「藻」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
藻を装へる  藻かと思つたりしました  藻掻いている  藻掻いたって追付かない  藻掻きに藻掻く  藻掻いて大暴れに暴れ  藻掻いていると  藻掻き通して  藻が少しく亂れて居る  藻が少しく乱れているばかり  藻掻けば藻掻くほど  藻の花に露は草木の葉に降つた  藻はゆれ  藻掻いたりしてゐる  藻掻いてゐる  藻掻き苦しんでいる  藻掻き苦しんでゐる  藻掻く様は命の薄れる  藻のようにくねっていた  藻がもつれた  藻の塊を押し分けて  藻のなかに隠れてし  藻が長く浮いてゐて  藻に見え  藻抜けの殻の寝台の上に身を投げかけると  藻の花もさきたり  藻の煙かきたえて  藻の上へ水から離して  藻が分れて  藻を運んで  藻がたくさん生えていましたが  藻のかかった  藻を美しく見せたばかりでなく  藻の林の中に身をしずめて  藻に抱かれてしまった  藻はそっと包んで  藻のなびきにういて  藻の上をうす紅の衣がただよって居る  藻掻き初めた  藻掻く様に振動させた  藻を食う  藻掻く卑弥呼を横に軽々と抱き上げると  藻がいている  藻の中に隠れていた  藻をかづき  藻がふえる  藻をつかって殺すなんて  藻に包まれて  藻掻いていたが  藻の中へ逃げ込んでしまう  藻掻いているので  藻をつかんで  藻掻くような焦燥に起因している  藻掻きはじめたの  藻のような水草が手足にからむ  藻のなかに何か光る  藻の深いなかへ姿を隠してしまった  藻は無数の水蛇か蛸のように彼の手足にからみ付いてくるので  藻のたぐいを彼はどうする  藻のたぐいはあたかも生きている  藻におびやかされて  藻のなかに龍頭が光っていたなどというが  藻が付いている  藻にからまれました  藻が茂って  藻をばらりと被った  藻の中から顔を突き出している  藻掻きつづけた  藻のなかに隠れてしまった  藻が長く浮いていて  藻がゆらいでゐた  藻の上を滑かに動いてゐる  藻と章魚の足とがもつれ  藻と殆んど同じ色をしてゐるので  藻も動かない  藻が身ぶるひをする  藻や昆布るいが生いしげっていて  藻のやうに浮び出した  藻の匂の満ちた  藻の影にじっと浮んで動かない  藻を知らねえか  藻で有った  藻に掛らずにはいない  藻の繁りは  藻にも菱にも霊が有って  藻掻き藻掻き  藻と闘いつつ  藻が切開いて  藻がいていた  藻掻きだす  藻掻きたくても体は一寸も動かぬ  藻の間を泳いで居た  藻がき狂うばかりで  藻掻かしている  藻の匂いがする  藻の花のしろきを摘むと  藻掻きつづけながら運ばれて行った  藻掻き通しに藻掻いている  藻や蟲類が手足に取りついてゐる  藻だの萍だの芦だのに雨が頻に降りか  藻を包み  藻の入っていたの  藻の表面の老廃物を丁寧につんだ  藻などが浮き  藻掻きながら絶叫し続けた  藻掻きまわった  藻掻きまわって  藻掻いていた  藻掻いていたの  藻掻かせられるの  藻も芽を出さず  藻の間にちらちら影がさしたり  藻のゆらゆらした  藻をまだ知らぬ  藻は小鳥がたべる  藻掻き狂いながら  藻のやうに靜かに光を放つて  藻のやうに開いた  藻掻き廻っていた  藻が生えてるの  藻のようにおおい隠した  藻まで生えていて  藻に巻かれている  藻の間をすかして見る  藻の山みたいに下へ平伏した  藻が澄んだ  藻ぬけのからと相成り居り  藻の花が咲いた  藻の花を動かしている  藻の花の中に絡まって  藻の花の間の水に映っていた  藻や藺や葦の新芽や沢瀉がごたごたと生えて  藻やらが浮いていた  藻が浮いて  藻のある  藻の中をかき分ける  藻のようなものを手にからみつけて  藻の色のように彼女の美はますます澄明と絢爛を加えた  藻や太藺が風の狼藉の跡に踏みしだかれていた  藻掻き廻る  藻を一杯つめ  藻掻き死にの  藻掻き死にに死んでしまった  藻に住む  藻掻きながら死んだ  藻も花をかざらうといふ  藻のゆれている  藻のそよぐ  藻の上へすっと留まって  藻の上に留めて  藻のようなものがあった  藻を両手ですくいあげた  藻のように見える  藻の花が夏のはじめから秋の来るまで咲きつづける  藻の花をつきるまで取った  藻の花が欲しいと云って居る  藻の花の茎を前歯でかんで  藻掻いて居る  藻や水草の花で装飾をした  藻の中を行く  藻に棲む  藻の草ならば誘う  藻掻き苦しむ  藻の花の咲く  藻などの水草がはえて  藻がかすかに搖れて  藻のやうに浮び  藻掻いたりしたにも係らず  藻抜け出た魂のかけらではないかと思った  藻の中に水をふいており  藻が生えたりしまして  藻掻きや血潮が灼きついていた  藻抜けの殻をぐるりと廻して知らず知らず  藻の思ひにも  藻で首巻きをつくって  藻の花が咲いていたり  藻が揺れ  藻や塵芥の下を潜って  藻の花を刺青した  藻掻いて堪へる  藻抜けの空になっているし  藻の揺らめく  藻掻こうと鍋炭のかなしさは取れぬ  藻もて義経が馬に飼う  藻に思い寄せて  藻で馬を飼った  藻の中に海馬や楊枝魚多く住む  藻靡きて数万の兵襲い来る  藻にからまりぬくちぶ  藻の花か秋をかなたの星うけて  藻が生えて  藻は保存が出来る  藻が細やかな線と紋を水面に織り出しながら  藻がゆれたりしました  藻の海がある  藻掻きながら振り返った  藻はおぼつかなげに溜息をついた  藻の声はうるんでいた  藻の頬には糸を引いた  藻はまた口を結んでしまった  藻は袖を眼にあてた  藻はなにやら心もとなくなった  藻はおとなしく聴いていた  藻は立ちどまった  藻は無言でうなずいて  藻は竹縁に出て追っていた  藻はもう手をあげて追おうともしなかった  藻を可愛がって育てた  藻はことし十四になった  藻の苦労は絶えなかった  藻はどうしても肯かなかった  藻に頼もしい道連れができた  藻と親しくなって  藻は言った  藻もその烏帽子を折り習いたいという  藻と親しくなった  藻の父が長くわずらっているので  藻が清水へ夜詣りにゆく  藻と毎夜一緒に連れ立って行った  藻に取っては  藻をそそのかして  藻の家へたずねて来た  藻は縁さきへ出た  藻とは手をひかれて  藻は美しい眼を丸くした  藻も眉をよせた  藻がまずおどろいて起った  藻と門で別れる  藻は誰も来ないと言った  藻が門の柿の葉は霜が降った  藻のような美しい乙女が日暮れて一人歩きをするという  藻の門の柿の木を見た  藻をどこへやった  藻の詮議なら隣りへ行きゃれ  藻が親を捨てて  藻の名を呼びながら  藻は古塚の下に眠る  藻はむかしから人間のはいった  藻の手をつかんで叫んだ  藻はふらふらと立ち上がったが  藻はよみがえった  藻は夢のようでなんにも知らないといった  藻を送って行って  藻は返事もしないで  藻に似た  藻に相違ないらしく思われた  藻はどうしたか  藻はかさねて言った  藻は奥の書院めいた  藻はおのずと行儀を正さなければならなかった  藻とか聞いたが  藻はすこしためらった  藻は聞き返した  藻という女子を相手にして  藻は恥ずかしそうに答えた  藻は料紙をささげて  藻は思い  藻はしとやかに座を起った  藻が父の名をつつんだ  藻はすぐに身仕度をした  藻のあとさきを囲んで  藻をひと目見てあっと驚いたが  藻の姿を呆れた  藻はそれらに眼もくれない  藻は知らぬ顔をして  藻という世にもめずらしい乙女がまいる  藻という乙女をひと目見たいと思った  藻が伺候つかまつりました  藻は庭さきにはいって来た  藻はその背景の前に小さくうずくまって  藻を縁にのぼらせた  藻は辞退して  藻と申すか  藻はしずかに頭をあげた  藻はあきらかに答えた  藻の涙は染め絹の袖にはらはらとこぼれた  藻は涙を収めて  藻に退出をうながした  藻はその品々を押しいただいて  藻が屋形の四足門を送り出された  藻が見違える  藻は彼には眼もくれないで行き過ぎてしまった  藻のひと群れのうしろ姿が遠くなるまで見送っていたが  藻の家へ行った  藻はまだ戻るまいぞ  藻に逢いたくば  藻の様子がどうも日頃とは違うている  藻が一人で立っていた  藻がいつまでもそれを大切に抱えていて  藻に逢わぬが  藻はたしかに髑髏を頭に頂いていた  藻は案外におちついた  藻が薄暗い川べりに立って  藻は誇る  藻は平気で答えた  藻の口からあらわに言い出した  藻にむかって  藻を宮仕えに出してやりたくなかった  藻はなんにも言わなかった  藻の手をつかんだ  藻は勝ち誇った  藻の門の柿の梢がようように眼にはいったと思う  藻と同じようにかの古塚の下に倒れていた  藻はもう家にいぬぞよ  藻も来て手伝うてくれたが  藻の家へ急いでゆくと  藻は自分を捨てて  藻というものがあればこそで  藻が鳥のように飛んで行ってしまって  藻と一緒にたびたび遊びに来た  藻を失った  藻とやらいう  藻が関白忠通卿の屋形に召し出されて  藻は主人の卿の寵愛を一身にあつめて  藻という名を呼ばせていたが  藻と千枝松は四年振りでめぐり逢った  藻に捨てられた  藻を憎い奴と思うでござろうのう  藻に偶然出逢った  藻はゆくえをくらまして  藻は白い髑髏をひたいにかざして  藻を見やったか  藻の花だけが薄白く浮かんでいる  藻を手の上にすくいあげて  藻をかつぐ  藻を何とも思わぬ  藻を忘れてか  藻の家は引っ越してしもうて  藻に振り放された  藻と一緒になって  藻と何かの因縁があるらしく考えられるので  藻は塚のぬしに祟られて  藻の顔と臈たけた  藻という乙女の体内に宿って  藻とは前の世からの約束がある  藻という美しい女の形がこの世界から全く消え失せてしまったという  藻という女の姿をもう少しこの世にとどめて置きたかった  藻が恋しくなった  藻と玉藻とを一つにあつめた  藻のむれる  藻の愛し配と語ら  藻を頭から被って隠れていた  藻掻き通していた  藻の片々が摺り落ちて  藻の衣を脱ぎ続ける  藻の匂いが飛んでくる  藻抜けのように立っていた  藻抜けのやうに立つて居た  藻の三尺も生えた  藻掻いても歌舞伎に對して  藻掻いても狂うても  藻の中に見え隱れする  藻掻かなければならない  藻をく  藻掻いておりました  藻掻いてしかも一歩も進んではいない  藻掻き初めましたが  藻の間を掬った  藻と芥に濡れた  藻を食べて  藻の岩に腰をおろして  藻があるかね  藻掻いているのに  藻と共に水槽に飼育しました  藻掻きながらも底深くいや沈みゆく  藻取という爺さんがおりました  藻で飾り立てまして  藻を掻き分け  藻を押し分けて  藻取の手にはっきりと伝わりました  藻取とはやっと気を取り直して  藻の一掴みを出して  藻のようにふり乱し  藻のようにかすんで  藻の香りを思い出し  藻掻きが僕の捩  藻掻きあひながら  藻掻きあいながら  藻掻き抜けてくる  藻の刺だらうと見ると  藻くが絡まつて  藻掻き狂った  藻を生やしたりしている  藻の中に舟がかりして  藻掻く手足を押込んでしまうと  藻掻いているが  藻しほ  藻を打ちあげる  藻か襤褸かわからぬ  藻で結えた  藻や水草を覆うている  藻のために埋まってしまう  藻や菱が生えて  藻の間に仰向きに浮いて  藻掻き苦悶して死んでゆく  藻も生えぬ  藻に立つた  藻掻きまわっていたが  藻の花が咲いていた  藻の花にじっと見入った  藻がそよぎ  藻をくぐり抜けて  藻は多種あるが  藻をいふ  藻のようにただよい  藻の上をふんで歩いていると  藻掻きに藻掻いて居る  藻がふところに滑り込んで  藻をすくいあげて  藻掻いて自然のままに起き上がろうとする  藻の切れ目などへ道糸を垂直につるし込み  藻の香を送る  

~ 藻[名詞]1
水底の藻かと  川の藻の  下敷になって藻  幾ら足掻いたって藻  中で出ようと藻  四足を張って藻  藻掻きに藻  身を藻  幾時間を藻  水草の藻が  ルイザが藻  沼の藻の  私は藻  辺一体に藻や  脚を伸したり縮めたりして藻  指に藻が  水底の藻の  そりと藻の  水底の藻に  幸雄が藻  雪にたく藻の  さに藻が  月影ばかり藻が  首へ藻の  穴に陥って藻  なかがやきのある藻の  柔い藻に  ような藻は  衣は藻の  みどりの藻の  匍い上ろうと藻  躯を藻  静かに藻を  大兄は藻  小屋へ入りこもうと藻が  静に藻の  上総に藻をか  一種の藻  中は藻  八十助は藻  彼が生きて藻  藻掻けば藻  芦荻や藻が  手から逃れようと藻  鮒は驚いて枯れ藻の  中に藻  栄螺や藻を  物も云わずに藻  一種の藻の  水をくぐって藻の  流れつき絡み付く藻の  無数の藻の  苔や藻が  中では藻  夥多しく藻が  実感に求めようと藻  ように藻  感情を汲み出そう汲み出そうと藻  雑多な藻が  縞がゆらぐ藻の  岩や藻と  ように藻や  海底の藻の  人喰い藻を  人喰い藻が  手にも藻は  人喰い藻に  字の如く藻  人喰い藻と  種々の藻の  ように藻が  兄が藻  空に藻  夏よ藻の  溝を塞いでいた藻の  通しに藻  貝殼や藻や  緑い藻などが  水底の藻と  一生懸命に振り落そうと藻  ハドルスキーに抱きすくめられて藻  猛烈に藻  ために藻  二三度振り切って逃げよう逃げようと藻  宙に藻  一生懸命に藻  ありったけ出して藻  我慢しようと藻  蓮も藻も  李之藻  宙に藻が  真暗であろう藻の  そといふ藻を  そといふ藻は  結局それは藻  ところには藻が  中の藻の  必死に藻  ための藻  必死になって逃げ出そうと藻  部屋は藻  ような藻の  苔やら藻やらが  悪夢から醒め得ないで藻  足を藻  そこで藻  七は藻の  後の藻の  千切られた藻の  中に藻を  宿で藻  縄を取りのけようとして藻  沼の藻も  炬燵の藻  いま居た藻の  人々は藻  盛の藻の  様に微笑みながら藻の  光彩を攫まうとして藻  鰌は藻や  動物が藻の  彼は藻の  先について来た藻の  黄金色に藻の  芹や藻などの  姿が藻の  体を藻  喰はぬ藻にな  蟹は藻の  貝殻がついたり藻が  彼らの藻  彼は藻  水底に藻  海人の焼く藻の  きれいな藻で  微かに藻が  復讐しようとして藻  底で藻  間をすり抜けようとして藻  身体が転がりながら藻  鯰が藻の  がきに藻  海人の焚く藻の  蒲団は藻  水中の藻の  雪のひっ切れた藻  馬が嗜み食う藻など  邦俗ホンダワラてふ藻を  件の藻に  池に藻  文をなげぬれば沈まず浮かず藻に  萎縮し藻  アンシロネマAncylonemaという藻が  もやもやの藻が  物狂いに藻  木の下に藻は  娘の藻を  顔をもって生まれた藻は  孝行な藻の  いつか一つ違いの藻と  となり村の藻の  千枝松と藻とは  千枝松は藻と  そこには藻は  となりの藻を  おのれは藻を  孝行者の藻が  門口まで藻を  確かにかの藻  女は藻よりも  彼女は藻の  顔かたちは藻と  うしろには藻に  うちに藻に  在所育ちの藻は  名は藻とか  子とも知れぬ藻という  彼は藻を  きょうは藻という  清治は藻に  それは藻が  彼は藻が  おまえも藻には  頃の藻の  それは藻  彼は藻に  千枝松はじれて藻の  むかしの藻  婆は藻と  ときには藻も  半分夢中で藻の  そなたも藻とは  ここは藻と  娘の藻が  ままに藻という  昔の藻を  玉藻の藻に  むかしの藻を  彼は藻と  それが藻と  塚のぬしが藻という  おまえと藻とは  俄に藻が  獣が藻という  昔の藻が  そこには藻の  風に藻  道を靡く藻の  武衡が藻を  中で逃げようとして藻  ドン底に恐れ藻  夢中に藻の  鹹気と藻の  中に藻の  燥つても藻  獅噛みつこうと藻  仰向けになったりして藻  手を掴まえて藻  ようには藻  無益に藻  糸を取ろうとして藻  大変と藻  あれは藻  味の藻が  んとして藻  傍に住む藻  名を藻  青の藻で  ように勇み立った藻  時宇潮と藻  腰を抜かしていた藻  海の藻の  髪を藻の  時夢中になって藻  針めく藻の  バンドを抜けようとして藻  音や藻の  なかの藻  渦は藻  夢中になって藻  悲鳴を揚げて藻  推進機に藻を  手足を動かして藻  表紙に藻  波が藻を  厩舎は藻  痙攣的に藻  二つに合わさって藻で  ピルコマヨが運んでくる藻の  矢鱈に藻  地位地位といって藻  ところで藻  なかで藻  鮮緑の藻の  緑の藻が  微細の藻は  方言なり藻を  こっちにも藻の  窓を開けて逃げようと藻  四肢を藻  まわりや腐った藻の  風が藻の  寝床は藻  

~ 藻[名詞]2
暫く藻  然して藻  青い藻  残らず藻  黒い藻  その藻  絶えず藻  暗い藻  長い藻  おそろしい藻  大きい藻  細長い藻  悪い藻  楽しく藻  暗に藻  白き藻  なまぐさい藻  ほんとに藻  丸い藻  円い藻  なく藻  大きな藻  ウンウン藻  なにしろ藻  美しい藻  白い藻  あの藻  硬い藻  赤い藻  すさまじい藻  ばたばた藻  どう藻  一しきり藻  この藻  いよいよ藻  とうとう藻  やはり藻  好い藻  しばらく藻  さかしい藻  可愛らしい藻  幼い藻  同時に藻  いかに藻  うき藻  深い藻  そのまま藻  もう藻  汚い藻  

複合名詞
懷風藻  つて藻  藻掻  藻脱  久らく藻  藻洲氏  藻巌山  手稲藻巌  ちや藻  藻くず  藻原  藻脱けた膚  浜藻  藻一  花藻  寄生藻  藻岩村二宮尊親氏  藻岩村  藻岩  五月藻作氏  藻火粉米黼黻  藻刈鎌  金魚藻  南京藻  作り藻  つて藻さ  藻外  藻埴  懐風藻  たま藻  藻切り  藻抜  川藻  藻蝦  とおり藻  藻染  藻風  流れ藻  丁藻  ぎて藻  藻伏小鮒とら  虫藻  忍藻  後忍藻  間忍藻  昨夜忍藻  今朝忍藻  貉藻  藻ぐり  すき透つて藻  エビ藻  フサ藻  淡水藻  荒海藻  懐風藻等  藻刈船しな  藻葉  見え藻  藻蟹  赤色藻  赤色金属藻  磯藻  蛭藻金  たくさん藻  辞藻  霧藻  なに藻  梅鉢藻  細胞藻  藻海  怪馬尾藻  馬尾藻  広瀬操吉今野紫藻鈴木政輝小熊秀雄  め藻  藻一生  玉藻  藻抜の  腐れ藻  鹿尾菜藻  談天藻璧門  藻代さん  藻代  藻西  藻西太郎  藻西太郎さん  通り藻西太郎  通り藻西自身  共謀者藻西倉子  藻西倉子  所天藻西太郎  懐風藻類似  三日月藻  美留藻  最前美留藻  悪魔美留藻  美留藻自身  矢張美留藻  黒藻  菅藻  まま藻  たぬき藻  杉藻  藻刈船  松藻  水木藻蝶  水木藻蝶さん  紅藻  つけ藻  藻なんど  赤蜻蛉菱藻  藍藻  幽霊藻  刈藻川すじ  青藻  



前後の言葉をピックアップ
メー・デー  メー・トリー              モアッタガ  モアナ・ホテル


動詞をランダムでピックアップ
似合っつうじ磨けるよみとれいななきらっしゃん猛り立た毒せこすれ耳立たみぬかはがそあかし閉めれ寝れ威張れよ掴めよおしこめ載せれくゆらせろ
形容詞をランダムでピックアップ
つつがなかれ生易しくやむなき目出度き悦ばし黒しうらやましい名残惜しいとおしく恭しきくやしゅう夥しもだしがたし可愛らしゅういさぎよししゃらくさいふてぶてし苦々しかっ生臭黒っぽ