「覚し」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 覚し[動詞]
目を覚し  頃二十一二とも覚し  図目を覚し  手とも覚し  枸杞垣とも覚し  毎朝目を覚し  眼を覚し  野猿と覚し  翌朝眼を覚し  流と覚し  女工と覚し  わしく覚し  儀何と覚し  商店街と覚し  年輩四十五六と覚し  所とも覚し  中央と覚し  まん中ごろと覚し  樵夫と覚し  書斎と覚し  それと覚し  南方支那の産まれと覚し  底とも覚し  変装したと覚し  見当違いとも覚し  一長老と覚し  一時とも覚し  役場と覚し  浪人者と覚し  江戸女と覚し  人々を皆目覚し  服は着たるばかりなりと覚し  下着と覚し  砲台とも覚し  まま眼を覚し  囚人を呼び覚し  つてゐると覚し  記憶を呼び覚し  奥様と覚し  仰せを伝へたりと覚し  心臓と覚し  間と覚し  気がさしたと覚し  本堂と覚し  ものと覚し  ちょっと眼を覚し  山が見えたが、遠いと覚し  三階と覚し  ふいに眼を覚し  物に覚し  我のと覚し  めんめを御覚し  斗目を覚し  怪我と覚し  侍の子と覚し  妾宅と覚し  疾より聞きつけたと覚し  中の町と覚し  十時ごろ目を覚し  朝目を覚し  鼻歌であると覚し  挿んであったと覚し  玄関跡と覚し  機関庫と覚し  柿の木と覚し  浪士と覚し  薬と覚し  狂人と覚し  夢を覚し  達者と覚し  鍾めたるかと覚し  話好きと覚し  若党とも覚し  加害者と覚し  南条と覚し  当りがあると覚し  朝眼を覚し  一寸眼を覚し  神尾主膳と覚し  狼藉者のふらふらと歩んで行って、ふと隠れたと覚し  ことがあると覚し  言葉から示唆されたと覚し  客人と覚し  小坊主と覚し  庚申塚あたりへ来たと覚し  仕業と覚し  兜を見定めたと覚し  総支配人とも覚し  西北と覚し  助と覚し  百両包と覚し  時間と覚し  興味を惹いたと覚し  五十余りと覚し  図眼を覚し  ら明けと覚し  火元と覚し  辞書と覚し  せがれと覚し  十数町を隔てたと覚し  母と覚し  発見し得なかったと覚し  時と覚し  白山へつづくと覚し  多大なりと覚し  ホルスタイン種と覚し  大将株と覚し  案内役と覚し  居間と覚し  敵国航空軍と覚し  はずれと覚し  前途をさへに見失ひしと覚し  さ一丈もあろうと覚し  早帰りをしたと覚し  捕方と覚し  から消えたと覚し  一度目を覚し  風を含みたりと覚し  口とも覚し  毎朝眼を覚し  岬と覚し  方と覚し  新調と覚し  音楽を呼び覚し  初更を過ぎつと覚し  切倒したと覚し  メス骨に達すと覚し  興を覚し  胸中に喚び覚し  呼吸も迫りぬと覚し  四十前後と覚し  力を集めて探し出そうと覚し  箱と覚し  実入りがあると覚し  安置して置いたと覚し  恐怖を呼び覚し  潮流研究用と覚し  子飼いと覚し  役向と覚し  ふくさと覚し  飼養と覚し  二里と覚し  英語と覚し  原生動物と覚し  お力になりましょう程に、お心安く覚し  日を覚し  沿岸とも覚し  広場とも覚し  方に慣れぬと覚し  通つて行くと覚し  絶巓とも覚し  廻つたと覚し  思つたと覚し  新たに呼び覚し  敵陣地と覚し  暁方雨ふりしと覚し  眠りを覚し  離座敷とも覚し  八畳では寝つかれぬと覚し  正午と覚し  なにと成りゆくやらんと覚し  方丈と覚し  棲居と覚し  前進したと覚し  眼玉と覚し  耳に入りぬと覚し  興会は湧かぬと覚し  旅路にて汚れたりと覚し  表てと覚し  二つ、ぶちぬいたと覚し  顔と覚し  ここに隠れて聞きおりしと覚し  今上陸して来つと覚し  ため建てたると覚し  ようには覚し  譲りなさろうと覚し  頼母のいると覚し  必要と覚し  川と覚し  夜眼を覚し  溝と覚し  さっきから目を覚し  相模灘に近きたりと覚し  米を覚し  ちゃんと目を覚し  眠る感覚を呼び覚し  為に存せりと覚し  処と覚し  戸と覚し  翌日眼を覚し  寐から目を覚し  気の毒に覚し  大槻玄卿が怪しいと、こう覚し  そこあたりと覚し  皆眼を覚し  真上と覚し  つて眼を覚し  あたりと覚し  妾を可愛いと覚し  恰度心臓と覚し  晩餐を終りたりと覚し  挨拶も済みたりと覚し  二時頃一度目を覚し  昨夜はどういう覚し  知覚を呼び覚し  はずと覚し  この声に睡を覚し  耳に入りしと覚し  人と覚し  死体を引きずったと覚し  獲物と覚し  泥炭地を写したと覚し  八合目と覚し  ユニオン広小路とも覚し  五階目かとも覚し  屋根裏と覚し  右淀城と覚し  塞るとも覚し  疾風土を捲いて起ると覚し  逼ると覚し  両国を通ったと覚し  伯父さん眼を覚し  壇上と覚し  息子と覚し  午後と覚し  作と覚し  肖像と覚し  手洗水を使わぬと覚し  風速十三米と覚し  流星の落ちたと覚し  それが落ちたと覚し  入口から凡そ四五町も来たと覚し  車と覚し  妻と覚し  我々を何と覚し  我々をさぞ憎く覚し  軒端と覚し  人間と覚し  連中の乗って来たと覚し  理由と覚し  忍び入りと覚し  夜明け頃から眼を覚し  歌と覚し  



前後の言葉をピックアップ
醒まさ  様々  さまざま  様様  サマザマノスガタデ  覚まし  醒し  さまし  醒まし  冷まし


動詞をランダムでピックアップ
はりつい仕出かしかくまえぶつけるかけあかし買いしめる着こなさ亡くなら煙たがら煩っ涌く持直しくるむすびつく持ち堪える損ねる変わる温めよ来ら
形容詞をランダムでピックアップ
けうといいち早い素晴らしき麗しいてぬるつよかっ済まなくあかぐろく度し難きかたじけなしまるっこ若々しきなきゃ早いとげとげしい快かっばかばかしくっけだかくみづら恥ずかしくっ