「触っ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 触っ[動詞]
癪に触っ  から頂戴いたして置きますべい、おや触っ  苔が生えて、触っ  髪へ触っ  身体を触っ  辺を触っ  体を触っ  身体が触っ  あたりを触っ  指に触っ  上からソッと触っ  駄目だ、触っ  小指はその触っ  外部の触っ  手をやって触っ  ところに触っ  ものが触っ  前に置いて触っ  指へ触っ  唇へ触っ  額に触っ  母衣に触っ  氷嚢に触っ  頬に触っ  頬へ冷たく触っ  骨の触っ  手に触っ  ちょっと髯に触っ  面に触っ  雨戸に触っ  手を触っ  襟元へ触っ  カアテンに触っ  化粧されて、触っ  錘りが触っ  誰も触っ  指で触っ  肌に触っ  鼻緒を触っ  おっ母さんが触っ  ちょっと耳に触っ  氷のごとく触っ  形で垂れ下がっているので、触っ  肩に触っ  手の触っ  何も触っ  一一癪に触っ  顔に触っ  機嫌に触っ  車体に触っ  羽に触っ  指さきで触っ  文字に触っ  刃に触っ  氷枕に触っ  頸に触っ  多可子がそっと触っ  後ろから何かが触っ  気に触っ  心で触っ  彼女は時々触っ  蔭へ、触っ  唇が触っ  ものなら、触っ  何か持ち上げて見たり触っ  人間に触っ  人間に会って触っ  髪に触っ  ように触っ  コワゴワ子供に触っ  上衣に触っ  用心しながら、そっと、触っ  何度も触っ  癇癪に触っ  風が触っ  鉄瓶をおろして、ちょいと触っ  腕に触っ  膝に触っ  湯沸しに触っ  畳がつめたくかたく触っ  葉が触っ  小癪に触っ  物が触っ  ものに触っ  鼻に触っ  体に触っ  からだに、触っ  年代にも触っ  何だか死人にでも触っ  上に触っ  先へ触っ  目をねむっていてただ触っ  癇に触っ  胆に触っ  鼻先へ触っ  唇に触っ  手で触っ  提灯に触っ  汚れ髪に触っ  どこを触っ  竹が触っ  指頭で触っ  ちょっと十字架に触っ  突出ていて触っ  井戸に触っ  俺癪に触っ  指を入れると、触っ  ちょっとでも触っ  手が触っ  柱に触っ  あたりに触っ  障子に触っ  精霊が優しく触っ  頭飾りに触っ  身体に触っ  ッ、触っ  そこへ触っ  博士が触っ  腹に触っ  匙で触っ  掛に触っ  さちよに触っ  額へ触っ  気にグッと触っ  フト髪に触っ  淋巴腺が鈍く痛み出して、そっと触っ  翼で触っ  地質に触っ  ことも、触っ  毛虫にでも触っ  無意識に触っ  着物に触っ  ものは、きっと触っ  臀に触っ  氷嚢にそっと触っ  神経によっぽど触っ  もじゃもじゃと触っ  壁へ触っ  指先にさえ触っ  それに触っ  毛布に触っ  私、触っ  火に触っ  空間を触っ  下手に触っ  指が触っ  疳に触っ  危いから片づけようとして触っ  以前には、触っ  母様に触っ  それにも触っ  鍵が触っ  屍体に触っ  小指に触っ  時に、なにかちくりと触っ  蚊帳に触っ  なおのこと癪に触っ  唇の触っ  指先で触っ  ちょっと手を触っ  足首にふわりと触っ  かんに触っ  食道鏡が一寸触っ  嘴で触っ  眉毛に触っ  人が触っ  顔を触っ  金包に触っ  あっちこっちとしきりに触っ  武者修行風呂敷をそっと触っ  何人も触っ  当りが悪く触っ  横枝が触っ  普通人の触っ  世間からは触っ  画筆に触っ  下から頬へ触っ  何か触っ  鬢へ触っ  気をつけて、触っ  神経に触っ  刀に少し触っ  階子を、触っ  袖の触っ  影でさえ、触っ  手二つが触っ  金が触っ  どこかで触っ  手へ触っ  首筋に触っ  畳を摺ったと思うと、はらりと触っ  トロに触っ  お気に触っ  キイに触っ  老人は、触っ  口へ触っ  首筋へ触っ  二つの死骸へ触っ  手を延ばして触っ  着物を、一寸触っ  頬が触っ  底に触っ  線を触っ  から額に触っ  ヒョッと触っ  ちょっと言ってくれれば、触っ  ポケットに触っ  生に触っ  死とに触っ  ソッと、触っ  蛇にでも触っ  ように冷たく触っ  腹部に触っ  いつまでも雪に触っ  足に触っ  



前後の言葉をピックアップ
澤田  沢谷  沢田撫松  さわっ  障っ  沢根  沢之  沢野  沢辺  澤邊


動詞をランダムでピックアップ
しばりつけよぼり理解し合っへば引き起こし引越し便じよせがま組立てるまとめあげん打明け見かけるおしひろめん始まるぬるも平らげる呑める欲する書換え撒か
形容詞をランダムでピックアップ
気味悪き狭苦しすずしい黄いろき床しから生ぬるいとおうくろ弱々しあぢきな温き間遠い偉けれすべっこい仲良う近し神々しきあぶなう恐多