ぜ  魔法としては論ぜ  男女平等論などを論ぜ  争ひ論ぜ  ことまでが論ぜ  是を論ぜ  もとに論ぜ  限界を論ぜ  存否を論ぜ  政治的にのみ論ぜ  謀反を以て論ぜ  上は論ぜ  特に民藝が論ぜ  状態を論ぜ  謬伝訛説多きは既に論ぜ  否かは暫く論ぜ  対照して論ぜ  そこに論ぜ  議論にあてはめて論ぜ  博士の論ぜ  問題であるから今は論ぜ  補はねばならぬと論ぜ  ものである云々と論ぜ  外情とに分かちて論ぜ  いかんを論ぜ  能否を論ぜ  異同を論ぜ  人物を論ぜ  歴史を論ぜ  其出処を論ぜ  之を論ぜ  神仏を論ぜ  今は論ぜ  姑らく措いて論ぜ  擱いて論ぜ  姑らく擱いて論ぜ  姑く措いて論ぜ  姑く論ぜ  動機を論ぜ  矢釜しく論ぜ  學術について論ぜ  學術に就いて論ぜ  一任しては如何、と論ぜ  特徴なければ論ぜ  俳諧を論ぜ  渉りて論ぜ  暫らく之を論ぜ  精はしく論ぜ  絶対価値が論ぜ  於ても論ぜ  物なりと論ぜ  此に論ぜ  危険を論ぜ  食糧事情対策が論ぜ  賤貧富を論ぜ  簡単には論ぜ  価直を論ぜ  伏姫を論ぜ  



前後の言葉をピックアップ
ロンズデイル  論ずる  論ずれ  論説  論戦  論ぜよ  論争  論叢  論題  論壇


動詞をランダムでピックアップ
気に入っ吹き返すなぞら誉めろ施すとり除い洗い直しせせくる痛め付け脱せ感じとれる取分け殺れ咲くみつぎはねかえしあしらお取去りたいらげ言い触らす
形容詞をランダムでピックアップ
たどたどしい印象深かっやりきれなかっ我慢強く骨っぽ早かろ冷たかろ生温き手がる捗ばかしく毛深苦にがしく古めかしうい息苦しかっあまったるいうす汚きふといとし