「視る」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 視る[動詞]
日常生活を視る  雨月はじっと視る  雨月はたちどまりてすかし視る  あたりを視る  あたりを照し視る  其面を視る  面を視る  天井を仰向いて視る  空が死んで視る  眼の視る  弟を視る  綱を視る  之を視る  屹と視る  口と、広く、深く視る  重大に視る  冷眼に視る  中にも、じろりと視る  以つて之を視る  燈火によく照らして視る  絶対に視る  彼女を視る  物を視る  干与しているものの如く視る  眼と、視る  つて之を視る  死生を視る  自分に、視る  眼胞は腫れて視る  呼吸困難と、視る  塞りて視る  国を視る  政府を視る  これを視る  事を視る  能く視る  なかに視る  空を視る  正面から仰ぎ視る  私を視る  民友子を視る  人を視る  模様が描いてあるに過ぎず、よく視る  下を視る  気にして視る  家人を視る  眼下に視る  世情を視る  ものとして視る  孔明に対して、次第に正しく視る  物をよく視る  罪惡を視る  惡として視る  提灯をかざして熟視る  出没し、視る  太刀をぬきてすかし視る  人には未だ視る  女は視る  色を視る  熟と視る  陰影を視る  人生を視る  双方同じというだけでなく、よく視る  残賊を視る  建築を視る  眼をすえて熟視る  影像として視る  関係から日本を正しく視る  君を視る  目でハッキリ視る  態度で、仰ぎ視る  其上余の視る  天下は何と視る  姿を視る  遥かに視る  状を視る  鸚鵡を視る  目で優しく視る  経を視る  停車場へ出ながら視る  わたしの視る  支那を視る  同一と視る  注けて視る  戸まどいをして視る  敵と視る  臣を視る  聴く者、視る  意識されて、視る  ものを視る  良制を視る  民権論派を視る  われ怒りて視る  殿を視る  間からよく視る  七は少しかがんでよく視る  足ふみ込んで透かして視る  声をかけられてよく視る  垂簾をあげて透かして視る  行燈の光りでよく視る  小指をよく視る  向うでもじろじろ視る  姿をよく視る  其処らを透かして視る  顔を透かして視る  のを透かして視る  顔をすかして視る  月に透かして視る  顔をぬすみ視る  水明かりに透かして視る  火で透かして視る  掃除に視る  社会の視る  余の視る  嘴も、それだけ視る  わたくしを視る  心を視る  他を視る  乙を視る  余を視る  法律家を視る  賤者を視る  小人を視る  男を視る  供を視る  交渉を視る  人事を視る  小児を視る  播磨の国人を視る  上から顔を視る  ものを撮み取って凝と視ると、視る  十目の視る  竜宮を視る  彼女等を視る  皇室を視る  襟許を視る  傍に持つて来て視る  世を軽う視る  外界を視る  雪を仰ぎ視る  気をつけて視る  それを顧み視る  大に視る  揺籃を視る  眼を据えてよく視る  燈を点しよく視る  顔をじっと視る  ぢつと視る  生活を視る  光明に正に視る  ことが書いてあって、明るく視る  あなたが視る  励しとも、こもっていて、視る  社會を視る  顯象として視る  湯あがりに仰ぎ視る  ことを視る  寝床を照らして視る  のかと思ってよく視る  中流まで運び出されてよく視る  眼を定めてよく視る  それを取り上げてよく視る  下でよく視る  模範を視る  不思議に思ってよく視る  気を鎮めてよく視る  偸み視る  それを視る  小さな夢は、視る  僕を視る  目を以て視る  時代を視る  養殖状態を視る  姿をじろりと視る  四辺を視る  隣を視る  我鼻を視る  傍を視る  ッて視る  貌を視る  顔を視る  処は、視る  上を視る  躰より視る  文として視る  女として視る  目の視る  こをか視る  出処進退に視る  出處進退に視る  初期を視る  たるを視る  離るれば視る  我を視る  めて視る  個人を視る  菴摩羅菓を視る  次には、視る  小を視る  ば熟と視る  のを視る  神を視る  點を視る  彼を視る  わが視る  母を視る  今汝心して視る  汝の視る  次第を知らで、その視る  天のめぐるを視る  而してその視る  位みな上方を視る  功徳とによりてその視る  日より、かく視る  我をして視る  熟視て動かず移らず、かつ視る  一たびこれを視る  天を視る  萬物を視る  中を視る  光を視る  地を視る  ものを親しく視る  事物を視る  物入來りてその視る  ことなし、視る  我をしてかく視る  現実を視る  キャリフォルニアン号から視る  遊戲具を以て視る  ウォラビュックなどから視る  払拭って視る  歴史を視る  體裁を視る  皆己が視る  妾を視る  籠めて凝と視る  王成が拾って視る  此宝鏡を視る  こと我を視る  様子を視る  正統に視る  ただ石を視る  地形を視る  なかを透かして視る  星明かりに透かして視る  方角を透かして視る  枕をあげて視る  眼で視る  此織物を視る  月あかりで透かして視る  



前後の言葉をピックアップ
水松  海松  みる  ミル  見る  看る  ミルカ  ミルキ  ミルキン  ミルク


動詞をランダムでピックアップ
剰りなで下ろす給び並居る住も立ち働い眩みとりのぞかいやがれ取りのけろ伺わとがりおどりかか囁やき気負い立つのし上がる割り切れるかたる掘り出せりゃ
形容詞をランダムでピックアップ
易からにげないさみしかろていたからはれぼったく慎まし黒う正しく慌しかっくすぐったかっ回りくどくまっくろい悪い呆気なかわゆくあやうく聞づらく詮無くよわよわしぎょうぎょうしく