「蔵」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
蔵をいくつも建てた  蔵は云った  蔵は内証の小遣銭が稼げなくなった  蔵へまいって  蔵って置き  蔵していた  蔵してゐた  蔵してゐる  蔵に堪へたりと  蔵建てたおけらが三匹出て啼いた  蔵した原稿もあれば  蔵されてゐる  蔵した岩尾根が低い天末に削られて  蔵になってしまったが  蔵されてある  蔵されていて輝く  蔵してゐて  蔵を建てまして  蔵に閉じ  蔵の中でするのよ  蔵している  蔵して生きていて  蔵の扉を塗りつぶしたら  蔵から品物が出されて来る  蔵して成育して来ている  蔵していても  蔵みて知れず  蔵されているかは  蔵の二戸前も拵えて  蔵も旧のようではなくなりました  蔵されていた  蔵のまへのサボテンのかげにかくれては  蔵してゐるかの  蔵つておく  蔵はれてゐる  蔵ひ込む  蔵されている  蔵していたらしい  蔵ってでもいる  蔵ってあるので  蔵ってあった  蔵から父の古い人名辞典を見つけだし  蔵の中の巻物とか金銀とかを運び出して  蔵の鍵なんてお前さんが持つてゐた  蔵の裏手に降りると  蔵の三階へ上つて行くと  蔵から持ち出した  蔵の中を同時に思ひ浮べた  蔵の中から出て来ると  蔵っておいて  蔵から出し入れさせられて  蔵から出して来た  蔵っている  蔵して居られる  蔵に積んである  蔵して在る  蔵っておく  蔵って在った  蔵して置くらしい  蔵して居ると  蔵していたからである  蔵に火が付きやすぜ  蔵して居りながら  蔵してゐるに  蔵っておいた  蔵い込んだが  蔵っておいたって  蔵していたが  蔵しておる  蔵へ収納いたします  蔵に火がつく  蔵を建てるなんて  蔵に寄せて積みあげた  蔵の壁に喰いついて  蔵されておった  蔵と書いて  蔵されているかという  蔵せざるを恥ぢた  蔵であることがわかった  蔵にしまってある  蔵が半分とりくずされて  蔵が蜂蜜をくれたから  蔵をひらこうともしない  蔵の戸が開いてる  蔵して居る  蔵の背があって  蔵両先生の大論争には新時代風があると思った  蔵ひしかと気にかかるかな  蔵しておられる  蔵しているかと思うほど  蔵して置いた  蔵ってある  蔵の中に品物がいっぱいになったと言われています  蔵に火がついて  蔵ってしまった  蔵ってあります  蔵されているか  蔵が五つ六つもずらりと白い壁を見せて居る  蔵してゐても  蔵しておく  蔵までも焼いたら堪る  蔵されていたり  蔵の壁も昔のままに沈黙してゐる  蔵して居るといふ  蔵い込んである  蔵になるという  蔵い込んだ  蔵して置く  蔵が幾戸前とかあった  蔵の中で見た  蔵から高蒔絵の緋の房の付いた  蔵しているのみで  蔵ひ込んでゐた  蔵にみこしを据えて  蔵にも千両箱の載  蔵い込むと  蔵の陰になつた自分の小部屋にはいって  蔵の中の南洋風の作り庭の小亭で私達は一休みした  蔵さなくてはならない  蔵されているかもしれない  蔵しながら表面歓心を買ふが如き  蔵の中かどこからかその秘密の書いてある  蔵から出して来て  蔵された  蔵が並んだ  蔵して一人北海に遊びぬ  蔵から引き摺り出して来て  蔵はれた歯のことを忘れる  蔵われてあった  蔵の飛燕凝  蔵の奥に隠れる  蔵しているに  蔵しているか  蔵から志村のぶ子に送った  蔵しているという  蔵の中から不用の鎧兜太刀などを持ち出して  蔵がもどって来たそう  蔵にしまっている  蔵して歩いてゐた  蔵に埋められて  蔵い場に頭を悩めた  蔵と称んでいた  蔵を持っていた  蔵の白壁にもあり  蔵の石階を下りた  蔵には三吉の見る  蔵って置けという  蔵し自覚していなければならぬ  蔵に係る  蔵へ行く  蔵つづきの間にある  蔵に積んであった  蔵ってあったが  蔵されて居り  蔵が受けた  蔵を使いにやって  蔵の隅を一巡した  蔵だときいていた  蔵の縁の下に投りこまれたりした  蔵の戸前をうってしまうと  蔵と蔵との間へ茶庭をつくり  蔵が一戸前あるだけで  蔵の二階にかくまわれた  蔵の階下へ通して  蔵がならんでいます  蔵から出してもらった  蔵の三階の棚にある  蔵の二階の窓から月の光りで見えた  蔵を建てようといった  蔵の出来かかった  蔵に入れる  蔵と隣り  蔵だけ残して  蔵の三階に縛りつけられたりして  蔵へは独りでものも取りにゆけないし  蔵っていた  蔵いこんで仕舞った  蔵ひ込んでゐる  蔵の前に着く  蔵われていたものの  蔵の中にある  蔵されていたが  蔵って立ち上ろうとする  蔵して居ただけですが  蔵にも室にも山をなしている  蔵に向って  蔵並ぶ裏は燕のかよひ  蔵してあるから  蔵しておくなんぞという  蔵ってあるには  蔵していると思える  蔵って置きましたので  蔵しているが  蔵しながら一見何一つ変つたこともないと感じさせる  蔵の口から的場へかけて  蔵を一人で歩いて行きました  蔵へ納めました  蔵の中へ二足三足と足を入れて  蔵でも立派に建てますと  蔵を建ったので  蔵の為に坐  蔵じゃア有りません  蔵してある  蔵してあった  蔵はみな封印され  蔵っておくが  蔵っておいたら  蔵といいて差し支えない  蔵って置いたりする  蔵い込み  蔵われてあったし  蔵に収めず  蔵しており  蔵れたとある  蔵していたであろうが  蔵から出して  蔵いはじめました  蔵う手つきまでが堪らなく  蔵い込んでいる  蔵い込むには  蔵い下さい  蔵してゐるが如く  蔵に認められて  蔵の奥にあったという  蔵を探して  蔵もある  蔵と兄と四人手揃いで働いたから  蔵は湯槽のふちにぼんのくぼをのせて  蔵が言う  蔵がやや得意になって  蔵に満ち  蔵って置いた  蔵ではなさそうなのに気がついて  蔵が浮かぶとか  蔵を据えた  蔵していて  蔵にはいって  蔵は下の方には米がはいっていて  蔵の二階へ上って見た  蔵にしまってあった  蔵に納まった  蔵のある  蔵と二人で山分けにした  蔵のなかへしまい込んで置いた  蔵のまえが  蔵のまえに  蔵のまえで出逢った  蔵の前を通らなければならない  蔵のなかへ何か取り出しに行った  蔵のまえに連れ込んだ  蔵を使う  蔵をも建つべき  蔵って置こうと存じながら  蔵いなさい  蔵って置きました  蔵の中から出して  蔵の中にしまってある  蔵の中から大事そうに取り出して来たと云う  蔵して居られた  蔵から取出したばかりで  蔵され  蔵うべきものは蔵うようにしている  蔵って置いて  蔵を建てた  蔵して死んだならば  蔵へはいって  蔵を一度往来して  蔵の前から彦兵衛は逆に辿って  蔵へ行った折り  蔵へ行ったた  蔵へ預けといて  蔵へつれてって  蔵から母家から残らず  蔵へはいった  蔵の前を指しながら  蔵の根を流れている  蔵を廻って  蔵へ取って帰したが  蔵へ誘入れ  蔵の前の小溝へ立った  蔵へ運び  蔵の蔭などで手紙の来る  蔵の山越図の古朴な感じが充ち  蔵へ返して置いて上げたいと  蔵されているという  蔵る碣石瀟湘限り無きの路知らず月に乗じて  蔵いこまれた  蔵されているときく  蔵にはいりませんからね  蔵におさまっている  蔵っといてくれた  蔵の中にあったっけか  蔵に秘ってありますわ  蔵ってあるという  蔵を負ひ  蔵されて  蔵の金を調べた  蔵の中で減っておりました  蔵には手をつけない  蔵の中へはいろうとした  蔵の中なぞ調べなくたって  蔵から盗み出して  蔵の中の異様きわまりない  蔵にもたんまりお宝があると聞き知りました  蔵の中へはいっちまった  蔵れて見えずなりました  蔵の前へ高さ一間もあろうと云う  蔵い込まれているに  蔵さず慈悲と無慈悲の中ほどに立つて  蔵を掘り出だす  蔵せるをわれなお知らず  蔵って家へ帰り給え  蔵を預る  蔵はれてある  蔵って置かれようか  蔵していなかった  蔵してゐない  蔵していない  蔵して居ります  蔵い直した  蔵せざるが如くに反映したり  蔵したかと思はれる  蔵していたという  蔵してはいなかった  蔵のまわりを歩き出した  蔵の蔭に立っていた  蔵しながら相対する  蔵の水門の外を通る  蔵い込んで  蔵してありますので  蔵が小さくかいてある  蔵の二階を降りた  蔵の感ずる  蔵もそれに列席した  蔵の働いている  蔵の中で仆れた  蔵をあけさせ  蔵は筑摩県の官吏らに一切を引き渡し  蔵の語る  蔵ひ込んで  蔵の中も別段細かなものがたくさん置かれてある  蔵われた薫香が異なった  蔵の中に入って  蔵とは一年越互に思い合っていた  蔵が取って返した  蔵が虹のような酒気を吐いて  蔵も気がかりになって  蔵は気が気でなくなって  蔵は電話口を離れると  蔵は悪夢ばかり見続けて  蔵を呼び止めるじゃありませんか  蔵もやむを得ず足を止めて  蔵はもうこの世の中にあの怪しい婆の影がささなくなった  蔵してゐると  蔵してゐるといふ  蔵に運ばれて  蔵の品はいつか知らぬ  蔵の中の下積みになっていたので  蔵から持ち出して来ます  蔵の蔭に這入って遣り過します  蔵が一つ残りましたので  蔵しているかもしれない  蔵しているであろうか  蔵してありはせぬかと疑はれた  蔵の裏の人の立ち入らぬ  蔵へ眼をやったが  蔵が答える  蔵へ残して来た  蔵の倍もあり  蔵が裾模様でも着ている  蔵の面から返って来た  蔵が返辞をしたよ  蔵を巡って  蔵の右手から人の足音が聞こえてきた  蔵の壁に沿って  蔵の中へ吸い込まれた  蔵の中へ転がり込んだ  蔵の闇の中から手が延びて来て  蔵の奥へ引き摺って行き  蔵の中ばかりにある  蔵の裏手で耳にした  蔵の中に隠れ住んでおりますと云いふらしますぞ  蔵の中に隠れ住む  蔵の中で菊弥が呼んでいる  蔵に行くと  蔵の中には幾通りともなく保存されてある  蔵の二階に来て見た  蔵の中に出入してゐる  蔵の中へ駆け込んで行くと  蔵の階段を昇つてゐた  蔵していると  蔵ってありましたから  蔵されているとばかりわかっても  蔵になるでしょう  蔵を拵えましても  蔵に置いて  蔵されおり  蔵しあった  蔵って鍵をかけて置けば  蔵して憎々しげに素知らぬ顔を作る  蔵してくれた  蔵つておいたので  蔵されてもいる  蔵に入れて置いた  蔵になっていた  蔵されていない  蔵せざるにあらず  蔵までついていて  蔵い込んでおく  蔵っていたとて詰らぬ  蔵さぬものと信じてゐた  蔵してゐるだらう  蔵してゐるか  蔵の中に寝せて  蔵が帰って来る  蔵に言うから  蔵は知らないの  蔵の奴必定三円位で追返せとか  蔵も来ないが  蔵の心には起った  蔵の日記は以上にて終りぬ  蔵なんかへ伴れて往く  蔵へ往ってる  蔵した歌も盛んに詠じてゐるが  蔵から反物をかつぎ出す  蔵をつなぐ  蔵について裏へまわろうとした  蔵されてる芽ぐむ  蔵からここまで持ってきた  蔵に秘められてゐた  蔵ひ込んだ  蔵に入れられてあって  蔵がこんに  蔵から迎えよせ  蔵した渾沌のまことの世界はたちまちわれらの上にその姿をあらはす光にみち幸にみち  蔵に在る  蔵の中へあれが据つてゐる  蔵して棚にあげて  蔵せる事のあり  蔵されて居た  蔵してゐたでもあらう  蔵が建つ  蔵はれてゐて  蔵の前の漬物小舎をこわした  蔵つてしまひたかつたが  蔵はいろは四十八蔵あり  蔵へ込んで  蔵の中のことも厨のことも一切飯尾さんまかせで  蔵の中だというので行ってみると  蔵の鍵は飯尾さんにまかせてあるとはいえ  蔵へ入る  蔵へ入って行くと  蔵せる由聞きぬ  蔵してい  蔵してごわすじゃ  蔵されているかも知れない  蔵して置いて  蔵つてしまはなければならないと  蔵して居るから  蔵さるべきものであつたかもしれない  蔵してゐるので  蔵してゐるといふ  蔵い込んでいるらしい  蔵していると感じている  蔵っておかねばならぬと  蔵い込もう  蔵っておきたく  蔵っておいて貰いたい  蔵が五つある  蔵を見つけて開けて見ると  蔵の所へ行って見たが  蔵しているらしく思われる  蔵から小判を出して  蔵の中へ案内された  蔵のものが交っていたなら  蔵って記念にしていた  蔵してゐるらしい  蔵がをくさん  蔵をはづかしめ  蔵に久しくあハぬ故たずね  蔵にも下され  蔵にもかならず御こし  蔵と名おかへて参り  蔵い込んどる  蔵い込んでいた  蔵っておくより  蔵を調べてみました  蔵のところへ嫁に来て  蔵れたる至悪の跳ね起るが如き  蔵の前で俄に足を止めた  蔵だって今は使用せず  蔵の鍵が見つからないから  蔵を出て  蔵して片時も離さず  蔵に預けてあるで  蔵に納めて  蔵ならばまだ幾つもある  蔵されているだろう  蔵して告白しない  蔵っておいている  蔵ってあるとの  蔵らしくさまざまの像画工芸品の類が並べてある  蔵を完了するまで  蔵を終って  蔵に籠らせ  蔵には残つてゐる  蔵は姉にどなられて  蔵はまだ顔も洗わず  蔵は庭を掃いてる  蔵はいつでも餅ときまってるから  蔵はお祖母さんが餅に賛成だという  蔵とはどんなおもしろい話をしてかしきりに  蔵に妨げられ  蔵との間へはいった  蔵はもうひとりで唄を歌ってる  蔵はひとりでうたい飽きて  蔵はあくびをしながら  蔵は臆面もなくそんなことを言って濁  蔵の言う  蔵が腑抜けな話をして  蔵はもう一俵の米を搗き上げてしまった  蔵は二俵目の米を倉から出してきて  蔵はほどよく米を臼に入れて  蔵の話に人々興がり  蔵の話を迎える  蔵は重い口を切った  蔵はとんだことを言い出して困ったと思う  蔵を見た  蔵はそれ以上を言う  蔵はもうたいへんな事になったと思ってか  蔵はもう恐れ入ってしまって  蔵は真から飛んだ  蔵が正直あふれた  蔵に強く念を押す  蔵は六斗の米を搗き上げてしまって  蔵が九つも立ち並び  蔵は無いと唄にもあるが  蔵せる無数の財宝を奪うて  蔵ののきから雀のとぶ  蔵の中へ案内する  蔵から外へ出る  蔵の中にいる  蔵の中からただ一声ではあったけれど  蔵へ行って  蔵の戸を明けに来ました  蔵の二階の金網に赤い夕日がかっとてり  蔵しているらしいが  蔵にしまわれている  蔵ったのだろうと呆れる  蔵ってあるという  蔵しています  蔵した沈黙に還らなければならない  

~ 蔵[名詞]1
うちに蔵を  窃と蔵って  阿古屋貝映し蔵  曲水山房に蔵  山水山房に蔵  種を蔵  才を蔵  金匱の蔵に  左官が蔵  灰色を蔵  筐底に蔵  抽斗に蔵  雷管を蔵  底に蔵  不思議に蔵  気魄を蔵  随って蔵に  内に蔵  苦悩などを蔵  それを蔵  ものを蔵  裡に蔵  民衆的意図が蔵  家も蔵も  資源を蔵  倉に蔵  モメントが蔵  亢奮をも蔵  間へ蔵  のだけを蔵  音が蔵  中に蔵  うちに蔵  反撥を蔵  医科に蔵  大事に蔵ってでも  どこに蔵って  父親が顧みてゐない蔵の  木枝から蔵の  滝本が蔵の  俺達が蔵から  ガランとした蔵の  叺を抱えて蔵の  可能が蔵  人のと結び合わせて蔵って  於て蔵  あれこれと蔵から  不軌を蔵  彼は蔵に  小道具等を蔵って  何処にか蔵  妙を蔵  胆略を蔵  ものが蔵  六韜三略を蔵  天質に蔵  内部に蔵  間大切にして蔵って  一杯も蔵  悲哀が蔵  言葉を蔵  日まで蔵って  大略を蔵  家に蔵  受帳へあげて蔵へ  矛盾を蔵  可能性を蔵  駕籠屋をして蔵を  つて三史を蔵  富豪も蔵を  懐中へ蔵  揃へて蔵  薬屋の蔵の  何処に蔵  感傷性を蔵  版を蔵  火気を蔵  何十樽も蔵って  三年目には蔵の  核を蔵  方に蔵って  所が蔵  家々の蔵が  肉感を蔵  危険思想を蔵  自分の蔵  私一人で蔵  度に蔵までも  魅力を蔵  日比谷公園裏に蔵  胸底に蔵  どこに蔵  ポケットに蔵  鬼気を蔵  此屋敷に蔵  宅の蔵の  宅の蔵から  力を蔵  酒造家の蔵に  家の蔵にも  ポケットへ蔵  内心に蔵  無限性を蔵  いくらも蔵  一物を蔵  美を蔵  懐に蔵  心に蔵  さを蔵  衣嚢に蔵  白壁の蔵が  土産の蔵って  匣を蔵  吟心愁を蔵  本を蔵から  間に蔵  宝物の蔵  意企を蔵  実力を蔵  コンタンを蔵  現代文化の蔵  虫干をするだけで蔵に  心を蔵  刀の蔵  弓矢の蔵を  斜に見える蔵の  静かな蔵の  三吉は蔵の  吾家の蔵には  吾家に蔵って  物は蔵って  七つ屋の蔵へ  米は蔵に  金鉱を蔵  衣裳が蔵って  沢山に蔵  埃だらけな蔵の  地震にも残った蔵  灸を据えられたり蔵の  化粧部屋は蔵の  幾戸前かの蔵と  蔵と蔵との  方に焼け蔵が  不平を蔵  秀造さんは蔵の  しきや蔵が  おわびをして蔵から  のが蔵の  祖父が蔵を  両親が蔵の  蔵と隣り蔵との  大火に蔵だけ  ものばかりを蔵って  明珠を蔵  金を蔵って  プロマイドを蔵  中へ蔵  方へ蔵って  当家には蔵って  由緒があって蔵って  これを蔵  穂が蔵って  宝刀として蔵って  箪笥に蔵  ふところに蔵  執念を蔵  真珠を蔵  貝を蔵  胸に蔵  間にはさんで蔵  抽出に蔵  変化を蔵  倉を立てて蔵って  水戸家の蔵へ  土蔵に蔵  隣で蔵でも  彼奴が蔵を  酒屋の蔵は  箱へ入れて蔵って  性情を蔵  鍵でもかけて蔵って  怪の蔵と  調理したり蔵って  胴巻へ蔵  程度には蔵  ルートを蔵  藕糸孔中に入って蔵  まま呆然たる蔵の  決断力をも蔵  悪心を蔵  金を蔵  文句をいわないで蔵  鎧櫃に蔵  林檎を蔵  書肆の蔵の  趣を蔵  宗門奉行が蔵を  二階もあり蔵も  石の蔵の  金銀財宝まで蔵に  仏像を蔵  行末を蔵って  中に蔵って  宝の蔵では  金の蔵が  白壁の蔵を  一つずつ蔵  留守に蔵の  疾うから蔵に  質屋の蔵に  屋敷の蔵の  重吉とは蔵の  便所へ通うには蔵の  重吉は蔵の  重吉を蔵の  食糧を蔵  大事に蔵って  手紙の蔵って  一枚大切そうに蔵って  豊かに蔵  多量を蔵  ものは蔵  藁苞を蔵って  精神的滋養を蔵  贓品の蔵を  手提金庫へ蔵  多分に蔵  秘密が蔵  奥に蔵  路を踏んで蔵へ  勝手と蔵を  道を蔵の  とおり右手から蔵まで  荷箱を蔵へ  内儀を起して蔵へ  横町を通って蔵へ  家探しに蔵へ  勘次はすまして蔵の  雨水を集めて蔵の  現場は離れた蔵  旦突を蔵へ  藤吉は蔵の  屍骸を蔵へ  白壁の蔵に  海霧に蔵  土蔵へ蔵  番頭が蔵から  バイユー・カテドラルに蔵  富豪の蔵に  現象を蔵  余所の蔵に  生活態度に蔵  二枚も蔵って  資料を蔵  秘密も蔵  嬌艶とを蔵  前の蔵の  三千両が蔵の  あとに従って蔵の  一本もと思って蔵って  それっきり質屋の蔵の  袂に蔵  問題が蔵  其姿は蔵  一隅に蔵  何も蔵  皆ここに蔵って  真金の蔵  真金の蔵を  宝を蔵  ピストルを蔵って  人を蔵  丁寧に蔵  仁王を蔵  過去を蔵って  何物をも蔵  決意を蔵  雄図を蔵  ここに蔵  苦悩悔恨をも蔵  焼石を蔵  気質を蔵  胸中に蔵  宮廷は蔵  何物かを蔵  そやつが蔵  ひそかに蔵  財宝が蔵  方に蔵が  自家の蔵の  ほうの蔵を  情熱を蔵  欠陥を蔵  日月も蔵  衣兜へ蔵  活気が蔵  原文を蔵  能力を蔵  小作米が蔵に  後ろに蔵  下駄箱へ蔵  紐で縛って蔵の  誰が蔵へ  河合の蔵の  豊富に蔵  いかりを蔵  秘密を蔵  オレは蔵の  女の云った蔵という  普通の蔵の  由緒のある蔵  身は蔵の  体が蔵の  先刻菊弥が蔵の  妙画を蔵  書籍をも蔵  此処の蔵の  云へば蔵の  ひとりそつと抜け出して蔵の  口実にして蔵の  脚どりで蔵の  チャンと蔵って  温情を蔵  宝の蔵に  職人が蔵を  稲を蔵  金庫へ蔵  そこに蔵  核心を蔵  田舎に運び蔵  身を案じて蔵に  秘文が蔵  気質まで蔵  競馬ファンの建てたる蔵の  課題も蔵  作品も蔵  方をのみ蔵  則ち蔵  宝玉を蔵  背景に蔵  智慧が蔵  心根を蔵  不浄を蔵  実体も蔵  反撥性を蔵  野心を蔵  店と蔵を  美の蔵の  猿の蔵  残忍性を蔵  無意識の蔵に  内部に蔵って  蒼ん蔵  蒼ん蔵に  無数に蔵  富が蔵に  文具店の蔵から  はり道を蔵  印象を蔵  安全な蔵の  僕は蔵の  手文庫に蔵  用意が蔵  苦痛を蔵  嗜虐癖を蔵  田さへながめりや蔵が  みが蔵  あなたは蔵  なかに蔵  あれを蔵  感動を蔵  問題を蔵  拝殿に蔵へ  欲念の蔵  未来を蔵  盗心を蔵  今では蔵の  福にきくと蔵の  用で蔵へ  お供で蔵へ  福をつれて蔵へ  陽秋を蔵  種子を蔵  物語を蔵  二枚合せにして蔵  秘密にして蔵って  チャンと蔵  焔を蔵  思い出が蔵  遺恨を蔵  数量を蔵  血気を蔵  精力を蔵  一部を蔵  富を蔵  時は蔵の  佐佐木信綱博士の蔵  においを蔵  家の蔵と  女性が蔵  尾佐竹氏が蔵  短冊を蔵  どっかに蔵  大切に蔵って  胸だけに蔵って  道具を蔵って  通りの蔵を  北の蔵の  おしもをつれて蔵へ  のは蔵の  因縁を蔵  断定を蔵  一まとめに投げ入れてあるという蔵の  一まとめに投げ入れてあるといふ蔵の  鬱屈を蔵  複雑を蔵  今年は始めて蔵  ものまで拾って来ては蔵  押入なんかに蔵って  根を蔵  危機を蔵  大切そうに蔵  鬼策が蔵  皮肉に蔵  愛の蔵  蓮台を蔵  二階全体と蔵の  うちの蔵を  袋に蔵  確かな蔵に  三つの蔵に  草稿を蔵  神秘が蔵  影を蔵  ところでは巻いて蔵って  家の蔵には  立派な蔵が  下戸の建てたる蔵は  堂塔に蔵  土器を蔵  先頭に立って蔵の  静かに蔵から  誰か蔵の  時幽かに蔵の  意力を蔵  男が蔵の  質屋の蔵へ  番頭が蔵の  像などを蔵  箇人の蔵に  ところへ蔵  今も蔵って  敵意を蔵  伝説を蔵  

~ 蔵[名詞]2
大きな蔵  とうとう蔵  何時も蔵  ちゃんと蔵  深く蔵  清い蔵  古い蔵  いまだに蔵  長い蔵  まあ蔵  奥深く蔵  互に蔵  高い蔵  黒い蔵  わざと蔵  長らく蔵  その蔵  荒蔵  好い蔵  しっかり蔵  早く蔵  よく蔵  おなじ蔵  薄暗い蔵  人知れず蔵  そのまま蔵  この蔵  もう蔵  しばし蔵  深蔵  堅く蔵  暗い蔵  むしろ蔵  眠蔵  いろいろ蔵  多く蔵  く蔵  ふかく蔵  時々蔵  実に蔵  拙蔵  やっぱり蔵  明るい蔵  つねに蔵  我が蔵  

複合名詞
寿美蔵  一つ文庫蔵  正法眼蔵拝誦  正法眼蔵随聞記拝読  鎌蔵  毎年本所御舟蔵  篠原浩蔵  蔵つて  剛蔵必  鞍馬六蔵  大村一蔵君  七ッ蔵  碩学蔵俊僧都  蔵俊僧都  蔵俊  勧進沙弥印蔵  蔵ニ  放浪詩人樹庵次郎蔵  樹庵次郎蔵  次郎蔵  蔵造  奥蔵  中村鴻蔵  入船米蔵  鴫蔵竹助  島蔵  同市蔵  蔵儲  お金蔵  納屋蔵  道越町魚屋万蔵  小谷耕蔵面会ス  道越町魚屋万蔵方  則魚屋万蔵方ニ行  則魚屋万蔵  加蔵  坪内雄蔵氏  蔵つて了つて  荷蔵  蔵めたま  虎蔵福助  八百蔵  猿蔵染五郎二人  千恵蔵氏  六蔵  銀行蔵掃除  類蔵  徹蔵氏  伴蔵  蔵経  蔵役人  浜蔵  丸田官蔵  蔵奉行五百枝  渡辺仙蔵  蔵中  関口官蔵  官蔵  蔵め  宮部鼎蔵  男女蔵達  八蔵  蔵入り  蔵シ  父親千蔵  千蔵  さっき千蔵  今千蔵  雑蔵  蔵方  お金蔵方  五代目団蔵  油蔵  籾蔵  寿美蔵  寿美蔵延若  蔵逓両相  蔵庫  火蔵  合蔵  蔵番  栄蔵  大切さうに蔵つて  物置蔵ア  一名袈裟切地蔵  並蔵  小僧六蔵  蔵鷺庵  蔵品  三吉慎蔵  質蔵  岩山銅蔵  蔵沢  友人吉田惣蔵  吉田惣蔵君  守蔵  葉蔵  店蔵  煙硝蔵  味噌蔵  安藤春蔵君  安藤春蔵  桃井春蔵  坪内雄蔵先生  団蔵  士蔵  蔵構え  蔵造り  蔵住い  為蔵  文庫蔵  万蔵  蔵海  ト蔵海め  ト蔵海  蔵つた懐中時計  三万蔵法院  林谷蔵  谷蔵  伏蔵  男女蔵  襲蔵  蔵びらき  七蔵  沢蔵稲荷  あな蔵  光明蔵一  暗黒蔵  光明蔵  蔵鼠  八蔵爺さん  一蔵  奥蔵院  物置蔵  宗蔵  宗蔵兄  大橋門蔵  杢蔵  蔵屋  つて蔵屋  宮部鼎蔵等総勢二十余名  宮部鼎蔵等  醤油蔵  宗蔵叔父さん  米蔵  蔵様  住居蔵  蔵座敷  白壁蔵  店蔵づくり  一遍六蔵  六蔵どん  六蔵ともども大野木村  時蔵  杉蔵  郎党鳥海弁蔵  ため味噌蔵  蔵ン中  智慧蔵  つて智慧蔵  智慧蔵仮面  中蔵  蔵住居  三つ蔵  袖蔵  願蔵寺  蔵酒中酒尽  乾丹蔵  正法眼蔵啓迪  蔵おうと  天地蔵  百蔵  百蔵さん  蔵太郎  蔵太郎さん  舟蔵  林屋慶蔵  隠し蔵  六代目市川団蔵  蔵上京  三千蔵  明石島蔵  七代目市川団蔵  糒蔵  五代目市川寿美蔵  市川団蔵  北屋蔵  蔵魚窟  百蔵一人  小森蓮蔵  蔵シ居ルコト観  おい愚蔵  愚蔵  物蔵  物具蔵  市川八百蔵  市川寿美蔵  大谷門蔵  門蔵  磯部家用人岩上典蔵  典蔵  蔵幅  小僧松原延蔵  木藤為蔵  金剛蔵院  蔵太  松井蔵太  金剛蔵院  おい蔵太  旗岡剛蔵  大久保一蔵  相鉄蔵  坪内雄蔵  生れ額蔵  額蔵  百蔵あたり  八蔵八蔵  桃井春蔵塾  五郎蔵  数十本蔵  相良総蔵  蔵い  市川宗家エド蔵  鯛蔵  エビ蔵  エド蔵  蟹蔵  外吉野立蔵氏  吉野立蔵氏矢野玄道氏外  御用聞大串葉絵片倉州蔵  女の子百瀬鬼骨郵便配達男の子歩兵大尉島貫片倉州蔵平  片倉州蔵  谷蔵さん  今一ツ六蔵  十蔵  みんな七蔵  蔵帳一切  蔵帳  六蔵夫婦  峰蔵  吉田冠蔵  冠蔵  南蔵院  海蔵さん  海蔵  海蔵さ  輪蔵  山路郡蔵  郡蔵  益蔵  団蔵さん  八百蔵さん  朱蔵  友蔵  海蔵門  市川男女蔵  腸蔵  腸蔵さん  腸蔵如何  穀蔵  穴隈鉱蔵  棟蔵  蔵幅家  蔵うた棺  帝室博物館蔵  蔵助教授  蓮華蔵世界  菜蔵果品  蔵君  松吉九一十蔵  目明し駒蔵  駒蔵  駒蔵身内  駒蔵さん  駒蔵親分  書籍蔵  促迷蔵  近江宝厳寺蔵  ゲビ蔵  故人虎蔵  間蔵  柴藤精蔵  明治二年牟田口重蔵  大家斎藤五郎蔵氏  石蔵利吉  石蔵利三郎  柴藤精蔵氏  柴藤精蔵氏談  柴藤精蔵両氏  柴藤精蔵教授これ  蔵六  蔵六爺め  一枚蔵  知恵蔵一つ  知恵蔵  蔵多家  沢蔵坊  大塚剛蔵  剛蔵  片岡千恵蔵  片岡千恵蔵氏  皆蔵  宝物蔵  高山寺蔵  春蔵  朝春蔵  宮崎剛蔵  花密蔵難  梅雨蔵  安宅蔵  永代蔵  蔵むるのいよいよ堅固  柏屋金蔵  まめ蔵  綱封蔵  おい八蔵  興蔵  宗形直蔵  三世団蔵  市川純蔵両人  市川春蔵佐野川市松  市川八百蔵桐  谷門蔵  門弟三木蔵七蔵ら  奴虎蔵  漬物蔵  武器蔵  尾蔵寺  悉曇蔵八巻  酔桃館蔵沢  蜂谷香蔵  香蔵  二蔵  香蔵さん  景蔵さん  浅見景蔵  景蔵  中村屋鍵蔵  京橋四方蔵  学友蜂谷香蔵  蜂谷香蔵あて  矢田堀景蔵  友人景蔵  景蔵なぞ  大草仙蔵  友人香蔵  忰半蔵  随行員寺島陶蔵  土屋総蔵  土屋総蔵時代  旧友蜂谷香蔵  羽織蔵  蔵わせ  時伴蔵  伴蔵さん  七蔵顔膨らかし  共差当り先日七蔵  違つて士蔵  節蔵  圓蔵  下人伴蔵  伴蔵女房  伴蔵夫婦  妙義四郎蔵  鸚鵡蔵  伏蔵露  陸軍中将押上森蔵氏  能十蔵  佐藤剛蔵  蔵品家畜  こと伴蔵  伴蔵志丈  高田砂利場南蔵院  高田南蔵院  あと南蔵院  材木蔵  松高縫蔵  岡村桂蔵  塩屋喜代蔵入門  財蔵  浄蔵  一本蔵  嶋蔵  北鏡蔵  左官屋七蔵  井刈安蔵  相良惣蔵  翌日早朝友蔵  友蔵親分丸損  何蔵  蔵裏  蔵品ハ  淵蔵  蔵家庭  メトロ生命保険会社社員大平八蔵氏  千恵蔵  片岡千恵蔵プロダクション  結局寿美蔵  松崎蔵  窖蔵  八万蔵  兵糧蔵  江畑氏蔵品  いま蔵  野口春蔵  市川升蔵  蔵尼  ん蔵  根横蔵  横蔵  瞬間横蔵  横蔵はぶ  最初横蔵  横蔵様  横蔵慈悲太郎  拷問蔵  蔵部屋  いろは四十八蔵  蓮華蔵海  側栢蔵篋笥中  時十蔵室  時十蔵卒然独り内  われらみな十蔵二郎  二郎十蔵とも  五郎蔵殿  五郎蔵持ち  五郎蔵め  五郎蔵一家  五郎蔵はじめ  五郎蔵親分  五郎蔵一味  五郎蔵一味め  五郎蔵達  五郎蔵たち  おのれ五郎蔵  おのれ五郎蔵オーッ  博徒五郎蔵  五郎蔵一味大勢  蔵奉行  書物蔵  虎蔵  黄葉一村蔵寺  井上典蔵  神護寺蔵  松岡氏蔵  キク蔵君  元通り蔵  阿部章蔵  金本顕蔵  南蔵院さま  南蔵院前  龍拝池蔵尊母EOS  後ハ安田順蔵大兄  安田順蔵さん  蔵ハ外  このごろハ蔵一  蔵ハ八九度  此ころ蔵  蔵ハ  蔵ハふだんニハ  慎蔵大人龍右七月廿八日EOS  順蔵さん  池蔵太曰  此時蔵  惣大将当時谷潜蔵  ハ池蔵  云ハ池蔵太事ニ而候  慎蔵先生  五月八日龍馬慎蔵様左右三吉慎蔵様坂本龍馬御直披五月八日出帆時ニ認而家ニ止ム  五月廿九日才谷梅太郎小谷耕蔵殿渡辺剛八殿EOS  薩大久保一蔵長ニ使者ニ  蔵戸  チベット蔵経  集月蔵  高倉玄蔵  一之蔵  御旅蔵  夕方沢蔵稲荷  蔵頭露尾  洲蔵  正語蔵  新田乙蔵  糸蔵  六蔵六蔵  目ぐわせして虎蔵  こッそり蔵  蔵四千五十八巻  蔵大臣  蔵経家  蔵満蔵  蔵さん  蔵何  日本永代蔵  蔵合  蔵合さま  みな蔵  自ら蔵  友蔵兄弟  友蔵たち  友蔵夫婦  友蔵ら  友蔵め  友蔵以上  惣蔵昌恒  惣蔵一人己  惣蔵  土屋惣蔵  土屋惣蔵昌恒殿  小都蔵  七番蔵  沢山蔵  大集月蔵経  勝楽寺蔵  高野金剛峯寺蔵  蓮華蔵界  蔵品整理  こんど蔵  蔵ス  先々代圓蔵  故人圓蔵  市川寿美蔵市川松蔦大谷友右衛門市川紅  蔵払  



前後の言葉をピックアップ
くら  倉繁  くら    刳ら  くら    暗ます    


動詞をランダムでピックアップ
拡がり結っさしのぼるおどかせ呑める言い募ろいただこ扇いつやめく見つかるぶつかりならわとおせるそだて落ち延び縮まり醒めれ据えつけよがさつか一皮むき
形容詞をランダムでピックアップ
涙ぐましく気ぜわしいうとましく得難き物凄まじい恥しからすばしこく遠けりゃふるく汚きおかししたしかっ聞き苦しい赤黒き思いがけなき気障っぽいよけれ気恥しうしろめたき強う