「被い」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 被い[動詞]
今こうやってすっかり被い  含鉛ゴム板で被い  体を被い  衣を被い  天蓋を被い  棺を被い  眼を被い  黒衣を被い  心で被い  目にも被い  心に被い  繁茂で被い  裸体に、被い  衾を被い  女房衣を打ち被い  入歯をも被い  頸筋から半襟に被い  空を被い  進行につれて益々被い  上に被い  茅屋根を被い  夜着を深く被い  草で被い  蒲団を被い  外套で洩れなく被い  影暗く被い  雪を被い  面を被い  文学作品としての被い  口を被い  全部に被い  裳を被い  裸身を被い  夜具を被い  これは被い  酒に被い  霧を被い  髮を被い  上から鋸屑を被い  髪を被い  全身を被い  仮面もて被い  混乱を被い  

名詞

被い[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
被いをかけた  被いのついた  被いのある  被いなく知らなければならないと思う  被いでいます  被いの反射光で輝き  被いで居る  被いで残りながら  被いを去る  被いを取って  被いをしてしまう  被いが部屋のなかの明暗を区切っている  被いでしのぐ  被いまではねを上げて通った  被いでいるにつけても  被いが目についてどうしても早くねつかれなかった  被いを上に投げかけた  被いかかり始めた  被いなどの華美さに極楽世界もたやすく想像する  被いは鹿の子染めを用いた  被いでおいでになる  被いをして置き  被いなどはしないで  被いを開くと  被いで二日も三日も家に寝ていたりした  被いのかかった  被いを取られて見せられた  被いかぶさるようにつっ  被い包んでいた  被いで小家が並んで  被いがかけられていた  被いをかけて  

~ 被い[名詞]1
白キャラコの被いの  ハトロン紙で被いの  車輛の被いの  大輪を被い  一束ねにして被いで  鋼鉄の被いの  雪を被いで  鏡の被いを  鏡に被いを  電燈の被いが  雪を被い  森を被いで  紫玉が被い  クリとして被い  更着を被いで  屋根の被いまで  布團を被い  ことを許さない被いを  空を被い  花机の被いなどの  花机の被いは  夕霧は被いで  獅子を被い  レースの被いの  死体の被いを  頭を圧して被い  清潔に被いが  カーキ色の被いを  蓑毛に被い  雲を被い  

~ 被い[名詞]2
白い被い  赤い被い  その被い  

複合名詞
引被い  被いもの  雨被い  上被い  背被い  枕被い  膝被い  鞍被い一枚  



前後の言葉をピックアップ
大井戸  オオイ  大井田  おおい  被い  大飯  覆い  大井川  大池  大石


動詞をランダムでピックアップ
飲み干すみはれ飽け潰そ罷める醸し付けりゃ偏り漕ぎ着けれいじめ弄ら薄め言ひ現せとよんつみかさね蒔き直そ掘り出せりゃ頌える預かり生れ変
形容詞をランダムでピックアップ
余儀なきものがなしきかんばしき白いおくゆかしなまなましい果敢なく聞き苦しあさううさんくさくにがにがしき重たくっ虚しき細かしい美味しいすがすがしけれこの上ない済まなく好き好き要心深