「語る」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 語る[動詞]
声に語る  手がら顔して語る  ここまで語る  真相を語る  身元を語る  友達について語る  君は語る  作家たちが語る  雲水は語る  豆腐を語る  杉野さんに就いて語る  半生を語る  是を語る  之を語る  得意になって語る  父と語る  考えではまだ語る  答案を語る  風物を語る  故人を語る  妹は戦きながら語る  哀愁を語る  愉快に飲む語る  事を語る  句を語る  おのれを語る  断片的に語る  真実を語る  事件それのみを語る  筋を語る  書の語る  筆談で語る  おんみの言葉を語る  一文人彼に語る  エピソードを語る  恋愛を語る  消息を語る  友と語る  感情で語る  言葉で語る  ことを語る  自分を語る  率直に語る  真実を美しく語る  事実を語る  切りはなして語る  さを語る  死を語る  不幸を語る  老母に語る  アーニイ・パイルについて語る  全容を語る  ぢを語る  ロマンティシズムを語る  他を語る  志少なきを語る  愛護一部始終を語る  梗概を語る  念を以てかく語る  多くを語る  なにごとの語る  仕事について語る  人生を語る  それを語る  人々に語る  歴史を語る  神と語る  容貌を語る  運命にまで、立ち入って語る  就て語る  宿命を語る  法然に語る  青年の語る  自分の語る  発端から語る  教え子たちが語る  妹と語る  人に語る  生活について語る  心へと語る  私は語る  一彦の語る  なにを語る  状況は、語る  浄瑠璃を語る  裏面を語る  何を語る  師匠は語る  二十四時間世話焼きマシンを語る  大地について語る  現状を語る  観点からネットワークを語る  前に語る  前へ語る  もので、面白く語る  恋を語る  未来を語る  来世を語る  われ少しく語る  昔を語る  續けて語る  者に語る  窮乏を語る  百年バルザックを語る  百年に語る  愛情をこめて語る  正確に語る  ひとりで語る  げに語る  やうに語る  市民諸君に語る  発展を語る  言葉を語る  日本を語る  もの恐しげに語る  ように語る  つて消極的教訓を語る  美を語る  特徴を語る  にのみ語る  われに語る  私にも語る  微弱を語る  心境を語る  民族を、まだ語る  噂などを語る  日本の文化を語る  国民を語る  本質を語る  封建性を語る  成長を語る  大衆性を語る  内面を語る  現実を語る  気持ちを語る  主人が来て語る  主人は善く語る  私が語る  他に語る  あはれを語る  文学を語る  兵を語る  良心を語る  特色を語る  蘭蝶を語る  人情を語る  むかしを語る  経験を語る  予想を語る  諸君に語る  詳細を語る  李が語る  離別を語る  永遠を語る  趣味とを語る  事のみ語る  ことのみ語る  何事をも詳しく語る  氏に語る  あふれる苦痛のしずくに依って語る  すべてのものが、驚くほどにはっきりと語る  青年時代を語る  身の上を語る  夫人はわずかに語る  彼の語る  問ふに落ちず、語る  彼については少しも語る  我々に語る  者たちに語る  らが語る  愛を語る  子に語る  船医に語る  昔し、語る  同日に語る  年齢が語る  彼女と語る  ヒンクマン氏がしばしば語る  山伏に語る  女もあり、わざとたはれ懸るもあり、しみじみと語る  時代を語る  ありのままに語る  物語を語る  如実に語る  文化を語る  栄誉を語る  誤りを語る  雄弁に語る  言葉はかく語る  彼女の語る  人はよく語る  これ善士の互に語る  實を語る  浅沼委員長がつづけて語る  三味線なしで語る  博勞が語る  彼を語る  ものであつたばかりでなく、悠々と語る  履歴を語る  交互作用を語る  確かに語る  合致を語る  直接性を語る  場合理由を語る  学問の語る  理由を語る  伝説を語る  真理を語る  のを語る  スミス自身が語る  方法に就いて語る  プラトンに就いて語る  閲歴を語る  顔に語る  昔をのみ語る  人が語る  ロマンスを語る  物質の語る  国柄を語る  傾向を語る  何物を語る  政治を語る  つまり安部氏に語る  理想を語る  秘密を語る  侏儒の語る  中では、語る  道を語る  平然として語る  私に語る  さをさへ語る  城を語る  記録の語る  声で語る  思い出を語る  手段について語る  復讐の語る  絶望を語る  事なく、亦語る  実子と語る  現状とを語る  所、語る  日本文学について語る  赤耀館主人は語る  幸福を語る  未來を語る  つた顔付で語る  口もって語る  政事、常に語る  政を語る  土器について語る  文化について語る  性格を語る  語調で語る  如くにのみ語る  哲学を語る  事實を語る  二人だけの語らいを語る  大井増二郎の語る  誰にも語る  五助の語る  まじめに語る  それは到底語る  テンマツを語る  トツトツと語る  筋道を語る  女房に語る  やうなど、ところどころ語る  落語を語る  人々の語る  話題について語る  同情とを感じて語る  権力が語る  人間悲劇を語る  生涯を語る  ヒューマニティを語る  ここで語る  大事を語る  創作で語る  事実が語る  一言でも語る  昨夜、語る  在所を語る  発展について語る  プロレタリア文学運動を語る  本を語る  未来について語る  であるのなら、やはり語る  将来を語る  憂いを語る  豎子、共に語る  心底を語る  全盛を語る  今なほ古老が語る  最期を語る  悪夢を語る  旅を語る  席に据えて語る  氏自身のみを語る  己自身を語る  北海道へ渡ってひとりぽっち、語る  さも語る  礼をとり、語る  章で詳しく語る  純真そのものを語る  宗教を語る  責任を負って語る  生活を語る  危機を語る  嘘みたいに語る  文化力を語る  ものや、或いはその親しく語る  太夫が語る  カピタンたちの語る  青年学徒である彼の語る  朝日新聞記者に語る  真心で、共に語る  すばらしさについて語る  訳業について語る  人と語る  所はない、と語る  豊乃の語る  笑ひを洩らしながら語る  忍びやかに語る  感情を語る  建設を語る  者、その語る  寵が語る  浅慮を語る  一人として、語る  者の語る  値打もなく語る  情熱に燃えて語る  酔つてゲーテを語る  明白に語る  歴史的事実を語る  異を語る  ゴーリキイに語る  躍如と語る  古典を語る  あゆを語る  味覚価値は語る  自分が語る  盛衰を語る  嵐を語る  記憶を語る  わたくしに親しく語る  簡単に語る  出来事を語る  なほも、語る  ように、語る  昔に語る  それをつぶさに語る  立場から、親しく語る  サール博士は語る  ロマンチツクにおどおどと語る  旨を語る  あとは語る  秩序に就いてだけ語る  世界に就いて語る  階級性などに就いて語る  問わず語りに語る  ものを語る  吉田が語る  すべては語る  熱心に語れば語る  衰弱を語る  不健康を語る  自己を語る  相対し、相語る  人間に語る  余の語る  趙雲が、そう語る  気をつけて語る  愛国心は語る  概略を語る  人間性について語る  木村に語る  附会して語る  君に語る  二に打ちあけて語る  ルミ子は語る  上古史を語る  其本縁を語る  歴史を長々と語る  日本文化を語る  小夜子は語る  日常を語る  庸三に語る  聡明とを語る  文化史とが語る  目標を語る  平岡の語る  過去を語る  兄の語る  梅子は語る  己れを語る  凡てを語る  三千歳を語る  それへ語る  郭淮に語る  兵法を語る  肉体そのものが語る  客間で語る  兵略戦法を語る  奇異を語る  誕についても、語る  民主主義文学を語る  小林多喜二を語る  党について語る  文学について語る  スミレ女史が語る  一緒に語る  ときに語る  叙事詩を語る  自身が語る  余に語る  倉地の語る  岡が語る  微笑を以て語る  悲劇を語る  子供の語る  裡に語る  性情を語る  人物が語る  人物らしく語る  私はなんら語る  情を語る  友を訪れて語る  事実が秘められていればこそ語る  ベックリン青年の語る  枠内で語る  問題を語る  内部を語る  彼自身を語る  夫人の語る  見通しを語る  社会現象をとりあげて語る  今これを語る  憧憬を語る  友の語る  跡を語る  何かを語る  原口さんは、語る  感想を語る  竈のまえに語る  存在を語る  椿岳を語る  来歴を語る  彼は語る  彼らの語る  人の語る  經驗を語る  ノンセンスを語る  女は語る  臼井の語る  誰が語る  上野ジャングル探険記を語る  ここまで打ち開けて語る  船だかを語る  言葉によって語る  色によって語る  何ぴとにも語る  實景實情を語る  内面生活を語る  微笑を語る  マネージャーは語る  近況を語る  状況を語る  ウソ発見器は語る  経験を生かして、大いに語る  潜在意識を語る  文春記者の語る  ことがあつた、と語る  ように笑って語る  今日ひと日、語る  弔つたと語る  国史の語る  発祥を語る  系図の語る  寄席について語る  芸術を語る  上を語る  印象を語る  其人を語る  風流にくつろぎ語る  人にして初めて語る  後来を語る  オニーシモヴナは語る  乳母は語る  めんも無く語る  言葉をぽつぽつと語る  自ら公然と語る  ソヴェトを語る  推移を語る  私の語る  百の語る  前でこそ語る  ことを先ず語る  そうに語る  披いて相語る  外には、語る  ところにおいて語る  婦人問題を語る  旧を語る  醫道を語る  さま群盲象を語る  むとするときはストアと共に語る  此義を語る  夜を徹して語る  横暴を語る  伍什を語る  俺と語る  仔細と申し語る  涙ながらに語る  若い男の語る  ことを、かれに語る  一大事を語る  娘の語る  ことは、語る  川中島合戦を語る  それを共に語る  自分に語る  ことは語る  鉄の語る  友達と語る  辻永の語る  ことばで語る  自身かれと語る  自分で語る  学生生活を語る  実践について語る  道筋などを語る  ものが語る  徳の語る  二、問うに落ちて語る  これは、語る  真面目で語る  海軍中佐の語る  自作を語る  君の語る  落ちもなく語る  イサムノグチが語る  例について語る  読書感想を語る  アメリカについて語る  姉が語る  訣別詩が語る  志を語る  烏賊虎さんが語る  ことに就いて語る  患者に語る  発生を語る  我に語る  亡霊と語る  女の語る  亡き人と語る  誇らしげに語る  空間表象に就いて語る  指を持って行ったりしながら語る  博士の語る  氣味よささうに語る  詩を語る  努力を語る  眞實を語る  様に語る  結婚について語る  嚥みてその語る  渠の語る  哲学的見解を語る  能登守の語る  得意げに語る  諄々と語る  一般的に語る  統一的に語る  一悲劇を語る  ことについて語る  性について語る  程度を語る  方向を語る  栄華を語る  變化を語る  怪話を語る  烏啼について新しく語る  シェストーフを語る  自分に就いて語る  映画に就いて語る  事業を語る  昔はと語る  正体を語る  残忍性を語る  何を学び、どう語る  序文が語る  外面には大きくかかわりながら、語る  こんにち語る  経験として語る  プログラムも語る  主情的に語る  食を語る  女を語る  言葉を以て語る  これを語る  裕美子が語る  視点から過去について語る  自分について語る  鰒を語る  他人にむかっては語る  夢の世界を明らかに語る  風景その他を語る  特に取立てて語る  彼らに就いては、まだ語る  主人はよく語る  巡査の語る  模範を語る  一に重んずべきは、語る  爺さんの語る  誰に対しても語る  いま平家を語る  弁護士は語る  何ごとをも語る  先に語る  者が後で語る  車掌伊藤春吉君は語る  所謂問ふに落ちずして、語る  着物について語る  老人の語る  自らの語る  此被告については、語る  客観して語る  兵馬の語る  詩そのものについて語る  夢を語る  原因を語る  災禍について語る  風にのりて、語る  ニーナ嬢についても、また語る  恋人と語る  実の入りけむ、語る  実を語る  乱神怪力を語る  てい妖怪談を好んで語る  秀佳が語る  イデヤを語る  吾人は多く語る  消長を語る  それは、語る  心に語る  不安を語る  中で語る  霊験を語る  抱負を語る  弁信の語る  吉田君は語る  著者は語る  人は又語る  人柄を語る  無料であると語る  功績を語る  誇張して語る  勝利を語る  勇者の語る  メカニスム的に語る  他人に語る  歴史家はこう語る  生を語る  白雲の語る  あれの語る  茂太郎に向って語る  衆生に向って語る  自我一個について語る  人間集団について語る  三人について語る  妻を語る  誰と語る  ものを言いかけ、語る  人について語る  場を語る  庄五郎に語る  そこには、語る  景子は語る  動きを語る  程度のものにすぎず、まだ深く、語る  関係を語る  声をひそめて語る  極意を語る  自身を語る  加減か、何時もは随分よく語る  ように打ち語る  何か語る  真を語る  告げを語る  そちたちへ語る  顛末を語る  若者の語る  つて多くを語る  それについて語る  私はいま、語る  駒井の語る  男に語る  人のふるえながら語る  変化を語る  決意を語る  日を同じくして語る  軍司氏の語る  乳母車は、語る  代数式を語る  故老は語る  氏は語る  富子の語る  主人の語る  義貞に語る  交渉についてのみ語る  作者の語る  ことをさへ語る  それはもう一々語る  野村の語る  原因までを語る  一座の語る  過去に就いて語る  いつまでも倦まずに語る  倶に語る  膝を突きよせて親しく語る  言葉を借りて語る  理解を語る  概念に就いて語る  沙翁を語る  ハムレットを語る  一将校が語る  彼等は、語る  意気に乗じて語る  人と共に語る  喜びを語る  あなたは語る  根賀地の語る  一件に就いて語る  老人は語る  ようについては、語る  子を語る  曾遊を語る  死までを語る  夢の世界を明かに語る  質を語る  死とが語る  荒涼さを語る  兵馬に語る  本名を語る  ことができ、語る  日本について語る  母を語る  母一人子一人と語る  先生の語る  頤唇溝の語る  欣んで、相語る  一人について語る  倉島竹二郎君の語る  宗教は、語る  ことも、語る  私生活を語る  黄昏が語る  何事を語る  友人の語る  私たちが語る  日記において語る  未亡人は語る  自分と語る  陀羅尼誦し夢にも語る  神を語る  欲情について語る  機にかないて語る  追憶は語る  事は、語る  場面を語る  家柄を語る  快活に語る  父の語る  手をとり合って語る  女房が語る  豪笑を交えたりなんぞして語る  相手も語る  気持は語る  彼女について語る  苦悩をしみじみと語る  何も語る  ものありと、語る  稗史が語る  げに、且つ語る  伜が、こう答えて語る  事情を語る  学者とともに語る  苦難とを語る  印刷術を語る  幕閣事情について語る  顏に語る  諭吉の語る  ドラクロアを語る  かくのごとく語る  描写して語る  影によく語る  苦心を語る  特質を語る  移り気を語る  正直に語る  戯曲について語る  落語でも語る  ヒダを語る  交へて語る  文学的精進を語る  美的生活を語る  來り、そして語る  かなりと語る  語氣で語る  思ひ出を語る  強ひて語る  お婆さんの語る  未来のおのろけを語る  事実を掴み出でて語る  希望に就いて語る  大学生だ、共に飲み、共に笑い、共に語る  昔話を語る  簡単で、その語る  ハムレットが語る  男にはばからず語る  由緒を語る  児に語る  誰に語る  詩について語る  急調なるにかかわらず、語る  小町なんぞは語る  話好きではあるけれども、その語る  道庵先生に語る  斎藤一の語る  心持で語る  彫刻美としてのみ語る  優位を語る  精華を語る  声低く語る  声高く語る  音楽を語る  不都合を語る  介の語る  由来を語る  仕事を語る  ジャンナン夫人がしばしば語る  片隅にこもったかは、語る  意味を語る  來にまかして、語る  たしかに左樣ならを語る  演劇運動について語る  経路などを語る  源氏の語る  笑いもして語る  僧都の語る  問題にして語る  艶物語を語る  辺を語る  恋物語を語る  僕に語る  一看守の語る  軽蔑を語る  姫君へ語る  書き能く語る  大声で語る  それについては語る  衛門督は語る  新大納言はこう語る  大将が語る  恨みを語る  美と共に合せて語る  ふうで語る  訛を語る  話題にして語る  向こうへしばらく語る  景色も共にながめて語る  歌劇と語る  セシルに語る  悲しみを語る  夫人は語る  もの、語る  由を語る  チョボクレを語る  翁と語る  翁の語る  慷慨歎息して語る  所のものを語る  ものとして語る  嘘を語る  得意そうに語る  余人に語る  模様を語る  のであったが、語る  話を泣く泣く語る  立場で語る  山が語る  新聞を語る  苦悶について語る  一般に語る  機会に語る  運動形態とを語る  物を語る  元来論理的に語る  私自身に就いて語る  美食美味を語る  東西南北何れを見るも共に語る  潮内相は続けて語る  田辺元氏を語る  間にも語る  成長し、語る  微笑して顧み、語る  ことばかり語る  作品を語る  指先が語る  偉大さを語る  点を語る  ヒトミに語る  早口で語る  汝に語る  刑事の語る  これは語る  大官は語る  塚のぬしを語る  寺兼好を語る  紳士がたが語る  女主人公の語る  情感を語る  作家について語る  永遠に真実を語る  世を語る  伝記を語る  通例伝記者の語る  常法として語る  何の語る  影響を語る  重病を語る  智慧を語る  人にあったと語る  英雄と共に語る  問題について語る  戦況を語る  復興を語る  前にして語る  政治的段階を語る  われわれ自身について語る  水が語る  和田君は泣いて語る  適切に語る  女については決して語る  雪嶺を語る  貧困とを語る  正月を語る  歴史性を語る  歴史が語る  特徴とを語る  興隆を語る  枝たちの泣いて語る  人でも、語る  水準を語る  再起を語る  精神について語る  同胞について語る  秋を語る  笑ひ、低く語る  自分自身を語る  王に語る  力報国せんと語る  齢を語る  夫に語る  自ら責めたと語る  事と語る  子珍事由を語る  我に給いたるとみたと語る  んだと語る  物ことごとく得べしと語る  成り行きを語る  膝をまじえて語る  虎に語る  猪また語る  鎌田に語る  のだと語る  得々として語る  半面を語る  妻に語る  雄弁を以て語る  島田三郎先生を語る  先生を語る  選挙を語る  経過を語る  きぬ藤氏を語る  明日も、語る  心情を語る  伯父とゆっくりと語る  腹で語る  浦里を語る  青海波を語る  邯鄲を語る  染を語る  余落人を語る  明十一日梅吉納会に語る  明がらすを語る  薗八を語る  家元明がらすを語る  明烏を語る  一空さまの語る  よみを語る  段を語る  况を語る  余鳥辺山を語る  ものと語る  清元薗八を語る  講談は語る  あそこにも語る  肩を接して語る  酒を暖めて語る  事を書き残そうとしたかを語る  華として語る  妙に問うに落ちず、語る  支配するかを語る  歓喜を語る  足跡を語る  行方を語る  把って深く語る  把って共に語る  碌々家人と語る  憶出を語る  上手に語る  興味を語る  静かに語る  場面を、ことさら詳しく語る  同列に語る  すつかり打ち解けて語る  幸徳を語る  名を語る  逆徒を語る  雛吉がその次に語る  富士を語る  峰から峰に語る  琵琶法師も語る  琵琶法師の語る  氏と語る  病床を慰めながら語る  信仰を通して語る  子について語る  意嚮を語る  たかを語る  ずして語る  限あるを語る  神戸を、語る  メンシコフに語る  幾晩か眠れなかったと語る  作家生活とを語る  吉野川を語る  言葉ずくなに語る  駒が語る  ト、語る  率直に、可愛らしく語る  何でも詳しく語る  一つ水戸に語る  事実にふれて語る  天気を語る  友人と語る  ともに語る  ハチミが語る  一面を語る  床を敷かせてあった、と語る  謎に就いて語る  愛に就いて語る  一言にして語る  ことができないわと語る  それゆえ、語る  奴は、語る  誕生を語る  卓一に語る  業績は、とりたてて語る  際限もなく語る  言葉が語る  胸底には語る  ことを最も馴れ馴れしく語る  ほかに、語る  伝記に残して語る  且又それを語る  さを聊かも語る  それに就いて語る  直ちに我々に語る  七十年を語る  研究というか、語る  私たちに語る  常磐津を語る  人口あれば語る  芸術家について語る  次を語る  留まり主人に向いて語る  事件を語る  工合を語る  意味で、語る  事について語る  しあわせを語る  歓びを語る  自ら読者諸君に語る  看護婦と語る  さしむかいて語る  俳優について語る  苦しみを語る  敵手を語る  更くる迄語る  ウイスキーを大いにのみ語る  友を語る  一時近く迄語る  省るに、語る  すべてを語る  浪人の語る  現実的な大いに語る  滞在する、などと語る  慰安を語る  端的に語る  歴史的地位を語る  嘆きと憤りとを語る  進出として語る  浪花節でも語る  相手に語る  中に語る  大っぴらに語る  文学そのものによっていかにたたかい、語る  スピードとを語る  意義を語る  関係について語る  性質を語る  己を語る  われわれに語る  心と語る  一つだけ語る  以外には何とも語る  味は何とも語る  茶碗蒸しを語る  状態から語る  怪談を語る  男は語る  第三の男は語る  諸人に語る  寺僧に語る  生について語る  理想とを語る  短所を語る  先生は語る  言葉に出して語る  氏の語る  逢ふと語る  芝居を語る  西行を語る  同君の語る  ッと立ちはだかって、ぬけぬけと語る  郷里を語る  のさ、と語る  甚助の語る  穴でも、はいれば温かいと語る  安南皇帝と語る  女のよろこび語る  扉については、語る  厳粛に語る  スタンダールについて語る  スタンダールを語る  前兆を語る  息子に語る  小謡同様に語る  事蹟などを語る  蟻と語る  青年に語る  リアルに語る  面影を語る  裡に、語る  心を語る  此処迄語る  私はもう語る  事が、語る  ほうを語る  一を語る  幽遠を語る  歓今悲を語る  變遷を語る  體が語る  意圖を語る  歌つた寿詞を語る  寿詞を語る  人となりを語る  食味を語る  文學を語る  思いと、共に語る  雪が、二度と語る  友情を語る  態度を語る  番頭と語る  映画の語る  顔に表わし多く語る  深夜に語る  手握り口疾に語る  それは語る  遺憾ながら、語る  最後を語る  失敗を語る  純粋さを語る  脅迫状を持込んだか、語る  莨をつめつつ語る  ままで語る  却って愛を語る  常識的文芸観を語る  私のを語る  肉親を語る  核心を語る  町を語る  町に就いて語る  人が、語る  愛より語る  新たに語る  ことをも語る  さらここに語る  細部にわたっては改めて語る  いふ事を語る  つまり実験談の語る  母に語る  第三者が語る  立場を語る  謡曲を解し歌い、且つ語る  生来を語る  時分から親子がしんみりと語る  飲食を語る  行つて諄く語る  漆沮を語る  血ぞゆらぎしと語る  うして語る  熱心に語る  一端を語る  人物とを語る  数を語る  運命そのものを語る  女の子を語る  明治大正史が語る  因縁を語る  彼等が語る  前生を啼いて語る  公衆に向って語る  私事を語る  拡張して語る  移行するかを語る  それから引き離して、語る  一つ一つの場合に就いて語る  大衆を語る  一に語る  初めに語る  男の語る  人々はかれの語る  老婆が口ずから語る  腹案を語る  手段をそれとなく語る  伝統を語る  巧みに語る  世間には語る  疇昔を語る  仔細を語る  ちやんの語る  映画を語る  悶着を語る  何度もうながされて、やっと語る  弟さんが語る  校長の語る  それを打ち明けて語る  行田で語る  いつものように快活に語る  浪花節を語る  言ふまい、語る  とろろ食うて親しく語る  一夜を語る  学問を語る  有頂天のよろこびを語る  話を語る  それをすっかり語る  間それを語る  人にむかってとかく語る  平作の語る  シローテの語る  神だけに語る  希望を語る  今日の子細は語る  全てを語る  佐渡が島を語る  驚きを語る  一括して語る  茨城県に来ますと、そう語る  民具を語る  本が語る  陸中を語る  尾張を語る  産物を語る  越後人が忘れずに語る  但馬を語る  九州を語る  ものだかを語る  読者に語る  二人はもう語る  公けに語る  ようになったと語る  世界を語る  様子を語る  杣たちは語る  の由、同坐にて語る  人が次第に少なく、語る  色が白いと語る  色が白い故に、かく語る  昔に、語る  から腹蔵なく語る  涙ながら語る  如くに語る  事蹟を語る  科學を語る  商人の語る  手短かに語る  ここをば語る  人の常に語る  きっかけだけを語る  巧妙さを語る  岡安の語る  伝吉を語る  彼らと語る  一ヶ月ぶつ通して語る  語気をもって語る  怪力乱神を語る  斯う語る  忠実に語る  郎について語る  天主閣に就いて語る  飛行島において、語る  ものであったかは、最早語る  手にとって語る  今ここに語る  可能を語る  神教自体の語る  眼を丸くして語る  土地を語る  眞相を語る  なんの語る  浪花節をうまく語る  理窟以上に語る  僧に語る  技術をもって語る  特に民藝を語る  民藝について語る  事情についてのみは語る  明確に語る  特色について語る  微笑しながら語る  ものではない、と語る  声で低く語る  世誰にか語る  つの世誰にか語る  者が語る  此を語る  根本を語る  来世転生を語る  づれを語る  霊ありて、相語る  これについて語る  今どきニーチェなどを語る  人情世態を語る  時代をも語る  時代思潮を語る  寡く語る  教訓的に語る  博奕は語る  党代表として語る  節おもしろく語る  法師の語る  男で、その語る  会話法で語る  ピロンのみ語る  詞に語る  のを、語る  不思議そうに語る  ふしぎを語る  無味を語る  向上を語る  頽廢を語る  かわりに、語る  ものは、語る  話が語られるにせよ、語る  それであるから、語る  そこに、語る  子供達に向って語る  ここに語る  情事を語る  立ち帰り人に語る  郷土を語る  息をふきかえしたが、その語る  そこへ、語る  明快さで語る  伝説が語る  體驗の語る  從つて他者の語る  無について語る  永遠について語る  愛とについて語る  宗教的體驗の語る  つて絶對者自らの語る  神話の好んで語る  責任について語る  さについて語る  繼續從つて同一性について語る  先づ自殺を語る  父上には語る  父母に語る  老人に語る  美作に語る  神人を語る  しかもその語る  禅について語る  折竹も語る  枕頭で語る  生者として語る  言葉のみが語る  うどんについて語る  日本食について語る  後日を待って語る  人にも語る  姉妹と語る  パッションに就いて語る  人間の語る  自然の語る  事柄を語る  夢之助の語る  夢之助と語る  宿で、語る  孤独好きを語る  咲子に語る  首尾一貫して語る  だれが語る  ことはもはや語る  見聞を語る  異国について語る  縁を語る  調理法を語る  妻君は語る  倉三の語る  自ら犯罪を語る  笠井直吉に語る  メクラに語る  十分に語る  妻の語る  一人物の語る  八曲續いて語る  間わが語る  外なほ擧ぐべき者あれど行くも語る  彼と語る  我等すなはち語る  願ひをさとりたれば語る  我は語る  是なきによりて語る  民、語る  者ダンテと語る  其人に語る  魂兩詩人と語る  生まれ故郷を語る  動静を語る  蔵の語る  番頭川根の語る  調子で語る  世人革命を語る  窮状を語る  圓翁について語る  傍で語る  下で語る  事件のみを語る  芝居も取立てて語る  であるから、もちろん詳しく語る  運命を語る  前後を語る  それと語る  郷愁を語る  新聞記者に語る  初代綾之助の語る  六年前帰朝者の語る  思想を語る  理由あるを認めざるも、深く其の語る  同日にして語る  実験につきて語る  彼等はもはや語る  顔をして語る  道程を語る  小説以上に仕組んで語る  論難を語る  胸臆を語る  吉野と語る  ことあらば、またよくわがかく語る  善を語る  從ひ、その語る  アルナルド・ダニエルロと語る  口から語る  芸を語る  円朝自身が語る  個人に就いて語る  大略を語る  さりげなく自作を語る  心持を語る  光景を語る  否を語る  一瑣事で語る  民族なるかを語る  人はいつも分りやすく、ふっくりと語る  口が問うに落ちず語る  生命を語る  地口を語る  浅間甚内復讐を語る  表情を失い、語る  一件を語る  章を改めて語る  汝と語る  わが語る  なほしばし我と語る  鷲の語る  我をして重ねて語る  頭を低れしも、語る  そはわが語る  ピッカルダと語る  フォルコと語る  カール・マルテルと語る  衰微を語る  元来自分自身について語る  娘について語る  笑ひながら語る  観衆に語る  其議論を語る  ゴルドンは語る  悪臭とを語る  アフリカは語る  さらば我も語る  我が語る  明治大正文學を語る  素姓を語る  風俗をでも語る  内に収めて、語る  性格技能を語る  女人に語る  怪談の語る  特性を語る  結婚も語る  事件について語る  小判が、と息せき切って語る  情況を語る  得々と語る  発見者自身の語る  相違なしといへどもその語る  対面を語る  根本的運命を語る  心境は語る  政見を語る  肩をそびやかして語る  ところを少し語る  手まね物まねで語る  徒はともに語る  商会主の語る  東京人が語る  夢をくどくどと語る  声立てて語る  別離について語る  品質がよいなどと語る  ものであったかを語る  民は語る  技を語る  才能を語る  同君を語る  虚榮を語る  愛についてのみ語る  誇りをもって語る  話題として語る  本質的に低いかを語る  男になって、語る  事こまかに語る  口を緘して、語る  我々は、その語る  性格を、語る  其懺悔を語る  昔から語り物を語る  昔物語を語る  部分について語る  今日を語る  内容を語る  評ですが、なかなか語る  至難なるかを語る  青春について語る  赤裸裸に語る  これ以外多くを語る  文学は語る  文学は酔っ払って語る  虚妄を語る  ショパンについて語る  英断を語る  演劇について語る  劇文学史の語る  ことはなく、心安く語る  断片を語る  眉を顰めて語る  俊秀と語る  父を語る  真理について語る  豊かさを語る  鴎外を語る  わたくしがまた語る  巧に語る  声をふるわせて語る  人物について語る  文も、語る  敍事詩を語る  其儘に語る  次第を語る  他界を語る  歌念仏を語る  さんげ念仏を語る  縁起を語る  台本を併せて語る  本地転生を語る  盲僧の語る  流行に乗じて語る  恥辱を語る  胎龍の語る  群落ひそやかに語る  作者は語る  全部を語る  闇市場を語る  大阪を語る  奥さんについて語る  若い女性へ語る  コンプレックスについて語る  閑座玄宗を語る  起原を語る  家系を語る  讓つたことを語る  はじめを語る  確立を語る  關係を語る  歴史的事實を語る  襟を正して語る  童話でも語る  道について語る  一部を語る  経歴とを語る  愛想よく語る  印象は語る  純文学を語る  塵埃は語る  刑事が代わる代わる語る  何をか語る  自己は語る  八戒と語る  讃美して語る  人から饋られて、何故こまったかを語る  詩人は公然と語る  夢もなく語る  失敗談を語る  真正面向きを語る  実が語る  筆者に語る  透徹を最もよく語る  伊東深水氏を語る  感懐を語る  作品に就いて、語る  批評が語る  追従を語る  自然の摂理を語る  ゴシップを語る  象徴を語る  作品が語る  人間性一般を語る  苦を語る  わけを語る  星と語る  琵琶へのせて語る  仏教に就いて語る  翁自身の語る  地方にいたらしいが、語る  茶について語る  人を語る  宮本武蔵を語る  武蔵を語る  方を語る  蘇生を語る  様子もなく語る  傳説を語る  平らかさを語る  情を打明けて語る  夫人が語る  山を語る  藝術について語る  道行を語る  明かに語る  思いを語る  何事かを語る  清一郎兄弟両君の語る  叡智を語る  愚鈍暗黒なる、ともに語る  過程を語る  両親の語る  計画を語る  畫を語る  重みを暗に語る  椅子を並べて、おそくまで語る  棲息を語る  わたしも語る  拔けたやうに語る  心をほぐして語る  實在を以て語る  對比して、甚だ語る  客に語る  場に打ち倒れ、語る  ≪坂本君は語る  小説について語る  夜を語る  照子と語る  生命が語る  叔父の語る  愛慾について語る  激して語る  形をかりて語る  人の謗を伝え語る  親類友達等に打解けて語る  痴人夢を語る  恋などを語る  筋道について語る  できごとについて語る  明子に語る  つて歔欷せしを語る  みんなが語る  屹度手柄さうに僕へ語る  逆に語る  彼が語る  私であり、したがって語る  者は単に語る  魂が語る  社会は語る  衷情を語る  存在が語る  



前後の言葉をピックアップ
語部  語り物  語物  カタリン  カタリーナ  騙る  かたる  カタル  語れ  かたれ


動詞をランダムでピックアップ
してやろ見つかろゆるさ流行っ待ちくたびれ具わっふるわし食い合うあるこ消え失せよ崩すつきささるのし歩く争い歪め聞きつけれはじまろ突っぱなしまてる棲も
形容詞をランダムでピックアップ
磯臭い暗く手厳しかっ得がたきふかやにっこく薄汚く渋しぬくと若いいじらしき青う有難面はゆい恐い淋しく狡くおそい心弱いでか