「詰り」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 詰り[動詞]
作物は多く讀んだが、詰り  爺さんに叱られるけれど、と言いながら、詰り  何だか無茶苦茶になって、詰り  後から見ると、詰り  人生研究は詰り  手に掛ると、詰り  暇に成っては詰り  お気が詰り  パトロンを逃がしちゃ詰り  のも詰り  人ではないが、詰り  呼吸も詰り  先きで泣いてしまふほどの詰り  個人でも、とどの詰り  山嵐はすぐ詰り  のは、詰り  トドの詰り  身の詰り  証拠であると詰り  膝も詰り  ことは、詰り  云へば、詰り  之が詰り  のは詰り  そいつが詰り  変心を詰り  ものは、詰り  これは詰り  それが詰り  行つたのであり、詰り  芸妓をして居ては詰り  気が詰り  お母さんも遣りたいと云うので、詰り  息が詰り  壁が詰り  安産のお詰り  ものを、また酔っちゃあ詰り  極は詰り  お話をしたって詰り  目的と致しましては、詰り  当人を詰り  女では詰り  ところで、やっぱり詰り  意見を問うて見たりしたが、詰り  併し詰り  ムク犬を詰り  石になっては詰り  私許り詰り  新聞で見ましたが、詰り  つたのである、詰り  時代は詰り  來る、詰り  訳が悪いか知れませぬが詰り  デングリ返して言い詰り  おいでになっても詰り  いわれを詰り  ものだけれども詰り  アない、詰り  うちに、逃がしてしまっちゃ詰り  占領した、詰り  つて居りまして、詰り  研究をしますと詰り  つて居りますので、詰り  とどの詰り  言句に詰り  要領を伝えていいか、また詰り  手元も詰り  手數にかけなかつたので、詰り  夜逃も詰り  手数にかけなかつたので、詰り  掛つて、詰り  一割五分天引き、詰り  のです、詰り  方法も持たないし、詰り  出來んので詰り  自分一人ぢや出来んので、詰り  小人トドの詰り  なつてゐないので、詰り  瀬も無るべければ、詰り  群集が詰り  排泄物が、いっぱいに詰り  俺は詰り  のだと詰り  氣の詰り  日が詰り  一部分、詰り  際に詰り  ものは詰り  唯だ申しては分りませぬが、詰り  句でも詰り  支那に生れて、詰り  言つて居りますけれども、詰り  それで詰り  本は、詰り  本は詰り  ことのない、詰り  いい加減なのでいかにも詰り  風にして書くと、本当によく詰り  何うしても近いかと思われます、詰り  手管ですわ、詰り  返事に詰り  目科は忽ち詰り  呼吸が詰り  息も詰り  中で詰り  私を詰り  捉へて詰り  其上へ、詰り  さするに通ずるのみで詰り  了見とても詰り  性質故、詰り  二種何処にごわせうどどの詰り  丈じゃ無いか詰り  者は詰り  私に詰り  問ひ詰り  此処へ帰って来るまで、詰り  姐御、詰り  ところがありましてね、詰り  可らず、詰り  云ふこともございますけれども、詰り  らば詰り  事があって詰り  進歩して行き、詰り  換言すれば詰り  新聞なんか見ても詰り  訳ではないが、詰り  真似をなすにやと詰り  のも、詰り  ます、詰り  つて居ります、詰り  今日やつてもきつと面白いと思ひます、詰り  源氏は詰り  此人は詰り  事ではないかと詰り  水ばかりという、詰り  性は詰り  理性家で、詰り  



前後の言葉をピックアップ
なじめる  なじも  なじら  詰ら  なじり  なじる  なじん  馴染ん  ナジーヤ・スコロフ  為す


動詞をランダムでピックアップ
くれよ臨め寂びる見落とす打抜い医する引止めしょぼつい問合せれ召し捕り綴り合し先だた折合わ差し置くまねけさかまきかかえ引きださ恥じらいなす
形容詞をランダムでピックアップ
なさけなかってっとりばやくさわがし遅けれいとしい苦しくっ遍う片腹痛かっ心安から美味う慌しかっ真白く相応しあつう気まずうはがゆく憎らしゅうほほえまし古めかしい冷たし