「見惚れ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 見惚れ[動詞]
感に堪えて見惚れ  それに見惚れ  私はしばし見惚れ  青空に見惚れ  雪景色に見惚れ  艶容に見惚れ  めかたちに見惚れ  うつとりと見惚れ  裏地に見惚れ  リズムに見惚れ  さに見惚れ  鑵を引出して、見惚れ  すに見惚れ  景色に見惚れ  色に見惚れ  聞惚れ、見惚れ  恍惚として、見惚れ  有様に見惚れ  鏡に見惚れ  美男子に見惚れ  口を開いて見惚れ  やうだと見惚れ  装飾に見惚れ  茫然と見惚れ  錦絵に見惚れ  風景に見惚れ  われを忘れて見惚れ  光景に見惚れ  陶然として見惚れ  全身を震はせて見惚れ  盛観に見惚れ  芝居に見惚れ  そうに、うっとり見惚れ  なかに見惚れ  目にいとおしく見惚れ  感心して見惚れ  腕に見惚れ  ボンヤリと見惚れ  かほる景色に見惚れ  恰好に見惚れ  格構に見惚れ  応酬に見惚れ  怪現象に見惚れ  夫に見惚れ  青年に見惚れ  姿に見惚れ  穴に見惚れ  滝に見惚れ  運動に見惚れ  私はいつも見惚れ  /″\眺め、見惚れ  手を止めて見惚れ  魂も打込んで見惚れ  顔に、思わず見惚れ  娘に見惚れ  伸子をも見惚れ  スタールツェフはすっかり見惚れ  景色にうっとり見惚れ  刀に見惚れ  銀様も見惚れ  手つきに見惚れ  踊りにはついうっとり見惚れ  線に見惚れ  建物に見惚れ  梯子芸に見惚れ  手出しもできないで、うっとりと見惚れ  美に見惚れ  筆勢に見惚れ  面に見惚れ  あなたは見惚れ  默つて西原氏を見惚れ  ように見惚れ  本庄鬼六もつい見惚れ  横顔に見惚れ  天使ぶりに見惚れ  から二人とも見惚れ  勇姿に見惚れ  行列に見惚れ  美貌ばかりに見惚れ  唖然として見惚れ  きんさんだと見惚れ  番附面に見惚れ  大熊に見惚れ  子だとつくづくと見惚れ  せつ、見惚れ  あれあしない、などと見惚れ  一心に見惚れ  景に見惚れ  色とにほひと見惚れ  なつて見惚れ  歎声をもらして見惚れ  眼を輝かせて見惚れ  其壮観に見惚れ  モウセンゴケに見惚れ  差し、呆れて見惚れ  木版印刷に見惚れ  乗馬姿に見惚れ  久しぶりに見惚れ  人相に見惚れ  大観に見惚れ  雄大なるに見惚れ  意味で見惚れ  七兵衛を見惚れ  錦に見惚れ  一つ一つ指にはめては見惚れ  上にのせて見惚れ  繪姿に見惚れ  余念なく見惚れ  弁に、見惚れ  秋山図に、見惚れ  体がかたくなって、しばらく見惚れ  常子も見惚れ  銀玉に見惚れ  容貌に見惚れ  縞に見惚れ  顔に見惚れ  細工に暫く見惚れ  石に見惚れ  身動きもしないで尚ほ見惚れ  花に暫く見惚れ  余が驚きながら、見惚れ  不思議に見惚れ  ことも忘れて、見惚れ  のんで見惚れ  姿に飽かず見惚れ  ものかと、つくづく見惚れ  情景に見惚れ  城太郎も見惚れ  挿けた花に見惚れ  つてうつかり見惚れ  誰もが思はず見惚れ  私は見惚れ  姿に、見惚れ  景色にばかり見惚れ  平打だの、見惚れ  一行に見惚れ  湯女に見惚れ  立派さに見惚れ  髪を、なおしみじみと見惚れ  朝景色に見惚れ  顔で見惚れ  方向に見惚れ  看板にはゆったりと見惚れ  妙に見惚れ  私も見惚れ  姿態に見惚れ  さのみに見惚れ  恍惚としてその白い光りに見惚れ  げに見惚れ  氣障でせうが、見惚れ  戸外を見てうっとり見惚れ  トント夢中に見惚れ  光に見惚れ  幻光に見惚れ  大変美しく映ったので、凝と見惚れ  螢に見惚れ  それこそ呆然と突ったって見惚れ  方などを見惚れ  方に見惚れ  私と、つい見惚れ  渦巻に見惚れ  さに、暫し見惚れ  



前後の言葉をピックアップ
美保関  三保の松原  見ほれ  見惚れよ  見惚れれ  見ほれる  見惚れる  見本  みほ子  未亡人


動詞をランダムでピックアップ
うかされわたりあっ厭いやけしん考えよ頻っ引く死の上廻るせしめ見せびらかす古ぼけ言い尽さ漏れ聞き待っわきたつちぢまれいんしすろ打消す
形容詞をランダムでピックアップ
青うきびしくっ物凄まじききびし佳かろやり切れなかっ黄色物すご疚しいかぼそ正しきこげくさいこすいすばやかっうたがわし賎しきこよなきむずがゆく土臭い易い