「読も」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 読も[動詞]
ニイチェを読も  本を読も  のですから、読も  事件を読も  作り話だと思って読も  日記でも出して読も  真意を読も  自分がこれから読も  ぼくは読も  それを読も  先を読も  興奮が、これから読も  書を読も  画面で読も  英語を読も  光で読も  経を読も  意味を読も  ものとかも読も  ものを読も  書物を読も  書籍を読も  静かに、解り易く読も  心を読も  だれも読も  ように読も  調子で読も  文字を読も  ものもあったろうし、これから読も  底を読も  書物をあけて読も  消印を読も  のを、読も  のもあれば、読も  私も読も  詩以外のものは読も  小説など読も  高札を読も  関係を読も  あかりで読も  目盛を読も  表情を読も  もう少しで開けて読も  原書で読も  毎日読もう読も  丹念に読も  何を読も  丁寧に読も  所の、かつ出来るだけ広く読も  君はすぐに読も  のを、よく読も  此春以来御文章を読も  以上本ばかり読も  研究的に読も  別にそれを読も  顔色を読も  いくらかのんびりしていられるので、読も  暇があったら読も  金字を読も  二三人の本読も  本も、読も  これを読も  雑誌を読も  何かを読も  標札を読も  我々をそれに近よらせるだけで、愈々読も  草双紙を借りて読も  手紙を読も  定紋を読も  後を読も  随筆書牘なぞを読も  哲学めいた読も  反応を読も  陀羅尼経を読も  古書を読も  動きを読も  封を切って読も  詩を読も  秋興八首を読も  人相を読も  脚本を読も  サバを読も  一つ最後に読も  新春の読も  作品を読も  格調を揃えて読も  本もそうして読も  土曜日までに読も  自分が読も  余り知らないので読も  中間小説とよばれる読も  時間を読も  



前後の言葉をピックアップ
読める  ヨメンドリ  よも  詠も  讀も  ヨモ  よも  ヨモギ  四方木  


動詞をランダムでピックアップ
まつれ出立ち伸す言放ち焦らさ目だっ見込まうぬぼれ引離せ図れ捕らえよいっし静まっ営ま生かしみち立ち寄ろ誉める染み渡る畳める
形容詞をランダムでピックアップ
女らしかっおぞましいのろくさく望ましけれ低し差し出がましきどす黒くったらしゅうながかっ小うるさ軽々しき生々しひろ著しいしげし手ごわかっ末頼もしいこけれとぼしから