「詰ら」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 詰ら[動詞]
日本音楽などは尚更詰ら  つては詰ら  ソンな詰ら  再来、詰ら  ッこも詰ら  御飯にしようかと、詰ら  犬じゃ詰ら  幾らでも列べられるだろうが、列べたって詰ら  話は詰ら  観察したって詰ら  いやだよ、詰ら  何を詰ら  事で、詰ら  鼎を取られては詰ら  息を詰ら  それを詰ら  何の詰ら  こちらでは詰ら  のも詰ら  おばさん、詰ら  甲吉だと知ると、思い切り詰ら  のは詰ら  空虚な詰ら  あれは詰ら  中に詰ら  しかしですね、詰ら  貴女、詰ら  女たちは詰ら  女も詰ら  こと取とめなく詰ら  面白いものもあり、又詰ら  これは詰ら  非常に詰ら  私たちなんて詰ら  不思議にも詰ら  私も詰ら  ものだが、いつも詰ら  何、詰ら  樣な詰ら  様な詰ら  つても詰ら  親は生つけても下さるまじ、あゝ詰ら  運のわるい詰ら  子供はそんな詰ら  お前はまだそんな詰ら  云つた通り、詰ら  濶に詰ら  見かけは詰ら  ちょっとした、ほんの詰ら  世間からは案外詰ら  喉を詰ら  ものじゃ無くて、詰ら  ような詰ら  ヴィクトルは帰って来ると、詰ら  正体を見破られて詰ら  調子で詰ら  莊園から鷹の羽を取るだけでは詰ら  味噌を取るだけでは詰ら  就て、詰ら  お話致しますると、詰ら  支那は詰ら  印度も亦詰ら  御膳を上りましても詰ら  アしない詰ら  何でも詰ら  これでございます、有難うございました、いえも詰ら  所の詰ら  証拠のない詰ら  お母さんに詰ら  斯う遣って詰ら  何にもねえ、詰ら  無駄じゃ、詰ら  のなどと詰ら  気候も違うから、詰ら  荒物店を出し、詰ら  夜で宜い、まア詰ら  帰り掛に一寸寄ったら、詰ら  爺さんお止しよ、詰ら  よしよう、詰ら  のじゃ、そんな詰ら  それ御ぞんじでげしょうね、詰ら  ぐられて居て詰ら  伯父を喚んで詰ら  如何にも詰ら  ヒヤア、抜ける抜けるとか何とか詰ら  いま下手に行って詰ら  お国へかえってしまっちゃ詰ら  ことは詰ら  相場ぐらい詰ら  のは見苦しくもあるまいと思うから、詰ら  近所の詰ら  平常通りの、見慣れた詰ら  後を詰ら  何を、詰ら  私あもう詰ら  こッた詰ら  何か詰ら  話を詰ら  お前は詰ら  お父さんにはそういう詰ら  お父さんはそういう詰ら  爲事が詰ら  アに詰ら  から、どうぞ詰ら  汝え詰ら  気を詰ら  世の中が詰ら  愛吉さん、詰ら  鼻を詰ら  おのおの方、詰ら  漆喰を、詰ら  ことして貰っても、一向詰ら  罪を詰ら  から拝見致しておりますれば、ほんに詰ら  やれやれ、根っから詰ら  用事つてのは詰ら  上手に使わなければ詰ら  のは、詰ら  ホントに詰ら  それはさうと、ほんに詰ら  自分が詰ら  計略にひっかかっても詰ら  それでは詰ら  ものだが、詰ら  つもりだったけれど詰ら  逆らつたものだから、詰ら  そなたでなければ見ても詰ら  もの、見せても詰ら  義仲を詰ら  朝鮮人に笑われても詰ら  置ても詰ら  引括られても詰ら  ちょッ、詰ら  失敗っちゃあ詰ら  金助がこうして詰ら  ものをやって見せるも詰ら  米友はせせら笑いながら、それでも取押えられては詰ら  咽喉に詰ら  意味もない、詰ら  兄さん、濡れたって詰ら  後に、詰ら  つて、詰ら  彼等は少し歩くと詰ら  陸上におったて詰ら  ものは詰ら  陸上に居つたとて詰ら  不景気で詰ら  てゐても詰ら  初めは極く詰ら  彼は詰ら  私は詰ら  ばたいて詰ら  腹立まぎれに詰ら  所は詰ら  仇となって、詰ら  力があったって詰ら  水素瓦斯発生装置を持って帰って笑われても詰ら  道庵先生としては詰ら  首を振って、詰ら  云はれると、こつちもなんだか詰ら  一家と申せば詰ら  合致し得る迄に突き詰ら  のが詰ら  事を聞いたが、詰ら  から待ちぼけは詰ら  考えだろう、などと詰ら  色が悪いが、詰ら  貴方のとけえでも来て、詰ら  此処え参りまして、どんなハア詰ら  止しねえ、詰ら  気が詰ら  方へ売っても詰ら  止しねえよ、詰ら  此品は誠に詰ら  僕は詰ら  中で詰ら  矢張り昔からの詰ら  事を、見やぶられ、詰ら  あいつは詰ら  ガタミじゃ詰ら  一人では詰ら  釘をさして置けば、もう詰ら  自殺じゃ詰ら  御飯を食べるだけでも詰ら  鉄瓶が吹きこぼれたほどの、どんな詰ら  何、こりゃ詰ら  意外に詰ら  変り者だと聞いていたが、詰ら  ように思われて来るに連れて、色んな詰ら  實に詰ら  説明すれば、実に詰ら  罰金に処せられた詰ら  ッて、一向詰ら  買ふても詰ら  無邪気な、詰ら  何でも無い、詰ら  意見丈拾つて讀むと極めて詰ら  講義中に詰ら  彼女は詰ら  しかしこう私は詰ら  咽喉を詰ら  言葉を詰ら  食つたり、詰ら  なんだ、詰ら  お前さん達許り詰ら  此間中は詰ら  両君、相変らず詰ら  気にして居ては極めて詰ら  画が詰ら  珠運とか云う詰ら  毛ほども悟られたくない、極く小さい詰ら  二人は詰ら  私たちが詰ら  附景氣に詰ら  伯母に会い、この詰ら  お前知っているの、知っていちゃ詰ら  単調で詰ら  もんですが、詰ら  お袋などが詰ら  一筋に詰ら  労働者ほど詰ら  まりに詰ら  数時間を、詰ら  物許りで詰ら  ヤ、こりゃあ詰ら  女ほど詰ら  落着したが、詰ら  反覆を詰ら  俺が勝つばかりでは詰ら  何ね、詰ら  之を詰ら  唯だ詰ら  心は、何もかも詰ら  話をして聞かしてと始終そういっちゃあね、詰ら  旅宿の詰ら  行脚も詰ら  時位小田切さんが詰ら  作者は、たいへん詰ら  楽人は、詰ら  喜でも、どんな詰ら  声を詰ら  夫を詰ら  手をかけても詰ら  阻害し且つ詰ら  者ほど、詰ら  林君、詰ら  仮寝の、か、ああ、詰らん詰ら  踏絵に問い詰ら  例を省くと詰ら  から、詰ら  訴えに詰ら  つたに、詰ら  不注意を詰ら  独りで詰ら  いつまでも静かでは詰ら  空騒ぎに詰ら  きゅうにやはり詰ら  向でもさぞ詰ら  人間は詰ら  女は詰ら  居食をしていても詰ら  毎日が詰ら  何んだ詰ら  何という詰ら  湛へて、詰ら  自分達のものになっているのに、むざむざと返してしまうなんて詰ら  日常生活の詰ら  それは詰ら  当り年なるかななど、詰ら  娘を詰ら  発明は詰ら  妻にせねば詰ら  ことをする詰ら  彼も詰ら  宝物など申すは、いずれ詰ら  二度がせいぜいで詰ら  やうな詰ら  これ、詰ら  不平を云ったり、詰ら  騷ぎをやるにつけて母が詰ら  文学者も詰ら  急に詰ら  みんな、詰ら  自分はかうして詰ら  八九人、詰ら  其夜は詰ら  もんだから、詰ら  彼は、詰ら  事で最も詰ら  ようですから、詰ら  蚯蚓の如き詰ら  如何な詰ら  鄙事即ち詰ら  陽虎といふ詰ら  もので、甚だ詰ら  男じゃなくっちゃ詰ら  部屋にいても詰ら  平凡さ、詰ら  仕事の詰ら  自分の詰ら  自分ほど詰ら  了って、段々詰ら  蔵っていたとて詰ら  運といふは詰ら  此樣な詰ら  脊を擦りながら、あゝ詰ら  言ひ過ぎると詰ら  腕押などいう詰ら  簡単な詰ら  經綸は一向詰ら  此人の最も詰ら  のでは詰ら  とき、あんな詰ら  ものの詰ら  説が詰ら  それで詰ら  やうな、そんな詰ら  平凡過ぎて詰ら  お前も詰ら  対にして詰ら  場所がらを弁えず、詰ら  プラタプは詰ら  クビにでもされたら詰ら  私は、出来るだけ詰ら  人々が詰ら  物を高く売りつけようとするし、また、そう聞いただけで、詰ら  だんだんに詰ら  しまつたり、詰ら  年中、詰ら  ちの給料でこんな詰ら  場合にも、詰ら  顏を以て、少しも詰ら  為にそんな詰ら  



前後の言葉をピックアップ
なじめ  馴染め  なじめる  なじも  なじら  なじり  詰り  なじる  なじん  馴染ん


動詞をランダムでピックアップ
たいすなだめんころがさ伝われ茹でれほてる取り除く手控え誦すくらべゆん賄わむし食み出さ越えりゃこまんぶった切る蕩ける差出すムキになれ
形容詞をランダムでピックアップ
かたじけな塩辛いほどよい少なからとぼしかっ恋しいさましき有難くっ弱々しい人恋しいふさわしかろ黒かっかたくるしく疚しい面倒臭後ろめたいたのもしきほしき神々しき等しく