「見極める」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 見極める[動詞]
それを見極める  研究し、見極める  あり方を見極める  どちらへどう飛んだかを見極める  ことを見極める  のを見極める  特徴を見抜き見極める  物があったが、恐ろしいので見極める  かたちを見極める  様子もないと見極める  真価を見極める  到来を見極める  田鍋課長も見極める  正体を見極める  一見しては見極める  道を見極める  相違を見極める  所を見極める  のなら、又見極める  カストリを飲んでも侮られないと見極める  在所を見極める  事を見極める  彼奴と見極める  生死のほどを見極める  ものを見極める  部分を見極める  方向を見極める  明瞭に見極める  一に見極める  噴火口を見極める  様子を見極める  誰であるかを見極める  畑をようく見極める  方面を一層見極める  一面を見極める  異同を見極める  



前後の言葉をピックアップ
見きわめよ  見極め  見極めよ  見きわめん  見きわめる  ミキータ  ミキートカ  みき子    みき


動詞をランダムでピックアップ
詰め込まめいせ寝取ら思い当たろ食わしゃ薄らが立至る馴らさいやさまくれ渇れすかす瞑れ咲き残あわてつれださ塞げいれなおす突っ伏さうねれ
形容詞をランダムでピックアップ
耳ざとくとおきむなしく惜しから蒼くくろいひょろ長い甘辛うすく硬かっ煙たいよんどころなけれ馬鹿らしかっ乏しくっこのもしわすれがたい香ばし苦しかれきたならしはげしかっ