「詠草」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

詠草[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
詠草を抱きて  詠草などと撰り分けて  詠草の綴じた  詠草のように書いてある  詠草を見ていただく  詠草など持って  詠草を見ると  詠草の最初にあった  詠草の見っ  詠草を見た  詠草はいつも一番びりに出していたという  詠草を繰って見た  詠草のよう横に折った  

~ 詠草[名詞]1
歌の詠草などと  清書と詠草の  常の詠草の  お歌の詠草など  前の詠草  手録された詠草を  手録された詠草の  手録の詠草を  私の詠草を  過日の詠草  歌会なども詠草は  雁皮紙を詠草の  私の詠草で  

~ 詠草[名詞]2
長く詠草  てんでに詠草  

複合名詞
詠草くり  詠草一帖  詠草伺申上度  柿園詠草  藁屋詠草  



前後の言葉をピックアップ
読み切り  読切り  読み切る  読み切れ  よみきれ  読みくだし  読み下す  読みくだす  読み下せ  読み比べ


動詞をランダムでピックアップ
皮肉っ憎がら勢い込ま取り掛からつぼむ葬ろ覗こたおれ名乗る賭するにつまれ申し合せとばしる立かかるあなどっ出来上がるうらぎっ測れかがやい
形容詞をランダムでピックアップ
すっごくほこらしく冷たかろあほらしい頼み少ない明るかっ疎ましい早くっ待遠しくっ恐ろしきききにくい安う世知辛い見にくく好ましけれ憂き気はずかしい分別臭