「読み」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 読み[動詞]
報告をひっぱりだして読み  ルーソー之を読み  静かに読み  一つ一つ題を読み  暗誦して読み  歌を読み  芭蕉句集を読み  松窓七部集が読み  文章を読み  書を読み  一息に読み  きみ、読み  朗々と読み  本を読み  休憩時間などにも出して読み読み  ひまに読み  手記を読み  数字を読み  しかし、読み  中でまた少し読み  テアトロを読み  聖書を読み  所を読み  何を読み  ここで読み  首引で漸く読み  史料を読み  歴史を読み  伝記を読み  雑誌を読み  のを読み  経を読み  一年ぶりに読み  昨夜まで読み  新聞を読み  私には読み  ルナアル日記を読み  帰庵。ルナアル日記を読み  しかも読まずにはゐられない、読み  古今を読み  詳伝を読み  来信を読み  日本案内記を読み  万葉集を読み  蝶夢和尚文集を読み  新聞を借りて来て読み  鶉衣を読み  歳事記を読み  三度ほど読み  記事を読み  北岸部隊を読み  中に読み  死後に読み  表情を読み  新聞紙にて読み  文学書をむさぼり読み  明らかに読み  それぞれ諸君が読み  ものを読み  私は読み  大声で読み  一切、読み  文学論集をわざと骨折って読み  紀行文を読み  随想録を読み  のであるが、さて、読み  のですから、読もうにも読み  あとを読み  案内書を読み  伝記、読み  上に寝ころびながら読み  原稿を読み  それを読み  妹さんが読み  椅子にもたれて読み  楽譜を読み  園は読み  半分ほど読み  のだと思いながらなお読み  ところを読み  先きを読み  しまいまで読み  お話を読み  一字一句を読み  詩もお読み  好きで読み  書類を読み  位を読み  一行まで読み  私の読み  これを読み  これに読み  熱心に読み  序文を読み  対話を読み  様に読み  残りを読み  七百まで読み  手紙を取り出して読み  毎日阿弥陀経四十八巻を読み  毎日阿弥陀経三巻を読み  忘れないで阿弥陀経を読み  片っ端から読み  懐から詩集を取り出して読み  中が読み  順平にも読み  楽に読み  丁寧に読み  当人が読み  ことも手伝い、出来るだけ読み  ために出来るだけ読み  気持良く読み  手紙を読み  運命などを感じて読み  興味を感じて読み  ひとり書物を読み  手紙は懐しく読み  恵みのごとく悦んで読み  自叙伝を読み  聖書なども読み  エッセイを読み  フランシスのものは少しは読み  内に読み  注意をおいて読み  書として読み  ドラマとして読み  ほうを読み  手紙うれしく読み  感動して読み  手紙懐かしく読み  魚住遺稿をお読み  尾道で読み  方に読み  書物を読み  四綴だけ読み  気をつけて読み  タッソーも読み  フィロクテテスを読み  ドラマに描こうと思っていたので、ことにおもしろく読み  私も読み  小話はかつておもしろく読み  手紙も読み  手紙集を読み  文を読み  何か読み  文句をひろい読み  本が読み  古里を読み  夕刊を読み  本書を読み  志を深読み  中では読み  資料を読み  数を読み  自由に読み  ものならすぐに、読み  皆がためらいなしに読み  虚心に読み  面白い本でも読み  毎晩DetectiveStoryMagazineを読んで、決して読み  興味を持って読み  詩は一気に読み  背景として読み  次へ読み  私はうっかり読み  気持で読み  終ひまで読み  うちでは、最も読み  人から聞いて読み  後を読み  探偵小説を御読み  ものまで読み  ストーリーを読み  乗客が読み  隅々まで読み  拾ひ読み  あれを読み  自作を読み  吉は、読み  表情を代る代る読み  あらましを読み  顔附がありありと読み  彼をひろげて暫くは見くらべ読み  四句ほど読み  歌は読み  俳人はきたなき読み  日記など読み  本など読み  露西亜文字を読み  興味をもって読み  名前が読み  文学の読み  意図をふくんで読み  修善寺案内記を読み  つもりでお読み  ゆっくり本を読み  翻訳で読み  万人の読み  レーリーを読み  のが、読み  数とを読み  ように読み  夜風に流して読み  反古を見つけて、ヒソヒソと読み  中でも読み  ものを、喜んで読み  ト絵本の読み  節をつけて読み  キェルケゴオルを読み  自分の読み  マコーレーを読み  手紙をひらいて読み  ペーパーを取りだして、開いて読み  わたしも時どきに読み  一緒に読み  会話のかずかずや、たがいに読み  厚みとかをすぐ読み  もの、とひろい読み  ことを読み  これで読み  ところに読み  電燈をつけずに読み  小説を読み  古書を読み  それを一度読み  ひと一倍興味深く読み  小論の読み  懐からとりだして読み  捕物控などを読み  捕物控を読み  解説書を読み  手紙をお読み  彼は読み  一冊を読み  一つ一つと読み  何冊も読み  ことが読み  頁を読み  名を読み  事を読み  やうに読み  やつと読み  十二月まで読み  数分の間熱心に読み、読み  ひとりで読み  墨がかすれていて読み  皆は読み  亢奮とをもって読み  詩を読み  方言を読み  中で読み  句を読み  眸を読み  漢文をよく読み  読者には、読み  いつでも読み  限り安心して読み  ような、又読み  本を買い込んだり、又読み  為替欄を読み  べた一面に書いてあったが、てんで、読み  三位卿は読み  つぶやきながら読み  文面を読み  乱雑な、読み  布告を読み  学郎さんから、読み  レザールは読み  妾が読み  新聞紙を読み  読みかけを読み  エビスと読み  つとめて書を読み  暗記するばかりに読み  蕪村句集を読み  論文を読み  創世記を読み  百記を読み  老子経を読み  かつは読み  小説やらを読み  断片的にお読み  バラツドとしてお読み  古文を読み  訳書を読み  字を読み  学校本を読み  経済書を読み  新聞紙等を読み  兵書を読み  夕刊を受け取り、読み  謄写刷りの読み  うちに読み  ちがいないけれども、すこし読み  ニイチェを読み  三面記事を読み  吾家で読み  オグラと読み  書物も読み  一篇の読み  さで読み  薬師仏にぬかづいても読み  伝を読み  声ですが、読み  有罪訴因として読み  可なり読み  承知できるが、その読み  先にかならず読み  小説だとさえ知らずに読み  本をさがして読み  先を読み  暗号文はとうてい読み  幾篇か読み  ところへ読み  物語を読み  紙上にて読み  ことにして読み  暮方本を読み  新聞記事を読み  由、読み  近年は読み  物語をおさめる、読み  誰かが読み  今、読み  コピーをとってまで読み  体制もできていないとなると、ついつい読み  消化しやすく、読み  子供どうしで読み  ものが読み  際はどうすれば読み  文字は、とても読み  解説を読み  電子本を読み  最後まで読み  エキスパンドブックを読み  肝心の読み  私にとっては何とも読み  宙ぶらりんで読み  ために読み  ベッドで読み  インタビュー記事を読み  丹念に読み  物語も、続けて読み  自分の物語りを、読み  類書を読み  WWWの読み  ページに比べれば、ずいぶん読み  ネットワーク越しに読み  コンピューターから本を読み  しかなかったものを、読み  本は読み  改良して、より読み  檄文を読み  万葉集は、甚だ読み  個所を読み  法水が読み  今度は読み  母の日記を読み  母は読み  ノオトを読み  哲学を読み  日記を読み  読物を読み  心情を読み  作品集を読み  ThedeathoftheGodsメレジェコフスキーを読み  心持を読み  僕には読み  オーリャが読み  恋愛小説を読み  翻訳といふと読み  平易で読み  新聞ならば読み  ものだけ読んで読み  眼孔もて、読みては又読み  それに読み  こころは読み  作品を読み  なかをすっかり読み  人に読み  近頃になって読み  真を含んでおらんと読み  作品をお読み  新聞で読み  物置で読み  屋根裏で読み  グリンウッドを読み  物を読み  チェルヌイシェフスキイを読み  虚心坦懐に御読み  色が読み  三十一号を読み  大抵は読み  例によって読み  作者が年来絶えず繰返して読み  通つてみると、読み  まま声高らかに読み  本でも読み  ふところ加減をも読み  十年二十年に読み  小説本を読み  続きを読み  未亡人が読み  肚を読み  虎造はよう読み  背文字を読み  デイヴアンを読み  言葉を読み  話を読み  心持で読み  私はくり返し読み  動機が読み  心裏を読み  モリグと読み  大使クロオデル閣下、どうか悪しからずお読み  一節を読み  眼は、読み  先生に教えられて読み  先生が読み  から、読み  看板を一々読み  新聞紙など読み  木村が読み  葉子はべつに読み  心を読み  経書を読み  声高らかに読み  劉封は読み  それをふなと読み  わたしらが読み  不和を読み  顔色から何も読み  朝にでも、読み  遺書を読み  規則をお読み  二三章飛び読み  翻訳などを読み  一つ一つ熱心に読み  烟草を燻らしながら、読み  手紙を受取って、読み  うちに、読み  みんなで読み  一つの読み  鍬を持ち読み  もう少し兵書を読み  あいだに長く読み  あとがきを読み  小田は読み  封を切って読み  自立を読み  雑誌でも読み  うに戯曲を読み  二度許り読み  経もお読み  陳述書を読み  さそうに読み  明りにすかしすかし読み  それだけを読み  夢中で読み  ものが多かったので、読み  ものを、かなり多く読み  容易に読み  獲得せしめ、最も読み  英訳などを読み  難字をも読み  仮名本を読み  間に読み  翻訳書を読み  多少書を読み  代へて読み  廊下を歩きながら読み  職員室にはいって読み  声に読み  かしくと読み  中に縮み込んで読み  本も読み  二千枚は読み  声で読み  説明書を読み  相場の読み  戯曲を読み  コポオが読み  新聞の読み  本なんぞ読み  ハイドリオタフヒアを出して読み  天井から文句を読み  彼は、附け足してさう読み  上書を読み  イベットを読み  私が読み  横書にした、世にも読み  遺書をとうとう読み  号外の読み  ふけわたるまで読み  哲学書を読み  ようにして読み  一生けん命帳面を読み  のを偶然読み  坊さんかと、読み  皆な読み  信号を読み  句とをしみじみ読み  大変叮嚀に読み  物をよく読み  方を読み  中途で読み  ここまで読み  広告を読み  参考に読み  雑誌を取り出して読み  ノートをとりながら読み  雑誌を執りだして読み  ニーチェを読み  面相を読み  さにほくそ笑みして読み  われらの且つ読み  ことがハッキリ読み  説明を読み  ミシルシと読み  遠方から本を読み  前にも種々読み  調子をつけて読み  上にのせて読み  文字を読み  妻が読み  探偵小説などを読み  若いから、読み  小説なんか読み  上機嫌で読み  ゆっくり説明書を読み  弔辞をながながと読み  ままに読み  富が読み  微笑を含みて読み  雑誌をいただいたので読み  ときを読み  観察し初めて読み  心籠めて読み  取りながら、読み  斜に飛び読み  度を失って、読み  書籍を読み  書籍も読み  下婢は読み  知らない人の書いた読み  帳面から顔をあげず、もう起きてるよ、と云って、読み  リヴィングストン伝を読み  リヴイングストン伝を読み  号外記事を読み  頁をはぐって読み  なぞを読み  前で読み  誓約書を読み  今それを読み  電文を読み  命令を読み  歴史談など面白く読み  前半を読み  無理に読み  文句を読み  記録をすっかり読み  文にして読み  先に読み  二部を取りあげて読み  心もちを読み  浜は読み  健康者にも読み  自分には読み  一葉を読み  荷風を読み  店頭で読み  遍歴物語を読み  覚え書を読み  頭脳で、貪り読み  あなたもお読み  一枚を読み  伸子は読み  最近に読み  二人で読み  二三度繰り返して読み  評決を読み  中に、はっきり読み  べつべつにごく低く読み  私がまだ読み  一字も読み  さつきから続けざまに読み  無神論を読み  姦淫を読み  本は必ずしも読み  本はむしろ走り読み  全体は読み  まり小説でも読み  一行を読み  みんなに読み  それから本を読み  大人の読み  別れしなに、丁度読み  辞書を読み  スウェデンボルグを読み  聖句も読み  自分の急き立つるので、そろそろ読み  早口で読み  月人に近しと読み  句へ読み  先づ普通の日本人には読み  身で、読み  評伝を借りて読み  頌を読み  跡を読み  二月号を読み  脚本を読み  朝刊を読み  タイトルを読み  バックを、読み  指令文を読み  何かを読み  天井を眺め、又読み  封筒を開いて読み  法律書を読み  特に刑法を読み  眉をひそめ、やがて頷いて読み  銀様は受取って読み  嘉吉は読み  鷲握みにして読み  これをお読み  声高く読み  紙片をとり出して読み  一生懸命に読み  面白いと思って読み  穿鑿をやめて、読み  探偵小説を読み  地誌なぞが、未だに読み  頃は読み  注意をもつて読み  後半が読み  私は、読み  書簡を読み  声に出して読み  小林は読み  銀様はスラスラと読み  六を読み  御身の読み  新聞を取って読み  文字を拾うてお読み  帆村の読み  通過を読み  はじから熱心に読み  何度も読み  正確に読み  ヨーロッパで読み  イダテと読み  七歳頃から読み  中本仕立の読み  文字から読み  中から、読み  窓際で読み  今日漸く読み  利益をも受けながら、楽しく読み  一つ一つ丁寧に読み  私は、なお坐りつづけて読み  上に読み  二度くりかえして読み  朗朗と読み  点字で読み  光でいくどもいくども読み  あたしが読み  二作を読み  作を読み  時局には読み  Polikouchkaを読み  次回の読み  前回からの読み  経史を読み  声立てて読み  観音経を読み  夏から読み  医書を読み  感動をうけながら読み  何頁を読み  ように、楽々として読み  づ古典作家を読み  戯曲を取寄せて読み  ころ、読み  物の数を読み  わたくしがこれから読み  原稿をひろげて読み  此文を読み  前に読み  元来此書を読み  修証義を読み  啓迪を読み  洋書を読み  急に読み  イミタシアン・オブ・クリストと読み  ピリグリム・プログレスと読み  ソサイタス・ジェスと読み  家へ読み  徒然に読み  坂本公園を態と読み  ように受取ると、一気に読み  キリスト教書籍を多く読み  証拠書類及同公判調書記載を読み  書物を持っていたし、なお読み  苦もなく読み  雪はスラスラと読み  遺文全部を読み  名作を読み  告文の読み  鼻血を出し、ついに読み  数まで読み  しかし、たいして読み  最中でも、読み  四くりかえして読み  小説などを読み  神経衰弱者を読み  メッタに読み  あなたは読み  選手として読み  ふうに読み  自然に読み  ふうに読んだか、読み  何を感じたか、読み  三篇を読み  政治欄を、むさぼる如く読み  みんなが読み  いつまでも見ていたが、読み  胸中図は、よく読み  一つも読み  洋書をひろげて読み  苦労もなしに、かくして読み  老と読み  めくら草紙を読み  八頁だけを読み  はがきを読み  シェストフでも読み  仕舞までお読み  ゲマイネを読み  カイダノーフを読み  孟子を読み  句が読み  何が書いてあるか、読み  シラホネと読み  コツと読み  三人黙って読み  篇を読み  樹脂の滲みで読み  高徳には、読むにはやっと読み  奉書を読み  注意されて読み  前々よりお読み  重大に読み  端から読み  神主はすらすらと読み  表も読み  前段に読み  みちりやと読み  英文に読み  字は読み  そツちへいて読み  声を立てて読んでゐたが、読み  根本的に読み  雑誌なぞ読み  さっきから、読み  政治書を読み  案内記を読み  意味に読み  現実について読み  一章を読み  名のりかぶせて、読み  願文を読み  披いて読み  一心に読み  周平は一気に読み  白川は読み  者にはすぐ読み  臆面もなく読み  朗詠風に読み  新聞に読み  アクセントで読み  明瞭に読み  から書物が読み  記事を繰返して読み  高座で読み  机は読み  尊氏は、読み  オし、読み  アナウンサーの読み  展げて、読み  駒井は読み  んですが、読み  唇から読み  それと読み  黄表紙を読み  自分も読み  皆さんお読み  并寄二五十畝之田地於太子堂一以為二膏油之資一、と読み  学問では読み  後世に長く読み  尊氏を読み  腹を読み  興味を以て読み  うちは随分御読み  矢張り、読み  日記が、ことごとくあるが、読み  絶対に読み  動悸とを以て読み  それで勇んで読み  うちは、なるほどと思いながら読み  しかし、しだいに読み  勇気づけられ、なるべく深く読み  方はだらだらしていて読み  先へ読み  ことが、読み  新聞記事ばかりを読み  片っぱしからそれを読み  んも読み  高らかに読み  声高に読み  感心して読み  名文だから、いっそう読み  どこまで読み  条を読み  歴史を好んで読み  長編を読み  五冊も、次々と読み  譜を読み  箇所をさしながら、読み  山川技師は読み  他人ごとでは読み  癖があるので、とても読み  新聞雑誌を読み  気持ちでお読み  文庫本を読み  一つだけ読み  弟から借りて読み  自分が読み  方はちょいちょい読み  消息を読み  そうにひろい読み  から面白いようにも読み  出目を読み  妻君が読み  我慢にも読み  分を読み  老人は、読み  黙読していたが、読み  書簡は読み  ときの読み  幾分間も読み  間宮倫宗を読み  松浦武四郎を読み  ゲーテを読み  シーボルトを読み  記事を繰り返し読み  いふ作を読み  参考書を読み  籠つて、読み  すべてを読み  手あたり次第に読み  婦人雑誌に読み  経典を読み  一冊も読み  彼の読み  本を開いて読み  福引が読み  冊子に読み  過度の読み  外国擬いの長々しい読み  応へ、読み  私たちはせわしく読み  どなたも大抵お読み  現代戯曲を読み  作句が読み  木簡を読んだ、読み  眉を曇らせ、キッとなって読み  最後までお読み  書面をお読み  著書を読み  鳥居朝吉君は、読み  ものは、実に読み  等を読み  本を少し読み  はずなのに、こう読み  意見を読み  何人にも読み  眠気さして読み  書は読み  ば知らず覚えず読み  家集位を読み  雑誌より放し、頷き、また読み  横文字を読み  スペンサーを読み  生を読み  飢ゑてゐるやうに書物を読み  半分も読み  わけでもないのに、読み  ように、ごく早くやたらに読み  管弦楽隊を、あたかも読み  抜粋文集から、読み  彼は頑として読み  一幕を読み  顔が曇りぴたりと読み  評論を読み  楽曲を読み  もう一度リイプクネヒトを読み  気持が読み  なにを書きましたやら、さぞお読み  文字だけを読み  ことは読み  易を読み  蓄蔵しなければならぬと共に、いったん読み  表であって、読み  磨滅してよく読み  もの以外は、何一つ読んでいなかったし、何一つ読み  心打たれながら、読み  涙が出てきて、読み  ぢや、読み  上などでも読み  迷いもなしに新しく読み  言葉の読み  とんでもなく、すでに読み  意味が読み  現代のものとして読み  如何にして読み  Subjektを新しく読み  ことであろうし、読み  無限に読み  ものとして読み  偸み読み  縫いも読み  考えをすっかり読み  胸騒ぎがして、読み  二人が読み  洋綴で、一度読み  西国立志編を読み  小説以外にはあまり読み  手紙を御読み  起立して読み  小説などで読み  それを読み読み  僕が読み  夢中に読み  事実で、そうして読み  江戸ッ子だ、そうなくてはならぬと、更に読み  笑止がって読み  上で読み  ことを、読み  上から読み  一喝し、読み  巻を読み  経済眼を以て読み  頭に入って読み  一巻を読み  本は借りて読み  嗜好に従ってただ読み  マタイ伝二十八章、読み  再読終へて再読み  多く書を読み  ことを、それとなく読み  字が悪くて読み  これに似ておりますが読み  ページを開いて、しきりに読み  小説伝記を読み  面白ければ読み  会雑誌の読み  仮名の読み  芳野紀行を読み  謡曲殺生石を読み  心も読み  手に入れて読み  評論など分らずながら読み  候へば、読み  版本のみ読み  大変興味をもって読み  字を読んでいたが、読み  制限されて、今読み  眼を定めて読み  心中を読み  毎日本を読み  読者に見ていただきたいとは思わぬが、しかしもし一度読み  小僧の読み  ひとつお読み  キョドウと読み  返事を読み  一頁でも読み  眼を読み  返事もあけて読み  戯曲より読み  ズツと読み  汎く読み  千縷蕭條、いとくり返し読み  文章の読み  ジアネイを読み  一行でも読み  日本語で読み  光さんにも読み  無闇矢鱈に読み  一切やめて、すぐに読み  涙なくして読み  東京新聞にも読み  講談本を読み  最近老子を読み  老子を読み  ことで読み  間を読み  家に帰ってまた読み  二人はしだいに読み  読みちがいをして、読み  場合はそのバカバカしい読み  さきを読み  聖文字を読み  われとし読み  号外を読み  本をかりて読み  横文字なんか読み  無闇に読み  幾分か経ったろう、読み  物語が、読み  ものに、読み  バルザックでも、読み  ファーブル昆虫記を読み  五月蠅と書いてうるさいと読み  のは読み  淡白に読み  問答を読み  タネリは低く読み  何でも読み  漢字を読み  宣伝ニュースを読み  人びとは読み  ごろ寝して読み  蔵書を手当り次第読み  記事を御読み  エソワイアンと読み  ゆうべの読み  詩をひょっくり読み  道子には判らなかったが、しかし、読み  通信を読み  万国史などをも読み  中において読み  人も実に喜んで読み  私のよく読み  いくら哲学書を読み  どれだけ読み  ますます本を買って読み  得手と読み  仏訳で読み  思つて、いろいろ読み  文章も読み  直接原文で読み  ケイと読み  書簡を取り読み  経文を読み  電信を読み  連絡をとって読み  ダヌンチョオが流行っていましたので、かなり沢山読み  声を張りあげて、読み  ような、読み  嘗試集を取ってまた読み  嘗試集を読み  朝から夢中になって読み  今夜もまたこれから読み  雑誌で読み  論語くらいは読み  花柳小説でも読み  ざっと記事を読み  上に、読み  山を読み  悠りお読み  告白書を読み  書類を残らず読み  印刷物を読み  速記を読み  遺書へと読み  気持ちを抱いて読み  発句を読み  鴨長明を読み  祝詞を読み  田丸浩平は読み  外国電報欄を注意深く読み  どこを読み  からすらすら読み  章句を読み  仏教史論を読み  新聞が読み  何年もの間、読み  別に何か読み  日記は読み  半分以上は読み  面白半分一気に読み  ッと読み  筆が取れないで、かえって読み  仮名をひろって読み  記録を読み  今私は読み  トムジョーンズを読み  仮名で、頗る読み  此智恵鏨を読み  外国小説を読み  つの本もずいぶん読み  カルタのおもてに読み  本をひろい読み  英雄伝を読み  私も、読み  腹の中を読み  漢音に読み  いつみと読み  経文を、ひくく読み  和歌を読み  少年の読み  手紙は読み  勤労者にとって読み  ものは、わかりやすくて読み  文学作品を読み  カスガと読み  元気に読み  ものは読み  ところを繰かえして読み  そのままに読み  節を読み  方をむいてしきりに読み  平気で読み  お互い心理の読み  ここでは読み  ところへ、あまり読み  本年末にいろいろ読み  日課に割って読み  ソウソウ朝から晩まで読み  我々素人には読み  横において、しばらく眠って又読み  これを初めて読み  近作を読み  貴方一つ御読み  女を読み  ふみ一つ二つ買はせて読み  ふみ一つ二つ買わせて読み  あれももうお読み  リーダーを読み  小説は読み  若い時は読み  一部を読み  言葉へと読み  滔々と読み  初学者よくよく読み  芸術として読み  色を変えて読み  ためになんて、読み  事実を読み  ドストエフスキイを読み  ものをも読み  為に読み  懐から新聞紙を出して読み  声を張上げて読み  しかたがない、又読みたくて読み  芸術では読み  迚も読み  この間後篇を読み  部分を読み  爽快なよろこびをもって読み  速力では決して読み  私はまだ読み  袋に入れて持って歩いて読み  ことをいつだったか読み  人が読み  空想を読み  電報を繰返して読み  笑を含んで読み  英語を読み  一ページを読み  武男は読み  新聞をば読み  墓標を読み  手より受け取りて読み  涙をふいては読み  兎に角、ぽつりぽつりと読み  音もて読み  其前から読み  何歳頃から草双紙を読み  いふ書を読み  手紙を出してお読み  報告を読み  字が消えてるから、読み  ドノバンが読み  自分で読み  誰が読み  古事記を読み  詩を沢山読み  ノートのものなども読み  つて原稿を読み  意図は、うぬぼれでなしに、読み  書もよう読み  笑みを漏らさずには読み  終りまで読み  オレは読んで読み  場合を読み  線、読み  余これを読み  眼で読み  スタンダールなどの読み  おしまいまで読み  漢文であるから関孝和が読み  誰でも読み  ゴーリキイまでが読み  法華経を読み  チェホフなどをお読み  2、と読み  メッセージを読み  文集を読み  梗概を読み  三巻を読み  議論を読み  批評を読み  立志譚は読み  真実一路を読み  彼岸すぎまでを読み  雑誌も早く読み  性質としては一気に読み  作物は、作りたくない読み  抽出して読み  歌は、ただ読み  関心さが読み  日附けを読み  懐中紙をだして読み  註釈を入れながら読み  あれを、も一度読み  相田清祐は読み  夕陽新聞を御読み  それが読み  小説でも読み  断じて自分の読み  何かお読み  慄え、読み  いやに読み  人情噺などを読み  書簡集を読み  これこそ読み  評伝を走り読み  為には読み  名前を読み  プリントを読み  ハシタビトと読み  文造は読み  歌などが出来て、読み  憲法とを御読み  心で読み  何度とりだして読み  冰心女士は、読み  書類など読み  一ばん読み  間抜けてひびいて、読み  家庭婦人に読み  方向に向けて読み  中味を盗み読み  女が読み  講釈師が読み  うちはただ読み  書物が読み  一ヶ月新聞を読み  本もなく、読み  論語も読み  長篇中では相当読み  手に任せて読み  千世子は読み  徒然草を読み  千世子が読み  小説ばかり読み  時に、読み  両者を読み  そこは読み  作品を少しは読み  時と読み  むづかしい講義録を続けて読み  ものの読み  皆この読み  距離に近づけて読み  時は、読み  字の読み  汽車に読み  門札などを読み  ドクであるが、読み  新聞を取り上げて読み  小品集を読み  名刺を読み  興味を持たせ読み  お話がどうなるか、早く読み  今から先を読み  本ばかりを読み  大東新報を読み  彼女は甚だゆっくりと読み  蔵書を手当り次第に読み  漢文で少し読み  目で読み  それを一々読み  碧巌などを読み  経をお読み  意味でも読み  於て読み  長塚君はこんな読み  現状が読み  画面で読み  ホームページは、読み  電子雑誌を読み  行間の詰まった読み  文章が、読み  言つて平三は尚ほ読み  一ど読み  国富君とが、読み  聖書は読み  つた記述とを読み  おしみなく並べてスラスラ読み  ところはたいてい読み  畳にひろげて、読み  ところまで読み  のではなく、ほとんど読み  三人姉妹を読み  分相応にたのしみ、読み  心ときめかせて読み  御用帳を読み  半日本を読み  昇コウなどと読み  ひまを見つけて読み  万人に読み  北斎などの読み  それからまた読み  間にありありと読み  キョトキョト声で、のべつに読み  なり何時までも読み  彼は、すぐ読み  彼は一旦読み  一つそれを読み  なんべん読み  マリアンナを読み  職場通信を読み  炉に居寄りてふみ読み  これを何とか読み  君は読み  終りから逆にお読み  人これを読み  方々これを読み  書取出して読み  わたしが読み  教授法はちっとは読み  お伽噺を読み  眼色をも読み  六課を読み  書籍で読み  英語に直して読み  小太郎に読み  枕元に坐って、読み  真面目に肯いて読み  一ページばかりも、読み  主人が読み  私がお読み  人たちの名まえが、読み  名前までいよいよ読み  ユウコフに読み  特徴までも読み  一章だけ読み  のをお読み  家庭雑誌も読み  新聞でお読み  留吉は読み  これとしてお読み  作品を捜し出して、読み  あたりから先は、読み  万巻を読み  核心を読み  日本語に読み  後に読み  江戸時代中期の読み  一遍読んですぐ又読み  湯、読み  旅先で買って読み  捜査課長は読み  本を手放さずに読み  それをかぶって読み  新刊雑誌のものなどを読み  いるかを読み  声たかだかと読み  キングを読み  処、読み  支離滅裂で、ようやく読み  本に読み  机に向いて読み  もの云ひもの読み  ノートを置いて読み  ゆっくり落ち付いて読み  気質本を読み  いつか西廂記を読み  念入りに読み  俊亮は読み  短篇小説のみ読み  璽光様を読み  小次郎は読み  頭数を読み  これも読み  部分を一気に読み  次郎は読み  声を出して読み  使者の読み  立ながら読み読み  翻訳物を取出して読み  買ッてしまえば、余り読み  うち秀子は読み  指を折りつつ読み  平生貴族名鑑などを読み  記事などを読み  初めから英国の新聞紙で読み  暇にあかして読み  あれこれ本を借り出して読み  札を読み  奇書を読み  物の本で読み  枹木子などを読み  書物で読み  つて居たので読み  説を読み  私も読みたい読み  本では読み  書抜を読み  気もなく黙って読み  僕は読み  誰にも読み  備考欄まで読み  私にはそうとう読み  日本文を読み  それから先を読み  毛布でかくして読み  下にもぐり込んで読み  むやみと読み  日頃物語のみで読み  きのふ新聞にて読み  蔵書、悉く読み  歌集ばかり読み  理窟を読み  逆に読み  作者が読み  次郎は、読み  調子で読み  大河の読み  おりに読み  次を読み  目にお読み  イレネは読み  一時間も読み  作品を捜して読み  傑作小説集など借りて読み  走り書きにしたためてあって、極めて読み  ものをずっと読み  ここに読み  そこを読み  間柄であったが、読み  それはこう読み  武士が読み  んと読み  マリオ日日新聞を読み  拙劣で読み  福音書を読み  さ、読み  クリステンダム物語を読み  先が読み  人には、多く読み  わず投げ出して、また次に読み  若い時分には、読み  今では読み  聖典を読み  一巻も多く読み  一字も多く読み  学校でも読み  時分ずいぶんいろいろ読み  その後もほとんど読まず、読み  評判になって、読み  共感をもって読み  文献を集めて読み  もう少し不用意な、読み  本をお読み  三十分なりお読み  式を立てたか、そこで読み  カナヅカイも読み  漢字制限も読み  けが漢字であつたり、ひどく読み  やう、又、読み  ために、むしろ読み  ところで、読み  たびに、常に読み  作品が読み  思想を読み  二度三度くりかえして読み  一刻も早く読み  あいつの作品が、読み  から一度読み  作もよく読み  フランス語を読み  全訳を読み  処が読み  ものを買って読み  生硬であったりするので、あまり読み  評論としても読み  ことは、単に読み  矢の早読み  夕飯前に読み  集註を読み  触れ書を読み  字ではあるが、読み  著述を読み  笑をふくんで読み  ひとり歌書などを読み  半蔵に読み  ものなぞに読み  草双紙を読み  通りを読み読み  雑誌に読み  物を好んで探しだして読み  老人は読み  ところへ行って読み  非常に読み  小説をお読み  里見八犬伝を読み  口調で読み  冊子を読み  一心不乱に読み  処々残っている極めて読み  教科書を読み  のがかなり読み  稽古本を借りて来て読み  勧進帳を読み  立廻りながら読み  屋根瓦を読み  ほかの子に見せないでお読み  隠微を読み  それをお読み  明らかでないのみか、元来読み  伝六が読み  日曜新聞を読み  クマナカと読み  息をこらしながら、読み  今すぐお読み  書き置きをお読み  書生も読み  官吏も読み  実業家も読み  何人にも解し易きのみならず、読み  処は面白くも読み  あれはお読み  本は二度と読み  若い患者がいつも読み  ゆつくりお読み  振仮名をたどりながらも一気に読み  早や、お読み  せつせお読み  カーマスットラを読み  TOKYOわれらの且つ読み  やつが、読み  口ざみしさのあまりに読むともなく読み  著を読み  私などは読み  訳を読み  娘も読み  つりきな読み  ところが読み  場面を読み  小説も読み  心に読み  姿の何らかを読み  書を御読み  はしがきを読み  注意して読み  信者代表として読み  市太郎さんは読み  新刊書を読み  満洲日報を読み  頃を見計って、読み  書も読み  何遍も読み  竜蔵版とかれこれ読み  誓願文を読み  文藝春秋で読み  あやしい文字を読み  ジャーシャを読み  感想として読み  文法を読み読み  読みは読み  ものも段々読み  一通り漢籍を読み  どこも読み  物足らず思いながらも読み  窃に読み  国法汎論なども読み  何処かで読み  詩章を読み  ものだけを読み  メグが読み  そうに読み  ベルシャムを読み  本をむさぼり読み  週報を読み  らいをし、おもむろに読み  涙を流して読み  ローリイは読み  らいをして、読み  電報を読み  メグが、読み  便りなので、読み  詳かに読んだ、読み  仕方がないから聖書を出して読み  ものを数多く読み  手にして、読み  小説など読み  面白がりて読み  倫敦消息は読み  マラルメを読み  私は未だ読み  西鶴を読み  講義録など読み  さばを読み  安心して読み  書物はどうしても読み  事あり、わが読み  曲を読み  顔色を読み  新聞も読み  新聞を読み読み  すべて平仮名のみにて、甚だ読み  収穫を読み  物語に読み  覚書を読み  女王は注意深く読み  死刑宣告をお読み  表状を読み  一語一句をハッキリ読み  顔をして読み  苦労して、読み  字を書くと読み  ほかの読み  ときだけ、云わば読み  感動しつつくりかえしくりかえし読み  心算で御読み  ソ作家大会報告を読み  記録などは随分面白く読み  風にとびとびに読み  ことは、読み  それで読み  小説が読み  から今に読み  がけに読み  範囲では読み  句点は仮に読み  文章をも読み  頁から読み  一冊の本を読み  先をお読み  ページを読んでいて、読み  手に入るので、次々と買って読み  学校で読み  字がひょろひょろとして、とても読み  渉って集めもし読み  これを裏返しにすれば、読み  眼色は読み  読本が辛うじて読み  心祝いに、読み  しゃるように読み  題だけはもう読み  二つ並べてくりかえし読み  木を読み  柳亭種彦の読み  本文を読み  物語類は、読み  日記でも出して読み  ハイネを読み  ホイットマンも読み  二人夕刊を読み  アンデルゼンでも読み  アンデルゼンを読み  書を、読み  伯夷伝を読み  家康篇を読み  からにもよるが、読み  家譜を読み  紙片を読み  更それを読み  逆に折り返して読み  かきものを読み始めて、読み  テムポであっさりと読み  章をお読み  口書下書を読み  伝記を走り読み  気持で、読み  太閤記かなんぞ読み  間をおいて読み  風か、と読み  別としても、とにかく読み  戯曲をよく読み  ことで、読み  罪状を読み  女心を読み  処方箋を読み  論やらを黙々と読み  仮借しては読み  全体を読み  息もつがせずに読み  つても、読み  今はよく読み  カンと読み  一冊から読み  根よく読み  興味を誘われて、さらに読み  新約聖書を読み  何心なく拾い上げて読み  ものとお読み  菊水帖から新たに読み  日を読み  これまでに読み  三日ほど読み  熱心にお読み  本質的な読み  一通り新聞を読み  今日にも読み  意図は読み  章までを抜き読み  読者に、親しく読み  複雑でもあり、従って、読み  現代人に読み  参酌しないと読み  君と読み  会場では、よく読み  たかが、読み  時代小説は読み  寝床で読み  村田が読み  此著を読み  艶書、お読み  意を読み  帰つて本でも読まう、読み  ペラペラと読み  批評位ゐ、読み  ボクらの読み  杜切れていたけれど、読み  通信に委しければ、読み  詩集など出して読み  半分本を読み  ままあとを読み  から、さぞかしお読み  溜め息をしいしい読み  めくら探りに読み  あてどもなく読み  眼にかけまして嘸かしお読み  オオリと読み  参考としつつお読み  人物だか、読み  生活感情を読み  感想文とをあわせ読み  ひととおり新聞を読み  文芸欄を読み  家庭欄を読み  頃はそれでもちょいちょい読み  苦心して読み  絵本を読み  やうだが、読み  文は短けれど読み  転つて書物を読み  もう一度手紙を読み  ような読み  氏は読み  かげで読み  何をお読み  本棚から抜き出して読み  妾は読み  一分間足らずで読み  いつものように手紙を読み  そればかりを読み  内容を読み  ドストエフスキーを読み  ド論を読み  向へ持って行って読み  三日ばかりで面白く読み  所を面白く読み  ぶりで、読み  ヘンリーは読み  教授は読み  午前ジェームスを読み  文字まで読み  字を埋めて読み  手に持ってお読み  それを受けとって、あけて、読み  朝子は読み  涙が出て読み  たまたまシエクスピアを読み  黒井さんが読み  ≪助人≫と読み  自分勝手に読み  僕、読み  表情をつくって読み  電報をくり返し読み  あとが読み  数頁を読むともなく読み  カールの読み  号は、まえに読み  大学卒業前後に読み  

名詞

読み[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
読みかへして見て  読みになったの  読みになった  読みをし  読みにする  読みになるには  読みの皆さんは誰方もさう  読みの浅さに虚を衝かれた  読みになりますか  読みになると  読みになって  読みの深さを持つた  読みにしながら  読みの効かない  読みをした  読みとこれに対応した  読みは的を射ていた  読みになって怒ってらっしゃるの  読み易いやうに書く  読みになったですか  読みの深さが違うとる  読みにならない  読み古した本をよみはじめ  読みになれば  読みかへしてみたが  読みになったでしょうが  読みになったでしょう  読みにならぬ  読みをしたり  読みになりましたか  読みさえすれば  読みもしない  読みになるでしょう  読みになっている  読みになりました  読みになっていらっしゃる  読みをしてゐる  読みになれる  読みになりたいとおぼしめしませんか  読みをする  読みは拙者がする  読みもしないで  読みになる  読みのひろさに益々敬服の念をかため  読みの深い計算をはたらかせている  読みかへされたので  読みになったろうと思うが  読みになっては違います  読みにならなければ違います  読みになってはいなかった  読みになるならば  読みに成ったって云ってい  読みの苦心も存していたに  読みに読み上げました  読み古したる植物の書籍近きに送らんといふ  読みになりながら  読みのひとは知って居られるだろうが  読みになりますの  読みになりたければ  読みになり  読みになっても  読みかも知れないけど  読みにくければ  読みもせず  読みにはならなかった  読みになりませんか  読みになって下さいませ  読みはしなかったであろう  読みもする  読みになっていらっしゃるか  読みの深さを想像し  読みになってから  読みにならないで  読みはしないけど  読みにはなれまいと  読みもせぬ  読み辛いといふんで  読み辛いと思ふ  読みになつた諸君は新年号の双六の画面をはつきりと思ひ出して下さい  読みになっているとする  読みになってください  読みになれば分る  読みの深い女心を読み  読みになりたくない  読みを欠き  読みになるの  読みになればわかるわ  読みに読んだ  読みになってもわかる  読みかも知れませんけれども  読みになりましたろうか  読みの深さとあくどい趣味は感じられても  読みをあてれば  読みになりますれば  読み悪いか存じませぬが  読みもし  読みになりはしなかったかしら  読みになれば買おうという  読みになったらしい  読みは読んでも  読みんなりましたか  読みになったでしょうか  読み苦しいのを我慢して  読みになれば判る  読みふるしの本がいっぱいつまっており  読みふるしの本とちがって  読みになったかしら  読みになります  読みになッた書物あるいはさッきからお話する  読み易くする  読み易くなる  読みになれ  読みになっているでしょう  読みにつれて  読み辛いかして土井は度々咳をし  読みになりましたかな  読みも書きもならない  読みになっただけでは  読みになったら  

~ 読み[名詞]1
何処から読みは  ノートは読み  ひろひ読みを  渡つて拾ひ読みに  自分の読みの  大人の読み  拾ひ読みに  拾ひ読みを  流れに対する読みと  マシンが求められるだろうとの読み  池田の読みは  脚本は読み  自分の読み  二三頁飛び読みを  震へながら読みは  叔父の読み  何か読みに  心眼の読みの  海舟の読みの  百分の一ぐらいまで読みの  そこが読みの  人知れぬ読みの  経だと思って読みさえ  ような読み  一ページも読みは  翁が読みの  赤兄の読みに  先生方に誤魔化されて読みも  人々は読みも  ものは読み  慎重な読みを  手紙を走り読みに  陰謀的な読みの  中学生に読みを  それについて読みも  先生の読み  艶書のぬすみ読みを  細工を施して読み  漢字を入れて読み  漢字を入れると読み  氏の読みに  

~ 読み[名詞]2
なく読み  こういう読み  

複合名詞
音便読み  文字読み  論語読み  走り読み  読み畢  英語読み  立読み  狂言名題読み  経文読み  廻し読み  ふだん読み  万葉読み  読みかた  内典読み  歌読み  修羅場読み  いつか読み  日本読み  読み上ぐる毎  読み声  軍談読み  雑書読み  ドイツ読み  づぶって走り読み  空読み  読み違い  変則読み  一通り読み  重箱読み  新聞読み  源氏読み  横読み  時うろ読み  コペルニカス的読み違い  読みちがい  読み終つて  世話物読み  片仮名読み  違つた読みかた  夕刊読み  読みすぎ  漢字読み  読みかき  創造的読みかた  バルザック読み  三頁読み  読み詞  素読み  読みっぱなし  ローマ字読み  読みよう  現代読み  



前後の言葉をピックアップ
ヨマイ  世迷い言  世迷言  夜祭  夜回り  黄泉  読みもの  讀み  よみ  よみ


動詞をランダムでピックアップ
習わとりよせるたびとざし割っ鳴り響い伝へれ長けりゃ切換える揺り動かしやぶけるかり出す鼓する打付け熟んいそげるもみ消そ受合お静ま
形容詞をランダムでピックアップ
心強きあかるかっいたわしい悪しい目新し冷たなごりおしいなまあたらしいものぐるおしきひろき油っこくっ空々しかっ気安かっ豪くまぶしくっ聞苦しゅう差出がましいかんばしい安かろ縁どおい