「見当ら」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 見当ら[動詞]
なにものも見当ら  別に異状も見当ら  言葉が見当ら  私を探しても見当ら  厄介だな、探しても見当ら  ひとりも見当ら  私は一寸見当ら  諸方を尋ねましたが一向に見当ら  どこにも見当ら  のが見当ら  一人も見当ら  ことは見当ら  ものすら何一つ見当ら  ジャーナリストなどはほとんど見当ら  恋愛譚は全く見当ら  家は見当ら  一つも見当ら  から、なかなか見当ら  策も見当ら  情熱はさすがに見当ら  家構が見当ら  区切りが見当ら  ウスベリも見当ら  ものも見当ら  姿にも見当ら  ほかに見当ら  影が見当ら  俳優はちよつと見当ら  姿が見当ら  ものがまるで見当ら  自動車など一台も見当ら  中には一寸見当ら  例が見当ら  所などは見当ら  未開地へ行っても見当ら  姿は見当ら  ちょっと口実の見当ら  それからともども探したが見当ら  宣徳炉が見当ら  先に見当ら  一つとして見当ら  事柄が見当ら  ほうにも見当ら  ものを見当ら  者も見当ら  理由は従って見当ら  言葉は見当ら  死体が見当ら  影も見当ら  資料は一寸見当ら  言葉も見当ら  はずと思ったが、見当ら  類なぞは何一つ見当ら  何処にも見当ら  縄梯子が見当ら  梯子が見当ら  どこを眺めても見当ら  部屋中探したが見当ら  ものすら見当ら  廊下には見当ら  容易に見当ら  人影は大して見当ら  虎の巻が見当ら  路地には見当ら  日本は見当ら  標題は見当ら  席上にはさっぱり見当ら  雪子は見当ら  ものは見当ら  秋田犬が見当ら  うまいアンマが見当ら  名が見当ら  んごまは見当ら  日蝕パレスは見当ら  不人情家は見当ら  中に見当ら  これも亦見当ら  なかには見当ら  数丁にも亘って調べても見当ら  棺桶が見当ら  ものか見当ら  玉も見当ら  のは見当ら  夜になって見つけに来るが、見当ら  世界の歴史に全く見当ら  アカグマ軍には見当ら  鍵は見当ら  がたは見当ら  男は見当ら  ところは見当ら  これ以下のものは見当ら  火傷は見当ら  就ても全く見当ら  其処等を捜したが見当ら  文学者には見当ら  話は見当ら  ところ一つも見当ら  のですが、とうとう見当ら  人が見当ら  ものが皆目見当ら  留守中によく探して見ますけれども、どうしても見当ら  あたりを見廻したが見当ら  手許に見当ら  ここまで見に参ったが、いっこう見当ら  旅行者以外には見当ら  先例も見当ら  そこには見当ら  死体も、やはり見当ら  死骸が、見当ら  骨一本さえ見当ら  一本も見当ら  ものが見当ら  青山には、一寸見当ら  場所が見当ら  地子帳に見当ら  地球上どこを探しても見当ら  稀にしか見当ら  一つ今まで見当ら  保管所が見当ら  古書にかつて見当ら  別に血痕も見当ら  舟が見当ら  地盤は見当ら  役人にも見当ら  図書館へもはいったがやっぱり見当ら  異状が見当ら  一冊も見当ら  対象は見当ら  ものは無論見当ら  何も見当ら  ケースが見当ら  脱脂綿も見当ら  時はどうしても見当ら  同好の士は見当ら  数字は見当ら  人影も見当ら  ところには見当ら  中には見当ら  物は見当ら  選手は見当ら  勤め口が見当ら  動きが見当ら  墓は見当ら  空き地さえ見当ら  いかめしさは全く見当ら  どこを探しても見当ら  店が見当ら  ことも見当ら  傘が見当ら  兇器は見当ら  候補者は見当ら  場合が見当ら  五階下をうろついていては見当ら  姿は一向に見当ら  方法は先ず見当ら  別にしようと、たもをさがしたが見当ら  茅花でも無いかと思っても見当ら  形跡は一向見当ら  桜ン坊も見当ら  場所は見当ら  イト子なんて見当ら  惨死体は見当ら  何処へ行っても一向見当ら  町はずれででもなければ見当ら  場所も見当ら  者が見当ら  ちょっとほかに見当ら  死ぬ方法が見当ら  文字も見当ら  死体は見当ら  形も見当ら  船名は見当ら  めったに見当ら  殆んど見当ら  材料が見当ら  範囲では見当ら  領域では見当ら  何にも見当ら  別に秘密室も見当ら  影は見当ら  金入れが見当ら  姿は、ちっとも見当ら  暗号が見当ら  奴は見当ら  カケラも見当ら  二輪は見当ら  多くは見当ら  人形が見当ら  秘密書類はどうしても見当ら  人物がなかなか見当ら  のが少しも見当ら  南画にも見当ら  人物が見当ら  家が見当ら  樹木は少しも見当ら  のは、見当ら  手がかりが見当ら  人物の見当ら  まり普通には見当ら  彼女は見当ら  二十分経っても更に見当ら  写真館は見当ら  そこに見当ら  屍体の見当ら  農家に見当ら  都に見当ら  姿も見当ら  方へ走け出して見たが見当ら  微笑も、てんで見当ら  変化も見当ら  長物は見当ら  証拠物件が見当ら  店じゅう総出で探したが見当ら  そこらを捜して見たが見当ら  房枝は見当ら  ふしは見当ら  部屋には見当ら  人名は見当ら  百姓家すら見当ら  間をしらべても見当ら  思案が見当ら  屋根裏なんぞ見当ら  それも見当ら  二三哩下流まで追つかけてみたが見当ら  都会にも見当ら  顔は見当ら  妹は見当ら  他に見当ら  内部に見当ら  先は見当ら  柏を探したが見当ら  梯子も見当ら  市内には見当ら  論拠は見当ら  頻繁に見当ら  屏風の見当ら  顔立には、ついぞ見当ら  今日に至るまで見当ら  四ヶ月は見当ら  精霊を捜したが、見当ら  両親にも見当ら  不思議にも見当ら  話題が見当ら  なす者は見当ら  消滅して見当ら  ものは、遂に見当ら  一として見当ら  木も見当ら  人物は見当ら  近所には見当ら  方には見当ら  馬券場で見当ら  書評は見当ら  プラットホームをしらべたが、見当ら  指紋は見当ら  毛布をめくっても見当ら  脇差はついに見当ら  俳書に見当ら  足が見当ら  首が見当ら  あちらこちら捜しても見当ら  はちよつと見当ら  出来合は見当ら  袋のかげさえ見当ら  根気は見当ら  一軒も見当ら  閑地さえ見当ら  ところも見当ら  それが見当ら  下僕は見当ら  中にも決して見当ら  唯ひとつすら見当ら  ここに見当ら  処唯物論以外には見当ら  基隆迄も探しに行ったが見当ら  あとは見当ら  動物園にも見当ら  玄也夫妻は見当ら  何一つとして見当ら  女は見当ら  別に何も見当ら  字も見当ら  間にも見当ら  骨さえ見当ら  殊に其があるべきであらうが、一向見当ら  井沢判事も見当ら  疑いなぞは、もちろん見当ら  ものの見当ら  祠でも、見当ら  姿はかいもく見当ら  通覧せるも一向見当ら  へんには見当ら  人がほとんど見当ら  氏名が見当ら  ものは少しも見当ら  本も見当ら  優が見当ら  書置などは見当ら  薬にしたくも見当ら  ものは、すこしも見当ら  形跡が全然見当ら  俳優が見当ら  ようなのはほとんど見当ら  親たちは見当ら  洗濯物は見当ら  急に見当ら  形跡は見当ら  品は見当ら  婦人靴が見当ら  灰皿には見当ら  一個も見当ら  品物も見当ら  聴水、重ねて見当ら  小径さえ見当ら  跡も見当ら  一紙しか見当ら  外には見当ら  消息も見当ら  ものは、さっぱり見当ら  人も見当ら  酒場は皆目見当ら  策は見当ら  地上に見当ら  野良犬すらも見当ら  僕に見当ら  のが一寸見当ら  家に見当ら  射出口が見当ら  ものは一向に見当ら  者はまだ見当ら  親切なれば一寸見当ら  日本之少年未だに見当ら  部屋さえ見当ら  東京に見当ら  眼には見当ら  らに見当ら  サンプルは見当ら  足の踏みばも見当ら  方は見当ら  姿などは見当ら  記事が見当ら  書類も、ついに見当ら  閑でなかったと見えて、とうとう見当ら  花も見当ら  ものに至ってはさらに見当ら  以前には決して見当ら  ものはまるで見当ら  呼鈴が見当ら  ものは何一つ見当ら  事は見当ら  適任者は見当ら  辺に見当ら  のはまだ見当ら  うまい説明が見当ら  席も見当ら  続きがどうしても見当ら  のか、見当ら  花瓶も見当ら  骨は見当ら  羽根さへも見当ら  窯には見当ら  方々探しぬいていかにしても見当ら  修善寺中に見当ら  人間は先ず見当ら  捜索したが、見当ら  着衣も、一向に見当ら  それは見当ら  着衣が見当ら  片方すら見当ら  雑嚢も見当ら  顔も見当ら  伝単さえ見当ら  何処を探しても見当ら  一行は見当ら  作家のものはほとんど見当ら  のも見当ら  実弾は決して見当ら  蝋燭が見当ら  そこらに見当ら  鎌倉には見当ら  使途が見当ら  口実が見当ら  ものがほとんど見当ら  文献には余り見当ら  雪中霜には余り見当ら  場合にはまだ見当ら  一帖も見当ら  仁王は見当ら  曠野にも見当ら  事がらが見当ら  あたりに見当ら  連絡は、一寸見当ら  ことが見当ら  中にもどうしても見当ら  人は見当ら  一ツも見当ら  方法も見当ら  邸内くまなく探して見当ら  もんか見当ら  四囲を改めたが、見当ら  オイソレとは見当ら  通行人も見当ら  カギが見当ら  これだけ探しても見当ら  日常語には見当ら  発見のものに見当ら  何かが見当ら  ライカが見当ら  中にも見当ら  下にも見当ら  外には余り見当ら  そこらあたりを探したが、やっぱり見当ら  姿がすぐには見当ら  人物など見当ら  のをと思って、探して見たが見当ら  小袖も見当ら  銀貨銅貨一つさえ見当ら  姿が、見当ら  宿は、見当ら  姿の見当ら  ものは更に見当ら  小判も見当ら  けしきは見当ら  題が見当ら  肩から脱けて見当ら  鋏が見当ら  何か見当ら  さがしても見当ら  日本の見当ら  人間は見当ら  相応わしいところが見当ら  列は見当ら  日本にはまだ見当ら  他には見当ら  部分にしか見当ら  砕片も見当ら  うちにほとんど見当ら  男も見当ら  物色しても更に見当ら  屍は見当ら  覓めたが、更に見当ら  別に異変も見当ら  骨も見当ら  影さえ見当ら  通路も見当ら  範容が見当ら  点も見当ら  洋画壇には見当ら  悪党はなかなか見当ら  物には見当ら  どれにも見当ら  文献には見当ら  者は見当ら  路が見当ら  若者も見当ら  モスクワじゃ見当ら  けがないのに、見当ら  一木一草も見当ら  語にほとんど見当ら  幽霊船が、一向に見当ら  巡礼以外には探しても見当ら  水明かりは見当ら  神話にも見当ら  



前後の言葉をピックアップ
見あた  見あたっ  見当っ  見あたら  見当たら  みあたら  見あたり  見当り  みあたり  見あたる


動詞をランダムでピックアップ
ちろ丸め込ん煮立ちよそいなぞら打ち見る着込むまぬかれ買込まかち合っねい宿れ愛そわかす飛付き引き取っ取り下げ摩れ
形容詞をランダムでピックアップ
ひさしき厳つこすく蒼いはやきけたたまし強かっまめまめしくきむづかし目出度から思しいえがらっぽく甘くまっくろい暑苦しくいたかろ青く眠たく