「著」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ 著[形容詞]
最も著  紫式部著  法然著  日本著  襤褸著  長い著  短い著  長崎著  ぽい著  相州著  近い著  マルタン著  アラン・ケイ著  豊田正子著  ダグラス・アダムス著  アイザック・アシモフ著  トム・ウルフ著  ハンス・クリスチャン・アンデルセン著  黒い著  それから著  服部誠一著  道士著  愛花著  もの著  頓著  先生著  しか著  から著  いつも著  いい著  特に著  実著  頓に著  次に著  白い著  秀吉著  簡野道明著  頭巾著  人として著  極めて著  新しい著  却って著  黄いろい著  寧ろ著  明るい著  早く著  つの著  どうして著  ほととぎす著  ない著  早速著  アーベル著  東京著  なまもの著  事著  長く著  ます著  ずっと著  薄田泣菫著  泉鏡花著  広津柳浪著  尾崎紅葉著  樋口一葉著  成島柳北著  為永春水著  蜀山人著  横井也有著  児島献吉郎著  暗に著  カンジキ著  彌著  木下尚江著  教科書著  ブハーリン著  ゾンバルト著  イリー著  モルガン著  ジャック・ロンドン著  ドーソン著  フンボルト著  ヤコブセン著  ラクロ著  山寺著  巾著  固著  時著  初めて著  赤い著  福澤諭吉著  もう著  

~ 著[形容詞]
身に著  服を著  カラも著  上衣も著  花を著  撰択集を著  笠に著  園の著  一書を著  武人の著  さき羽織を著  彼の著  責任を著  目を著  浴衣を著  ために著  由て著  斷着に著  物を著  袷を著  白装束を著  洋服を著  葬式の著  外套を著  賤が著  毛皮の著  ものを著  人の著  相貌が著  他所行の著  眼は著  情の著  先に著  書を著  一冊として著  非常に著  衣を著  ヘジン博士の著  これは著  兵隊服を著  舞台が著  夏外套を著  背広を著  細井和喜蔵氏によって著  ジヤケツを著  頽勢は著  法被を著  軍服を著  それを著  てっぺんへ著  お古の著  のも著  乗馬用外套を著  衣服を著  ズボンを著  上衣を著  お前著物を著  弁護士服とを著  恩に著  ちゃんと上衣を著  襤褸を著  衣裳を著  赤シヤツを著  特色の著  度が著  新調の著  一枚ずつ著  越前敦賀に著  ことなどは著  お召の著  私の著  銅鑼が著  極端に著  上っ張りを著  上に著  青摺衣を著  汝が著  出物の著  羽織を著  国情の著  労働服などを著  わたしの著  葉が著  苛くも筆を著  平服を著  礼服を著  手を著  責任の著  着物を著  翁の著  何かの著  其傳播の著  僕が著  回礼の著  滅多には著  此方に著  合羽を著  某の著  世態の著  色が著  数寄屋橋まで著  和服を著  校服を著  中に著  あとが著  鳥として著  動詞をも著  子供の著  わたくしの著  贅沢さとは著  色の著  おれの著  海軍マントを著  麻衣を著  からだは著  おのれの著  裳も著  地に著  身を著  それが著  手術著を著  癖が著  健康の著  氏は著  間では著  帽子を著  傾向が著  批評家として著  儒服を著  俳優の著  着物も著  博士の著  馬琴の著  二つの著  何という著  対照の著  それぞれの著  内容が著  日本人の著  特色が著  外観の著  世界的に著  何よりも著  確かに著  特別に著  袴を著  衣に著  日に著  書物を著  婦人の著  ゲーテの著  円本の著  名著を著  ブラウスを著  夜眼にも著  かつらを著  役者の著  巾子を著  采女が著  時代から桂帯を著  帯を著  白衣に著  動物学者の著  ものが著  種類が著  体裁の著  この頃余の著  其効果の著  出世の著  其変化は著  どてらを著  白の著  菅笠を著  都合五つの長編小説を著  新論派が著  シュミード氏の著  カンバンを著  背広にでも著  区から制服を著  逆様には著  時に著  冠衣を著  一巻を著  祖先の著  通覧を著  飛行服を著  弘安頃の著  筆を著  舞台に著  補考を著  襤褸の著  惺窩の著  本多佐渡守の著  甲冑を著  ポルテンに著  女の著  一隻眼ヲ著  小沢は著  所で著  雪子の著  一人の著  小沢が著  物が著  雪子は著  おれが著  客の著  宿屋の著  蚊帳を著  かさに著  口の著  支那人の著  碁盤目の著  ユニフォームを著  色合が著  後を著  発達大に著  等の著  澤山の著  本を著  書籍を著  シノに著  傑作を著  船を著  アンペラを著  振袖を著  僧衣を著  論を著  のを著  背負子を著  手織縞の著  上下を著  黄八丈の著  長めに著  袖無しを著  幾度も著  筒袖の著  無造作に著  これを著  鏡を著  揺籃と金の著  婬鬼赤褌を著  類譚を著  惟うに茶人の著  差の著  鎧を著  鼠が著  世界金産額の著  衣服に著  ロツチの著  堀口大学レニヱーの著  オルバンの著  福籍に著  作者仮名垣魯文の著  衫を著  衫は著  歓喜的飛躍の著  こゝろを著  黒紋附の著  湯帷子を著  厭世観の著  法衣を著  一人づつ汚名を著  小説を著  現象が著  大河内正敏氏の著  黒紋附を著  ん国の著  食い物が著  箸を著  二篇の著  作戦区域が著  ネルを著  喪衣を著  白を著  沼津に著  甲を著  間に著  僧昌住の著  ケナンの著  女性によって著  紡績ばかり著  こを著  簑笠を著  ウォードの著  冬外套を著  ものも著  帶も著  外套も著  萌芽として著  短かい皮外套を著  長上衣を著  ジュパーンを著  毛衣を著  死者の著  肌着を著  波蘭服を著  とき彼の著  波蘭婦人服を著  白いシャツを著  哥薩克外套を著  胴着を著  皮外套を著  のが著  支那服を著  記録を著  クロムウェルを著  外国人の著  何時でも著  萬祝を著  気力の著  二つ以上は著  頬部に著  頤に著  顔にばかり著  以前ショッペンハウエル氏の著  ダーヰン氏の著  最後の著  教科書を著  簑を著  から眼を著  面を著  蓑笠を著  柳田国男氏の著  ころ福沢翁の著  天皇に著  魂を著  君が著  此を著  何か著  傾向の著  人が著  砂山に著  一汎に著  動物ほど著  一日間の著  爆心には著  学者の著  眼を著  黄袍を著  冠を著  手の著  明石を著  

[形容詞]
著るしい現象  著物  著けず上衣  著るしい歴史  著明  著わす時  著けていた事  著二  著る物  著てゐる刈萱  著けてゐ  著によって発表  著作家  著せること  著更  著るの  著岸の上  著眼  著てゐ  著幸  著るしく私  著わし  著ん  著すること  著するに喩  著する人  著するもの  著すぎる気  著遠江  著るしき  著るしいもの  著るしい例  著るもの  著席  著けているすべて  著ます  著けているの  著て媼  著シク  著津  著東京  著新橋  著東都  著三国志  著て頭巾  著て突  著すぎる質  著るしい欧風  著て埃  著ているの  著る服  著譯準  著想  著るしい欠陥  著るしい地方  著換  著るしからん  著當世  著からむこと  著けろと云  著て髪  著さ  著るしい対照  著て外  著意  著けて海  著唐詩  著けているところ  著て声  著るしい  著けた  著國文學  著るしい両極  著るしい対立  著るしいコントラスト  著るしい特色  著るしくそ  著るしい差別的  著るしいの  著るしい欠点  著け換  著西班牙  著訳者  著時代  著るしいが  著心  著るくヌッ  著るしい刺戟  著手  著けたる  著きぬ  著附  著けて身  著て竹  著ぢ  著京  著るぞかし  著け給  著若干  著け候  著メタモルフォセス  著倫理学  著から  著と考えら  著て刀  著て出るという風になって  著得セバ  著流しの男  著ること  著てという風  著るやう  著るものの外  著譯書  著歌麿  著わすこと  著てゐること  著られるよう  著けて宮内  著する者  著けて腰  著るしい最初  著するの  著する一心  著するということ  著たって何  著八  著腹  著今戸  著一  著梅暦  著即興詩人  著支那  著ヱスキツス・ヱニシヱン  著ブラヂル  著ていなかった  著るしい特徴  著るしさ  著以來  著るしい影響  著わすの  著わさな  著て靴  著小説  著わすところ  著史的唯物論  著るしい語  著てあるく人  著て少女  著てと云  著ぬれ  著こなし  著シビリーン  著ワー  著近代  著マノンレスコオ  著て生きても夢  著けて家  著て居  著てゐるの  著てうせるの  著わしているの  著るしい発展  著て出るの  著けて錦  著け方  著けたりする婦人  著て他人  著て家  著顕  著るしい作家  著るということ  著る人  著てパン  著われ  著け樣  著十  著業  

名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
著で支那人に誇り得る  著になる  著はし  著はした  著かぬ中ぞ長閑けき舞ふ  著かした  著るき山路を指すを知ら  著るしく  著が立っていた  著の内に展開された  著の版権を著者の方へ取り戻す  著があるくらいである  著の火むらから生じた  著を離れ  著を棄つる  著とに縛せられて  著する人は自ら造れる  著るしい  著けるようにと与えた  著ではありませんが  著を精読して  著るしく漲り  著るしく老けて見え  著があるならば  著として軽視せらるべき  著を絶ち切る  著の終わりに  著けられ  著けるのを危険だとみる  著けられない  著るしく変って参りました  著われることの遅速があり  著かえている  著に二階へあがった  著替などの入った  著崩したりして  著もし  著たりなどして  著はしたりしながら  著るしからんとしてゐる  著に柳田先生の所説を引用していらるるので  著るしく起った  著するところに一渠の北西に入るあるは  著はして  著にはそんな風が見える  著がある  著はして居る  著はしに  著に幾分の不満なきを得ない  著るしくちがう  著にして  著ける贅澤なレイスで縁取りした  著の中にみた  著はす  著を残してゐた  著るしく変わった  著るしく目立って来た  著すらある  著はすに当りて  著はせし  著であることを一言しておく  著がこの酒杯にかぶりつきました  著流して手に短き杖を持ちながら  著はされてある  著を持つた  著かえて外出している  著けるならば文学になり得ると思う  著として誤伝されている  著だとあって  著を持たない  著けることがあって  著はしたといふ  著をなすに至られた  著の書灰が蝶と化して  著るしくなって来た  著の一念のうちに示して見せると共に  著に外ならない  著の業には因がある  著はなおもこの茫漠たる世界の雲霧を披いて  著を執  著の憑いてさせる  著の窟に求めても  著の窟戸を折々開けて  著が因となり  著の業因が創造に依って  著のさせる  著を一切離れてしまった  著かも知れぬと思いながら帰って来ますと  著替を持って  著るしく急き込む  著かへなほして見に  著のことを言われる  著かせられてゐる  著かせられる  著とを言つたものと言ふ  著があり  著るしくみなぎって  著を評して  著の再梓を請ふ  著を把つて閲読加朱せ  著を添刪す  著るしくやせているが  著はされた  著はしてから  著の日取を知らせてやったから  著と俗称する  著るしく変っていた  著はに自らを投げ出して  著を持たしめる  著るしく現れて来た  著はさんとするのみと  著換えたのだろうと思った  著るしく現われるかもしれぬ  著はしてゐるが  著けることになつてゐる  著てゐる  著を繙いた  著のこの部分は臆説の範囲にそれた  著われた著述を含む  著の原理に向けられてはおらず  著はしたる  著の中にかくして  著るしく加わってゆく  著を読みても  著をどういう読み方で日ごろ受けとっていたかなどの  著からも少しく再録せねばならなくなった  著を参照しているので  著の不精確であったのが愧ずかしいという  著の辞句を訂正した  著を覚える  

~ 著[名詞]1
當時日本人の著で  国文学者の著に  墨辯注を著は  同人の著は  蜆かな地に著か  隨へて著  席に著か  心の貪著を  結と著とに  ことは著  夏痩せは著  製陶法は著  我が身に著  身に著  空気に著  云はん顔して著  其風貌は著  土に執著が  岩石に執著が  於て著  荀悦の著  突瑳に著  支那服に著  過去への執著として  生命への執著を  日澄の著  努力と執著とで  典を著は  当分手が著  毛皮を著  手を著  手が著  日本では著  册子を著は  他日是非印度衰亡史を著は  著物を著  かたがた襦袢を著に  目にもつくくらいに著  和服に著  胃を著  生に執著も  襯衣を著たりなど  講義を著は  日を逐うて著  名城として著  脊中へ掛けて著  物に執著が  台州に著  渡船の著  汽車は著  體私の著  スミスが著は  一書を著は  首枷を著  ものを著は  校讐學纂微の著が  書物を著は  婦人の著は  ゲーテの著は  俳句は著  世界詩壇は著  詩は著  肌に著  古代史に著  江馬務氏の著の  書も著は  悉門人の著は  集を著は  最後まで執著を  外形だけは著  頃から著  音とかに就いて著  帰来一書を著は  歸來一書を著は  日本文学史骨を著は  倦色を著は  通貨論を著は  頭全体に著  頭に著  三味線かづらを著  下に著  羅を著  袁了凡の著  町は著  書物に著は  道には執著を  目に著か  物と著  筆を著  藤原信実の著  敬虔な著  彼の著として  左右に著  上に著  册を著は  等の著  地に著か  非相論を著は  書を著は  易童子問の著  竹帛に著は  見込みを著  このごろは著  元禄八年の著  魂の執著の  貌を変えた執著  彼は執著を  已まれぬ執著に  彼の執著は  魂にこもる執著の  里を執著の  それが執著  感覚によって起される執著が  言葉が著  生への執著を  善隣國寶記を著は  記録に著  彼の著に  先年法言疏證を著は  書をも著は  修法を申し上げて著  橘守部の著  顔は著  うちに著  日本服に著かへ  解決は著か  瞬間に著  洋服に著かへな  廿二日土山に著  熱田に著  國史を著は  病気になって著  水は著  エネルギーは著  大師の著は  弘法大師が著は  人の著は  自分で著は  之を著は  今度到著の  最明寺時頼の著と  理解力は著  著のみ著の  沼津に著  がたは著  労働服を著  有益の著  大に著  才力を著は  着物を著  十三卷を著は  絵入りで著は  頬部に著  これを著  腕にも著  葛信澄自身の著に  山鹿素行先生の著  對して著  排異教徒史七卷を著は  獄中に著  傳を著は  作品行動は著  人口に著  赤穗義人録を著は  聖躬に著  神事に著  その後一年ごとに著  私の迂著を  上下睫毛の凍著を  

~ 著[名詞]2
その著  余りに著  世に著  まだ著  最も著  この著  ますます著  随分著  現に著  

複合名詞
著訳書中  帰著  著込  こと益著  著わし  著換  藤原てい著  浮世心理講義録有耶無耶道人著  文学士津田真方著幽霊論  著けた言葉  さ著  腰巾著  法然著  著用  賀茂祭放免著二綾羅一事  放免賀茂祭著二綾羅一事  放免著  於下著二美服一条上  所レ令二著用一歟  著赤色上下  顯著  小著  愛著  アインシュタイン著  福音書同様著  木綿著物  だに著  著物  小野氏著  長崎著岸  梅本鶴吉著  ゅうには著  前著出版  同氏著  著レ眼高  レ所レ著レ念  爲レ政著眼  壯歳言志録ヲ著ハス  後録ヲ著ハス  晩録ヲ著ハス  耋録ヲ著ハス  染著顧戀  五著  住著  頓著そう  小川氏著  永井徹著  マルタン著  ケイ著  志村章子著  清水幸治著  豊田正子著  アダムス著  アシモフ著  レヴィ著  ウルフ著  アンデルセン著  著用次第  かなり著  著席  襤褸著物  お前著物  著けた一紳士  著けた紳士  著けた紳士一人  頓著  著けた案山子たち  著目  独り著席  著想  紫式部著  小説及雑著  雑著  夜著  衣著  春著姿  著色  一枚著  著手  幸い著物  古著  既著  著類  近来著  論著  遠藤元男著  樋口清之著  小西四郎著  羽仁五郎著  竹越与三郎著  本庄栄治郎著  つて著  常著  結著  横著  七重著  著物五枚  晴れ著  相州著遠江國橋本驛云  鴎外先生著  部屋著  スミス合著  衣二重著  堺利彦著  杉村楚人冠著  西川光二郎著  田添幸枝著  大月隆著  幸徳秋水著  三度著  今著  其愛著  著弾距離  近頃著  明治七年出板成嶋柳北著柳巷絃妓全盛揃  明治十一年十一月三十日出板松本万年著東京  板三木愛花著東都仙洞綺話  板三木愛花著東都仙洞余譚  板三木愛花著東京遊覧記  ヴォルフガング・ラングホフ著  山本鼎氏著  板垣鷹穂氏著  著替え  不断著  著けた者  午後一時三十分著  決著  加賀谷健著  平野秀吉著唐詩選  簡野道明著唐詩選詳説  幾著  船著場  むるけはひ著  五年来著  西瀬英一著  巾著  著れん  合著  著けた鬚  確龍堂良中著  エリナア・グリン著  コリンス著  ノウスウェル博士著  所化二人床涼み笠著連歌  頭巾著  二著  尤も著  皆著三薙髮衣冠  ハムメルライト著  著二草履一歴二城中一  著二本草拾遺一謂  著例  の著  著國文學史概論  手術著  醜状著  暗号解読者ヤードリ少佐著  藤村幸三郎氏著  號解讀者ヤードリ少佐著  発達著  密著  薄著  海野十三氏著  ぎぬを著  政治的著色  著ぢ  著眼  国論紛々帰著  外骨先生著  円本著訳者  著訳者  著実  人半谷清寿氏著  裳著  著莪  こと著  締め著  落ち著  五十嵐力氏著  消毒著  詩文雑著  著わせ  著物ば著  小著中  評論家ストーン著  著給  鎧著  下著  参著  著けしめ給  著物差し押さえ  著物著  著明  襤褸著  土著  ポアンカレ著  三宅克巳氏著  祝著同心  祝著  千秋万歳祝著祝著  著陸  山中峯太郎氏著  助著  明石染人氏著  終著駅  ところ顯著  ソノ脛ハナハダ白カリシカバ忽チニ染著  ほととぎす著  考古学的小著  ウィンゲラート著  シーボルト著  ポンペ・フアン・メルデルフオールト著  緒方富雄氏著  前記三著  浦川和三郎氏著  フランツアーベル著  繍帳縫著亀背上  もっとも著  著於藝文者  著けた樣  先覚二著  つて起つた著明  村岡融軒著  合著せり  好著  良著  落ち著けた  接著料  著料  著けさ  古著屋  晴著  著流し  原氏著  中川清三著  訳著  投機的訳著業者  投機的著訳業者  終著  華著  小田切秀雄著  一著  段成式著  火著  著衣  著翅狸身  著翅狸  猴神ハヌマンもっとも著  大久保湖州著  近年著  モルガン著  ベーベル著  リヤー著  ラッパポート著  生活一切頓著  袢天著  破れ袷一枚著  河田嗣郎著  著万葉集辞典  東京著  もの著  教科書著訳者  上著  座敷著姿  座敷著  エンゲルス著  小著そのもの  本間久雄氏著  物的爾著  仏人オマアル氏著  而河野氏尤著河野系圖  縛著二於壁一也  カンジキ著けたまま太股  彩鸞簾額著霜痕  ブハーリン著  ブハーリン著史的唯物論  薄田泣菫著  泉鏡花著今戸心中  広津柳浪著  尾崎紅葉著一葉全集  樋口一葉著  成島柳北著梅暦  為永春水著  為永春水著即興詩人  森鴎外著  蜀山人著  横井也有著  黙阿弥著其他  春廼舎朧著  以後著  著冷笑  著日和下駄その他  小説雑著  梅沢和軒著日本南画史  著日和下駄  枕上児島献吉郎著支那散文考  小著日和下駄  空海著  芸著  水野氏著岩登り術  木下尚江著小説  ケルレル著  因果物語附著  金井延著  福田徳蔵著  ワイニフンド・スティブン著  ラブリオラ著  ルボン著  ゾンバルト著  イリー著  ディーツゲン著哲学  ロンドン著ワー  ビュヒネル著物質  ドーソン著近代思想史  フンボルト著  ヤコブセン著  ベルタ・フォン・ズットネル著  ルクリュ著  ラポポルト著  ノビコオ著  石神刀文氏著  近ごろ著  黒川友恭著  書籍雑著  俳書雑著  著む日知らず  ラクロ著マノンレスコオ  プレボオ著一  著心地  半纏著  晴衣著  アアムストロング著  著訳  山寺著  竹内運平氏著  著けた男  著附  小南著  著わしフレデリック大王  著わしディスレリー  磯清氏著  寢間著  時価著  さうに著  著けた駒  著禅師  本著発表  富田永世著上野名跡誌  毛呂権蔵著上野国志  松井簡治氏合著  Cooper著SomeAmericanStoryTellers  武藤勝彦著  明著  是非とも著  一つ著  クライフ著  芥川信著行刑衛生  著たま  著けた神  著けた人  蓑笠著  むしろ著  骨皮道人著  命著具  斗賀野利鎌著  本著  ワインツァイグ著  数著  三著  レジス・ミショオ著  シュッキング著  エス・ヴォリフソン著  スミット著  ジード著  ミショオ著  全著  福澤諭吉著  浦口文治氏著  島田清次郎著  著けた老人  著けた妖怪  著けた三山  此未著手  高柳光寿氏著  林屋辰三郎氏著  山田美妙著  著業  平賀梅雪著  著けた茶  前著  著座  



前後の言葉をピックアップ
  しる  著さ  しる  ジル    著い  シルエット  しるから  著かれ


動詞をランダムでピックアップ
結論づける模す拭っ遅らせうめい譲り合っ偲ん麾く怠ら引っこめよ釣り合っいにこがしめし消すへら強まりよごれれ安らぐ参り
形容詞をランダムでピックアップ
白白しいたわいなきいたいたしく間遠いかわいかっややこしいそがしい印象深いわかわかしかっひとくさせんな清しうまくっ聞き苦し力強かれうまき情け深い忌々しい大層らしく佳い