「見やり」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 見やり[動詞]
海面をじっと見やり  ぬいさんを見やり  後姿を見やり  静かに見やり  渡井を見やり  膝頭を見やり  代りに見やり  人を見やり  ぬいを見やり  それらを見るともなく見やり  園をしげしげと見やり  横顔を見やり  方をちらと見やり  顔をつくづく見やり  そうに見やり  方を見やり  姿を見るともなしに見やり  硝子店をじろりと見やり  わが見やり  やうに見やり  横目で見やり  後ろを見やり  屍骸を見やり  屹と見やり  げに見やり  ウルリーケを見やり  耕地を見やり  遠くの空を見やり  気の毒そうに見やり  私はじろじろ見やり  かたみがわりに見やり  二人をまじまじと見やり  ようにきょときょとと見やり  五十川女史を見やり  照り返しを見やり  籠めて見やり  あたりをじっと見やり  目でじろりと見やり  ものに見やり  あくほどじっと見やり  ほうを見やり  顔を見やり  事もなげに見やり  鏡を見やり  皺を見やり  葉子を見やり  興録を見やり  まま上目をつかって見やり  下目で見やり  顔をして見やり  木村を見やり  目を見やり  さまを見やり  相手を見やり  ように見やり  顔をまじまじと見やり  倉地を見やり  愛子を見やり  岡を見やり  正面から倉地をじっと見やり  そちらをじろりと見やり  外を見やり  のを見やり  その男を見やり  舞台を見やり  方をちらりと見やり  あとを見やり  面を見やり  自動車を見やり  方をかわるがわる見やり  津村を見やり  師も見やり  粛と、見やり  こっちを見やり  力漕を見やり  彼を見やり  姿を見やり  火の粉を見やり  面を、しげしげと見やり  気に見やり  覚束なげに見やり  火長たちを見やり  アグネスを見やり  ようにしゃあしゃあと見やり  寝顔を、見るともなく見やり  そばをじろじろ見やり  ものを見やり  ジロリ其を見やり  色を見やり  花吉は見やり  ジツと見やり  松島を見やり  其方を見やり  大和を見やり  石楠花を見やり  身装を見やり  訝しげに見やり  景を見やり  方のみ見やり  納税告知書を見やり  腰付きを見やり  横目にちらと見やり  目に見やり  附近を見やり  富士山を見やり  ほうをチラチラ情なく見やり  死は徐に見やり  これと見やり  光を見やり  皺を寄せて見やり  犬を見やり  日記帳を見やり  チョッと見やり  む、と見やり  さうにして見やり  流し目に見やり  巨勢を見やり  向こうを見やり  足もとを見やり  晴雨計を見やり  前に見やり  直吉はじっと見やり  へんにじっと見やり  卯女子を見やり  川上はるかに見やり  質問者を見やり  河原を見やり  兄を見やり  眼を見やり  空をのみ見やり  私を見やり  



前後の言葉をピックアップ
宮森  宮守  宮吉  見やら  みやり  見遣り  みやる  見やる  見遣る  みやれ


動詞をランダムでピックアップ
徹すれ鳴きゃ飲み込み責めつけるなげかけ立ちあがおもいださ堪忍ん写し取らわたす指し示さ差し当て嵌り頼ま替わっ視れ切裂きむかい詰め切る想い
形容詞をランダムでピックアップ
聞きにくう女々しく手ばしこく古からいぎたなくたえがたくきわどく薄う数多角う強くっ青っぽくほそこころもとなまぶしゅう篤からまぎらわしいいじらしい紛らわしくあわし