「触ら」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 触ら[動詞]
一部に触ら  友達に云い触ら  着物に触ら  遺子を触ら  ことを云い触ら  つて民蔵になどは触ら  ところに触ら  傍目も触ら  鬼よ、触ら  蝶に触ら  手に触ら  もっともの一点張り、触ら  誰も触ら  コンピューターには触ら  梁に触ら  舌へ触るか、触ら  手でものべると、触ら  体に触ら  話を云い触ら  誰彼にもいい触ら  私は当らず触ら  冷いもので触ら  始めよりなるべく触ら  弱点に触ら  ことに触ら  ことには触ら  頽廃を云い触ら  唇が触ったか、触ら  身体を触ら  神経に触ら  頬の触ら  彼に触ら  傷にでも触ら  誇張して、いい触ら  人間に触ら  刀をちっとも触ら  腹へ触ら  のか、とにかく触ら  肉へは触ら  病人に触ら  不意に触ら  私に触ら  人気に触ら  脇目も触ら  杉本は出来るだけ、当らず触ら  奴に触ら  顔に触ら  相談して、当らず触ら  刀には触ら  刀に触ら  癪に触ら  鬼が出るなどと云い触ら  方にな、お触ら  時しどけない寝間着姿だったと云い触ら  久助は触ら  ときは、もう触ら  わたし、触ら  ところへ触ら  唱へ触ら  事を云い触ら  珠玉でも触ら  国体には触ら  なめるとか云い触ら  尾鰭を添えて云い触ら  落ちしたなどと云い触ら  相手と云い触ら  魂だなどと云い触ら  死ぬなんて、云い触ら  それを云い触ら  事実を云い触ら  風説を云い触ら  何だか仔細ありげに云い触ら  偽りを云い触ら  息女と云い触ら  井戸には触ら  ように云い触ら  人さわがせに云い触ら  家出したとか云い触ら  無事であったと云い触ら  者は云い触ら  まじめにそう云い触ら  反物を貰ったなぞと云い触ら  まことしやかに云い触ら  物に出逢ったとか云い触ら  のだと云い触ら  種にして又なにか云い触ら  勝手に云い触ら  夢枕云々と申し触ら  コロリ除けと云い触ら  誠しやかに云い触ら  形にも触ら  口が重くなると触ら  風呂桶に触ら  怪異があるといい触ら  故郷へとのみいひ触ら  髪の毛に触ら  鞘に触ら  二つの、触ら  団扇を、触ら  面も触ら  覚悟だと云い触ら  奴らから、ながめられ触ら  言ひ触ら  ように申し触ら  そこで触ら  所に触ら  ベルトに触ら  厭なら触ら  顔を触ら  ことが云い触ら  体躯には触ら  これに触ら  わたしに触ら  古痕に触ら  真しやかに云い触ら  ところにそう触ら  尾に触るか触ら  愛嬌というか、触ら  圓朝狂えりといい触ら  ノツブにさえ触ら  道、触ら  其処に触ら  躬に触ら  脚なんかに触ら  老人だけに当らず触ら  繃帯に触ら  護法胤には触ら  金属で触ら  脇眼も触ら  私にもさすが触ら  万事取り仕切ってまめまめしく働き、ほとんど、触ら  ちょっとでも触ら  何処に触ら  つて他人に触ら  彼には触ら  うつかり触ら  耳を触ら  耳に触ら  ぱりと耳に触ら  声をきくと、触ら  気に触ら  身体にさえ触ら  次郎に触ら  誰か知らぬが、触ら  ことをいい触ら  手も触ら  胴に触ら  傍目を触ら  腫物にでも触ら  ことから、なるべく触ら  ことと、触ら  落伍者仲間には触ら  傍眼も触ら  せいだよ、そう当らず触ら  疵を触ら  私がね、ただ、触ら  評判は、概して当らず触ら  俗に言う触ら  そつと触ら  代り世間へいい触ら  ナニいい触ら  何をいい触ら  試合を望まれたら、おっかながって逢わなかったと、こういい触ら  故意と云い触ら  程に可愛がりもせず、言わば寄らず触ら  体を触ら  やつだと思うかして、当らず触ら  自殺したといい触ら  手を触ら  古傷に触ら  誰にも触ら  豪遊をいい触ら  みんなできめて、そうつと触ら  指さきに触ら  樹に触ら  女にも、当らず触ら  



前後の言葉をピックアップ
さわら    椹野川  早良  障ら  サワラ  椹谷  早蕨  さわり  障り


動詞をランダムでピックアップ
注す変れけむら口走りすりまぜ突っ張り解きあかしのがせる払わふれまわっ歩みよら聞かし言切ら絡み合っ措かきなさり思いあわせ組み込め飛び出る
形容詞をランダムでピックアップ
あぶなから頼もしけれやすくっよろしかったっとい手ばしこくにく手重情け深くさみし小だかくつらからひさしき望ましかっ気むずかしく容易く大きいこわし手酷し木深