「見分ける」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 見分ける[動詞]
新鮮かどうかを如何して見分ける  透明かどうかを見分ける  曇つてゐるかを見分ける  それと見分ける  これを見分ける  正体を見分ける  宝石を見分ける  鯨坐などと見分ける  物を見分ける  手品を見分ける  何も見分ける  新鮮かを見分ける  目で見分ける  それを見分ける  真鍮と金とを見分ける  触角を見分ける  野菜とを見分ける  有毒蕈とを見分ける  可なりよく見分ける  悪とを見分ける  これをいちいち見分ける  一隊とも見分ける  踊り手を見分ける  方を見分ける  状態を見分ける  的を見分ける  どこで見分ける  工人とをよく見分ける  だれであるか見分ける  何が真に美しいかを見分ける  材料を見分ける  いるかを見分ける  女将を見分ける  良否をよく見分ける  蚊を見分ける  お前えは見分ける  機関兵を見分ける  君は見分ける  旗を見分ける  一瞬に見分ける  歴史を見分ける  親切と見分ける  時でも、見分ける  父親を見分ける  年齢を見分ける  顔も見分ける  達人を見分ける  変化を見分ける  よしあしを見分ける  色ももう見分ける  ものとを見分ける  本であるかを見分ける  文字をすぐに見分ける  正確に見分ける  持物とによつて見分ける  のを見分ける  人物を見分ける  ことを見分ける  善悪を見分ける  五種類に見分ける  老とを見分ける  良否を見分ける  表現を見分ける  屑と、どうして見分ける  顔を見分ける  空間概念であるかを、注意深く見分ける  彼がやっと見分ける  高低を見分ける  形勢を見分ける  顔立を見分ける  闇と見分ける  何にも見分ける  ごっちゃになっていた、一々見分ける  彼は見分ける  明らかに見分ける  種類を見分ける  ことも見分ける  要素が、たがいに見分ける  憤懣などを、見分ける  彼女のであるか、見分ける  眼では何一つ見分ける  私はどうにか見分ける  組を見分ける  相手を見分ける  誰かを見分ける  色彩によって見分ける  とこを見分ける  上手下手を見分ける  実体を見分ける  肉眼で見分ける  薬草を見分ける  紛失を見分ける  嫌ひか見分ける  星明りで見分ける  容易に見分ける  そこまではっきり見分ける  全然ものを見分ける  更に見分ける  誰だか見分ける  魚とを見分ける  小指一本だけ見せられたって必ず見分ける  何物をも見分ける  敏感に見分ける  彼女を見分ける  顔を、見分ける  なまけ者を見分ける  目鼻だちは見分ける  移りかわりを見分ける  塩鱒を見分ける  外部からそれを見分ける  ことは、もはや見分ける  何かを見分ける  伊助を見分ける  産地も見分ける  乗り手を見分ける  易々と見分ける  なにもはっきりと見分ける  私を見分ける  秋を見分ける  有無を見分ける  ひとつとして見分ける  違いを、見分ける  実物を見分ける  のか、見分ける  哲を見分ける  親子を見分ける  一目で見分ける  



前後の言葉をピックアップ
見分け  見分けよ  見分けれ  みわけ  見分け  みわける  美和子  美晴子  三輪崎  三輪田


動詞をランダムでピックアップ
夢みよ引き戻さ巻ける崩れ競い合い添わるくいとめる遊べ混じよいかこっ読み取っ働きかけよ極めまぜっかえすゆすぶらすけん向こ立ちはだかれしおれる
形容詞をランダムでピックアップ
あやしい弱う態とらしくまぶしゅう軽々しきめでた晴がましいまばゆくっ賢しき手ひどく目映い香ばしから快いすずしめづら危なげなし何気なし痛かろ度し難い懶う