「見ん」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 見ん[動詞]
夢に見ん  雪景を見ん  目下に見ん  今年今月に見ん  これをより古く見ん  建築物を古く見ん  入れ墨を見ん  から夢に見ん  色を見ん  世を見ん  下界を見ん  歌は読みて見ん  標準として見ん  君を見ん  らを見ん  今宇宙を見ん  まさちゃんが見ん  羅針盤を見ん  穴をよく見ん  誰と見ん  女髪を見ん  実力を見ん  踊りを見ん  韓人を殺して見ん  それは、次第に依っては、出て見ん  健鬪して見ん  平面を透して見ん  それを透して見ん  姿を見ん  うつし見ん  寄ツて見ん  神技を見ん  実を見ん  雲の上に見ん  帝頻に再び見ん  人生とを見ん  太刀打ちをしてみたい、見ん  侍が、見ん  からは、見ん  火柱を見ん  少年を仰ぎ見ん  面を見ん  幽霊を見ん  証を見ん  口を割らせて見ん  芸術を見ん  名残りを見ん  品を見ん  壊滅を見ん  ものを見ん  巨像を見ん  金を、見ん  怒りしを見ん  彼の泣くを見ん  目を上げて見ん  困難を軽く見ん  けしきをも見ん  手に摘みていつしかも見ん  われのみぞ見ん  花を見ん  春か行きて見ん  時の間も見ん  逢ひ見ん  さらで見ん  待ちぞ見ん  沢山も見ん  めど逢ひ見ん  世界を見ん  月をながめ見ん  亀裂に驚かされて、なおよく見ん  のを見ん  眼をなおよく見ん  顔を見ん  者を見ん  うちに見ん  二人で運んで見ん  泥棒にゃ、見て見ん  修辞学を見ん  それも見ん  ものは見ん  道を探って見ん  妾を見ん  鏡なんか見ん  父兄を見ん  真を見ん  芸者を見ん  芸術品として見ん  菊を見ん  自ら行きて見ん  夜は、晴れて待ち見ん  敵とまた見ん  栄を見ん  証跡を見ん  行て見ん  幻影をまた繰り返し見ん  永遠を見ん  世界の果てを見ん  血を見ん  われ心をとめて見ん  前を見ん  孫なりともいひうべきを見ん  星を見ん  前をのみ見ん  歎きを見ん  殘りなく見ん  彼を見ん  我を見ん  アンテオを見ん  語りかつ泣くを見ん  穢れを見ん  解決を見ん  頃は見ん  人の見ん  徑を見ん  路を見ん  先を見ん  誰なるやを見ん  類甚だ多きを見ん  光を見ん  目を見ん  白刃を見ん  さまを見ん  ベアトリーチェを見ん  精を見ん  虧くるを見ん  違へり、わが見ん  ヴェロニカを見ん  彼の見ん  跡を見ん  目前に起るを見ん  榮光を見ん  蝕を見ん  人は見ん  否やを見ん  人々これを見ん  我自らこれを見ん  真髄なりを見ん  われまた見ん  風景を見ん  方面のみを見ん  手腕を見ん  怪我もして見ん  いつ帰り来て見ん  夢を見ん  森を見ん  駅夫も首肯きて、強いては開き見ん  作を見ん  吾人の見ん  家系問題を見ん  手に取りて、開き見ん  笑を見ん  證據があるなら出して見ん  御召物を見ん  



前後の言葉をピックアップ
未解決      見れれ        未開拓    視ん


動詞をランダムでピックアップ
喪お引きかえすせよ振舞ったちすくみはぐくむなぎ倒し過ごさできあがっけずれ飛ばそ漂わさ引っぱり命ずる兆す伸びれ棲ん与らいまありあまん
形容詞をランダムでピックアップ
目出度けれ心無く芳ばしく弱かろうらめしかっ明るかろ心もとなき生なましくくう態とらしから土臭かっほし素晴らしかっつたなうものすさまじいうやうやしきここちよきバタ臭い